ちゃんちゃんこ 還暦。 どうして赤いちゃんちゃんこ? 還暦祝いの由来やしきたりについて

還暦祝いでちゃんちゃんこを手作り♪

ちゃんちゃんこ 還暦

実は厄年の「60歳」、全国の還暦振る舞い 男女ともに60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。 もっとも、厄年の正しい考え方からすれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。 疑問もごもっともです。 長寿祝いの中でも、年齢が若いだけに慣習としての誕生も早い還暦祝い。 日本全国に目を向ければさまざまなお祝いのかたちがあります。 「祝い」と呼ばずに「振る舞い」を付けて「還暦振る舞い」と呼ぶのも、そうした地方色豊かな長寿祝いのかたちです。 しかも、この還暦振る舞いは、全国各地に散見できます。 では、なぜ「祝い」ではなく、「振る舞い」なのでしょう。 これは、60歳という年齢に対する考え方に理由があります。 「還暦」や「本卦帰り」は暦の一回りであり、前頁のでもご紹介した「華甲」は縁起の良い文字を選んだ結果の呼称ですが、実はこうした考え方とは別に、60歳を特別な年齢ととらえる習慣が古くからあるのです。 それは「厄」という考え。 「厄」と言えば「厄年」、男性の場合は数え年42歳、女性の場合は数え年33歳…確かに、こちらのほうがよく話題にされます。 しかし、実のところ人生には数回の厄年があり、その中でも大厄とされるのが42歳と33歳というのが正解。 そして、男女ともに還暦を迎える60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。 もっとも、厄年の正しい考え方すれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。 疑問もごもっともです。 しかし、昔は長寿祝いもまた数え年で行うもの、すなわち還暦祝いもまた数え年の60歳で行っていたためにちゃんと一致するのです。 そして、この「厄年」の考え方から発生したのが還暦祝いの一つのかたち、すなわち「振る舞い」というわけです。 「振る舞う」ことで厄落とし 「還暦祝い」と「還暦振る舞い」では、どう違うか。 実のところ、この2つに明確な定義分けや分類分けがあるわけではありません。 ただ、「還暦祝い」の場合には、(長寿を祝ってもらう立場の)主役はお祝いを受け取るという受け身の立場であるイメージが強く、実際にそうしたスタンスでお祝い会などが行われるのではないでしょうか。 つまり、主役=主催者。 すなわち主役がお客に対して食事やお酒などを「振る舞」うわけです。 では、なぜ、祝われる立場の主役がこうしたもてなしをするのでしょうか。 ここで「厄」の考え方が出てきます。 もともと「厄年」の際には「厄祝い」「厄払い」と称し、親類縁者やご近所の方々を招いての宴の催す習慣が昔からあります。 これには、自分の「厄」を宴に参加した人々に少しずつ持ち帰ってもらい、「厄年」の災いを軽減しようという発想があります。 そして厄を引き受けてもらうお礼に酒食やお土産を提供するわけです。 この「厄祝い」「厄払い」を(男性の厄年の)60歳にも、厄年祝いとしての「振る舞い」をしようというのが「還暦振る舞い」というわけです。 そのため、還暦振る舞いの場合は男性のみに限定されてきた例が多く、現在でも男性に行事に限っている地域もあります。 しかし、男女平等の考えから、現在では性別を問わない「還暦祝い」として行う地域も増えてきているようです。 赤いプレゼントで魔除けと厄払い 数え年で61歳の厄年は、偶然にも還暦と同じ年です。 厄年から、60歳という年齢が人生の大きな節目であることがよくわかります。 魔除、厄払いをする還暦も重要な行事の一つになって、生活の仕方や、身体に注意を促しているのではないでしょうか。 60歳を迎える還暦の定番といえば「ちゃんちゃんこ」。 でもご紹介していますが、魔除けの効力があるといわれるをプレゼントし、派手にお祝いをして、厄を払うのもいいのではないでしょうか。 赤いちゃんちゃんこは厄払いの意味から 60歳を迎える方へのプレゼント、定番の赤いちゃんちゃんこ。 還暦の代名詞ともいえるこのアイテムには、前述のとおり実は深い意味があっての「赤色」で「ちゃんちゃんこ」なのです。 干支が一巡して生まれ還る=赤ちゃんに還ることから、「暦(こよみ)が還(かえ)る」ところで「還暦」と呼ばれています。 また、赤色には、神社の鳥居の色から見てもわかるように「厄除け」「魔除け」の意味も込められており、第二の人生も健康長寿で過ごしてほしいとの願いから贈られています。 還暦の意味と厄除けの意味を重ね、伝統の風習をしっかりと残すカタチでも思い出に残る還暦祝いにちゃんちゃんこを贈られてみてはいかがでしょうか。 ¥12,500 税込 上記ご紹介のちゃんちゃんこの衿部分に刺繍にてお名前を入れられるサービスもございます。 漆塗りの赤い漆器、赤色の贈り物には「長寿」の願いが込められています 漆塗りの赤い漆器は、還暦の贈り物としても喜ばれています。 還暦のプレゼントとして「赤色」のモノを贈る習慣の中でも、最近では、厄除けの意味を込めた漆塗りの漆器、清めの意味合いから清酒の贈り物も当店では人気商品です。 漆は神社の鳥居にも用いられているとおり、「厄除け」「魔除け」の意味があり、漆塗りの器は還暦を迎えられる方への贈り物としては最適とも言えるでしょう。 清酒は、その字のごとく「清める酒」と書きます。 お米から作られた清酒は、遥か昔から神様に捧げたりお祭りの際に使われるなど、これも「厄払い」の意味合いが強いものになります。 ¥18,000 税込 お祝いごと、祭りごとには日本酒で清める文化があります。 お酒好きな方へのプレゼントでは、還暦使用の赤い瓶に詰められた清酒も人気です。 ラベルには自由なメッセージを入れられるオリジナル品となりますので、より身近なご家族への贈り物でたいへん人気を得ております。 還暦を匂わせない、現代のオシャレなギフト 一方、赤いちゃんちゃんこは「いかにも還暦、とアピールするようでまだ着たくない」、と仰る方も多くいらっしゃいます。 特に女性に多く、現代では60歳はまだまだ現役の方が多いのも事実です。 女性には、ファッション、アパレル品を還暦と上手に絡めて、現代風にオシャレにアレンジされてみてはいかがでしょうか。 還暦とは十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と十干(じっかん)「申・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵」が組み合わされたものがもとになっています。 還暦を迎えられた方は新しい暦を刻むための出発点に立ったことになり、60年の大きな節目を祝うだけでなく、新しい門出をも祝う誕生日を迎えた、ということでもあります。 この習慣が昔から大切に伝えられてきたこともうなずけますね。 統一退蔵。 赤いちゃんちゃんこは定番といえどもこれだけを贈られる方は少なく、お祝いの席にはプレゼントと食事会が開かれる事が一般的です。 でもご紹介しておりますが、男性向けのプレゼントではお酒の贈り物が人気傾向にあります。 また、女性への贈り物では、少し現代風にオシャレにアレンジしても喜ばれそうですね。 その中でも漆器や日本酒においては、「厄除け」「お清め」の意味もあるなど、人生の節目である還暦のプレゼントとしてもお祝い品としても非常におすすめです。 振る舞い酒にもなる還暦専用のお酒は、生まれた日の新聞付きギフトとして人気商品でございます。 こちらもご覧くださいませ!.

次の

還暦と厄年の関係|還暦には赤いものをプレゼントして厄払いを|還暦の六〇屋

ちゃんちゃんこ 還暦

還暦とは 還暦とは、満60歳のことを指しています。 十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し、生まれた年の干支に戻ることです。 文字通り、「暦(こよみ)が還(かえ)る」わけです。 また「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれ、一種の生まれ直しであると意義づけられています。 還暦の発祥は古代中国です。 日本では、奈良時代にその長寿の祝いの習慣を取り入れ、貴族たちの間で広く行われるようになったのがはじまり。 この長寿の祝いは「年祝」とも呼ばれ、長寿に達したことを喜び、それを記念する儀礼で、当初は「四十の賀」「五十の賀」と40歳、50歳で祝っていました。 室町時代ころより「還暦」や「古稀」などと呼び祝うようになり、その後、江戸時代に広く一般的に行われるようになったようです。 なぜ「赤いちゃんちゃんこ」なのか 赤には魔除けの意味があります。 そのため、昔は産着に赤色が使われていました。 また、ちゃんちゃんことは、子どもの袖なしの羽織のことです。 先述した通り、還暦には生まれ直しという意味があります。 この「赤ちゃんに戻る」ことから、赤色のちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれたようです。 現在の日本の還暦祝い 平均寿命が延びた現在、60歳を迎えてもまだ若く現役で働く方も多くなっています。 そのため、還暦祝いは長寿の祝いというよりも、人生の区切りをお祝いするという意味合いが濃くなってきています。 そうした方にとっては、還暦祝いに贈る定番の「赤いちゃんちゃんこ」もあまり喜ばれないようです。 その代わりに、赤いシャツやネクタイ、スカーフなどが花束とともにプレゼントされたり、旅行や食事などへ招待したりすることが多いようです。 両親や祖父母へ、これまでの敬意や感謝、長く働いてきた労いの気持ちを伝え、お祝いするのが今のスタイルです。

次の

還暦を赤いちゃんちゃんこでお祝いする理由!赤ちゃんに還る年とは?

ちゃんちゃんこ 還暦

実は厄年の「60歳」、全国の還暦振る舞い 男女ともに60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。 もっとも、厄年の正しい考え方からすれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。 疑問もごもっともです。 長寿祝いの中でも、年齢が若いだけに慣習としての誕生も早い還暦祝い。 日本全国に目を向ければさまざまなお祝いのかたちがあります。 「祝い」と呼ばずに「振る舞い」を付けて「還暦振る舞い」と呼ぶのも、そうした地方色豊かな長寿祝いのかたちです。 しかも、この還暦振る舞いは、全国各地に散見できます。 では、なぜ「祝い」ではなく、「振る舞い」なのでしょう。 これは、60歳という年齢に対する考え方に理由があります。 「還暦」や「本卦帰り」は暦の一回りであり、前頁のでもご紹介した「華甲」は縁起の良い文字を選んだ結果の呼称ですが、実はこうした考え方とは別に、60歳を特別な年齢ととらえる習慣が古くからあるのです。 それは「厄」という考え。 「厄」と言えば「厄年」、男性の場合は数え年42歳、女性の場合は数え年33歳…確かに、こちらのほうがよく話題にされます。 しかし、実のところ人生には数回の厄年があり、その中でも大厄とされるのが42歳と33歳というのが正解。 そして、男女ともに還暦を迎える60歳は「厄年」なのです(女性の60歳に関しては地域や宗教の違いがあるようです)。 もっとも、厄年の正しい考え方すれば数え年の60歳が厄年ならば、満年齢は59歳では…?そうですね。 疑問もごもっともです。 しかし、昔は長寿祝いもまた数え年で行うもの、すなわち還暦祝いもまた数え年の60歳で行っていたためにちゃんと一致するのです。 そして、この「厄年」の考え方から発生したのが還暦祝いの一つのかたち、すなわち「振る舞い」というわけです。 「振る舞う」ことで厄落とし 「還暦祝い」と「還暦振る舞い」では、どう違うか。 実のところ、この2つに明確な定義分けや分類分けがあるわけではありません。 ただ、「還暦祝い」の場合には、(長寿を祝ってもらう立場の)主役はお祝いを受け取るという受け身の立場であるイメージが強く、実際にそうしたスタンスでお祝い会などが行われるのではないでしょうか。 つまり、主役=主催者。 すなわち主役がお客に対して食事やお酒などを「振る舞」うわけです。 では、なぜ、祝われる立場の主役がこうしたもてなしをするのでしょうか。 ここで「厄」の考え方が出てきます。 もともと「厄年」の際には「厄祝い」「厄払い」と称し、親類縁者やご近所の方々を招いての宴の催す習慣が昔からあります。 これには、自分の「厄」を宴に参加した人々に少しずつ持ち帰ってもらい、「厄年」の災いを軽減しようという発想があります。 そして厄を引き受けてもらうお礼に酒食やお土産を提供するわけです。 この「厄祝い」「厄払い」を(男性の厄年の)60歳にも、厄年祝いとしての「振る舞い」をしようというのが「還暦振る舞い」というわけです。 そのため、還暦振る舞いの場合は男性のみに限定されてきた例が多く、現在でも男性に行事に限っている地域もあります。 しかし、男女平等の考えから、現在では性別を問わない「還暦祝い」として行う地域も増えてきているようです。 赤いプレゼントで魔除けと厄払い 数え年で61歳の厄年は、偶然にも還暦と同じ年です。 厄年から、60歳という年齢が人生の大きな節目であることがよくわかります。 魔除、厄払いをする還暦も重要な行事の一つになって、生活の仕方や、身体に注意を促しているのではないでしょうか。 60歳を迎える還暦の定番といえば「ちゃんちゃんこ」。 でもご紹介していますが、魔除けの効力があるといわれるをプレゼントし、派手にお祝いをして、厄を払うのもいいのではないでしょうか。 赤いちゃんちゃんこは厄払いの意味から 60歳を迎える方へのプレゼント、定番の赤いちゃんちゃんこ。 還暦の代名詞ともいえるこのアイテムには、前述のとおり実は深い意味があっての「赤色」で「ちゃんちゃんこ」なのです。 干支が一巡して生まれ還る=赤ちゃんに還ることから、「暦(こよみ)が還(かえ)る」ところで「還暦」と呼ばれています。 また、赤色には、神社の鳥居の色から見てもわかるように「厄除け」「魔除け」の意味も込められており、第二の人生も健康長寿で過ごしてほしいとの願いから贈られています。 還暦の意味と厄除けの意味を重ね、伝統の風習をしっかりと残すカタチでも思い出に残る還暦祝いにちゃんちゃんこを贈られてみてはいかがでしょうか。 ¥12,500 税込 上記ご紹介のちゃんちゃんこの衿部分に刺繍にてお名前を入れられるサービスもございます。 漆塗りの赤い漆器、赤色の贈り物には「長寿」の願いが込められています 漆塗りの赤い漆器は、還暦の贈り物としても喜ばれています。 還暦のプレゼントとして「赤色」のモノを贈る習慣の中でも、最近では、厄除けの意味を込めた漆塗りの漆器、清めの意味合いから清酒の贈り物も当店では人気商品です。 漆は神社の鳥居にも用いられているとおり、「厄除け」「魔除け」の意味があり、漆塗りの器は還暦を迎えられる方への贈り物としては最適とも言えるでしょう。 清酒は、その字のごとく「清める酒」と書きます。 お米から作られた清酒は、遥か昔から神様に捧げたりお祭りの際に使われるなど、これも「厄払い」の意味合いが強いものになります。 ¥18,000 税込 お祝いごと、祭りごとには日本酒で清める文化があります。 お酒好きな方へのプレゼントでは、還暦使用の赤い瓶に詰められた清酒も人気です。 ラベルには自由なメッセージを入れられるオリジナル品となりますので、より身近なご家族への贈り物でたいへん人気を得ております。 還暦を匂わせない、現代のオシャレなギフト 一方、赤いちゃんちゃんこは「いかにも還暦、とアピールするようでまだ着たくない」、と仰る方も多くいらっしゃいます。 特に女性に多く、現代では60歳はまだまだ現役の方が多いのも事実です。 女性には、ファッション、アパレル品を還暦と上手に絡めて、現代風にオシャレにアレンジされてみてはいかがでしょうか。 還暦とは十二支「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と十干(じっかん)「申・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵」が組み合わされたものがもとになっています。 還暦を迎えられた方は新しい暦を刻むための出発点に立ったことになり、60年の大きな節目を祝うだけでなく、新しい門出をも祝う誕生日を迎えた、ということでもあります。 この習慣が昔から大切に伝えられてきたこともうなずけますね。 統一退蔵。 赤いちゃんちゃんこは定番といえどもこれだけを贈られる方は少なく、お祝いの席にはプレゼントと食事会が開かれる事が一般的です。 でもご紹介しておりますが、男性向けのプレゼントではお酒の贈り物が人気傾向にあります。 また、女性への贈り物では、少し現代風にオシャレにアレンジしても喜ばれそうですね。 その中でも漆器や日本酒においては、「厄除け」「お清め」の意味もあるなど、人生の節目である還暦のプレゼントとしてもお祝い品としても非常におすすめです。 振る舞い酒にもなる還暦専用のお酒は、生まれた日の新聞付きギフトとして人気商品でございます。 こちらもご覧くださいませ!.

次の