タンパク質 食べ物。 高タンパク質低カロリーの食材|ダイエットにおすすめ!タンパク質が豊富な低カロリー食材とレシピまとめ

アスリートがおすすめするタンパク質の多い食品を紹介します

タンパク質 食べ物

腎臓病と低タンパク食 腎臓はどこにいくつあるのでしょうか? 私たちの腎臓は、腰の辺りに左右ひとつずつあります。 握りこぶしよりやや大きいソラマメのような形をしています。 腎臓はどのような働きをしているのでしょうか? 腎臓は、体の中の(血液中の)老廃物や余分な水分を尿として体外に排泄する仕事をしています。 しかし、腎臓の働きはそれだけではありません。 血圧を調節したり、血液のpH(酸性・アルカリ性の程度を表す単位)を一定に保ったり、からだに必要ないろいろな成分を作ったり、私たちが生きていくために大切な仕事をしています。 では、腎臓が悪くなりこれらの働きが出来なくなってしまうとどうなるのでしょうか? からだに老廃物がたまり危険な状態になります。 余分な水分もたまりむくみが出ます。 吐き気や頭痛、頻脈、食欲不振、だるさが増したり、血圧が上がったり、貧血になったり、骨がもろくなったりします。 この状態を腎不全といいます。 腎臓は、せっかく2つあるのに片方ずつ悪くなることはなく、2個同時に同じように悪くなってしまいます。 しかも、一度壊れた腎臓は元には戻りません。 さらに悪いことに、腎臓病を放っておくと一定の割合でだんだん悪くなるのではなく、加速的に悪くなってしまいます。 何とか進行を遅らせることは出来ないのでしょうか? それにはまず腎臓の仕事量を減らしてあげることです。 老廃物をなるべく減らして、腎臓への負担を軽くしてあげれば良いのです。 老廃物の量を減らすには一体どうしたらよいのでしょうか? 腎不全になると、よく「タンパク質を減らしましょう」といわれますが、なぜでしょう? 私たちが普段食べたり飲んだりしているものは、脂質・糖質・タンパク質という栄養素に分けられます。 これを3大栄養素といいます。 この中で、脂質と糖質はからだを動かすエネルギーとして使われた後、息(二酸化炭素)や汗(水)となってからだの外へ出ていきます。 しかし、タンパク質だけは血となり肉となり私たちのからだをつくるエネルギーとして使われた後、息や汗のほかに老廃物(尿素窒素など)となります。 この老廃物を除去し体外に排泄するのが腎臓の仕事です。 この老廃物は体から自然に出て行くことはありません。 腎臓のみがこの老廃物を除去し排泄できるのです。 例えば、腎臓をザルのようなもの、網目のあるふるいだと思ってください。 そして腎臓に流れ込む血液を玉石の混ざった土砂だと思ってください。 このザルで土や砂利やゴミなど(老廃物)をふるい落として捨て、大きくてきれいな玉石(血球や栄養成分)だけを残す仕事、これが腎臓の主な働きです。 新しいザルだとなんともない作業でも、傷み弱ったザルで同じことをするとどうなるでしょうか? 腎臓が悪いということは、このザルが傷み弱った状態です。 傷んだザルの網目を沢山の土や砂利やゴミなどが通り抜けていくと、網目はますます傷み壊れていきます。 ザルをこれ以上壊さないようにするためには出来るだけ網目を通り抜ける土や砂利やゴミなど(老廃物)を少なくしてやることです。 あらかじめ土や砂利やゴミなど(老廃物)をある程度取り除いてから傷んだザルを使うのです。 つまり、口から入ってくる食品のうち、老廃物を作り出す食品を減らしてやればいいのです。 これが「タンパク質を減らしましょう」といわれる所以であり、腎臓病の食事療法なのです。 しかし、タンパク質は大切な3大栄養素のひとつ。 ただタンパク質を減らしたのではバランスが崩れてしまいます。 生きていくためのエネルギー摂取も休むことは出来ません。 タンパク質を減らした分、脂質と糖質で補う必要があります。 減らすのはタンパク質であり、カロリーではありません。 1日の摂取カロリーが減ってはいけないのです。 タンパク質を減らしても、同時にカロリーも減ってしまうと、からだは自分自身のタンパク質(筋肉など)を分解して不足したカロリーを補います。 これではせっかく食事でタンパク質を減らしても多量のタンパク質を取っているのと同じことになってしまいます。 これでは腎臓というザルを傷めながら通り抜ける老廃物は減りません。 カロリーを落とすことなくタンパク質を減らす方法とは? タンパク質を減らす目的は、老廃物を減らすことです。 なるべく老廃物が出ない食品をしっかりと摂り、なおかつカロリーを確保することです。 老廃物が出ない食品には、どのようなものがあるのでしょうか? 脂質と糖質、そして、必要最小限量の良質なタンパク質です。 脂質と糖質とは、油、砂糖(はちみつ・水あめなど)、でんぷん類(春雨・くず・くずきり・片栗粉など)です。 脂質と糖質には、もともとタンパク質が含まれないので老廃物が出ません。 それ以外の食品すべてにタンパク質は含まれています。 肉や魚はもちろん、ご飯やパン、野菜や果物、コーヒーまであらゆる食品にタンパク質は含まれているのです。 私たちが主食として普段食べているご飯やパン、麺類などにはけっこう多くタンパク質が含まれています。 しかしこれら主食に含まれているタンパク質は質やバランスが悪く、老廃物がたくさん出来てしまい、食事療法の妨げとなります。 そのため、腎臓病の食事療法では、タンパク質は老廃物が出ない良質なタンパク質を体にとって必要最小限量だけ摂るようにします。 腎臓病の進行具合に合わせて量を計算した、適量の良質なタンパク質は100%からだをつくるためのエネルギーとして使われ、老廃物が出ないのです。 食品のアミノ酸価に注目! タンパク質の質とバランスを見る指標としてアミノ酸価というものがあります。 この指標、アミノ酸価が100に近いほど良質のタンパク質とされています。 体に良い成分も含まれているので、きちんと制限量を計算して食べれば問題ありません。 良質なタンパク質にはどのようなものがあるのでしょうか? 良質なタンパク質とはアミノ酸価が高く、バランスの良い動物性タンパク質(肉や魚、牛乳、卵など)です。 しかし、良質なタンパク質は100g中のタンパク質の量が多く、意外と少量でもすぐ制限量を超えてしまいます。 必要カロリーを確保しつつ、タンパク質を抑えるには一体どうしたらよいのでしょうか? 一般的な食品のみで必要カロリーを得ようとすると質の悪いタンパク質が多くなり、良質のタンパク質が少ししか摂取できません。 主食の量を制限し、良質のタンパク質を摂取して1日のタンパク質制限内に収まるようにすると、今度は必要となるカロリーが足りなくなります。 そこでつくられたのが、低タンパク食の人のための 「治療用特殊食品」です。 これは、カロリーは変わらずタンパク質を抑えたまさに理想的な食品です。 主食であるご飯やパン、麺類などからお菓子類などの間食用、またレトルト食品まで揃っています。 病院や通信販売で購入できます。 特に主食を治療用特殊食品に変えることはとても有効です。 今まで主食に含まれていた質の悪いタンパク質がなくなるので、その分を良質のタンパク質摂取にまわすことが出来ます。 その上で必要カロリーをしっかり摂る事が出来、さらに制限に余裕を作りおやつや嗜好品を摂ることもできるようになります。 治療用特殊食品の利点はタンパク質を抑えられるだけでなく、急激な血糖の上昇をおさえ、高脂血症の予防にもなります。 なにより、治療用特殊食品を上手に取り入れることでバラエティにとんだ食事が出来ます。 腎臓病の食事療法がうまくいくと・・・ からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。 老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。 非常にうまくいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。 腎臓病の食事療法は薬だと思って我慢して食べるものではありません。 これを食べれば良くなるといったものもなければ、食べてはいけないものもありません。 制限の範囲内であれば、どんなものでも食べることが出来るのです。 食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。 本人の強い意志と続けていく勇気を持つことです。 食事療法は、患者自身が自ら積極的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。

次の

アスリートがおすすめするタンパク質の多い食品を紹介します

タンパク質 食べ物

普通のサラダチキンは毎日食べると飽きるんだけど、このスモークサラダチキンは毎日食べても飽きないので、お弁当に持っていってます! 伊藤ハム サラダチキンスモーク 容量 110g カロリー 118kcal タンパク質 25. 1g 脂質 1. 7g 炭水化物 1. 3g ノンオイルのツナ缶 缶詰は 賞味期限がめっちゃ長いのでぜひ常に家に置いて置いてほしい商品です! サラダにのせたり、卵と一緒に炒めたり、ブロッコリーと和えたり、何かと使い勝手がいいです。 オイルが入っているものは脂質がドカンと上がってしまうので、 絶対にノンオイルのものを買ってくださいね。 初めは「味気ない…」と思うかもしれませんが、まぁ慣れます。 ほんとです。 おそらく、一番簡単でヘルシーな魚類の摂取方法だと思うので、普段あまり魚を食べない生活をしている方にはぜひ取り入れてほしいです。 最近魚食べてないなーやばいなーと思った時にツナ缶を食べることによって、魚を食べていない自分への罪悪感を消してます いなば ライトツナスーパーノンオイル 容量 70g カロリー 53kcal タンパク質 12. 5g 脂質 0. 3g 炭水化物 0. 2g サラダクラブ チキンささみ ノンオイルツナ缶と並んで 賞味期限がめっちゃ長いストック商品がこちら、チキンささみです。 サラダクラブさんが、「サラダへのトッピングにいかが?」と出している商品なので、生野菜サラダにこれをトッピングしてください!それだけでタンパク質を約10gも取れちゃうから超便利! サラダチキンと違って 常温保存OKなので、冷蔵庫の空き状況を心配する必要はないし、会社に置いておいてコンビニのサラダの上にこのチキンささみをトッピングしてタンパク質を手軽に補給できるのがいい点! シーチキンと同じような用途で使えるけれど、 缶じゃないのでゴミ捨てが面倒くさくないのもプラスポイント。 我が家ではこの商品をAmazonの定期便で買ってます。 安くなるし自動で届くのでとても助かる…! サラダクラブ チキンささみ 容量 40g カロリー 47kcal タンパク質 10. 7g 脂質 0. 3g 炭水化物 0. 3g 卵 すっごい普通のものきたね。 「卵とかみんな買ってるわ!」 と、怒られそうですけれども、ダイエット(ボディメイク)にはとっても重要なので入れました。 普段の料理に取り入れるのももちろんいいのですが、私は ゆで卵にしてしまってお腹が空いた時に食べることが多いです。 そのゆで卵をいちいち鍋で作るのが面倒臭いというくらい面倒くさがり屋の私は、レンジで一気に4つ作れるコッコさん(と私が呼んでいる)を使っています。 コッコさんに水と卵を入れてレンジでチンすれば、ほったらかしにできるのでとてもいい商品! ちなみに… 卵に書かれている賞味期限は、生食の時に適応される賞味期限なので、加熱調理して使う場合はもう少し後まで使えますので、過ぎたからといって破棄しないようにしましょう 卵Mサイズ 容量 1個60g カロリー 91kcal タンパク質 7. 3g 脂質 6. 1g 炭水化物 0. 1g ギリシャヨーグルト ギリシャヨーグルトとは、普通のヨーグルトを水切りして水分や乳清(ホエイ)を取り除いたもので、一般的なヨーグルトより水分が少なくタンパク質が多い、ダイエットにぴったりな食品です! こちらもずいぶんメジャーになってきたので、続々と新商品がでてきていて嬉しい限りです。 パルテノ、オイコス、タンパクト、トップバリュのギリシャヨーグルト、イーセイスキルなどなど…味もたくさんあるので飽きることなく美味しくタンパク質を取れて本当にいい商品です。 普段の食事に取り入れてもいいですし(オートミールと混ぜて食べるのも美味しいですよ)、おやつとしてお腹が空いたときに甘いものを食べたくなったら食べるのもいいです。 普通のヨーグルトを食べるよりもギリシャヨーグルトです。 おいしい! お腹にたまる! 最高! 加糖でもカロリーはこんなもんなので、特に無糖の味が好きなわけじゃなければ無理して無糖を食べる必要ないかな〜と思ってますし、味付きのものでもカロリー変わりませんのでおいしい!と思うものを食べるのが一番いいです! 笹かまぼこ 私のごはん日記によく登場するのが笹かまぼこです。 炭水化物量が多いことから、糖質制限ダイエットではあまり推奨されない食べ物ですが、私は「高タンパク中糖質低脂質」をモットーとしているので、食べます。 笹かまのいいところは、ご飯を作るのが面倒な時に皿に盛るだけで1品になるところと、 タンパク質が豊富にとれる上に脂質がとても少ないことです。 ただ、カロリーがそんなに低いわけではないので、ほどほどに食べましょう。 セブンイレブン 笹かま 容量 1袋5枚 カロリー 150kcal タンパク質 19g 脂質 1. 5g 炭水化物 14. 5g 好きなんですよ笹かま。 あまり話題に上ることが少ないのでさみしいばかりです。 皆さん、ぜひ食べてください… おまけ 炭酸水 高タンパクではないけどおすすめとしてここに入れておきたい…それは炭酸水。 お腹が空いたなぁ…なんか水とかお茶とか飲むの飽きたなぁ…ジュース飲みたいなぁというときは、みなさん炭酸水を飲みましょう! お腹が空いたなぁと感じた時に炭酸水を飲むことによって、 お腹が膨れるので食欲が収まることが多いです。 ただ、ちょっとしか飲まないと逆にお腹が空いてしまうこともあるみたいなので、がっつり飲みましょう。 炭酸水500mlをスーパーやコンビニで買うと1本100円以上はするので、ぜひネットで買ってください。 例えばAmazonだと24本まとめ買いで1,995円(2020年6月21日現在)なので 1本あたり81円です。 Amazon定期便で買うとさらにお安くなります。

次の

タンパク質含有量の多い食べ物一覧!安いのは?コンビニで買える?ダイエットにはどれが良い?

タンパク質 食べ物

タンパク質は人体には欠かせない栄養素のひとつです。 このタンパク質の含有量が多い食べ物とは何なのでしょう? ダイエットをするとき、筋肉をつけたいときにおすすめの食べ物は?安い(コスパが良い)ものやコンビニで買えるものってあるの? タンパク質の多い食品一覧やそのレシピまで、たっぷり情報をお届けします。 タンパク質とは? タンパク質とは、人体に必要な栄養素のひとつです。 筋肉や内臓・髪の毛や血液等の材料にもなっているのがタンパク質です。 食べ物から摂ったタンパク質はそのままでは利用することが出来ません。 ですので、体内で消化されアミノ酸という物質に変わります。 その後、肝臓に送られたアミノ酸は蓄えられ、必要な時に必要な組織に送られるようになっています。 タンパク質の必要量は?不足したり摂りすぎるとどうなるの? このタンパク質、どれくらい摂れば良いのかというと、自分の体重を元に算出していきます。 体重が60kgの方だったら最低でも60g。 そうです。 体重1kgあたり1gのタンパク質を最低でも摂っていきましょうというのがポイントです。 しっかり筋トレ等をしていく人だったら体重1kgあたり1. それらはトレーニングの強度や量にもよるので、よく分からない人は「とりあえず体重1kgあたり1g摂るぜ!」と思って頂けたら良いと思います。 このタンパク質が必要量から大きく下回っている状態が続くとどうなるかということなのですが、現代栄養学的に見ると ・爪がもろくなる ・抜け毛が多くなる ・お肌のツヤやハリが無くなる ・トレーニングを頑張っても効果が出にくい ・体内に水が溜まりむくみやすくなる ・貧血 ・免疫力低下 ・疲れやすさ 上に挙げた症状を現在感じている人はもしかしたらタンパク質の不足が原因かもしれません。 今からご紹介するタンパク質の多い食品をしっかりと摂って、良い身体へと変化して参りましょう。 タンパク質含有量の多い食べ物一覧!【お肉編】 タンパク質が豊富に含まれている食べ物を紹介していきたいと思います。 まずはお肉編。 タンパク質といえば!の定番でもあるので全体的にお肉はタンパク質が高めになっています。 お肉のタンパク質含有量一覧はこれ! まずは一覧を見てみましょう。 肉類 カロリー(kcal) タンパク質(g) 牛すじ 156 28. 4 牛ヒレ肉 185 21. 3 豚ヒレ肉 115 22. 8 豚もも肉 183 20. 6 牛もも肉 209 19. 5 鶏ささ身 105 23. 1 鶏むね肉(皮なし) 108 22. 3 鶏もも肉(皮なし) 116 18. 9 牛肩肉 241 16. 8 牛サーロイン肉 334 16. 5 牛バラ肉 454 12. 6 牛タン 268 15. 2 牛レバー 132 19. 6 豚肩ロース肉 253 17. 1 豚ロース肉 263 19. 3 豚バラ肉 386 14. 3 豚レバー 128 20. 5 鶏むね肉(皮つき) 191 19. 5 鶏もも肉(皮つき) 200 16. 3 鶏手羽先 211 17. 5 鶏レバー 111 18. 9 ロースハム 195 16. 5 ベーコン 405 12. 9 ウインナー 32 13. 2 その中でも特におすすめなものをいくつか紹介します。 牛ヒレ肉 タンパク質含有量 100gあたり 21. 3g コスパは悪いですが、牛肉の中ではおすすめ。 牛肉は他のお肉に比べて「身体をしっかり作りたい」という用途には向いていると感じます。 牛ヒレ肉の中には「亜鉛」というミネラルも豊富に含まれています。 亜鉛はタンパク質を合成するのにも大切な栄養素です。 値が張るのがデメリットかも。 豚ヒレ肉 タンパク質含有量 100gあたり 22. 8g 豚ヒレ肉もおすすめな一品です。 先述の牛ヒレ肉に比べたら安価で手に入れられるのも大切なポイント。 ボディメイクは「続ける」ことが大切ですから、食卓も「続けられる」ことが大切になってきます。 豚肉全般の特徴としては、他のお肉と比べてビタミンB1が多く含まれていること。 ビタミンB1は「疲労回復に良い」と言われている栄養素でもあります(もちろん他のビタミンやミネラルの協力があって働きます。 )ので、トレーニングやお仕事で疲れた時にはもってこいなのがこの豚ヒレ肉です。 鶏胸肉(皮をむいた状態) タンパク質含有量 100gあたり 22. 8g お肉の中でもかなり安く手に入るので、身体作りをしている人はこれを主食にしている人も多いのでは? 現在では「サラダチキン」も多く発売されているので手軽に摂れるようにもなれましたね。 - 2016 5月 11 5:18午後 PDT 脂質が気になる人は皮を剥いて食べるのが鉄則です。 私は場合によって気にせず食べる時もあります。 鶏胸肉にはタンパク質の他にビタミンB6が多く含まれています。 これはタンパク質の代謝を助けてくれるものでもあります。 ということは、筋力アップや脂肪燃焼の効果が期待出来るということですね。 (もちろんトレーニングや食事のコントロールは必要です。 ) 鶏ささみ タンパク質含有量 100gあたり 23g ボディビルダーの人が「これしか食べてないんじゃないか」という世間のイメージのある鶏ささみ。 ささみは、タンパク質が豊富でありかつ脂質も少ないという、ボディメイクやダイエットをする人にとっては「これぞ!」という食品でもあります。 また、ささみには豊富なタンパク質の他にもナイアシンという疲労回復効果のあるビタミンが含まれています。 コンテストに出場する時に感じた「お肉の使い分け」について ベストボディジャパンやサマースタイルアワードと言った大会に出場させて頂く時に、自分の身体作りにも励んだのですが、その際に感じたお肉の使い分けをお話ししたいと思います。 ポイントとしては以下の通り。 ・身体を「大きく、しっかりさせていきたい」時には牛肉が向いている。 ・身体を「小さく・絞っていきたい」時には鶏肉が向いている。 ・豚肉はその中間くらい。 部位を選ばないと逆に無駄なものがつくような印象を受けた。 ということでした。 参考にしていただけたらと思います。 タンパク質含有量の多い食べ物一覧!【お魚編】 続いてお魚に行きたいと思います。 お肉はちょっと重いのでお魚のほうが・・・という方は是非! お魚類のタンパク質含有量一覧はこれ! まずはお肉同様、タンパク質が多く含まれている食品をまとめましたのでご覧ください。 魚類 カロリー(kcal) タンパク質(g) しらす干し(半乾燥) 206 40. 5 カツオ 114 25. 8 カジキ 115 23. 1 アジ 121 20. 7 マグロ(赤身) 125 26. 5 サケ 133 22. 3 タラ 77 17. 6 カレイ 95 19. 6 タイ 194 21. 8 サバ 203 20. 8 イワシ 217 19. 8 ブリ 257 21. 4 サンマ 310 18. 6 マグロ(とろ) 344 20. 0 カキ 60 6. 6 エビ 82 18. 4 イカ 88 18. 1 カニ 91 20. 7 タコ 99 21. 8 ホタテ 100 17. 6 一覧はこのようになっていますが、ここからはおすすめのものをいくつか紹介したいと思いますので参考にしてみてください。 しらすぼし タンパク質含有量 100gあたり 40. 5g なんといっても魚の中で一番タンパク質が多い食品はしらすぼしです。 ネックなのが値段。 割高なのが残念ですが、お魚が好きな方は是非しらすぼしを摂取する機会を増やしながらトレーニングに励んでみてはいかがでしょう。 青魚系 青魚系にはオメガ3系の良質な油が含まれています。 この油は身体の中で主に血管をきれいにしてくれる働きをしてくれます。 その結果、高血糖、高脂血症、高血圧、関節障害、皮膚障害、アレルギー、前立腺障害、視神経障害、脳神経障害、精神障害、月経困難症、過敏性腸障害等に有効と言われており、その効果を実証する研究が数多く発表されています。 もちろんボディメイクもそうなのですが、良い身体というのは「健康」という土台の上に乗るものです。 まずは健康な身体を手にいれること。 そのために必要不可欠なのが青魚系に含まれる油です。 タンパク質含有量の多い食べ物一覧!【乳製品編】 乳製品類 エネルギー kcal タンパク質(g 生乳 80 3. 7g 牛乳(普通牛乳) 61 3. 0g 濃厚牛乳 74 3. 6g 低脂肪牛乳 52 3. 7g 無脂肪牛乳 33 3. 1g ヨーグルト(無糖) 61 3. 3g ヨーグルト(ドリンクタイプ) 66 2. 9g クリーム(乳脂肪) 434 2. 0g 練乳(無糖) 145 6. 9g 練乳(加糖) 332 7. 9g プロセスチーズ 357 29. 0g カマンベールチーズ 311 19. 2g パルメザンチーズ 476 44. 1g ブルーチーズ 350 18. 9g 一覧はこのようになっています。 この中でおすすめは・・・。 チーズ全般 チーズはしっかりとタンパク質が入っているのでおすすめです。 「脂質も多いから太るのでは?」と思うかもしれませんが、 太る直接の原因は炭水化物なので脂質とは別。 ダイエット中のおやつにはチーズがおすすめなくらい、積極的に摂りたい食品です。 しかし、加糖されているデザートチーズの類はアウトなので覚えておいてくださいね。 タンパク質含有量の多い食べ物一覧!【豆編】 最後は豆類を見ていきましょう。 豆は「一見タンパク質が高いけど炭水化物も高いので注意が必要」なものがいくつかあります。 そういったところを考慮しつつ、紹介していきたいと思います。 豆類 エネルギー kcal タンパク質(g あずき(乾燥) 339 20. 3g えんどう豆(乾燥) 352 21. 7g そら豆(乾燥) 348 26. 0g 大豆(乾燥) 413 33. 0g 大豆(ゆで) 181 16. 1g 納豆 200 16. 5g きな粉 438 35. 6g あずき(ゆで) 144 9. 0g あずき(こしあん) 156 9. 9g いんげん豆(乾燥) 333 19. 9g 木綿豆腐 77 6. 8g 絹ごし豆腐 58 5. 0g 豆乳 46 3. 6g みそ 217 9. 7g 湯葉 231 21. 8g 生揚げ 151 10. 6g 油揚げ 389 18. 7g がんもどき 229 15. 4g 凍り豆腐 530 49. 8g おから 88 4. 9g 一覧はこのようになっています。 ここからはおすすめを紹介していきたいと思います。 納豆 納豆はタンパク質の摂取の他にも、発酵食品としての健康効果がたくさんありますね。 中には納豆が嫌いな人もいるかと思いますが、お好きな方はどんどん摂取していきたいと思います。 発酵という組み合わせで言えば、納豆の味付けをお味噌で行うのがベスト。 味も美味しいので試してみてください。 上手に活用したいきな粉 きな粉も大切なタンパク源となってくれます。 豆乳に混ぜたり、先述の乳製品と一緒に摂ったり。 活用方法は様々あると思うので、日常で試しながら自分だけの活用法を見つけていくのも楽しいかもしれませんね。 豆類の中で注意したい食品は? 比較的タンパク質が高い食品が多いので「豆ならなんでも良いんだ!」と思ってしまうと、特にダイエットに取組んでいる人にとっては逆に太ることすらあります。 ・あずき ・インゲン豆 ・えんどうまめ ・そら豆 これらは炭水化物も多く含まれているので、少量にしないと「タンパク質を摂取しているのに太る」という状態になってしまいます。 もし豆類でタンパク質を摂っていこうと考えている人がいましたら注意してみてください。 タンパク質食べ物ランキング!〜ダイエット編〜 ここからは先ほどまで挙げた食品の中で、色々な観点でランキング付けをしていきたいと思います。 あくまでも私個人の見解なので、他のトレーナー等から見たら結果が変わるかもしれません。 あしからず。 では、まずは「ダイエットに適しているのは?」というテーマでのランキングです。 安い!多い!鶏肉系(特に胸やささみ) やはり鶏肉はダイエットに向いているなあと感じます。 夏に向けて本格的に絞る時には、1日の中で必ず ・レタス等の葉野菜 ・きのこ類 ・鶏むね肉かささみ これらを炒めたものを頂いています。 しっかりと摂っていくことで体脂肪も落とせるかと思います。 サバ等の青魚 青魚も上手に身体が絞れてくる体感があります。 なかなか調理が難しい人は「水煮缶」を使うのももちろんありです。 健康のためにもオメガ3系をタンパク質と一緒に補給していきたいものです。 おやつにチーズ! おやつにチーズというのもおすすめします。 おやつと言えば甘い物だと思うのですが、それに含まれる砂糖は糖分の塊です。 ボディメイクをしていくならば、少しでも避けるに越したことはありません。 変えられるところからで良いので ・おやつは食べない ・おやつをチーズやナッツにする そういった工夫から始めてみましょう。 タンパク質食べ物ランキング!〜コンビニ編〜 手軽さといえばコンビニに勝るものはありません。 ダイエットやボディメイクをしている人におすすめのコンビニ商品をいくつか紹介したいと思いますので参考にしてみてください。 最近の流行といえば!サラダチキン 最近どのコンビニでも売られるようになったサラダチキン。 手軽にたんぱく質を補給出来ることで有名ですね。 - 2015 10月 2 7:54午前 PDT あまり甘くないパンですが、「どうしてもパンを食べたい!」という時にはローソンへ駆け込んでブランシリーズを購入しましょう。 高タンパクな食べ物を使ったレシピはこれ! 最後に、紹介した高タンパクな食材を使ったレシピを紹介したいと思います。 普段の料理の参考にされてみてください。 お肉系のレシピ一覧 まずはお肉系の食材を使ったレシピを見てみましょう。 牛ヒレを使ったシンプルなステーキ。 おいしそう・・・。 こういったのも美味しいんですよねえ。 できるだけ牧草牛で育ったものを使いたいですね。 カルパッチョの中身を色々とアレンジするのも面白そうです。 簡単豚ヒレ丼!卵のタンパク質と一緒にどうぞ。 少し時間がかかりますがローストポークもおすすめです。 日々のおつまみにも。 酢が入ることで豚のしつこさが抜けてくれます。 簡単照り焼き。 塩コショウだけのも美味しいですけどね。 鶏肉といえば!チキン南蛮。 やはりもも肉にはジューシーさは劣りますがそれでもチキン南蛮。 アレンジ自由自在の炒め物。 季節のお野菜と一緒にどうぞ。 パリパリの皮がなんとも言えない! お魚系のレシピ お魚も忘れてはいけません。 まずは簡単なサバの水煮缶でのレシピ。 おつまみにも最適です。 主食級のレシピ。 ご飯はダイエットしている方は摂りすぎ注意ですね。 多くても1日にお茶碗2杯まで。 これはすごい!今やレンジで酢豚風なレシピができるようになったんですね。 おすすめの食材のコラボ。 上手におかずに取り入れたいですね。 タンパク質がたっぷりなレシピ。 ご飯との相性も抜群です。 しらすのたっぷりなタンパク質を召し上がれ。 色々なお野菜にアレンジするのもありかもしれませんね。 チーズを使ったレシピ 最後にチーズを使用したレシピをご紹介したいと思います。 おつまみ以外にも用途はありますよ〜。 まずはスープに。 具沢山のお野菜と共に代謝を上げて参りましょう。 アボガドと豆腐というダイエットしている人にとって嬉しい食材をグラタンに。 これなら無理しないでダイエットが出来ますよね。 同じ様なレシピをもう一つ。 こちらは納豆とチーズの組み合わせ。 2つのレシピを参考に、自分だけのチーズ焼きを作るのも良いかもしれません。 積極的にタンパク質を摂ろう。 以上タンパク質のことについてお話をしてきました。 人体にとって欠かせない栄養素であるタンパク質。 色々な食材から上手に摂って、筋トレ等の効果を引き出していきたいものです。 意外と足りていないのもこの栄養素。 まずは自分の食事を振り返り「どれくらい摂っているのか」を観察し、そこから量の調節をしてみると良いと思います。 最低でも体重1kgあたり1gです。 たくさん食べてたくさんトレーニングして。 より良い身体へと日々進化して参りましょう。

次の