アズレン 黄金 の 秘宝。 【ドラクエ10】ピラミッドの秘宝で何がもらえるの?

イベント「黄金の秘宝」攻略まとめ

アズレン 黄金 の 秘宝

ピラミッドの秘宝 適正レベル:60〜90 霊廟ごとに異なる 手に入る報酬:胸アクセ ブローチ・アンク• ピラミッドの秘宝は、レンダーシア大陸のデフェル荒野にあるピラミッドで秘宝を手に入れるバトルコンテンツ。 チャレンジするには、をクリアする必要があります。 ピラミッド内には9つの霊廟があり、各霊廟の中では大量のザコ敵が次々に出てきます。 それらを倒し、最後にボスクラスの敵を倒せばクリア。 負けても何度も挑戦可能。 クリア後に再び霊廟の入口を調べると秘宝を入手でき、ピラミッドの入口にいるヤヨイに秘宝を鑑定してもらうと中身が判明します。 胸に装備できるアクセサリーは、ここでしか手に入りません アンク・ブローチ。 毎週9つの霊廟のうちどこかに当たり霊廟があります。 当たり霊廟をクリアすると、アンクやブローチが必ず1個手に入ります。 当たり霊廟は毎週変わります。 ピラミッドで手に入る秘宝は各霊廟ごとに毎週1個のみ。 報酬獲得権利は毎週日曜日の朝6時にリセットされ、新たに秘宝が取れるようになります。 ピラミッド攻略のポイント• ピラミッドでは状態異常を使ってくる敵が多いのが特徴。 各霊廟ごとに合わせて耐性防具を装備すると有利に戦えます。 ピラミッドでは出てくる敵の数が多いので、敵を倒すごとに一定確率でテンションが上がるアクセサリー「海魔の眼甲」「機神の眼甲」を装備しているとどんどんテンションが上がり、有利に戦えます。 すべての霊廟を1回で廻ろうとすると、途中でMPが不足する可能性があります。 を装備したり、魔法戦士を仲間に入れておくと、MPが尽きることなく戦うことができます。 破片はヴェリナードの合成屋で好きなブローチ・アクセと交換可能です。 今週のブローチ・アクセがどの霊廟で出るかは日課・更新まとめをご覧ください。 低 は出る確率が低いものです ピラミッド完全初挑戦の人がパーティにいる場合、報酬は全員必ずブローチになります.

次の

NoxPlayerでアズレンを快適プレイ! 仮想キーを使おう!

アズレン 黄金 の 秘宝

トレジャーハンター。 自称フランシス・ドレイク卿の子孫。 卓越した身体能力と知識を持っている。 無線機でネイトをサポートしてくれる。 ネイトと行動を共にする。 ドレイク卿の財宝を狙う。 ネイトとはかつてのビジネス仲間であった。 その様子をビデオカメラで撮影しているのは、 テレビ番組「アンチャーテッド」の司会者を務めるジャーナリスト、エレナ。 「棺の中には一体何が入っているのでしょう!」と興奮するエレナ。 しかし、開けてみると中身は空・・。 出てきたのは手帳一冊だけだった。 すると突然海賊が襲ってきた。 応戦しているとネイトのパートナーであるサリーが 飛行機で駆けつけ、海賊たちを駆逐する。 無事、脱出することができた3人は海上を後にした。 海賊との戦いで破壊された船の保険が下りるか下りないかで 電話口で大声を出しているエレナをよそに、ネイトとサリーは談義している。 ネイトによると、その手帳には黄金の都エル・ドラドへの手がかりが書かれてるという。 着いてこられては厄介だと、2人はエレナを独り島に残し、手がかりとなる場所へ移動したのだった。 運び出されたといっても、400年も前に・・。 借金を返すあてを無くし、落胆するサリーを元気付け、更にネイトは奥へ進む。 外に出ると、ドイツのUボートが滝下に放置されていた。 なんでこんなところにUボートが・・。 フランシス卿の手帳をサリーに託し中に入ると、船員の死体が転がっていた。 船長室の殺された船長の手の中には手帳があり、最後のページには座標が書かれていた。 船を出ようとすると魚雷が誤作動し、今にも爆発しそうになった。 魚雷発射口から脱出し、外に出ると見知らぬ男たちに囲まれていた。 ひとりはガブリエル・ローマン。 犯罪組織のボスで、エル・ドラドの秘宝を横取りしようとたくらんでいる。 そして側近のナヴァロ。 サリーは説得を試みるが、ローマンに撃たれてしまう。 激昂したネイトはローマンに掴みかかろうとしたが、そのときUボートが爆発した。 先ほどの魚雷が爆発したのだ。 隙を見て逃げ出したネイトは道中でエレナと出くわす。 行動力のある彼女は、なんとここまで追ってきたのだ。 ネイトは敵に追われていること、そしてサリーが死んだことを話し、 2人でこの絶体絶命の状況から脱しようと試みる・・。 しかし、いきなり対空砲火が・・。 ローマンたちが先回りしていたようだ。 エンジンをやられたため、パラシュートで脱出することに。 エレナが先に飛び降り、墜落ギリギリのところでネイトが飛び降りるが パラシュートに穴が開いていたため、勢いよく落下し、気を失ってしまった・・・ 目を覚ましたネイトはエレナと合流するためにローマンの手下たちを倒しながら 島の先へ進む。 エレナのパラシュートは見つけたものの、エレナの姿は見つからなかった。 更に先へ進むとビデオ撮影をしているエレナを発見した。 「何やってんだあいつ・・」 無事に合流した2人。 ネイトは危険だから脱出しようと主張するが、 エレナは絶対に宝を見つけると譲らない。 粘り強く「命が惜しくないのか」と説得すると、渋々エレナは了解した。 移動中、エレナはネイトに先ほど撮影したビデオを見せてきた。 なんとそこにはローマンたちと共に、死んだはずのサリーが写っていたのだ。 脅されている様子でもないようだが・・ 「どうするの?」と聞くエレナ。 ネイトは「会って問い詰めるか、ボコボコにする。 ・・・いや、やっぱボコボコする!」と答えた。 様子を伺っていると、敵に気づかれてしまった。 敵を一掃し、ネイトたちはサリーを問い詰める。 なぜ胸を撃たれたのにも関わらず生きているのか、そして なぜローマン一味に加担しているのか、を。 Uボート付近でローマンに撃たれる前、ネイトはサリーに フランシス卿の手帳を預けていた。 サリーはそれを胸ポケットに しまいこんでおり、そのおかげで胸を貫かれずに済んだのだ。 そして生きているところを気づかれ、「エル・ドラドの秘法のありかが 分かるのは俺だけだ」と口八丁手八丁でローマンを説得し、現在に至るというわけだ。 「やつらには全く別の場所を探させるよう嘘をついた。 在り処はこの教会の下だ!」 3人は教会の下へと歩みを進めた。 「ここから先は危険だから俺一人で行く」と言い、サリーとエレナを 置いてネイトは先へ進む。 奥へ進むと外に出、先の建物に入るとサリーとエレナが先回りしていた。 一体何処から・・・ その部屋の謎を解き、隠し扉が開いた。 ネイトとエレナが先に入る。 そのとき、「危ないサリー!」とネイトは扉をくぐっていたサリーを押し飛ばす。 扉は勢いよく閉められてしまった。 罠だったのだ。 ネイトとエレナは先に出口があることを祈り、歩を進める。 複雑な階段迷路の奥へ進むと、小部屋にたどり着いた。 そこには一体の死体が・・・。 それはドレイク卿のものだった。 400年前、スペイン人が黄金の像を盗んで、この島へ移送した。 ドレイク卿はこの島に乗り込むものの、黄金の像の発見には至らず ここで力尽きたのだ。 じゃあ手帳を海に沈めたのは誰・・? 上へ登れるようなので、エレナを肩車し、ロープを下ろされることにした。 そこへかつてのビジネス仲間、エディーがやってきた。 エディーはローマンに雇われた傭兵だが、無能と言う理由で 先ほど解雇されてしまった。 随分慌てている様子だ。 「何なんだよありゃぁ!」 と、そこへ異形な者たちが現れた。 まるでゾンビのような姿で、すばしっこく動き回っている。 ネイトとエディーは協力してこのゾンビたちを撃退していたが、 エディーはゾンビに掴まれ、奈落のそこへ落ちていってしまった。 一人一階に残されてたネイトは無数のゾンビたちと戦うことに。 「エレナ!早くしろ!!」 エレナはさび付いた機械を操作し、ロープを一階へ下ろす。 ネイトはそのロープに飛び移り、先へ進む。 だがゾンビたちは執拗に追ってきた。 走りながら銃を撃ち、奥にある扉を開け、間一髪のところで閉めることができた。 エレナを残し、ネイトは発電室へと目指す。 道中、多くのゾンビたちに襲われたが、これを撃退する。 ある小部屋で古い映写機を見つけた。 再生してみると、ドイツ軍兵士がまさにゾンビに変貌する様を移した映像だった。 近くにあったフランシス卿のメモによると、どうやらエル・ドラドの秘宝の呪いらしい・・・ エレナのいる部屋の反対側の部屋に出ると、エレナはローマンたちに捕らえられ連れて行かれてしまった。 エレナを救出すべく、ネイトはローマン兵士とゾンビたちの混戦の中を潜り抜け、以前来た図書館前の広場へと出てきた。 そこではサリーがローマン兵士たちと銃撃戦を繰り広げていた。 敵兵たちを撃退し、教会に入り、祭壇の地下へと潜る。 奥まで進むと、敵兵たちに囲まれ武器を取り上げられてしまった。 そこではローマンが今まさにエル・ドラドの秘宝を開けようとしていた。 「さあ早く!」と急かすナヴァロ。 ローマンが棺の扉を開けると、そこには死体があった 一体誰なのか? その死体が吐き出す吐息を吸い込んでしまったローマンは みるみるとゾンビへと変身し、ナヴァロに襲い掛かってきたが、ナヴァロは ローマンの脳天を打ち抜き、殺害した。 ナヴァロはこの秘宝の秘密を知っていたのだ。 ヘリを用いて島から運び出そうとするナヴァロ。 エレナも連行されてしまった。 すると無数のゾンビたちが襲い掛かってきた。 「ここは俺に任せろ!」とサリーはショットガンを構えてゾンビと交戦する。 ネイトはヘリにぶら下がった秘宝に飛びつき、ヘリを墜落させる。 エレナは無事だが、気を失っていた。 ナヴァロは手下を呼び集め、ネイトと応戦する。 ナヴァロを追い詰めたネイトは格闘技で彼を倒した。 今にも海に落ちそうなヘリからエレナを救い出したが、まだナヴァロはしぶとく生きていた。 絶体絶命かと思ったが、ナヴァロの足元を見ると、ヘリと秘宝を繋げる縄が絡まっている。 ネイトは思いっきりヘリを海に落とした。 ヘリと秘宝の重さで、ナヴァロは海に落ち、海底まで沈んでいった・・・ 秘宝を失い、落胆する2人のもとに、船が一隻やってきた。 サリーだった。 血だらけだったが、無事生還したのだ。 「船を持ってきたぜ」と言うサリーに、二人は「船ならもうあるよ!」と笑う。 「そうかい。 ま、俺はこっちの方がいいがね」と、荷物に掛かったカバーをどけると財宝の山が・・! 「おいおいサリー!お前って奴ぁ最高だぜ!」 どうやらサリーはどさくさにまぎれて海賊たちから財宝を頂いてきちゃったようだ。 サリーが持ってきた船に乗ったネイトとエレナは、夕焼けを見ていた。 「今度つくる番組のガイドはあなたね」 「任せとけ!」 THE END.

次の

【アズールレーン】エイプリルフールイベント「黄金の秘宝」の攻略【アズレン】|ゲームエイト

アズレン 黄金 の 秘宝

人物 [ ] 父の生存中(在位中)および即位後しばらく、唯一神信仰が説かれていたために、 トゥトアンクアテン(Tutankhaten、「アテンの生ける似姿」の意) と名乗っていた。 アクエンアテンの死後、即位すると伝統的な神である(アメン=ラー) の信仰を復活させ、 トゥトアンクアムン(「アムン神の生ける似姿」の意)と改名した。 また、をから、に戻した。 在位中、王妃との夫婦仲は良かったといわれている。 その後、若くして死に、に葬られた。 ツタンカーメンの死後、王位は王家の血を引かない大臣や将軍たちによって引き継がれてゆくことになる(但し、は王族の1人)。 ツタンカーメンはアクエンアテンの政策を大幅に覆したが、即位した時点でまだ年端のゆかない少年であったことがわかっており、アメン信仰復活やその死について様々な推測が語られ、歴史のミステリーとされている。 にの研究チームが調べた骨のサンプルから、はA2型のMN型であることが分かっている。 にはエジプトの研究チームによっての調査が行われた。 さらにのエジプトチームの再調査では、骨のサンプルから()を患っていたことが判明している。 ツタンカーメンはアクエンアテン(アメンホテプ4世)とその姉妹の1人との間に生まれ、に(熱帯熱型)が重なって死亡した可能性が高いことが、エジプトチームによるDNA鑑定や装置 CT の調査で分かったと、に米医学誌『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション』が発表した。 腐骨やを患い、転倒して足を骨折し、マラリアが命取りになったという。 また歩くのにをついていた虚弱な王だったとしている。 埋葬品の130本もの杖は全て実際に使用されていたと思われる磨り減った跡がある。 虚弱な身ではあったが、の反乱を収めたりとの戦いに勝利したりするなど、王としての職務はこなしていた。 アクエンアテンとの娘であるアンケセナーメンとツタンカーメンの婚姻は異母と推測されている。 年齢差は不明だが、アンケセナーメンは父親との子供を生んだ経験があるということで、7歳くらいツタンカーメンより年上だったと推測されている。 2011年、の研究機関iGENEAによりツタンカーメンの属するが判明したと発表され、という現在のの住民に見られる父系血統で、現在のエジプト人にはほとんど見られないハプロタイプであることが分かった。 生まれつきが変形しており、左のの一部がなく左足の骨の一部もしていて、足が不自由だった。 に狩猟用のを建てた。 姉が6人いる。 ツタンカーメンの墓 [ ] ツタンカーメンの墓 王家の谷にあるツタンカーメン王の墓は、にのの支援を受けた考古学者により発見、発掘された。 ツタンカーメンは王墓としては極めて珍しいことに、3000年以上の歴史を経てほとんどを受けなかった(実際にはの一部などが抜き取られていたが、自体は無事だった)、王のミイラにかぶせられた黄金のマスクをはじめとする数々の副葬品がほぼ完全な形で出土した。 その発掘は世界を大いに驚かせた。 発掘のスポンサーとなったカーナヴォン卿が墓の公開直後に急死するなど、発掘関係者が次々と不遇の死を遂げたという流言が世に広まり、それをきっかけとして「」という伝説が高まった。 またそれに関する謎解きも盛んに行われるようになった。 また、ファラオのミイラに大きな外傷があったことから、ツタンカーメンがされたとする説を裏付けるものかと注目された。 だが、いくつかの傷はミイラをとして大事にしない前半当時の風潮のために発掘時につけられたものであったことが明らかになっている。 ツタンカーメンのミイラと、黄金のマスク をはじめとする数々の副葬品はエジプトに残された。 そして、黄金のマスクや純金製の第3人型をはじめとする副葬品の大半は、現在はにあるに収蔵されて観光客に公開されている。 またツタンカーメンの墓には出産直後か死産かと見られる2体の子供のミイラも一緒に葬られており、大きい方はツタンカーメンの娘であるとDNA鑑定された。 小さい方は防腐剤の影響により鑑定不能。 ハワード・カーターが発見時は保存状態は良好だったが、かなり悪くなっている。 その他、ツタンカーメンの墓からはも発見されている。 ツタンカーメン王墓が発掘された際に出土したもののリストの中に死後の備えとして入れられた食物の中に穀物の入った壷があり、その中に豆類が混じっていた [ ]。 使った形跡のある(二輪戦車)6台、50本以上、数百本、杖130本以上、が献上した、熱を下げるなど数十種類の種も発見された。 棺内にはもあった。 当時のエジプトに製鉄技術はまだなかったと考えられており、の研究グループは、を1000以下で加熱して製作したと推測している。 ツタンカーメン王墓や副葬品の本来の所有者 [ ] 2001年以降の研究によれば、ツタンカーメンが埋葬されていた王墓は、本来別の人物のために用意されていたもので、ツタンカーメン王墓で見つかった様々な副葬品も、別の人物のために準備されていたものを、転用したことが示唆されている。 この人物は、長く男性か女性か不明であった人物で、現在は、女性であったと考える根拠が存在する人物である。 がその人物で、ツタンカーメンの黄金のマスクに刻まれていたが、部分的に削られて読み取れなくなっていた内の名前が解読され、マスクは本来、この王族女性の副葬品であったことが判明した。 ツタンカーメンの他の副葬品も、この王族女性のものであり、マスクについて言えば、マスクの耳にはイアリングを付けるためのピアス穴があり、このようなピアス穴のあるマスクは、現存するの工芸品において確認できる限りでは、王妃や子供のために準備されたものであり、このこともマスクがネフェルネフェルウアトンのための副葬品であったことを示唆する。 ただ、この女性が実際は誰であったのか、と極めて近しい関係にあった人物であることは分かっているが、諸説があり、いまだ確定した結論は出ていない。 ツタンカーメンのミイラ [ ] ツタンカーメンのミイラ ツタンカーメンのミイラは防腐処理の際のが化学反応によって変質したため保存状態はかなり劣悪であった。 しかも、発見後、ミイラのが解かれてしまったことも保存状態の悪化に拍車をかけることとなった。 包帯を解く際にも、多くの外傷がミイラに付けられ、さらにはが切断されまでもが消失した。 2005年1月、撮影などによってミイラの調査が行われ、棺からミイラが取り出された。 この時の貴重なミイラの映像は国際的に注目され、調査により死亡推定年齢が19歳であることが明らかになった。 身長は165(古代エジプトの成人男性の平均とほぼ同じ)で、体格はかなり華奢であることがわかった。 死につながる傷が特定されたものの、事故死説か他殺説かの論争に決着をつけることまではできなかった。 なお、この調査の際に、前述の消失していた性器が無事に再発見されている。 この調査は、ミイラの保存状態が極めて劣悪になっており、従来どおり棺内での保存ではミイラの状態維持は出来ないと結論付けられた。 その結果、、初めてミイラが一般公開された。 王墓内の黄金の石棺から、同じく王墓内に設けられた気温や湿度を厳重に調整できる(軽く透明な合成樹脂)製の展示ケースの中に移され、保存状態が比較的良い顔と足先の部分を覆っていた布は取り外された。 その後、現在もミイラはプレクシグラス製ケース内にて保存されている。 2010年2月、DNA鑑定によりのミイラが特定され、アメンホテプ4世がツタンカーメンの父であることがほぼ断定された。 またの王妃とツタンカーメンの母のミイラ(ともに王墓〈KV35〉で発見)も身元が判明、ツタンカーメンの母はアメンホテプ4世の同父同母の姉妹であることも明らかになった。 ツタンカーメンの死因 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年3月) ツタンカーメンの死因が特定されていなかった当時、の骨折から数日で死亡したことだけが確認されていたことから、他殺説が最も有力な説とされていた。 2010年のエジプト考古学研究グループによるCTスキャンを初めとしたDNAや調査により、ツタンカーメンはで生まれたことによる遺伝による先天的な疾患を多数患っていた可能性が非常に高いことが確認されている。 具体的には変形した背骨、欠損した足の指、臓器疾患の跡等が確認されており、特に直接の死因は足および大腿骨の骨折と、脳性マラリアの合併症による体調不良の悪化が原因であるという証拠が多数見つかった。 少なくともツタンカーメンの直接的な死因は病死であることはほぼ間違いない状況ではあるが、他殺説そのものは未だ可能性としては捨てきれないのもまた事実である。 例えば足の骨折が体調不良を引き起こす引き金になったという話も、自ら転倒したのか、それとも何者かに突き飛ばされたのかも現状では分かっていない。 他殺説の容疑者 [ ]• (ツタンカーメンの王妃。 ととの間の娘。 後、アイの即位のときにその妻となる)• (ツタンカーメンの死後、即位)• (アイの死後、即位。 古代エジプト第18王朝最後のファラオ) 頭部打撃説 [ ] かつては後頭部に強い打撃を受けて命を落としたとされていたが、根拠となっていたのはの写真のみであった。 頭蓋骨の中に骨片が写っていたことからこの説が生まれたのである。 ファラオの呪いの噂の流布、また政治的な問題などから長らくミイラを再検査する機会が来なかった。 2005年にCTスキャンによって詳細に解析した結果、もし死の前に骨片があったなら脳とともに処理されているはずであること、骨片が樹脂の中に埋まっていたことなどから、骨片はミイラ作りの際に脳をかきだすために開けられた穴から落ちたものと結論付けられた。 頭部打撃による暗殺説は現在では否定されている。 骨折からの感染症説 [ ] 頭部打撃による死亡を否定したのと同じCTスキャンによって浮上した新たな説が、左足の大腿骨骨折によるである。 ミイラ作りの際に出来たとは考えにくい、骨を縦に割る骨折跡があり、わずかな治癒痕から骨折後数日は生存していたと分かるため、死ぬ数日前に皮膚を突き破ってしまうほどの骨折をしていたと推測される。 またCTスキャンから、左足の足首にはを思わせる硬い物質がはめ込まれたままミイラにされており、何らかの事故に巻き込まれたとする可能性が考えられている。 太い大腿骨を縦に割るには強い力が必要であり、同様の骨折痕は現代ではバイク事故などで多く見られるため、チャリオットから落ちたのではないかとする説が有力視されている。 また、チャリオットから落ちた理由としては、元々、足が弱いながらも精力的に活動を続けていたため、足が酷使に耐えられなくなったのではという説もある。 毒殺説 [ ] による毒殺説も唱えられていた。 ワインは当時、王や貴族といった地位のある層しか飲むことの出来ない貴重なものであり、実際にツタンカーメンの墓にもワイン壷が収められていた。 ただしこの説は一般的なものではなく、明確な根拠もなかった。 鎌状赤血球貧血症説 [ ] 2010年、のベルンハルト・ノッホ熱帯医学研究所チームは、足の骨等に詳細に調べ上げ、の痕跡が見つかったと発表した。 歩行障害説 [ ] 2014年、放射線技師アシュラム・セリーム(元教授)などがツタンカーメンのミイラをCTスキャンで撮影した2000枚の画像をもとに立体画像化し、骨などの硬い組織だけでなく他の柔らかい組織も、まるで解剖するように画像で確認できるようになった。 セリーム技師の分析に拠れば、頭蓋骨の内側にめりこんだようにレントゲン写真などに写っている小さな骨には、ミイラ作成時の防腐剤がしみ込んでいないため、死亡前に頭蓋骨が殴られて陥没したわけではない、とされる。 また、ツタンカーメンは埋葬より前に左の大腿骨を骨折していたということが判明した。 などが分析したところ、ツタンカーメンの左足(足首の先)は内側に傾いており、また、左足の指の付け根あたりの骨が腐っており(という、足指の付け根の骨への血行が障害されて生じる、骨が壊死する病気)を発症していたと判断された。 故に骨が体重を支えられる状態ではなく、ひどい痛みを伴ったはずであるため、生前の王は脚が不自由で、まともに歩行できる状態ではなかった、すなわち脚をひきずっていた、と推定された。 また、以上を傍証するような品も、ツタンカーメンの墓の副葬品からも見つかっている。 王の墓の副葬品には実に130本ものが含まれていた。 それらの杖の中には先がかなりすり減っているものもあったため 、これらの杖はただのシンボルとしてではなく実際に王が体重を支えるために使っていた、と推定され、王は生前に脚に不自由があったのだと推定された。 外科医のフタン・アシュラフィアンは、これらの症状は、ツタンカーメンは生まれつきを患っていたとすると説明がつく、とする見解を発表した。 この見解に拠れば、ツタンカーメンは側頭葉てんかんによって発作をともなった人生を送っていて、しばしば発作によって転倒していたと推測され、故に転倒事故によって大怪我をした可能性が高く、その結果、大腿骨を骨折しそれで死去した可能性があるとされる。 系譜 [ ] ツタンカーメンの (血統表の出典)• Hawass, Zahi 2010年9月. 2011年9月16日閲覧。 『ツタンカーメン 「悲劇の少年王」の知られざる実像』(、2013年) 150ページ• [ ]• 週刊吉村作治11号のウェブアーカイブ(2020年4月29日閲覧)• (2003年3月30日)2020年4月29日閲覧• 『』朝刊2020年4月19日(サイエンス面)2020年4月29日閲覧• News Corp Australia. 2015年11月28日閲覧。 11:50, 23 May 2020• ナショナルジオグラフィック公式日本語サイト. 2010年9月. 2011年9月閲覧。 参考文献 [ ]• 『ツタンカーメン発掘記』• イアン・ショー&ポール・ニコルソン『大英博物館 古代エジプト百科事典』内田杉彦訳、、1997年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (ツタンカーメンの王墓発掘に関する呪い伝説の真相)• 先代: 133代 前1333年 - 前1324年 次代: この項目は、に関連した です。

次の