淡路島 観光 ランキング。 淡路島南あわじの観光とグルメ、レジャースポット情報なら うずのくに.comの淡路島観光ガイド

淡路島のおすすめ観光スポット クチコミ人気ランキングTOP20【フォートラベル】

淡路島 観光 ランキング

うずの丘海鮮うにしゃぶが食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 淡路島べっぴん鱧の鱧しゃぶコースが食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 住所 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 営業時間 平日 10:00~16:00(L. ) 土・日・祝 10:00~16:00(L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 営業時間 平日 10:00~16:00(L. ) 土・日・祝 10:00~16:00(L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 淡路島の洲本・五色地域で飼育された淡路牛は肉質が良く口どけの良いサシと味に深みのある赤身が特徴です。 このメニューに使われているお肉は、南あわじ市の精肉店「MEAT29」さんから厳選された淡路牛の「リブロース」を仕入れています。 実山椒の香り豊かなすき焼き風のお出汁でしゃぶしゃぶしていただき、たっぷりの鬼おろしとお肉をからめ、すき焼きのようにしてお召し上がりいただくこのメニューを、うずの丘では【すきしゃぶ】としてご提供いたします。 〆はなんと麻婆豆腐!インパクト大な食べ方の変化に驚くこと間違いなし。 「淡路島たまねぎ」島のうま玉 ~淡路牛肉みそ添え~ 770円(税込) 「淡路島たまねぎ」自体が持っている美味しさを存分に味わっていただける料理を考えこの作品を作りました。 調理方法は「淡路島たまねぎ」丸ごと1個に切れ目を入れ、たっぷりのオリーブオイルとブレンドソルトで味付けをしました。 そして大型のオーブンに入れ、じっくり時間をかけ秘密の調理工程で「蒸し焼き」にしています。 大型のオーブンでじっくり蒸し焼きにすることによってご家庭では出来ない美味しさ(甘みと旨み)をひきだしています。 外皮ほど味が濃く、内皮ほど薄味になっていきますので、外皮はそのままお召し上がりいただき、内皮は淡路牛と赤みそで作った「特製の淡路牛肉みそ」をつけるとさらに美味しくお召し上がりいただけます。 是非、グループ、ファミリーでお一つご注文いただき、「淡路島たまねぎ」の美味しさを実感してください。 鬼おろしと実山椒のすきしゃぶ、島の黄金比、島のうま玉が食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 淡路島手延べそば 島の蕎麦メニューが食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 絶景お子様ランチが食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 絶景お造りステージ 〜この階段を登ってどこに行くんですか?〜が食べられるのは『絶景レストラン うずの丘』 施設情報を見る 住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F 営業時間 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 淡路島の地魚の中でも、白身魚だけを使った海鮮丼がメニューコンセプト。 派手さは無い。 淡路島らしさ、おいしさを追求した白い海鮮丼。 淡路島近海では、暖流の影響がほとんど無く、マグロや鰹などの赤身の魚がほぼ水揚げされません。 ですが、 太平洋と瀬戸内海の海水が混ざる栄養豊かな海が隣接しているおかげで、プランクトンが豊富に生息し、うず潮ができるほどの強い潮の流れもあるため、魚がおいしく育つ環境が整っています。 そのプランクトンを格好のエサとする「根魚で白身の魚」が豊富です。 その地場の良い魚種を目利きしていくと、必然と白い海鮮丼が誕生しました。 付け醤油には、白身魚に相性の良い、地元センザン醤油を使用しています。 内容は状況により変更になる場合がございます。 カフェ 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 食事 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 内容は状況により変更になる場合がございます。 カフェ 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 食事 【平日】11:00~15:00(L. )【土日】10:00~15:00 L. 旅先、美味しいグルメ、綺麗な景色・・・楽しい! でも、なにかが足りない。 それは、こんな心理なのではないでしょうか? 「穴があったら顔を出したい。 」 ついついそんな衝動に駆られますよね。 みなさま、我々スタッフ一生懸命創りました。 そして、できましたよ、「 顔出しパネル」。 旅する島愛のある方には、この作品から思う存分顔を出してほしいんです。 (玉ねぎ型の穴があります。 ) 今回、淡路島の書家南岳杲雲(潮音寺の住職高野山真言宗)先生に作品を書いていただきました。 さらに、作品の左下には、特別なスペースをご用意しています。 旅先で疲れたら、「 体育座り」です! たまねぎカツラをかぶって、玉ねぎのようなキュートな「 体育座り」を魅せてください。 内容は状況により変更になる場合がございます。 内容は状況により変更になる場合がございます。 内容は状況により変更になる場合がございます。 内容は状況により変更になる場合がございます。 観潮船に乗って大迫力のうずしおを見る!最高ですよね。 でもただ見るだけよりも、うずしお科学館でうずしおのことを深く知ってから実物を見たほうが、もっともーーーーーーーーーっと!楽しめるはず。 地質学的な側面以外にも南あわじの風土・文化・歴史と絡めた解説など、充実した内容となっておりますので、いろいろな角度からじっくりと理解を深めるにはもってこい。 南流と北流の潮の流れを見ることができるモニターも設置していますのでうずしおゾーンの復習もかねて、ゆっくり潮の流れを確認してみてください。 内容は状況により変更になる場合がございます。 鳴門海峡の潮流は世界三大潮流の一つですが、まるで滝のような豪快な潮の流れは随一です。 この速い潮流はうずしおとなって訪れるお客様の目を楽しませてくれます。 うずしおができる要因のひとつめは潮の満ち引きによる海水の流れがあることです。 地球は太陽や月の引力を受けています。 海水が満ちたり引いたりするのはこのためです。 この潮の流れは太平洋側から瀬戸内海側へ、又は瀬戸内海側から太平洋へ側へと満潮と干潮が約6時間ごとに日々繰り返されます。 うずしおの大きさにも太陽や月の引力が影響を及ぼしています。 ふたつめは海峡の地形です。 大鳴門橋付近の海底は岩肌がむき出している浅瀬から急激に深くなっている海峡中央部(深さ約100m)まで、かなり複雑にいりくんでいることがあげられます。 これら2点以外にも「鳴門海峡のうずしお」はいろいろな要因がからみあって生まれる世界にも類を見ない美しい自然の造形物です。 内容は状況により変更になる場合がございます。 「ここにあるショップ「うずのくに」には、鳴門のうず潮が育んだ海の幸やここでしか買えないという道の駅うずしおスタッフが開発したオリジナルのおみやげ物がたくさん! その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まで!何より試食が30種類以上あるので、お買い物が楽しい。 楽しく試食しながらお買い物できるので、ついつい予算オーバーすることも。 淡路島でのお買い物に困っている方がいたら とりあえずここに行くことを薦めてしまいますね。 元祖玉葱和風ドレッシング 累計販売本数、百万本突破!まず、買っても後悔のないと言っていいほどのリピートドレッシング!• 淡路島特産 茎わかめ うま煮 こんな柔らかい食感の茎わかめに「どうやっても炊けない!」とお客様から絶賛の超リピート商品。 ショップうずの丘 味市場では、淡路島の美味しい食材を使った「ここだけ商品」を多数取り揃えております。 さらに、もっともっと淡路島の美味しい食材や、商品をお客様に紹介し、楽しんでいただけるお店づくりをスタッフ一同心がけています。 また、私たちは淡路島の豊かな自然の中で育まれた野菜や果実に込められた作り手の知恵と努力・愛情を少しでも皆様に伝える事ができればという思いから、ジュニア野菜ソムリエの資格を取得し、毎週日曜日には、淡路島産の野菜や果実を使 っての簡単レシピなども紹介しております。 「お客様が笑顔になる接客」を心がけておもてなし致しますので、是非ご来店お待ちしております。 クレイジーオニオンジャム 淡路島産たまねぎを長時間炒めたコンフィチュール。 ショウガや黒コショウなどのスパイシーな辛みと、マイルドなハチミツの甘さが絶妙。 玉葱わさびドレッシング ツンと甘いがクセになる。 たまねぎとわさびが出会って生まれた新感覚ドレッシング!• 淡路島ビスケット 島ビスケ 淡路島なるとオレンジのほろ苦く豊かな香りを活かした土産菓子• 淡路島玉ねぎまるごとカレー 淡路島玉ねぎがまるごと1個入ったレトルトカレー!スパイシーなルウとあまーい淡路島玉ねぎの相性抜群です。 内容は状況により変更になる場合がございます。

次の

【淡路島観光完全ガイド】おすすめスポットからモデルプランまで、淡路島の観光・旅行情報をまとめてご紹介!

淡路島 観光 ランキング

この記事の目次• コアラのいる農業公園!「淡路ファームパーク イングランドの丘」 イギリス湖水地方をテーマにした自然いっぱいの農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」でリフレッシュしてはいかがでしょうか。 広大な園内にはコアラやうさぎ、ひつじなどの動物達に出会うことができます。 施設の至る所に季節の花々が咲いており、時期によってさまざまな景色を楽しむことができます。 また、バーベキューエリアもあり、家族連れでも半日たっぷり遊ぶことができる施設です。 パン作りやアイスクリーム作りなど小さなお子さんでも気軽に参加できる体験教室もあります。 世界の有名な観光スポットがミニチュアに!「淡路ワールドパークONOKORO」 休日遊びに行く場所といえば、そう「遊園地」ですよね!ここは大観覧車やメリーゴーランド、ゴーカートなど子どもから大人まで楽しめる淡路島の遊園地「淡路ワールドパークONOKORO」です。 こちらの遊園地の目玉は世界の建築物を精巧なミニチュアにした「ミニチュアワールド」。 またガラスの絵付けやキャンドル作りなどの、家族連れには嬉しい体験教室も開催しています。 世界最大級の渦潮を間近で体験!「うずしおクルーズ」 クルーズ船に乗って大海原へ出かけてみませんか?こちらは淡路島の名物のひとつ「うずしお」をクルーズ船に乗って間近で体感できる「うずしおクルーズ」です。 淡路島の南端にある福良港から観光船が出航しており、約1時間のクルーズが楽しめます。 乗船できる船はレトロな「咸臨丸」と重厚感のある「日本丸」の2種類。 どちらもアッパーデッキで海風を感じながら鳴門海峡散策ができます。 うずしおは生まれては消滅してを繰り返すので、じっと水面に目を凝らして、見逃さないようにしてくださいね!あなたが巨大なうずしおに出会えることを祈ってます。 名物グルメが満載!「うずの丘 大鳴門橋記念館」 ショッピングやランチも楽しめる複合施設で一日中ゆっくりしませんか?淡路島南ICをおりてすぐのところにある「うずの丘 大鳴門橋記念館」はさまざまな施設が入っています。 1階には渦潮について学べる「うずしお科学館」があり、2階には地元の魚介類を使ったレストラン、3階では大鳴門橋の眺望を楽しめる展望台があります。 さらにご当地バーガー全国1位を受賞したことがある「あわじ島オニオンビーフバーガー」を食べることができる「淡路島オニオンキッチンうずの丘店」もあります。 淡路島にいらした際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。 海を望む自然いっぱいの公園!「国営明石海峡公園」 海を間近に眺めながら、ゆっくりとしてはいかがでしょうか?明石海峡大橋を望む海に面した高台にある「国営明石海峡公園」。 総面積は330ヘクタールを誇る公園で、公園のさまざまなスポットでは四季折々の花々が楽しめるうえ、広大な「芝生広場」や150種類もの遊具がある「夢っこランド」などもあるため、大人はもちろんですが、小さなお子様連れのご家族でも楽しめるスポットになっています。 また海沿いにはバーベキュー施設もあり、潮風を受けながらのバーベキューが楽しめます。 受け継がれる500年の伝統芸能!「淡路人形座」 淡路島で受け継がれている伝統芸能を観賞してはいかがでしょう?国の重要無形民俗文化財にも指定されている淡路人形浄瑠璃を鑑賞できる「淡路人形座」。 陰陽師と化け狐の壮絶な戦いが繰り広げられる「玉藻前曦袂」や、夫婦の愛が奇跡を呼ぶ「壺坂霊験記」など500年の伝統を受け継ぐ人形浄瑠璃が上演されています。 なお上演スケジュールは日によって異なるので、ホームページ等でチェックしてからおでかけください。 イルカと触れ合えるキャンプ場「じゃのひれアウトドアリゾート」 淡路島の大自然を満喫したい方におすすめの「じゃのひれアウトドアリゾート」。 オートキャンプ場やコテージで宿泊できるうえ、海上釣り堀の「フィッシングパーク」もあり、マダイやハマチ、ブリなどの高級魚が釣り放題できます。 またイルカと交流できる施設「ドルフィンファーム」もあり、握手などができる「ふれあいコース」と一緒に泳ぐ「スイムコース」、そしてジャンプなどのサインが出せる「トレーナーコース」の3つがあります。 憧れのイルカとのふれあいが堪能できますよ!こどもにも喜ばれること間違いなしです。 一面のお花畑で癒される!「兵庫県立あわじ花さじき」 目の前に広がる景色に圧倒されることでしょう。 ここ「兵庫県立あわじ花さじき」では1年を通して美しい花々を楽しむことができます。 春には一面の菜の花やムラサキハナナ。 夏にはひまわりやサルビア。 秋冬にはコスモスやストックなどがあたり一面を覆います。 季節によって見せる姿が変わるのが素敵ですよね! しかも入園料無料、駐車場料金も無料の施設です。 標高235mから298mにかけての高原地帯となっているため、花々とともに大海原や明石海峡を望むことができます。 淡路島は瀬戸内海の温暖な気候なため、美しい花々が見られる場所でもあります。 また海のレジャーや山のレジャーなども豊富にあり、まさに自然の宝庫。 もちろん瀬戸内のグルメも満喫できます。 ぜひこの記事を参考に淡路島の観光を楽しんでくださいね!今度の連休は淡路島で決まり!.

次の

淡路島南あわじの観光とグルメ、レジャースポット情報なら うずのくに.comの淡路島観光ガイド

淡路島 観光 ランキング

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 5つ星のホテル 淡路島• 人気の設備・サービス• 淡路島の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 淡路島の人気レストラン• 人気の料理• ホテル周辺• 観光スポット周辺•

次の