クック フォーミー ローストビーフ。 鶏ハム

ティファールのクックフォーミーで簡単デザート作り。時短でもこんなに美味しく出来る

クック フォーミー ローストビーフ

スポンサーリンク クックフォーミーのかぼちゃプリン作ってレビュー かぼちゃプリンの材料はこちら• かぼちゃ• 水 これなら砂糖の量を調節すればお子さんでも食べられます。 私もレシピの分量より砂糖を控えめにして作りましたよ~! レンチンしたかぼちゃの皮を除いて裏ごします。 わが家には裏ごし器が無いので、ざるで代用しました。 (果たしてこれで大丈夫なのかどうかは後ほどのお楽しみ) 一生懸命かぼちゃをザルにスプーンでごしごし(?)したら、ざるの下部分がものすごいことに。 なんかこんな和菓子あるよね 笑 裏ごししたかぼちゃと他の材料を混ぜて器に分けます。 なんだかかぼちゃが綺麗に混ざっていないのは、私がザルで濾したせいだな。 たぶんもっと丁寧に濾して丁寧に混ぜたら(というか裏ごし器を使えば)綺麗になるんだろうな~ アルミホイルを被せて、かごに入れるのですが私が選んだ器がデカすぎるのか2個しか入らない! 前に茶わん蒸しを作った時にも思ったのですが、クックフォーミーのかごは小さ目の作りなのかな~。 このかごに4個器を入れるのならばもっと小さい物でないとだめですね。 かぼちゃプリンはオリジナルメニューなので、レシピから選んで水を入れてボタンを押すだけ! 出来たものがこちらです。 おぉ~! あんなに雑に作ってかぼちゃとプリン液が分離してたのに、まぁまぁな見栄えじゃないですか? いや、よーく見ると分離してるんですが、よーく見ないと分からない! うん!美味しい!美味しい! かぼちゃの甘みがしっかりしていて、美味しかったです~! 2歳の娘も美味しそうにバクバク食べてました。 砂糖は控えめで作ったけれど、十分美味しかったみたいです。 市販のお菓子よりもこっちの方が良い場合もあるかな~と思うので、また作ります。 調理時間は20分程でした! お菓子作り初心者でも出来るのか!?クリームブリュレレビュー クリームブリュレの材料はこちら• 生クリーム• バニラビーンズ• 水 こちらの材料もとてもシンプル。 バニラビーンズが無かったので、今回はバニラエッセンスで代用しました。 作り方はかぼちゃプリンよりも簡単です。 あれも簡単だけど、それよりもさらに簡単。 材料を混ぜます。 めちゃくちゃ泡立っているけど気にしない! 器に入れてアルミホイルを被せてクックフォーミーにセットします。 調理時間は10分程度と早いです。 そして、調理後の写真がこちら。 クリームブリュレなのでゆるゆるですが・・・なかなか綺麗に出来た!(いや、私の腕ではなく誰でも出来るけど) 冷蔵庫で冷やしておきます。 次にカラメルを作り。 砂糖と水をフライパンに入れて良い具合の色になるまで煮詰めます。 カラメル作るの意外と楽しかったです!レシピの分量だと少し多いな~と思ったので量は減らして作りました。 そしたら・・・ ちょっと少なすぎた!!!! 笑 もっと、カラメルがトロッとするかもと思ったのですが、予想に反してガッチガチ! これで・・・合っているのかな? 本来なら、クリームブリュレって最後にバーナーであぶってカラメルをパリパリにすると思うのですが、私の場合は乗せた瞬間からパリパリなのですが(汗) うわぁぁぁぁぁ! 味はめちゃくちゃ美味!トロトロだし、カラメルはパリパリだし、家で作ったデザートにしてはレベル高い方だと思う。 お菓子作りって私は結構難しくて苦手だけど・・・これなら出来るわ。 夫も「美味しい!」と褒めてくれたので良かったです。 「カラメル・・・パリパリどころかバリバリだね」 とひっそり言われましたが、そこは私も気になっていたところだ。 わざとじゃないから許して(涙) デザート作りも超簡単!安心材料で子どものおやつにも やっぱり手作りの良いところって、自分で安心な材料を選べる所でしょう。 市販のものも美味しいけど、色々なものが入っているから気になります。 特に子どもが口にするものは出来る限りこだわりたい。 クックフォーミーはメインだけでなくデザート作りにも便利!紹介したものの他にも、フルーツコンポートやガトーショコラなどが作れます。 お子さんと一緒に作るのも楽しいかも!.

次の

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

クック フォーミー ローストビーフ

料理って、レシピ考えて、材料買って、焼いたり煮込んだりととにかく工程が多くて大変! 助けてドラえもん!! ということで、クックフォーミーを購入して約2年、クックフォーミーの基本情報から、実際にどれくらいの頻度で利用しているか?、良いところやイマイチなところはどんなところか、見ていきたいと思います。 なお、クックフォーミーのオススメレシピについてはこちらに記事にしていますので、何が作れるかを知りたい方は確認してみてください。 \/ クックフォーミー(エクスプレス)の種類と私が使っている機種 クックフォーミーには3つの機種があります。 実はそれぞれの機種で「できること」はほとんど違いがありません。 見た目も、少~しボタンのデザインが違ったり、ロゴの色が違うだけで、ほぼ同じです。 (サイズはすべて同じ。 ) 違うのは、内蔵レシピ数と値段。 内蔵レシピとは、その名の通り、クックフォーミーに内臓されているレシピで、分量などが本体で確認できるのはもちろん、本体のボタンを押していくだけで、次は何をしてください、という指示を出してくれるので、私のような料理苦手さんにも大助かりの機能です。 ですので、内蔵レシピは多いに越したことはないのですが、それぞれ値段が違いますので予算と合わせて検討してみてはいかがでしょうか。 参考までに比較表を載せておきます。 料理家電で人気No1は、正直「クックフォーミー」ではなく、「ホットクック」だと思うのですが、我が家があえて「クックフォーミー」を選んだ理由もここにあります。 「ホットクック」もとても素敵な家電だと思うのですが、朝や前日など「前もっての準備」が必要な場合が多いと思います。 帰宅後に慌てて準備しても晩御飯の準備が遅れないクックフォーミー、最高!! 火を使う必要がないので、圧力調理を開始するまで準備すれば、あとはずっとついている必要はなく、子供と遊んだりできます。 我が家は特に、料理途中に公文の習い事送迎が発生したりするのですが、その時もボタンセットさえしておけば、帰宅すれば出来上がっているので大変便利です。 もちろん私もその一人!(笑) 何が良いかって、簡単3Stepで調理が完結できます。 気になるのが、手順通りに調理、というところかと思いますが、こちらも丁寧にクックフォーミーが教えてくれます。 フライパンとなべを二つ使う必要がないので楽ちん! 焼きにも使うとなると、鍋が焦げ付いたりしないか心配でしたが、さすがティファール!内側はセラミックコーティングされており、約2年使っている現在も焦げ付いて困るというようなことはありません。 メニューは6人前作れ、なんとお米は10合炊くことができるのですが、要するに本体もでかいです。 ちょっと狭いキッチンの方は置き場所に困るかもしません。 我が家の3口コンロの横に置いた様子です。 結構大きいですよね。 その一番の理由は、「 蒸気」。 クックフォーミーでは蒸気を自動で排気してくれるので、安心安全なのですが、料理が終わった後に結構な蒸気が噴出します。 その様子を伝えたくて、一度写真で撮ったのですが、なんとも蒸気が写らなくって掲載は断念したのですが、普通に壁付けしておくと、壁紙がいたんじゃうんじゃないかなぁってレベルです。 我が家はちょうどコンロの裏にコンセントがあるため、そこからコンセントをつないでおり、クックフォーミーを使う時も換気扇を回しながら利用しています。 購入前にこの「大きさ」と「本体裏からの蒸気」を念頭に入れて、「どこに置いて利用するのがよいか」はよくよく検討しておくべきだと思います。 クックフォーミーの公式サイト、レシピサイトを見ると、例えば「肉じゃが」の調理時間は3分と書かれています。 これ、ぶっちゃけ詐欺レベル。 この3分は実際は、調理時間じゃなくて圧力時間です。 その前に自分で具材を切ったりする準備時間ももちろん必要で、それはいちよう記載がありますが、その他に「余熱時間」がかかるのです!! で、これが結構長い。 普通に焼く前の余熱時間で5分くらいです。 正直、たくさん水を入れて圧力をかける料理だと10分以上かかることも、あります。。 というわけで、肉じゃがは3分で準備から完成できるわけではありませんのでご注意ください。 準備、余熱、圧力調理で15分くらいはかかります。 もちろん、それでも十分に時短にはなるのですが。。。 正直余熱に何分かかるのか、やってみないとわからないのは今でもプチストレスです。 ちなみに、初めに焼く工程が入っていれば、材料を切っているときに余熱してしまえばいいのですが、いきなり圧力調理をするなど、蓋を閉めないと余熱が開始せず、材料をすべて切って入れた後に余熱するしかありません。 実際にクックフォーミーを洗う場合、鍋以外に蓋や部品を洗う必要があります。 外してみました。 鍋以外に、蓋と細々した部品があります。 洗うのは面倒といえば面倒ですが、これらを洗うのに何十分もかかるわけではないので、私はあんまり気にしていません。 あ、一番の気にならない理由は、洗い物は主に夫がやっているからかもしれませんが 笑 でも、時短>部品を洗う手間なので、個人的にはメリットのほうが大きいと思います。 最後にもう一つ、ちょっと改善してほしいなぁと思うのは、全体の手順を本体で確認するのが面倒なことです。 最初に材料は出てくるのですが、そのあと煮るのか焼くのか、ボタンを押して次に進まないと確認できません。 まぁ大体は想像がつくのですが、後で水を追加して蓋を閉じてください、といった指示があった場合も、「あれ?何mlだったっけ?」と思っても分量のページに戻れません。。。。 そんな時は仕方がなく、レシピブログを見たり、付属のレシピ分量の本を開いたりしています。 せっかく便利なんだから、分量や手順がもっと簡単に見られたらいいのに~。 (デモモードで見る方法はあるものの面倒なのです。 ) クックフォーミー(エクスプレス)を2年つかった実体験まとめ さて、ここまでクックフォーミーを使用してきて感じた良い点悪い点を記載してきました。 いかがでしたでしょうか?? 数で言うと悪い点のほうが多くなってしまったのですが、それでも一つ一つの良いポイントのメリットはとても大きく、我が家では購入してよかった時短家電の一つになっています。 2年たった今、正直買ってすぐよりは、利用頻度は落ちていますが、それでも週に2回前後はクックフォーミーに助けられています。 何よりも角煮やスペアリブなど、クックフォーミーがなければ、ほぼ作らなかったであろう品々が、我が家で頻繁に食べられるようになり、夫も喜んでいます。

次の

クックフォーミーエクスプレスを2年使い分かった良し悪しを口コミ! | ぐーたらワーママの3楽ブログ

クック フォーミー ローストビーフ

コンテンツ• クックフォーミーのメリットを二年使った私が教えます まず、一番のメリットはやはり何といっても 調理時間の早さ です。 これは時短家電の中でも群を抜くスピードだと思います。 クックフォーミーは圧力調理がメインなので、時短料理を作るには抜群の能力を発揮しますね。 調理時間だけ見て「肉じゃが3分!炊き込みご飯1分!」という訳にはいきませんが、トータルで見ても本当にめちゃくちゃ早いです。 【超速】こんなに早く料理が出来る! 以下、私が実際に作ってかかった完成までの時間です。 チキンのココナッツカレー 約20分• やわらかスペアリブ 約30分• 肉じゃが 約20分• 黒豆 約25分 これは、ほんの一例ですがほとんどの料理がトータル30分以内で出来上がります。 メインをクックフォーミーの中にぶち込んで、その間にお味噌汁やサラダなんかを作っていれば約30分ほどで献立が出来ます。 ただ早く作るだけではなく一見手の込んだ料理が美味しく早く作れるんですね。 こんな風にトロトロの角煮もあっという間に作れますよ!煮物系はクックフォーミーの得意分野。 和食好きの方いかかでしょうか? 調理法が4つも出来ると、マニュアル調理が活きてきます。 自分でレシピを探したり、考えて作ることも楽しいのでアレンジの幅が広がります。 人数に合わせて材料が変わる&調理工程をナビしてくれる まず、内蔵レシピで調理する時は写真のように2~6人前の中から量を選びます。 そうすると人数分の食材や調味料を表示してくれるんです。 また、ディスプレイで調理工程をナビしてくれます。 これが本当に助かる! 内蔵レシピで作るなら、他にレシピ本を見たりスマホでクックパットを見る必要もなく、作業が中断されないので楽ちんなんですよ。 珍しい・難易度の高い料理を簡単に作れる クックフォーミーの内蔵レシピは約60種類。 クックフォーミーエクスプレスは約150種類。 この中には作ったことがない・食べたことがないような珍しいレシピも数多くあります。 タコとオリーブのトマト煮• グヤーシユ• ビーフのブルゴーニュ風煮込み• エビのコリアンダー煮込み 例えばこんな料理、私は知りませんでした! たぶんクックフォーミーを買わなければ知ることもなかったと思います。 「なんか献立がマンネリ化してきたな~」と思ったら、珍しい料理に挑戦すると面白い。 新しい味の発見があり、レパートリーがぐんと広がります。 そしてなんとデザートも作れちゃうのです。 プリンやブリュレなどの手作りスイーツを簡単に家庭で楽しめるので、お子さんがいらっしゃる方には特に嬉しいポイントかと。 圧力の力で簡単にトロトロの煮込み料理が出来る スペアリブ、豚の角煮、チャーシュー等の料理を柔らかく美味しく作るのは結構大変です。 でも、クックフォーミーの圧力調理なら材料を入れてボタンを押すだけでトロトロの煮込み料理が簡単に作れます。 圧力鍋って、火加減を見て調節したり時間を測ったりする必要がありますが、こちらは全くそんな必要ありません。 圧力鍋の「シューシュー」する蒸気がなんか怖くて使って来なかったのですが、クックフォーミーなら自分で手をかけずに出来るので全然怖くないですよ。 お肉好きな方、トロトロ柔らかいお肉食べたくないですか? ちなみにこちらはクックフォーミーで作ったチャーシューを乗せました。 お肉が本当に柔らかく、トロトロですごく美味しいです。 クックフォーミーは肉好きの方はかなりハマるかも。 ローストポークを作ってみたレビュー記事はこちらです。 クックフォーミーのデメリットを正直にぶっちゃけます とにかくデカい、そして重い デメリットを一つだけ挙げるとするならば私は間違いなくこれを挙げます。 デカい!そして重い! 皆さんがクックフォーミーを買うか迷う理由のトップではないかと思います。 写真のようにティッシュと比較するとよく分りますが、高さ・奥行きともに大きいのです。 本体重量 6. 5kg 内容量6. ホットクックのようにサイズが選べればいいなとは思う。 これだけの大きさなので、設置場所に悩むところです。 購入前に設置場所の確保はマストです。 内蔵レシピは予約調理が出来ない クックフォーミーで予約調理が出来るのは、マニュアル調理の「圧力調理」のみです。 しかもそのマニュアル調理も、肉・魚介類・卵・牛乳などの生ものは悪くなるおそれがある為出来ません。 だから、朝準備して帰ってきたらカレーが出来てる!とかは出来ないのでご注意を。 毎回分解して洗うのが面倒くさい クックフォーミーは使い終わった後にパーツを分解して洗う必要があります。 金属ふた• バルブカバー• ボールキャップ• 減圧ボール• 蒸気口• 水受け これらの他に当たり前ですがなべも洗いますよ。 分解と言ってもすぐに付けたり外したり出来るし、簡単なんですが毎回洗うのはちょっと面倒くさいかも。 あと、パーツが小さいから失くしそうで怖い(汗) ただ、大幅な時短が出来るのでパーツを洗う1~2分など惜しくも何ともないのですが、お手入れが嫌いで一切したくない人は厳しいかも。 コンセントが本体に収納出来ない これ、地味に不満です。 家電ってコンセントを引っ張ると「シュルルルル」っと本体に戻って収納できるものが多いじゃないですか。 でもクックフォーミーは出来ません。 電気コードの長さは1. 5mあるので、使わない時は邪魔ですね。 差しっぱなしにしていれば気にならないかもしれませんが、私は使ったら抜いているのでコードがごちゃっとするのが気になります。 私はクックフォーミーを手放せない。 こんなあなたにはおすすめ 実際に使ってみた私の正直な感想を書きました。 どんな商品にもメリットとデメリットがありますが、クックフォーミーはメリットの方が大きい。 帰宅後に夕食を手早く作りたい• 圧力調理を自動でしたい• 家族が多いから一度に沢山作りたい• 手の込んだ煮込み料理を簡単に作りたい こんな方には特におすすめです。 クックフォーミーは大きいので一人暮らしの方には私はあんまりおすすめ出来ないかな。 収納場所に困りそうな気がします。 クックフォーミー、クックフォーミーエクスプレス共に値段は下ってきており、今では2万円代で手に入ります。 私が購入した時より1万円程お安くなっており羨ましい。 この価格ならコストパフォーマンスが最高です。 少々値は張りますが、日々の暮らしは間違いなく楽になるのでおすすめですよ。

次の