遊戯王 アーク ファイブ op。 5分でわかる!アーク・ファイブ炎上問題の問題

遊戯王アークファイブという神アニメ。おすすめ見所とストーリー!

遊戯王 アーク ファイブ op

物語の舞台は海岸沿いにある「舞網市 まいあみし 」。 デュエルの技術が突出して進歩している。 その理由は赤馬零児が社長を務めるレオ・コーポレーションの存在。 同社が開発した「質量を持つ立体幻影 ソリッド・ビジョン 」の普及により、舞網市で「アクションデュエル」が生まれ、世界中で人気を博している。 子供たちはスター的存在であるプロデュエリストに憧れ、主人公・遊矢たちが通う「遊勝塾」や最大手「LDS エル・ディー・エス 」といった大小さまざまな規模の塾に通い、召喚法やデュエルスタイルなどを学んでいる。 そんなある日、遊矢はプロデュエル界の現役チャンピオンとエキシビジョンマッチで戦うことになるのだが……? 説明文 物語の舞台は海岸沿いにある「舞網市 まいあみし 」。 デュエルの技術が突出して進歩している。 その理由は赤馬零児が社長を務めるレオ・コーポレーションの存在。 同社が開発した「質量を持つ立体幻影 ソリッド・ビジョン 」の普及により、舞網市で「アクションデュエル」が生まれ、世界中で人気を博している。 子供たちはスター的存在であるプロデュエリストに憧れ、主人公・遊矢たちが通う「遊勝塾」や最大手「LDS レオ・デュエル・スクール 」といった大小さまざまな規模の塾に通い、召喚法やデュエルスタイルなどを学んでいる。 そんなある日、遊矢はプロデュエル界の現役チャンピオンとエキシビジョンマッチで戦うことになるのだが……?.

次の

【 遊戯王5d's 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 12 曲)まとめ・ランキング

遊戯王 アーク ファイブ op

今週の注目カード 各種召喚方法ラッシュからの《独占封印の契約書》の布陣を逆手に取られた零児さん。 零王の《精霊機巧軍-ペンデュラム・ガバナー》を突破する為に、テムジンとアレクサンダーをリリースして《DDD死偉王ヘルアーマゲドン》をアドバンス召喚。 《戦神との不正契約書》で戦闘突破を狙うものの…それも裏目ってしまった(何てこったい!) 零王が発動した《ディススイング・フュージョン》の効果でコントロール奪取されてしまったCEOさん。 更に効果によって《精霊機巧軍-ペンデュラム・ガバナー》は《大精霊機巧軍-ペンデュラム・ルーラー》へと大進化(融合しました)。 しかも、何気に初のペンデュラム融合モンスターだったんだよね…。 ペンデュラムルーラー自体も耐性&制圧力バリバリの強力なモンスターだったのですが、《ディススイング・フュージョン》の効果で奪取されたモンスターが行った戦闘によって発生した戦闘ダメージは元々のコントローラーが受けるというかなり厄介な代物。 これには流石の零児さんも大焦り! 危うく零児さんを殺っちゃう所だった新規「EM」モンスター《EMナイトメアナイト》のデザインも個人的にはかなり好きです。 このデザイン…蝶ネクタイ以外にエンタメ要素が感じられないだとッ! 真っすぐすぎる零児さん…管理人は嫌いじゃないよ 零王を前にして遊矢とのタッグにかなりハッスルしている零児さんですが、先週から色々と裏目りまくって残念無念。 今週はその真っすぐすぎる戦法と性格をパパさん(ハゲ)にイジラれる始末…。 「いきなり姉がいるとか妹が4人とか言われるし、横に覇王がいる上に、頼りにしてた遊勝さんはだんまり決め込んでて内心焦ってんだよ!しかも、デュエルだけでなく経営者として何ちゃらとか会社放置して融合次元に籠りやがったハゲに言われたくないんじゃ~」とかモヤモヤしてるかしてないかはわかりませんが、唐突に熱くなって遊矢を支えようとしてる零児さん…管理人は嫌いじゃないよ…。 (がんばれ零児さん!) そんな零児さんを横目(横目にすらしてないか…)にノリノリの遊矢(半ズァーク)さん。 アクションも作画もバリバリでしたね… 《衝撃の拘束剣》でデュエル中断ッ!! 覇王烈竜からの《EMナイトメアナイト》によって零児さんもろとも零王を葬ろうとした遊矢さん。 後ろで何やら悶々と問答していた遊勝さんが発動した《衝撃の拘束剣》によって強制拘束。 デュエル自体も不正なカード(衝撃の拘束剣)によって無効試合化という凄い展開に…。 《衝撃の拘束剣》はデュエルが終了しても、リアルソリッドビジョンが消えないバグを持った失敗作のカードって事らしいです。 胸元でずっとイジイジしてたカードで何かしでかすとは思っていましたが、とんでもないチートカードの登場に本当の意味で衝撃が走りましたねw 柚子シリーズはズァーク復活の抑止力だった!? 柚子の訴えによって意思を固めた遊勝さん… それによって柚子シリーズはズァーク復活を阻止する為に遊矢シリーズの近くに転生したという事が判明(?)しました。 そんな宿命を背負いながらもお互いに思い合う関係(セレナは除く)になってしまった遊矢シリーズと柚子シリーズ…。 (何とも悲しい設定やなぁ~) 放置しておけば必ずズァークは復活するとハゲは言ってましたが、遊矢シリーズが接触する理由を主に作ったのはハゲ自身っていう。 まぁ、ショウガナイ事だったのかもしれませんが… 来週はカイトとエドが大活躍!? 来週はユーリ相手にカイトとエドが大活躍(?)するらしいので期待! それよりも、今週は柚子シリーズがみんな安定した作画で見れて至福でしたね! 管理人は瑠璃が好きですが、みなさんは柚子シリーズなら誰が一番好きかな!? 久々にアンケートを用意してみたので投票よろしくです!.

次の

【悲報】遊戯王ヴレインズさん、糞アニメとしてネタにもされない

遊戯王 アーク ファイブ op

このでは、しばしばしい論争が起きています。 を書くときはをよく、に努めてください。 他作品への等は控えましょう。 また、等の個人への度が過ぎた罵や侮蔑などはどんな理由があっても厳禁です。 どの作品のも気持ちよく作品を楽しめるようご配慮をお願いいたします。 放送期間はからまで。 概要 「」でが開された、「」(「」)に次ぐの第5作(でない、いわゆる版「」は含まれない)。 そのときはの姿と、が使用すると思しき2体のの姿が開された。 両手に1枚ずつを持つ不思議なであったが、今にしてみるとを表していたのかもしれない。 「」を謳っており、以降恒例となった新規の召喚として、今作では「」が登場。 さらに、新たなのとして「」も登場した。 ではの両端に1枚ずつがおかれ、に「UM」(振り子の意)と表示され、そのあとに初期のにあった2体のが現れるという場面があった。 また、遊矢がののような()に乗りながらする場面もあり、となった。 にある(c)は、孤、形の意。 (=振り子)召喚から、振り子を表したものか。 舟を意味する()とはが違う。 本作には~までの作品を含めた総のようなも含んでおり、で初めてが採用されている。 第1である舞網編の序盤ではに前作『』の・が登場した事を皮切りに、異なる召喚法を駆使するが存在する事などが明かされていき、第2・編では、と。 第3・編では、、が登場する。 また、第1後半では放映日のよりされているとするようなが展開される 側で登場回に、ARC-V側ではの後継が登場するなど といった細かいもになっていた。 と略すと前作「」に登場した「」と紛らわしく、Vと略すとこれまた前作の「V()」と混同し、ブと略すと前々作「」とかぶるという、に困る。 素直に「C」「ARC-V」とでも書いてあげましょう。 間違っても「AV」などと略してはいけない。 もっとも、V()以外はそのように略す例は少ないので、前後の文脈で通じるとは思われる。 ちなみにでの登録は「」がになっている。 は「を持って一歩踏み出せ!! 発売の号にて版の連載が開始した。 詳細は「」の記事にて。 ストーリー のはの沿いにある「舞網」。 の技術だけが突出して進歩している。 がを務める・。 同社が開発した「質量を持つ立体幻像(・)」の普及により、舞網では「・」が生まれ、中でを博している。 たちは的存在であるに憧れ、・遊矢たちが通う「遊勝塾」や最大手「S(・・)」といった大小さまざまな塾に通い、召喚法やなどを学んでいる。 の2年生。 笑うことでつらいからていたが、スグ石とのをきっかけに困難に立ち向かう決意をする。 夢はのような、人々をにする「・」になること。 舞網を経て、自身がいる「」を含む4つの間での争いに巻き込まれていく。 を多く含む「」「」を使用し、は 「」。 との奇抜なをしており、まるでのようと評されるが、これまでので訓練されたにはがに見えるという。 産物ではなかった。 ( ) : 遊矢ので、彼を叱励するパワな。 が経営する「遊勝塾」で遊矢と共にの腕を磨いている。 が特技。 自身に関するがに深く関わるなど、のとしてはしい存在。 劇中にて習得したを切り札とする「」を使用する。 (はらだ ) : 体の塾生。 もっぱら遊矢のを観戦している。 遊矢がングを披露するたびに、その感動を 「れるぅ~!」という言葉と共に全身全霊をもって表わしている。 「じゅう」を使用する。 (かわ ) : 塾生。 もっぱら遊矢のを観戦している子、その2。 年齢相応の爛漫な行動が多いが、遊矢のや、の行動に対し呆れたを向けることも。 「」を使用する。 山タツヤ(や タツヤ) :新出 塾生。 遊矢のを観戦して。 他の二人にべの知識が豊富であり、遊矢のを観戦する際の解説役を務めることも多い。 「E・M ・ 」を使用する。 ( ぞう) : ので遊勝塾の塾長。 元で遊勝のだった。 日々塾生たちに 熱血導を行っている。 「」を使用する。 権現坂道場 (ごんげんざか のぼる) : 遊矢・の友人。 彼らをはじめとする遊勝塾の塾生と行動を共にすることが多いが、遊勝塾の塾生ではなく「権現坂場」の跡取り。 遊矢の親友として彼を支える、見守る描写が多いのみならず、他の登場人物に対しても臆せず忠告を行うなどらしい性格をしている。 の全てがで構成される「」を使用した「不動の」を信条としている。 LDS(レオ・デュエル・スクール) (あかば れいじ) : 「・」の。 的な頭を持ち、でを受けるほどの・。 にを示し、のを参考に独自でを開発した。 後述するとの戦いのため、と戦う為の組織「」を組織する。 「」「」を使用し、・・・を自在に操る。 ではない。 (さわたり ゴ) : Sの。 最初期こそ取り巻きを従え、他人や自分が認めないを見下すなど典的な小悪党としての面が強かったものの、遊矢とそのにされた後は、彼と共に理想的な「」を繰り広げるほどのとなった。 基本的にで自信だが、取り巻きや達に突っ込みを入れられたり、思い通りに戦略が決まらなかったりと、としての活躍も多い。 「」「」「」と様々なを作中で使用し、はを多種多様なで補助し戦う「」を使用する。 (あかば ) : の。 常にを抱えている。 ながらと同じく・・を操る実を持つが、気弱で自分から行動を起こすのが苦手。 と共にとの戦いに加わる。 相手のや、そのを利用する「」「」を使用する。 (しじま ほくと) : S・の。 自身の敗戦を澄に摘され意気消沈するなどな場面が印的だが、塾内での連勝、試合観戦での戦況分析などからも分かるように確かな実を持つ。 澄、とはよく三人で行動し、の高い一面とは裏に二人をとして大切にしていることがわかる。 複数の級を並べる「」を使用する。 (こうつ ますみ) : S・の。 対戦相手のが何かしら迷いを抱えていることを見破っており、その戦いをきっかけに、にとっての越えるべき標となる。 、に対して強気に対応する事も多いが、有事の際には彼らの身を案じる等好意的に思っている。 商のであり、それにちなんでがの「」を使用する。 (とうどう やいば) : S・の。 他の2人とべるとやや言動が荒っぽい。 権現坂の直訴に応じ彼にを伝授、彼とは師の関係となった。 前二人と同じく、、澄とは友好的な関係を築いている。 大量展開を持ち味とする「」を使用する。 日美香(あかば ひみか) :喜久子 Sの理事長にしての。 彼と共にに備え暗躍する。 に絶大な信頼を寄せる一方、羅などには冷な一面を見せることも。 その他 ( ゆうしょう) : 遊矢ので元界のだった。 の刺的なを築いたとされているが、スグ石とのの直前に消息を絶ち、となってしまった。 遊矢同様「」を使用し、の「・」と永続を駆使する。 ( ようこ) :遊井子 遊矢の。 よくやを拾ってくるらしい。 の頃は「舞網ズ」の総長だった。 「爆走」を使用する。 ・スマイリー :肇 、スグ石の元。 スグ石が出奔したことをきっかけに遊矢のとなり、以後彼の役として活動。 舞網予選では、彼のとしての技を高めるために彼の成長に相応しい対戦相手をィングした。 本戦においては役も務める。 (ほう ミ) : 塾の塾生の。 癖があり、で「人達」を意味するrsのが出るだけでが出てしまう。 初対面で遊矢にを見られるに遭うものの、に覚めた遊矢にゾッコン惚れた。 やを戦術とする「」を使用する。 (つきかげ) : 魔塾の塾生で、に日()がいる。 に雇われたで、依頼者の命を忠実に実行する寡黙な男。 舞網後「」へと加わった。 の日とべて防御的な戦術を中心とした「」を使用する。 (かちどき いさお) : 梁山泊塾の塾生。 前年度の舞網準者。 エクシーズ次元 : いを身につけ舞網に現れた。 顔立ちが遊矢と似ており、ですらも遊矢と見間違えるほど。 「も傷つけられない」を作るために戦っている。 舞網一回戦終了後、、及びとのを通じて、遊矢に大きなを与えた。 「 ・ 」を使用し、は 「 」。 (くろ ) : の。 の璃を助けるべくにやってきた。 Sを敵視していたが、との取引で舞網中はSに所属し、その後彼の元で行動するようになる。 ・を駆使して守り、的な展開で反逆する「」を使用し、「」によるを使いこなす。 は 「」。 (くろ るり) :沢 に似た顔をしたの。 デニスとによってに攫われてしまっている。 1を展開してする「LL ル・ルスキ 」を使用する。 : の一人。 襲来前は「校」に属しており、「スペード校」に属していたやとは切磋磨し合うの間柄にあった。 やをに化された怒りに囚われ、等かつてののにもを貸さずに単独でと戦い続けている。 「波 」を使用し、同名をえて自分のを強化したり相手の動きを封じる戦法をとる。 は 「 」。 (こき ) : の一人で、元「校」の。 気さくな性格だが、でをくらました遊矢の・遊勝を「を見捨てた」と思っており、遊矢が遊勝のだとわかると冷たく接するようになる。 との繋がりからか、使用するは「」。 山(ささやま ) : の一人で、元「校」の。 な面もあるが心優しいで、自分の体を顧みずにでの食事当番を休まず行っている。 「」と名のついた族が中心のを使用する。 融合次元 (あかば れお) : ので、化したような左頭部が特徴的な男。 内では「」と呼ばれている。 ・先代にして、のでもある。 を始めとする、に似たを集めるべく暗躍している。 「 」を使用し、遊矢も所持していないすら操る。 (んいん そら) : 遊矢の「・」に魅了され、遊矢に付きまとう。 奔放、甘いが大好き、性本をくすぐるされ。 に頼まれ、にを授けた。 実はの出身。 と器具をとした「」「」「」のを使う。 : 遊矢に似た顔をしたの。 璃やを連れ去った本人であり、の命でを狙っている。 「 ・ツ 」を使用し、は 「 」。 また「」で構成されたを使うこともある。 : に似た顔をしたの。 と共にを訪れた後、の他侵攻の実態を知る事となる。 王にを奪われていたためか高圧的で世事に疎かったが、に来てからはその性格も変化し始めている。 攻撃的な性のを駆使する「 」を使用する。 : に付き従うの大男。 にで失態を犯してしまい、の監視役という閑職に置かれていたが、今でも手柄をあげて戦線復帰したいと願っている。 族と族をさせた「闘機 」と「勲章」を使用する。 : Sブ校からの留。 のに惚れこんでおり、遊矢が驚く程のを披露した。 後に「」に加入する。 の構成員と通じている描写が見られていたが、正体はやはりの一員であり、璃の誘拐にも関与していた。 自分でを発生させする戦術や、からのを行う戦術を得意とする「」を使用するほか、同様「」も使用する。 (てんじょういん ) : の。 元々に属していたが、他でに人々を化するやり方に疑問を抱いてを離反。 その後遊勝と出会って彼のに触れ、はそのを広めようとしている。 「」と同様、を行う「・」を使用。 : 軍。 に遊勝として「」をの当たりにするも、の方針と相反するそのを受け入れられず、の方針が正しいと明すべく遊勝を探す。 使用するはおなじみの「 テニー 」。 : : の。 通称「」。 「スペード校」を拠点とするを、における抜群ので壊滅させた。 を殲滅するために、により再びへ送り込まれる。 って「」を使用する。 : の所属でありその実は確かなものだが、味方も化してしまうためとしては欠陥品と言われている。 「者の ・」にて遊矢たちとを行った。 「」を使用する。 シンクロ次元 : 遊矢に似た顔立ちをした、いを身にまとう。 を乗り回しながらを行う。 気性が荒く短慮な性格だが、したにて三人を殺するなどとしての腕前は一級品。 懐かしいをにした「」を使用し、は 「 」。 : に似た顔をしたの。 と同じ施設で育った。 に攫われてしまっている。 「 ド・ 」を使用する。 : の「」の座に君臨する。 ・が育った施設の出身で、元は下層階級「コモンズ」の。 の腕一つでを勝ち抜き、コモンズ初ののを勝ち取った。 その経歴から、・をはじめとするコモンズの達の憧れの的となっているが、一方で「ス(上層階級)に媚びを売った裏切り者」と憎む者もいる。 「」と名のついたをに使用し、は 「 」。 : コモンズの。 好きで面倒見がよく、ンダ(:)・(:)・タナー(:)という3人のの面倒を見ている。 羅を守りながら複数人を相手に善戦する遊矢達を気に入り、のから救い出して自分のトで匿った。 使用するは最おなじみの「」だが、「A ()」という新たなも使用している。 : のの一人。 シの一握りの上層階級であるスに反感を持ち、コモンズを先導しを起こそうと計画しており、その為には他を排斥することも厭わない義者的な一面を持つ。 の特殊召喚、相手の、戦法などさながらに強敵に立ち向かう「B・F ビー・ス 」を使用する。 (とくまつ ちょうじろう) : 十年もの間収監されていた収容所の。 かつては「エン」と呼ばれたであったが、スとの不利なに惨敗し、に手を染めされた。 以後、他の囚人からでを巻き上げていたが、遊矢とのでかつてのエンをし、彼らに協するようになる。 をとし、持ち前の驚異的なドローで大をする「衛 ディ 」を使用する。 : シ 局 のター。 のも務める。 : のを守る組織「」の長官。 実はの出身。 いつも傍らに盤を置いている。 出身らしく「」を使用するが… :裕斗 地下場でをしているーターの。 また、ェに仕えて地下の処理上を取りしきっており、処理場に送られてきたの中から一級品の者を見つけ出し、ェに貢献する自称「共の再生業者」も行っている。 自身もを持っているようだが、その内容が 「泣く子も黙る満載の極悪ゴージャル」というとんでもない代物らしい。 : のズの一人。 : ェの懐にしてては多くのを潰したッシャー。 しかし今ではその面が見えないほどしいと思われた……。 自らを削って相手の攻撃をいなし、一撃必殺の間まで耐えぶ「茨(ソーン)」と名のついた族を使用。 再後はのを髣髴とさせる「地縛」を使用する。 サム :季 スのに仕えるコモンズ出身の。 同じコモンズ出身だったに憧れていたが、から「に一番ふさわしい」としても攻撃も低い「調の」を渡されたことでにされたと思い込み、とスを憎むようになった。 その後、に返すようにと遊矢に「調の」を託した。 スタッフ• : ・()• 原案:• 構成:• :反田二• :長佳容、牧内、成世• テ(第話-第話) :稲村太、:善充、:劇団ナイア 切り札(第76話-第99話) :想、:、:・、: キボウノ(第話-第話) ・:、:、: Nuer!!! LK 関連動画 関連商品 DVD CD 関連チャンネル 関連コミュニティ 関連項目 一般項目• 関連用語、関連タグなど• 外部リンク•

次の