レクサス rx。 RX(レクサス)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

RX/レクサス|クルマレビュー

レクサス rx

LS全て 111台• LS600h 10台• LS460 15台• LS500h 49台• LS500 37台• GS全て 113台• GS450h 24台• GS350 18台• GS300h 59台• GS300 7台• GS200t 4台• GS250 1台• GSF全て 8台• GS F 8台• HS全て 19台• HS250h 19台• ES全て 20台• ES300h 20台• IS全て 117台• IS350 9台• IS300h 57台• IS300 9台• IS200t 32台• IS250 10台• LC全て 21台• LC500h 10台• LC500 11台• RC全て 47台• RC350 12台• RC300h 25台• RC300 6台• RC200t 4台• RCF全て 14台• RC F 14台• CT全て 109台• CT200h 109台• UX全て 39台• UX250h 20台• UX200 19台• LX全て 23台• LX570 23台• RX全て 373台• RX450hL 13台• RX450h 154台• RX300 30台• RX270 2台• RX200t 174台• NX全て 337台• NX300h 126台• NX300 38台• NX200t 173台 乗り換え 車両返却*2のうえ、次のおクルマにお乗り換えいただけます。 車両買取 最終回のお支払い額を一括でお支払いいただくか、再分割でお支払いいただくかをお選びいただけます。 詳しくはセールスコンサルタントまでお問い合わせください。 登録時点からの経過年数・お車の状態により、残価率は異なります。

次の

【SUV徹底比較】ハリアーvsレクサスRX!ライバル車対決

レクサス rx

少々重さのあるドアを開けた。 ドアを開けると少しだけゴリっとした感触があるので、よく見ると型鋼ヒンジが採用されていた。 プレスヒンジより剛性があり、配置や意匠自由度があるが、コストが高い為、現代ではLSにしか使わないと思っていた。 RXにこれを採用したのは意匠がRXの重要なポイントだったからなのだろう。 最低地上高を上げたのが裏目に出たのかヒップポイントが少々高目でよじ登るような感覚で運転席に座る。 良いドアしまり音を堪能しつつ、シートベルトを締めるとステアリングとシートがドライビングポジションに移動してくれる。 少々のステアリングセンターズレが認められるも、それなりにドラポジも決まるし、SUVらしくアップライトなコマンダーポジションをとってもヘッドクリアランスに余裕がある。 このクラスでは当然EPBなのでドライブレンジに入れれば自動的にPKB解除となる。 ズボラな私はすぐHOLDスイッチをONにする。 この機能があればDレンジで信号待ちしていてもブレーキをかけ続けておいてくれ、信号が青に変わりアクセルを少し踏めば直ちにPKBは解除される。 随分とEPBも一般的になったが、アクセルを踏んで解除する際に飛出し感が出る車種もある中でRX200tのそれは実にスムースだ。 EPBと電子制御スロットルの協調性がよく躾けられている。 住宅地の走行では絶え間なくボディサイズを意識させられた。 例えば名古屋の八事付近のアップダウンが激しい路地を曲がる際も「曲がりきれるだろうか」と自問自答しながらステアリングを切る。 最小回転半径が5. 9mという凄い数値なので、せわしなくステアリングを回して角を曲がること複数回。 こういうシーンでパノラミックビューモニターは良い仕事をするので、常にモニター映像と予測線を頼りにRX200tを操る。 難点は夜間におけるモニターの性能が然程良くないため、見えにくい中で巨体を操る事になり何回か怖い思いをした。 フードがちゃんと見えるデザインなのでフロントの視界は問題ないのだが、サイド、リアの視界はお世辞にも良くない。 そもそもガラスまでが遠くて果てしない。 視界ついでにウインドシールドガラスの両サイドの下端位置はフードの裏面が見えて不恰好であった。 こういう部分はスタイル命のRX200tにとっては好ましくない。 新型RAV4は同様の部分をうまくセラミックで消しているのでRXも追随すべきだろう。 市街地へ出ても車体の大きさは常に意識させられる。 道路の幅も大きくなるし周囲の車もなんとなく自車を避けて走ってくれるので楽と言えば楽なのだが、何故かメルセデスだけは私たちに厳しかった。 早めに方向指示器を出していても車間を詰められて曲がれなかったりしたこと数回。 まだまだジャーマン3の壁は高いのかなと。 試乗車はITSコネクトが装備されていた。 これは自車と他車、或いは道路と連携するITS機能である。 この機能があれば信号の待ち時間が表示されたり、緊急車両の接近を教えてくれたりする。 もちろんタダでついているならありがたいが、わざわざ投資してまで追加しようとは思えなかった。 このサービスは限られた地域しか実施されていないので、全車標準には出来なかったのだろう。 星が丘付近を走らせると周囲にRX200tやRX450hがたくさん走っている事に気づいた。 確かに高所得層がたくさん住んでいる地域とは言えどもサングラスをかけたマダムが颯爽とRXを走らせている姿を目の当たりにして私はちょっと持て余しながら慎重にドライブしているのが少しかっこ悪くもあった。 北米でも「お母さんの車」というイメージらしいのだが、日本でも「ちょっとカッコいいマダムの車」という感じだった。 例のレクサス店ではちゃんとお辞儀してくれた。 都市をゆったりと走るRX200tだが、ボディサイズ以外の身のこなしは意外と悪くない。 8AR型4気筒2. 0Lターボエンジンは低速からトルクがあり、6速ATを介して十分な駆動力を吐き出してくれる。 1910kgという車体を感じさせないレスポンスの良い加速はボディサイズを忘れそうになる。 やはりRX200tが輝くのは高速道路だろう。 個人的には大きい車の試乗機会が増えたが、彼らの例に漏れずRX200tが本領を発揮するのも高速道路だ。 ETCゲートを越えて本線に流入し、しばらく慣熟走行を行いながらレーダークルーズコントロールを作動させた。 前車に追突するリスクを軽減しながらロングツーリングの疲労を軽減させる。 もはやこの装備も登場から15年以上経過し、軽自動車でも装備される時代になったがRX200tの場合、自車線の前に割り込み車両が入ってきても、急ブレーキをかけずGを出さずに所定の車間距離を確保してくれることに感心した。 車間を測定し、車間が詰まるとブレーキをかけるという機能は同じだとしても昨日の作り込みのレベルの高さはさすがレクサス品質だった。 一方で感心しない機能もあった。 SUVの見晴らしの良さは名港トリトンでもパノラマ感が楽しめる。 当日は強い横風が吹いていたがロングホイールベースを誇る割りにとても横風に流されるしステアリングもとられてまっすぐ走らせるのに筋力が要る。 これはたまらないと思っていたが実はLTA(レーントレーシングアシスト)が作動していただけだった。 LTAは前方の車両を検知し、前車の動きと白線を頼りに車線維持の補助をする装備なのだが、高速道路を真っ直ぐ走れない若葉マークのドライバーの運転をトレースしていただけだったのだ。 RX200tはその運転に追従して蛇行しようとするが、ドライバーの私は真っ直ぐ走りたいのでそこでステアリングに抵抗を感じていた。 あまりにも抵抗されるのでステアリングから手を離さず力を抜いていると「ステアリングを操作してください」と警告メッセージが出る始末。 結局LTAをカットしたほうが疲労感は少なく、時折LTAを使い、違和感を確認しつつ、基本的には自分のステアリング操作で300km以上高速走行を楽しんだ。 ノーマルモードでも十分なトルクがあり、エコモードに入れてクルーズコントロールでのんびり走った。 一箇所だけ閑散とした長いトンネルがありそこで超高速を確認した。 アクセルを深く踏み込むとビッグトルクで車体を引っ張りあっという間に頭打ち。 車高が高いSUVで超高速域なので流石にふわついているが、私も含め一般的なドライバーがこの速度域で走り続けることは無いだろう。 敢えて強い制動をかけたが、ものすごい運動エネルギーをしっかり熱に変換してくれるブレーキは優秀であった。 50年以上前の国産車は高速道路でブレーキをかけただけでフェードしてしまったらしいので重量級のRX200tが安心して減速できることに自動車技術の進歩を感じた。 ただし、フットブレーキには満足したがエンジンブレーキに不満が残る。 「そういえばNXも同じだった」と思い出すまでそれほど時間はかからなかった。 同じパワートレーン、ドライブトレーンの宿命か。 走行性能をまとめると確かに高い次元でSUVの見晴らしとセダン感覚の走りが両立していた。 ただしボディサイズが大きすぎて乗る場所を選ぶ。 ラゲージは広い。 その広さを活かして自宅のラックを捨てにクリーンセンターを訪れたが、ラックを載せる際、Rrシートを倒す必要があったがレバー操作一つでシートバックが倒れてフラットな荷室が得られたのは便利だった。 私のRAV4だったら助手席まで使って運ぶところを、RX200tならRrシートを倒すだけで詰めてしまうのだから便利と言わざるを得ない。 また、スーパーで食料品を買ったが、買い物袋をラゲージに積む混み際、リモコン操作でバックドアが操作できて大変便利だった。 欠点はデザイン優先の為にローディングハイトが高すぎて買い物袋を高い位置まで持ち上げることが大変厄介だった。 あまり本気でRXに荷物を積む人は居ないのだろうか。 海外旅行のためのスーツケースの積み下ろしは結構大変そうだ。 セダンの様に一流ホテルのエントランスに乗り付けられるクロスオーバー4WD、それが1997年に発売された初代RX300(初代ハリアー)だった。 既に存在したブレーム構造を持つクロスカントリー4WD上級ワゴン(パジェロ、ランクル・プラド、ビッグホーン)等と比べて市街地でも扱えるサイズと軽量なモノコック構造による低燃費、洗練されたNV性能とメカニズムの簡略化で原資を得たプレミアム性などまさにブルーオーシャン戦略的なモデルだ。 後に世界中のプレミアムブランドがRXを模したモデルをラインナップに加えた。 日本車のやることなすこと「所詮欧州車のモノマネ・盗作だ」と言うのがテンプレート化したの日本車評なのだが、プレミアムSUVは日本発の商品だ。 試乗したのは2015年にFMCされた4代目の2. 税込み本体価格579万円に対してMOPでインテリジェントクリアランスソナー+RCTA(ブレーキ機能付)+BSM+パノラミックビューモニター(17. 3万円)とITSコネクト(2. 7万円)、アダプティブハイビーム(4. 9万円)、ムーンルーフ(10. 8万円)、後席シートヒーター(2. 2万円)を追加。 車両価格は合計で616. 9万円となる。 (あのでかいRAV4やNXは彼らにとってスモールSUV)いくら主戦場ではちょうど良くても日本では相当に大きく、運転するのが気後れするほどだ。 4代目の外形意匠は従来までのRXと比較して一層セダンらしさを追い求めている。 4代目RXがデビュー1年前に発売されたNXと類似したフロントマスクはFスポーツ専用のメッシュのラジエーターグリルとAHSを備えた三眼LEDヘッドライトで構成される。 RX200tはクオーターガラスの外形ラインがあたかもセダンのクオーターピラーを思わせる。 20インチの大径ホイールを履き、全長が110mm延長し、ホイールベースを40mm延長し、最低地上高を先代よりも20mm程度持ち上げて200mm確保した。 そしてFrオーバーハングを延長してエレガントなノーズ部分を演出した。 RX200tの主戦場の北米ではRXはLDT ライトデューティトラック に分類される。 日本の商用車・軽自動車のように規制緩和を受けられるメリットがあるが、3代目RXまではその要件をアプローチアングルで満たしていた。 4代目では伸びやかな意匠を実現する為に最低地上高 8吋 を満たしLDT要件を満たした。 Rrもキャビンを薄く見せながら視界に入りがちなRrワイパーをアルファードのようにRrスポイラー内蔵とする事ですっきりとした見栄えにできた。 シーケンシャルターンが少々エグ味をつけている以外はシンプルと言え、Frの顔つきはエグく、それがサイド、Rrに進むに従って段々とスッキリしてくるのがRX200tだ。 今販売されているマイナーチェンジモデルはエモーショナル成分を少し控えめにして顔つきもホッとする方向に戻した点は喜ばしい。 内装はセンタークラスターを強調するNXと異なり、あたかもセダンのような雰囲気で統一される。 スポーティグレードであるFスポーツは専用のダークローズの本革シートやディンプル模様があしらわれた本革ステアリングに加えてタコメーターを強調した専用のスピードメーターが装備されており、写真だけ見せられてもこれがSUVだと気づく人は居ないかもしれない。 コックピット感を出しながらも広々とした贅沢さが感じられるのはボディサイズに恵まれているからだ。 個人的に注目したのは空調のダクトだ。 ただの四角いダクトに見えるかもしれないが、RX200tのダクトは断面が大きい。 一般的なダクトの1. 5倍程度は大きい。 ダクトを大きくしてやればブロアファンで流速を稼がなくても流量が確保できることになる。 ダクト断面拡大はスペースを食う為、場所取り合戦が熾烈な小型車でこの対策を採用できない。 その意味でRX200tの大きなダクトは余裕あるボディサイズを活かした高級車らしい騒音対策といえるだろう。 私は意地悪して風量最大で耳を澄ましたが、私たちに頑張りを感じさせないで黒子に徹しながら空調を行う慎ましさにレクサスを感じた。 3日間共に生活してみて、RXのオールマイティな性格が理解できた。 また、EPB、AHS、ACCなどの新装備はBセグや軽自動車にも設定が拡大しているが、装備がある事実は同じでも、そのセッティングには高級車としてのこだわりが感じられたのは大きな収穫だった。 ボディサイズ以外はオールマイティな性格を持つ、これが私の総合的な感想だ。

次の

レクサス・新型RX vs ベンツ・GLEを比較!価格・大きさ・燃費は?

レクサス rx

レクサスが、SUV「RX」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。 新世代とすることにより魅力をアップするレクサス新型RXの価格、スペックなどを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代!レクサス「新型RX」フルモデルチェンジへ! レクサスが、SUV「RX」のフルモデルチェンジを予定しています。 レクサスRXは、レクサスのSUVラインナップで「LX」に次ぐ上級SUVとしてラインナップされ人気になり、ミドルモデル「NX」やエントリーモデル「UX」の発売にもつながりました。 2015年に登場した現行モデルからフルモデルチェンジするレクサス新型RXは、トヨタが開発した新世代パワートレインや新しい装備を採用することにより、魅力がアップされます。 新しいエクステリア、インテリアデザインを採用• 「デジタルインナーミラー」、「デジタルアウターミラー」を装備• 新世代のハイブリッド、ガソリンパワートレインを搭載• ガソリン車に新開発した8速ATを採用• ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らし、ブレードミラーの回転に同期させてLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することが可能に。 これにより、従来のAHSよりハイビームの照射範囲を広げ、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することができるようになります。 また、ドアミラーに代えて、上級セダン「レクサスES」にて初採用されたミラーレスシステム「デジタルアウターミラー」を採用。 風切り音の発生を抑制するとともに、雨天時などでも良好な視界が確保されます。 新型RXのボディタイプには、ボディを延長した3列シート仕様「RX L」も用意され、2列シート仕様とデザインの共通性を高めることで高い運動性能がイメージできる仕上げとされます。 ホイールベース:2790mm• ロングボディの「RX L」は上位モデルの「LX」と近いサイズとなり、3列シートでも余裕をもった空間がつくられます。 新装備!レクサス新型RXの内装(インテリア)デザイン レクサス新型RXの内装には、最新の装備と上質な素材が採用され、プレミアムSUVの高い質感がつくられます。 メーターには、車両の走行状況や走行モード、ハイブリッドパワートレインの稼働状況などをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。 装備には新しく、車両リアカメラの映像をミラー内に表示することで、荷物を満載した場合や夜間にも高い視認性を確保する「デジタルインナーミラー」を装備し使い勝手を向上。 室内空間は最新プラットフォームの採用により、後席ニールームやヘッドスペースが拡大され、快適性がアップします。 【RX450h】【RX450hL】【改良】 パワートレイン:V型6気筒アトキンソンサイクル3. 2kgm(4WDモデルのみ搭載)• 駆動方式:FF or 4WD レクサス新型RXのパワートレインには、改良した2Lターボ仕様「RX300」と3. 5Lハイブリッド仕様「RX450h」が設定されます。 2Lターボエンジンを搭載する「RX300」は低回転から最大トルクを発生し、トランスミッションに現行モデルの6速ATから多段化した新開発FF車用8速ATを搭載することで、より軽快な走りと高い燃費性能を両立。 後輪には、電気モーターで駆動するシステムを進化させた「新型E-Four」が組み合わせられ、高レスポンス、低燃費が実現されます。 また、新型RXでは足回りにシームレスな連続可変制御を可能にする「NAVI・AI-AVS」が採用され、ショックアブソーバーの減衰力を車両状態の変化に応じて最適に電子制御し、しなやかな乗り心地とフラットで安心感のある走りが両立されます。 直列4気筒2. システム出力:306ps• EV航続距離:80km• 新型RX450プラスは、電動化をすすめるブランドの主力モデルとしてラインナップ。 パワートレインはトヨタ「RAV4」に設定されたPHEVモデルからくるものとされ、直列4気筒2. 5Lエンジンと2つのモーターにより306psを出力。 高効率を追求することにより長いEV航続距離も確保され、日常では電力のみを使用した走行も可能となります。 ガソリン:13. ハイブリッド:20. ガソリンモデルは新たに8速ATを採用することにより、走行性能をアップしながら燃費も改善されます。 2Lターボ RX300:11. 5Lハイブリッド RX450h:18. 同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」や、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」を搭載。 また、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」も利用することができるようになります。 ガソリン:525万円~• ハイブリッド:635万円~ レクサス新型RXの価格は、最新パワートレインの採用によりアップします。 アップ幅は20万円ほどが見込まれ、ミドルクラスSUVとしてラインナップされるNXとのバランスがとられます。 RX300 FF:5,036,727円、AWD:5,301,818円• RX450h FF: 6,156,000円、AWD:6,421,091円• RX450hL AWD:7,815,273円 いつ?レクサス新型RXの日本発売日は? フルモデルチェンジするレクサス新型RXの発売日は、2021年後半が予定されています。 レクサスはRXを新世代とすることにより、拡大したSUVラインナップとの相乗効果を高めていく予定です。 初代と2代目は日本国内で、トヨタ「ハリアー」として販売されていました。 高級クロスオーバーSUVという新ジャンルを打ち出したことで人気になり、同クラスのパイオニア的存在に。 2代目では、2005年に高級SUVで世界初のハイブリッドモデルも追加され、高い環境性能も魅力のモデルになりました。 3代目からは日本でもレクサスRXとしての販売が開始され、トヨタ・ハリアーは日本国内専売車種として独立。 現行モデルの4代目は2015年にフルモデルチェンジし、レクサスのブランドデザインであるスピンドルグリルを大型化し、スタイルもシャープに。 エンジンをより重心に近い位置で支えるようにするなどの変更により不快な振動を軽減し、新型サスペンションや大径スタビライザーにより、フラットなコーナリング姿勢に仕上げられました。 新型レクサスRXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の