キチママ 殿堂 入り。 殿堂入り : 鬼女まとめ速報

殿堂入り : 鬼女まとめ速報

キチママ 殿堂 入り

今日ふと思い出してイライラしたので書き捨て。 高校時代、毎日毎日痴漢されてた。 1本電車遅らせても、車両変えても やられたから、多分ねらいうち。 もう男自体というか性的なものが 気持ち悪くてしょうがなかった。 それで勇気出して「この人痴漢です!」って 手をつかんで上にあげてやった。 サラリーマン風のスーツのはげちらかした おっさんだったんだけど、「触ってない 冤罪だ!」って叫ばれた。 さらに横から 「このおじさん、触ってませんよ。 かばん 両手で持ってるの見てました」って 若いフリーター風の人が口出してきて、 駅員のところまで行ったけど、私が悪者 みたいな空気出されて終わった。 というか、「どこをどう触られたのか 説明して」とか駅員に聞かれたけど、 高校生の自分には口に出せなくて、 もういいですって言って駅員室出ていった。 今なら毎日スカートに手ぇ突っ込んで、 今日は下着の上から指で押されたとか 言えるけど、もう嫌悪感で泣くしかなかった。 タグ : 中学のころ塾に通っていたんだが、 講師は派遣大学生だった。 中3の夏に その派遣大学生が派遣をやめて 大手塾へ就職するということで 生徒1人1人に手紙を配っていた。 塾は小規模で個人経営、 生徒数は少なく、その講師を知らないひとはいなかった。 私にも手紙が渡され、中を見ると 別れを惜しむ文章と メアドと電番 が書いてあった。 「私さんだけに教えるね、誰にもいっちゃだめだよ」 と併記されていた。 当時私は受験ストレスに負け、 家出をしたり学校でヒステリックになったり 不安定な精神状態だった。 悩みがあったら塾内で講師にあれやこれや 相談していた。 「塾のひとはまだ信頼できる。 客観的だ。 」 なんて考えていた。 その日さっそく家に帰って 「実は好きな人がいて、でもこれが好きという感情なのかどうか」 といった趣旨のメールをした。 当時学校の友達には話しづらいことナンバー1、 好きな人関係の話。 塾内での相談の延長のつもりだった。 タグ : 学生時代「オタサーの姫」というのか、彼氏持ちなのに取り巻きは男の子ばかりで、抱きついたりベタベタスキンシップとったりするタイプの子がいた。 「男女の友情だよぉ~」と言いつつつ、その彼女は結局取り巻きくん 彼女持ち とお互い二股して付き合うようになり、卒業してすぐに取り巻きくんとでき婚した。 話は全然変わるけど、私は就職氷河期のおり、人材系の大手に就職した。 なので友人には結構転職の際に「相談乗って」と言われることも多い。 ある日、全然連絡取ってなかった取り巻きくんから相談が来た。 2人の子持ちなのに給料があがらなくて 姫からせっつかれてることをペラペラとしゃべってきた。 聞くところ取り巻きくんは、スキルはかなり高い方だったと思う。 人当たりもいいし仕事熱心そうだ。 でもそんなタイプでも氷河期ではどこにも雇ってもらえず薄給激務の弱小零細正社員やフリーターってケースがゴロゴロあったし、彼もその一人だった。 「こういう求人を受けようと思ってる。 」と言って出されたのは、なかなか求人を出さない大企業で、評判も良いところだった。 ただし、入社1年は契約社員だという。 「どう思う?」と言われた。 昇級テーブルもしっかりしてるし、うちの過去の実績から見ても正社員登用もほぼ確約と言ってよい。 希望者は多いだろうけど、充分戦えるスキルと実績を彼は持っていたし受ければ受かるんじゃないかと思う。 あくまで私のカンだけど。 でも、そうは言わなかった。 タグ :.

次の

復讐 : 鬼女速報 ― キチママ・修羅場まとめ ―

キチママ 殿堂 入り

今日ふと思い出してイライラしたので書き捨て。 高校時代、毎日毎日痴漢されてた。 1本電車遅らせても、車両変えても やられたから、多分ねらいうち。 もう男自体というか性的なものが 気持ち悪くてしょうがなかった。 それで勇気出して「この人痴漢です!」って 手をつかんで上にあげてやった。 サラリーマン風のスーツのはげちらかした おっさんだったんだけど、「触ってない 冤罪だ!」って叫ばれた。 さらに横から 「このおじさん、触ってませんよ。 かばん 両手で持ってるの見てました」って 若いフリーター風の人が口出してきて、 駅員のところまで行ったけど、私が悪者 みたいな空気出されて終わった。 というか、「どこをどう触られたのか 説明して」とか駅員に聞かれたけど、 高校生の自分には口に出せなくて、 もういいですって言って駅員室出ていった。 今なら毎日スカートに手ぇ突っ込んで、 今日は下着の上から指で押されたとか 言えるけど、もう嫌悪感で泣くしかなかった。 タグ : 中学のころ塾に通っていたんだが、 講師は派遣大学生だった。 中3の夏に その派遣大学生が派遣をやめて 大手塾へ就職するということで 生徒1人1人に手紙を配っていた。 塾は小規模で個人経営、 生徒数は少なく、その講師を知らないひとはいなかった。 私にも手紙が渡され、中を見ると 別れを惜しむ文章と メアドと電番 が書いてあった。 「私さんだけに教えるね、誰にもいっちゃだめだよ」 と併記されていた。 当時私は受験ストレスに負け、 家出をしたり学校でヒステリックになったり 不安定な精神状態だった。 悩みがあったら塾内で講師にあれやこれや 相談していた。 「塾のひとはまだ信頼できる。 客観的だ。 」 なんて考えていた。 その日さっそく家に帰って 「実は好きな人がいて、でもこれが好きという感情なのかどうか」 といった趣旨のメールをした。 当時学校の友達には話しづらいことナンバー1、 好きな人関係の話。 塾内での相談の延長のつもりだった。 タグ : 学生時代「オタサーの姫」というのか、彼氏持ちなのに取り巻きは男の子ばかりで、抱きついたりベタベタスキンシップとったりするタイプの子がいた。 「男女の友情だよぉ~」と言いつつつ、その彼女は結局取り巻きくん 彼女持ち とお互い二股して付き合うようになり、卒業してすぐに取り巻きくんとでき婚した。 話は全然変わるけど、私は就職氷河期のおり、人材系の大手に就職した。 なので友人には結構転職の際に「相談乗って」と言われることも多い。 ある日、全然連絡取ってなかった取り巻きくんから相談が来た。 2人の子持ちなのに給料があがらなくて 姫からせっつかれてることをペラペラとしゃべってきた。 聞くところ取り巻きくんは、スキルはかなり高い方だったと思う。 人当たりもいいし仕事熱心そうだ。 でもそんなタイプでも氷河期ではどこにも雇ってもらえず薄給激務の弱小零細正社員やフリーターってケースがゴロゴロあったし、彼もその一人だった。 「こういう求人を受けようと思ってる。 」と言って出されたのは、なかなか求人を出さない大企業で、評判も良いところだった。 ただし、入社1年は契約社員だという。 「どう思う?」と言われた。 昇級テーブルもしっかりしてるし、うちの過去の実績から見ても正社員登用もほぼ確約と言ってよい。 希望者は多いだろうけど、充分戦えるスキルと実績を彼は持っていたし受ければ受かるんじゃないかと思う。 あくまで私のカンだけど。 でも、そうは言わなかった。 タグ :.

次の

キチママ・鬼女 : 修羅場まとめの殿堂~離婚・復讐・不倫・浮気まとめ~

キチママ 殿堂 入り

ロミオ成分少な目かもしれませんが気持ち悪いので解決を願って投下させてください。 愛してる…俺の…、なんか照れくさいな!直接言うから。 待ってる。 こんなメールがが突然来ました。 私23歳。 ロミオが27歳です。 実家の近所に住んでいて近所の子供皆のお兄さんって感じの人、よく遊んでもらいましたし実家を離れてからは年に数回程度メールをする程度の友人?でした。 彼氏彼女になった覚えもないので、宛先を間違えたのかと思いましたがはっきり私の名前入り、幼馴染で警戒心が働かず「?」と思いどしたの?^^;wwと返事をしました。 冗談だと思ったんです。 でも解ってくれ、俺もお前をずっと想ってきた。 でもそんな俺の重いが、お前には伝わってなかったのかもな…それが最初の 俺の過ちだったのかもしれない。 お前は家を出て、俺から離れてしまったから… 続きます。 自分は小梨専業主婦なので、全ての家事を1人でやっている。 夫は毎日感謝してくれるので不満もナシ。 でも休日に洗濯機を回しながら掃除中の私に「ハンバーグ焼いて。 お茶用意して。 絶妙のタイミングでご飯と味噌汁のお代わり持って来て。 あ、洗濯機止まったよ。 」 ってちょっと冷たくない? フライパンの様子見ながら物干し台と台所バタバタ往復していたらご飯のおかわりのタイミングが遅れたらしく自分でよそってたんだけど、 「気付かなかったなら仕方ないよ。 大丈夫」ってなんか…なんか… 金曜と土曜は夫の夜更かしに付き合わされるんだけど、これじゃ寝ずに早朝から家事をしないと全て終わらない。 でも何て伝えればいいのか分からん。 世の専業主婦の人は休日どうしてるんだろう。 正直結婚前提の気持ちだったしうちの父親もやらない人間だから最初は仕方ないなと半ば諦めてたんだけど、 ことある事に「〇〇で良いよ」と言ってくるのがだんだんイライラしてきた。 例えば私の仕事が忙しく残業が続いて家事が疎かになると 「明日の弁当はカレーで良いよ」 「洗濯物畳むの明日で良いよ」 「食器洗うの明日の朝で良いよ」 とか、一見優しそうに見えるしそう思ってたけど冷静になってみると 結局私がやることに変わりなくない? 共働きだし同棲した事でかなり負担増えたよね? (しかも彼氏の母親が料理好きだったので彼氏は冷凍食品が一切ダメ) と思い始めた時期に彼氏の女友達と3人で飲みに行く事があったんだけど、 そこで女友が 「〇〇(彼氏)ってば彼女さんの事すごい好きだから家事を少しでも楽にしてもらおうと心がけてるって言ってたよ」 「彼女さんに言われる前に家の手伝いをよくするって言ってたよ」 と、彼氏を最高の彼氏だねとベタ褒めしだして彼氏も否定せず照れてる様子に 唖然としたけど 女友達の手前苦笑いで否定はせず、女友達と分かれた後に 家事とか1回も手伝ってくれたことないじゃん!どうして嘘つくの!! と激怒したら 「〇〇して良いよ」と言うのが 私の負担を軽くする、 家事を手伝ってると本気で思ってるらしくてスレタイ。 実際に手を出さないけど俺は家事を手伝ってる!と思う人より 全く家事は出来ないけど文句も言わず「いつもありがとう」って言ってくれる人のが何倍も良い。 タグ : ある友達が妊娠報告をした時に、友達のA子がこっそり私に「結婚4年目の私が妊娠してないって、どういう事か察して欲しかった。 正直聞きたくなかった」と愚痴ってきた。 当時私は独身だったし、A子がなかなか子供作らないなーとは思ってたけど、こっちから聞くことはなかったので欲しくて出来ないのか、まだ作らないだけなのかは分からなかった。 その愚痴を聞いて初めて「欲しいけど出来ないのか」そして「妊娠関連は報告ですらナイーブな話しなんだな」と知った。 その次の年に私は結婚してすぐに妊娠したけど、A子はまだ妊娠してなかったので、親にも口止めをして報告は控えていた。 でも、いつまで秘密にしてればいいか分からないし 実家も近いのでバレずにA子が妊娠するのを待ってるなんて不可能に近いと思ったから、その年の年賀状に「来年、家族が増えます」と書いて出した。 そしたら元旦にA子から電話があって開口一番に「なんで直接報告してくれなかったの?」と言われた。 だから、ちょっと嘘を交えて「実はなかなか安定しなくてどうなるか分からなかったから、誰にも報告してなくて、やっと安定したから年賀状でみんなに報告した」と言ったら 「直接聞きたかった。 こんな風に報告されるなんて腫れ物に触られてる気分。 もっと私の気持ちを分かってくれてると思った」と言われた…。 ナイーブな問題かもしれないけど、気難しすぎる。 小学校からの同級生で、実家も近くて親同士も知り合いだから完全に縁を切るのは難しいから、極力疎遠にしていこうと思った。 タグ :.

次の