ヒトデちゃんサザエ。 【サザエさん】ヤバすぎる都市伝説と、面白すぎる裏設定10コ

『サザエさん』のタラちゃんには実は妹がいる!気になるその名前とは?/毎日雑学

ヒトデちゃんサザエ

磯野波平 54歳 磯野フネ 52歳 磯野カツオ 11歳 磯野ワカメ 9歳 フグ田マスオ 28歳 フグ田サザエ 24歳 フグ田タラオ 3歳 タマ(猫) 9歳 ここまでは問題ないですよね。 次に親戚たちを見ていくことにしましょう。 親戚たち ・磯野家 フネの義兄で、サザエ、カツオ、ワカメ、ノリスケの伯父。 タラオ、イクラの大伯父になる。 波野なぎえ・・・波平と海平の妹 ノリスケの母。 タイ子の義母でイクラの祖母。 サザエ、カツオ、ワカメの叔母でタラオの大叔母。 ・石田家 石田鯛造・・・フネの兄 サザエ、カツオ、ワカメの伯父。 タラオの大伯父で波平の義兄。 石田おこぜ・・・鯛造の妻 フネの義姉。 石田トシオ・・・フネの弟 石田トシコ・・・トシオの娘 石田ナナコ・・・トシオの娘 ・波野家 波野ノリスケ・・・波平と海平の甥 サザエ、カツオ、ワカメのいとこ。 タラオのいとこ叔父にあたる。 波野タイ子・・・ノリスケの妻 波野イクラ・・・息子 ・フグ田家 フグ田サケオ・・・マスオの兄 サザエの義兄でタラオの伯父。 フグ田ノリオ・・・息子 マスオの甥でタラオの従兄。 サザエの義理の甥になる。 こうして整理してみるとスッキリしますね。 アニメによく登場するのは波野家の3人ぐらいで、他の親戚たちはあまり登場しないことがわかります。 祖先は? 磯野家の祖先は「磯野藻屑源素太皆(いその もくず みなもと の すたみな)」。 お盆に波平の夢に登場する磯野家のご先祖。 姿は波平と瓜二つで登場するときは裃に長袴姿です。 幕末の頃の武士で殿様の前でおはぎを38個も平らげお褒めの言葉を賜っています。 福岡藩の武士だったと見られています。 時折、透明な姿で子孫である波平や家族を見守っています。 意外なことが・・・・ 石田トシオの娘は二人いてアニメにも登場したんですが、家系図には娘が1人になっていますね。 他にも設定されているのに名前がない親戚もちらほら見えます。 アニメにおいて裏設定をどこまで詰めるのかは割と重要な要素なんですが、原作版とアニメ版のすり合わせが少し甘いのかも知れません。 もっとも、長期に渡って連載された漫画には、ありがちなことではあるんですが。 それからもう一つ。 サザエさんのお父さんである磯野波平は双子だったんですよ! 磯野海平といって波平の双子の兄なんですね。 双子とはちょっとびっくりです。 esuteru. html この作品は1954年に出版された「」に収録されています。 画像左のマスオに注意されているのがヒトデちゃんになります。 サンゴちゃんもいる? サザエさんにはサンゴちゃんというキャラクターは登場しません。 ネット上の噂に過ぎないという話もありますが、原作者である長谷川町子さんの構想の中にはあったとも言われています。 つまりヒトデちゃん以上に幻のキャラクターなんです。 それゆえ、ヒトデちゃんとともに語られるケースが多いのかも知れません。 終わりに いかがでしょうか。 家系図から見るとやはりわかりやすいですね。 そしてタラちゃんの妹がヒトデちゃんだったとは。 しかも一度しか登場していないレアキャラなんですね。 残念ながらサンゴちゃんの姿は見ることがかないません。 作者の構想の中だけでは仕方がないでしょう。 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

サザエさんの家系図にない、ヒトデちゃん・サンゴちゃんって誰?

ヒトデちゃんサザエ

2019年11月24日(日)夜8:00から 実写ドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」が放送されることになりました。 そこに、ヒトデちゃんという女の子が登場するそうです。 サザエさんは子供から大人まで知っている国民的アニメなので、磯野家の家族は皆さんご存知かと思いますが、ヒトデちゃんて知ってましたか? 今回は、ヒトデちゃんやヒトデちゃん役の桜田ひよりさんについてまとめました。 桜田ひよりさんの詳しい記事は、こちらをご覧ください。 サザエさんについての記事はこちらもご覧ください。 ちなみにヒトデちゃんに声を掛けているのは、マスオさんだそうです。 よく見ると顔が面長なのでマスオさんですが、ぱっと見ると波平さんに似ている気も・・・ 桜田ひより(さくらだ ひより) 2002年12月19日生まれ 出 身:千葉県 所 属:研音 職 業:女優・モデル 身 長:158㎝ 趣 味:アニメ鑑賞 憧れの人:永作博美 5歳の頃に「相棒」を観ていて、「ドラマに出たい!」と言っていたという桜田ひよりさん。 幼いころは、クラージュ・キッズに所属し、「成田ひより」としてモデル活動していたようです。 小4の頃に、女優を目指し、研音オーディションに応募。 オーディションでは、書類審査の後に、ビデオ撮影したものを送り、面接もしたそうです。 そして見事合格し、移籍後「桜田ひより」という芸名に変わりました。 モデルや女優として活動している他、アニメーション映画「薄暮」では声優に初挑戦しています。 今回、ヒトデちゃんのオファーをされてびっくりしたという桜田ひよりさん。 現代のサザエさんだったらこんな感じなんだな、と想像を膨らませながら見ていただけたらうれしいです。 引用元:毎日新聞.

次の

【サザエさん】ヤバすぎる都市伝説と、面白すぎる裏設定10コ

ヒトデちゃんサザエ

ヒ、ヒトデちゃん…!??誰それ!??? 【雑学解説】タラちゃんの妹「ヒトデちゃん」は公認されている【画像】 アニメを観ている限り、タラちゃんは1人っ子だし今後妹が生まれる予定もなさそうだ。 ところが、「タラちゃんには妹がいる」という噂には しっかりとした根拠があった。 それは1954年(昭和29年)に発表された 「漫画読本」だ。 この中に「サザエさん一家の未来予想図」という挿絵があり、 サザエさん一家の10年後の姿が描かれている。 かつて家があった場所にサザエさんたちがやって来て、昔を懐かしんでいるという内容だ。 どういうことかというと、新道路の建設によって磯野家は立ち退くことになったらしい。 その一コマに小さな女の子が描かれていて、 マスオが「これ ヒトデ あぶないよ」と声をかけている。 画像左のほうだ。 10年後のサザエさん一家には、タラちゃんの妹ヒトデちゃんがいる。 — 【悶絶!!】思わずワロタwwww warotamon ヒトデちゃん…!よかったねえ…! ヒトデちゃんを演じるのは 桜田ひよりさん。 アホほどかわいい。 右下の画像だ。 先週見逃した「20年後のサザエさん」鑑賞。 ドラマ自体も面白かった。 サザエの奮戦 こんな感じでフネ以外は みんなどよーんとしている磯野家。 空気を(いい意味で)読まないサザエさんが、盆踊り大会に家族で行こうと提案するものの、ひと悶着ある。 ネタバレになるといけないのであまりストーリーには触れないでおくが、 やはりサザエさんはほっこりする。 しかし、先ほど紹介した「漫画読本」を見る限り、サンゴらしき女の子は描かれていない。 ヒトデちゃんとは違って、サンゴに関する有力情報を見つけることはできなかった。 もちろん長谷川町子美術館も一切触れていない。 このことから、サンゴに関してはただの都市伝説の可能性が高そうだ。

次の