化 物語 スロット 撤去。 【6号機】来るぞ6号機時代!化物語撤去。ハナハナ、ジャグラーはどうなる?

パチスロ 化物語2 セカンドシーズン 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 黒トロフィー 直撃

化 物語 スロット 撤去

miyaです。 今日はスロット新台「物語シリーズセカンドシーズン」を打ってきましたので現在わかっている解析や打感、低設定濃厚台と6確定が出ていた台を打ち比べてきましたのでそれについて書いていきます。 2020年3月16日に導入された新台の考察ですので、間違った情報も含まれている可能性があります。 基本スペック 天井 500G+1周期(実質550G前後、当選はスイカ短縮の影響からか500G前後が多い) 200G付近にも天井有り。 (実質250G前後) 恩恵は終末ノ儀を経由して傾物語当選です。 通常時にスイカで天井短縮抽選を行っているとのことですが、低設定ではほぼ意識しなくて良さそうです。 高設定では200Gの選択が多くなりますが、このスイカの抽選が作用しているかは現状ではわかりません。 個人的な打感ではあまり関係ないような? 天井期待値 3月30日更新 天井期待値は200Gから1300円。 かなり狙える&拾えます。 ヤメ時は有利区間終了後即やめでOKです。 ゲーム性 通常時は周期抽選から終末ノ儀を目指します。 画面左上がマップになっています。 おおよそ右上に進むほど終末ノ儀当選率が高いようです。 下から2段目まで進めば基本的に上までは進むようです。 子役は前作ほど意味はないです。 どちらかといえば周期ゲー。 結末ノ儀 前作の解呪の儀のようなゲーム性 15ゲーム間で解呪図柄を揃えると期待度上昇と多くのサイトに書かれていますが、自力は半分ぐらいで残りの半分はデキレ(大当たり濃厚)のような感覚。 北斗天昇の断末魔ゾーンに近いイメージだと思ってもらえばわかりやすいです。 (北斗はデキレが8割だけどこれは5割ぐらい?若干ですが自力の余地は多いと思いました。 ) ここへの設定差はほぼ無い印象です。 突破率もそれほど意識しなくて良さそうです。 狙え!って言われたら解呪図柄を狙いましょう。 (キャラカットインが出ないとどこを狙えばいいか教えてくれません笑) 傾物語 この後に突入する傾チャレンジが実質CZ。 リゼロで言うところの白鯨攻略戦。 ここへの突入率が高設定は優遇。 特に300G以内(200天井+)の当選率が大きく違います。 6のデータでは8割近くがここまで当選しています。 が、低設定では5割以下の当選率です。 データ上ではお店のデータカウンターにもよりますがREGとして扱われる店が多いようです。 傾チャレンジ ここでの確率は低設定では初期確率が30%~50%がほとんどです。 逆に高設定では70%~90%が出現しました。 ここの表示確率はデキレではないと信じたいですが... 設定差が特に大きいポイントです。 バトル中の好機は低設定では全く好機ではありません(笑) 突破するときは上記画像のように100%が出てくることや、図柄停止時に演出が入ることが多かったです。 (花はすき?みたいなやつ) 最終演出まで行くと割と厳しいことが多い印象です。 ここでの解呪図柄揃いでは100%が出てきたので確定? メインAT倖時間SS 最初は倍々チャンススタート。 ハズレ停止で終了です。 ハズレ確率が体感で結構高いので前作の倍々チャンスよりはかなり事故らせにくい印象。 あとAT中、とにかく狙え!って来ます。 が、稀にしか倍々チャンスやボーナスには当選しないので初代の化物語の感覚で揃えると何やってんだ?って気持ちになりますがそういった仕様のようです。 最初は飽きなくていいけど、かなりしつこい上にほぼ無意味なので、すぐ狙わないで消化することになりそうです... ;; 超倍々チャンス 超倍々チャンススタートも確認しました。 (全く伸びませんでした;;無理ゲー感は強め)前作でもそうだったけど後半で超入れないと事故らないよ。 初期に突入するこの仕様にちょっと理不尽さを感じてしまう。 一応子役とかでも引きがあれば入るとは思います。 中段チェリー Vフラが発生。 自分も含めてAT当選していたので恩恵は傾物語当選&倖時間当選? 設定6濃厚のスランプグラフ 見てわかるようにかなりの安定感がありそうです。 このお店ではないですが、実際に自分が打たせてもらった高設定(6濃厚)の台では前述の通り、低設定と比べて300Gまでの傾物語当選率、傾チャレンジの初期撃破確率が優遇されているように感じました。 ATの期待枚数的には若干高設定の方が低そうです。 (弱AT、強ATのようなシステムがありそう?) 感想・打感 北斗、エウレカ、リゼロを足して3で割ったような台。 初打ちでは物語シリーズの演出も相まって楽しめました。 ただ数回打てばAT中の狙えカットインは煩わしくなること間違いなし。 弱ATでは正直何の抽選してるのかわかりません。 一番の見せどころの倍々チャンスは前作以上に厳しい感じがしてしまいます。 解析が出る前の方が楽しめる系の台だと思うのでハイエナ期待値やらなんやらが出そろう前に一度打ってみてはいかがでしょうか?解析が出たらやっぱりハイエナゲーでした。 ヤメ時に注意! 設定差に関しては子役確率やトロフィー出現よりも傾物語当選ゲーム数と傾チャレンジの突破率で早い段階からある程度見分けがついてしまいそうです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 スポンサーリンク suromiya.

次の

【最新】スロット撤去日カレンダー(6/2更新) パチスロ撤去 沖ドキ 2020年 2021年 5号機 5.9号機 珍古めりこみ隊

化 物語 スロット 撤去

スロット設置期限の「最大1年延長」が決定 5月14日、警察庁は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」及び「遊技機の認定及び型式の検定に関する規則」の2つの改正規則の付則を改正し、経過措置期間を1年間延長する方針を明らかにした。 改正日は本日14日。 施行日は未定(通常であれば一週間程度)。 改正されれば、旧基準機については認定、または検定が切れる日から一年間、営業所への設置が経過措置期間を延長して認められる。 ただし、対象は施行日以降に認定や検定が切れる遊技機に限られる。 引用元:様 「新型コロナウイルス感染症」の影響により設置期限が延長されるようです。 設置期限延長の理由• 全国的にホールの営業自粛状態が続いている• 入替作業時の感染拡大防止措置が必要• 新台の供給が遅れている 等の理由が有るようです。 「設置期限までに入替が間に合わない」という事のようですね。 スロット設置期限延期機種の詳細 警察庁は20日、一部改正した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」を交付、同日施行した。 これを受けてパチンコ・パチスロ産業21世紀会では同日に旧規則機の取扱い内容を決議。 設置期限の延長を受けた遊技機についても計画的な撤去を推進するために段階的な撤去期限を設定しており、高射幸性パチスロについては当初の検定・認定切れの日付までに撤去を行うほか、射幸性が低いとされる羽根モノ・甘デジ等やパチスロノーマルタイプについては検定・認定切れより7カ月以内の順次撤去、その他遊技機についても本年末までを期限として毎月撤去を行っていくとした。 引用元:様 このように決まったようです。 上記の決定により設置期限は以下のようになります。 2020年5月20日~2020年12月31日までに検定・認定切になる機種• 高射幸性遊技機は予定通り撤去(ミリゴ凱旋・サラ番等)• ノーマルA機は「最長210日」設置期限延期(マイジャグラー3等)• 以外」の機種は 2020年12月31日まで設置期限延期(沖ドキ等) 2021年1月1日~2021年1月31日までに検定・認定切になる機種• 一律「2021年11月30日まで」設置期限延期 人気機種の「まどかマギカ2」やAT機の「戦国乙女2」「麻雀物語3」も2021年11月30日まで打てる事になりますね。 5号機(旧基準機・新基準機)が撤去されるタイミング 6号機に移行する「2018年2月1日」に一斉撤去となるわけでは有りません。 「検定通過日から3年間」は6号機移行後も設置可能です。 そして「認定を受ければさらに3年間」の設置が可能となります。 前倒し認定を受けることにより「2021年1月31日」まで設置が可能となります。 旧基準機(沖ドキ・ミリゴ凱旋等)の撤去日 「検定通過日から6年間」設置可能となります(認定を受けている場合) 主な機種の撤去日は下記の通りです。 Dステ姫路店のバジ絆・ハーデス撤去騒動 2018年2月上旬に営業時間中に警察が突入して「バジ絆」「ハーデス」が稼動停止されるという事件が有りました。 騒動の詳細はコチラを参照下さい。 参照元: この騒動は「 認定を受けていなかった」事が原因です。 例えばバジ絆は認定を受けていないと「2016年12月15日」までしか検定期間は有りません。 そのため2018年2月より「みなし機」となって撤去対象となった訳ですね。 認定を受けている機種は2018年2月以降設置しても全く問題は有りません。 安心して打って下さい。 新基準機(番長3・星矢海皇等)の撤去日 「検定通過日から3年間」または「2021年1月31日まで」(認定を受けている場合)設置可能となります。 主な機種の撤去日は下記の通りです。 戦国乙女2等は「 ホールにより撤去日が異なる」という状況になりそうですね。 みなし機(検定・認定切れ)の撤去日 ノーマルA機の撤去日 2018年2月1日時点でみなし機(検定・認定切れ)は基本的に撤去されます。 しかしノーマルA機に関しては以下の温情が有ったようです。 来年2月1日の改正規則施行後に設置できるものは、経過措置として、検定期間、認定期間を残す遊技機となっている。 また、みなし遊技機のうち、比較的射幸性の低いものについては、改正規則施行後、改正規則に適合する遊技機が市場に投入され、営業所において、遊技機を入れ替えるまでどれくらいの期間を要するかを踏まえて、適宜の措置が行われることが考えられるが、その取扱いの対象となるみなし遊技機 以下「対象みなし遊技機」という については、以下の通りとなった。 「みなし機撤去」についてはコチラに詳しく書いています。 を調べてみました。 全国で「1店舗」番長2は設置されているようです。 旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率問題 設置期限とは別に「旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率」の問題も有ります。 しかし「全日遊連」は設置比率を以下のように下げていく方針のようです。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下• 2019年以降は代替機として「新基準AT機」を再設置する流れになるかと思います。 新基準AT機の撤去日についてはコチラをどうぞ。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下 というのは「なし崩し的に延期(中止)」となったようです。

次の

化物語2 (物語シリーズ セカンドシーズン) スロット新台

化 物語 スロット 撤去

すでにネットなどで報じられている通り、パチンコ・パチスロの旧基準機、いわゆる パチンコのCR機と パチスロの5号機の 設置期間延長が決まりました。 これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるもので、現状での新基準機(P機、6号機)への入れ替えが困難であることや、台の入れ替え作業による感染拡大を防止するための措置となっています。 このコロナ禍で、ホールの休業やパチンコへのバッシングなど、いろいろとあっただけに素直に喜べるものではないですが…、ホっとしている人も多いのではないでしょうか。 我々、珍めりもさよなら予定日が伸びたことに関しては安堵しています。 さて、細かい経緯などは後半で説明するとして、まずは 暫定版のパチスロさよなら予定日カレンダーをご覧ください(パチンコは後日掲載)。 なお、暫定版となっているのは、現状わかっている情報を元に作成したからであり、今後の情報次第で日付などは変更される場合があります。 あと、 約5年分の機種のさよなら予定日を列挙しているのでカレンダーが長いです…(汗)。 タイプ別やさよなら予定日による 絞り込み機能をご活用下さい。 ちなみに、パチンコ・パチスロ産業21世紀会とは、遊技業界の健全な発展を目指して、業界各団体の相互の連携と意志の疎通を図るために結成された、業界14団体からなる組織。 今までにものめり込み(依存)問題への対応や、不正撲滅、遊パチの促進などに取り組んでいます。 具体的に決議されたのは下記の通り。 元々のさよなら予定日が2020年年内だったか、2021年以降だったかによって延長期間は異なりますが、いずれにせよ 高射幸機(高射幸性遊技機)に関しては手加減ナシといったところでしょうか。 イメージがしにくい方のために図解でもどうぞ。 21世紀会の決議を受けて、さよなら予定日カレンダーを組んだわけですが、現状ではいくつか気になるところも……。 疑問点やポイントをまとめてみました。 メーカー団体が特に高い射幸性を有すると区分した遊技機で、先に出た業界6団体によりリストが作成されています。 パチンコは大当り確率399分の1など、現在ホールに置いてない機種のみなので今回のさよなら予定日延長にさほど影響はありませんが、パチスロは人気どころの 「サラリーマン番長」や 「ゴッド凱旋」などが含まれています。 具体的なパチスロの高射幸機はさよなら予定日カレンダーから抜粋したので、下記の表をご参照下さい。 ちなみに、ネットなどでも話題となっていた 「沖ドキ」は高射幸機には該当しませんが、 2020年5月19日までに認定が切れていた地域では(規則改正は5月20日施行のため)、延長措置は認められない模様……。 ただ、ハナビに関しては検定通過日の異なる 「マットブラックver. 」や 「白夜ver. そのため、当初2020年12月1日~12月31日にさよなら予定日を迎えるはずだったパチスロのノーマルタイプや、パチンコの羽根モノ・甘デジ・ちょいパチは、2021年10月31日まで設置が可能に!? パチスロでは 「ゴーゴージャグラー」と 「スーパーラクラクビスカス」のさよなら予定日が10月31日まで伸びるんではないかと!? どの機種を残していくかはホール次第なので、ほとんどが人気機種を残すと思われますが、 「今あの機種はあそこでしか打てない!」というマイナー機種を残すホールが現れて、これまで以上にホールの特色が出てくる可能性も。 理由としては、延長された1年はメーカーからの部品などの供給が困難になることが想定され、保証書の作成・発行に必要な確認や点検において正確性を欠く疑いがあり、適切で安全な中古機の流通が行われない可能性があるためとのこと。 打つ側には大きな影響はなさそうですが、延長期間中に台が故障してしまった場合はどうなるんでしょ? 旧基準機の設置期間延長についてはまだ詳細がわかりきっていないので何ともいえないところですが、パチンコ・パチスロに関してはひさびさに明るい話題を聞いた気がします。 ユーザーサイドはともかく、このコロナ禍の影響で金銭的にも精神的にもダメージを受けたホールさんはとても多いと思うので、少しでもいろいろな負担が減っていればいいなぁと。 あとは、前回でも一部を取り上げましたが、規制改正直前の4月~5月19日までにさよならした機種は不憫でしたね。 個人的には最後にホールで「B-MAX」を打てなかったのがちょっと残念です。 そして、さよなら予定日が延びることはとてもうれしいことなのですが、パチンコ版の対象機種(2014年6月以降に検定を通過したCR機)はパチスロよりもさらに膨大な数あるそうで……。 いや~うれしいなぁ~。 というわけで、パチンコ版はしばしお待ち下さい。

次の