エロ 同人 誌 昭和。 【乳首あり】昭和のお色気漫画のエロシーンがクソワロタwwwwwwwwww : ちょいエロ★ニュース

「エロ漫画」の漫画:昭和同人道

エロ 同人 誌 昭和

人間にはそれぞれできることとできないことがある。 できないことは、それができる誰かに補ってもらおう。 代わりに自分ができることで、誰かのできないことを補ってあげよう。 それが社会ってものだろう。 できないことはいくらやっても仕方がない。 できないからだ。 できないことは人に任せて、できることをやるべきだ。 できることをやろう。 俺にできることとは何か。 そんなことは誰よりも自分が一番よくわかっている。 昭和のエロ雑誌のレビューだ。 それほどエロくないけどそのつもりでお読みください。 これは昭和のエロ雑誌 『TANTAN』だ。 発行元は新樹書房。 これをレビューする。 それが俺にできる精一杯の社会貢献で、それ以上のことは何もできない。 熊本市のモラトリアムというすごい雑貨屋で手に入れた。 すごいところなので熊本を訪れた際は是非行って欲しい。 昭和52年1月1日発行と書いてある。 つまり1977年だ。 ウィキペディアで調べてみると、ドリフ大爆笑が放送開始された年だという。 あとはコロコロコミックが創刊された年でもある。 音楽でいうとピンク・レディーやキャンディーズが猛威を振るっていた頃だ。 あとこの年に研ナオコさんや井上陽水さんらがマリファナ所持で逮捕されている。 なるほど全然わからねえ。 平成生まれゆとり世代の俺からすればファンタジーの世界だ。 以下、画像は全て新樹書房 TANTAN1月号より 表紙を開いた1ページ目だ。 一部、エッチなので画像を修正している。 眺めているだけでIQがガチャガチャと音を立てて下がっていく目次だ。 書き文字がたまらねえ。 見出しがすごい味わい深い まず記事の 見出しに注目してみよう。 見出しは重要だ、一目で記事の大雑把な内容を伝え、かつ「読みてえ」と思わせなければならない。 デザインやレタリングもかなり力を入れるところだ。 メインの特集記事の見出しだ。 こんなフォント欲しい。 小見出しはこんなのだ。 わけがわからない。 そのわけのわからなさも見出しには重要なのだ。 こんな見出しがつけられた記事をお前は無視できるか。 これは連載されている小説のタイトル。 医学ポルノ小説 第二話『腹上死』 力強くも柔らかいレタリングで書かれた 『腹上死』の文字。 Tシャツにしたい。 目が離せない。 見出しの力だ。 この見出しが何だかわかるか。 そうだ、これは夫にクンニさせるにはという内容の記事内の文につけられた小見出しだ。 特に言うことはないがなんとなく紹介した。 雑誌内のいたるところにこういうのがある。 金をくれたらエッチな写真を送ってやるというメッセージの広告のようなものだ。 隠してあるところには住所と女性の名前が書いてある。 「丸出しをタダで」 「ズバリまる見え後払いで密送ヨ」 「女器むきだし!!」 どれも短いながらも強烈なインパクトを残す見出しだ。 すごい。 余談だが「穴がまる見え」みたいな見出しのを買ったら耳の穴がよく写った写真が送られてきたという話を好きな作家がエッセイで語っていた。 うろ覚えです 漫画がすごい味わい深い そろそろ見出し以外にも触れていこう。 エロ雑誌にはエロ漫画も掲載されている。 水上かほり・流石英郎『我輩は犬である 花の女子大生の寮はエロんちょマン開女だらけ! 』より ウフーン。 この女はこれからこの骨を使って自慰を行うがその時のセリフを当てなさい。 3…… 2…… 1…… 水上かほり・流石英郎『我輩は犬である 花の女子大生の寮はエロんちょマン開女だらけ! 』より 正解は 「ウッフ〜〜〜〜ン痛快まるかじり!!」だ。 正解者いたらおめでとう。 すごい言語センスだ。 こんなセリフ俺には一生思いつかない。 俺はこのコマにただただ圧倒されるしかなかった。 ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より これは別の漫画。 グラサンとマスクで顔を隠した暴漢がT字カミソリで女人の陰毛を剃り落とそうとしている。 悪いやつだ。 彼はなぜこのようなことをしているのか考えなさい。 3…… 2…… 1…… ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より そんな事情で。 ポール沢・竹内健一『わしはノゾキの婦人科医 ジョリジョリ魔 下刈り満太を撃退の巻』より こんな締め方されたら次号が読みたくなってしまう。 助けてくれ。 ミニコーナーだってすごい味わい深い これはパズルのコーナーだ。 そう、クロスワードパズルだ。 俺も最初はクロスワードパズルだと思った。 だが違った。 これは、エロスワードパズルだ。 なお、全問正解したら 「どスケベ数学者」の烙印を押される。 俺が一番好きなミニコーナーを紹介しよう。 ページ下の隙間に差し込まれている 「エロ痴女のあれこれ知識」だ。 電車痴女、揺れを利用しがちだ。 読者プレゼントも当然味わい深い アダルトグッズやモデルの下着など、この辺は近年のエロ雑誌ともあまり変わらない気がする。 だがC賞をよく見て欲しい。 オレ、知らねェ。 以上、ほんの一部ながら昭和のエロ雑誌の味わい深さを紹介した。 味わい深かったことだと思う。 なかなか手に入れるのは難しいかもしれないが、もし見かけることがあったら手にとってその味わい深さを感じて欲しい。 味わえ。 余談だが、本記事のためにいろいろ調べていたらこんなのを見つけた。

次の

1980年代のエロ漫画(少年誌)

エロ 同人 誌 昭和

1994年に出た2冊目の「」は約130ページ(内カラー50ページ超)という薄い大判の本なんですが、何と定価1800円。 当時、その繊細な描線は衝撃的でしたが…今読むにはエロが薄すぎる。 また、 うたたねひろゆきと後に結婚する 蘭宮涼や、 龍炎狼牙あたりも当時のアニメ絵で人気があったんですが、こちらもエロは薄かった。 「」なんか好きでしたけどね。 彼(彼女?)の代表作「」シリーズは現在でもオカズとして通用するレベルの作品なんですが、これは2巻が最もエロくて、現在は軽くプレミアがついてます。 ただ、陵辱色が強めなのが残念。 また、忘れてならないのが 塔山森(森山塔)。 この時期にも成年向け単行本を2冊残してますが、「」に収録されている「るすばん」シリーズは森山塔時代も含めて私は一番好きですね。 他では、2009年に逝去した SABEの「」も、ストーリー性の強い短編集で、当時は新鮮だった。 今読むとエロはかなり薄いですが、後の 田中ユタカのような純愛系エロ漫画の先駆けだったと思う。 SABEはこの後、ギャグ色が強くなりすぎて全くエロくなくなるんですが、個性的な作風で一般誌でも活躍。 あとは、後に一般誌で活躍する まみやこまし(西川秀明)や、 智沢渚優あたりがめぼしいところかな。 SF作家・ 長谷川祐一のエロ系作品「童羅」が出たのも、この頃。 特に99年に加筆・復刻された「」はかなりのプレミアが付いてましたが、現在は無料で公開されてます。 昆童虫は、虫と妖精とのSEXばかり描く謎すぎる作家でしたが、絵は抜群に上手かった。 別名義で普通の作品描いたりしてないかなぁと思うんですが、調べても出てこないんで、たぶん真性のマニアだったのか。 この時期くらいから作画の幅が増えたというか、作家毎の個性が明確になり出すんですけど、言及したくなる作家ってなかなかいません。 絵的には がぁさんなんか個性的で好きなんですけどね。 一般含め、当時、私が最もハマった作家の1人で、全作品買い漁りました。 構図といい、表情といい、初単行本「」からずば抜けたセンスを見せつけてましたが、成年向けでの最高傑作は「」。 短編集も含めて、とにかく売れてました。 そしてもう1人、萌え系で人気を分け合っていたのが ぢたま某。 96年に出た「」は、放尿モノとして今もって不動の地位を築いている傑作ですが、エロ目的なら「」の方が上かな。 2人とも今は青年誌に進出し、人気作家となってますが…後述する 田中ユタカと合わせ、この3人がエロ漫画界最後のスターという感じがする。 別にエロ漫画に限ったことじゃないですが、今はあらゆるコンテンツ産業が飽和・熟成しきっていて、同世代の中で「突出する」ということが、ほぼ不可能に近くなってる。 それは全体的なレベルが上がってるということでもあるんだけど…この倦怠感はどうしようもない。 もう、こういう作家は出てこないかもしれないなぁ。 今買うなら、全3巻をまとめて未掲載分を追加した「」がオススメ。 内容は珍しい異世界ファンタジー物で、種族の違いにより(つまりエルフのあそこが小さすぎて)、セックスできない新婚夫婦・ケンジとミルファの2人が、何とか挿入するために冒険したり試行錯誤する…という話。 ただ、序盤は1話完結でエロシーンの頻度も多かったんですが、途中から何だか風呂敷を広げだして、グダグダに…結局、打ち切りかどうかは分かりませんが、未完のまま連載は終了してしまいました。 最近、無料公開された 魔訶不思議「」も好きでした。 MEEくんは青年向けに描かれた「小鉄の大冒険」の方が有名でしょうが、成年コミックでの代表作は「」。 個性的な作画で、90年代ではかなり好きな作品です。 全4巻で、2巻までは成年マーク付きなのが信じられないほどエロが少ないんですが…3巻以降、ひろみちゃんが彼氏と結ばれてからのラブラブエッチは、それまで焦らされてたのも手伝って、なかなかの破壊力。 一般誌で有名になった まついもとき(瀬口たかひろ)や、ロリ系の りえちゃん14歳、 たまのぼるも印象に残ってるし、 浅井裕(あさいもとゆき)も思い出深い作家ですが…この辺はちょっとオススメしづらいかな。 ラノベでも あかほりさとるが「爆れつハンター」や「セイバーマリオネットJ」を書いてた時期で、ドキドキしながら読んでましたね。 懐かしい時代です。 今で言う 如月群真くらいのポジションにはいた気がします。 他、OVA化もされてた 完顔阿骨打や あらなが輝、近親モノを得意としていた 飛龍乱あたりも人気でしたが、どうも印象が薄い。 逆に 玉置勉強は印象には残ってるんですが、内容がカルト的というか…とにかく暗い話が多くて抜けなかったのをよく覚えてます。 また、 町野変丸もそんな感じの作家でしたね。 個人的には成年漫画史上、屈指の画力の持ち主だと思うんですが、内容が変態過ぎて全く抜けなかった。 パロディ作品「」で有名。 ちなみに、 平野耕太と あずまきよひこ(序ノ口譲二)が成年誌で活動していた時期でもあり、特に平野耕太の「」「」にはかなりの高額プレミアが付いてます。 まあ、これは一般で人気が出たからプレミアが付いてるパターンで…特にエロいとか、内容に優れてるわけじゃありません。 あずまきよひこの「」は安いんで、興味があるなら読んでみても良いかも。 これは、いわゆる非成年系エロ漫画(ソフトエッチコミック)の走りだったんですが、ストーリー性を重視した内容と、成年マークがない買いやすさもあって、当時、オカズを求める中高生に絶大な支持を受けてました。 出世作はOVA化もされた「」ですが、エロ漫画家としてのピークは2000年代初期の「」「」あたり。 雄出版から出された成年誌時代の傑作集「」「」もオススメです。 他では さのたかよしと 後藤羽矢子も好きでした。 すでに「ふたりエッチ」を連載していた 克・亜樹の「」も売れてましたが、寝取り寝取られのドロドロ展開が苦手でしたね。 他の同系統の雑誌としては、少年画報社「ヤングコミック」や、最近休刊した双葉社「メンズヤング」、実業之日本社「コミックキャンドール」などもありましたが、やはりこの時期は竹書房が目立ってた印象。 あの単行本の表紙裏に中身を数コマ載せるデザインは見事だったなぁ。 当時は高校生でネット環境もなく、店頭でジャケ買いするしかない状況なので、あれで相当購買意欲を刺激されました。 叙情的でリアリティ溢れる作風は一見の価値ありですが…劇画調なので、エロ目的での購入はオススメしづらい。 抜き重視で一般的に人気だったのは、 魔訶不思議や陵辱系の ペイントロボあたりだったと思います。 非成年ですが、エロ漫画業界の裏側をネタにしたギャグ漫画、 有馬啓太郎「」も好きでした。 師走の翁もすでに頭角を現してる。 猫玄も割と長編物を描いてたりして、人気的にはこの辺がピークだった感じ。 あらきあきらも好きだった記憶があるんですが、今読み返すとまったくエロくなかった。 萌え系やロリ系以外で、私が一番お世話になっていたのは ぐれいすだったと思う。 作者の描く、このむっちりとした身体のいやらしさは、当時の他のエロ漫画と比較しても頭一つ抜けてる感じでした。 デビュー直後でまだデジタル作画でなかった頃の ゼロの者や、アニメ系の あまのよーき、少女漫画チックな作画が魅力的な 尾崎未来、 うさみ優あたりも人気がありました。 ちなみに、一般で活躍する 大暮維人も成年コミックを出してますが、これはまったくエロくないので注意。 同時期に「」がすでに連載開始していた関係で、かなり売れてはいたみたいですが。

次の

昭和のエロ雑誌のすごい味わい深さを知れ。|ナ月|note

エロ 同人 誌 昭和

代わってストーリーを重視した、より必然性のあるエロスが求められるようになってきます。 その筆頭が、 桂正和「」だったように思う。 ただ、当時、その圧倒的な画力は衝撃でしたが、主人公が暗い上に話もシリアスなので、私は苦手でしたね。 画力がエロを邪魔してるというか…ドキドキはするけど興奮はあまりしなかった印象。 特に尻描写に定評があり、90年代後半に連載された「」でも人気を博しました。 80年代で言及した 萩原一至と共に、エロ担当として週刊少年ジャンプ黄金期を支えた一人。 上手いんだけどエロさを感じないB級感溢れる作風はともかく、露出の多さと過激度は高めでした。 作画的には 柴山薫「」の方が魅力的で記憶に残ってますが、今読み返してみるとエロいのは序盤のみで、途中からただのスポ根漫画になってたのが残念。 これも騒動の影響だったのかな。 他、主人公が美少女に変身する あろひろし「」や、マイナーどころで カジワラタケシ、 山口譲司、 おおめ裕一、 飛鳥弓樹あたりも読みましたが…この辺はどれもイマイチ。 中で有名なのは、 御童カズヒコ「」や 帯ひろ志「」シリーズなど。 一方のコロコロコミックでは、別名義で成年漫画も描いている 小野敏洋(上連雀三平)が活躍。 「」では男の娘ブームを児童誌で先取りするという離れ業を見せてます。 どれも基本ギャグ漫画でエロ漫画とは呼べませんが、これはこれで少年誌とは違った趣がありますね。 巻数も多いので、今読むのはちょっときついかな。 ただ、作画的にも内容的にも、 永井豪の影響が強く感じられ、80年代エロコメの系譜を最も色濃く受け継いだ作品、という気はします。 小学生をここまで色っぽく描いた作家もなかなかいないでしょう。 2000年代には青年誌で本作のスピンオフ「」も描かれており、当時のファンは要チェック。 ちなみに、エロギャグ漫画として90年代屈指の あんど慶周「」もこの頃の少年ジャンプ連載作品。 岡野剛・真倉翔 「地獄先生ぬ〜べ〜」より 岡野剛・真倉翔 「地獄先生ぬ〜べ〜」より あんど慶周 「究極!! 絵的には うたたねひろゆきっぽい作画の 野々村秀樹・宮塢さなえ「」や 林崎文博「」が新しくて魅力的だけど、内容が今読むにはちょっと微妙かなぁ。 「五月ちゃん」は短いから買いやすいけど、全5巻のうち、1〜3巻と4〜5巻では内容も登場人物も全くの別物なので注意。 評価が高いのは1〜3巻のみなので、読むならそこだけで十分。 個人的にエロかった記憶のある 黒岩よしひろや 臣士れいも、今読むとさっぱりだし…。 90年代の作品は割と安いので、けっこう片っ端から読んでるんですが、80年代と比べて何か物足りなさを感じてしまう。 なので、いっそ児童誌寄りですが、ギャグ王で連載された 新山たかし「」なんかの方が「お宝感」はあるかもしれない。 ただ、これはこれで内容の割に中古価格が高すぎか。 新山たかしは、当時のゲーム少年には思い出深い「」でもエロ担当として活躍。 柴田亜美や 衛藤ヒロユキが参加していた初期の4コママンガ劇場は大好きでしたね。 高崎隆 「オレってピヨリタン」より 野々村秀樹・宮塢さなえ 「OFFICE麗」より 林崎文博 「つきあってよ!五月ちゃん」 黒岩よしひろ 「鬼神童子ZENKI」」より 臣士れい・あかほりさとる 「爆れつハンター」より 新山たかし 「半熟忍法帳」より 乾はるか 「乱丸XXX」より 縞田歳朗 「おねーさんが一番!! 「エロコメ」というより「サービスシーンが多めのラブコメ」なんですが、有害コミック騒動以降、ずっと迷走気味だった少年誌のエロ表現に、ようやく落としどころを見つけたのが、この作品だったと思う。 今読んでも完成度の高い傑作で、同人誌も大量に出てましたね。 現在は、作者が立ち上げた絶版漫画無料配信サイト「」にてタダで読めるので、未読の方は是非。 途中から絵柄も崩れだすし、今読むなら青年誌で描かれた「」とかの方が無難。 他、同じく成年誌出身の 雨宮淳「」、後に成年誌にシフトする 柴山薫「」、魔乳作家・ カジワラタケシ(にしまきとおる)などが有名どころ。 みやすのんきも久々に少年誌で描いてますが、いまいちピンとこなかった。 90年代以降は、成年誌的な絵や表現を用いる作品が増えてくるんですが、少年漫画に求めてるエロってそういうんじゃないんだよなぁ。 瀬口たかひろ 「オヤマ!菊之助」より 雨宮淳 「ショッキングBOY」より 柴山薫 「爆骨少女ギリギリぷりん」より カジワラタケシ 「純平!美女ON!!

次の