メンマ 材料。 メンマの名前の由来|丸松物産株式会社

メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

メンマ 材料

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... メンマとは? メンマとは加工食品の一種で、タケノコを乳酸発酵させたものです。 材料にマチク 麻竹・学名 Dendrocalamus latiflorus 等を使用します。 また、これを味付けした食品も同じ名称で扱われます。 台湾・嘉義県の伝統食材でもあり、台湾では「乾荀」 カンスン といいます。 現在、日本国内の市販のメンマ製品は殆どが中国・台湾からの輸入品です。 国内生産の製品は少量で、ごく一部に高級品として取扱われています。 業務用のメンマ製品も各種あります。 マチクを発酵させて乾燥・塩漬けしたもの、それを水で塩抜きしたもの、さらにそれに味付けしたもの等です。 ですが用途により、別の形状・部位の製品もあります。 人気の製品の一例に「穂先メンマ」があります。 材料のタケノコの先端の、特にやわらかい部分を使用です。 家庭用の製品には、ビン入り・ポリ袋入り等があります。 メンマの原料、作り方とは? メンマはラーメンのおいしい具材の一つです。 原材料のタケノコは中国・台湾から輸入されています。 メンマの材料のタケノコは、マチク 麻竹 という竹の若いものです。 マチクには2種類あり、深山もの・平地ものです。 深山ものは水分が少なく硬いので、日本国内では利用が少ないです。 平地ものは大ぶりで、長さが60~70cmもあります。 そして太さは、大人の首の太さほどもあります。 メンマ作りのときは、まず適度な大きさまで成長したマチクを収穫します。 そして皮を剥き、余分な部分を除きます。 そして加工場でタテに細かくカットし、1時間ほど煮込みます。 それから各店の秘伝の味付けをして、ラーメンの具でおなじみのメンマにします。 この後は発酵過程です。 竹製のカゴに入れ、水を切り、塩をかけ、ビニールで包みます。 この上に重石 おもし を敷いて、土の中に1ヶ月ほど安置します。 土の中のマチクの水分は土中に吸収されます。 同時にマチクは、カゴや土中の菌によって自然発酵します。 発酵のうちに、マチクは飴色になっていきます。 ここまで充分に発酵したら、マチクをカゴから出して天日干しします。 途中で一度、塩水に浸けて、再度の天日干しをします。 そして工場で風を当てて乾燥させます。 [味付けメンマの作り方] まず水抜きをします。 少なくとも2日間、たまに水を換えながら続けます。 ふやけて柔らかくなったら、次に太さ揃えをします。 メンマの中で特に太いものを手で裂きます。 太さが揃ったら再度2~3日間、水に浸けておきます。 これで塩抜き完了です。 より早く塩抜きしたい場合は、茹でて塩抜きします。 メンマの味付けはラーメンの味に悪影響にならない程度、濃すぎないようにします。 メンマのカロリーと栄養効果とは? メンマは低カロリー食品です。 味付けしていないメンマで、100グラムでたったの19kcalです。 そして、その消費にカロリーが必要になります。 摂取したカロリーよりも消費カロリーのほうが多い。 これが、メンマが「マイナスカロリー」と呼ばれる訳です。 メンマは材料のタケノコを発酵させたものですので、基本的な栄養はタケノコに近いです。 食物繊維・カリウム等を多く含有です。 食物繊維には、便秘予防・コレステロール低下・動脈硬化予防・大腸ガン予防・その他の健康効果があります。 カリウムには、体内の塩分・余分なものの排出促進効果があります。 さらに、よく噛むことによる満腹中枢の刺激効果もあります。 なのでダイエットには非常に良い食材です。 ですが味付けメンマの場合、塩分過剰に注意が必要です。 女性の場合、塩分の1日の摂取目安量は7. 0グラムです。 製品の容器に記載の塩分量を見て確認するとよいです。 塩分の摂取過剰に注意しつつ、メンマをダイエットや美容・健康に役立てましょう。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! メンマに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

メンマの材料は何?自家製メンマの作り方・保存期間はどのくらい?

メンマ 材料

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

メンマのカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

メンマ 材料

あなたはメンマが割り箸に似ていると思ったことはないでしょうか。 ネット上で「メンマの原料が割り箸」というウワサが広がったことがあります。 いったいどうしてそんなことになったのでしょうか。 メンマの原料って知ってる? 割り箸メンマがウソなら、本当の原料はなんなのでしょうか。 味付けされ、瓶などに入ったメンマからは想像しずらいかもしれませんが、その原料はたけのこです。 筍といっても私たちが普段食べるものよりは、少し大きく育った物です。 そのため、見た目にも少し竹に近い状態です。 それを発酵や乾燥、味付けさせるなどの加工をしているので、色や風味、歯ごたえなどもたけのこのイメージとは大分違います。 メンマの原料が割り箸という元ネタはどこから? 「メンマの原料が割り箸」という元ネタはインターネット上で紹介されたレシピ、これはエイプリールフールのジョークでした。 割り箸を紹興酒につけ、調味料を入れて3日間煮込み、1か月冷暗所で熟成させるという嘘のレシピです。 ところが、そのレシピが本物かのようにネット上で広がってしまいました。 そんなたわいのないジョークはメンマの原産地中国にまで届くなど、原料を割り箸と信じる人が続出しました。 しかし絶対に割りばしはメンマにはなりません。 メンマの原料になる竹とは やはりメンマの原料としておすすめなのは麻竹ですが、日本で生の麻竹を手に入れることは非常に難しいです。 では、入手しやすい日本のたけのこを原料にメンマを作ることはできないのでしょうか。 スーパーや通販で購入できるたけのこの種類などもご紹介します。 その辺に生えているタケノコはどんな種類? 竹は日本でも見かけることの多い植物、小さな竹林は都会の片隅にも残っていることがあります。 私たちが見かける竹はどのような種類なのでしょうか。 これらは「孟宗竹 モウソウチク 」や「真竹 マダケ 」いう種類の竹で、もちろんメンマの原料になる麻竹とは別の種類です。 よく筍として食卓に上るのもこれらの種類です。 孟宗竹 モウソウチク たけのこを熟成・乾燥させて、絶品の自家製メンマを作ってみませんか。 少し手間はかかりますが、原料から作った自家製のメンマは香りがとても良くやみつきになる味です。 生のたけのこから自家製メンマを作ろう 麻竹は手に入りづらいので、原料は孟宗竹を使います。 育ちすぎたたけのこが丁度良い大きさです。 節の部分は固いので取り除き、輪切りにします。 鍋で1時間ほど蒸し煮にします。 普段目にする短冊の、メンマと同じようにカットします。 タケノコ1kgに対して、250gの塩を入れてよく混ぜます。 次にこのたけのこを1か月ほど発酵させます。 清潔なビニール袋に入れて空気を抜き、野菜室で保存します。 天日に干します。 天気のいい日に外に並べて、3~4日乾燥させます。 乾燥メンマを塩出し 先ほど生のたけのこを原料にして、発酵・乾燥させたメンマを塩出しします。 この状態に加工された市販品も売っているので、これを使って自分好みの味付けをしたメンマを作るのも良いでしょう。 まずは乾燥メンマを洗い表面の塩などを取り除きます。 ボールなどに水をはって乾燥メンマを入れ、よくかきまぜた後ざるにあけます。 たっぷりのお湯で塩出しします。 水の量は乾燥メンマの5倍が目安、沸騰したら火を止めてメンマを入れ1時間ほど付けておきます。 1時間したらざるにあけます。 もう一度2. と同じ工程を繰り返します。 本格的なメンマのつくり方をご紹介してきましたが、生のたけのこを原料にして発酵までするのは少し手間がかかると感じた方も多いのではないでしょうか。 スーパーでも手に入る、水煮のたけのこを原料にした炒めるだけのレシピも人気です。 調味料はたけのこ 水煮 300gに対して以下のとおりです。 ・ごま油 大さじ2 ・砂糖 大さじ1 ・創味シャンタン小さじ2 ・醤油小さじ2 ・オイスターソース大さじ2 ・ラー油少々 ・塩少々 ・七味唐辛子少々 1. 水煮のたけのこは細長く、メンマっぽい形に切ります。 ごま油をしいてたけのこを炒めます。 調味料を加え全体を混ぜ、水分が無くなるまで炒めます。 美味しいメンマを食卓に メンマの原料についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。 「メンマの原料が割り箸」という元ネタについては、エイプリールのちょっとしたジョークでした。 見た目は割り箸によく似たメンマですが、ネット上で独り歩きした嘘のレシピです。 本当の原料は麻竹という、スーパーなどでは見かけないたけのこです。 しかも、通常日本で食べるタケノコは小さくて柔らかいうちに収穫します。 メンマの原料にするたけのこは1~2mの大きさのものを使います。 これもメンマの形がたけのこに似ていない理由のひとつです。 日本では生の麻竹は手に入りづらいのですが、孟宗竹なども原料になるので作ってみてはいかがでしょうか。 熟成・乾燥などの加工には手間も時間もかかりますが、そのぶん味も格別です。

次の