アルコール 入り ウェット ティッシュ。 除菌/消毒/殺菌/滅菌の違いと除菌シート効果の真実!手洗いとウエットティッシュどっち?

ウェットティッシュのおすすめ5選&選び方【ノンアルコールも】

アルコール 入り ウェット ティッシュ

新型コロナウィルスの拡大が収まりません。 2月21日には、これまで比較的感染しにくいとされてきた子供への感染も認められ、社会的な不安は募るばかりです。 日本国内でも既にここまで広範に感染が拡大している以上、行政の対策だけでは不十分であり、私たち一人一人が正しい知識を基に出来る範囲の対策を講じていくことが必要です。 しかし、そんな状況の中、問題となっているのが『マスク・消毒液の品薄』です。 一人一人が対策を行わなければならないにも関わらず、そのための道具が店頭から姿を消しています。 この転売ヤー問題について、行政などによる早急な対策が求められますが、現実問題として品薄が続いている以上、イマ何が出来るのかを考えていく必要があります。 そんな中、新型コロナウィルスの対策グッズとして注目されつつあるのが『ウェットティッシュ』です。 確かに、手を拭いたり身の回りを清潔に保つ上でとても便利なグッズですし、アルコール成分を含む製品も多く販売されています。 果たして、ウェットティッシュがコロナウィルスに有効なのか?現時点での情報をまとめてみました。 新型コロナウィルス対策として効果が認められているもの ウィルスには、エンベロープ(封筒)と呼ばれる膜を持つもの(エンベロープウィルス)と、持たないもの(ノンエンベロープウィルス)の2種類があります。 このエンベロープウィルスには、代表的なものとしてインフルエンザウィルスやエイズウィルスが挙げられますが、『新型コロナウィルス』もエンベロープウィルスに属します。 そして、エンベロープウィルスの特徴として、アルコール消毒によって感染力を失う(不活化)ことが分かってるのです。 (アルコール成分がエンベロープを破壊し、ウェルスの持つ感染力を失わせる。 ) 同じような理由で『次亜塩素酸ナトリウム』も有効だとされています。 また、これまでの研究で、人体への消毒を行う場合には消毒用アルコール(70%)、物の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効であることが分かっています。 (もちろん、手洗い、うがい、咳エチケットについて、それ自体でウイルスの不活化はできませんが、体内への侵入を防ぐ感染防止や拡散防止のために必要不可欠です。 ) 詳細は国立感染症研究所のホームページをご覧ください。 ウェットティッシュは有効か? 先述の情報を基に『ウェットティッシュ』が新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか見ていきましょう。 一般的にウェットティッシュと呼ばれる製品は、成分として以下のようなものを含んでいます。 ・主成分としての水 ・かびや細菌などの微生物の繁殖を抑える防腐剤 ・手あれ防止のための「湿潤剤・保湿剤」 ・油脂分を除去するためのアルコール・洗浄剤 これを見ればお分かりかと思いますが、基本的にウェットティッシュは湿らせて汚れを拭き取る目的に作られたものであり、見た目上キレイにはなってもウィルスに対する消毒効果はほとんどありません。 一部製品にアルコール成分を含んだものがありますが、これも含有割合としては低く、アルコール濃度は、20~40%が多いようです。 あくまで油分を受かせるための目的で、消毒効果は期待できません。 一方で、ウェットティッシュの中でも、『除菌』という言葉が書かれている製品もあります。 ではこういった『除菌ウェットティッシュ』には、新型コロナウィルスへの消毒効果があるのでしょうか? まずは除菌ウェットティッシの種類についてみていきます。 似たようなパッケージのものも多いですが、パッケージをよく見るとどこかに必ず『除菌』のタイプが書かれています。 主な分類としては『アルコールタイプ』と『ノンアルコールタイプ』です。 『アルコールタイプ』はその名の通り、アルコール(エタノール)を主成分として含有しており、『ノンアルコールタイプ』では「ベンザルコニウムクロリド」や「セチルピリジニウムクロリド」などの殺菌作用を持つ成分が多く使用されています。 いずれも除菌効果を謳った製品ですが、『ノンアルコールタイプ』については先述の通り、現状では新型コロナウィルスへの対策として有効かどうか実証されていません。 そのため、現時点では本当に除菌できているのかは分かりません。 一方で『アルコールタイプ』についてですが、実は「99. 9%の除菌効果」を謳っている高濃度のウェットティッシュでも含有成分をみると「50%未満」なのです。 これはペーパーを使っているという観点から、引火などに対しての危険性を配慮しているためです。 また、アルコールは揮発性を持ちますので、濃度が高くなるほど揮発性も高くなり乾きやすくなります。 そのため、使用する際にウェットティッシュとしての役割を果たすためにはアルコール濃度に限界があると考えられます。 つまり、『除菌』を謳っているアルコールタイプのウェットティッシュといえども、新型コロナウィルスへの消毒として有効とされる70%のアルコール濃度には届いていないのです。 しかし、効果がゼロか、と言えばそういう訳ではありません。 アルコール自体は含んでいますので、効果は薄まりはしますが、使用しないよりははるかに良いです。 ただ、それだけで万全に完全に消毒できているわけではありませんので、過信しないことが賢明です。 アルコール(エタノール)消毒液がどうしても手に入らない際の一時的な代替品としての使用をおススメします。 あなたが行っている対策は本当に有効なものでしょうか? 今一度振り返ってみて、正しい知識の基、有効な対策を選択出来るように心掛けてください。 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の

何かと便利なウェットティッシュ

アルコール 入り ウェット ティッシュ

アルコール入りウェットティッシュの用途 除菌効果のあるアルコール こちらが含まれているウェットティッシュは、テーブルや洗い場周りを拭くといった掃除、手を拭くといった衛生管理の面などで使われるようにラインナップされています。 小さなお子さんがいるご家庭でしたら、おもちゃや身の回りのものを綺麗にする際にも使用できます。 ただし、赤ちゃんの手などを拭く際はアルコール入りウェットティッシュは控えるようにしましょう。 アルコールは刺激が強い成分ですので、大人の方でも肌が敏感な方でしたら荒れてしまう原因になります。 実際使用してみて、肌荒れなどの症状が出る場合はアルコールが含まれないウェットティッシュを使用するようにしましょう。 ノンアルのウェットティッシの用途 アルコールが含まれないウェットティッシュは、肌に優しいことでも知られています。 その為、顔や汗ふきなどの衛生管理に使われていますので、赤ちゃんの顔や手拭きでも安心してお使いいただけます。 また、除菌効果があるノンアルコールタイプのウェットティッシュも存在し、アルコール入りのものと同等、若しくはそれ以上の除菌効果が得られるものもあります。 ただし、除菌効果を強くするため 「塩化ジメチルメジチルアンモニウム」や 「CPC 塩化セチルピリジニウム 」などの成分が配合されているものもあります。 ノンアルコールの物でも使用する際は成分をよく確認して、用途に合わせて使うように心がけましょう。

次の

【楽天市場】【出荷までにご注文から約15週間】除菌ウェットティッシュまとめ買い *除菌ウェットアルコールタイプ10枚入500個セット(1c/s)* アルコール入りティッシュ 業務用ウェットティッシュ大量購入 除菌ティッシュ 販促ティッシュ 名入れウェットティッシュ 無香料ティッシュ:お取り寄せスタジアム

アルコール 入り ウェット ティッシュ

「除菌」「消毒」「殺菌」「滅菌」「抗菌」の違いを分かりやすく解説 まずは大変似た言葉に見える、「除菌」「消毒」「殺菌」「滅菌」「抗菌」の違いについて見ていきましょう。 【 除菌 】 除菌とは菌を殺さず、 拭いたり洗い流したりするなどして菌を排除します。 石鹸やシート、掃除用のスプレーなどによく使われる表現です。 【 消毒 】 消毒は病原体の 微生物を死滅・除去させ、害のない程度まで減らすことにより感染を予防することを言います。 感染予防のために使うアルコール液などが該当します。 【 殺菌 】 殺菌は読んで字のごとく、 菌を死滅させることを目的としています。 洗剤や漂白剤といった雑貨には使えない表現で、薬用石鹸などの医薬部外品や、消毒薬などの 医薬品のみ許された表現です。 消毒と非常に似た意味の言葉ですね。 殺菌・・・菌を死滅させることのみに特化している 消毒・・・必ずしも菌を死滅させるのが目的ではない といった違いがあるため、言い方を分けています。 【 滅菌 】 滅菌は熱・薬品・放射能などで細菌を死滅させ、 無菌状態を作ることを意味します。 殺菌と似ていますが滅菌は「全滅」という意味があり、 殺菌の生存率が100万分の1にならないと滅菌とは言えません。 滅菌の製品は、小包装になった綿棒やガーゼなどがあります。 【 抗菌 】 抗菌とは、 雑菌の繁殖を抑制させることです。 ただし雑菌の繁殖を抑えるだけで、カビ・黒ずみ・ぬめりなどを防ぐ効果はありません。 日用品や家電用品、ペット用品でみかける表現ですね。 実はアルコール無しのものより、アルコールが入っている方が少し割高です。 その値段の差は、アルコールの有無です。 アルコールが入っていれば除菌効果も高まります。 ただしアルコールは肌への刺激が強く、独特の刺激臭もあります。 アルコールが入っていないからと除菌効果がないのかというとそうではありません。 赤ちゃんに使う時や手肌が弱い人が使う場合は、アルコール無しのタイプを選ぶようにしましょう。 100均と薬局で売っているシートの価格差はどこから? 最後に、100均で売っている除菌シートと薬局で売っている除菌シートの違いです。 値段が安いのは、当然100均で売られている除菌シートですよね。 同じような効果があるのならば、その値段の差はどこから来るのでしょうか? その答えは、 シートの厚さと使用しているアルコールの原価が違うため、値段が変わってくると言えます。 シートの厚さは言わずもがな、薬局で売っているものの方が厚いです。 アルコールの原価が高ければ、更なる除菌効果も期待できます。 除菌効果にこだわりがないのならば100均のものを、より除菌効果を求めるのならば薬局で売っているものを使うことをお勧めします。 ウエットティッシュと手洗いどっちがウイルスや菌が落ちるか検証! 手軽に菌やウイルスを落とせるウエットティッシュ、かたや同じく菌やウイルスを落とす手洗い、どちらがいいのかをここでは解説していきますね。 結論から言いますと、 手洗いの方がウイルスや菌を落とせるという結果が出ています。 その理由としては、 ・土やホコリなど、その他の汚れも落とせる ・細菌の餌である皮脂も落とせる この2点がウエットティッシュより優れていると考えられます。 風邪やインフルエンザ、ノロウィルスの予防には手洗いうがいが効果的と言われますね。 もし帰宅して、ウェットティッシュだけで手を拭いているなら、手洗いに変更した方が良いでしょう。 ちなみに、一番いい方法は手洗いをした後仕上げとして、除菌効果のあるウエットティッシュで拭いたりスプレーをかけることです。 まとめ 感染予防は、手指についた細菌やウイルスをなくすことが重要です。 除菌シートや殺菌スプレーなどを上手に使い、病気や感染症から身を守りましょう!.

次の