私 の 幸せ な 結婚 小説 家 に な ろう。 熟年のセックス。

歪んだ私でも「幸せな結婚」は出来るのでしょうか?私は子供...

私 の 幸せ な 結婚 小説 家 に な ろう

昨年末に,夫を病気で亡くしました。 2歳の男の子を持つ母親 31歳)です。 病気といっても,およそ2ヶ月の闘病の末,あっという間に亡くなったため,この半年は茫然自失の状態で,なんとか仕事,育児,家事をこなしてきました。 兼業農家の義理の両親と同居し,家事はかなり手助け頂いていたため,給与の半分以上を義理の両親に家計として渡しています。 専門職であり,地方公務員であった夫の1. 5倍強の給与ですので,半分といっても,結構な額です(なお,夫が存命中は夫の給与は約8割を義理の両親に渡していました)。 義家族が引き続き同居を強く望んでいましたが,今後は子供のために貯金をするためにも独立したいのと,私自身の人生も生きたいので,今年中には家を出るつもりでいました。 そんな中,先週末に義理の両親と義伯父より,衝撃的な事を言われました。 義兄(夫の兄)と結婚を薦められたのです。 しかも,冗談を言っている口調ではありませんでした。 夫が亡くなったからといって,義兄と結婚なんて,全く考えられませんし,意味が分かりません。 義兄は,決して悪い人ではないですが,女性にモテるタイプではなく,良い人だけど面白みのない人といった感じです。 収入が低いらしいですが,義理の両親の所有する古い戸建てに住んでおり家賃がいらないからなんとか1人暮らしをできているようです。 例え,義兄がどんな素晴らしい人だったとしても,夫の兄と再婚なんて,あり得ないですし,考えられません。 そんな事を提案してきた義理の両親と伯父に激しい嫌悪感すら覚え,義兄の顔もまともに見れなくなりました。 今すぐ,家を出たいです。 正直,パニック状態になっていて,何をどうしたら良いのかもわかりません。 私にはとても信じられないのですが,義理の両親の感覚は普通なのでしょうか??? ユーザーID: 4256165687 そんなストーリーがありました。 夫が戦死したのですが 義父の強い勧めで義弟と結婚させられる というストーリーでした。 とぴ主さんは自分で収入も得られてるようですので子育てに障害はありませんね。 婚姻終了届を出して 家を出られてはいかがですか? 勿論あわてて出てしまっては 無駄な時間もお金もかかるかもしれませんが 婚家は孫もいるし収入もあるあなたを手放したくないのは手に取るように分かりますから… しばらくご実家には頼れませんか? 又はこういった問題に詳しい弁護士さんに相談だけでもどうでしょう?プロの意見はとても役に立つと思います その後依頼するかどうかは別ですよ) いざこざにまきこまれそうなにおいがしたので ちょっと考えてみました。 ご主人の死間もないのに辛いと思いますが これからはお子さんと幸せになるために生きてください。 その権利があるのですよ あなたには ユーザーID: 6041008193• 昔はよくありました 私の叔母がそういう結婚をしました。 結婚してわずか2年で夫が事故死。 姑とそりの合わなかった叔母は、子どもを連れて実家に帰りたかったそうですが、 実親に子どもの面倒までは見られないと言われ、婚家に残る決心をしたそうです。 その後、亡夫の弟と結婚、2子を儲けました。 前夫は技術者で合理的思考の持ち主でしたが、弟は職人で身体が弱く、義父母に頭が上がらず。 叔母は嫌いな義父母に文字通り仕え、介護に20年を捧げ、その後は夫の介護をし、 ようやく自由の身になれたと思ったら、自分自身が病気になりました。 長男と、父親の違う子どもたちはそりが合わず、ケンカばかり。 叔母は良い人でしたが、会えば愚痴ばかりで、気が滅入りました。 昨年亡くなりましたが、何のための人生だったのかと思います。 今は時代が違います。 叔母は専業主婦にしかなれなかったけれど、トピ主さんは自立できるのです。 一日も早く義理家族から離れましょう。 名字も替えましょう。 ご自身の幸せをつかんでください。 ユーザーID: 7436246569• 昭和初期の話しですか? 昭和初期から戦後くらいまでは、夫が亡くなった妻が 夫の兄弟と再婚する話しは普通にあったと思います。 昔は家どうしのつながりが何より大事でしたから、 兄弟と再婚すれば家どうしのつながりはそれまでと 変わらず維持されるわけですから。 恋愛結婚が主流になり、男女の同意が尊重される世の中では 過去の遺物ですが、農家って事は結構な田舎だと推測されますし その頃の感覚がまだ根付いているのでしょうね。 ましてやトピ主さん金蔓に思われてませんか? 「我が家の孫」と「金蔓」ですもの、過去の遺物と思われようが、 何とか理屈をつけて居残って欲しいのでしょう。 そんな外野の声を気にせず、さっさとご自分の生活を立て直すことが先決ですよ。 さっさと家をでましょうね。 ユーザーID: 1682811621• びっくり ご主人を亡くされてまだ半年、心中お察しいたします。 義理の両親さんにしてみれば、後継ぎが亡くなってしまったわけだから、家を残す方法としての提案でしょう。 戦後、夫に戦死された嫁が義兄弟と再婚してそのまま婚家で暮らすということはあったと聞きます。 今の時代、ありえないことですね。 まさか、義兄さんがトピ主さんのことをずっと好きだったなどと言っているわけではないですよね。 早くに家を出た方がいいですよ。 経済力があってよかったですね。 ご主人の位牌などは義理の両親さんのところにあるでしょうが、それだって気持ちの問題。 何にもなくても毎日思い出して、手を合わせればそれで十分です。 息子さんがおられるのだし、今後の付き合い方は成り行きをみて決めていかれたらいいと思います。 ユーザーID: 6314833934• 昔はあったみたいです 戦時中くらいまでは、それって普通の事でした。 私の祖父は、戦死した兄の奥さん(子供一人有り)を妻に迎えています。 戦争で若い男性が減ってしまったので、これは子供のいる女性が生き残る道でもあったんですよね。 だから一番上の男の子と、私の母は従兄弟であり兄弟なわけです。 他人が入るよりも、家族としての結びつきが強くなるという価値観ですね。 恋愛なんかとんでもなかった時代でもあるし。 これなら、可愛い孫を他所の家にやることもないし。 トピ主婚家の場合、嫁をもらえない息子にも丁度良いわけで。 トピ主さんの周りではいないのかもしれませんが、義理の両親と伯父さんは、この感覚を未だに持っているんでしょう。 昔はあったことですが、今の世の中で通用するか?と言ったら「通用しません」よ。 時代が戦時中で止まっている状態です。 現代に通用すると思ってる感覚が、すでに変です。 キチンと「そんなつもりはない」事を伝え、早く家を出ましょう。 今年中とは言わず、一週間後にでもいいから。 まだシツコク義兄との再婚を言い続けるようなら、縁を切っていいです。 ユーザーID: 0935581187• 普通かどうかなんてどうでもいい とにかく仕事に行く振りをして仕事は休んで住む場所を見つけましょう かさばらない貴重品(預貯金通帳、カード、通帳用印鑑、保険証、年金手帳、パスポートや運転免許証等の身分証、PC、骨董品、携帯電話、母子手帳など)だけ持ってホテルでもいいので、家を出てください 郵便局へ転居届、または、私書箱の設置(念のため局員さんに口止め要請) 「婚族関係終了届」出して、義理の両親との縁を切ってとぴ主さんが知らないうちに婚姻届が出ていたなんてことにならないように、「婚姻届不受理届け」を出す 上司が信頼できるのなら、上司に相談、電話などの取次ぎはしないように頼む 近くに信頼して相談だきる人、子供を預けられる人はいませんか? ご両親にも相談して、お子さんと一緒にいてもらうのも手です お子さんが保育園に行っているのなら、自分以外の人が迎えに来ても、断るよう「書面」で園長先生に通達。 パニックなのは理解できますが、義両親親戚関係の感覚が普通かどうかなんて悠長なことを聞いている場合ではないです、とぴ主さんにその気がないのなら、仮にここで普通だといわれても意味がないのですから とにかく行動あるのみです ユーザーID: 6368773831• あなたの身内、第三者に間に入ってもらって お悔やみ申し上げます。 ご主人を亡くされたばかりなのにとんだ災難ですね。 昔の話でごめんなさい。 私の母が主さんと同じ立場で10歳も年下の叔父との再婚を勧められたそうです。 父方の祖母と同居、当時私は幼稚園児、弟は8ヶ月、実家は自営業。 母は、自分の兄、伯父に間に入ってもらい断ったそうです。 冗談じゃない、戦争で夫に先立たれて昔、家を守るために義理の兄弟と再婚した話はありましたが、遺産、相続、収入の問題と祖母の面倒が絡んでの話、母は話を断りましたが、祖母とは、同居しました。 でも、同居は、大失敗、私と弟に大きな心の傷が今でも残っています。 祖母は、一族一の変わり者で嫌われ者でしたから。 私は、主さんに別居をお勧めします。 未婚の息子の結婚相手、跡取りもいる孫と同居、収入も入るであちらはいいでしょうがあなたには、メリットはないと思います。 あなたはまだお若いし、お子さんを抱えてこれからです。 夫として添い遂げられない人と結婚相手として勧めてこられても困りますよね。 向こうは、引き止めたくてのことでしょう。 タイトル通りうまく話しあってください。 ユーザーID: 6493222980• トピ主さん親子を手放したくないのでは? 高収入のトピ主さんと、カワイイ孫を手放したくないのかな〜と思います。 義両親側からすると、亡くなられた旦那さんも義兄も同じ息子。 どちらも変わりないでしょう?くらいの感覚なのかもしれません。 息子さんを亡くしたショックで、判断が付かないという状態かもしれませんが。 役所に婚姻届不受理届(名前あってたかな?)を出して、家を出れる状態なら、すぐ家を出た方がいいと思います。 同居していたら、少なからず義兄とも接触があるし、何より義両親が何するか分かりません。 勝手に婚姻届を出されたり、子どもに義兄を「パパ」と思い込ませたり。 >義兄がどんな素晴らしい人だったとしても,夫の兄と再婚なんて,あり得ないですし,考えられません。 昔はよくあった話みたいだけど、個人の人格を無視したふざけた申し出ですね。 ユーザーID: 6449862905• 家を出る 家を出ましょうよ。 義理の両親、義理伯父たちは本気ですよ。 昔、50年前迄は結構このような事は有りました。 家制度が根強く残っていたからです。 再婚して苦労するのは貴方だけです、義理両親は同居して家の事をやって貰い孫も手元に残り介護の心配も無い。 そして長男の心配も無くなる、まさに相手にとっては一石二鳥なんですよ。 家を出た方が賢明です。 相手がどんなに怒鳴り、脅したり、宥めすかしたりしても負けないで下さい。 まだ貴方は若いもっと自分の事、子供も生活を考えてください。 後、婚姻関係の終了の届けが有ります、これは自分だけで大丈夫ですので提出してください。 この届けを出したら義理の家族とは他人になりますが遺族年金は関係有りませんから。 ご主人が亡くなってまだ日が浅くお辛いと思いますがどうか強くなってください。 ユーザーID: 1837673000• ありえない トピ主さんとお子さんが家から出て行ってほしくない、それだけなんでしょうね。 忘れ形見のお孫さんだもんね、義理の両親にとって。 心情的には理解できるけれど、トピ主さんの年齢を考えるとこれからの人生もあるわけで、難しい問題だけど、自分で選択するしかないよね。 義兄さんのことは100%無視して、たとえばお孫さんと義理の両親がちょくちょく会えるような距離に引っ越すとかしたらいかがでしょう? 寂しいんだと思うよ、さすがに、、、。 トピ主にとっては他人の義親でもさ、お子さんにとっては祖父母なんだから縁を切らないように気をつけながら今後のおつきあいを考えたらいいと思うよ。 義兄の話はとんでもない!と突き放して、それ以上この話題をするなら今すぐ出て行く!と本気モードで一度言えば諦めると思いますよ。 ユーザーID: 6568673492• 金銭? トピ主さんのような話、うそのようで実在するエピソードです。 早く逃げてください。 実家から男手を呼べませんか? トピ主さんに兄弟はいませんか? 逃げる時は血縁の男の人に迎えに来てもらって下さい。 脱出する時、持ち出せるものは全て持って出て下さい。 トピ主さんは相手にとって大切な金づるです。 そして貴方に将来の介護を負わせるつもりです。 さらに義兄と結婚させ、男孫を産んで貰おうと計画してるんです。 早く逃げて!! ユーザーID: 0214121689• 直ぐに出て 普通の感覚ではありえません。 ご主人の死後、お互い助け合って自然とならまだしも。 そもそもご主人がいた頃から義親へ渡す金額(家計だとしても)が多すぎます。 おそらくお金も出してくれてしかも同居。 将来の介護もお願いしたいぐらいに(都合良く)思っているんでしょう。 どちらにしても無神経ですし今後も色々うるさそうですね。 トピ主さんはまだお若いので今はないでしょうが 今後再婚を考える時がくるかもしれません。 そうなった場合、現在の環境はあまり良くありません。 幸いトピ主さんはきちんとした収入があるので 1日でも早く同居を解消すべきです。 また、今後色々ありそうな感じがしますので 姻族関係終了届を出しておくことをお勧めします。 (義親の了解は不要で自分の意思で自由に提出でき 親戚関係を終了させるもので出しておけば扶養義務がなくなります。 ) ユーザーID: 0325967391• うーん。 個人的にはあり得ませんが、田舎の方では昔はけっこうあったようです。 今もその名残があるのかも。 あとは、何とかして跡取り トピ主さんの息子 を手元に置いておきたい、嫁のきてがなさそうな義兄に嫁を取らせたいという思いからきているのだと思います。 私なら直ちに実両親に相談して迎えにきてもらって子供を連れてすぐに家を出ます。 あとの話し合いは両家の親を交えて、必要であれば弁護士をたてて話をします。 まさかそこまでしないだろうとは思いますが、下手に同居している時に嫌ですと言ってしまって、強硬手段で寝ている間に既成事実を・・なんて事になったら怖いですもの・・・・ ユーザーID: 0601115158• いますぐ逃げて!! トピ主さん、突然にご主人をなくされて大変な思いをなさっていることでしょう。 義兄さんの話を持ち出したご両親ですが、昔は夫に先立たれた嫁が兄弟を再婚することがよくあったようですよ。 今でもそれが普通の国もあるようです。 ただし、大多数の現代の日本人の感覚にはそぐわないことでしょうね。 家を出る決心がついているのなら、「昔はよくあった話かもしれませんが、今の時代、そのようなことは考えられません」とでもなんとでも言って断って、早く逃げ出した方が良いかもしれません。 ちなみに、姻族関係終了届というものがあって、配偶者の親族との縁を切れるようですよ(詳しくはお調べください)。 ご両親は、息子に先立たれたショックのあまり、トピ主さんとお兄さんと再婚してくれれば、跡取りも確定で最高、だなんて考えているんでしょう。 今までの同居の恩は忘れないことや、今後も良い関係でつき合いたいということをお伝えして、家を出る予定であることを冷静に伝えるのはいかがでしょう(ご両親が自暴自棄になって大騒ぎになると怖いので、慎重に・・・)。 ユーザーID: 2265496467• 少し前の日本では普通でした トピ主さん、ご主人をなくされ大変なご経験をされましたね。 偶然ですが私と同じ年ということで、思わずレスさせていただきました。 タイトルの通りですが、戦後までの日本では未亡人となった女性をその兄弟が貰い受けるというのは責任ある婚家のあり方でした。 戦争や事故、病気、不貞などで夫を失ってしまった女性を最後まで面倒を見てやる、という考え方です。 これは日本だけでなく、嫁はその家が貰うという考え方の国は現在でも多数存在します。 家の資産が分散することを防ぎ、また生まれた子供はその家の財産という考え方のもと複数の兄弟と一人の嫁が婚姻関係を結ぶのです。 初めて耳にされたのならトピ主さんは義理のご家族に不信感や嫌悪感が湧いてしまっても不思議ではありません。 が、お義兄さんを押し付けられたと考えずにトピ主さんとお子さんの将来を心配してこそのこと、と思いますよ。 断ればいいだけのことです。 ハッキリと有り難いけれどその気は無いとお断りしても強く勧めてくるようだったら、そのとき問題にすればいいと思います。 ユーザーID: 1529782728• 家を出られたらよいと思います ずい分若くしてご主人を亡くされ、大変ですね。 お辛いでしょう。 さて、義理のご両親の今回の提案は先方にとっては実に好都合な提案ですね。 安定した収入があるトピ主さん、それに内孫を手放さなくて済む、もてないタイプの長男にお嫁さんができる。 トピ主さんは幸い経済力があるので、きっぱり断って家を出ることです。 今はとても考えられないと思いますが、将来新しい「出会い」があるかもしれません。 義理の両親の感覚は普通なのか、というご質問ですが、今の時代、特にトピ主さんのように経済力がある人への提案としては非常識だと思います。 ただ、昔はたまにある話でした。 女性が自分ひとりの力で子供を育てていくことが難しい時代に、たまたま義兄や義弟が妻を亡くしていたりすると結婚する例がありました。 育てていく子が甥や姪になるので愛情を注ぎやすいということもあるのかもしれません。 でも、トピ主さんは家を出て、自立した幸せな人生を送られることを祈っています。 ただ、お孫さんの顔は時々見せてあげてくださいね。 ユーザーID: 1544792091• 戦前ならね トピ文のような話も、それほど奇矯な話でもなかったんでしょうね。 とくに戦中は、適齢期の男が不足してましたしね。 最近でも、亡くなった兄の未亡人と結婚した弟さんがトピを立ててましたね。 実例は少なくても、いまでも全くないことはなさそうです。 トピ主さんがそこまで動揺するほど、奇天烈な話ではないですよ。 まあ、こんなのは当事者の考え方ですので、無理なら無理と伝えるだけです。 トピ主さんは充分自活できるようだし、 早いところ家を出た方がいいんじゃないでしょうか。 トピ文を読む限り、むしろ義両親の方がトピ主さんが毎月入れる家計費を アテにしているように受け取れますが・・・ ユーザーID: 9959425923.

次の

小説家になろうでおすすめの恋愛作品10選【大人の女性向け】

私 の 幸せ な 結婚 小説 家 に な ろう

ソアリスは、お城に勤める22歳の伯爵夫人。 結婚したのは10年前。 とにかくお金が欲しい伯爵家と 名誉が欲しい成金の子爵家の契約結婚である。 結婚当時、夫のアレンディオは15歳の伯爵令息。 ソアリスは12歳の子爵令嬢。 「なんで君なんだ」 「…………そうですよね、私もそう思います」 会話は続かず、黙ってお茶を飲むこと数回。 互いのこともよく知らぬまま、わずか3か月後にはアレンディオは騎士として戦地へ旅立った。 「跡取りだからお金さえ払えば兵役を免除されるのに、そんなに私との結婚がイヤだったの……?」 そして10年間、形式的な手紙が半年に一回やってくるだけで、相変わらず互いのことは何も知らない。 成金だった実家の没落により、ソアリスはお城勤めを開始して22歳になっていた。 ところが、まさかのまさかで夫のアレンディオは大活躍し、将軍として数々の武功をあげる。 そして長らく続いた戦に勝利し、凱旋するという噂が。 結婚していることをふと思い出したソアリスは「これで離婚できる」とほっとする。 この10年、城で王女さまの金庫番として確固たる信頼を得た彼女は、 もうそろそろ自由になってもいいのではと思っていた。 「英雄になった彼には、もっとふさわしい相手がいるはず」 しかし現れた彼は、ソアリスに会うなり「早く結婚式を挙げよう」と言い出した。 握りしめていた離婚申立書を渡す暇もないままに、報奨金の一部だという巨大な邸へ連れ去られ、予想外の溺愛生活が始まる。 「君は10年前と変わらず可愛らしい」 「旦那様、戦で目をやられましたか」 立派になりすぎた夫と、どうにかして離婚したい妻の攻防録です。 (これまでの書き込みが消失したわけではありませんので、しばらくご容赦くださいませ) 私の愛しい旦那様が、一緒にお茶をしようと誘ってくださいました。 普段食事も一緒にしないような仲ですのに、珍しいこと。 私はそれに応じました。 テラスへと行き、旦那様が引いてくださった椅子に座って、ティーセットを誰かが持ってきてくれるのを待ちました。 旦那がお話しするのは、日常のたわいもないこと。 ………でも、旦那様? 脂汗をかいていましてよ……? それに、可笑しな表情をしていらっしゃるわ。 私は侍女がティーセットを運んできた時、なぜ旦那様が可笑しな様子なのか、全てに気がつきました。 その侍女は、私が嫁入りする際についてきてもらった侍女。 ーーー旦那様と恋仲だと、噂されている、私の専属侍女。 旦那様はいつも菓子に手を付けませんので、大方私の好きな甘い菓子に毒でも入ってあるのでしょう。 …………それほどまでに、この子に入れ込んでいるのね。 馬鹿な旦那様。 でも、もう、いいわ……。 私は旦那様を愛しているから、騙されてあげる。 そうして私は菓子を口に入れた。 R15は保険です 皇帝夫妻の娘として生まれながらも、双子を忌む因習によって捨てられたエルネスタ。 市井で育った彼女の元に、ある日皇帝からの使者がやってくる。 「出奔した姉姫の代わりに蛮族たる人狼王イヴァンの元に嫁ぐこと」 身勝手な勅命を最初は断るものの、なんだかんだで引き受けることに! バレたら殺されるかもと恐々としながら嫁いでみれば、超絶美形の夫は特に恐ろしいことをしてくるでもなく、周囲の人狼たちも良いひとばかり。 やがて最初は壁のあった彼らとも打ち解け、周囲から敬愛される王妃となるのだが、身代わりであるエルネスタはきちんとわきまえていた。 これは双子の姉が連れ戻されれば終わる仮初めの立場なのだから、彼らの好意に甘える気なんてない。 しかしそんな事情など知らないイヴァンは不器用ながらも大切にしてくれて…? *戦闘・流血・未成年の飲酒について予告なしの描写あり。 ファンタジー世界として広いお心でお読み下さい。 小国リンドバル王国の第三王子として育てられたジェラリア。 傾国の美姫と謳われた母親譲りの美貌を引き継いだジェラリアは、13歳の時、側室という名の人質として大国ドルマキアの王太子と政略結婚した。 男の身で側室となったジェラリアを待ち受けていたのは過酷な日々。 そんなジェラリアはある日を境に忽然と姿を消していた。 それから五年後。 ジェイドと名前を変えていたジェラリアは自由な生活を謳歌していた。 表向きはヒモ同然の売れない役者。 裏の顔は依頼人の指定どおりの人物を完璧に演じることで高額な報酬を得る『身代わり屋』という裏稼業をしている天才演者。 そんなジェイドは、ひょんなことからかつての自分であるリンドバル王国のジェラリア王子の身代わりとしてドルマキア王国に雇われる羽目に……。 数々の縁談を断り続け、「無事」嫁き遅れとなった22歳のある日、舞い込んだのは国王が彼女との結婚を望んでいるという知らせだった。 絵に描いたような美少年の若き国王に、自分に自信がない上、男性不信気味のアシュリーは不本意ながらも嫁ぐこととなった。 望んでもいない結婚なのに嫉妬されたり、年の差があることを理由にいちゃもんをつけられたり、前途多難。 ふたりは試練を乗り越えて、本当の意味で夫婦となり、幸せな結婚生活を送ることができるのか? それとも、また違う結末が待っているのか? 「気に入らないものに対して身分を盾に数々の嫌がらせ行為………我慢ならん!貴様との婚約は破棄とする!それだけでなく、私の未来の妻、つまりは未来の王妃を傷つけた罪は重い。 身分剥奪どころか貴様など処刑だ!」 どれもこれも知らぬ存ぜぬばかりのことでこのバカ王子は確たる証拠もなく私に婚約破棄、意味のわからない罪状で処刑と人の多く集まる場で叫んだ。 私と二人で話す場であればまだ許したものを………。 見え透いた下心丸出しビッチ令嬢に良いように操られるバカな夢見る王子には教育が必要なようです。 「婚約破棄の前にまずは私の罪状をもう一度お聞かせ願えますか?」 私を悪役扱いするならば望み通りあえて悪役となって差し上げましょう。 その程度で処刑?バカが聞いて呆れるというもの。 処刑になる気もしませんが、万が一の可能性が少し、ほんの少しもないとは言えません。 もしそうなった時何もせず言われたままで終わるなんてそれこそ屈辱。 ならばいっそ、処刑されても当たり前ねと思えるくらいの悪役を見せてあげようではありませんか。 そして証明しましょう。 私ならそんな貴方たちの考えたバレるような悪役など演じないとね。 恋を諦めて政略結婚のために我慢してきた鬱憤も今この場で晴らしましょう。 私だって嫌々なのに大概にしてくださいませね?お・う・じ・さ・ま・? 魔力を安定させるために、アルファがオメガと番になる世界。 運命の番なら、魔力が増えて安定もするのだが、ニコル・フェザーストンはそうではない。 魔力の相性は良いものの、魔力安定剤の役目の代わりに、実家のあるオーガスト領を支援してもらうという政略目的で、侯爵家の跡継ぎであるブラッドリー・アマーストと結婚する。 ニコルを気遣うブラッドリーに、いつしかニコルは本物の愛を抱く。 だが、結婚生活を始めて五年後。 魔法のあるファンタジー世界でのオメガバースものです。 R15表現、R18表現も入れるのでご注意ください。 その時は書いておきます。 ルビア王国の王女であるピエリス・ルビアは国王である御父様の指示の元、他国の王子と婚約を結ぶことになった。 自国よりも武力のある国に対して縁を結ぶことを目的とした政略結婚なのであるが、ピエリスは文句を言わずに受け入れる。 この世界はそれが当然の世の中なのだ。 しかしながらピエリスには一つの悩みがあった。 相手国の王子が親が勝手に決めた婚約に納得がいっておらず、ピエリスに対して全く愛情を抱いていないのである。 そんなある日、他国の要人を招いたパーティーが開かれる。 そこで挨拶だけで目立たないようにしていたピエリスなのだが、一人の男性に好意を抱かれてしまう。 「結婚してくれないか?」 いやいやいや、私は既に婚約を結んでいるのですが!? これはピエリスが幸せになるまでの物語。 「自由や幸せが望めないことぐらい最初からわかっていたこと。 だって私は、不出来な人間なのだから……」 代々続く家業の次女として産まれた優希子は、優秀な両親や姉弟と違い、何をやるにも不器用で家業の主軸となる勉学も不得意なことから不出来な子と言われ卑下されていた。 そんな、(成長)ラブストーリーです。 ************* *この物語はフィクションです。 登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものらとの関係はございません。 特に、前半は困難が続くため、主人公にとって可愛そうな展開が続いていきます。 その為、人によっては内容への抵抗や読むことで不快感(鬱々感)を感じることがあるかもしれません。 読み進めてくださる方は、その点のご理解、ご注意を頂けたらと思います。 *現実とリンクする設定 (医療のこと)や制度(婚姻、法律)などを取り入れる場合は、誤解を招くことのないよう不明な点は調べてから文章にするようにしております。 しかし、その分野に精通している者(専門家)ではないため、知識のある方が見た場合、内容に違和感があるかもしれません。 そう言った点は申し訳ないですが、創作品として目をつぶっていただけますとありがたいです。 🚨作品の無断転載、無断使用や翻訳などはご遠慮いただいております。 pakutaso. html 第一王子は病に倒れた父王の命令で、隣国の第一王女と結婚させられることになっていた。 しかし第一王子には、幼馴染で将来を誓い合った恋人である侯爵令嬢がいた。 しかし父親である国王は、王子に「侯爵令嬢と、どうしても結婚したければ側妃にしろ」と突っぱねられてしまう。 第一王子は渋々この婚姻を承諾するのだが……しかし隣国から来た王女は、そんな王子の決断を後悔させるほどの人物だった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 侯爵令嬢のお茶1と2の間に一話分抜けておりました。 侯爵令嬢のお茶1.2.3の構成になっております。 既に修正済みです。 意味が分からない部分があり、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 2018. 9 本編完結しました。 番外編を書こうか検討中です。 笠井 優里香 (Kasai Yurika) 特に取り柄もなく、目だたない23歳。 大手電子部品メーカーに入社2年目 清水 翔太郎 (Shimizu Syoutarou) 優里香の勤める会社の副社長 31歳 日本を代表する清水グループの御曹司 どうしてもと言われ受けた会社の2年目の優里香は、突然衝撃的な事実を知る。 何百年かに一度約束されている、笠井家と清水家の結婚。 その約束が取り交わされないと、双方不幸になる。 そんなバカな話信じられない!戸惑う優里香に周りからの圧力はすごくて……。 「こんな結婚は形だけでいいだろ?親孝行と思って諦めろよ」 「なんだお前俺といたいの?」 超絶イケメンだけど、冷静沈着な副社長の裏の顔はドSで。 「結婚に愛がないなんて無理!」 反抗する優里香に、 「じゃあ、俺のこと好きになれよ。 俺に溺れろよ」 意地悪で強引だけど、大人の甘い罠に優里香は? バトルスタート! 伯爵令嬢のマシェリ・クロフォードは、皇帝の戯れによりーー皇太子(女嫌い)の妃候補に選ばれてしまう。 挨拶のため訪れた皇城で、礼儀知らずな皇太子にブチ切れ、暴言を吐いてしまったマシェリ。 断罪として妃候補から外され、せいせいした、と気を抜いたのも束の間。 皇子様がマシェリに告げたのは予想外すぎる求愛の言葉だった。 「君に結婚を申し込む」 「謹んでお受けいたします(とりあえず今のところは)」 これは魔界と隣りあわせの世界で、恋愛より商売が好きな堅実令嬢が、帝国の無駄遣いを正したり、魔術師を打ち倒したりしながら、皇子様との結婚を回避し、ハッピーエンディングを迎える……かもしれないお話。 (一話1500程度)下記の予定ですが、仕事の都合等々で変更する時あり。 syosetu. 医学部の研究室で、教授秘書兼事務員として働く結崎絵麻。 彼女はある日、ずっと思い続けている男性が、異国の第二王子であると知らされる。 エキゾチックな美貌の優秀な研究者で、そのうえ王子!? 驚き言葉を失う絵麻へ、彼はとんでもない要求をしてきた。 それは、王位を巡る政略結婚を回避するため、彼と偽りの婚約・同棲をするというもの。 愛情の欠片もない求婚にショックを受けながら、決して手は出さないという彼と暮らし始めた絵麻。 政略結婚で隣国に嫁ぐことになったアンリエッタだが、相手は以前から恋い焦がれていた第一王子オーランド。 再び出会えることを楽しみに嫁いできたが、三年前優しくしてくてた彼は、なぜか別人のように冷たい人物に変貌していた……。 夫婦として仲良く暮らしたいのに、寄り添おうとするアンリエッタに彼はひどい仕打ちばかり。 そのうち王家の秘密や陰謀まで絡んできて……!? 削除後、掲載されていた番外編は自サイトにて公開します。 番外編はそのまま残してあります。 また書籍化に伴いタイトルが変更され、書籍タイトルは『疑われたロイヤルウエディング』となっております。 応援ありがとうございました。 主人公が愛した男には、すでに身分違いの平民の恋人がいた。 貴族の娘であり、正妻であるはずの彼女は、誰も来ない離れの窓から幸せそうな彼らを覗き見ることしかできない。 愛されることもなく、夫婦の営みすらない白い結婚。 三年が過ぎ、義両親からは石女(うまずめ)の烙印を押され、とうとう離縁されることになる。 そして彼女は結婚生活最後の日に、ひとりの神父と過ごすことを選ぶ。 誰にも言えなかった胸の内を、ひっそりと「彼」に明かすために。 これは婚約破棄もできず、悪役令嬢にもドアマットヒロインにもなれなかった、ひとりの愚かな女のお話。 この作品は小説家になろうにも投稿しております。 扉絵は、汐の音様に描いていただきました。 ありがとうございます。

次の

剣心と薫の関係には裏設定があった?結婚と妊娠して子供もいる!

私 の 幸せ な 結婚 小説 家 に な ろう

剣心と薫の関係には裏設定があった!? 剣心と薫の出会いは、薫が剣心にいきなり木刀で殴りつけようとする所から始まります。 しかし、その攻撃を剣心はヒラリとかわします。 その際に剣心は10メートルくらいジャンプしますが、薫は一切ツッコみませんw その後剣心は薫を救います。 その後、何だかんだで薫の道場・神谷道場で居候する事になった剣心。 最初は平和でしたが、過去の事もあり争いに巻き込まれていく剣心と薫なのでした…。 戦っていく中で惹かれあっていく剣心と薫。 二人の関係も見どころなのです。 そんな剣心と薫の関係には裏設定があったのです。 それが後に触れる剣心と薫の結婚。 剣心と薫が別れた事も 剣心と薫は作中はずっと「付き合っているようで付き合っていない」よく分からない関係でしたが、映画『るろうに剣心 京都大火編』では志々雄真実を倒すためには人斬りに戻らなくてはいけない。 そして、もしかしたら戦いに薫に巻き込んでしまうかも知れないと判断した剣心は、薫に別れを告げます。 これが剣心なりの優しさなのでしょうが、 女性からすれば「俺についてきてくれ」位の強引さが欲しいところです。 この辺は志々雄真実とは大違いですよねw 剣心と薫の年の差 剣心が薫と出会った時の年齢は28歳。 薫の年齢は17歳でした ! つまり、 剣心と薫の年の差は11歳という事で、結構な歳の差なのです。 薫は女子高生の年齢だったんですね。 ちなみに、剣心と薫の身長差は 剣心の身長が158㎝で 薫の身長が155㎝なので 3㎝しかない事になります。 剣心の身長は158㎝なのはちょっとショックですね。 剣心が「ちっちゃいオッサン」だったとは…。 しかし、実は明治初期の平均身長なんてそんなものでした。 どちらかと言うと、薫が大きいだけです。 ただ、現代の価値観で見ると剣心は 「ロリコンのちっちゃいオッサン」 という事になります…。 剣心と薫が結婚 漫画では剣心と薫が結婚する描写はありませんが、OVA オリジナル アニメーション ビデオ の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』では、戦えなくなった剣心が薫と結婚して、生涯を終える所まで描かれています。 個人的には、この『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』は負のオーラが漂い過ぎてて嫌いですw 剣心と薫の祝言 結婚式 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』では、特別篇で剣心と薫の祝言 結婚式 のシーンが描かれています。 一切働かないヒモ男状態だった剣心ですが、ちゃんと結婚式を挙げてくれるとは流石ですねw 剣心は薫を妊娠させていた 剣心と薫の間には子供が一人います。 剣心は、ちゃっかり薫を妊娠させていたのです。 剣心と薫の子供の名前は? 剣心と薫の子供の名前は緋村剣路(ひむら けんじ)です。 剣の才能は凄まじく、話を聞いただけで飛天御剣流の技を習得してしまうほど。 子供の剣路は、いつも家を留守にして他人の為に尽くそうとする剣心の事が大嫌いでした。 結局、剣路はグレて家出します。 剣路は剣心の師匠である比古清十郎に弟子入りしたいと頼みますが、相手にしてもらえませんでした。 その後、剣路は逆刃刀をめぐって弥彦に挑みますが、完敗。 しかし、剣心が弥彦に逆刃刀を託したように、弥彦は剣路に逆刃刀を託します。 その後の様子は描かれていませんが、剣路もまた、立派な剣士に育ったのでしょう。 剣心と薫の夜の出来事 『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編』では、剣心と薫の夜の出来事も描かれています。 そこでは、梅毒にかかった剣心の痛みを分かち合いたいと薫が自ら梅毒にかかりに行くというクレイジーな描写がありますw.

次の