バーベキュー。 【おしゃれBBQスポット完全版】都内&東京近郊のバーベキュー場45選~おしゃれ&手ぶらBBQで大人の休日~

【おしゃれBBQスポット完全版】都内&東京近郊のバーベキュー場45選~おしゃれ&手ぶらBBQで大人の休日~

バーベキュー

アルゼンチンのパタゴニアで作られたバーベキュー バーベキュー(: barbecue、: barbeque 米、一部のなどに限る))とは、、、などの弱火によってや、などをじっくり、もしくはで燻すそのや行為を指す。 定義では、半日以上じっくりと火を通したの丸焼きなどを指す。 短時間の直火だけで肉を焼き食す行為は(: grill となる。 語源は、の先住民であるの肉の丸焼き用の木枠(直火に当たらないように生木で組んだプラットフォームを使った調理法)を指す言葉()が、「丸焼き」を意味するのに転化したもの。 では BBQ(cueがQに置き換わる)や B. 、 Bar-B-Cue、 Bar-B-Qと略されることがある。 調理時には煙や匂いが大量に出るため、専用の設備や装置のなどがない場合は、たいてい野外で行なわれる。 自宅の、や以外に、や、辺、などで行うのが一般的で、またそういった調理と食事を野外で楽しむ行事自体も「バーベキュー」と呼ばれる。 アメリカでは年間数百ものバーベキューコンテストがあり、調理には時間がかかるので、開催期間は2日間も催される。 自宅の庭や、河川の傍やキャンプ場の付近などのへの外出先で調理を行うことが多い。 歴史 [ ] 、はカリブ海のある島を「ヒスパニオラ」と名付けたが、後にこの島に上陸したのが先住民のタイノ族が直火に当たらないよう生木で組んだプラットフォームを使って調理しているのを見たことに由来する。 ただし、このような調理法が先住民が古くから行っていたものなのかアメリカ大陸に持ち込まれた調理法なのかはよくわかっていない。 同様の調理法は1540年にミシシッピ地域を訪問した探検家・によるの豚肉の調理の記録にもみられるといわれている。 しかし、バーベキューが頻繁に行われるようになったのはが建設されてからである。 豚肉や牛肉はヨーロッパから新大陸に持ち込まれた。 ノースカロライナのヴィネガーベースのソースはイギリスからの移民によってもたらされた。 また、サウスカロライナのマスタードベースのソースはフランスやドイツからの移民によってもたらされた。 バーベキューを料理する人物のことを「ピットマスター」と言う。 には主にアフリカ大陸からのが実際の調理を務めていた。 奴隷解放後、彼らの北上の流れとともにバーベキューの技術は北部にも広まった。 また、鉄道や運河の開発とともに西部にもバーベキューは広まった。 には商業的なバーベキューが始まり、イベント会場でのバーベキューやそれを常設化したレストランが登場し米国で一大ブームが到来した。 1920年代には家庭用グリルやチャコール・ブリケットが市場に売り出されるようになった。 後、米国では木炭の不足により下火になったが、には再びバーベキューの文化が復活した。 手法 [ ] 複数のテクニックがあり、単一の調理器具を使用する場合でもこれらの使い分けで多彩な調理を行う事が可能である。 - 網などの上に置いた食材を直接加熱する。 または炭を事前にの片側に寄せるなどして加熱する。 - 煙を出す木材を併用して独特の風味を付ける。 - 放射熱など、熱した空気で間接的に加熱する。 一般的なアメリカン・バーベキューはこの方法を取る。 遠火焼き - 川魚などを主に赤外線によって焼く。 また、主に川魚でに刺して焼く事があり、これは「」とも呼ぶ。 味付け [ ] 肉類の味付けとして用いられるは、特に バーベキューソース( BBQソース)と呼ばれ、や、果汁類、やなどの様々な材料を混ぜ合わせて作られるが、市販品も多数売られている。 食材にソースや ()を塗布してから焼き上げる場合が多い。 調理器具 [ ] オーソドックスなタイプのグリル 器具としては、 1 火格子式のや焼き網など、火(熱気)が素通りするタイプと、 2 鉄板式 に大別され、食材を固定するものとしてなどがある。 グリルのブランドとしては米国社 の製品が最も有名で、一枚の鉄板から仕上げる蓋付丸形グリルは、家庭用・レジャー用グリルの定番、「グリルアカデミー」ではウェーバー製品を正しく使う調理法を教えてくれる。 専門店や個人でも、オリジナルの道具にこだわる人がいる。 それらの人は、普通のグリルではなく、金属やなどで作られたと呼ばれる物を使う。 造りはやに近いもので、ドラム缶を加工して使用する場合も多い。 底面の断熱用に、コンロに水張りするタイプのグリルの方が、水蒸気の作用で、油の多い豚バラや鶏皮、やなどのを焼いても炎が上がりにくい。 また、焼き上がりにこびり付きや、焦げ付きが少なく、野菜などは特にふっくらと美味であり、また器具自体の汚れも少ない。 同じような効果を狙ってビールの缶を切って代用し、水の代わりにビールを入れる場合もある。 使用後のグリルは油汚れや炭の汚れがべっとりと付いていることが多いが、準備段階でグリルの火口を覆うようにアルミ箔の揚げ物フェンスや、バーベキュー用の厚手のアルミホイル(厚さ60程度)を、炭受けと油汚れが及びそうなところへ敷き詰めれば、汚れはホイルに付着してグリル本体へはほとんど及ばないので、掃除はホイルを剥がすだけで楽であり、グリル本体も長持ちする。 また焼き網やグリル本体などにバーベキュー前に酢を塗っておくと、食材のタンパク質と熱した金属との間に熱凝着が起こりにくく、比較的掃除が楽である。 プロパン式のグリル は、、あるいは専用のが主流である。 炭の中にやなどのを混ぜ、燻煙を出すことにより燻製風味を付ける手法もある。 日本国内産のは、不快な煙臭やも少なく、じっくりとした火力が持続し、焼き上がりに薫製のような風味もかすかにあり、バーベキューに向いている。 外国産より多少高価だが、品質が安定しており適している。 なお、保存管理が良くなかった黒炭ほど燃焼初期には爆跳の危険性があるため注意が必要である。 「Quick Grill Briquette」「ラウンドストーブ」といった商品名で販売されている小型の加工ヤシガラ炭は、着火後1分〜数分で調理可能であり1時間ほどで燃焼が終わるため、小規模パーティーの際、使い勝手が良い。 また、これを火種として通常の木炭の着火材としても好都合である。 をはじめとしたは、より上質な焼きもの料理が可能ではあるが、着火が難しく、調理可能な燃焼温度への到達に時間を要し、熾き火に至るまでは爆跳の危険性がある。 さらに高価なため使用目的としては一般的ではない。 は白炭系の木炭と似た燃焼の性質を示し、不快な燻煙や、危険な爆跳はほとんど発生せず、また比較的安価であり、近年やでも扱いが広まっている。 しかし白炭同様に火熾ししにくく、一方で火が熾ると4時間ほど燃焼し続ける場合もある為、短時間のパーティーでは消火等での注意が必要である。 逆に、炭を継ぎ足す必要もなく調理可能な火力が持続するため、パーティーが長時間に及ぶ場合には好都合な存在である。 木炭を着火するのはコツが必要であるが、着火を安易にする商品として、石油系溶剤やアルコールを主成分とするが最もポピュラーである。 また、などが木炭に添付されていたり、木炭着火専用のカセットガスボンベ式なども販売されている。 火熾し器である「」を使っても火熾しが安易である。 いずれにしても木炭で調理が行なえるようになるのは着火後10〜20分、場合によっては1時間ほど必要で、それを見越したスケジュールが必要となってくる。 () 詳細は「」を参照 アメリカやでは、ガス火式のグリルも多く、日本でも近年は、火点けや火力調節の容易さ、掃除や後片付けの手軽さなどから、やをものも増えつつある。 文化的側面 [ ] では文化の一つであり、地域や家庭によって独特の伝統やこだわりを持つ場合がある。 一般的なグリルの他にも、パーティを主催したり、専門のイベントや大会に参加する人も多いため、大型のやトレーラーけん引型のものを個人で所有したり、専用の設備を庭に設けたりする人も多い。 全米で年間数百ものバーベキューコンテストがある。 また、バーベキューを提供するレストランもやを中心に数多くあり、量り売りの紙包みで提供されたり、メイン(肉)を選び それになどのサイドメニューを付けるプレート方式が主流である。 そういった各地の名店の食べ歩きなども盛んである。 イベント• その他 日本の焼きなども、小規模ではあるがバーベキューに属する。 にも、()と呼ばれる、独特の伝統がある。 社会的側面 [ ] バーベキューを行う場合は相応の知識と近所への配慮が必要である。 屋外で行なう場合、特にの直火で地面を傷めたりしないよう適切なを使うこと、また、器具の汚れを地面や水(河川や湖沼)に流すことなくゴミを持ち帰るなど、に配慮することが望まれている。 都市近郊の公園や河川敷においては、ゴミの投棄・カラオケなどの騒音・喧嘩・など付随する社会的な問題や事件が発生し、そもそも禁止となっている区域も多数存在するので注意を要する。 また、野放図な実施を管理対象とする目的で、よく利用される地域を有料化するなどの対策も実施されている。 ケータリング業者がバーベキューケータリング協会等を通じて、ゴミを削減、持ち帰るなどの試みもなされている。 脚注 [ ] [].

次の

【おしゃれBBQスポット完全版】都内&東京近郊のバーベキュー場45選~おしゃれ&手ぶらBBQで大人の休日~

バーベキュー

東京都内・手ぶらでOKなバーベキュー場おすすめ11選!BBQを気軽に楽しめる 2019. 23 東京都内で手軽に手ぶらでバーベキューが楽しめるスポットをご紹介します!便利な都心のバーベキュー場に、自然豊かな郊外のスポットもピックアップしました。 都内のバーベキュー場は、海や夜景などのきれいな景色とバーベキューを堪能できるのも魅力のひとつですよね。 バーベキューの機材と食材をどちらも現地で用意してくれる施設と、機材だけ用意してくれるところがあるので、詳細をよくチェックしてみてください。 WILD MAGIC — The Rainbow Farm — 都心の景色を眺め、焚き火を囲んで過ごす、シティスタイルのバーベキュー 都心に広がる1. 6ヘクタールの広大な敷地 新豊洲のアウトドアスポット「WILD MAGIC」。 6ヘクタールもの広い敷地には、多種多様なテントやハンモックが設置され、グランピング気分を盛り上げます。 海辺に面したシーサイドエリアや、ビーチリゾートを満喫できるプランツ&ウォーターエリアなど、テーマ別に6つのエリアがあり、いずれもおしゃれな雰囲気。 中でもヴィレッジエリアの「トレーラープラン」。 大きなテントとゆったりくつろげるトレーラーがあるので、雨の日や寒い日も快適です。 海に面した開放的なシーサイドエリア 焚き火を囲みながら都心の夜景を眺めることが出来る「ファイヤーピットエリア」 バーベキューは午前中から夜まで、2人から数十人まで対応可能。 仲間同士ワイワイと焼きながら楽しむなら4名からの「BBQプラン(1人あたり5,400円~)」がおすすめ。 もちろん調理器具や機材のレンタルも含まれます。 プラス3,240円~で飲み放題になるので、思いっきり食べて飲みたい人にぴったり。 夕日や夜景も魅力的! 食材を全て調達できる「手ぶらプラン」を利用すれば楽チン! 東京湾に面した新木場公園。 芝生広場や多目的広場があり、その一角に2017年の9月より区画予約制のバーベキュー場がオープンしました。 トイレや水場、炭捨て場などが完備され、フラットで広々としたスペースは快適。 緑豊かな環境はもちろん、話題の理由はその眺望かもしれません。 広々と海を望み、東雲・豊洲などのビル群の眺望が楽しめます。 10:00~16:00までのデイタイム、17:00~21:00までのサンセットタイムの2部制となっており、通年&平日にもナイトバーベキューが楽しめます。 太陽の下でワイワイ騒ぐのもいいけれど、夜の大人っぽくしっとりとしたバーベキューもアリかも! 出典:じゃらん 観光ガイド 新木場公園/夕日や夜景も楽しめます。 気軽に手ぶらでバーベキューが楽しめます。 21時の遅めの時間ともなれば、後片付けが不要のプランもありがたいですよね。 機材やタープなどもオールレンタルが可能。 潮風を感じながら、広々とした芝生が気持ちいい公園で、アウトドアバーベキューを楽しみませんか? 東京臨海広域防災公園内の「そなエリア東京バーベキューガーデン」では、テーブル、イス、コンロセットまで、必要な機材が一式レンタルできて大人1名1,000円(税抜)で、手ぶらバーベキューができます。 おすすめは、機材・食材・ドリンクがセットになった手ぶらで行ける「セレクトプラン」。 食材はBBQ定番メニュー他、ステーキセットやバックリブセットなど、全8メニューから選ぶことができます。 海に面した江東区立若洲公園では、キャンプエリアにて、宿泊のほか、日帰りバーベキューもOK。 共通で使える集合かまどなどもありますが、手ぶらで行きたいなら、江東区立若洲公園にスペースの予約をした後、キャンプ場入口にある売店「若洲アウトドアセンター」で「手ぶらでバーベキュー」を申し込みましょう。 食材と器材がセットになったスタンダードプランで1名2,980円(税抜)。 飲み物さえ持ち込めば、手軽にバーベキューが楽しめます。 オプションメニューも充実しているので、アレンジも可能。 場所は下町・浅草の、スカイツリーを望む隅田川沿いという絶好のロケーション。 夜には夜景も楽しめます。 バーベキュープランは、ベーシックなBBQや海鮮をプラスしたBBQプラン、グランピングをイメージしたグランピングBBQコースなど3コース。 お料理のランクや飲み放題の時間(2~3時間)などで細やかにコースを組み立てることができます。 貸切パーティスペースの事業者が運営しているので、ビンゴやプロジェクター、ケーキ、スペースのデコレーションなどの調達も思いのまま。 目的に応じて、相談してみて。 夜景がきれい!都会の真ん中でリラックスした時間を過ごせます。 シモキタテラスは下北沢駅から徒歩3分のところにある貸切BBQスペース。 ビルの屋上というロケーションで、大きなテントが常設されたスペースはグランピング風。 都心にいながら手軽にアウトドアを楽しむことができます。 料金コースは、フード6品に2時間飲み放題付きの「カジュアルBBQプラン(3,980円:税抜)」など5種類。 バーベキューに必要な機材や食材も含まれているので、もちろん手ぶらでOK。 気軽にお仕事帰りにも立ち寄れます。 10名から貸切にできるので、気のおけない友達とグランピング&バーベキューパーティを開催してはいかが? 屋上からの開放的な景色もご馳走のひとつ。 コンロや炭、トングなど必要なものはすべてレンタルできて大人1名2,000円(税別)。 お好みの食材や飲み物を持ち込んで楽しむことができます。 地下食品フロアには肉・野菜・魚介類など豊富に食材がそろっています。 セレクトプランから選べば、食材セット大人1名3,780円~(税別)。 プランには乾杯用ビール1缶(またはペットボトルお茶1本)がついて、手ぶらで気軽に楽しめます。 セレクトプラン「ライトセット3,780円」(税別)写真は4人前 新宿駅徒歩1分。 手ぶらはもちろん、食材の持ち込みでも楽しめる。 [営業時間]11時~22時(3部入れ替え制)・空いているときは当日でも利用可能。 青山のファーマーズマーケットで仕入れた野菜など、食材も厳選。 もとは原宿にあったお店が、南青山で新装オープン!本来は「食と知への好奇心を刺激する場の提案」をテーマに、厳選した素材を使ったこだわりの料理をカフェスタイルでいただくお店ですが、広々としたスペースでおしゃれにバーベキューも楽しめます。 もちろん、機材や食材、調理まで、全てお店におまかせ。 日本酒や各種カクテル、自家製のジンジャーエールなど飲み物も充実。 表参道からわずか5分という便利な立地なので、週末だけでなくウィークデーも気軽に寄れるのがうれしいですよね。 テントとタープで演出されたバーベキュースペース。 フリードリンク(90分)の700円(アルコール含む1,500円)と一緒に楽しんで。 (いずれも税抜) 多彩なアトラクションやイベントが楽しめる「よみうりランド」。 施設内にはレストランも充実していますが、「バーベキューパークJU-JU」で手ぶらバーベキューを楽しんでみてはいかが? 「森の中のバーベキュー場」をコンセプトにした施設は、木々に囲まれたエリアに広々としたウッドデッキが施され、アウトドア感も満点。 大きなテントやパラソルが設置されているので雨の日でも安心です。 メニューは、沖縄のブランド豚「あぐー豚」の入ったレギュラーコースで2,700円、お肉が全てブランド肉というプレミアムコースで4,000円。 いずれのコースも予約をすれば、入園料が無料に。 バーベキュー利用者限定のお得なワンデーチケットも用意されています。 席数はなんと300!大きなテントで雨天でも安心。 ライド&アトラクション、プールなどで思いっきり遊んだら、ランチにバーベキューはいかが? 施設内にある「BBQテラス」は予約せずとも気軽にバーベキューが楽しめるスポット。 2人分のペアセット(2,900円:税込)または4人用のグループセット(4,600円:税込)をベースに、単品メニューを組み合わせていただきます。 ボリューム満点のグループセット(4人前)4,600円(税込)。 気軽にワイワイ楽しめる開放的なバーベキューテラス 遊園地という場所ながら、お肉を焼くのはなんと七輪。 炭火でじっくり焼いたお肉は、アウトドアの開放感もあって、いっそうおいしく感じられるはず。 基本的に場所取りは先着順となり、機材なども自前で手配する必要がありますが、一部のみ予約制で手ぶらバーベキューが楽しめるエリアがあります。 その名も「予約かまどエリア」。 最大10名までのタイプが2基、最大20名までのタイプが4基、備え付けられており、いずれも予約制となっています。 さらに、かまどエリア専用のバーベキュー機材レンタルパック(8,000円)が用意されているので、用意するのは食材や飲み物だけ。 重い機材を持ち運ぶ必要がありません。 屋外の開放的なキャンプ場ながら、レンタルコーナーやゴミ回収スペース、トイレ、炭捨て場など施設も充実。 青い空の下、思いっきりリラックスしながら、気軽にバーベキューが楽しめます。 バーベキュー機材一式がレンタルできる。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

次の

バーベキュー

バーベキュー

アルゼンチンのパタゴニアで作られたバーベキュー バーベキュー(: barbecue、: barbeque 米、一部のなどに限る))とは、、、などの弱火によってや、などをじっくり、もしくはで燻すそのや行為を指す。 定義では、半日以上じっくりと火を通したの丸焼きなどを指す。 短時間の直火だけで肉を焼き食す行為は(: grill となる。 語源は、の先住民であるの肉の丸焼き用の木枠(直火に当たらないように生木で組んだプラットフォームを使った調理法)を指す言葉()が、「丸焼き」を意味するのに転化したもの。 では BBQ(cueがQに置き換わる)や B. 、 Bar-B-Cue、 Bar-B-Qと略されることがある。 調理時には煙や匂いが大量に出るため、専用の設備や装置のなどがない場合は、たいてい野外で行なわれる。 自宅の、や以外に、や、辺、などで行うのが一般的で、またそういった調理と食事を野外で楽しむ行事自体も「バーベキュー」と呼ばれる。 アメリカでは年間数百ものバーベキューコンテストがあり、調理には時間がかかるので、開催期間は2日間も催される。 自宅の庭や、河川の傍やキャンプ場の付近などのへの外出先で調理を行うことが多い。 歴史 [ ] 、はカリブ海のある島を「ヒスパニオラ」と名付けたが、後にこの島に上陸したのが先住民のタイノ族が直火に当たらないよう生木で組んだプラットフォームを使って調理しているのを見たことに由来する。 ただし、このような調理法が先住民が古くから行っていたものなのかアメリカ大陸に持ち込まれた調理法なのかはよくわかっていない。 同様の調理法は1540年にミシシッピ地域を訪問した探検家・によるの豚肉の調理の記録にもみられるといわれている。 しかし、バーベキューが頻繁に行われるようになったのはが建設されてからである。 豚肉や牛肉はヨーロッパから新大陸に持ち込まれた。 ノースカロライナのヴィネガーベースのソースはイギリスからの移民によってもたらされた。 また、サウスカロライナのマスタードベースのソースはフランスやドイツからの移民によってもたらされた。 バーベキューを料理する人物のことを「ピットマスター」と言う。 には主にアフリカ大陸からのが実際の調理を務めていた。 奴隷解放後、彼らの北上の流れとともにバーベキューの技術は北部にも広まった。 また、鉄道や運河の開発とともに西部にもバーベキューは広まった。 には商業的なバーベキューが始まり、イベント会場でのバーベキューやそれを常設化したレストランが登場し米国で一大ブームが到来した。 1920年代には家庭用グリルやチャコール・ブリケットが市場に売り出されるようになった。 後、米国では木炭の不足により下火になったが、には再びバーベキューの文化が復活した。 手法 [ ] 複数のテクニックがあり、単一の調理器具を使用する場合でもこれらの使い分けで多彩な調理を行う事が可能である。 - 網などの上に置いた食材を直接加熱する。 または炭を事前にの片側に寄せるなどして加熱する。 - 煙を出す木材を併用して独特の風味を付ける。 - 放射熱など、熱した空気で間接的に加熱する。 一般的なアメリカン・バーベキューはこの方法を取る。 遠火焼き - 川魚などを主に赤外線によって焼く。 また、主に川魚でに刺して焼く事があり、これは「」とも呼ぶ。 味付け [ ] 肉類の味付けとして用いられるは、特に バーベキューソース( BBQソース)と呼ばれ、や、果汁類、やなどの様々な材料を混ぜ合わせて作られるが、市販品も多数売られている。 食材にソースや ()を塗布してから焼き上げる場合が多い。 調理器具 [ ] オーソドックスなタイプのグリル 器具としては、 1 火格子式のや焼き網など、火(熱気)が素通りするタイプと、 2 鉄板式 に大別され、食材を固定するものとしてなどがある。 グリルのブランドとしては米国社 の製品が最も有名で、一枚の鉄板から仕上げる蓋付丸形グリルは、家庭用・レジャー用グリルの定番、「グリルアカデミー」ではウェーバー製品を正しく使う調理法を教えてくれる。 専門店や個人でも、オリジナルの道具にこだわる人がいる。 それらの人は、普通のグリルではなく、金属やなどで作られたと呼ばれる物を使う。 造りはやに近いもので、ドラム缶を加工して使用する場合も多い。 底面の断熱用に、コンロに水張りするタイプのグリルの方が、水蒸気の作用で、油の多い豚バラや鶏皮、やなどのを焼いても炎が上がりにくい。 また、焼き上がりにこびり付きや、焦げ付きが少なく、野菜などは特にふっくらと美味であり、また器具自体の汚れも少ない。 同じような効果を狙ってビールの缶を切って代用し、水の代わりにビールを入れる場合もある。 使用後のグリルは油汚れや炭の汚れがべっとりと付いていることが多いが、準備段階でグリルの火口を覆うようにアルミ箔の揚げ物フェンスや、バーベキュー用の厚手のアルミホイル(厚さ60程度)を、炭受けと油汚れが及びそうなところへ敷き詰めれば、汚れはホイルに付着してグリル本体へはほとんど及ばないので、掃除はホイルを剥がすだけで楽であり、グリル本体も長持ちする。 また焼き網やグリル本体などにバーベキュー前に酢を塗っておくと、食材のタンパク質と熱した金属との間に熱凝着が起こりにくく、比較的掃除が楽である。 プロパン式のグリル は、、あるいは専用のが主流である。 炭の中にやなどのを混ぜ、燻煙を出すことにより燻製風味を付ける手法もある。 日本国内産のは、不快な煙臭やも少なく、じっくりとした火力が持続し、焼き上がりに薫製のような風味もかすかにあり、バーベキューに向いている。 外国産より多少高価だが、品質が安定しており適している。 なお、保存管理が良くなかった黒炭ほど燃焼初期には爆跳の危険性があるため注意が必要である。 「Quick Grill Briquette」「ラウンドストーブ」といった商品名で販売されている小型の加工ヤシガラ炭は、着火後1分〜数分で調理可能であり1時間ほどで燃焼が終わるため、小規模パーティーの際、使い勝手が良い。 また、これを火種として通常の木炭の着火材としても好都合である。 をはじめとしたは、より上質な焼きもの料理が可能ではあるが、着火が難しく、調理可能な燃焼温度への到達に時間を要し、熾き火に至るまでは爆跳の危険性がある。 さらに高価なため使用目的としては一般的ではない。 は白炭系の木炭と似た燃焼の性質を示し、不快な燻煙や、危険な爆跳はほとんど発生せず、また比較的安価であり、近年やでも扱いが広まっている。 しかし白炭同様に火熾ししにくく、一方で火が熾ると4時間ほど燃焼し続ける場合もある為、短時間のパーティーでは消火等での注意が必要である。 逆に、炭を継ぎ足す必要もなく調理可能な火力が持続するため、パーティーが長時間に及ぶ場合には好都合な存在である。 木炭を着火するのはコツが必要であるが、着火を安易にする商品として、石油系溶剤やアルコールを主成分とするが最もポピュラーである。 また、などが木炭に添付されていたり、木炭着火専用のカセットガスボンベ式なども販売されている。 火熾し器である「」を使っても火熾しが安易である。 いずれにしても木炭で調理が行なえるようになるのは着火後10〜20分、場合によっては1時間ほど必要で、それを見越したスケジュールが必要となってくる。 () 詳細は「」を参照 アメリカやでは、ガス火式のグリルも多く、日本でも近年は、火点けや火力調節の容易さ、掃除や後片付けの手軽さなどから、やをものも増えつつある。 文化的側面 [ ] では文化の一つであり、地域や家庭によって独特の伝統やこだわりを持つ場合がある。 一般的なグリルの他にも、パーティを主催したり、専門のイベントや大会に参加する人も多いため、大型のやトレーラーけん引型のものを個人で所有したり、専用の設備を庭に設けたりする人も多い。 全米で年間数百ものバーベキューコンテストがある。 また、バーベキューを提供するレストランもやを中心に数多くあり、量り売りの紙包みで提供されたり、メイン(肉)を選び それになどのサイドメニューを付けるプレート方式が主流である。 そういった各地の名店の食べ歩きなども盛んである。 イベント• その他 日本の焼きなども、小規模ではあるがバーベキューに属する。 にも、()と呼ばれる、独特の伝統がある。 社会的側面 [ ] バーベキューを行う場合は相応の知識と近所への配慮が必要である。 屋外で行なう場合、特にの直火で地面を傷めたりしないよう適切なを使うこと、また、器具の汚れを地面や水(河川や湖沼)に流すことなくゴミを持ち帰るなど、に配慮することが望まれている。 都市近郊の公園や河川敷においては、ゴミの投棄・カラオケなどの騒音・喧嘩・など付随する社会的な問題や事件が発生し、そもそも禁止となっている区域も多数存在するので注意を要する。 また、野放図な実施を管理対象とする目的で、よく利用される地域を有料化するなどの対策も実施されている。 ケータリング業者がバーベキューケータリング協会等を通じて、ゴミを削減、持ち帰るなどの試みもなされている。 脚注 [ ] [].

次の