グラブル 土 パ 編成。 【グラブル】土古戦場肉集めEX+周回編成例まとめ|2000万編成【グランブルーファンタジー】

【グラブル】土パ/土属性キャラ編成とテンプレパーティ解説【グランブルーファンタジー】

グラブル 土 パ 編成

こちら2回目のブロマガになります。 前回の記事からだいぶ時間が経ち、新しい装備やキャラクターがわらわら登場したので、主に前回の小ネタを補強・追加・修正する形で、 自分の土パについて& サラーサについて、とりとめのないことを書いていこうと思います。 三寅斧の属性について いきなりサラーサの話ではありませんが、その前段階として。 現在オススメの属性変更は土>風>その他の順になります。 その他はダンゴです。 ただ、ウェポンマスターで防御ダウン効果を下限まで持っていくのは結構な手間ですので、ベルセルクのジョブをまだ取得していない方であれば十分選択肢に入ります。 特にサラーサが初めての十天衆だというような方は、まだまだ四次職までは遠いでしょうから、土三寅斧は長い間役に立ってくれるでしょう。 風属性は長らくSSRの剣・斧の数が乏しいとされてきましたが、既存の ティアマト アムード・マグナ(ティア斧)や 青龍 髭刀(四象イベントで入手できる剣)の他に、風神・雷神イベント(復刻)の風神剣、ガチャ限のイイルクーン(ユイシスのキャラ武器)などが出てきたため、ベルセルクのメイン武器候補が不足することはなくなってきました。 前回の記事で次点に挙げていた水三寅斧については、 玄武甲槌(四象イベント)の存在により大きく優先度を落としました。 火属性はSSR剣の種類が豊富であること、光属性はシュヴァリエソード・マグナがあるということで全くお勧めしません。 闇属性はセレストザグナル・マグナ(セレ斧)がありますし、コスモス斧で染めるよりはセレストクロー・マグナを集めるほうがおすすめです。 サラーサを編成した土パーティについて(キャラ評価) 主要なキャラクターの サラーサとの組み合わせ評価です。 星5が最大。 表のキャラは全て実際に使った体験を基にしていますが、当然ながら相対する敵によって評価は変動しますので(アルルメイヤやキャサリンが顕著)、一個人の考えとして参考程度にどうぞ。 星が少ない=弱いではありません。 メイン石:ユグマグ+フレンド石:メドゥーサorテスカトリポカ編成を想定。 ティターン編成は装備が揃ったら別記事で書く、かも。 得意武器:剣はサラーサと同じ。 3アビでパーティ全体の奥義回転を早めてくれる。 2アビが便利。 サラーサはHPの変動が激しいので3アビの回復もありがたい。 貴重なハーヴィン枠なのでテスカトリポカ編成でHLマルチなどに連れていけることができるようになり、価値が大きく上がった。 テスカトリポカのおかげで種族的にサラーサと並べるメリットが生まれた。 最終上限解放で全体的な性能が向上した。 サラーサとのシナジーはほぼ皆無のままだが、ヒューマンではトップクラスの安定性があるので、ただ並べるだけで強い。 継戦能力が高まれば奥義回数も自然と増える。 装備が整い火力が上がってくると、やられるまえにやれ精神でPTから抜かれることもあるが、そのあたりは臨機応変に適材適所。 ディスペル・魅了・回復・擬似ウェポンバーストと出来ることが多く、だいたいどんなパーティでも困ったら入れておくと安定。 サラーサにとっても大助かり。 サポアビで弱体成功率をUPさせるため主人公にとってはアマブレやミストが使いやすくなり結構便利。 EX土パでの1ターンキルを安定させるために駆り出されることがある。 攻撃DOWNも割と貴重。 充填して撃つスタイルはサラーサとは合わない。 誘惑はHLで特に強さを実感。 ATならPT編成によっては3ターンでメテオ・スラストを決められる。 困ったら入れよう。 眼福になるくらいか。 ハマったときのアタッカーっぷりは凄まじいのでテスカトリポカ編成ならサラーサより優先されることも。 サラーサとともに低HPになるアビリティを活かし背水武器を多めに組み込めば一定の活躍はできる。 装備が4凸ユグ剣やバアル武器などで染まってくると土パ最強のヒューマンとしてとんでもない火力を出し始めるので(主にプレイヤーにとって)大器晩成キャラ。 1アビが便利なので他に入れたいキャラクターが居なければ、といったところ。 Lv100カリオストロが居ると確実にお役御免。 島HARD等の短期決戦やマルチ救援での貢献度稼ぎに。 うっかり充填Lv10になると使い物にならなくなるため、テスカトリポカ編成であればヒューマン枠は奥義ゲージを供給できるリミテッドオイゲンを推奨したい。 サラーサは攻撃アビリティを多く持ち、「鼓の音」稼ぎも比較的楽。 主人公のジョブ選びも楽になる。 通常の倍の速度で溜まる奥義ゲージを分配しパーティ全体の奥義サイクルを早めてくれるので、どんなキャラと組み合わせても仕事ができる。 以前はサラーサと同じドラフ種族ということがメリットだったが、テスカトリポカの登場により、最もサラーサと組ませないほうがよいキャラクターとなってしまった。 メドゥーサ編成では個人的に最も楽しい組み合わせだっただけに残念。 土パの武器構成について(コスモス剣) ユグマグ編成の場合、メイン武器1:ユグマグ剣5:アンノウン2:バハ武器2が一般的とされています。 例えば、土三寅斧+ユグマグ剣5+マルメテル・ハンマー2+バハ短剣フツルス+バハ剣フツルスといった具合ですね。 この構成が完成するだけでも結構な達成感があるのですが、反面ここからの火力UPは伸び悩むものです。 これを超える火力を出すには、ティターン編成と呼ばれる、ガストラフェテスやバアル武器、ストゥラトゥムバンカー(ユーステス銃)をこれでもかとぶち込んだ構成が挙げられます。 その馬鹿みたいな火力はまさに天井の領域、いつか自分も組んでみたい・・・でも廃課金でもない一般人には実現はほぼ不可能。 そこで、もうちょっとお手軽に攻撃力を上げたいということで、ソード・オブ・コスモスを編成した武器構成についてご紹介します。 メイン・サブ枠を全て剣で埋め、コスモス剣の効果を最大限に発動させます。 本当にごっそり持っていかれます。 火や光で使いまわせるBL剣でもいいんじゃないかと思った方、 一度土のバランスタイプのキャラクターを調べてみてください。 わざわざATを選んだ答えがそこにあります。 なお、私はコスモス剣ATのHPダウンをカバーするためにバハ剣ノヴムを装備しています。 この枠もユグマグ剣等にすれば更に火力が上がります。 左3人が攻撃タイプ。 ヴィーラは特殊タイプ。 ノヴム有りでこのHPということは・・・。 また、メイン武器に装備している宝剣アンダリス(アレーティア武器)は土属性キャラのダメージ上限がUPするので、地味にサラーサのグラウンドゼロのダメージも2万ほどUPします。 お相手はちょうど四象で降臨してた朱雀EXTREMEにお願いしましょう。 きっちりメテオ・スラストの追加999999ダメージでトドメ。 流れとしては以下。 2ターン目:アレーティアとオイゲンが3アビを使用、3チェイン。 3ターン目:主人公のウェポンバースト。 3チェイン(メテオ・スラスト)。 綺麗に決まると気持ちが良いので、アレーティアとオイゲンをお持ちの方はお試しあれ。 今回はここまで 前回の記事を久々に見返して、この情報の古さは読み物として失格だぞ、と思い立って作成したのが今回の記事になります(特に三寅斧とキャラ相性)。 今後も思いついたことを追記していきますので、よろしくお願いいたします。

次の

【古戦場準備編】土属性2100万選手権、現在の環境おさらいと実践例、出張シエテは閉店。奥義軸2ポチは十天衆2人の力が重要、クリスマスナルメア通常軸考察あれこれ

グラブル 土 パ 編成

こんばんは!もずです。 ランク170のパーティー紹介も残すところあと2属性となりました。 今回は土属性。 ランク155のときは一番育っていないとしていた属性でしたがその後どう変わったのでしょうか… みていきましょう! ランク155編はこちら• キャラ オクトー以外は様変わりしています。 土剣パです。 恒常キャラの中では抜群の性能を誇るジークフリートとリミキャラのブローディアが新メンバーです。 ジークフリートは2アビの自己強化と奥義追加ダメージによる火力の高さがいいですね。 入手したらレベル100目指して育てていけば長いこと付き合っていけるキャラです。 1アビの水属性ダメージカットに救われる場面も。 ブローディアはもういわずもがなめちゃくちゃ強いです。 便利なカットもあり、サポアビの属性アップを強力にするというのが両面マグナ編成と相性ばっちりで、土に力を入れる場合だと天井も視野に入れていいレベルのキャラです。 そのほかランク155のころと比較すると、十天衆のサラーサを開放していたり、ハレゼナ、オイゲンなどを入手していますが基本的に現在のパーティーは固定メンツと化しています。 当面の目標はオクトーとサラーサの上限解放ですね。 武器 まだマグナ2への移行を行っている最中です。 特筆すべきはメイン武器のオメガ剣。 奥義効果とスキルで連撃が補え、属性攻撃アップがブローディアと相性がいいので作ってよかったなーと思っています。 ちなみに初アルバハHLはランク167のときでした。 今後の方針としてはブローディア連戦を頑張るが基本。 絶対にないとは思いますが、ダマスカス鋼を持て余すなんてことがあればマグナ編成に1本先日あてたAK4Aを入れるかもしれないですが。 召喚石 無凸のハールート・マールートが1凸になったくらいです。 なぜハルマルがいるかというとリヴァイアサン・マグナHLで召喚すると延々と敵が再構築し始めるからです。 マグナHLは運悪いとなかなか救援がこないことがあるのである程度一人でも戦えるよう意識しています。 クリスタルさえ気軽に入手できるならできればいきたくない気持ちはわかりますよねマグナHL…全体的にめんどくさい敵が多めで。 というわけで土パの紹介でした。 ようやく着手できたという状況ですがゴブロ武器が3分の2あたりなんでモチベ自体は保ちやすいですし、頑張れば結構劇的に強くなる属性なので次回古戦場では暴れまわれればなーと思っています。 それでは! mozukuzu69.

次の

【グラブル】ティターン理想編成|必要武器と組み方の解説【グランブルーファンタジー】

グラブル 土 パ 編成

【イベント期間】2020年8月22日(土)19:00~8月29日(土)23:59 【イベント属性】風属性ボス/ 火属性有利イベント 【予選期間】8月22日(土)19:00~8月23日(日)23:59 【予選集計期間】8月24日(月)00:00~8月24日(月)06:59 【インターバル期間】8月24日(月)07:00~8月25日(火)06:59 【本戦期間】8月25日(火)07:00~8月28日(金)23:59 【スペシャルバトル期間】8月29日(土)07:00~8月29日(土)23:59 火属性古戦場お疲れさまでした!さぁ次の古戦場の準備の時間だ!!! 次回古戦場は8月22日(土)開幕!火古戦場に続いての土曜~土曜日程。 そして使ったクリュサオル編成を思い出してみると・・・ あっ、そっかぁ…この頃は出張シエテさん全盛期でしたね…なおシエテ出張については2019年11月7日(木)のキャラクターバランス調整で閉店済。 そして土有利は2回焦らされた事もあって開催は実に15ヶ月ぶり。 季節限定キャラも増えたことでめちゃくちゃ環境変わってると思われます。 えっ?土のリミキャラはその間に何も増えてない?…これから増えるんじゃないかな! …本当に増えるだろうから今からもう色々怖いね! 土属性マグナ編成でも奥義軸2ポチは可能だが十天衆の影響度大 ということで一通り見て回った後に書いてるのですが、結論からいうとマグナでも2ポチは何とかなる。 …何とかはなるが奥義軸に限っては十天衆オクトーさんの影響度がかなり大きい。 また奥義ゲージの関係で総べ称号、もう1人のサラーサが必要になるケースも出てきます。 クリスマスナルメアお姉さん無双の予感 後もう一つの大きな追加要素はクリスマスナルメアお姉さん。 火古戦場から本格的に流行しはじめた通常軸もこれで非常に楽になりそうな気配があります。 歴代最凶お姉さん。 攻撃行動を取らない2人入れてグランデ編成を成立。 さくらには渾身サポアビもついてる 終末武器は5凸どころか外しても行けました。 通常攻撃はTAが多ければ多少硬直はあるものの、最速リロしても戦闘を挟んだ場合はまず引っかかる事はなさそう。 ということでドロッセル、桜は何が何でも採用する価値があるってわけじゃない。 ツープラトンなしの3~4ポチも恐らく可能 ・両面マグナ編成 ・主人公は天聖ジョン・ドゥを装備させたソルジャー ・編成はペンギー、マキラ、ナルメアの3人 この状態でマキラ2、3アビ、ナルメア1、3アビから殴りならツープラトンなしの4ポチ通常軸は成立する・・・はず(ワイ脳内) 後述のティターン編成では銃キャバルリーにて実践例があります。 マキラ23、ナルメア13攻撃。 メインジョブが銃キャバルリーなのは渾身サポアビ狙いか。 装備や団バフ次第ではマキラ3アビが省略可能な模様。 ただしリミテッド武器と非常に入手ハードルが高い。 マグナ2ポチ編成(届かず) 右側はミストを入れたの図。 奥義上限に届いてしまっている感じで届いていません。 ウリエル3凸採用しても上限的に厳しそう。 エーケイ・フォーエイメインなら何とか。 エーケイなしでも指輪と久遠も厳選すればギリギリ何とかなるかもしれないが、何とも言えない数字。 ちなみにですが、オクトー1アビ押したりすればギリギリ届いたり届かなかったりする。 4凸エーケイがないなら別の手段を模索した方がいいかもしれない。 なおクリスマスナルメアがいるなら入れて3アビ押せば簡単に届く。 やっぱこのお姉さんズルい。 指輪の厳選も必要になりそうで、オクトーには奥義ダメ上限、ダーントはアビダメor奥義上限、ジーくんには奥義ダメージUP(not上限)を付けるのが大事に。 安定させる方法は一応あるがそれは オクトーに久遠の指輪を捧げること。 マグナ編成中心のクリュサオル2100万選手権考察 2ポチは可能だが、総べ称号+最終十天衆2人が大前提になるか 十天衆総べ称号+オクトーのサポアビで奥義上限UP系統の装備がなくてもフルチェインが回る。 ただし総べ十天衆+最終十天衆2人は大前提。 ジークフリートの所はダメージ的にはダーント、ペンギーなどでも代用可能のはず。 このくらいまでポチ数を増やしたら手持ちのキャラ次第で色んなバリエーションが存在。 ちなみに十天衆総べ+最終サラーサ、オクトー両方いるならウリエル召喚でオクトーがW奥義発動可能になる。 この状態だと終末もアスポンも不要と装備のハードルはかなり下げることが出来る感じです。 とても色々考えられてる編成。 CBの発動なしで倒せているとのことで装備ハードルはまだまだ下げられる、ペルセウスを両方入れたり、天秤を加える形にしてもOKな模様。 水着ゴブロの位置だけは何とかなりそう。 AT等で輝く可能性のある最終上限解放アルルメイヤについて 前回も割と活躍した印象のある最終上限解放アルルメイヤさん。 騎空団アビリティも加味すればこれを利用したAT0ポチ編成は出てくるはず。 ギリギリ足りない時に考えること ・プラスはきっちり振ろう ・指輪の厳選は奥義ダメージの上限が出ているかで変わる ・キャラクターの覚醒Lvをお忘れなく ギリギリを詰める場合はプラスは本当に大事。 肉集めに役立つ指輪効果は奥義ダメージUP、奥義ダメージ上限UP、アビリティダメージ上限UP(特定キャラのみ)などがあるが、奥義ブーストはダメージ上限に届いているかどうかを確認するのが大事。 まずはデバフ下限の状態にして、どちらが必要になっているかを見極めないと機能していない事も多い。 結構忘れやすいのでお忘れなく。

次の