インスタ リンク 貼り方。 アメブロでのリンクの貼り方~パソコン・スマホでの操作の基本から簡単な方法までご紹介!

インスタのurlの貼り方とコピーの方法

インスタ リンク 貼り方

pexels. インスタにリンクを貼る場合 インスタにツイッターなどのURLを貼る場合、 自動リンク化はされないため注意してください。 ツイッターのURLに限らず、どんなURLでもリンク化はされない仕様になっています。 インスタでリンク化が可能なページは、アカウントのトップのみです。 プロフィール情報として1つだけリンクを貼ることができます。 自分のブログのURLやプロモーションしたい動画などのURLを選んで貼るようにしましょう。 ツイッターのアカウントトップのリンクを貼っておくのも良いですね。 ツイッターにインスタのリンクを貼る場合 ツイッターにインスタのリンクを連携して投稿したい場合は、インスタの投稿ページ キャプションを書く画面 にて Twitter連携のタブをオンにすれば同時投稿ができます。 ただし ツイートにインスタの画像は一緒に投稿されないようになっています。 インスタの 投稿URLとキャプションが掲載されるだけなので注意しましょう。 また、インスタで長文のキャプションをつけたりハッシュタグを多くつけた投稿を連携させる場合も配慮が必要です。 ツイートは140字制限があるため、 インスタのキャプションが途中で切れる場合や、ハッシュタグを多くつけた場合は ツイートがハッシュタグで埋まってしまう場合があります。 また、ハッシュタグをつけると ツイッター内のハッシュタグにも連動します。 InstagramはFacebookに買収されたため連携も非常にスマートですが、Twitterとの連携はぐずついている印象ですね。 もっとシンプル・的確に投稿したい場合は、インスタとツイッターの投稿を同時ではなく別々におこなうようにしましょう。 少々面倒かもしれませんが、見た目的にはスマートになります。 ツイッターでインスタのリンクの足跡はつくの? ツイッターからインスタのリンクをクリック・タップした場合、 足跡はつきません。 「 Twitterアナリティクス」を使えば、ツイートの閲覧数やツイート内の リンクがクリックされた回数、アカウントトップへのアクセス数などは分析できるようになっています。 しかしどのユーザーがアクセスしたかという情報は得ることはできないので、リンクをクリックしても足跡は残りません。 もちろんインスタの方にも足跡は残らないのでご安心ください。 鍵アカウントのインスタのリンクはツイッターから見れる? 鍵アカウント=非公開アカウントの投稿をツイッターと連携させた場合、非公開のまま投稿されるのでしょうか? 答えは いいえです。 インスタの投稿をツイッターでシェアした場合、 そのリンクをクリックすれば誰でもその投稿を閲覧することができます。 ただし シェアされた投稿のみ閲覧でき、ツイッターからそのユーザーの他の投稿やアカウントの情報を閲覧することはできません。 もちろんツイッターを非公開アカウントにしていればツイート自体が閲覧できないため、ツイッターのフォロワー以外に公開されることもありません。 ただしインスタを非公開アカウントにしていても、インスタのフォロワーに「 リポスト」されてしまえば他のユーザーも閲覧できるようになってしまいます。 フォロワー以外の閲覧を完全に閲覧をシャットアウトしたい場合は、ツイッター連携をせずリポスト禁止の旨を明記しましょう。 このように非公開アカウントといえども、完全に安心できる訳ではありません。 0投稿、0フォローの鍵アカウントであれば心配はあまりないでしょうが、投稿がある方が非公開アカウントにしている場合がほとんどでしょう。 公開・非公開に限らず、拡散されたらマズい投稿は控えるようにしたいものです。 pexels. インスタにリンクを貼ってキャプションが消えてしまった場合 リンクを貼ったことに問題があるのではなく、ハッシュタグの数などに問題があります。 インスタのハッシュタグの数は1投稿30個までという制限があります。 この数を超えて投稿すると、キャプションが自動的に消える仕様になっています。 インスタの投稿をツイッターと連携させてエラーが出る場合 インスタの投稿画面でツイッター連携をすると「 不具合が生じています」という旨のエラーメッセージが出る場合があります。 また、連携させて投稿完了まで到達できても、ツイッターだけ投稿できていなかった場合もあります。 原因不明とも言われていますが、インスタやツイッターの アプリのアップデートがあった際に連携が解除されてしまった可能性が考えられます。 いったんインスタ側、ツイッター側両方から連携をオフにし、再度連携させてみましょう。 もしくは 連携専用アプリの「 IFTTT」を使用します。 「IFTTT」を使用すれば、インスタやツイッター内で連携をさせることなく同時投稿が可能です。 pexels. ・インスタにURLを貼る場合は自動リンク化されないので注意。 自動リンク化されるのはアカウントトップページのみ。 自分のブログやプロモーションなど、最も集客したいページのURLを1つ貼るようにしよう。 ・ツイートにインスタの投稿を連携させたい場合は、投稿画面のキャプションを書くページで Twitterのタブをオンにする。 ただしツイートに掲載されるのはキャプションと投稿した画像のURLだけで、 画像自体は掲載されない。 またキャプションが長すぎたりハッシュタグだけのキャプションの場合、 文章が途中で切れたりハッシュタグだらけの投稿になったりしてしまうので注意。 ・ツイートからインスタの投稿リンクをクリックしても 足跡は残らない。 ただし非公開アカウントでも投稿をツイッターでシェアすると、 その投稿だけ誰でも閲覧できるようになってしまう。 ちなみにインスタの非公開アカウントでも「 リポスト」によって投稿が外部に流出する場合があるので注意。 ・連携エラーが生じる場合、インスタ側とツイッター側両方からいったん連携を解除し、 再度連携させることで解決する場合がある。 もしくは連携専用アプリの「 IFTTT」を使用すれば、簡単に他SNSとの連携ができる。 インスタ・ツイッター内で解決できない場合はアプリを使おう。 インスタとツイッターは何かと相性が合わない印象ですが、今後さらにスムーズに連携できるようになってほしいですね。 ただインスタは画像メインのSNS、ツイッターは文字メインのSNSです。 それぞれの仕様に合わせて投稿も使い分ける方が見た目はスマートなので、できれば別々に投稿した方が他のユーザー思いではあるでしょう。 毎日せわしなくSNSにかける時間も惜しいかもしれませんが、SNSをうまく使いこなしてコミュニケーションや表現を円滑に進めましょう。

次の

インスタのurlの貼り方とコピーの方法

インスタ リンク 貼り方

インスタの投稿にURLを貼り付ける方法 残念ながら、インスタの投稿にURL リンク を貼り付ける方法は存在しません。 より正確には、インスタの投稿にはURLを貼り付けることができますが、それはリンクとして機能しない リンク先のページが開かれるわけではない ということです。 こちらがURLを貼り付けてみた投稿です。 キャプリョンのところにURLを貼り付けてみましたが、 投稿画面を見てもリンクとして機能していません(赤枠部分参照)。 タグ付けは違うし、位置情報を追加しても意味ないですもんね。 さらに、投稿画面下側のFacebookとかは連携というか、「同時に投稿」する仕組みなため、ここをいじってもリンクは機能しません。 試しにURLをタップしてみた図。 投稿詳細画面に飛ぶだけで、これ以上タップしてもリンク先のページは表示されません。 このように、 インスタではURLを貼り付けることができても、リンクとして機能しません。 オシャレなコンセプトを保つため、リンクが氾濫して商業色が全面に押し出されるのを回避したのでしょうか。 いずれにせよ、このようにリンクが機能しないため、インスタではTwitterのようにアフィリエイトリンクを貼り付けることができません。 インスタでウェブページに誘導したい場合 それでは、インスタで特定のウェブページに誘導したい場合、どのような方法を取れば良いのでしょうか。 以下の方法が考えられます。 プロフ欄にリンクを貼る• インスタに広告を出稿する プロフ欄にリンクを貼る 実はインスタには、プロフィール欄に1つだけウェブサイトを貼り付けることができます。 しかし、プロフィールの紹介文の欄ではありません。 紹介文の欄にこのように貼り付けると、リンクとして機能しません。 プロフィール編集画面の、 「ウェブサイト」という欄に自分のURLを貼り付けると、赤枠のようにリンク付きでURLが表示されるようになります。 上のように貼り付けたURLがリンクとして認識され、そのページに飛ぶことができるようになります。 そのため、もし特定のリンクを踏ませたい場合、「自分のトップページ プロフィール への誘導」が必須となります。 投稿画像に「詳しくはプロフィールのリンクから」といった形で訴求しなければなりません。 検索を促す もう一つ、方法があります。 例えば、シャンプーの写真を掲載して、そのキャプションに「〇〇(シャンプー紹介サイト)シャンプーで検索」といった形で投稿してみてください。 そうすれば、特定の商品名であればおそらく、誘導したいページにたどり着くはずです。 しかし、この方法はデメリットがいくつかあります。 アフィリエイトIDが反映されない• コンバージョンが著しく落ちる• 検索結果から思うように誘導できない まず、 アフィリエイトでInstagramを活用しようとしている場合はアウトです。 IDが反映されないため、どれだけ送客しても1円にもなりません そのため、インスタでは記事広告というか、企業や代理店から直接依頼を受けて投稿をするモデルが多く存在します。 そして、よっぽどその商品やサービスを気に入らないと検索しない上、検索から別の商品やサイトに行く場合もあるため、 コンバージョン(Webサイトにおける最終的な成果、どれだけ人気かということ)は著しく低下してしまいます。 また、検索結果から思うように誘導できない場合もあります。 自社商品・サービスが1位にならなかったり、最適化された検索結果により自社ページが弾かれたりする可能性もありますよね。 ちなみに、どうしても検索結果で上位を狙いたい、というのであれば「Google AdWordsの広告を出す」という手もありますが、これを使うぐらいなら、下で紹介するインスタのインフィード広告を使用したほうが賢明です。 インスタのインフィード広告を使う 上記画像がインスタのインフィード広告になります。 あたかも普通の投稿のように見えて実は広告ですというやつですね。 これに関しては、リンクやインストール画面へのボタンを埋め込むことができます。 インスタのアカウントがなくても出稿でき、Facebookと同じように詳細なターゲット設定ができる点で素晴らしいサービスです。 ただ、ここまでお金をかける前に「Twitterやその他SNSでの集客が可能ではないか?」という点を考えてみるべきとは思います。 インスタストーリーでもURLを貼ることができる可能性がある インスタのストーリーを使ってURLを貼り付けることもできるのですが、一般ユーザーはこの方法を使うことができません。 インスタのストーリーにURLを貼り付ける場合は、以下の条件を満たす必要があります。 インスタが認証した人• インスタのフォロワーが1万人以上のアカウント 要するに「人気がある人」でないとストーリーにはURLを貼ることができないので、ストーリーに貼り付けたい場合はあまり現実的ではないかもしれません。 インスタのストーリー編集画面からURLを貼る項目が追加されるので、確認してみてください。 外部ツールを利用してインスタにURLリンクを複数貼る方法 外部サイトを利用してインスタに複数リンクを貼り付ける方法もあります。 厳密に言うとインスタには複数のリンクを貼るわけではなく、 上記の「プロフィールのリンク欄に複数リンクがあるページを貼り付ける」方法となります。 上記画像のlinktreeというサイトに登録して、そこでURLをいくつか設定してください。 linktreeに登録すればそのままURLを貼り付けるページが出てくるので、そこに紹介したいページを複数貼り付けてください。 最後に自身のlinktreeのURLをインスタのプロフィールのリンク欄に貼り付けましょう。 キャプションにアカウントリンクを置く 通常、外部サイトのURLを投稿に貼ると、リンクとして機能しません。 しかし、 インスタアカウントを投稿のキャプションに置くと、アカウントに飛ぶためのリンクとして作用します。 また、プロフィールにリンクを置くことは出来るので、これらを利用してリンクに促すことが出来ます。 アカウントを複数作成• すべてのプロフィールに別々のリンクを貼る• フォロワーの多いアカウントで投稿• キャプションで誘導したいリンクの貼ってあるアカウントリンクを添付 以上の工程で、インスタ内でも複数のリンクを貼ることが可能です。 インスタにURLを貼り付けたい場合の注意点 インスタのプロフィールのリンク欄にURLを載せたとしても消されてしまう可能性があります。 以下のようなURLを貼った場合、もしかしたらリンクが消されている可能性があります。 詐欺などに関連するサイト• アダルトサイト• スパム系のサイト など このようなURLを貼り付けてインスタが発見した場合、 URLを消されてしまうだけでなくなんらかの警告を受けたり、アカウントを停止されてしまう可能性があります。 プロフィールのリンク欄でなくて投稿に検索を促してインスタ運営が発見した場合もアウトなので、このようなサイトを宣伝しないようにしてください。 そのようなサイトを宣伝していなかったとしても、 「インスタ側の不具合」によって消えてしまう可能性はあります。 普通のサイトやSNSのURLを貼ったのに消されてしまった場合は、インスタの運営に問い合わせするようにしてください。 編集後記 今回は、インスタにリンク URL を貼り付ける方法を解説すると共に、投稿画面以外から特定のWebページに誘導する方法を解説しました。 Twitterと違い、個人事業主に対してちょっぴり厳しい感じですね!笑 それでも、情報商材の人たちはランディングページやラインアットに頑張って誘導しているので、それも参考にしてみるといいかもしれません。

次の

インスタの投稿にURL(リンク)を貼り付ける方法を徹底解説

インスタ リンク 貼り方

こんにちは。 白石ふくです。 インスタグラムで情報発信をしている企業アカウントの運用担当者の方や、自分のブログ記事などをおしらせしたいインスタグラマーの方など、投稿やストーリーズにWebページのURLを掲載したい…と考えている方は多いのではないでしょうか。 一部アカウントではストーリーズからWebページへ遷移できるよう設定されていることもあるので、どうやったらできるのか調べている方も多いと思います。 そこで今回は、インスタグラムにおいてWebページのURLを掲載できる場所や方法についてご紹介します。 一定条件をクリアしないと掲載できない場合もありますので、チェックしてみてくださいね。 インスタグラムでリンクを貼る方法 プロフィール編 まず、プロフィール欄でURLリンクを貼る方法をご紹介します。 プロフィール欄では、すべてのアカウントでWebページのURLリンクを貼ることができます。 つまり、個人アカウント・企業アカウント、非公開アカウント・公開アカウントのいずれでも可能です。 ただし、掲載できるのは1つのURLのみです。 複数のURLを掲載したい場合は、複数のURLを1つにまとめることのできるプロフィールサイトを利用することをおすすめします。 以下のFrigate内の記事では、無料で簡単にプロフィールサイトを作成できる「POMU. ME」の使い方についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まず、自分のプロフィール画面を開きます。 すると画面中央あたりに「プロフィールを編集」というボタンが表示されていますので、ここをタップしてください。 「プロフィールを編集」の画面が表示されます。 ここで「ウェブサイト」という項目がありますので、ここにプロフィールに掲載したいWebページのURLを入力してください。 入力後に「完了」をタップすれば、設定完了です。 個人アカウント・企業アカウント、非公開アカウント・公開アカウントのいずれであっても、URLリンクを設定するとプロフィール文の下に青文字でURLが表示されるようになります。 青文字で表示されていればURLをタップするだけで指定のページに遷移できるようになりますので、設定後は念の為URLをタップして確認しましょう。 まれにプロフィール文にURLを記載しているアカウントがありますが、この場合はURLが黒文字で表示されます。 この場合は閲覧者が指定のページにワンタップで遷移することができません。 ブラウザ上でURLを手入力してもらう必要がありますが、閲覧者の立場としてはURLの手入力は非常に面倒ですよね。 そのため、多くの場合でインスタグラムのプロフィール画面をきっかけに指定ページを閲覧してもらうことは少なくなると考えらえます。 とはいえ、掲載したいURLがいくつもある!という方も少なくないでしょう。 その場合は、先にご紹介した「POMU. ME」のようなプロフィールサイト作成サービスを利用して、複数URLを1つのページにまとめることをおすすめします。 投稿編 続いて、投稿にWebページのURLリンクを掲載したい場合についでですが、投稿のキャプションにURLを記載することはできません。 正確にはURLをペーストすることはできるのですが、上画像のように黒文字表示となってしまうため、ワンタップで指定ページへ遷移することができないのです。 この場合の解決策としては、プロフィール画面への誘導が有効です。 まず、先にご紹介した方法でプロフィール画面上にURLを記載しておきます。 その上で投稿のキャプションに「詳しくはプロフィール画面に記載のURLよりご覧ください」といった文章を入力し、自分のアカウント名も記載します。 自分のアカウント名をあえて記載する理由は、アカウント名をタップするとプロフィール画面が表示されるため、閲覧者によりストレスなくWebgページを訪れてもらうことを意図しています。 ストーリーズ編 URLを掲載したい方の多くが、ストーリーズへの掲載を考えているのではないでしょうか。 上画像のストーリーズのように、画面下の「もっと見る」というメッセージが表示され、ここをタップすると指定したWebページが表示されるようになっています。 とくに企業アカウントの場合はこのようにストーリーズから指定のWebページへ遷移できるよう設定できれば、より高いプロモーション効果が期待できますよね。 ただし、このようにストーリーズでWebページのURLを貼るためには「フォロワーが一定数以上いなければならない」という制約があります。 何人以上いればよいかについてインスタグラムから公式発表はとくにないようですが、調査したところ「1万人以上」のフォロワーがいることが条件となっているようです。 Amebaブログやmixiなどを利用している場合 フォロワーが1万人以上いることが必須条件ではありますが、Amebaブログをはじめとした、インスタグラムで「連携できるサービス」を利用している場合は、フォロワー数に限らずURLを貼ることができます。 例えばAmebaブログでブログを書いている場合、ストーリーズに投稿をする際にブログ記事のURLを貼ることも可能です。 その場合は上画像のように、ユーザー名の下に「Amebaで開く」というメニューが表示され、ここをタップすることでブログ記事の画面に遷移します。 広告・商品タグ編 投稿のキャプションには遷移できるURLをペーストすることができず、ストーリーズでは一定条件をクリアしなければペーストできませんが、広告を利用する場合はこれに限りません。 また、ショップ機能を利用している場合は、商品をタグづけすれば指定した商品ページへ遷移してもらうことも可能です。 インスタグラムの広告では、「Webサイトへアクセス」というアクションボタンを設定することができます。 このアクションボタンを設定すれば、投稿・ストーリーズのいずれでも、閲覧者は指定URLのWebページへワンタップで遷移することができます。 例えば上画像の広告では、画像(実際には動画です)下に「詳しくはこちら」というメッセージが表示されています。 ここをタップすると、Webページが表示されます。 ショップ機能を利用すれば、投稿に「商品タグ」をつけることができます。 商品がタグづけされた投稿をタップすると吹き出しが表示され、吹き出しをタップすればタグつけされた商品詳細ページが表示されます。 まとめ とくにインスタグラムをプロモーションツールとして使用しているのであれば、Webページへ遷移してもらうことができるURLを貼る、というのは大切な施策のひとつとなりますよね。 しかし投稿にはURLを記載できず、ストーリーズも一定条件を満たさなければなりません。 アカウントを開設したばかりだと条件を満たせないということはよくあるでしょう。 その場合は、プロフィール画面にURLを掲載していることを明記した上で、投稿のキャプションやストーリーズのタグ付けで自分のインスタグラムをタグ付けしましょう。 商品を販売している場合は、なるべく早くショップ機能を利用して 商品タグをつけてくださいね。 (ショップ機能の利用方法は「」を参考にしてみてください!) 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2018. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の