ささみ ボイル。 【裏ワザ】ささみをしっとり柔らかく茹でるには「放置」するべし!

【みんなが作ってる】 ささみ ボイルのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ささみ ボイル

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

【裏ワザ】ささみをしっとり柔らかく茹でるには「放置」するべし!

ささみ ボイル

高タンパク質で低脂肪、疲労回復や滋養強壮の効果もあるささみはダイエット中や身体を鍛えたいトレーニング中の方にもぴったりな健康にいい食材です。 最近では糖質を制限したダイエットをしている方も多く、そのような方はご飯の代わりにささみを食べるようですね。 もちろんそうでない方でも、旨味が多くしっとりと食べやすい鶏のささみは美味しくて好きな方も多いはず。 茹でたり蒸したりするだけでなく、焼いたりフライにしたりどんな料理にしても美味しい万能なささみ、糖質も脂質も低いとなれば女性に人気なのも頷けます。 今回はそんな ささみを柔らかく茹でる方法とゆで時間、下ごしらえや保存方法をまとめてみました。 スポンサーリンク 目次• ささみの下ごしらえ、筋の取り方は? あなたは、鶏肉のささみの筋はいつも取って調理していますか? 茹でてほぐすことが前提なら茹でる前に、筋取りをせず、ほぐす際についでに取ってしまうという方法もありますが、フライや焼き物にする場合や茹でた後、手っ取り早くほぐしてしまいたいと言う場合には、 筋を取ると食べやすく、 口当たりも良くなります。 またすじを残したままだと加熱した際に 身が縮んだりもするので、一手間かかりますが是非筋取りをしてみてください。 筋を切り落とさないよう気を付けながら少し包丁を上下させるような感じで移動させると取りやすいですよ。 ささみの筋を簡単に取る方法は フォークや割り箸を使ってもできます。 筋が持ちにくい時はキッチンペーパーなどを使うと滑りにくくなります。 はじめ引っ張るときには力が入りますが、取り始めるとするっと簡単に取れます。 どちらかの方法で試してみてくださいね。 ささみの茹で方、茹で時間は? ささみは火を通しすぎると瞬く間に パサパサになってしまい、美味しくなくなります。 しっとりと柔らかくする方法は、適度に中まで火を通すのであれば 余熱調理がおすすめです。 いつも茹でる度に固くなりすぎて失敗してしまうという方は是非試してみて下さい。 沸騰したら放置するのがポイントです。 この 茹で汁はスープにも使えます。 例えば、すりおろした生姜、酒と醤油などで味付けをして、ねぎやわかめ、溶き卵などの具材を入れれば立派な一品になりますよ。 ぜひ捨てずに活用してみて下さい。 ささみのほぐし方は、実が柔らかいので簡単にほぐすことができ、繊維に沿って指でさくか、フォークを使ってほぐします。 ほぐしたささみはサラダやバンバンジーにするとおいしいですね。 ポリ袋に入れたささみを袋の上から指でやさしく押しながら、ほぐしても手軽で衛生的ですよ。 スポンサーリンク 電子レンジでささみを調理、蒸す方法と加熱時間は? 鳥のささ身は電子レンジでも調理することができます。 ただし時間が長すぎると パサパサで身も固くなってしまうので注意が必要です。 茹でるときと同じように 余熱調理をすることで固くなりすぎません。 加熱が終わったら しばらく熱いのでささみやお皿を触るときは気を付けてくださいね。 電子レンジを使うと簡単でしかも時短になって便利ですね。 ラップは 2重にすると加熱中破裂しないのでおすすめです。 お肉を柔らかくする方法、ご存知ですか?重曹や炭酸水など、いろいろな方法で柔らかくできますよ。 冷蔵庫での保存の仕方は、そのまま保存でもいいのですが、少し長持ちさせたい場合は、パックから取り出し、ドリップ(肉汁)をキッチンペーパーで拭き取ってラップで包み、保存用袋に入れて冷蔵庫のできれば チルド室に入れて保管します。 チルド室で保管すると 1,2日長く日持ちしますが、おいしく食べるためには賞味期限内に使いきりましょう。 また、ささみは 冷凍保存も可能です。 冷凍庫での保存法は、先に下ごしらえの筋取りをしておくと使う時に便利です。 筋トレなどでしょっちゅうささみを食べる方は冷凍保存しておくと便利ですね。 冷凍の保存の仕方は、筋取りをしたささみを観音開きにして 厚みを均一化し、ラップで包みフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存します。 保存期間は2~3週間可能です。 冷凍ささみの使い方は冷蔵庫で 自然解凍させるか、 生の時と同じ茹で方で茹でて調理します。 また、 茹でてほぐしたささみも冷凍保存ができます。 パサパサするのが気になるようであれば茹で汁も少し一緒にフリーザーバッグに入れて、冷凍をするのがおすすめです。 冷凍庫での 保存期間は3~4週間ほどで、冷蔵庫で保存をするのであれば 大体3~4日で使い切るようにしましょう。 茹でてほぐしたささみの食べ方は、塩もみをしたきゅうりと共にマヨネーズに和えて サンドウィッチの具材にしたり、 バンバンジーにしたり 酢の物に入れても美味しいですよ。 ほぐしたささみは冷凍しておくと使い勝手がよく、保存期間も伸びるのでおすすめです。 スポンサーリンク まとめ 茹でてほぐしたささみをたっぷりの野菜にのせるだけで、いつものサラダがちょっと豪華になるささみ。 大葉やチーズを挟んでフライにしても、梅を挟んで焼いても美味しく、薄い削ぎ切りにすればしゃぶしゃぶや炒め物にだってできますね。 ささみの美味しさは 火加減で大きく左右されてしまいがちですので 加熱しすぎないよう注意してしっとりジューシーなささみを頂いて下さいね。

次の

【裏ワザ】ささみをしっとり柔らかく茹でるには「放置」するべし!

ささみ ボイル

ささみの筋の取り方(包丁を使って) ささみの筋取りのやり方は3ステップです。 ささみの半分ほどの長さまで、浅く、切り込みを入れましょう。 左手で筋を持ち(浮かせずまな板に固定するようにして)、包丁の背を筋の上に置いて反対側へしごいて筋と身をはがします。 この時の包丁の動かし方は、 包丁の背をまな板にくっつけて、包丁を『上下』させながら手早く右側に動かす、のがポイントです。 そうすることで、身が割けたりしづらくなると思います。 ゆでる時に気を付けたいポイントは 『しっかり塩をきかせること』『火が通るまでずっと火にかけず、余熱でふっくら火を通すこと』です。 まず、ささみ3~4本をゆでるのに、 水500mlに塩小さじ1を合わせます。 鍋の水を中火にかけて沸いたら塩を加え、続けて、 ささみを入れたら30秒ほどそのまま中火にかけます。 30秒火にかけたら再沸騰してくるので、火を止めて蓋をして蒸らします。 時間は8分ほどが目安ですが、太めのささみなら10分くらいでOKです。 時間がきたらささみを取り出して、粗熱がとれたらほぐすなどして料理に使いましょう!• 5〜2倍くらいにして、冷めにくいお湯の分量で加熱するようにしてください。

次の