モンスト ヴィーラ。 【モンスト】ヴィーラ【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

【モンストQ&A】ヴィーラ究極が勝てません[No226184]

モンスト ヴィーラ

ヴィーラの新着情報 ヴィーラの上方修正が実装 「ヴィーラ」の上方修正が実装されました。 「アンチウィンド」と「次元斬」が強化されたことでさらに火力を出しやすすくなっています。 「ワープ」と「ウィンド」のアビリティセットは汎用性こそ高くありませんが、代用の難しい性能となっています。 また「ウィンド」が出現するクエストでは、スピードが上昇し、「状態異常回復」でのサポートがよりしやすくなり優秀です。 また、轟絶「」では最適正の性能で、「状態異常回復」で味方の「」を解除することで安定した攻略をすることができます。 回転する連なった属性弾はボスだけではなく、周りのザコ敵まで巻き込んで攻撃できるため、ボスだけではなく、雑魚処理にも有効になります。 さらにふっ飛ばし効果で 約30万ダメージ与えられるので、「サソリ」など高防御の敵にも強力です。 【獣神化】壁に反射するほど威力が上がる友情 友情コンボは「」と「」です。 「壁バウンド弾」は壁に反射する度に威力が上昇します。 扱いは難しいですが、上手く使いこなすと敵に対して大ダメージを与えることが可能です。 また「次元斬」はHPの低い敵を攻撃するため、ザコの倒し漏れを防ぐことができます。 さらに弱点に当たればダメージを稼ぐことができるので、ボス単体にも強力です。

次の

【モンスト】ヴィーラ【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

モンスト ヴィーラ

必要スタミナは60。 ノーコンテニューのみでクリア可能。 「ノーマル報酬」「スピード報酬」「ラックボーナス」「お助けアイテムボーナス」のいずれかで、ヴィーラをドロップする可能性あり。 「轟絶・極」をクリアすると、「轟絶・究極」に挑戦が可能です。 なお「轟絶・極」と「轟絶・究極」のステージは、それぞれ ギミック等が異なる内容となります。 攻略のポイント アンチブロック必須 ブロックの量が多く敵がブロックに乗っているので、アンチブロック持ちで固めましょう。 貫通で固めよう ボスを含め内部弱点を持つ敵が多数登場します。 そのため、貫通タイプで固めましょう。 ダメージ量に応じて攻撃力がアップ ダメージ源は大きく3種類あります。 ダメージウォール(シールド・ビットン・ヴリトラが展開):7,731(ヴリトラ怒り時に展開したDWは8,504)• 地雷(ヴリトラが展開):13,529(怒り時に展開した地雷は14,882)• ダメージスモーク(ビットンが展開):26,000 基本は極と同様にダメージウォールがメインになります。 ダメージ量に応じて攻撃力がアップするので、残りHPと相談しながらダメージを受けましょう。

次の

【モンスト】「ヴィーラ勝てないやつは●●引いとけ」轟絶・究極の難易度を爆下げしてくれるサポートキャラが話題に

モンスト ヴィーラ

毒バラマキで小町が実質全敵キラーになります。 背徳の拡散毒だと限界があります。 以下参考にしてください。 小町で突破、おつうか背徳で初手ジンジャー処理を繰り返せばラストゲージまでは問題なく進めるはずです。 ダメージきつそうなときは回復に専念してください。 ラスゲ以外で負けるのは論外です。 7ステージ目 ラスゲ前 はかなり簡単で余裕があるはずなんで必ず片方の小町を画面上半分にし、もう片方の小町で突破してください。 小町だけ火力が異常なんで調整は難しくないはずです。 ラスゲは決めうちです。 初手ジンジャー処理、2手目小町SSで下がりながらヴリドラ処理しヴィーラも少し殴る ドレインしてHPほんの少し残っていればOK、ラスゲは最初の2ターンは攻撃が来ないのでHP1でもあれば生き残れる 、3手目回復専念 おつうのSSか背徳のSS、シュリンガーラはここでもダメージを受け回復しにくいから非推奨 、小町SSボス特攻でフィニッシュです。 2手目の小町は配置によってはDWを触れつつ縦に打ち中央に止まるイメージでもOKです。 ラスゲ2手目がこのクエの肝です。 角度をつけるすぎるとヴィーラを通り過ぎて再びDWに突撃して焼け死ぬ、浅すぎるとヴィーラまで到達しないで焼け死ぬ、ここの角度の感覚は慣れです。 おつう2小町2で運極にしました。 枠3以上じゃないとシュリンガーラの枠はないです。 慣れたら枠2でも一周7分前後です。 小町の活躍をよりたしかにするためには、運枠としてシュリンより、おつうが優れます。 周りは運極達成し始めている時期なので、妥協編成でしょうし、勝率6割程度とまだ改善余地は多いのですが、周回開始した直近2戦で、6勝20泥、5勝13泥と地味に積み重ねることが出来ています。 以外、個人的にポイントと思っていることを紹介します。 参考になれば幸いです。 絶対に小町が受けないこと。 一手で全処理が基本ですが、難しい時はターンの早いやつを優先処理したり、少なくとも小町に飛ばないよう調整。 回復ターンを設ける。 背徳のssや、おつうのssは回復時に役立つ。

次の