ひたちなか 市議会 選挙。 茨城県ひたちなか市の選挙一覧 | 選挙ドットコム

ひたちなか市議会議員選挙の結果速報、立候補者一覧(2019年10月27日、茨城県)

ひたちなか 市議会 選挙

概要 [ ] 旧勝田市はのとして発展した工業都市であり、市民の多くが日立製作所と関連企業に勤め、現在でもその割合は高い。 水戸市のでもあり、郊外型店舗が進出している。 また、の起点である常陸那珂港区の整備が進んでいる。 旧那珂湊市はを主な産業とし、また、としては平磯海水浴場・姥の懐(うばのふところ)マリンプールの他にという有名海水浴場を持つ。 かつてはが多く集まり賑わったが、最近は茨城港の開発の結果、阿字ヶ浦は海岸が侵食傾向にあり、毎年砂を補充している。 にあるを軸に、より(ロックインジャパン・フェスティバル)などの音楽イベントも多く行われている。 地理 [ ] 茨城県の中央部からやや北東、の東隣に位置する。 南部の周辺および東部の沿岸の低地地区と、那珂台地と呼ばれる平坦な台地地区から成り、全域がに属する。 河川:那珂川、中丸川• 海浜:平磯海岸、磯崎海岸、阿字ヶ浦海岸 市名の由来 [ ] 旧国名の「」の中心に位置することと、かつてに属していた地域であることにちなむ。 における勝田市と那珂湊市の合併協議当時、漢字表記の「常陸那珂市」、二つ合わせた「勝田湊市」、人口の多い「勝田市」の案、また「いばらき市」「なか市」なども候補に挙げられた が、に続く茨城県では2番目のひらがな市名に落ち着いた。 隣接している自治体 [ ]• 歴史 [ ]• この地区の歴史は古く、内の彩色壁画で有名ななどからのが残っている。 市内武田は発祥の地である。 にの領地となる。 に領となり、那珂湊は水戸の外港として大いに栄えた。 になると勝田に日立製作所の工場が多数建ち、工業が盛んになる。 の演習場・・、の工場が置かれた。 勝田は末期に・によるを受けた。 沿革 [ ] ひたちなか市発足以前 [ ]• (30年)2月25日 - 磐城線(現・)の水戸 - 平(現・いわき)間が開業。 (3年)7月17日 - 湊鉄道(現在の)が全線開業。 (3年)10月5日 - が一部(70ha)開園。 ひたちなか市発足以後 [ ]• (平成6年)11月1日 - とが合併し、 ひたちなか市が発足。 合併構想• ひたちなか地区を共有する東海村との合併が長年の懸案となっている。 また、生活圏や商圏をほぼ同じくする水戸市等との合併への動きもかつてはみられた。 変遷の年表 ひたちなか市市域の変遷(年表) 年 月日 現ひたちなか市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行により、以下の町村がそれぞれ発足。 (昭和15年) 勝田村・中野村・川田村が合併し 勝田町が発足。 (昭和29年) 前渡村は前浜が那珂湊町に、前浜以外が勝田町に編入。 那珂湊町は平磯町を編入。 同日、市制施行し となる。 勝田町は佐野村を編入。 同日、市制施行し となる。 (平成6年) 11月1日 勝田市と那珂湊市が合併し、 ひたちなか市が発足。 ひたちなか市と全国の年齢別人口分布(2005年) ひたちなか市の年齢・男女別人口分布(2005年) ひたちなか市議会• 定数:25名• 任期:2023年10月31日まで 県議会 [ ]• 定数:3名• 選挙区:ひたちなか市選挙区• このため、ひたちなか市選挙区は2014年10月30日当時は「欠員1」であった。 衆議院 [ ]• 選挙区:(、ひたちなか市、の一部〈旧・御前山村域を除く〉、、久慈郡)• 産業 [ ] G1TOWER エレベーター研究塔としては高さ世界一 工業• 企業が多数立地している。 特に沿いには、南から那珂工場、水戸工場、佐和工場、東海工場と関連工場が並ぶ。 現在では子会社化しているところも多く、この呼び名は必ずしも正確ではないが、交差点名には今も「佐和工場前」などの工場名が残っており、地元では変わらずこの呼び方が使われることが多い。 那珂工場は現在、子会社のグループの拠点となっており、関連機器、デバイス製造装置を取り扱う。 水戸工場は都市開発システムグループ、電力・電気グループ(交通システム)の拠点で、、や、鉄道車両制御装置を取り扱う(を生産していたが、1990年代に生産中止となった)。 、敷地内に213. 5mという世界一の高さをもつエレベーター研究塔「」が竣工した。 佐和工場は現在、子会社のの拠点で、エンジン制御システム等に関連した装置を扱う。 東海工場はコンシューマ事業グループの拠点で、や等民生用デジタル機器を扱う。 ひたちなか地区にはメーカー(、)などの工場が立地している。 ひたちなか倉庫店 農業• (乾燥芋)の生産量は日本一である。 水産業• 那珂湊、平磯、磯崎 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内• 姉妹都市提携。 石巻市の新設合併に伴い改めて提携。 那珂湊市とが姉妹都市提携。 その後ひたちなか市の発足に伴いに、那須塩原市の発足に伴い2006年に改めて提携。 教育 [ ] 高等専門学校 [ ]• 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• ひたちなか市立勝田第一中学校• ひたちなか市立勝田第二中学校• ひたちなか市立佐野中学校• ひたちなか市立那珂湊中学校• ひたちなか市立平磯中学校• ひたちなか市立阿字ヶ浦中学校 小学校 [ ]• ひたちなか市立三反田小学校• ひたちなか市立市毛小学校• ひたちなか市立枝川小学校• ひたちなか市立勝倉小学校• ひたちなか市立中根小学校• ひたちなか市立長堀小学校• ひたちなか市立津田小学校• ひたちなか市立田彦小学校• ひたちなか市立堀口小学校• ひたちなか市立阿字ヶ浦小学校• ひたちなか市立磯崎小学校• ひたちなか市立平磯小学校• ひたちなか市立那珂湊第一小学校• ひたちなか市立那珂湊第二小学校• ひたちなか市立那珂湊第三小学校 特別支援学校 [ ]• 茨城県立勝田特別支援学校 図書館 [ ] 中央図書館• その他 [ ]• 交通 [ ] 鉄道 [ ] 中心となる駅: 旧那珂湊市街へは、勝田駅からひたちなか海浜鉄道湊線で那珂湊駅まで14分程度。 (JR東日本)• 勝田駅 -• 勝田駅 - - - - - - - - - (全線市内)• 広範囲な連絡• 中心となる勝田駅までは、から常磐線で70 - 90分。 には、開業により、特急列車を中心に乗換不要で・へアクセス可能になり、3月には、に発生した()の影響で不通になっていた - 間の復旧(常磐線全線復旧)に伴い、再び乗換不要で・・方面のアクセスも可能になった。 バス [ ] スマイルあおぞらバス(那珂湊駅にて)• 高速バス• 「勝田・東海号」 東海・勝田 - 東京駅(1日7往復運行)• 勝田・水戸 - 宇都宮• 水戸・勝田 - 仙台駅(1日2往復運行)• 一般路線バス• - 市内に、が設置されている• 空港バス• 日立・勝田・水戸 -• 日立・勝田・水戸 -• 常陸太田・勝田・水戸 - 道路 [ ]• 北方面 - ・・・・・・・• 南方面 - ・・・・・• 北方面 - 東海・日立• 南方面 - 水戸・・• (としてのの一部)• 港湾 [ ]• 区(・)• 那珂湊漁港• 磯崎漁港 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 那珂湊反射炉跡(反射炉は復元されたもの) 名所・旧跡・観光スポット• 那珂湊おさかな市場(いちば)• 平磯海水浴場• 姥の懐(うばのふところ)マリンプール• 那珂湊跡• 夤賓閣跡(いひんかくあと)(現在は湊公園(ひたちなか市湊中央1-1))• 水門帰帆(みなとのきはん)の碑 のひとつ• (・にまたがる) 祭事・催事• ひたちなか祭り(旧)• 八朔(はっさく)祭り(旧那珂湊)• 勝田全国マラソン• 名産品• (乾燥芋)• 海産物( など) 市の花 [ ]• はまぎく 市の木 [ ]• 市の鳥 [ ]• 著名な出身者 [ ]• - 、• - 第3代、• - 頭取、委員長• - お笑いトリオ・のリーダー• - の• - (最高位は)• - 飛行家• - 、、• - 選手(所属)• - 騎手• - 元、旧生まれ• - 元娘役• - 元• - 関連作品 [ ]• 『』(1986年4月~1988年3月)は、合併前のを舞台としている。 の主演映画、『』(2000年5月20日公開)は同市で撮影された。 それまで行われていなかった少女駅伝などのイベントまで開催された。 シリーズで知られるが監督を務める青春映画『』では、一部のシーンが同市で撮影された(2015年2月28日公開)。 脚注 [ ]• 『広辞苑』では「茨城県東部の市」、『大辞林』および『大辞泉』では「茨城県中東部の市」と記載されている。 14-16• 茨城県 2015年4月1日. 2020年3月1日閲覧。 角川日本地名大辞典編纂委員会『 8 茨城県』、、1983年 ISBN 4040010809より• ひたちなか市選挙管理委員会事務局 2020年3月1日閲覧• ひたちなか市選挙管理委員会事務局. 2019年10月27日. 2019年11月17日閲覧。 2014年10月31日. 2014年11月5日閲覧。 ひたちなか・東海・那珂ほしいも協議会. 2020年3月1日閲覧。 -東日本旅客鉄道株式会社水戸支社• ひたちなか市観光協会. 2019年11月17日閲覧。 2011年1月30日, at the. www. city. hitachinaka. ひたちなか市. 2019年1月21日閲覧。 参考文献 [ ]• 小野寺敦 監修「地名と方言にまつわる不思議にせまる」『茨城「地理・地名・地図」の謎』〈じっぴコンパクト新書〉、2014年、初版、pp. 14-16。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

川崎穂高がひたちなか市議選に当選か 開票速報を見る

ひたちなか 市議会 選挙

657 2 当 清水 けんじ(しみず けんじ) 無所属(むしょぞく) 現 2,761. 600 3 当 薄井 ひろやす(うすい ひろやす) 無所属(むしょぞく) 現 2,761 4 当 ゆげ 仁一(ゆげ じんいち) 無所属(むしょぞく) 現 2,727 5 当 さんぺい 武(さんぺい たけし) 国民民主党(こくみんみんしゅとう) 現 2,639 6 当 むとう 猛(むとう たけし) 国民民主党(こくみんみんしゅとう) 現 2,634 7 当 大内 きよひと(おおうち きよひと) 自由民主党(じゆうみんしゅとう) 現 2,630. 314 8 当 北原 ゆうじ(きたはら ゆうじ) 国民民主党(こくみんみんしゅとう) 現 2,552 9 当 海野 とみお(うみの とみお) 無所属(むしょぞく) 現 2,410 10 当 深谷 としいち(ふかや としいち) 国民民主党(こくみんみんしゅとう) 現 2,376 11 当 加藤 きょうこ(かとう きょうこ) 公明党(こうめいとう) 現 2,293 12 当 雨沢 ただし(あめざわ ただし) 公明党(こうめいとう) 現 2,279 13 当 鈴木 みちお(すずき みちお) 無所属(むしょぞく) 現 2,229. 342 14 当 山田 けいこ(やまだ けいこ) 公明党(こうめいとう) 新 2,202 15 当 大谷 たかし(おおたに たかし) 無所属(むしょぞく) 現 2,178 16 当 大内 けんじ(おおうち けんじ) 無所属(むしょぞく) 現 1,914. 685 17 当 井坂 りょう子(いさか りょうこ) 無所属(むしょぞく) 新 1,854. 031 18 当 清水 たつお(しみず たつお) 無所属(むしょぞく) 現 1,839. 399 19 当 井坂 あきら(いさか あきら) 社会民主党(しゃかいみんしゅとう) 現 1,834. 968 20 当 ひのぐち 英嗣(ひのぐち ひでし) 無所属(むしょぞく) 現 1,659 21 当 うちこし 浩(うちこし ひろし) 自由民主党(じゆうみんしゅとう) 現 1,644 22 当 山形 ゆみ子(やまがた ゆみこ) 日本共産党(にほんきょうさんとう) 現 1,615 23 当 宇田 たか子(うだ たかこ) 日本共産党(にほんきょうさんとう) 現 1,521 24 当 はぎわら 健(はぎわら たけし) 無所属(むしょぞく) 新 1,382 25 当 大久保 清美(おおくぼ きよみ) 立憲民主党(りっけんみんしゅとう) 新 1,356 26 ところ 茂樹(ところ しげき) 無所属(むしょぞく) 現 1,298 27 佐藤 あきお(さとう あきお) 無所属(むしょぞく) 新 1,219 28 二川 ともゆき(ふたかわ ともゆき) 無所属(むしょぞく) 新 784 29 川崎 穂高(かわさき ほだか) (注釈:「崎」は正しくは「たつさき」になります。 ) NHKから国民を守る党 新 690 30 くろさわ てるえ(くろさわ てるえ) 無所属(むしょぞく) 新 367 開票は終了しました。 投票総数 60,625 有効投票総数 60,063 無効投票総数 562 不受理総数 0 持ち帰り・その他 0 投票者総数 60,625 更新日:2019年10月27日.

次の

ひたちなか市議会議員選挙の結果速報、立候補者一覧(2019年10月27日、茨城県)

ひたちなか 市議会 選挙

任期満了に伴う「ひたちなか市議会議員選挙」が定数25のところ、30人が立候補する混戦となりました。 多くの市民の皆様に人口減少をはじめ当面する課題、そして、夢と希望の持てる地域づくりなどの政策課題を訴えさせていただき、10月27日投開票では、国民民主党公認候補者4人の全員当選を果たすことが出来ました。 今後も感謝の気持ちを忘れることなく、ひとり一人の声に耳を傾け、安全で安心した生活ができる社会の実現をめざしてまいります。 『選挙結果』• ひたちなか市議会議員選挙• 定数25• 候補者30• 投票率46. 38%• 武藤 猛 60• 2,634票• 深谷 寿一 58• 2,376票• 三瓶 武 54• 2,639票• 北原 祐二 49• 2,552票• 現2 Posted in 投稿ナビゲーション.

次の