足の爪 臭い なぜ。 足の爪はなぜ臭い?原因は黒いカスだけじゃない!夏こそやっておきたい防臭対策

足の爪垢が異常に臭い原因とは?カスや黒いゴミ汚れを取除く方法がニオイケアの一番の対策

足の爪 臭い なぜ

[1]チーズか銀杏か!?足の爪の臭いの原因・理由は爪にある? 爪を切るなどのネイルケア、ペディキュア、足ツボマッサージ。 自分の足に触れる機会は日常の中でたびたびあるものですが、お風呂上がりが多いはず。 しっかりと泡で洗ったのに、足の指を触っていた手がなんだか臭い…なんて経験、ありませんか? 例えるならチーズや納豆のような発酵臭。 または銀杏に似た何かが腐ったような臭い。 足裏の独特の臭いは皮膚や角質を栄養源として生み出される「イソ吉草酸(きっそうさん)」という脂肪酸が原因なのですが、このニオイ物質はなんと、適切なケアをしていないと角質や爪垢にどんどん浸透し蓄積されていってしまうものなのです。 これこそが石鹸で洗ってもなかなか臭いが落ちにくい最大の理由です! 親指の爪に挟まった黒いカスの正体は? 泡立てた石鹸やタオルでしっかり洗っていてもいつの間にか発生している黒いカス。 特に親指の爪は他の爪よりも内側に湾曲しており、気付けばこれが溜まっているなんてこともよくあります。 この正体は先述の脂肪酸に加え、汗や皮脂などの垢、靴下の繊維などが絡み合って溜まっていったもの。 しかし、これを防ぎたいからと爪の端をカットして丸く切るのは厳禁。 巻爪の原因になってしまうためです。 また爪楊枝で取ることも、爪と指の間が傷ついてしまうためやめたほうが良いでしょう。 サンダルで蒸れないから大丈夫、は間違い 靴下も履かず、つま先も包まないサンダルですが、足の裏は靴底と密着しているものですし、夏の蒸れやすさはご存じの通りです。 しかも素足ということはその間に汗を吸うものが何もありません。 素足で履いたそのサンダルを、また明日も履く。 臭いのもとになるのは当然のことだと思えてきませんか? また、爪の中にゴミが溜まるのは靴の中だけではありません。 風が吹けば細かいちりが舞ってむき出しの細かい部分に入り込みます。 暑さでにじんだ汗と絡み、黒いカスや白い垢になって蓄積されていくのです。 足の爪の臭いに潜む水虫の可能性 臭うのはもちろんのこと、黄ばんでいたり黒っぽかったりと爪のコンディションが悪い。 カスというには爪自体が白濁している。 そんなときには水虫の可能性を疑う必要があります。 水虫の原因菌である白癬菌に感染するのは足の裏や指の間だけではありません。 爪の内側から入り込んで変質させる爪水虫もまた白癬菌のしわざ。 足の爪は硬いためその間に菌が入り込むことはそうないのですが、爪の間やその周囲に汚れの塊や汗といった栄養源が詰まっていると活発に増殖し、やがて爪を白く濁らせていくのです。 はじめは痛みもありませんが、悪化するとボロボロと崩れていきはじめますので、できるだけ早く病院に行くべきでしょう。 経緯から見ると、水虫が臭うのではなく菌が活性化するほど臭う足だからこそ水虫になる、といったほうが正しいかもしれません。 関連記事 [2]足の爪の臭いを防ぐためにできること 話を戻しましょう。 先ほどは足の臭いの主な原因が「イソ吉草酸」という脂肪酸にあること、またそれが浸透し蓄積するものであることをお伝えしました。 では蓄積してしまってはもう二度と取れない臭いなのでしょうか? いいえ、違います。 確かに落ちにくいものですが、丁寧なケアを行えばしっかりと効果は出ます。 常日頃頑張ってくれている足をいたわる気持ちで以下のケアを試してみましょう。 夏こそ効果的!爽快フットケア 気温が高くなってくると入浴はついついシャワーで済ませてしまいがち。 こまめに汗を流せるのがシャワーの利点ですが、念入りな足の爪のケアとなると、湯船に入浴したときよりはおろそかになりやすいものではないでしょうか。 そんなときには気分転換ついでにフットケアをするのが一番です。 新しい石鹸を試してみたり、読書や音楽を楽しみながらの足湯をしてみましょう! ・薬用石鹸を使ってみよう いつも使っているボディーソープや石鹸で念入りに洗っても臭うようなら、強い消臭効果を売りにしている石鹸を試してみるのが良いでしょう。 ワキガや加齢臭などを対象にした製品は殺菌や抗菌、消臭成分が含まれているため、足の臭いにも効果があります。 なるべく安価で試してみたいなら柿渋石鹸がおすすめ。 天然成分であるぶん効き目はゆるやかで、肌に優しくマイルドな洗い上がりが魅力です。 ところで泡立ちが良く便利なボディーソープですが、実は石鹸と成分が大きく異なっており、洗浄力では石鹸のほうに大きく軍配が上がります。 もし毎日使っているものがボディーソープで、足の臭いに限らず体臭が気になる場合、まずは普通の石鹸に変えてみると効果があったりするかもしれません。 ・消臭の定番!重曹足湯 あらゆる臭い消しや汚れ落としに定番の重曹は、足の爪の臭いに関しても効果を発揮してくれます。 あとは丁寧に洗って汚れを落とした足を15分から30分ほど浸けておけば、名前通り酸性であるイソ吉草酸に対しアルカリ性の重曹が中和へと働きかけてくれます。 古い角質を除去する効果もあるため、浸透した臭いも改善することができるでしょう。 また、これにクエン酸(またはお酢)を小さじ1杯加えると炭酸の足湯となり、さらに効果的に汚れを落とすことができます。 炭酸ガス(二酸化炭素)が発生するため行う際は換気に気をつけてくださいね。 ・ハッカ油は足の爪の臭いに効く? 夏といえば入浴にハッカ油を使うのも人気ですね。 お風呂に1、2滴垂らすだけで湯上がりに爽快な清涼感を楽しめるすぐれものですが、殺菌作用や消臭効果もよく知られています。 お風呂でなくても、桶に張ったお湯の中にハッカ油を1滴落とし、音楽でも聴きながらのんびり足湯。 こちらも15分から30分ほど。 これだけで皮脂汚れや臭い対策になります。 ただし、残念ながら効き目があるのは軽度の臭いだけ。 角質まで浸透した強い臭いに対してはハッカ油の成分では効果が不足しています。 効き目を期待して何滴も入れるのは肌への刺激になるだけですので、やめておきましょう。 先にご紹介した重曹+クエン酸の足湯にハッカ油を足すと、炭酸ガスとメントールで清涼感抜群です。 いずれも入れすぎると肌荒れや刺激につながるため、くれぐれも分量に注意してお試しください。 一手間でキレイ!つやつやネイルケア 爪垢が溜まらないようにするためにはネイルケアも大事です。 足の爪の手入れは入浴後、温められて柔らかくなったときに行うのが基本。 このとき大切なのは、指先に沿うようにして丸く切る手の爪とは違い、足の爪は極力スクエア型に切ること。 こうすることで巻爪を防ぎ、爪垢を取りやすくします。 尖った端の部分はヤスリでケアしましょう。 ・ブラシで爪のケア 爪の端に入り込んだ黒い爪垢を取り除くのに適しているもの、それは他でもない爪ブラシです。 と言いたいところですが、足の爪の場合は人によっては小回りが利きづらく感じることも。 こんなときに便利なのが歯ブラシ。 大事なのは、毛先が曲がった使い古しではなく清潔な新品を使うことです。 デリケートな歯肉を対象として作られたアイテムのため、安物でも充分ケアアイテムとして力を発揮してくれます。 毛先は柔らかめより硬めがおすすめ。 ・消毒用エタノールで爪と皮膚をケア? 菌が繁殖して臭いのもとになる。 それならエタノールで殺菌すれば繁殖を抑えられ、結果的に臭いを抑えることになるのではないでしょうか?この考え、決してすべて間違っているわけではありませんが、実はあまりおすすめできません。 消毒用エタノールは強い殺菌・除菌効果があります。 しかし足にかく汗をどこかへ蒸発させるわけではありません。 また、爪の間に入り込んだ垢やニオイのもとが浸透した角質を落とす効果も期待できません。 足から雑菌がいなくなることで一時的に臭いが発生しなくなる状態にはなるものの、根本的な解決にまでは至らないのです。 さらには消毒液をかけることで肌荒れを引き起こし、ウイルスや菌を跳ね返す良い常在菌まで一網打尽になってしまいかねないリスクも。 どうしても必要になったとき選択肢のひとつとして入れておくことは可能ですが、長期的に使えるものではないことを覚えておきましょう。 手間いらず!簡単シューケア 一番効果的なのは定期的に靴を洗うことなのですが、そう簡単にはいかないものですよね。 できるかぎり簡単に、帰宅後にさらっとできるシューケアをご紹介します。 ・消毒用エタノールで簡単シューケア まずは、先ほど足に使うのはおすすめできないと書いた消毒用エタノール。 靴に対してはその限りではありません。 靴の中に残っている雑菌やニオイのもとを除菌するのはまぎれもなく有用な手段ですし、スプレーボトルで常備しておけば肌が荒れる心配もなし。 靴の材質によっては劣化するおそれがあるため、その点に関してはしっかり確認しておきましょう。 ・重曹で簡単シューケア 足の消臭にも使える定番アイテムは、もちろん靴にも使えます。 使用していない靴下の中にそれぞれ重曹を100gほど入れ、口を結んで靴の中に入れておくだけ。 一晩置いたら汗の臭いも湿気もさっぱりと消し去ってくれているはずです。 交換の目安は3ヶ月程度。 使用後の重曹も洗濯やお風呂の掃除に使えたりと、大活躍してくれますよ。 ・新聞紙で簡単シューケア また、吸湿性の高い新聞紙を使う方法もとても簡単です。 丸めた新聞紙を靴の中に詰め、さらにその靴を新聞紙で包みます。 こちらも一晩置いておくことで消臭効果が期待できるでしょう。 ただし靴が濡れている場合は避けてください。 インクが移る可能性があります。 <番外編>編集部おすすめ!足専用消臭スプレー「LLMフットシャワー」 瞬間的に足の臭いを消臭してくれる医薬部外品の消臭スプレー「LLM(エルエルエム)フットシャワー」。 ミョウバン主体の有効成分(硫酸アルミニウムカリウム)が、制汗・抗菌・消臭効果を発揮し、ひと吹きで足のニオイを瞬間消臭!検証実験で効果を実証済みの実感力の高い足専用の消臭スプレーです。

次の

足の爪垢が異常に臭い原因とは?カスや黒いゴミ汚れを取除く方法がニオイケアの一番の対策

足の爪 臭い なぜ

[1] 足の爪や足の裏のニオイが臭くなる原因とは? 長時間靴を履いていると、足がムレてきた経験は誰にでもあることでしょう。 足の濡れる感覚も気持ち悪くて嫌ですが、それ以上に困るのが足のニオイという人も多いのではないでしょうか? 自分が靴を脱いだ瞬間に、 足から嫌なニオイがむわっと広がる…想像しただけでも嫌な気持ちになりませんでしたか? 一体なぜ、 足のニオイは臭くなってしまうのでしょうか? そこで、 足のニオイが臭くなる理由や原因、足のニオイに悩んでいる人の割合などもまとめてみました。 20代や30代の女性でも足のニオイに悩んでいる人は多い 足が臭い悩みと聞くと、悩んでいる人は男性が多そうに思えますが、アンケートを取ってみるとなんと、20代は30代の比較的若い女性の9割がなんらかの足のトラブルに悩んでいるとの結果が出ています。 その中でも多くの女性が解答したのが足のニオイだったようです。 足の嫌なニオイに悩んでいない人は、わずか1割という結果からみてもどれだけ身近な悩みであるかわかります。 足のニオイに悩んでいる人はあなただけではありません。 つまり、足のニオイのケアを行うことは何も可笑しいことではないのです。 少しでもニオイを軽減させるために、足のニオイがする原因や対策方法を練ってみましょう。 足が臭くなってしまう4つの原因・理由 大抵の人の足が臭くなってしまう理由は、以下の4つが原因であることが多いです。 理由もなく臭くなるわけではありませんので、まずはなぜ自分の足が臭くなってしまうのか理解しましょう。 そして、自分に合った対策法を行いましょう。 ・汗や雑菌 足の裏には汗をかく腺が通っています。 そして、 人は足の裏からコップ一杯分の汗を一日の間にかくと言われています。 コップ一杯と聞くだけで、かなり大量の汗であることが分かります。 しかし、足の裏に通っている汗をかく腺は、脇などとは違いエクリン腺と呼ばれている腺が通っています。 エクリン腺は、 体温を調節するために汗をかく機能が備わっていますが、たくさん汗をかいても汗のニオイはしません。 反対に、脇などに通っている汗をかく腺はアポクリン腺と呼ばれており、こちらはニオイがすることが有名でそのままにしておくと体臭につながってしまいます。 つまり、本来なら足の裏にかく汗はニオイがしないはずなのですが、何らかの事が重なってニオイがしてしまっているのです。 その理由が雑菌です。 通気性の悪い靴を履いていると、靴の中で汗がこもってしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 この雑菌こそが、足が臭い最も大きな原因です。 関連記事 ・靴 履く靴によっても、足のニオイは左右されます。 特に、革靴はニオイがこもりやすいと言われています。 革靴は通気性が悪いものが多いので、長時間履いているとどうしてもムレてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 また、革靴だけでなくローファー、ブーツなどをよく履く人も注意が必要です。 対策としては、日頃から靴の手入れを行うことが大切でしょう。 ・体調面や精神面 特に原因が思い当たらない場合は、自律神経失調症などの精神的なものが原因かもしれません。 ストレスなどは溜まっていませんか? 人間の体は、ストレスを溜めすぎてしまうと疲労臭と呼ばれるニオイが出てきてしまいます。 精神的なものによっても、足の裏のニオイは強くなってしまうので、注意が必要です。 精神的なものが原因の場合は、あまり考えすぎず、ゆっくりと休息をとることを最優先に考えてみてください。 暴飲暴食を控え、ゆっくりと入浴するようにします。 そして、なるべく朝までぐっすりと眠りましょう。 [2] 足の臭いニオイを改善させる6つの対策方法 ドラッグストアに出かけてみると、足のニオイの対策グッズアイテムがたくさん売られていますが、根本的なところを改善させた方がいいです。 長期にわたって対策グッズを利用していると、コストもかさんでしまいますし、いつか利用していても効果が感じられなくなる恐れも出てきてしまいます。 足の臭いニオイはきちんとした対策を行うことで改善することができます。 では、何をすれば改善することができるのでしょうか? そこで、対策としてよく使われている6つの方法をまとめてみました。 今すぐに足のニオイを改善させたいと思っている人は、参考にしてみてください。 殺菌成分配合の石鹸で洗う 足の臭いニオイがしてしまう理由は、足に繁殖する雑菌が原因だとお伝えしました。 なので、根本的なニオイを解決するためにはこの雑菌を殺す必要があります。 一番手っ取り早い方法は、足を直接洗ってしまうことです。 お風呂に入る時に、殺菌効果のある石鹸を使ってしっかりと洗うようにしましょう。 そうすることで、雑菌による臭いニオイを消すことができます。 ただし、殺菌効果のある石鹸がない場合は、普通の石鹸でも構いません。 足のニオイに悩んでいる人は、いつもより念入りに足を洗いましょう。 お湯で足の汚れをしっかりと落とす 足の臭いニオイを落とすためには、極力水ではなくお湯で洗うほうが効果が期待できます。 湯船に足を入れるだけでも、足の汚れを落とすことができるからです。 皮脂とともに汚れを浮かせることができるので、水よりも高い効果が期待できます。 どうしてもお風呂に浸かる気力がない時や、殺菌効果のある石鹸を持っていない時は足湯もオススメです。 足湯を作り、そこに足を入れるだけでも同じだけの効果が期待できます。 湯船にお湯を張ることが難しい場合は洗面器にお湯を張って、簡易的な足湯を作ってみましょう。 足の爪や指の間なども洗う 足の臭いニオイは、足の裏だけが原因ではありません。 足の爪の間や足の指の間にもニオイの元となる雑菌は潜んでいます。 足のニオイに悩んでいるのであれば、足の裏だけでなく足の爪の間や足の指もしっかりと洗うようにしましょう。 また、足の爪が伸びすぎているとそこに汚れがたまりやすくなってしまいますので、長くなってきたと思ったらその都度切るようにしましょう。 重曹足湯を試してみる お湯に重曹を入れた重曹足湯というものも、足のニオイ対策には効果的です。 分量は、洗面器いっぱいの湯に大さじ2から3ぐらいの重曹を入れて溶かします。 重曹は、よく掃除などにも使われているものなので、人の皮膚にも効果が期待できます。 ただし、皮膚が弱い人は食用の重曹をおすすめします。 関連記事 靴をローテーションして履く 毎日同じ靴を履くと汗や湿気が溜まり、雑菌が繁殖しやすくなります。 湿気をとるために、1度履いたら2日ほど履かずに干して乾燥することをおすすめします。 毎日違う靴を履くのが理想です。 特にブーツのようにムレやすいものは、靴の中に水分が残りやすく、雑菌が繁殖しニオイが強くなりやすいので注意が必要です。 しっかり乾燥させるようにしましょう。 ストレスを溜めないようにする ストレスは、疲労臭と呼ばれる悪臭を発生させる原因になるため、足のニオイにも関係しています。 十分に睡眠をとる、お風呂にゆっくりつかる、好きなことをしてリフレッシュするなどして、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。 足のニオイケアクリームには、殺菌と制汗を同時にしてくれる優れものが多いです。 ニオイの原因を殺菌する効果と雑菌のエサとなる汗の発生まで防いでくれます。 同時に2つの原因に対処できるので、時間がない忙しい人でも使いやすいです。 足のニオイケア商品は、継続利用でコストがかさむことも効かなくなることもあります。 しかし、これから紹介するクリームは値段も安く、効果の持続性も高いのでおすすめですよ。 嫌な足の臭いと足汗を原因から対策してくれると話題です。 有効成分が夜まで長続きするので、朝1回塗るだけでOK。 購入した方の92. 「ティノン」は臭いだけでなく、保湿成分も配合されているのでかかとのケアなどにも効果を期待できます。 なかなか「足の臭い」に特化したデオドラント商品は少ないので、悩んでいる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 編集部でも「ティノン」の詳細についてまとめている記事があるので、ぜひチェックしてみてください! 関連記事 [3] 足のニオイを軽減する方法とは? 足のニオイの対策方法をご紹介しましたが、仕事中や遊びに行く途中に足のニオイが気になる人も多いはずです。 そんな時にトイレに入って足を洗うわけにもいきません。 では、 どうすれば足のニオイを軽減させることができるのでしょうか。 そこで、いくつかの軽減方法をまとめてみました。 靴下の選び方を変える 靴を履く前には、 靴下やストッキングを履いてから靴を履くという人も多いはずです。 なので、少し特殊な靴下やストッキングを選んでみてはいかがでしょうか。 例えば靴下なら、抗菌加工してあるものを選ぶ、 ストッキングなら吸収性の高いものを選ぶなどです。 もちろん、いい品物を選ぶだけあって価格は高くなりますが、その分ニオイの効果も期待できますし繰り返し履くことができるので、長持ちさせることができます。 それに、履く靴下を替えるだけで足のニオイの対策グッズを買わなくて済むのならお得ではないでしょうか。 関連記事 仕事中は靴を履き替える 仕事に行く際に、革靴を履くという人も多いはずです。 しかし、根本的に通気性が悪いため履き続けているとどうしても足のニオイが出てきてしまいます。 なので、可能であれば靴を履き替えることをお勧めします。 通気性のいい靴を履くだけでも、大幅に足の臭いニオイを軽減させることが可能です。 靴のニオイを取るアイテムを入れておく 靴を履かない時は、靴の中に消臭アイテムを入れておくこともオススメです。 靴の臭いニオイを取るアイテムは、100均でも売られているので安価に購入することができます。 いくら足を綺麗にしても、靴自体にニオイが付いていると足にも臭いニオイが移ってしまいます。 靴のお手入れも欠かさず行うようにしましょう。 関連記事 靴の手入れをする 先ほども言ったように、靴のお手入れは足のニオイを軽減させるために大切なことです。 と言っても、難しいことを行う必要はありません。 帰宅してから靴を脱いだあと、下駄箱に入れる人も多いかもしれませんが、たくさん汗をかいているのですぐに入れてしまうのはあまりよくありません。 そのまま下駄箱に入れてしまうと、汗が乾燥しなくなり下駄箱の中で雑菌が繁殖してしまいます。 これでは足のニオイも改善しませんし、何よりも下駄箱の中が臭くなってしまいます。 完全に乾燥するまでは下駄箱に入れるのは控えましょう。 また、靴の中にも極力中敷きを入れることをおすすめします。 中敷きなら、いくら汚れても捨てることができるからです。 関連記事 [4] 足のニオイの原因が病気のときはどうするべき? 足のニオイの原因が病気であることもあります。 もし、自分の足の臭いニオイの原因が病気であった場合は、どうすればいいのでしょうか? 水虫や多汗症が原因で臭くなることも 足に発生しやすい病気として有名なのが水虫です。 水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる白カビの一種が皮膚に付着することによって、発症してしまいます。 水虫になると、リンパ腺が戦おうとするため余計にニオイがひどくなってしまう傾向があります。 また、多汗症が原因になることもあります。 多汗症の症状はたくさんありますが、歩いた床が濡れるほどの汗をかいていたら、それは多汗症と判断して間違いないでしょう。 汗の量が多い分、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。 関連記事 少しでもおかしいと思ったら病院へ もし、少しでも体調がおかしいと思うのであれば、速やかに医療機関へ急ぎましょう。 水虫は皮膚科、多汗症は専門的に見てくれる多汗症外来などへ行きましょう。 また、この他にも先程紹介した自律神経失調症や糖尿病、内臓疾患なども足の臭いニオイに結びついている可能性があります。 なにをしても改善されないときや、体調がすぐれないときは一度かかりつけの病院を受診してみましょう。 [5] 足が臭い理由と原因を知って対策を行おう 足が臭い理由はたくさんあります。 臭いニオイに悩む人はたくさんいますが、ちょっとしたことでニオイを改善させることは可能です。 もし今、足の臭いニオイに悩んでいるのであれば、自分に合った対策を行うようにしましょう。

次の

足の臭いが気になったら水虫にも注意

足の爪 臭い なぜ

爪垢は足を臭くする原因のひとつ 爪垢が臭う原因と仕組み 足の爪垢は、様々な汚れが混ざり合うことで作られます。 新陳代謝により剥がれ落ちた「古い角質」から、汗腺や皮脂腺から分泌される「汗や皮脂」、靴や靴下などから入り込んだ「繊維クズ」まで、様々な汚れが爪垢の成分となります。 また、素足を露出した状態で生活している場合では、屋外・屋内に関わらず「チリやホコリ」が自然と入り込みやすくなり、どんなに気をつけていても「多かれ少なかれ」爪垢の原因となる汚れが爪の間に溜まっていきます。 この知らぬ間に溜まった足爪の垢を「雑菌」が分解することにより、足の臭いを強くしてしまいます。 さらに、靴や靴下、ストッキングなどは、汗による「ムレ」を引き起こし、高温多湿な環境を作ってしまう為、爪垢を分解する雑菌が繁殖しやすくなります。 足の爪垢はどんな臭い? 足の爪垢は、強烈な臭いを発するウォッシュタイプのチーズと同様のニオイ成分が含まれていると言われています。 つまり、爪を切った時や靴下を脱いだ時などに足からチーズの臭いがする場合は、爪垢が原因として考えられます。 なぜ爪垢は溜まりやすい? 足の親指は爪が大きく湾曲している事もあり、爪の両端に垢が溜まることが多くなります。 また、巻き爪や爪が長すぎる人も垢を溜めやすくなります。 その他にも、爪垢が黒い場合は見た目で気づくことができますが、白い場合は溜まっている事に気づきにくい事もあり、そのまま放置してしまいいつの間にか垢を溜め込んでいることもあります。 足の爪のお手入れ 足の爪切りは入浴後に 爪切りは入浴後に行うのがベストです。 足をお湯に浸たす事で爪自体が柔らかくなり、深爪や爪のひび割れなどの防止に繋がります。 さらに、細かい部分のお手入れには「やすり」を使って、丁寧に形を整えることをお勧めします。 深爪はダメ 足の爪は短く切りすぎないように注意しましょう。 爪の長さは1~2 mm程度残すようにして、「四角形」に近い形にカットして下さい。 手の指のように「丸み」をつけて足爪をカットしてしまうと、伸びた時にサイド部分が巻き爪になり垢を溜めやすくなります。 足の爪に限っては角を軽く残すようにカットして、角が尖っている場合はヤスリで軽く丸みを作ってあげる程度にしましょう。 足の爪を清潔に保つ 毎日のバスタイムで、足の爪をしっかり洗い清潔に保つことも重要です。 その場合、洗い残しによる「石鹸の残りカス」なども垢を作る原因となるため、よく洗い流すようにしましょう。 さらに、足の臭いが強い時などは、除菌ウェットティッシュなどを用いて、足と爪の間の雑菌や汚れを拭き取ることも臭いを防ぐひとつの方法です。 除菌ウェットティッシュには、「清浄作用」のあるエタノールだけでなく、「殺菌効果」のある塩化ベンザルコニウムや、「保湿効果」のあるグリセリンなどを含んだ商品も市販されており、種類も豊富に販売されていますので、自分のお肌にあったものを探してみて下さい。 足の爪垢の除去 爪ブラシ 足爪に溜まってしまった垢を入浴時に除去するなら、「爪ブラシ」がおすすめです。 日頃のバスタイムに取り入れることで、爪垢の蓄積を防ぐことができます。 歯ブラシを代用する方法もありますが、効果を得るには毛が開いたような使い古した歯ブラシでは垢を取り除きにくい為、新品の歯ブラシを使う必要があります。 わざわざ新品の歯ブラシを使用するくらいなら、指の汚れ落としに特化した爪ブラシの使用をおすすめします。 足爪の垢とり 爪ブラシでも除去しにくい頑固な汚れには、先端が耳かきのようになっている「爪の垢とり」がおすすめです。 足爪の両サイドなどに溜まった爪垢も簡単に取ることができます。 つまようじを使用した垢掃除は、足の指を傷つけてしまい炎症を引き起こす恐れもありますので避けたほうがいいでしょう。 足爪の臭い対策 人気商品 爪垢が原因となる足の臭い対策には、ケアアイテムの併用がおすすめ。 ここでは、Amazonでよく一緒に購入されている商品をご紹介します。

次の