ハウスクリーニングフランチャイズ 成功。 ハウスクリーニングのフランチャイズ店は儲かるのかを調査

ハウスクリーニングで独立・開業できるフランチャイズ募集一覧|日本最大級!『フランチャイズ比較ネット』

ハウスクリーニングフランチャイズ 成功

女性の社会進出がますます増加する機運の中、夫婦共に忙しい共働き世帯が増えてきています。 そして高齢夫婦のみや、高齢単身での一人暮らし世帯も増えています。 こういった背景があり、ハウスクリーニング需要は増加傾向にあります。 そしてこの状況で、ハウスクリーニング業開業を目指す人が、男女年齢問わず増えてきています。 一方でハウスクリーニング業経営は、洗剤に関する専門的な知識や高い洗浄技術を要するなど容易ではありません。 ですがフランチャイズ独立開業の方法を使えば、幾分か要領よく開業と運営を進められる道もあります。 今回は フランチャイズとハウスクリーニングについて、フランチャイズで開業するメリットや特殊な業務内容などに触れながら解説します。 フランチャイズハウスクリーニングの収入 (1)専門技術型収入 フランチャイズハウスクリーニングで年収は、平均的に500万円程度が見込まれます。 そして800万円や1,000万円程度の、高収入を実現している加盟者もいます。 (2)家事代行型収入 家事代行型では、時給制で1時間2,000円程といわれています。 そして、時給1,200~2,000円程と打ち出しているところもあります。 初期費用とロイヤリティなどの費用 初期費用とロイヤリティ (1)専門技術型の初期費用 250~300万円程度の傾向があり、安いケースでは200万円台前半の本部もあります。 そしてオフィスや車両を調達するなら、これ以上要する時もあります。 加盟費と保証費• 研修費• 掃除用具と消耗品費• そして開業当初で、 まだあまり売上が上がらない期間に備え、生活費や運転資金の予備も準備してきましょう。 (3)家事代行型の初期費用 初期費用:40~80万円程度です。 安いケースでは、10万円程度の時もあります。 そして、法人契約のみのパターンもあります。 加盟登録料• 保証金• 研修費• ホームページ制作費などの販促費• フランチャイズでハウスクリーニングを開業する手順 次のような、開業手順となります。 (1)フランチャイズ本部へ問い合わせ まず、詳しい話を聞いたり加盟したりしたいと思った本部へ問い合わせをします。 (2)説明会出席 説明会へ出席し、経営方針やハウスクリーニングの事業内容を認識します。 (3)詳しい打ち合わせ 開業へ向けて、具体的な内容を話し合う段階です。 次のような内容を、話し合います。 準備可能な自己資金• 今までの職歴• 今の生活状況• 開業希望時期と希望収入• 事業計画書など (4)審査と契約 審査合格を経て、契約締結へと話が移っていきます。 (5)研修と開業へ向けた準備 技術や営業活動について、研修があるケースもあります。 そして道具や洗剤などを調達し、開業へ向かっていきます。 (6)開業 (1)~(5)の段階を経て、遂に開業と業務開始となります。 そして法人や個人事業主での、開業手続きも必要です。 ハウスクリーニングの業務内容 (1)クリーニングする場所 次のような場所を、クリーニングします。 キッチン• トイレ• 洗面台• エアコン• ベランダ• 玄関など (2)家事代行型と専門技術型の特徴 家事代行型と専門技術型、それぞれ次のような業務特徴があります。 一般的に家庭で行われる、各部屋の掃除や整理整頓• ゴミ出し• 食器洗いと片付け• 洗濯やアイロンがけ• エアコン内部の頑固な汚れ• 洗面台の排水溝内清掃• 壁紙の補修• 排水パイプの交換• 水回りの補修や補強 家事代行型と専門技術型共に、顧客が一般家庭のケースでは、掃除する場所は家の中の各部屋で同じです。 一方で、家事代行型の作業内容は一般的な家庭の掃除です。 専門技術型は、なかなか素人では短時間でうまくきれいにできないような内容です。 リフォーム業者のような、業務をこなすケースもあります。 専門技術型では、次のような現場もあります。 引っ越しによって退去した後の、アパートの空室• 会社のオフィスや倉庫• 工場など フランチャイズでハウスクリーニングを開業するメリット ハウスクリーニングをフランチャイズで開業するにあたり、次のようなメリットが想定できます。 (1)未経験でも参入が可能 専門技術型ハウスクリーニングはもちろん、家事代行型のケースも未経験者で参入可能な本部があります。 仮に業務として家事代行型のハウスクリーニング内容を、実際にこなしたことがないとします。 一方で家事代行型と同等の業務内容をこなせる人は、少なからずいるでしょう。 このようなケースでは、潜在能力を発揮するチャンスともいえます。 (2)本部のブランド力は効果的 専門技術型の業務はもちろん、家事代行型の業務内容から少しずつ始めてみたいケースも、仕事を本当に取れるのか否か不安を抱く人は少なからずいます。 この不安に対し、大なり小なり効果の程度に違いはあっても、解消効果をもたらすのが本部の屋号を含めたブランド力です。 例えば、スマホでハウスクリーニング業者を検索し、有名な屋号をみただけで「こちらに問い合わせしてみよう」という気持ちになる傾向があります。 ビジネス一般に仕事を取る際、この一件の問い合わせを取れるだけでも大きな最初のハードルです。 (3)ビジネスノウハウ提供 ハウスクリーニング業の技術には、ある程度自信があるとします。 一方で自営業初挑戦のケースでは、会社運営面で複数の点にてスムーズに正確には進めにくい傾向があります。 この点についても、本部が丁寧に開業方法や事務処理方法などをアドバイスします。 (4)有名な洗剤や道具を使える ハウスクリーニング業において、道具や洗剤は重要です。 仮に自力でハウスクリーニング業をしようとすると、道具や洗剤についての研究で長時間費やします。 フランチャイズでは、有名でかつ高品質な洗剤を本部から優先的に活用できるところがあります。 実際に成功した方の声 (1)自分の裁量で仕事を進められるようになったTオーナー Tさんは前職が会社員で、帰宅時間が夜中1時2時の時が少なくありませんでした。 ハウスクリーニング業へ転身して、 給料が上がったのはもちろん、自分の裁量で仕事を進められるようになったこともメリットということです。 以前よりも時間を確保できるようになったので、家族と過ごせる時間が増えて気持ちが晴れやかになってきています。 ハウスクリーニング独立は、他自営と比べリスクが少ないので開業しやすいです。 そして頑張れば頑張るほど自分へリターンが大きいのと、感謝されることも仕事の喜びの一つです。 (2)収入が前職の三倍になったHオーナー 軌道に乗り出してから、収入が前職の三倍になりました。 そして、休みをどこのタイミングでどのように確保できるか、考えて選択できるようになったことも便利な点の一つです。 開業して2年程度で、初期費用を回収できたこともさらなるモチベーション材料になりました。 自営業に転身し、ハングリー精神が大きくなったことも、現状につながった一要因と考えています。 子供はこれからどんどん大きくなるので、家族のために今後もガンガン頑張ろうという前向きな気持ちであふれています。 特殊な業務内容と資格 ハウスクリーニングにおいて、次のような特殊な業務もあります。 (1)高齢者孤独死の部屋 最近社会問題としても知られている、孤独死した高齢者の人が住んでいた部屋の清掃もあります。 この清掃の中では、複数の遺品も出てくるでしょう。 この遺品を買い取ってリユースしようと考えれば、古物営業法上の古物になります。 古物を扱うためには古物営業許可が必要になります。 また産業廃棄物収集運搬業許可があると、便利なケースもあります。 いざリユースしようと考えたものの、やはりリユースできにくいとします。 こうなると 後の費用を抑えるために、産業廃棄物収集運搬業許可が役に立ちます。 (2)長く使っていなかった空き部屋や空き家の掃除 数年間、掃除などの管理をしていなかった、部屋や空き家のハウスクリーニングをすることになったとします。 このケースでは、異臭が染みついていたりネズミなどの昆虫がいたりという状況も想定されます。 異臭除去は難しそうだけど、ネズミなどの昆虫をつかまえる程度は自力でもできそうな感じがするかもしれません。 一方で問い合わせにて口頭で「そのような業務にも対応可能です」と答えても、決定力に欠ける気もします。 このようなケースで、次のような資格や登録があります。 建築物ねずみ昆虫等防除業• 脱臭マイスター資格• ハウスクリーニングアドバイザー• 遺品整理士など 上記のような仕事を取ることも視野に入れるなら、取得や登録がおすすめといえます。 ホームページやチラシなどに、資格や登録の旨があるのとないのでは、問い合わせにつながる率は変わってくるでしょう。 ハウスクリーニング業の難点と失敗を避けるコツ ハウスクリーニング業には、次のような難点や対応策が考えられます。 (1)想定外のトラブル ハウスクリーニング業者は、複数のリスクに対して注意を払いながら作業を行うでしょう。 それにもかかわらずやむを得ないアクシデントなどで、トラブルの可能性があります。 次のようなトラブルが、想定されます。 洗剤や薬剤などの想定外の影響で、壁や床などを変色させてしまった• 掃除対象物を、破損したりキズをつけたりしてしまった• 道具をぶつけて、お客様の家や家具などを破損してしまった すぐにその場で、補修などの対応ができればよいです。 ですがその場での対応が難しければ、弁償や信用問題にも発展する可能性があります。 このようなトラブルに対して、団体賠償責任保険の補償措置があります。 (2)仕事を取れるか否か フランチャイズといっても、自力での営業活動も重要です。 ハウスクリーニングでの大口営業先は、次のような会社などがあります。 不動産業者• 引っ越し業者• 住宅リフォーム業者• 民泊業者 民泊業者も定期的な発注を取れれば、ストックビジネスになります。 不動産業者や引っ越し業者は、3月に転勤などで需要が増える時期とも考えられます。 よってこの時期に会社はもちろん、 アパートなどの集合住宅にポスティングをすることも受注につながります。 比較的経済力にゆとりのある高齢者世帯への、ポスティングも集客に効果的でしょう。 高齢者世帯は役所の住民基本台帳などから、ある程度割り出せます。 一般家庭ももちろん効果的ですが、ライバルが多くポスティング費が非効率になる懸念もあります。 整理収納アドバイザー• 整理収納コンサルタント (3)加盟先との相性 早く開業してドンドン仕事を取りたい気持ちから、本部の勧めるまま早く契約しようと考える人もいるでしょう。 契約決定時には「もっと事業計画や審査が厳しいかと思ったけど、意外にスムーズにいったね」という気持ちにもなるでしょう。 一方で本部によっては洗剤を決められていて、実際に開業してみると他の洗剤の方がよかったという事態もあります。 ですが 契約により洗剤を変えることもできなければ、解約もできないのです。 このような事態にならないように、次のような考慮点が重要です。 自分はどのような客層を、ターゲットとしていきたいのか• 月そして年額で、どれくらい稼いでいきたいのか• 最初は何の分野のハウスクリーニングで、スタートダッシュをしたいのか• ゆくゆくは何の分野の業務内容に、発展させていきたいのか• 本部の事業方針に、納得がいくか否か• 契約書は、納得がいくものかなど できれば 契約書については、士業者かハウスクリーニング事業経験者にも分析してもらいたいものです。 まとめ ここまで、フランチャイズとハウスクリーニングについて考察してきました。 押さえておきたい点は、ハウスクリーニングの業務内容とフランチャイズによるメリットです。 そして、特殊な業務内容と資格もポイントといえます。 ハウスクリーニング業界は、まさに成長産業といわれています。 在庫リスクがないことも、特徴の一つといえます。 フランチャイズで独立開業を成功し、収入を含め、豊かな人生を満喫ください。 関連お役立ち情報•

次の

ハウスクリーニングの独立開業に失敗した原因を探る

ハウスクリーニングフランチャイズ 成功

メリット FCに加盟するメリットとして、フランチャイザーの持つネームバリューと信頼を得られることが挙げられます。 ハウスクリーニングは家の中に入って作業するので、「信頼できるか」はとても重視されるポイント。 技術や経営のサポートが充実していることも踏まえると、これから独立開業をする人にとってはメリットが多いといえます。 デメリット 初期費用や月々のロイヤリティがかかることがあげられます。 ロイヤリティとは、FCの名前・信頼を利用している使用費のことです。 FCによって費用に差があり、安ければ月額3万円、高いところで月額15万円かかります。 またFCによっては中途解約ができないというデメリットもあるため、業者の契約形態なども比べる必要があるでしょう。 個人で独立する メリット 個人で独立する場合、得られた利益がそのまま自分だけの給料として手に入ることが最大のメリット。 自営業の場合は国や地方から様々な控除を受け取ることが可能なので、税金や費用をある程度抑えることができます。 また、個人で独立する場合は、契約金・ロイヤリティが発生するフランチャイズと違って、初期費用は道具・材料だけなので、低コストではじめることが可能です。 デメリット 後ろ盾がないので、事前リサーチや経営に関するノウハウの獲得などをすべて自分で行う必要があります。 また、人脈づくり・掃除のスキル向上・宣伝活動でかなりの労力が費やされることも。 さらに、赤字が出てしまった場合は、自分自身で全て背負わなければならないという大きなリスクがあるのが懸念点です。 ハウスクリーニングのフランチャイズは、他業種に比べてFC加盟料などの初期費用が安めですが、中でもハウスコンシェルジュの初期費用とランニングコストは低額に抑えられています。 同じく初期費用が低額のおそうじ革命の場合は「なるべく道具を使わずに手を使って清掃をする」というポリシーのために初期費用が安いのですが、ハウスコンシェルジュの場合は、もともとが清掃用品の老舗メーカーなので、最初にそろえる専門の清掃用品も、消耗品であるワックスや洗剤も卸値を下回る安価で購入できるのです。 1ヶ月に25日間、午前と午後に1件ずつ清掃を入れた場合でも、清掃用品と洗剤・ワックスなどの材料原価は3万円に届くことはないとのことです。 これは、他のハウスクリーニングFCの材料原価が7万5千円前後が多いので、 ハウスコンシェルジュのランニングコストは他社の半分以下です。 この差は、長年になればなるほど、さらに大きな差になって積み重なってきます。 ロイヤリティ金額が一律料金で低額、つまり頑張った分だけ収益が増やせる ハウスコンシェルジュの運営母体は、住居用洗剤・ワックスのメーカーとして評価が高い老舗です。 省庁の清掃や、自動車メーカーのショールームや大手建設会社モデルハウスの清掃にも採用されている製品は信頼性が高く、仕上がりもとても美しいと評判です。 建物を美しく見せるためのモデルハウスで使われているのですから、その性能と品質はお墨付きと言っていいでしょう。 自社製品の洗剤やワックスを使用できるので「知る人ぞ知るプロユースのワックスを使った清掃」という差別化ができます。 清掃する箇所に合った、洗剤、ワックス、コート剤が豊富にそろっているので、どんな清掃の依頼にも応えられて安心です。 開業後のサポート、特に顧客の紹介が充実している フランチャイズは、開業してからの集客がいちばん大切です。 ハウスコンシェルジュは、開業前だけでなく開業後の集客サポートに力を入れています。 自社に入る清掃依頼が多過ぎて対応しきれなくなりFC展開を始めたという経緯があるので、独立開業後も経営が軌道に乗って安定するまで、ハウスクリーニングの顧客を紹介し続けてくれるとか。 説明会中にも、直近の依頼の長いリストを見せていただき、驚きました。 また教育サポートも整っています。 例えば、ワックスや洗剤の新製品が開発されると、対応する技術の習得セミナーも開催されるので、常に新しい技術を身に付けて、仕事の幅を広げることができます。 1人で無店舗で開業できる ランキングは参考になりましたでしょうか?ハウスクリーニングに限らず、フランチャイズでの独立開業を検討しているのならば、気になったフランチャイズ本部には資料を請求し、実際に説明会に参加することがベストです。 おすすめは、大手のFCチェーンと新興のまだ小規模なFCチェーンの両方を見学することです。 資料や公式サイトには載っていない事もあれば、実際に行ってみて分かる相性のようなものもあります。 ぜひ、このサイトを参考にして、ハウスクリーニングでの独立開業の第一歩を踏み出してください。 このサイトでは、「会社の雰囲気はどうなのか」「加盟店のオーナーに対して丁寧な対応をしてくれるのか」「強引な営業をかけたりしないか」を確認するために、実際に気になったフランチャイズ3社の説明会を訪れることにしました。 お掃除のプロが一般家庭や会社から依頼を受け、質の高い清掃を行うハウスクリーニング。 素人ではなかなかできないシロッコファンの汚れ落としや、エアコンクリーニングなどを実施します。 ひとくちにハウスクリーニングと言っても、いくつかタイプがあります。 清掃を行う対象や業者のタイプの違いを見てみましょう。 クリーニングをする対象は在宅・空き家・商業店舗など ハウスクリーニングのフランチャイズ会社によってクリーニングをする対象が異なります。 たとえば、一般家庭の住宅・賃貸物件の空き家・企業などのオフィス・飲食店などがあります。 清掃をする対象によって汚れの種類も変わってくるため、開業前研修でクリーニング方法を習得していきましょう。 清掃業フランチャイズで多いのは一般家庭向けのサービス。 「在宅クリーニング」とも呼ばれ、人が住んでいる家の清掃を行います。 エアコンや換気扇、お風呂の落ちにくいカビなどを徹底的に綺麗にするのが使命です。 清掃・接客がうまくいけば、リピーターになってくれますし、「あの業者良かったよ!」と友人や隣人に勧めてくれるでしょう。 専門型・家事代行型・便利屋型がある ハウスクリーニング業者には3つのタイプがあります。 専門型:エアコンや水周りなど清掃スキルが必要なものを中心に対応する• 家事代行型:軽い清掃作業をする• 便利屋型:清掃から犬の散歩、引っ越し手伝いなど幅広い雑務をする 初心者オーナーや少人数開業なら、専門型タイプのほうが成功しやすいでしょう。 誰でもできないようなスキルを身に付け提供することで、需要が生まれ仕事が舞い込んでくるのです。 しかし、個人で清掃スキルを身に付けるのは難しいもの。 フランチャイズに加盟して研修を受けるか、ハウスクリーニング業者で従業者として仕事を覚える必要があります。 自営業での開業資金例• 受講料:150,000円 税別• ハウスクリーニング資材:約150,000円• エアコンクリーニング資材:約120,000円• 合計 420,000円(税別) 開業資金で考えると、自営業のほうが安く済みます。 フランチャイズに加盟する場合は、ハウスクリーニングに必要な資材だけでなく、加盟金・保証金・研修費などがかかるからです。 自営業で開業するとはじめにかかる金額は少なくて済みますが、集客に苦労するリスクがあります。 フランチャイズのように知名度を利用できないため、自分の営業力が試されてしまうのです。 また、チラシ・新聞・テレビなどで広告を出すとなると高額になってしまいます。 「営業に自信がある」「自分で広告を出したい」方にはおすすめ。 一方フランチャイズは開業資金が高額ですが、ネームバリューがあり、一定の仕事が入ってきます。 また会社によっては、営業をサポートしてくれたり、仕事を紹介してくれたりするシステムもあります。 事業をはじめて立ち上げる方には嬉しいサポートです。 フランチャイズの研修では2週間ほどみっちりとスキルを磨き上げられ、「ハウスクリーニングの仕事がはじめて」という方でも安心して開業できます。 会社によって必要になる資金額やサポート内容が異なるため、総合的に見るのが大切です。 開業資金だけでなく、運営コストや支援の有無などにも注目して開業方法を選んでみてください。 個人開業で役立つ資格「ハウスクリーニング技能士」 ハウスクリーニングの資格・検定は多く存在していますが、中でも代表的なのは「ハウスクリーニング技能士」。 公益社団法人「全国ハウスクリーニング協会」が実施している資格です。 受験資格を得るためには、実務経験を3年積む必要があります。 試験では50問を解き、レンジフード洗浄やフローリング床のキズ補修などの実技試験を実施。 学科と実技のそれぞれが60%以上で合格です。 資格を取ることで信用されるメリットはありますが、「ハウスクリーニング技能士」として認められるまでには時間がかかります。 「じっくりと時間をかけて、経験を積みたい」「肩書が欲しい」という方にはおすすめです。 フランチャイズなら資格がなくてもOK ハウスクリーニング業をフランチャイズではじめた方のほとんどは、資格を持っていません。 「ハウスクリーニング技能士」でなくても、フランチャイズ会社のネームバリューで仕事が得られるのです。 大手会社の看板が掲げられていれば、お客様は「会社の名前を知っているし、任せて大丈夫だろう」と考えて安心感が生まれます。 看板が契約するきっかけに繋がり、仕事がうまくいけば次の依頼にも発展するのです。 フランチャイズなら、清掃のスキルも獲得できるのが嬉しいポイント。 開業前にクリーニング・営業・経営について伝授してくれるので、「クリーニング業がはじめて」というオーナーでも自信をもってはじめられます。 建物の中は必ず汚れ、ホコリが溜まり、ゴミも出ます。 そのため掃除が必要になるのですが、一度綺麗にすれば万事解決!とはなりません。 時が経てばまた四隅にホコリが溜まり、建物内は再び汚れた状態に。 定期的な掃除が必要不可欠です。 そのため、業者に清掃を依頼し、便利さや快適さを知ったお客様は リピーターになってくれる可能性が高いのです。 ハウスクリーニングは他業種と比べてリピート率が高い、手堅い商売。 お客様を満足させる高い技術や良いサービスを提供できれば、リピーターの獲得に繋がります。 リピート率の高さこそ、ハウスクリーニングが安定収入を得られる最大の理由です。 ハウスクリーニングの標準的な売り上げモデル ハウスクリーニングは、男性・女性どちらにもおすすめの業種です。 掃除の技術さえあれば資格は必要ないので、誰でも事業主になれます。 しかしハウスクリーニング業には向き・不向きな性格があります。 チェックしておきましょう。 向いている人• 真面目に取り組める• 体力がある• 明るく接客できる• 細かな気遣いができる ハウスクリーニングは、家の隅々まで綺麗にする仕事です。 誰が見ても汚れがないと思える状態にしなくてはいけません。 「この程度で良いか」という妥協があってはいけません。 また利用者の家で作業を行うため、家具や壁紙を傷つけないよう注意が必要です。 細かな気遣いができると、リピーターになってくれる利用者も増えるはずです。 掃除には体力が必要なので、すぐに疲れない・体調がいつでも整っている人が向いています。 体調を崩しやすい体質だと、仕事の予約が入っているのに休んでしまうことになります。 家に伺って作業をするハウスクリーニングは、接客業でもあります。 利用者に不快感を与えない対応ができればOK。 笑顔・挨拶が明るい人に向いている職業でしょう。 向いていない人• スケジュール管理が苦手• 楽観的すぎる• 集中力が続かない ハウスクリーニングに限らず、事業主に向いていないのが「スケジュール管理が苦手な人」です。 個人事業主は会社に雇われるときと違って、自分でスケジュールを立てなければいけません。 自分の仕事状況とお客様の依頼を照らし合わせなくてはいけないので、いくつもの予定を立てるのが苦手な方や、感覚だけで仕事を受けてしまう方は向いていません。 楽観的すぎる人も事業主には不向きです。 極端な例ではありますが、「今は赤字でもどうにかなる」と考えてしまう人は、資金繰りがうまくいかないはずです。 成功させるためには、数年先の事業計画をしっかりと考える必要があります。 ハウスクリーニングは汚れのある部分に集中して掃除をする仕事です。 同じ物事に長時間取り組むことができない方にとって、ハウスクリーニングの仕事は難しいでしょう。 ハウスクリーニングの集客方法は? 信頼・スキルが必要なハウスクリーニングの開業は フランチャイズがベスト 通常なら、見ず知らずの人を家に上げることはしませんよね。 ハウスクリーニング業は、人の家にお邪魔して作業をするお仕事なので、信頼が大切。 フランチャイズなら聞き覚えのある名前を利用でき、はじめて開業した店舗でもある程度の信頼が得られます。 そのため、個人開業より仕事が入りやすいのです。 また、清掃スキルも求められる業種でもあります。 フランチャイズに加盟すると、開業前に2週間程度の研修を受けられ、一定のサービススキルが習得できます。 効率よく身に付き、スムーズに開業できるでしょう。 個人独立だと資格を受けに行ったり、他社へ入社し清掃方法を学ぶ必要があります。 現代では大企業に勤めていても一生安泰という訳ではなくなってきました。 長時間労働の是正の動きがみられるようになってきましたが、実際は残業時間数だけ減らされて収入が減っただけになっていませんか。 このような人が多いことから、一昔前と比べても独立して開業する人が増えている傾向にあります。 さまざまな業種がある中、独立がしやすいものが存在します。 今回はその中でも資格や専門スキルを身につけることで、独立できる職業を5つ紹介していきます 失敗したときのリスクが小さい職種 独立するにあたって失敗を前提に事業を始めるのは好ましくありません。 しかし事業を立ち上げるなら失敗したときのリスクを考えなければなりません。 開業資金を多額に借り入れたり、最初から多くの在庫を抱えたりしてしまうと失敗するリスクが大きくなります。 独立するときの心理的障害をなくしたいなら借り入れをせず、手元の資産と資金だけで立ち上げることができる事業がいいでしょう。 たとえばWEBライターなどは、PCがあればすぐに起業が可能です。 WEBライターは資格も必須でないので、副業から始めて自信が付いてきたら独立を考えてもいいでしょう。 低リスクではじめられる業種はいくつかありますが、中でもおすすめなのがハウスクリーニングです。 ハウスクリーニング 店舗を構える業種と比較した場合、比較的低資金で始めることができるハウスクリーニング。 設備投資に店舗費用が必ずしもかかるわけではないので、低資金での開業が可能なのです。 また資格がなくともはじめやすいのが特徴。 もちろんハウスクリーニング事業者向けの資格は存在していますが、自分で技術を磨いたりフランチャイズに加盟することでスキルアップができます。 業務内容は新築分譲マンションのクリーニングや個人宅のクリーニングが主な仕事となります。 開業資金:200万円• 必要な資格:特になし 副業から手軽にはじめられる職種 副業から手軽に始めることができる職種は独立もしやすいと言えるでしょう。 副業にもさまざまな種類があり、向き不向きが存在します。 独立する前に適性を見極めておけば、独立した後も失敗しにくいと言えるでしょう。 例えば、体を動かすのが好きならば本業が休みの日に配送のアルバイトを通して独立できそうかチャレンジしてみるといいでしょう。 向き不向きを事前に把握できるため、「苦痛になり継続できない…」というトラブルを防げます。 学習塾 現在では学習塾業界全体の売り上げのうちおよそ半分はフランチャイズが占めていると言われるほどです。 学習塾の開業にあたっては必ずしも教員免許が必要ではないのです。 フランチャイズ展開が広くされているので地域によっては、参入が難しい場合もあります。 まずは、土日だけ働いて学習塾がどういった業界なのかを知っておくのがベストでしょう。 開業資金:1,500万円• 必要な資格:特になし 専門的なスキルが必要な職種 専門スキルが必要な職種は、独立・開業するにはハードルが高いものです。 反対に言えばその分ライバルも減るので、地位が築けるとも言えるでしょう。 また弁護士などの士業への参入は難しいですが、成功すればかなりの報酬額が期待できます。 このような資格・スキルを得るためにアシスタントとして勉強しながら働くのもひとつの手ですね。 カメラマン カメラマンとしての撮影スキルを磨きたいなら、専門学校や専門の講座で学ぶのがベスト。 またいい写真を撮りたいならばプロ用機材の購入が必須となります。 スタジオを構えなければ、開業資金を抑えることも可能です。 また最近では画像修正の技術も上がってきているので、撮影技術と合わせて画像編集スキルも身につけておくと良いでしょう。 開業資金:300万円• 必要な資格:写真技能士・フォトマスター検定(3級~1級) 資格が必要な職種 資格には民間資格もあれば国家資格があります。 資格を持っていないとできない仕事も多々あります。 たとえば司法書士、公認会計士、理容師や美容師も資格があれば独立しやすいです。 ほかの事務所・店舗で経験を積んでから独立するのもひとつの手ですね。 ライバルが限られており、地域によっては市場を独占することも可能です。 美容師 美容師国家資格を得ることで、美容室を開けます。 開業するエリアの特性を掴み、リピーターを増やせば安定した収入が得られるでしょう。 しかし美容室を開くとなると、テナントを借りる必要があり敷金・保証料・前家賃、手数料が発生します。 また店舗什器、セット椅子・鏡、スチーマーが必要などの多くの備品が必要です。 このように美容室の開業にあたっては、初期投資にかなりの金額が必要なことが分かりますね。 さらに自分自身だけで経営するのではなく、従業員も雇うことを考えるなら固定費で人件費も考慮する必要があるでしょう。 開業資金:700万円• 必要な資格:美容師 フランチャイズに加盟できる職種 独立開業するときに、フランチャイズに加盟して独立する方法もあります。 よくあるのがコンビニエンスストアのオーナーですね。 雇われ店長のイメージがあり、自由に経営できないと思われがちですが、ある程度の裁量が認められているので規約に抵触しない限り自由な経営ができます。 多くの場合、フランチャイズ本部にロイヤリティを支払う必要があります。 加盟するロイヤリティの金額が高いと負担にはなりますが、その分手厚いサポートを受けるられます。 単独での経営では集客に困りますので、独立直後は加盟のメリットは大きいと言えるでしょう。 独立開業しやすい業種の共通点 次に紹介していくのは独立開業をしやすい業種の共通点についてです。 資金とノウハウだけあれば、事業を立ち上げて継続していけるかというとそんなことはありません。 続けていくためには、いくつかの条件をクリアする必要が出てきます。 低コストではじめられる どんな事業でもすぐに収益化することは困難なので、初期費用がかからず低コストではじめられる事業が望ましいです。 事業が軌道に乗るまでには時間がかかります。 その期間が半年なのか1年なのかそれ以上かかるかどうかは業種によって異なってくるでしょう。 いずれにせよ事業立ち上げの際に貯金があったとしても、それを全額事業立ち上げに投資するのは無謀です。 自身の生活費を考えて、最低でも無収入で1年から2年分ぐらいの貯金があると安心できます。 また低コストで事業をはじめるならば、初期費用で抑えられる項目は可能な限り抑えておきたいところ。 たとえば店舗改装費です。 これは居抜きでテナントをそのまま流用できると抑えることができます。 飲食店が入っていたテナントをコンビニするために、カウンターやキッチンを撤去するだけでも費用がかかります。 このような作業を避けて物件を探せば、それだけで初期費用の節約になるのは言うまでもないことでしょう。 また、そのほかの低コストではじめられる事業の特徴として、店舗を必要としない・必要な道具が少ない・資格がいらないことが挙げられます。 店舗・道具・資格にはお金がかかりがちです。 これらに注目しながら、はじめる事業を選んでみてください。 どこでもできる 店舗を構えて集客をして販売をしていくスタイルのビジネスが悪いとはいいませんが、リスクは高いという認識を持ってください。 店舗を構えるということはテナントを借りて、賃料を払い続けているということ。 これだけで事業固定費の大部分を占めるということを忘れてはなりません。 とくに立地のいいところに店舗を構えてしまうと、高額な賃料を毎月支払い続けなければならないことに。 「固定費だけで赤字になる…」という事態にならないように、出店場所選びは慎重にしましょう。 もしくは、実店舗を持たずに働ける業種を選ぶのもひとつの手段。 たとえばコンサルティングやカウンセリングなどのコーチングをする業種の場合は、対面でなくても仕事ができます。 電話相談やオンラインでの通話を取り入れてみるのです。 もちろん高額な相談になる場合や、専門性が高い業種ならば直接対面をして話をしたほうが、顧客も安心するでしょう。 しかし、わざわざそのためだけにテナントを借りる必要があるのかは十分な検討が必要です。 業種によっては喫茶店、もしくは時間貸オフィスや会議室でもいいかもしれませんよ。 ニーズや将来性がある 独立・企業を考える段階で、ニーズ・将来性のある業種を選ぶのが成功への第一歩です。 自分がしたいことややりたいことばかりを優先させて、市場調査を怠ってはなりません。 事業を立ち上げたとしても安定して稼ぎ続けることができなければ、すぐに倒産の憂き目に遭うでしょう。 このような事態にならないためにも、世間のトレンドを敏感に察知し市場のニーズを把握し続けましょう。 これが起業後も事業を成長させるコツとなります。 また競合となる企業の業績にも注目してみましょう。 ライバルとなりえる企業が順調に成長しているようなら、その市場への参入余地があると考えてみてもいいかもしれません。 反対に店舗を減らして、従業員数を減らしているような業種へ参入しても成功する確率は低いと思われます。 これは先述したように市場のニーズがあるかどうかのひとつの指標となってきます。 自分がやりたいと思っている事業の将来性を把握しておくこともポイント。 もし、参入しても年年顧客が減っている市場で勝負をするのは困難を極めるでしょう。 現在の流行を考慮すると英語学習や福祉系の資格取得支援などは人気です。 自分が教えるのか人材を雇って運営していくのかよく考えましょう。 反対に少子化の叫ばれる現代で、学習塾や子ども向け教材の販売は厳しくなっていると予想ができます。 このように市場について良く考えてから独立をしないと資金を無駄にしてしまうことになります。 専門的すぎないか 専門性が高すぎるのも時に事業の展開を狭める要因となってしまいます。 たとえば、離婚専門の弁護士、自動車の取得手続き専門の行政書士、子ども向けオンライン英語学習教材の販売と対象を絞り込みすぎてしまっては自ら仕事のチャンスを逃してしまうこととなります。 弁護士ならば民事訴訟に強い弁護士事務所、自動車の手続きのプロフェッショナルの行政書士、オンライン英会話教材とオンライン指導の塾といったように仕事に幅をもたせておけば事業を成長させるチャンスが広がります。 士業や英語だととくに専門性が高すぎますが、他の事業でもターゲット顧客を狭めすぎてしまうと失敗してしまいます。 ある程度横展開しやすいビジネスモデルを立てて起業すると起業後も修正がしやすくなります。 これはIT事業も同じでWEBライターと名乗るのと自動車ライターと名乗るのでは、受注できる案件が変わってきますよね。 当然WEBライターのほうが多種多様な案件を受注しやすくなります。 このように自分がやりたいこと、市場のニーズをよく考えることが成功の秘訣です。 独立後失敗しないためには、事前の下調べが重要なのでよく調べてから独立するようにしましょう。 実際にハウスクリーニング業で働いているオーナーの声• 前の職場は残業が酷く、プライベートが犠牲になっていました。 そこで未経験でも始められ、初年度から収益が見込めるハウスクリーニングのフランチャイズをはじめることに。 今は自分の時間を手に入れながら、サラリーマン時代よりも高い収入が得られています。 研修では、床の見分け方から材質別の取り扱い方などを学びました。 本部の方が「わからないことがあれば聞いてください」と言ってくれているので心強いです。 午前中だけ働いて月商35万円です。 本部が親身になってくれたおかげで、自分の好きな働き方ができています。 以前は土日しか行けなかったショッピングも、今は平日の午後できるのが嬉しいです!• エアコンの配線構造や洗剤液の希釈など覚えることが多くて、慣れるまでは失敗の連続でした…。 でも失敗が経験・スキルに繋がってきています!もっとキレイにしてやろうという目標ができ、精進している毎日です。 はじめは、担当エリアを回るのが大変でした。 そこで本部に相談。 親身に対応してくださり、効率よく回れるように調整してくれました!おかげで開業たったの4ヶ月で、月収80万円を達成。 本部には感謝しています。 開業資金のほかに、業務用車両・駐車場・会社設立費などがかかります。 説明会に行く際には、運転資金の大まかな目安を聞いておくのが良いでしょう。 大手と言われるハウスクリーニングチェーンでオーナーをしています。 日々の仕事には不満はありません。 でもこれからは、競合が増えていくと言われています。 うちの店舗でも対抗できるように、事業拡大を狙っています。 フランチャイズによって、加盟店のフォローに大きな差があります。 私が加盟した会社は、契約したらほったらかし。 もう少しフォローしてくれればいいのに…。 努力・やり方次第で収入が増える仕事です。 高齢化社会において需要が高まる仕事で、やりがいを感じています。 これからは老人ホームやデイサービスセンターなど需要のある分野にアプローチしてみます! 喜ばれることに自分も感動できる仕事であること.

次の

始めやすい自営業の5つの特徴と、おすすめの3業種を紹介!

ハウスクリーニングフランチャイズ 成功

女性の社会進出がますます増加する機運の中、夫婦共に忙しい共働き世帯が増えてきています。 そして高齢夫婦のみや、高齢単身での一人暮らし世帯も増えています。 こういった背景があり、ハウスクリーニング需要は増加傾向にあります。 そしてこの状況で、ハウスクリーニング業開業を目指す人が、男女年齢問わず増えてきています。 一方でハウスクリーニング業経営は、洗剤に関する専門的な知識や高い洗浄技術を要するなど容易ではありません。 ですがフランチャイズ独立開業の方法を使えば、幾分か要領よく開業と運営を進められる道もあります。 今回は フランチャイズとハウスクリーニングについて、フランチャイズで開業するメリットや特殊な業務内容などに触れながら解説します。 フランチャイズハウスクリーニングの収入 (1)専門技術型収入 フランチャイズハウスクリーニングで年収は、平均的に500万円程度が見込まれます。 そして800万円や1,000万円程度の、高収入を実現している加盟者もいます。 (2)家事代行型収入 家事代行型では、時給制で1時間2,000円程といわれています。 そして、時給1,200~2,000円程と打ち出しているところもあります。 初期費用とロイヤリティなどの費用 初期費用とロイヤリティ (1)専門技術型の初期費用 250~300万円程度の傾向があり、安いケースでは200万円台前半の本部もあります。 そしてオフィスや車両を調達するなら、これ以上要する時もあります。 加盟費と保証費• 研修費• 掃除用具と消耗品費• そして開業当初で、 まだあまり売上が上がらない期間に備え、生活費や運転資金の予備も準備してきましょう。 (3)家事代行型の初期費用 初期費用:40~80万円程度です。 安いケースでは、10万円程度の時もあります。 そして、法人契約のみのパターンもあります。 加盟登録料• 保証金• 研修費• ホームページ制作費などの販促費• フランチャイズでハウスクリーニングを開業する手順 次のような、開業手順となります。 (1)フランチャイズ本部へ問い合わせ まず、詳しい話を聞いたり加盟したりしたいと思った本部へ問い合わせをします。 (2)説明会出席 説明会へ出席し、経営方針やハウスクリーニングの事業内容を認識します。 (3)詳しい打ち合わせ 開業へ向けて、具体的な内容を話し合う段階です。 次のような内容を、話し合います。 準備可能な自己資金• 今までの職歴• 今の生活状況• 開業希望時期と希望収入• 事業計画書など (4)審査と契約 審査合格を経て、契約締結へと話が移っていきます。 (5)研修と開業へ向けた準備 技術や営業活動について、研修があるケースもあります。 そして道具や洗剤などを調達し、開業へ向かっていきます。 (6)開業 (1)~(5)の段階を経て、遂に開業と業務開始となります。 そして法人や個人事業主での、開業手続きも必要です。 ハウスクリーニングの業務内容 (1)クリーニングする場所 次のような場所を、クリーニングします。 キッチン• トイレ• 洗面台• エアコン• ベランダ• 玄関など (2)家事代行型と専門技術型の特徴 家事代行型と専門技術型、それぞれ次のような業務特徴があります。 一般的に家庭で行われる、各部屋の掃除や整理整頓• ゴミ出し• 食器洗いと片付け• 洗濯やアイロンがけ• エアコン内部の頑固な汚れ• 洗面台の排水溝内清掃• 壁紙の補修• 排水パイプの交換• 水回りの補修や補強 家事代行型と専門技術型共に、顧客が一般家庭のケースでは、掃除する場所は家の中の各部屋で同じです。 一方で、家事代行型の作業内容は一般的な家庭の掃除です。 専門技術型は、なかなか素人では短時間でうまくきれいにできないような内容です。 リフォーム業者のような、業務をこなすケースもあります。 専門技術型では、次のような現場もあります。 引っ越しによって退去した後の、アパートの空室• 会社のオフィスや倉庫• 工場など フランチャイズでハウスクリーニングを開業するメリット ハウスクリーニングをフランチャイズで開業するにあたり、次のようなメリットが想定できます。 (1)未経験でも参入が可能 専門技術型ハウスクリーニングはもちろん、家事代行型のケースも未経験者で参入可能な本部があります。 仮に業務として家事代行型のハウスクリーニング内容を、実際にこなしたことがないとします。 一方で家事代行型と同等の業務内容をこなせる人は、少なからずいるでしょう。 このようなケースでは、潜在能力を発揮するチャンスともいえます。 (2)本部のブランド力は効果的 専門技術型の業務はもちろん、家事代行型の業務内容から少しずつ始めてみたいケースも、仕事を本当に取れるのか否か不安を抱く人は少なからずいます。 この不安に対し、大なり小なり効果の程度に違いはあっても、解消効果をもたらすのが本部の屋号を含めたブランド力です。 例えば、スマホでハウスクリーニング業者を検索し、有名な屋号をみただけで「こちらに問い合わせしてみよう」という気持ちになる傾向があります。 ビジネス一般に仕事を取る際、この一件の問い合わせを取れるだけでも大きな最初のハードルです。 (3)ビジネスノウハウ提供 ハウスクリーニング業の技術には、ある程度自信があるとします。 一方で自営業初挑戦のケースでは、会社運営面で複数の点にてスムーズに正確には進めにくい傾向があります。 この点についても、本部が丁寧に開業方法や事務処理方法などをアドバイスします。 (4)有名な洗剤や道具を使える ハウスクリーニング業において、道具や洗剤は重要です。 仮に自力でハウスクリーニング業をしようとすると、道具や洗剤についての研究で長時間費やします。 フランチャイズでは、有名でかつ高品質な洗剤を本部から優先的に活用できるところがあります。 実際に成功した方の声 (1)自分の裁量で仕事を進められるようになったTオーナー Tさんは前職が会社員で、帰宅時間が夜中1時2時の時が少なくありませんでした。 ハウスクリーニング業へ転身して、 給料が上がったのはもちろん、自分の裁量で仕事を進められるようになったこともメリットということです。 以前よりも時間を確保できるようになったので、家族と過ごせる時間が増えて気持ちが晴れやかになってきています。 ハウスクリーニング独立は、他自営と比べリスクが少ないので開業しやすいです。 そして頑張れば頑張るほど自分へリターンが大きいのと、感謝されることも仕事の喜びの一つです。 (2)収入が前職の三倍になったHオーナー 軌道に乗り出してから、収入が前職の三倍になりました。 そして、休みをどこのタイミングでどのように確保できるか、考えて選択できるようになったことも便利な点の一つです。 開業して2年程度で、初期費用を回収できたこともさらなるモチベーション材料になりました。 自営業に転身し、ハングリー精神が大きくなったことも、現状につながった一要因と考えています。 子供はこれからどんどん大きくなるので、家族のために今後もガンガン頑張ろうという前向きな気持ちであふれています。 特殊な業務内容と資格 ハウスクリーニングにおいて、次のような特殊な業務もあります。 (1)高齢者孤独死の部屋 最近社会問題としても知られている、孤独死した高齢者の人が住んでいた部屋の清掃もあります。 この清掃の中では、複数の遺品も出てくるでしょう。 この遺品を買い取ってリユースしようと考えれば、古物営業法上の古物になります。 古物を扱うためには古物営業許可が必要になります。 また産業廃棄物収集運搬業許可があると、便利なケースもあります。 いざリユースしようと考えたものの、やはりリユースできにくいとします。 こうなると 後の費用を抑えるために、産業廃棄物収集運搬業許可が役に立ちます。 (2)長く使っていなかった空き部屋や空き家の掃除 数年間、掃除などの管理をしていなかった、部屋や空き家のハウスクリーニングをすることになったとします。 このケースでは、異臭が染みついていたりネズミなどの昆虫がいたりという状況も想定されます。 異臭除去は難しそうだけど、ネズミなどの昆虫をつかまえる程度は自力でもできそうな感じがするかもしれません。 一方で問い合わせにて口頭で「そのような業務にも対応可能です」と答えても、決定力に欠ける気もします。 このようなケースで、次のような資格や登録があります。 建築物ねずみ昆虫等防除業• 脱臭マイスター資格• ハウスクリーニングアドバイザー• 遺品整理士など 上記のような仕事を取ることも視野に入れるなら、取得や登録がおすすめといえます。 ホームページやチラシなどに、資格や登録の旨があるのとないのでは、問い合わせにつながる率は変わってくるでしょう。 ハウスクリーニング業の難点と失敗を避けるコツ ハウスクリーニング業には、次のような難点や対応策が考えられます。 (1)想定外のトラブル ハウスクリーニング業者は、複数のリスクに対して注意を払いながら作業を行うでしょう。 それにもかかわらずやむを得ないアクシデントなどで、トラブルの可能性があります。 次のようなトラブルが、想定されます。 洗剤や薬剤などの想定外の影響で、壁や床などを変色させてしまった• 掃除対象物を、破損したりキズをつけたりしてしまった• 道具をぶつけて、お客様の家や家具などを破損してしまった すぐにその場で、補修などの対応ができればよいです。 ですがその場での対応が難しければ、弁償や信用問題にも発展する可能性があります。 このようなトラブルに対して、団体賠償責任保険の補償措置があります。 (2)仕事を取れるか否か フランチャイズといっても、自力での営業活動も重要です。 ハウスクリーニングでの大口営業先は、次のような会社などがあります。 不動産業者• 引っ越し業者• 住宅リフォーム業者• 民泊業者 民泊業者も定期的な発注を取れれば、ストックビジネスになります。 不動産業者や引っ越し業者は、3月に転勤などで需要が増える時期とも考えられます。 よってこの時期に会社はもちろん、 アパートなどの集合住宅にポスティングをすることも受注につながります。 比較的経済力にゆとりのある高齢者世帯への、ポスティングも集客に効果的でしょう。 高齢者世帯は役所の住民基本台帳などから、ある程度割り出せます。 一般家庭ももちろん効果的ですが、ライバルが多くポスティング費が非効率になる懸念もあります。 整理収納アドバイザー• 整理収納コンサルタント (3)加盟先との相性 早く開業してドンドン仕事を取りたい気持ちから、本部の勧めるまま早く契約しようと考える人もいるでしょう。 契約決定時には「もっと事業計画や審査が厳しいかと思ったけど、意外にスムーズにいったね」という気持ちにもなるでしょう。 一方で本部によっては洗剤を決められていて、実際に開業してみると他の洗剤の方がよかったという事態もあります。 ですが 契約により洗剤を変えることもできなければ、解約もできないのです。 このような事態にならないように、次のような考慮点が重要です。 自分はどのような客層を、ターゲットとしていきたいのか• 月そして年額で、どれくらい稼いでいきたいのか• 最初は何の分野のハウスクリーニングで、スタートダッシュをしたいのか• ゆくゆくは何の分野の業務内容に、発展させていきたいのか• 本部の事業方針に、納得がいくか否か• 契約書は、納得がいくものかなど できれば 契約書については、士業者かハウスクリーニング事業経験者にも分析してもらいたいものです。 まとめ ここまで、フランチャイズとハウスクリーニングについて考察してきました。 押さえておきたい点は、ハウスクリーニングの業務内容とフランチャイズによるメリットです。 そして、特殊な業務内容と資格もポイントといえます。 ハウスクリーニング業界は、まさに成長産業といわれています。 在庫リスクがないことも、特徴の一つといえます。 フランチャイズで独立開業を成功し、収入を含め、豊かな人生を満喫ください。 関連お役立ち情報•

次の