クレジットカード 現金化 仕組み。 【公式】クレジットカード現金化の真実|知っておきたい業界の裏

【公式】クレジットカード現金化の真実|知っておきたい業界の裏

クレジットカード 現金化 仕組み

実は現金化とは上記の流れを 「現金化業者に任せる 」か「業者を使わない 自分でする 」かの違いでしかない。 非常に単純だな。 クレカ現金化業者を使う方法の仕組み・流れ 「自力で現金化するのが面倒」「現金化業者のサービスを使って手っ取り早く現金化したい」という方におすすめなのが現金化業者の「クレジットカード現金化サービス」です。 こちらには「キャッシュバック方式」と「三点方式」の2種類がありますのでそれぞれの仕組みと流れを説明します。 「三店方式 買取方式 」 「三店方式 買取方式 」は 指定された商品をカード決済で購入した商品を現金化業者に買い取ってもらうことで利用枠を現金化するサービスです。 「パチンコ店」では「パチンコ屋・景品交換所・景品問屋」の3つの業者がいて出玉を換金できますよね。 これを「三店方式」と呼びますが、現金化の場合は「カード会社・商品をカード決済購入する店舗・現金化業者」となります。 現金化業者が指定した商品の購入を確認したら指定口座にキャッシュバック 現金 が振り込まれるので、最寄りのコンビニなどでATMから現金を引き出す このようにキャッシュバック方式では一切「買取」の手続きがなく、発送の必要も来店の必要もありません。 現金化には時間がかからず、「即日現金化」が可能という点がメリットです。 反対にデメリットはネット上には現金化業者が多く、事前に三店方式かキャッシュバック方式か開示していないケースもあるのでキャッシュバック方式を探すのが大変といった程度です。 業者選びのポイント「口コミ」 「クレジットカード現金化」とネットで調べるだけでも様々な現金化業者がヒットします。 中には悪質業者も存在するので業者選びには細心の注意を払いたいところです。 80%の固定換金率のエーキャッシュ。 「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多いのがクレジットカード現金化の世界。 そんな中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。 そして、業者を使う最大のメリットが、「カード利用停止になりにくい」ということです。 決済代行会社という、毎月数億円も決済している会社がカードを切りますので、購入商品がわかりづらく、「現金化の利用」というのがカード会社に見つかりにくい。 自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。 換金率が商品によってバラバラ。 方や、スマホだけですぐ現金化できて8割入金。 そして安心。

次の

クレジットカード現金化の仕組みについて

クレジットカード 現金化 仕組み

【買取方式の注意点】• カード利用停止のリスクが高い• お金の調達までに時間がかかる• 今後法律違反となる可能性が高い 『』にもあるように、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はカード会社の利用規約に反した行為です。 中でも、新幹線の回数券や金券類は90%以上の換金率で現金化できることが多いものの、 数枚購入しただけで利用停止に陥った方もいるほど危険な商品となります。 指定の商品を購入するにしても自分の名義を使うことに変わりありませんから、いくら業者からの指示でも高く換金しようとするのは危険なのです。 次に買取方式はクレジットカードで商品を購入し、それを現金化業者に持っていくか郵送する必要があります。 そこから商品を点検するなどの手間があるため、お金の調達までには 最短でも数時間~2、3日は見ておくべきでしょう。 最後に、買取方式は将来的に違法性のあるサービスとして摘発される可能性があります。 東京弁護士教会から買取方式の危険性に対する危険性についての意見書が公開されるほどですので、違法なサービスになりかねないということを熟知しておくべきでしょう。 クレジットカード現金化の仕組みで決める【失敗させない得策】 カードでお金の仕組みや、仕組みによって異なる現金化方法の注意点などをお話して来ましたが、いかがでしたか? カードでお金では買取方式またはキャッシュバック方式で現金化が行われ、どちらを利用する際にも利点や注意点を知った上でご自身のニーズに合った方法を選びましょう。 元現金化業者としていえることとしては、圧倒的に キャッシュバック方式がオススメです。 というのも、最大の理由は安全性の高さにあります。 換金率はもちろん重要ですが、買取方式を利用して高く現金化できたとしても、10%~15%の手数料の差で カード利用停止等のリスクを負う必要性があるのかを見極めることも重要でしょう。 また、キャッシュバック方式の利用をするのであれば、失敗しない業者を選択しなければ本末転倒です。 クレジットカードの現金化で資金調達をする際は、安全性が高く換金率等のサービスも満足できる業者を見つけましょう。

次の

【図解】クレジットカード決済とは?仕組みを分かりやすく解説します|ネットECの基本|ECビジネスのトータルパートナー|ヤマトフィナンシャル

クレジットカード 現金化 仕組み

安全なクレジットカード現金化できる業者3選!《口コミで評判の優良店》2020最新版 クレジットカード現金化の業者を選ぶときに換金率が高いところを選びたい気持ちは分かりますが、一番大事なのは安全度です。 申し込みから振込まで誠意ある対応でスピーディーかどうかです。 実際に利用した方の口コミを元に、安全にクレジットカード現金化できる業者を3サイト厳選しました。 業界最高換金率98. 8%となっています。 8%というのは最大換金率としては非常に高く、他の現金化業者の最大換金率はおよそ96~97%程となっています。 さらに、換金率が5%アップするキャンペーンなども行っているので、あんしんクレジットは他の現金化業者よりも換金率が高いことがおすすめポイントになります。 急に現金が必要になってしまったので、クレジットカードの現金化をしました。 3社ほど現金化業者に連絡をしたのですが、このあんしんクレジットが一番換金率が高かったですね。 振込みスピードもとても早かったので助かりました。 特に「手数料ゼロ」というのはクレジットカード現金化業者としてはあまりなく、換金率から目減りしてしまうことがないため安心して利用することができます。 さらに最大換金率は99. 2%とかなり高水準となっていて、換金率の高さもおすすめの現金化業者となります。 振込みスピードは最短5分となっているので、急な現金の入用にも対応することができます。 車の事故を起こしてしまい、見舞金として現金が必要になってしまったときにゼロスタイルを利用して何とか対応できました。 初めてクレジットカードの現金化をしたので、どのくらいの金額になってしまうのか心配でしたが、10万円のショッピング枠が8万8千円くらいに現金化できたので満足しています。 ファミリークレジット 別途手数料(合計6%)当社負担。 女性のお客様 換金率+1% 「ファミリークレジット」は創業から10年経っている現金化業者で、クレジットカードの現金化業者としては創業10年はかなり長い期間運営していることになります。 現金化業者は創業しても2~3年ほどで撤退してしまうことが多く、あまり長い間運営している所はありません。 ファミリークレジットのおすすめポイントは他にも、振込みスピードがとても早いことで「最短3分」で指定口座に振り込んでもらえます。 また、1万円からでも90%以上の換金率なので、少額の現金化をする人にオススメの現金化業者となっています。 友達からお金を借りていたのですが、給料日前になって返金を求められてしまったので仕方なくファミリークレジットでクレジットカードの現金化をしました。 給料日前なのでお金が無くて困っていたのですが、5万円の現金化をすることができ友達にも返金することができました。 換金率も高かったので損することはあまりなくて良かったです。 クレジットカードの現金化の仕組み!《2つの方法》初心者にもわかりやすく解説 クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を現金に換金することを言います。 このクレジットカード現金化のやり方には「 業者を使わずに自分で現金化する方法」と「 業者を使って現金化する方法」があります。 安全に確実、現金を手にするまでの早さを考えると業者を使った現金化が一般的です。 業者を使わず自分で現金化する流れ まずは、 自分で現金化する方法。 業者に依頼せずに、自分で商品選びから売却までします。 自分でやる手間はかかりますが、換金率が高いというメリットがあります。 自分が希望する額で買い取ってくれるところを探すということになるので、少々手間がかかりますが、高く買い取ってくれるお店を予め探しておけば安心です。 ブランド物を購入し、新品同様として買い取ってもらえば換金率は高くなるのですが、ブランド物でも人気がないものは買い取り価格が低い可能性もあるので、 換金率がいいものを選んで取引することが大切です。 クレジットカード現金化業者に依頼してお金を借りる方法 つぎに、クレジットカード現金化のサービスを提供する大手の業者に依頼して、クレジットカードのショッピング枠を現金化してもらう方法。 これは、インターネット上で業者が指定した商品を購入したのち、購入金額から手数料分を差し引いた残金が利用者の口座に振り込まれるという流れです。 と流れで詳しく書いています。 利用者は利用可能な範囲内のショッピング枠を使い、クレジットカード払いで指定された商品を購入することで現金を受け取れますが、 後日現金化のために買物をした分の返済をしなければなりません。 利用する額によって換金率が異なる業者がいるので、数社を比較して換金率の高いところを利用するという方法が一番です。 自分で現金化する方法にも、業者を利用する方法にもメリットとデメリットがありますが、「安全」に「確実」に現金化するなら、 クレジットカード現金化の業者を利用する方がおすすめです。 現金化サービスを利用する前にクレジットカード現金化の仕組みを理解しておこう。 クレジットカード現金化は違法じゃないいの? クレジットカード現金化というのは、 現金化する方法によっては違法と判断されることがあります。 例えば、以前は一般的に行われていた購入した商品を買取業者に売却するという方法ですが、カードでの支払いを終えていない以上、その商品はカード会社が所有しており、カード利用者に貸している形になります。 それを所有者の確認なしに転売していることになり、法律違反と考えられるのです。 もちろん、支払いを終えた後は商品をどうしようと利用者の自由ですが、完済するまでにタイムラグがあるため、その間に売ってしまうことがNGとされています。 自分で商品を購入してオークションなどで売却することも同様に違法となります。 カード会社所有の商品を勝手に売却するだけでなく、古物営業許可証を持っていない状態で売ることになるため、さらに違法性が大きくなります。 初めての現金化《知っておけば安心》「キャッシュバック方式」と「買取方式」の仕組みと流れ 現金化の業者にも「 キャッシュバック方式」と「 買取方式」と違いがあります。 キャッシュバック方式の現金化 クレジットカード現金化のキャッシュバック方式では クレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その購入特典としてキャッシュバックするのが特徴です。 現金化業者がカード会社の加盟店となっており、購入代金はカード会社が立て替えして現金化業者にお支払しています。 ご利用者は業者ではなくカード会社に購入代金をお支払します。 1回払いや分割払いやリボ払いなどカード会社所定のお支払方法を選べます。 クレジットカード決済を導入したショップにはカード会社へお支払すべき加盟店手数料が発生しますが、現金化業者はその分を上乗せした還元率を設定しています。 クレジットカード現金化 買取方式(買取屋方式) クレジットカード現金化の買取方式では クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を、現金化業者に買取して貰うのが特徴です。 ブランド品や高級腕時計、新幹線の回数券など価値の高い商品を購入して、買取して貰うことで現金化します。 購入した商品は現金化業者に送り返すことが必要なので手元に残るわけでは無いです。 現金化の仕組みの関係上、質屋やリサイクルショップのように 古物商の許可を取得して営業している業者が多いです。 業者を使わないで自分で現金化するのと、業者を使うのではどちらがバレにくいのか? クレジットカード現金化する時に一番気をつけなければいけないのが、 カード会社にバレてしまうリスクです。 クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスなど代金の支払いに利用する枠ですので、カード会社で禁止しています。 自分で換金性の高い商品をクレジットカードで購入するとカード会社にバレやすく、とくに新幹線の回数券と言ったものはバレやすいために注意が必要です。 目立たないように現金化すればバレることは少ないですが、繰り返し現金化するとバレることがあります。 また、キャッシング枠がゼロだとバレやすいため、枠全部使い切らないほうが良いです。 クレジットカード現金化業者で現金化したほうがバレにくい 業者にはキャッシュバック方式と買取方式があります。 キャッシュバック方式では100円均一などにある安価な商品にキャッシュバックの特典を付けていることが多いです。 買取方式ではブランド品や高級腕時計など価値のある商品を買取していることが多いです。 現金化が疑われやすい商品では無いためにカード会社にバレにくくなっています。 通常クレジットカード決済を行うにはカード会社の加盟店になることが必要ですが、現金化業者が加盟店になるのは難しいです。 そこで業者は決済代行会社を介してクレジットカード決済を行っています。 そのためカード会社が把握しにくくなっているのです。 しかし業者取り扱いの商品によってはバレやすいため、事前にどんな商品をクレジットカードで購入するのか聞いて下さい。 もし換金性の高い商品だった場合はお断りしたほうが良いです。 カード会社にクレジットカード現金化がバレたらどうなる? 自分で現金化しても業者で現金化しても、バレた場合はカードの利用停止、会員資格はく奪、残高の一括請求と言ったペナルティーが待っています。 クレジットカードの現金化はそれほど難しいものではありませんし、現金が工面できずに困っている時にはスピードの速さや審査の通りやすさなどで大いに助かりますが、結局はキャッシングなどと同じように、用立ててもらったお金を多目に返していくというシステムです。 使い過ぎには十分注意して、「いざというときにはこういう方法もある」という認識でいましょう。 また、業者選びや換金率の比較などはきちんとしておくことをおすすめします。 《失敗しない4つのポイント》クレジットカード現金化できる業者の選び方3選! 信頼性の高い業者を選ぶためのポイントを、以下に4つ挙げていきます。 そのため、 サイトに会社設立の記載があり、さらに長く運営しているところならば安全性が高いと判断できます。 また、 代表者の所在地や氏名がきちんと書いてあることも重要です。 代表者というのは会社の責任者とも言えますので、いざというときに責任を取る覚悟がある会社ということが分かります。 また、固定回線の電話番号があるかどうかもチェックポイントです。 携帯の番号の場合は、プリペイドのように身元を隠して購入することができるため、いざというときに姿を隠す可能性があると考えられます。 回線のつながりやすさや安定性を考えても、長く会社を運営するのならば固定回線を使う可能性が高いです。 悪質なサイトでは、高い換金率をうたいながら色々な理由をつけて大幅な手数料を請求してくることがあります。 そのため、サイトの記載通りの換金率で現金化できたかを確認しておきましょう。 また、対応がスムーズで現金が必要なタイミングに間に合ったかどうかも重要なポイントです。 ただし、口コミの評価が高すぎるところは逆にサクラによる高評価という可能性が考えられます。 批判している口コミもあり、全体的に大きな問題が見当たらないところのほうが逆に安心でしょう。 それから、実際の手続きについて案内を見てみましょう。 振込までの対応がスムーズだったかを利用者の評価で確認するほか、土日祝日も対応可能なところを選ぶのがおすすめです。 申し込みから現金振込までが早いところは、対応に慣れているということですし、急いでいる利用者にとってもありがたいです。 ネット銀行であれば土日でも振込が可能なため、平日まで待てないという場合でも間に合います。 こういったサービスが充実している業者は、利用者のことを考えている安全な業者である可能性が高いです。 比較サイトの中には、お金をもらって悪質な業者を高く評価したり、そもそもその業者が立ち上げたサイトであったりすることがあります。 しかし、すでに比較サイトとして一定の評価を得ているサイトであれば、悪質な業者を紹介することでサイト自身の信用がなくなり、多少の金銭では補填できない損失を被ることになります。 そのため、つまり、あらゆる比較サイトで紹介されている業者は優良店が多いのです。 《5選》クレジットカード現金化をする時のメリット・デメリット クレジットカード現金化は、現金が必要なときにすぐに振込が可能ということで、利用者にとってのメリットが大きいことがわかります。 しかし、当然のことながら現金化にもデメリットも存在します。 クレジットカード現金化のメリット・デメリットを以下にまとめました。 現金化のメリット・デメリットまとめ メリット デメリット お金に困った時にいつでも資金を調達できる クレジットカードを持っていないと現金化できない 消費者金融やカードローンとは違い審査が無いので確実ににお金を得られる ショッピング枠が残っていないと現金化できない ブラックリストや多重債務者など消費者金融などで審査が通ら無い人、お金が借りれ無い人でもクレカのショッピング枠さえあれば確実に現金化出来る クレジットカードで買い物をするのと同じなので、リボ払いでカードの返済をしていかなければならない 即日で現金がゲットできる リボ払いだとクレジットカードの返済で金利がかかる 曜日や時間かかわらず365日24時間、やろうと思えばいつでも現金化できる ショッピング枠の100%を確実に現金化できない(50%~90%) 上記の表をご覧のとおり、現金化のメリットがデメリットにも繋がっている点がいくつかあるのです。 クレジットカード現金化のメリット・デメリットをまとめると キャッシングが利用できない人でもすぐに現金を手にすることができるのがメリット、一括返済やカードの利用停止のリスクがあるのがデメリットです。 カードで現金化をするということは、キャッシングで限度額いっぱいまで借金をしている人でも自由に動かせるお金が用意できるということです。 これは、貯金やキャッシングなどで現金が用意できない人にとっては、気持ちの上で大きな安心となるでしょう。 また、キャッシングとは異なり、手続きがスムーズで審査もほとんどありませんので、ほぼ確実に現金を受け取ることができます。 ただし、カードの現金化もキャッシングと同じようにその場しのぎで現金を用立てているにすぎません。 また、 利用しやすいからといって使い過ぎるとショッピング枠もいっぱいになってしまい、いよいよどこからも借りられなくなります。 利用するときには使いすぎに十分注意しましょう。 一方、デメリットもあります。 カードの現金化は方法によっては違法と判断されるため、カード会社から一括返済を求められる可能性があります。 また、限度額いっぱいまで買い物をすると、当然月々の返済額も高くなってしまい、約定通りに返済できなくなるかもしれません。 そうなると、カード会社からカードの利用停止という措置を取られることがあります。 一度利用停止になると、信用情報にもその旨が掲載されて、消費者金融系や銀行系、カード会社などに信用性が低い利用者と判断されるのです。 その結果、新しくキャッシングやクレジットカードの発行を申し込んだとしても、どこからも承認されない恐れがありますので、注意が必要です。 カードの現金化は、いつどのような商品をいくらで購入したかという情報がカード会社に知らされるため、カード会社にバレる危険が常にあると考えておきましょう。 カードの現金化はいざというときの手段として、頻繁に利用しない方がカード会社に疑われにくく安全です。 クレジットカード現金化悪質業者の闇 クレジットカードの現金化を受け付けている業者の中には悪質な業者もいます。 主な手口としては「記載してある換金率よりも低い金額で振り込まれた」というのが一番多いのですが、中には「入金すらなかった」といった事例もありますので、業者を使う場合は十分に警戒してください。 クレジット協会も以下のように警笛を鳴らしています。 クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用されてしまうことがあります。 場合によっては、利用者本人が犯罪に問われることやトラブルに巻き込まれることもあります。 クレジットカード現金化をする時はしっかり返済額を計算してから クレジットカード現金化は、お金が無い時にすぐに現金を手にすることができるため、確かに便利ではありますが、ショッピング枠を使うため、 借金するのと変わりがありません。

次の