終末 の ワルキューレ ジャック。 『終末のワルキューレ』全話ネタバレまとめ。最新話まで随時更新中です。

[ネタバレあり] 切り裂きジャックの過去が悲惨すぎる「終末のワルキューレ 6巻」感想

終末 の ワルキューレ ジャック

過去記事から最新話までまとめ記事にしています。 『終末のワルキューレ』 はコミックゼノンに連載中の熱いバトル漫画です。 作画はアジチカ先生、原作は梅村真也先生、構成はフクイタクミ先生。 『終末のワルキューレ』前話(24話)のあらすじは・・・ ヘラクレスの一撃がジャックを襲うが、ジャックは咄嗟に取り出した傘でそれを受け流す。 ヘラクレスは『十二の災禍と罪過』という必殺技を使い、ジャックと戦っていく。 しかしその技は技を振るう度に紋章が全身に広がり激痛が走る諸刃の刃。 さらに紋章が広がり切ればヘラクレスはタヒ亡してしまう…。 次々とジャックの攻撃を弾いていくヘラクレスだが、そんな彼にジャックは狂気的な笑みを浮かべる……!! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 マザーグースの歌だ。 19世紀末ロンドン。 楽しそうにしている家族連れと対照的に、路地裏でゴミ箱からパンを漁っている少年がいた。 「今回だけは見逃して下さい」……そう言うジャック 12 は、あのジャックとは思えないほど愛らしい容貌をしていた。 ジャックの右目は人の感情が見えるらしい。 主人の足に抱き着いて許しを請うと、主人が抱いていた嫌悪や軽蔑の感情は優越に変化する。 あまりに過酷な環境を生き抜くための適応だった……。 約束を反故にして安い金しか払わない客とすれ違いになり、母・メアリーの部屋に入る。 ぶたれた母を心配するが、メアリーは大丈夫だと言う。 ……メアリーの感情の色は神のように美しかった。 曰く、娼婦の息子がそんなものを読んでも意味はないだろうと…。 ……それからアンと談話をする。 母は今日も御取込中だ。 アンとの話で判明するが、メアリーは客との子を5回堕ろし、6番目のジャックだけはなぜか自分の手で育てていた。 ジャックは母の愛がある限り、世界で一番幸せだった…。 ジャックは母の愛の真実を知る日が来る…。 ある日、母は喚いていた。 一緒にいたアン曰く、13年前に結婚の約束をした男がそれを反故にして他の男と結婚したのだ。 作家として成功したなら迎えに来てくれると言ったのに……。 だが、こんな口約束は売春宿では常套句だ。 が、彼女は「触るなぁあああっ!!!」と激昂する。 そう、ジャックはあの人がいてこそ意味のある存在。 これでは産んだ意味がない。 こんな事なら他の子のように針金で堕胎すればよかったと…。 ……母の色は自分に向けられたものではなかった。 だからそんな苦しみから解放しようと、母の首を絞める。 …すると途端に、母の色は『恐怖』に染まる。 ジャックは臆する事などなく、その色を美しいと思った…。 そして抵抗しようとする母に対し、ナイフで首を突き刺し、タヒ亡させる。 そう、彼こそ自分の父になるはずの男だった。 ナイフを持って血まみれの彼を見て戦慄する。 最後にジャックは自分が息子である事を明かし、彼もさつ害する。 再びヘラクレスとの戦いだ。 果たしてジャックは何色に染まるのか。 …だが彼は例え自分がタヒんでも、恐怖の色に染まってやる事はできないと言う。 彼が恐れるのは正義を失う時のみ。 そして、そのままビッグベンに向かってワイヤーガンで登る。 一度落ちかけるが、そのまま何とか登り切る。 ……だが、ヘラクレスはビッグベンを攻撃してなんと倒壊させる。 倒れていくビッグベン。 ジャックは時計針に掴まっているが……。 ヘラクレスは棍棒を変化させ、今度は闘牛の顔にする。 今度は何が出ると言うのか…。 ジャックは最後の悪あがきに時計板を外して彼に投げつける。 だがそんなものは無駄。 右腕であっさりガードする。 ……闇が貪る。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 母の愛を得られなかったのですね。 当時は別に珍しくもないだろう事とはいえ、これはちょっと同情を誘いますね…。 どうせまたジャックも何か仕込んでるだろ、あの投げつけた時計板もそうだろう…。 ……と思ったら案の定ですね。 端が鋭利な刃物のようになっているわけでもないのに…。 どういう事でしょうか? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 考えられるのは、あの時計板も既にジャックが仕込んでおいた神器という事です。 明らかにジャックのポーチよりデカいですから、街を設計して貰った際にこっそり作っておいたのでしょう。 ヘラクレスはちょっと騙されやすいというか、その辺にも用心すべきでしたね。 力を鍛えてきた彼にとって、策で対抗されるのは不慣れなのでしょう。 一体どんな技でしょうか? 果たしてそれは片腕の状態でも問題なく放てる技なのでしょうか? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

『終末のワルキューレ』第27話のネタバレ&最新話。ジャックの身勝手な芸術感

終末 の ワルキューレ ジャック

終末のワルキューレ【第30話】のネタバレ ジャックがワイヤーを使って建物を登っていくと、ヘラクレスはジャックを叩き落とそうとします。 落ちたジャックが鉄柵の先端に突き刺さると、無理やり鉄柵を引きぬいたジャック。 ヘラクレスはジャックに逃げ場はないと言うと、ジャックはマントを武器にします。 建物を倒してヘラクレスにぶつけたジャック。 すると、瓦礫の中から出て来たヘラクレス。 ジャックはヘラクレスの色を見て、母親は偽物だったと思います。 ヘラクレスを自分の思い通りに染めたいと妖し笑うジャックの挑発をヘラクレスは真っ直ぐに受け止めるのでした。 アンの願い その子供は誰にも愛してもらえていなくて、教わることもなかったと。 アンは 部屋中に残された血の跡に驚き、 本と酒を残すと肩を落として部屋から出て行きながら、 せめて、神には愛してもらいたいと願ったのでした。 終わりが近づくヘラクレスとジャックの戦い まっすぐに 強い光を宿した眼で自分を 染めるように言うヘラクレス。 脇を押さえながら立ち上がったジャックは、 ふたりで一番のフィナーレを飾ろうと言います。 苦難には負けない闘う神のヘラクレスと、 霧の何人もの命を奪う鬼のジャック・ザ・リッパー。 命を懸けた光と影の対決に 終わりが近づいてきているのには、 観客の神たちと人間たちの目から見ても明らかでした。 皆が見守る中、じっと睨み合っていたヘラクレスとジャック。 ヘラクレスが 一歩前に進むと、 ジャック・ザ・リッパーの方も落ちていた手ごろな瓦礫を武器と盾として手に持ち、 今回の試合が始まってから初めて一歩前に進みます。 ヘラクレスとジャック、 接近するとそのまま戦い始めます。 ヘラクレスはこぶしをジャックは武器を振りきり、何度も打ちあいます。 予期しなかったそんな戦い方に、観客の神たちも人間たちも言葉をなくしてしまいます。 何度も何度もうちあうヘラクレスとジャックの凄まじい戦いが繰り広げられます。 ヘラクレスが片腕で戦っていたことで、 何とか互角に戦えていたのでした。 ヘラクレスのこぶしがジャックの腹部に入ると、ジャックはそのまま後ろに吹き飛ばされてしまいます。 吹き飛ばされてたおれたジャックは荒い息のままゆっくりと立ち上がります。 ジャックがまだ立ち上がったことに観客の神たちと人間たちは驚いてしまいます。 時間が迫るヘラクレスとジャックの戦い トールも立ち上がったままヘラクレスとジャックの戦いを歯ぎしりをしながら見守っていました。 こぶしを構えて立っていたヘラクレスに向かって、 時間が迫っているから、ジャックを早くたおすように怒鳴るのでした。 殴りかかってきたヘラクレスのこぶしを避けていくジャック。 そんなジャックの行動を見たトールは、 時間を稼いでいるのかと臆病者だと怒るのでした。 しかし、戦いを見ていたロキは、ジャックのおなかから出ている 血の量から、 ジャックに残された時間もあと少しだと言います。 ロキはそれなのに 時間を稼ごうとしているようなジャックの行動に、 それなら 近付くような戦い方はしないはずだと。 ロキは ジャックの狙いが何か疑うようにモニターを見つめていました。 ジャックの狙い 何度も何度も殴りかかってくるヘラクレスのこぶしを避けていくジャック。 位置と間の両方もベストだと、ジャックは手を伸ばすとシャツの袖口からとんがった鉄が出て来ます。 それが 暗器かとロキは驚きます。 ジャックはヘラクレスの右の脇の下のヘラクレスが 見にくい位置から、 体を少し降ろしながらヘラクレスの頭を狙うジャック。 しかし、鉄の先端は ヘラクレスの頬をかすめただけでした。 ジャックの顔に当てたこぶしを力一杯ジャックの顔を殴るように振り抜いたヘラクレス。 ジャックはまた、吹き飛ばされてしまいます。 その様子に実況も 裏拳が入ったと叫ぶのでした。 ロキはジャックが隠し持っていたのは、ジャックのお腹に刺さった鉄柵を袖の中に入れていたことに呆れます。 ジャックを気遣う女の存在 白目でたおれているジャックにダメだったことを残念がるロキ。 モニターで見ていた人間たちも ジャックの終わりかと。 男が人の命を奪ってきたような男はその程度だと。 人間の希望には最初から無理だったと。 酒を飲んでいたアンが、愚痴っていた男に 自分で神さまと戦えと言うと、 酔ったアンは 「あの子」はひとりで戦っているのだとモニターを見上げます。 アン文句を言うと、アンも言い返すのでした。 すると、観客の一人が静かにするように言って、 何かが聞こえてくると怒鳴ります。 ジャックの異変 すると、たおれていたジャックは ロンドン橋が落ちたという歌を歌い始めます。 その光景に驚いてしまう観客たち。 折れた鉄柵を杖にして 立ち上がったジャック。 ジャックが立ち上がったことに観客たちももりあがります。 ジャックは夜空を見上げて軽く手を広げます。 私の愛する人と口にしたジャックはフラフラと歩きだします。 そのジャックの様子からジャック異変に気が付くのでした。 >>漫画終末のワルキューレ全対戦結果のネタバレ考察予想はこちら! 終末のワルキューレの単行本をすぐに無料で読む 以上、終末のワルキューレ【第30話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えば終末のワルキューレの単行本を今すぐ無料で読むことができます。 終末のワルキューレを絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! 終末のワルキューレ【第30話】の感想と考察 ヘラクレスとジャックの戦いもいよいよ終わりが近づいていました。 もうどちらも大きな技は使えないってかんじですね。 観客も神たちも目を離せないってかんじで、見ていますね。 ジャックが子供時代に出会ったアンも出てきて、唯一ちゃんとジャックの味方なようですね。 そして、立ち上がったジャックの様子が変です。 戦いもいよいよでこのあとどうなるのか気になります。 次回も楽しみです。 次回の終末のワルキューレ【第31話】に続きます。 まとめ 以上、終末のワルキューレ【第30話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

終末のワルキューレ

終末 の ワルキューレ ジャック

『終末のワルキューレ』7巻の感想 パワー系のヘラクレス対頭脳系のジャックという組み合わせになった第4試合は ジャックの勝利となりました。 やはりヘラクレスの左腕を早めに切断出来たのが大きかったでしょう。 あれがなかったら接近戦では勝負にならなそうなので。 命を削ってる割にヘラクレスの御業がイマイチに見えたのはその影響かと。 ジャックはブラフに次ぐブラフで上手く立ち回ったと思います。 頭脳だけでなく体術にも長けておりちょっと強すぎ感もありますが。 鉄柵の貫通や渾身のカウンターを耐える根性・精神力も。 確かに星こそタイに戻りましたが、神サイドが勝っても人類を救済しようとしていたヘラクレスを倒してしまったので後ろ盾が無くなったとも言えます。 まああれは完全に負けフラグでしたが…… ちなみに5回戦のカードはシヴァ対雷電。 今度はパワーファイター同士の戦いなのでこちらも楽しみですね。 単行本をまとめて読みたい方は以下のサイトをおススメします。 『終末のワルキューレ』を読むにはeBookJapanがおススメ! は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回ログインで 50%OFFクーポンが貰えます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされるクーポンです。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば、 6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。 eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。 さらに 2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。 ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。 eBookJapanで終末のワルキューレを読みましょう!.

次の