ドコモ 急速 充電 器。 【新品 未使用】【純正品】 docomo ドコモ ACアダプタ07 Type

docomoショップで購入した急速充電器が故障したから保証期間内だったので持ち込...

ドコモ 急速 充電 器

ドコモの純正充電器とコンビニ品をくらべてみた いままでは、根元の接続がわるくなるたびに、近くのコンビニや電気屋さんで売ってる充電器を購入しては壊れ、購入しては壊れをくりかえしていました。 こういうのですな。 これってすぐダメになりませんか?だいたい数ヶ月から半年ぐらい持てばいい方かなと。 ぼくは今まで5回ぐらい買ってる気がするんですが。。。 今回はいつものように充電器の根元の接続がわるくなって、ちょうどドコモショップに行く用事があったので、そこでスタッフの人に相談してみました。 そしたら、 ドコモの純正の充電器のほうが絶対にいい!とのことだったので、少し高いのですが、試しに買ってみました。 この画像のとおり、根元(首)を比較すると、かなりしっかりした作りになってるので、すぐに接続不良が起こることはないでしょう。 しかも1年間の保証がついています(どうやら保証は根元不良には適用されないみたい。 ご注意ください)。 使用しているスマホによって種類がいくつかあるみたいですが、一番安い1500円ぐらいのもの(ACアダプタ 04)にしました。 それでも、コンビニなどで買えるものの3倍ぐらいの価格といったとこでしょうか。 (アマゾンは価格がかなり変動するのでバカ高いものをつかまないように注意してください。 ) あ、新しいバージョンの「ACアダプタ05」がありました! 価格は若干あがりますが、これを使用してもいいでしょう(低評価のレビューも多いので、リスクを覚悟した上で購入する必要がありそうです。 残念ですが)。 スポンサーリンク メリット・デメリット すでに3ヶ月ほど使用していますが、 充電がマジ速い!! コンビニで買う充電器ってフルに充電されるまで数時間かかっていたのが、これは30分かかりません。 スゴイの一言です。 ドコモのホームページをみると、やっぱり充電が速そうですよね。 急速充電って書いてますし。 急速充電対応のACアダプタ• 従来のACアダプタと比較し約1. 25倍~約1. 急速充電非対応端末の場合、通常速度で充電可。 急速充電対応の卓上ホルダと同時使用でACアダプタ03(従来品)と比べて最大約1.

次の

スマホの急速充電器がすぐ壊れる。 docomoショップで充電器を買うので

ドコモ 急速 充電 器

「急速充電」とは、端末の充電性能として「DC5V 1A」を超えた入力に対応しており、 かつACアダプタ 03/DCアダプタ 03使用時と比較してより早く充電することができることです。 7mm(ケーブル、突起部は除くACアダプタ本体) ケーブル:120cm 質量:約140g(ACアダプタ本体の質量) 出力:DC5. 0V 1. 8A、DC9. 0V 1. 8A、DC12. 0V 1. 35A 入力:AC100〜240V 50/60Hz 0. 15A〜0. 40A コネクタ形状:Micro-USB B plug 出力 製造メーカー:富士通株式会社 提供/株式会社ジャパン・エモーション 運営/アクセサリー・YAHOOショッピング事業部 〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目11-13 SUDO BLD. 2F(2018. ,Ltd. All Rights Reserved. このホームページに記載されている記事、写真、図表等を、株式会社ジャパン・エモーションの承諾なしに無断複製・無断転載することは出来ません。

次の

【楽天市場】★箱破れのためお安くなっています★【docomo/ドコモ純正】ACアダプタ05 急速充電器(AAF39656)【DM便不可】:エスディーパーク

ドコモ 急速 充電 器

スマートフォンを使う上で誰しもが定期的に行う必要のある「充電」。 ただスマートフォンの充電性能を最大限に引き出すためには、 急速充電対応の機種選びはもちろん、ケーブルや充電器の選び方も大切。 充電に用いるUSBケーブルや充電器によってもその性能が大きく変わってきます。 今回はスマホを少しでも速く充電するために、 急速充電のためのアクセサリーの選び方について基本となることを解説していきます。 さらに、Androidユーザーならぜひチェックしておきたい「 Quick Charge(クイックチャージ)」についてもご紹介します。 日々スマホを使う中で思っている以上に充電に時間がかかっている気がする、そんな人はぜひチェックしてみてください! 目次:• 急速充電をするための充電ケーブル・充電器の選び方 量販店のスマホアクセサリーコーナーに足を運んでみると、現在はかなりの数の商品が陳列されています。 色やデザインといった外観での違いはまだしも、 充電性能を考えた場合にはどこをチェックすればよいのでしょうか。 ずばりいうと、共通してチェックすべきポイントは対応している 「電流(アンペア数)」や「電圧(ボルト数)」の最大値です。 スマートフォンを含む電子機器全般において、充電時間をより短く済ませようと思えば、必要となるのは「電流を増やす」か「電圧を上げる」のいずれかとなります。 もちろん必要以上に多くの電気を流したり、電圧をかけたりすればスマホが壊れてしまう可能性はあるのですが、まず方法として考えられる主なことはこの2点です。 充電ケーブルの選び方 現在では陳列されている商品の多くに電流(アンペア)の最大出力が記載されていると思います。 従来の一般的なケーブルでは1A出力となっているものが多いため、 それよりも出力の大きい2Aや2. 4A対応といった製品を選ぶのがよいでしょう。 パッケージを観察すると電流の最大出力が書かれているものが多い 普段から急速充電機能に慣れてしまっている筆者も、今回記事作成にあたり、自宅にあった 最大出力1Aと2. 4A、2種類のケーブルで充電時間を比べてみました。 結果として、最大出力1Aのケーブルだと 約3時間、一方で最大出力2. 4Aのケーブルでは 約1時間10分とかなりの短時間で充電できることを確認しました。 ケーブルをきちんと選ぶだけで充電時間が約3分の1と考えれば、ケーブル選びの大切さがはっきりわかってもらえるかと思います。 4Aのケーブルで充電時間を比較 最大出力1Aのケーブル 最大出力2. これは言葉のとおりで、充電専用と謳われたケーブルではパソコンなどと接続しても、ケーブルを通じてのデータ転送ができません。 ケーブルを選ぶ際は機能も欠かさずチェック 機能が制限されている分、充電専用ケーブルのほうが価格も安い傾向にあります。 ですが1本のケーブルを使い回すことを考えているならば、通信にも対応したケーブルを購入する方が間違いないでしょう。 なお理由は後ほど紹介しますが、 特にAndroidスマホを使っている人は、通信機能もサポートしているケーブルを選んでおくことがオススメです。 ここでは参考までに、Amazonなどオンラインサイトで購入できる製品としてメジャー、かつ筆者個人としてもオススメできるものを例として挙げておきます。 外観デザインや対応する最大出力だけではまだ迷ってしまうという場合は、こういった長期的に見てもより安心して使えそうなものを選んでみるのもよいと思います。 関連記事: 充電器の選び方 また充電ケーブルだけでなく、充電器自体もより電流の最大出力が高いものを用意しておかなければ意味がありません。 複数のUSBポートを備える充電器の場合は、それぞれのポートが対応する電流の最大出力、そして充電器全体での最大出力も気にしておく必要があります。 充電器トータルでの最大出力をポート数で割ることで、全てのポートを同時に使用した場合の各ポートごとの充電効率もざっくりと計算できます。 ポート数が多いほど同時に使用した時の各ポート毎の出力は下がってしまう傾向にあるので、自分が普段どの程度の機器を同時に充電することが多いかを考え、購入する製品を選ぶことがよいでしょう。 充電器に関しても参考までに、筆者個人でもオススメできるものを2つほど紹介しておきます。 それが 既存の充電環境(使用しているアクセサリー)が充電に適したものになっているか、ということです。 ここでは現在のバッテリーの状態が見れるのですが、充電中に観察してみると、充電環境によって 「ACで充電」「USBで充電」と2パターンの表示が確認できます。 Xperia X Performanceでは最上段に見つかった【電池の状態】 充電中の表示は充電環境により2パターンにわかれる このうち、 より短時間で充電するために望ましいのは「ACで充電」と出るケース。 この表示は電源とスマホが充電用のモードで接続されていることを示しています。 一方で「USBで充電」と出るケースは充電をするための接続でなく、データ通信をするための接続として見なされている状態です。 充電用モードでないことから電流も抑え気味となるため、「ACで充電」の場合と比べると充電速度は大幅に落ちている状況でもあるのです。 この状態は充電時に使用するケーブルや充電器の種類によっても変わってきます。 そのため、まずは普段の充電環境がそもそも充電に適している環境であるかを確認してみるのがよいでしょう。 試した結果が「USBで充電」と出るようであれば、使用するケーブルや充電器を変えることで、充電効率を大幅に改善できる可能性があるわけです。 Androidユーザーなら忘れず確認したい「Quick Charge」対応・非対応 Androidスマホを使っている人であれば、ここまでに説明した急速充電とは別に、 端末メーカーなどが独自で開発する急速充電機能に対応しているケースがあります。 その代表的なものとして挙げられるのがQualcomm(クアルコム)社のQuick Charge(クイックチャージ)です。 Qualcomm社といえば国内のスマホでは割りと多く見かけるCPU「Snapdragonシリーズ」を開発しているメーカー。 このSnapdragonシリーズ全てではありませんが、最近の機種であればそのほとんどにQuick Charge2. 0やQuick Charge 3. 0といった急速充電機能が備えられています。 ここまで説明してきた急速充電は主に電流を増やす形で実現していますが、 Quick Chargeの場合は電圧を上げることで急速充電を可能とします。 このQuick Chargeを利用するためには、対応機種、充電器、ケーブルを用意しましょう。 Quick Chargeは最新夏モデルにも対応 対応機種については、最近のモデルであればauのHTC 10がQuick Charge 3. 0規格に、NTTドコモとauから発売されているGalaxy S7 edge、3キャリアから発売されているXperia X PerformanceがQuick Charge 2. 0規格に対応しています。 前に遡ってみると、2013年頃から国内でも対応機種が登場しており、比較的最近の機種であればその多くはQuick Charge 2. 0規格以上には対応しているはずです。 現在使っている機種が1~2年前のものだから対応していなさそう……と諦めるのはまだ早いわけですね。 0規格・・・Galaxy S7 edge、Xperia X Performance ・Quick Charge 3. 0規格・・・HTC 10 HTV32 Quick Chargeには通信機能をもったケーブルが必要 充電器についてはQuick Charge対応と謳われているものを用意する必要があります。 市販品でもQuick Chargeの表示は比較的よく見られる そしてケーブルですが、 このQuick Chargeを使用するための通信機能を備えている必要があります。 先ほど「Androidスマホを使っている人は、通信機能もサポートしているケーブルを選んでおくことがオススメ」と説明したのはこのためです。 Quick Chargeでどれだけ速く充電できる? Qualcomm社によれば、Quick Charge 2. また今後より普及してくるであろうQuick Charge 3. 0規格であれば、2. 0規格・・・2. わずか10分ですが、Quick Chargeを使用しない充電と比べてさらに速く充電を行なうことができました。 この結果からも、 もし現在使っている機種がQuick Chargeの対応機種であれば、これを使わないという選択はありえない、とすらいえるでしょう。 まとめ:適切な充電アクセサリを使って充電時間を短縮しよう スマホを使っている人のほとんどが1日1回以上の頻度で行なうであろう充電。 もちろん付属の純正品を使うほうがより安心・確実ではありますが、最近ではアダプターが同梱されていない機種も多く見られます。 そんなときは適当に余っているケーブルや充電器を使うのでなく、それぞれのアクセサリーの性能や対応機能を確認することで、より1度の充電時間を短縮することが可能です。 現在のアクセサリーに充電速度の遅さを感じている、ちょうどスマホを新しい機種に買い換えようと思っていた、こんな人はぜひ、次のケーブル・充電器選びの参考にしてみてください。 関連記事: Quick Charge対応スマホをチェック:.

次の