楽天モバイル 解約 タイミング。 楽天モバイル解約のタイミングや注意点!完全解約とMNP転出のやり方も紹介

ワイモバイルの解約のタイミングは月末が良いの?ミスりがちな解約日に関する注意点!

楽天モバイル 解約 タイミング

楽天モバイルを解約するけど、少しでも請求される月額料金を減らしたい!! でも、楽天モバイルの締め日っていつ? 楽天モバイルの締め日は、毎月15日となっています。 そのことから、 月の1~15日に解約を申し込んだ場合は、 その月の月額料金が請求されるだけで済みます。 しかし、 月の16~月末に解約を申し込んだ場合は、 その申し込んだ月だけでなく来月の携帯の料金まで請求されてしまいます。 以上のことから、 月の15日までに解約の申し込みをするのがおすすめです! もしすぐにでも解約を申し込みたいという方は、 15日よりも後の場合は解約を申し込んでその端末の使用を止めてしまうのでなく、来月末まで使うことをおすすめします。 今から他社の格安SIMに乗り換えたいという方は、以下の表から自分に合う格安SIMを見つけましょう。 ポイント 公式ページ LINE MOBILE データフリーで通信量が節約できる 楽天モバイル解約時の締め日に関する注意点 純粋に解約する際の締め日に関する注意点 例えば、10月の最終日に解約をしたいとして10月16日に解約を申し出た場合、11月末まで契約が継続されます。 10月の時点で解約の意志が固まっているにも関わらず、11月分の利用料金も支払う必要があるのです。 また解約月において 利用料金の日割り計算はされないため、11月分の利用料金はまるまる無駄な出費になってしまう可能性も出てきます。 MNP転出を行う際の注意点 解約日が月のどのタイミングでもその 解約月の月末までの利用料金がまるまる請求されることです。 たとえば、MNP転出を10月下旬に手続きを完了させ、他事業者の転入が11月になってしまった場合、楽天モバイルからの請求は11月分もあるということです。 なお、楽天モバイルのMNP転出申し込み自体はメンバーズステーションから行えます。 他事業者へMNP転入するためのMNP予約番号はメンバーズステーションへの申し込みから最大4日間かかるということです。 MNP予約番号には有効期限がある 楽天モバイルMNP予約番号を 発行してから15日間の有効期限があります。 イメージとしてはMNP予約番号を入手したら間髪入れずに転入手続きをする感じです。 MNP有効期限内に他MVNOに転入しない場合はどうなるの? MNP予約番号の有効期限切れになるだけです。 楽天モバイルからMNP転出時にはMNP転出手数料として3,000円が請求されますが、MNP予約番号の期限切れを迎えた場合にはこの手数料は請求されません。 さらに、 楽天モバイルの契約も切れずに契約続行を意味します。 楽天モバイルを解約するならどのタイミングが好ましい? 解約時のタイミングを表にまとめました 表のように解約を思い立ってから当月内に解約するためには、月の前半の2週間しか猶予がありません。 それ以外のタイミングでの解約になると、必ず翌月末にまでもつれこんでしまうのです。 従って、 月の前半内で解約手続きを完了させるのがベターです。 解約を思い立ったタイミング 解約申し込みのタイミング 実際の解約時期 月の1~15日まで 左記と同様 その月の末日 月の16~月末日 左記と同様 + 翌月の1~15日まで 解約を思い立ったタイミング の月の翌月末日 MNP転出時には他MVNOへのMNP転入完了が月内に収まるように調整するのがベター 他事業者への MNP転入が月末日になるように調整できるとベストタイミングです。 これが一番無駄な時間とコストを抑えるタイミングとなります。 しかし、MNP転入手続きもオンライン申し込みでは実際にかかる時間の幅に差があり、これは転入先の事業者によっても変わってきます。 こちらの場合も、月の前半に転出~転入手続きをすると当月内の解約に間に合います。 コツとしてはMNP予約番号を入手したら即転入手続きをしましょう。 解約時の注意点• 通話SIMの場合、最低利用期間内の解約は9,800円が余分にかかる 楽天モバイル通話SIMの最低利用期間はプランによって利用開始月から12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月と定められています。 この期間内での解約は違約金として9,800円が請求されてしまいます。 データSIMには最低利用期間は設定されていません。 どのタイミングによる解約でも違約金はかかりません。• 解約して即、月額料金支払いの義務がなくなるわけではない 利用月の翌月に楽天モバイルからクレジットカード会社へ請求が行われます。 そのためクレジットカード会社がこれを受け、クレジットカード会社の引き落とし日にユーザーの銀行口座から実際に引き落とされます。 そのため最低でも1ヶ月はタイムラグがあることになります。 解約月の翌月にクレジットカード会社に請求が行くことを考えると、口座残高には楽天モバイル利用料分の余裕を想定しておいた方が良いでしょう。 楽天モバイルの解約方法 お手続きは、楽天モバイルの 会員サポートページ「メンバーズステーション」でのみ行なえます。 当月16日~翌月15日までの受付分が、翌月末日に解約となります。 上記期間内であれば、解約されるタイミングは同一となります。 解約手続きにはSIMカード台紙裏面に記載のSIM番号が必要となりますので、無くされないようご注意ください。 SIMカード返却時に楽天モバイルで購入した端末も返却しないといけないの? 端末は返却する必要はありません。 解約完了後に返却するものは端末に装着してあったSIMカードだけです。 返却しようにもSIMカードの取り外し方がわからない! 楽天カスタマーセンターに問い合わせる方法もありますが、その前に端末の取扱説明書を確認してみましょう。 SIMカードの装着は端末によって大きく方法が異なります。 勘や手探り・力まかせで行うとSIMカードや端末を破損してしまいがちです。 必ず取扱説明書の指示に従って取り外しを行ってください。 それでも分からない場合にはカスタマーセンターに問い合わせをしてみましょう。 楽天モバイルが使えないのは理解できるけど、楽天でんわは? 楽天モバイルと楽天でんわの契約は別々のものです。 楽天モバイルを解約したとしても楽天でんわのアカウントは存続しますので、同じ楽天でんわのアカウントを使い続ける限り影響はありません。 このため、他のMVNOと契約した場合でも、同じ楽天でんわのアカウントを使えば利用可能です。 楽天モバイル端末を購入し割賦払いを選択し、残債がある状態での解約はどうなるの? SIM契約自体は解約できますが端末の分割払の回数が残った状態の場合、 分割払いの義務は継続します。 MNP転出ではなく解約してしまった、一度消えた電話番号は戻せるの? 一旦解約して消滅してしまった 電話番号を取り戻すことはできません。 これは楽天モバイルだけではなく、他MVNOでも同様です。 十分に確認した上で解約を行ってください。 通話に使える通話SIMではなおさら重要なポイントとなります。 SIMカードの返却には宅配便を使った方がいいの? SIMカード返却に際しての配送方法は契約ユーザーの任意です。 普通郵便でも構いませんが、配送途中での破損や紛失が心配です。 簡易書留で水濡れ対策をしてあれば十分かと考えられます。

次の

楽天モバイルの解約のタイミングは?確認しておくことや方法は?

楽天モバイル 解約 タイミング

Contents• 楽天モバイルはいつ解約しても大丈夫。 楽天モバイルの新プラン 『楽天アンリミット』がスタートしました。 早速私も申し込み・開通しました。 楽天アンリミットのウリの一つに 『契約期間なし・解約金なし』という項目があります。 これによってお試し感覚で乗り換えることも可能になりました。 新プランスタートから1か月弱。 無制限の恩恵をうけられるエリア内のユーザーから好評な反面、サポート対応の悪さなども目立ちます。 試してみたけどやっぱやめた!という方も一定程度いますので、早速ですが解約方法&注意点についてもまとめてみたいと思います。 楽天モバイル アンリミット の解約は『my楽天モバイル』から 開通手続きのためにインストールしたであろう、ユーザー専用サイト 『my楽天モバイル』。 こちらから解約手続きに進むことができます。 下のメニューの中から、『契約プラン』タップ。 その中から『解約』を選択しましょう。 解約に関してアンケート画面になりますので、入力して 『申し込みを完了する』をタップしてください。 いままでだと契約期間や違約金の関係で様々な確認事項があったりして、解約の手続きも結構ややこしかったのですが、楽天アンリミットに関しては契約期間やそれに対する縛りは一切ありません。 これで本当に解約できる? と心配になるくらい手続きはシンプルです。 解約に関してのQ&A 手続きに関してはシンプルなものでしたが、いくつか注意点もあります。 解約に関して多くみられる疑問をQ&A形式で見ていきます。 Q1,解約はいつでも大丈夫? 解約のタイミングについては制約はありません。 月の途中でも解約が可能ですし、1年・2年といった複数年契約の縛りもありませんので、いつでも解約することができます。 Q2,月の途中で解約の場合の料金は? 楽天モバイルの料金の請求は毎月1日~月末締めです。 月の途中で解約する場合は、その時点までの日割りで料金が請求されます。 解約日当日は含めず、解約日の前日までが日割り計算の対象になります。 Q3,スマホ交換保障プラスはどうなる? スマホを購入した時にのみ加入できるオプションで 『スマホ交換保障プラス』というサービスがあります。 このオプションは契約についているわけではなく、製品に紐づいているオプションです。 契約を解約したとしても、このオプションは解約にはなりませんので注意が必要です。 Q4、解約料は無料ということは、契約時の事務手数料などかえってくる? はぁ?という意見かもしれませんが、世の中には一定数こういう発想の人もいます。 もちろん、契約時の事務手数料だったり購入したスマホなど端末は返金されることはありません。 満足いただけなければいつでも解約、解約料なしとはいえ自分の費用で開通してそれを見極めるのは自己責任です。 Q5,解約時のSIMカードの返却先は? 解約時にはそれまで利用していたSIMカードを返却する必要があります。 返却費用はコチラ負担で送付する必要があります。 基本的にSIMカードはキャリアから貸与されているものなので、解約した場合は返却するのが筋です。 まぁ、私も返却していないですが特に請求があるわけでないし、問い合わせてみると紛失・破損した場合などは返却を要さないようなので、そんなに神経質にならなくても良いと思います。 Q6,対応悪いので、初期契約解除したい ハッキリ言って今回、ある程度サポート体制について見切り発車した楽天モバイルに関しては、相当数の初期解約者がでるのではないかと思っています。 契約から8日間であれば、契約回線の解除を書面で行うことができます。 回線の解約のみでスマホやアクセサリー類は解約してお金を戻すことはできませんので気を付けましょう。 書面に以下の項目を記入します。 契約者名• 楽天モバイルID• 対象のSIM電話番号• 連絡先電話番号• 初期契約解除制度による解除を希望する旨、およびその理由• 契約書面の受領日• MNP予約番号発行希望の有無 SIMカードの返却先は先ほど紹介したところと一緒なので、返却も忘れずに。 まとめ 楽天モバイルの解約については手順をしっかり解説する必要がないほど、簡単なものです。 いくつか注意点があります。 前述したとおり、サポート体制の不備・回線のエリアの狭さ、通信の不安定さなど解約につながる要素はスタートしたばかりの楽天モバイルには多くあります。 ま、そのために1年間無料キャンペーンをしてでも契約者を集めているわけですが。 いずれにしても事務手数料や、スマホ代など帰ってこない費用もありますので1年間は様子をみる。 いま不備のある部分がどのくらい改善されていくかを見るお試し期間と割り切っていく必要があります。

次の

【図説】楽天モバイル(楽天アンリミット)の解約方法とは?即解約やSIM返却の手順も分かる

楽天モバイル 解約 タイミング

MNP転出手続きに手数料がかかる MNP転出手続きには3,000円 税抜き が必要です。 MNP番号には有効期限がある MNP番号は、取得してから15日間有効です。 取得日が8月1日であれば、8月15日まで利用できます。 あらかじめMNP番号だけを取得しておくのではなく、乗り換える時期にとるようにしましょう。 WEBで楽天モバイルに申し込む場合はさらに注意 Webから楽天モバイルに申し込む場合は、MNP番号の 有効期限が10日以上残っているものでないと受け付けてもらえません。 そのため、Webで楽天モバイルに申し込む方は、8月1日に取得した場合8月5日までに手続きを済ませましょう。 au WALLETポイントを使いきろう au WALLETポイントは、auから楽天モバイルへMNP転出した場合消滅します。 そのため、ポイントがたまっている方はMNPの前に必ずポイントを使い果たしましょう。 au WALLETポイントは、1ポイント1円として利用できます。 例えば公共料金の支払いや、音楽の購入、日ごろの買い物など幅広く対応。 特にauショッピングモールでは、日用品や食品を扱っていますし、1ポイント残らずきれいに使い切れるのでおすすめです。 楽天モバイルへの申込 SIMの購入 と本人確認は同時に済ませる 楽天モバイルはネットでの申し込みができるため、24時間いつでも契約が可能です。 そのため、申し込みと同時に本人確認含む手続きが完了すると、最短2日でSIMが届きます。 もし本人確認が遅れるとその分利用開始日が遅くなってしまうので、なるべく申し込み時に本人確認を一緒に済ませるようにすることを推奨します。 auから楽天モバイルへの乗り換えにはSIMロック解除が必要 auから楽天モバイルへの乗り換えにはSIMロック解除が必要です。 SIMロック解除について詳しく説明します。 auからの乗り換えで必須な「SIMフリー化」とは 「SIMカード」とは、端末に利用されている通信カードのことで、通信に必要なカードとなります。 SIMカードには固有の番号が割り振られているため、SIMカードを端末に装着すると、誰の端末なのか/どのキャリアを使って通信するのかが判別できます。 基本的にキャリアのスマホは「SIMロック」という制限をかけており、自社回線以外は通信ができない様になっています。 そのため、ドコモ回線を借りて使っている楽天モバイルの場合、ドコモのスマホはそのまま使えますが、auやソフトバンクのスマホは利用することが出来ません。 しかし、auやソフトバンクのスマホでもSIMロックを解除して端末をSIMフリー化することで、楽天モバイルでも使えるようになります。 auスマホのSIMロックを解除する条件 auから楽天モバイルへMNPする際、もしauで使っていた端末をそのまま使いたい場合はSIMロックの解除が必須です。 SIMロックを解除する SIMフリー化にする には、解除する端末がSIMフリーのものかどうか確認しておかなければなりません。 以下、SIMロック解除の条件を記載します。 2015年4月23日以降に発売された端末であること• 契約者本人の購入履歴があること• ネットワーク利用制限がかかっていない端末であること• 機種購入日から101日以降の端末であること• auの回線を解約済みで、解約日から100日以内の端末 SIMロック解除な端末かどうかの確認は、auの公式サイトで確認することが出来ます。 公式サイト: なお、端末を一括購入した場合や、2017年7月11日以降にSIMロック解除の実績がある場合は、101日未満であってもSIMロックを解除することが出来ます。 また、インターネットや電話から申し込む場合は手数料無料ですが、auショップでSIMロック解除を行うと、手数料が3,000円 税抜き 必要になるので注意。 auスマホのSIMロックを解除する手順 auスマホのSIMロックを解除するには、ネット申し込みもしくは店頭での申込のいずれかになります。 インターネットでの申込• My auにログインし、端末がSIMロック解除できるかどうかを確認• SIMロック解除の申し込み なお、My auでSIMロック解除をする場合、受付時間が9:00 ~ 21:00であることに注意しましょう。 店頭での申込 店頭での手続きには手数料がかかります。 さらに、翌月の利用料金と合算しての請求となるので注意。 auショップに行く際は、下記を持って行きましょう。 SIMロック解除したい端末• 本人確認書類• 手数料3,000円 税抜き auから楽天モバイルへ乗り換えする手順 ここでは、auから楽天モバイルへ乗り換えする具体的な手順を紹介します。 au WALLETポイントを使い切る MNP番号を取得 転出手続きをする と同時に消滅します。 あらかじめ使い切っておきましょう。 SIMロック解除 現在利用している端末/これから購入する端末がSIMフリーでなければなりません。 不安な場合は、楽天モバイルのサイトから購入しましょう。 楽天モバイルで販売されている端末を購入するメリットは、利用するSIMの動作確認が済んでいる端末であることです。 MNP番号を取得する MNP番号を取得すると、携帯電話番号をそのまま楽天モバイルでも利用できます。 MNP番号の取得には3,000円 税抜き が必要であることと、有効期限は取得日から15日間ということを忘れないように。 楽天モバイルに申し込み auでMNP予約番号が取得できたら、次は楽天モバイルに申し込みを行います。 楽天モバイルへの申し込みは、「ネット上から行う」、「楽天モバイルショップで申し込む」の2つから選択できます。 楽天モバイルショップはそもそもの店舗数が少ないため、大抵の方はネット上からの申し込み手続きとなるはずです。 また、楽天モバイルに申し込む際は次の書類等が必要になってくるので、予め準備をしておきましょう。 本人確認書類• MNP番号 5. 楽天モバイルのSIM や端末 の受け取り 楽天モバイルに申込後、SIMカードと端末が届きます。 端末とセットで購入した場合は最初からSIMカードが挿入されていることもあるので、すぐにスマホを使うことが可能です。 SIMカードのみを申し込んだ人は、自分でSIMカードをスマホに挿入する必要があります。 その時、大抵の新品のスマホでしたらSIMカード取り出しツールが入っていると思うので、それを使ってSIMカードトレイを開けてください。 楽天モバイルの初期設定 最後に楽天モバイルの初期設定が必要です。 バックアップを取ったデータの復旧はもちろんのこと、スマホを自分で用意した人はAPN設定が必須となってきます。 iPhone、AndroidのAPN設定に関しては下記記事で詳しく解説しています。 電話で転出手続きをする:電話番号: 0077-75470 無料• auショップで手続きをする• EZ Webから手続きをする:9:00~21:30の受付 電話で手続きをする場合、説明が長かったり繋がりにくい事があるため、MNP番号を取得するまでに多少時間がかかります。 もし電話でMNP予約番号を取得する場合は時間に余裕がある時に行いましょう。 また、EZ Webからの手続きは、フィーチャーフォン ガラケー の方のみ対象です。 そのためスマホを使っている場合は電話もしくは店頭での手続きが必要です。 楽天モバイルへのMNPで毎月の通信費を抑えられるメリットが au 楽天モバイル 基本料金 スーパーカケホ:1,700円 スーパーホーダイ S:1,480円 インターネット接続 300円 - データ通信の定額 1GB/2,900円 2G プラン合計 4,900円 1,480円 auで提供されている最安値のプランは、「スーパーカケホ」の 1GB/月で4,900円 税抜き です。 通話は1回5分以内に限ります。 1GBの次のデータ量は3GBのプランになるため、ここでは1GB/月で比較します。 楽天モバイルで同じように通話ができてSMS利用可能な最安値プランを見てみると、 2GB/月を利用でき、最初の2年間は2,980円の「スーパーホーダイ」があります。 スーパーホーダイは1回10分間の国内通話がかけ放題になるメリットがあります。 さらに楽天会員が3年間契約した場合は 最初の2年間1,480円、ダイヤモンド会員の場合最初の 1年間は980円となります。 上記2つのプラン 楽天会員では無い場合 を比較してみると、最初の1か月で2,312円の差があり、2か月目以降は4,624円、6,936円・・・とどんどん差額は大きくなります。 年間で換算すると、 なんと27,744円も節約可能。 毎月2,312円あれば、食費に回せたり服を買ったりと、様々なことに使えますし、貯金を貯めることも可能です。 注意!デメリットも少なからず存在する auから楽天モバイルへMNPする大きならメリットは、毎月の通信費を大幅に節約できることです。 しかし、乗り換えするとメリットだけでなく、デメリットも発生するので、その点を踏まえた上でMNPするかどうかを考えましょう。 通信速度が遅くなることは覚悟する 4G/LTEでの通信を多くする人にとっては最重要である通信速度。 基本的にauを含めた3大キャリアの通信速度はかなり速いので、楽天モバイルへMNPした時に速度の落差にガッカリしてしまう可能性があります。 最新端末を購入できない auでは新作のiPhoneやAndroidが販売されますが、基本的に楽天モバイルではそういった端末を取り扱っていません。 唯一最新端末を体験できるメーカーは、HUAWEIやASUSといった、3大キャリアがあまり取り扱わないスマホになります。 しかし、 iPhoneの場合はアップルストアにてSIMフリー端末を購入することが出来ます。 月月割など一切適用できませんが、もし最新のiPhoneを使いたい場合はSIMフリー版を購入する選択肢もあるので、一昔前よりはMVNOと3大キャリアの端末格差が失くなっているのではないかと感じます。 楽天モバイルへの乗り換えベストタイミングはいつ? 楽天モバイルに乗り換えるベストタイミングは、auの「 契約更新月」です。 auに限らず大手キャリアには、「契約更新月」が存在します。 auの場合は2か月。 例えば2016年8月に契約した場合、2018年8月までの契約となり、 2018年9月~10月が契約更新月となります。 その期間に解約すると、違約金は発生しません。 契約更新月まで待つべきか? ここで問題となるのは、つい最近auを契約したばかりだけど利用料金の安さにひかれて格安SIMに乗り換えを考えている方です。 契約更新月まで待つべきか悩んでいることでしょう。 結論からいうと、契約更新月を待たずに解約に踏み切っても損はありません。 契約解除料は9,500円 税抜き 必要になりますが、auの利用料は毎月8,000円近く。 多くて10,000円支払う方もいます。 それを契約更新月まで毎月支払っているのであれば、一度解除料を払う方が損はしません。 楽天モバイルで毎月3. 1GBの通話SIMを使うと、月の料金は最低でも1,600円ほど。 2~3か月すると元が取れてしまいます。 月の利用料を比べてみると、契約更新月を待つかどうかはすぐに結論がでるはずです。 auから楽天モバイルへ乗り換えてもっとお得に ここまで、auから楽天モバイルへMNPする手順や、注意点、メリット・デメリットなどを紹介してきました。

次の