あずさ スーパーあずさ 違い。 「スーパーあずさ」と普通のあずさの違い

スーパーあずさ・特急あずさ廃止で新料金・新車両「あずさ」の乗り方は?

あずさ スーパーあずさ 違い

一方、車体傾斜装置は空気バネをストロークさせて車体を傾斜させる機構で、構造はシンプルでコスト的に有利となる。 さらに制御付自然振子式を導入している線区では、線路マップを活用すれば、やはりカーブを予見することは可能だ。 さらに車体傾斜制御を緻密にすることができれば、車体傾斜角度が小さくとも振子車と同等のスピードでカーブ区間を通過することが可能だという結論に達した。 こうして2015年にE353系量産先行車が登場した。 E353系の試運転は2年以上にわたって実施された。 その理由は車体傾斜を緻密に制御するためのセッティングにあったという。 車体同様をさらに抑制 また、E353系量産先行車では車体間ダンパで各車両を連結して、お互いの動揺の抑制を図ったほか、一部の先頭車(1、12号車)とグリーン車にフルアクティブサスペンションを装備して、車体動揺のさらなる抑制を図っていた。 その代わり、全車両にフルアクティブサスペンションを採用しており、車両単位で動揺を抑制する方向に改めている。 このE353系に乗車する機会を得た。 ジャイロを持ち込んだわけではないので、あくまでも個人的な体感に過ぎないが、車体傾斜制御は非常に自然で、まったく違和感はなかった。 さすが試運転に長い時間をかけただけのことはあるようだ。 最終的には中央東線の特急はE353系に統一されるということだが、12月23日からしばらくは、E353系とE351系、そして非振子車のE257系が中央東線を走ることになるので、乗り比べしてみるのもいいかもしれない。

次の

「スーパーあずさ」に登場したE353の凄い実力

あずさ スーパーあずさ 違い

この記事に書いてあること• スーパーあずさの新型E353系に乗ってきた! スーパーあずさのE351系に乗りたくて、日帰りで松本まで行ってきましたヨ! 3月17日のダイヤ改正で、引退してしまうというので、乗り納めをしてきました。 と言っても、私は初めて乗る列車でしたが、独特「振り子式」走行が体験できることを楽しみにしていました。 長野県に行くには、信越本線に乗って行くことが多かったので、中央線で長野方面に行くのは初めての経験でしたね。 車で行くことが多かったので、中央線を走る特急電車を眺めるくらいでしたから、 まさか自分が行くとは思わなかったです。 今回は、鉄道の師匠がどうしてもスーパーあずさにもう一度乗ってみたい!というので、お供をして出かけたんですね。 引退前ということで、なかなか座席が取りにくかったチケットも、グリーン車ではありますが何とか取れたのもラッキーでした。 新宿駅では、3月11日に最後となる「ホリデー快速富士山」も見ることができたので、師匠は感無量だそうです。 旧松本駅の表札が、松本駅に飾られていました。 明治35年に井線西条松本間開通によって開通しましたが、昭和22年に火災より消失しているそうです。 その後昭和23年に駅舎を再建したときの表札が、その後昭和60年に駅ビルに改築した際に、駅のシンボルとして飾られたのですね。 朝早く起きて8時ちょうどのスーパーあずさ5号で、新宿駅を出て松本まではるばるやってきました。 もう一つのお目当てだったのは、新型のスーパーあずさE353系です。 スーパーあずさ22号に乗って、再び新宿までUターンですね(笑) 連結部分を見ると、先頭部分のドアが開いているところは、成田エクスプレスと似ていますよね。 下の写真は、成田エクスプレスです。 昨年秋の皇居乾門公開で出かけた時に、帰りの東京駅で撮った写真です。 こちらは当日の朝に新宿駅で見かけた、成田エクスプレス号です。 9号車はグリーン車になっていて、真っ赤な扉が目に飛び込んできます。 座席もゆったりとしており、背もたれが深いので落ち着けました。 帰りは日曜日午後の便でしたが、座席は満席でしたね。 E351系とE353353系が仲良く並んでいるのを目に焼き付けて、松本駅を離れますが名残惜しかったですね… 風の音が入って聞きづらいのですが、松本駅のホームで見てきましたよ、 スーパーあずさE353系 松本駅にて 2018年3月11日撮影 E351系と新型E351系の乗り心地の違いは? 松本まで行きは、E351系スーパーあずさで、帰りは新型のE353系に乗って、乗り心地をくらべてみましたよ。 新型車両は車内がピカピカなので、それはまあ快適なのは間違いありません。 ただし、不意にくる横の衝撃は、かなりきつかったですね! E353系は、空気ばね式という装置によって車体を傾けるのです。 一方E351系の場合は振り子式走行のため、フワーッと傾くのでソフトな感触ですね。 ちなみに新型の「不意にくる横の衝撃」というのは、線路のポイントに差し掛かった時に、「ガタンッ!」と横に揺れるような強めの衝撃なんですね。 往復で乗るので、1日フリー乗車券を使うと、1,000円で乗り放題です。 この車両はどこかで見覚えのある車両だな?と思ったら・・・ 京王電鉄の井の頭線のでした。 師匠は本当は、オレンジ色の塗装車に乗りたかったそうです。 旧東急の5000系もありましたが、もう走ってくれないそうですね。 東急5000系は通称アオガエルといって、渋谷駅前に展示指定ある電車です。 こちらは熊本電鉄の5000系で、引退後ですがイベントでお披露目したときの写真です。 渕東と書いてえんどうと読むそうですよ。 松本駅で乗車すると、2両編成の車両は、若い乗客で混雑していました。 ところが、松本大学駅でほとんど降りてしまったので、その後はガラガラでしたね(笑) 乗っていた大半は大学生だったのですね。 一日フリー乗車券は、1000円で乗り放題のお得な切符はあるんですね。 改札を出ていなかったので、新島々駅で買いましたよ。 この駅はトイレが道路をまたいだ向こう側にあるので、あまり乗り換え時間がなかったので大変でした…(汗) 入場する時に切符を買ったときの駅員さんが、「もう切符は見せなくていいですよ。 」と、 ローカル線ならではの良さがあって、私は好きですね。 まとめてみると 最後にスーパーあずさE351系に乗れて、想い出深い旅行となりました。

次の

スーパーあずさとあずさ(+高速バスについて)

あずさ スーパーあずさ 違い

スーパーあずさ・あずさ・かいじのおすすめ座席! まず、スーパーあずさ、あずさ、かいじの座席は、すべてA・B・C・Dの4列になっています。 進行方向に関わらず、見える景色は以下になります。 A側:八ヶ岳 D側:富士山、南アルプス、相模湖、諏訪湖、北アルプス 絶景を楽しむなら、 行きも帰りもD側がおすすめです。 ただし、D側でも窓枠が邪魔で景色が見えにくい席があります。 窓枠の位置は、 車両や進行方向によって「偶数席」か「奇数席」かが異なるため、ちょっとややこしいです。 今回は、スーパーあずさ・あずさ・かいじそれぞれの窓枠の位置と、もっともおすすめの座席を徹底的にお届けしますね! スーパーあずさの窓枠の位置と座席おすすめ スーパーあずさの 窓枠はかなり太いので、窓枠に当たってしまうとほとんど景色が見えません。 偶数席か奇数席かで変わってくるので、しっかりチェックして予約しましょう! スーパーあずさの窓枠とおすすめ座席(上り) スーパーあずさ(E351系)の窓枠の位置は、上りと下りで逆になります。 新宿方面へ向かう「上り」の場合は、基本的に 偶数席がおすすめです。 奇数席は窓枠に当たってしまい外があまり見えません。 【スーパーあずさ・新宿方面行き(上り)4号車・12号車以外】 ただし、 4号車と12号車に限っては奇数席が景色が見える席になります。 【スーパーあずさ・新宿方面行き(上り)4号車・12号車】 スーパーあずさの窓枠とおすすめ座席(下り) 逆に、松本方面へ向かう「下り」のスーパーあずさの場合は、基本的に 奇数席がおすすめです。 窓枠は偶数席側に当たります。 【スーパーあずさ・松本方面行き(下り)4号車・12号車以外】 ただし、 4号車と12号車に限っては偶数席がオススメになります。 【スーパーあずさ・松本方面行き(下り)4号車・12号車】 スポンサーリンク あずさとかいじの窓枠の位置と座席おすすめ あずさ・かいじの窓枠は、スーパーあずさほどは太くありません。 窓枠に当たってしまってもまったく景色が見えないということはないですが、選べるなら窓枠でないようがよいですね。 あずさ・かいじの窓枠とおすすめ座席(上り) あずさ・かいじ(E253系)の窓枠の位置も、上りと下りで逆になります。 スーパーあずさと同じく、新宿方面へ向かう「上り」の場合は、基本的に 偶数席がおすすめです。 窓枠は奇数席に当たります。 【あずさ&かいじ・新宿方面行き(上り)2号車以外】 ただし、 2号車に限っては奇数席が外が見える座席となります。 【あずさ&かいじ・新宿方面行き(上り)2号車】 あずさ・かいじの窓枠とおすすめ座席(下り) 逆に、松本・甲府方面へ向かう「下り」のあずさやかいじの場合は、基本的に 奇数席がおすすめです。 窓枠は偶数席側に来ます。 【あずさ&かいじ・松本方面行き(下り)2号車以外】 ただし、 2号車に限っては偶数席がオススメになります。 【あずさ&かいじ・松本方面行き(下り)2号車】 座席を回転する場合の窓枠位置とおすすめ予約方法 ここまでで充分ややこしいですが、さらに面倒なのが 座席を回転する場合です。 4人で向かい合って座りたいのに、真ん中にマド枠があったらテンションさがってしまいます。 4席を予約する場合のおすすめの取り方も、要チェックです! スーパーあずさ・あずさ・かいじの窓枠と座席回転 座席を回転させる場合は、新宿方面へ向かう「上り」か、松本方面へ向かう「下り」かは関係なくなります。 あずさの回数券の予約方法はこちらの記事でご紹介しています。 スーパーあずさ・あずさ・かいじの窓枠とおすすめ座席まとめ 最後に、スーパーあずさ・あずさ・かいじのおすすめの座席をまとめておきます。 ・「スーパーあずさの4号車・12号車」「あずさ&かいじの2号車」のみ、奇数番号のD席側。 ・「スーパーあずさの4号車・12号車」「あずさ&かいじの2号車」のみ、偶数番号のD席側。 ややこしいですが、景色が良く見える席を予約できそうでしょうか? 詳細な車両編成や進行方向については、こちらの記事でご紹介しています。 それでは、甲州や信州の絶景を楽しんできてください^^.

次の