男性 髪型 イラスト。 髪型 男 イラスト

男性 髪型 種類 イラスト

男性 髪型 イラスト

顔の描き方 男性キャラクターの顔の特徴 男性キャラクターの顔の特徴としては、目の位置が高い、シャープな輪郭、太い首、直線的な眉、高い鼻などがあります。 男性は骨格がしっかりとしているため、横を向いた時に顎の骨が張って見える点も特徴的です。 これらを意識して描くと、より男性らしい顔を描くことができます。 男性と女性との違い 男性と女性ではどのような違いがあるのか比較してみましょう。 女性キャラクターの顔の特徴としては、目の位置が低い、ふっくらとした輪郭、細い首、弓なりな眉、低い鼻などが挙げられます。 直線的なラインが目立つ男性に比べ、女性は曲線的なパーツが多いことが特徴的です。 男女の違いを理解せずに描いてしまうと、男性を描いているつもりが、女性のような顔に見えてしまったり、男性か女性かわからない顔立ちになってしまうことがあるので、これらの特徴を意識して描くとよいでしょう。 ヒゲの生え方と髪型の種類 ヒゲの生え方 ヒゲを描くことによって顔の印象は大きく変わるため、キャラクターの幅を広げる上でとても重要な要素になってきます。 ヒゲが生える箇所は主に口周り、あご、頬、の三箇所です。 量が少なく短いヒゲは線で表現するとよいでしょう。 ヒゲの量が多い場合は、髪の毛を描く時と同様に面で表現します。 右のイラストのように、口ヒゲと顎ヒゲをつなげる描き方もあります。 ヒゲが伸びて長くなっている場合は、眉毛の毛量を増やしたり、もみあげと顎ヒゲをつなげたりすることで、より毛深い印象を出すことができます。 髪型の種類 ストレート ストレートは頭の頂点から骨格に沿わせるように描いていきます。 このようなシンプルな線を使って描く髪型の場合は、頭の形が不自然にならないよう注意しましょう。 パーマヘア この髪型はストレートの時とは違い、髪の曲線とつむじを意識して描いていきます。 毛先を横に曲げたり上に向けることで、クセのある髪の毛を表現することができます。 横を向いた時は、頭の上部の凹凸が目立つのが特徴的です。 前髪を上げた髪型 髪の毛を後ろへ流しているので、オールバックと似たような髪型になります。 このように前髪を上げている髪型の場合は、前髪と後ろの髪の毛を別々の塊(かたまり)として考えます。 毛の流れが後ろへ向かうように描くことで、普通のストレートヘアやパーマヘアとは少し違った印象を出すことができます。 体の特徴 成人した男性であれば、7等身〜7. 5頭身程度のプロポーションになることが多く、頭の大きさは肩幅の約三分の一程度になります。 女性と比べ、骨格や筋肉が発達しているため、直線的でごつごつとしたラインになることが特徴です。 特に首や肩、胸の筋肉は男性らしさを出す時にとても重要なパーツになります。 より男性らしいキャラクターにしたい場合は首や腕を太くしたり、胸板や腹筋を強調することで、女性とは違った体つきを表現することができます。 また、男女の骨格において最も顕著に違いが現れる箇所は腰です。 男性の腰の位置は女性より低く、胴が長く見えます。 男性は女性より骨盤が狭いため、筋肉が目立ち、直線的な腰のラインになります。 どんなにやせていても、女性のようなくびれができることはほとんどありません。

次の

男性キャラクターの描き方講座

男性 髪型 イラスト

ヘアスタイルを考える時に困ることありませんか?• 「どんな髪型にしたらいいんだろう・・・自分に似合いそうな髪型は?」• 「どんなポイントを押さえればいいのか?」• 「そもそもどんな髪型があるのか、あまり知らない・・・」• 「薄毛なんだけど・・・」 迷った時は、いろいろチェックしてみることです。 いろんな髪型でヘアカタログを作って見ましたので、• 理容室・美容室に行く前、• 新しい髪型・解決策を探している時など、 アイデアを得るためにこのヘアカタログをご活用ください。 若い人のヘアスタイルを載せていますが、年齢が上がっても同じ髪型でいけるようなものを選んでいます。 若いヘアモデルだからといって60代70代80代の人ができないわけじゃないので、それを念頭にご覧ください。 また、最後の方に• なども合わせてご紹介しています。 他のヘアカタログ 世代別の髪型( / / ) / / 60代70代80代男性向け【坊主がベースの髪型】ベリーショート、ソフトモヒカンなどの短髪 ソフトモヒカンです。 サイドやえり足はスッキリと刈り上げ、トップが一番長いようになっている髪型です。 この髪型は短髪ならではの爽やかな印象に仕上がるので、• グレイヘア(ごま塩頭でも、白髪交じりでも)• 薄毛が気になる人でも(ブラックマヨネーズの小杉竜一さんイメージ) 似合うヘアスタイルです。 普通毛~剛毛の髪質だったらワックスなしでも画像のようにキレイに仕上がりますよ。 セットもお手入れもなしでいいので、超手間いらずな髪型です。 子供からシニア男性まで幅広い世代におすすめです。 芸能人の玉木宏さんです。 上の画像ほどサイドを刈り上げていないソフトモヒカン。 短髪だと爽やかで若い印象にすることができます。 白髪交じりのごま塩頭でも、これぐらいスッキリさせていると清潔感があっていいですね。 くせ毛の人がワックスでセットすると、ソフトモヒカンもちょうどこんな仕上がりになります。 トップの角が取れて丸みを感じるシルエットです。 オーソドックスなベリーショートカットです。 スッキリとしていて清潔感もあり、若く見える髪型です。 どの世代でも、白髪のありなし関係なく、だれにでも似合うヘアスタイルの一つですね。 セットはなにもしなくてもいけますが、ワックスをつけてスタイリングするとよりかっこよく仕上げることができるので、お出かけの際はぜひ使ってみてください。 ソフトモヒカンや坊主に近いベリーショートですが、ヘアカラーするだけでずいぶんと印象が変わります。 最近は男性芸能人にも多く見られますが、明るい色のヘアカラーする人が増えました。 これぐらいの色だと白髪を染めるというよりは、明るさで「ぼかす」感じです。 黒髪の人はもちろん、白髪が多い人でも柔らかい雰囲気に見えますので、髪のセットなどお手入れしたくない人は特に、ヘアカラーおすすめですよ。 ほとんど坊主に近いですが、トップの髪を長めにしてサイドとのコントラストを効かせている、おしゃれ坊主です。 この髪型だとバリカン一つあれば、自分でセルフカットできますよ。 サイド・後ろは3mm~6mmぐらいで刈り上げておいて、トップは15mm~24mmぐらいを目安に刈り上げると、こういったおしゃれ坊主ヘアにすることができます。 こういったヘアスタイルが好きな人は、思ったよりも簡単なので、一度自分で挑戦してみてください。 ポイントはトップの長めの所に合わせて 最初全体を刈り上げておいて、その後にサイドと後ろの短い部分をもう一度刈り上げるようにすると、失敗しなくなります。 こちらも上のおしゃれ坊主に近い髪型ですが、上の坊主よりもトップを長めにして形をソフトモヒカンにしています。 伸びかけ坊主に際にこういったヘアスタイルに進んでいくのも楽しめていいですね。 シニア男性がソフトモヒカンにすると、一気におしゃれに見えますよね。 ワイルド系ツーブロック、ダンディな七三分けなどのショートカット サイドは刈り上げている七三分けスタイル。 動きを出したりするヘアスタイルが苦手な人(かっちりした髪型が好きな人)にぴったりな髪型です。 サイドや後ろを刈り上げることで、トップが長くてもスッキリした印象に仕上げることができます。 同じ七三分けでも刈り上げないスタイルよりは若く見えますのでシニア男性層にもおすすめです。 七三分けぐらいから片方に流れを付けたツーブロックヘア。 上の髪型と違って、ぴっちりと分け目をつけないようにします。 ゆるいピンパーマをかけているとセットが楽になりますね。 ハイライトやメッシュを入れるとぐっとおしゃれ感がアップしますので、グレイヘアの方などポイントで取り入れてみるのもおすすめです。 耳上のサイドパートのみを刈り上げたソフトなツーブロック。 髪が硬くて多い髪質でも耳周りを短めにすることで、膨らみを感じさせない仕上りにすることができます。 トップはワックスなどで毛束感を出しつつセットするとかっこいいですよ。 ソフトなツーブロックなのでいかつい感じもなく、万人におすすめできる髪型です。 グレイヘアの方でも薄毛が気になる方でもやりやすい髪型ですね。 70代80代のシニア男性がしているととてもかっこいいと思いますよ。 こちらも刈り上げているツーブロックですが、パーマをかけて、七三分けからふんわりと流れるようなカールをつけてあります。 この写真はワックスで仕上げしてますが、ワックスなしでもいい感じに仕上がる楽ちんヘアです。 くせ毛メンズに似合うおしゃれな髪型 くせ毛に似合う髪型といえば、まずはソフトモヒカンです。 直毛の人と比べると毛先がカールして丸っぽいソフトモヒカンになりますが、それはそれでかっこいい髪型です。 ソフトモヒカンぐらいにスッキリさせていると、見かけが爽やかなになりますのでくせ毛でグレイヘアでもいい感じに仕上がりますよ。 くせ毛の人はこういった刈り上げツーブロックも相性がいい髪型です。 短い部分を作ることでもっさりしやすいくせ毛も引き締まって見えます。 こちらも上のヘアスタイルを同じようですが、カールの出かたが違うのと、刈り上げをどの位置までするのかで仕上がりが違ってきます。 どちらも60代70代80代に多いグレイヘアでも大丈夫ですよ。 くせ毛の人にはベリーショートは扱いやすくていいですよね。 かなりチリチリの縮毛・天然パーマでも、これぐらいの長さだったら問題なくできます。 トップとサイドに段差をつけた、おしゃれ坊主です。 中田英寿さん。 丸刈りっぽいソフトモヒカンですね。 前髪はバリカンで刈り込んで、つむじにかけてだんだんと長くしていきます。 坊主が伸びかけの際に変化つける髪型としてもいいですよ。 60代70代80代向け【短髪にパーマ】ゆるめのピンパーマ/強めのパーマ ショートカットにピンパーマをかけたヘアスタイルです。 シルエットがソフトモヒカンっぽいですが、パーマがあることでまた違った印象の仕上がりです。 くせ毛の人もこういったセットを意識するとおしゃれ感が出ていいですね。 刈り上げツーブロックに強めのパーマをかけたヘアスタイル。 ちょい悪オヤジがしそうな髪型です。 サイド・後ろを短く刈り上げているのと、強めのパーマがしっかりかかっていてメリハリが効いている髪型なので、グレイヘアにも薄毛が気になる人にもぴったりな髪型です。 おじいさんがこの髪型やってると超かっこいいと思いますけど、70代80代男性の方どうでしょうか。 トップを少し長めのショートカットに、強めのパーマをかけています。 前髪にも強めのパーマがかかっているので個性的な仕上がりになっていますが、グレイヘアやおでこ広い薄毛男性にはおしゃれ感アップしていいですね。 前髪だけゆるめのパーマにすると、もっとソフトなイメージになりますし、誰にでも似合うショートカットにすることもできます。 画像のように耳周りはタイトにセットして、トップに動きを出すようにワックスかムースで仕上げるとメリハリが効いていいですね。 薄毛でも似合う爽やかでかっこいいヘアスタイル 超基本的な所から。 スキンヘッドです。 バリカンの一番短い3mmぐらいで刈り上げておいて、カミソリ、もしくは電気シェーバーでつるつるに仕上げます。 毎日剃っている人もいますが、とても大変なので、週一ぐらいに剃るようにすると維持がしやすいと思います。 案外手間暇がかかるヘアスタイルです。 (汗) スキンヘッドはワイルドなファッションと合わせると似合うのでいいですよ。 スキンヘッドから少しだけ伸ばして坊主ヘアスタイルです。 3mmでもいいし、6mmでもいいし、9mmでもいいですが、1cmを超えないぐらいでもう一度刈り上げるようにする方が、薄毛部分との差が出なくていいですよ。 セルフカットで対応できるので、坊主が似合う人にはおすすめです。 サイドとトップのメリハリを少なめにしているツーブロックです。 サイドや後ろを短めにしている方が、頭頂部や後頭部薄毛部分との馴染みが良いので合わせることができます。 サイドや後ろはバリカンで刈り上げてしまわないで、ハサミで軽く刈り上げておいて、すきバサミで毛量を減らすようにすると、より自然な感じにすることができます。 上の画像と似たような髪型ですが、前髪をもう少し長めに下ろしています。 おでこ広いタイプの薄毛の人におすすめなヘアスタイルです。 ワックス付けない前髪だとスカスカ感が出て薄毛を強調してしまいますので、ワックスできちんと仕上げるようにしましょう。 俳優の渡部篤郎さんのオールバックヘア。 60代70代80代といった渋みが出てくる世代には、オールバックが似合うので世代によっては人気がある髪型です。 頭頂部や後頭部薄毛を隠しやすいこともポイントです。 ワックスやムース等のスタイリング剤必須です。 ふんわりと仕上がるようにパーマをかけた七三ツーブロックです。 頭頂部薄毛の人も、後頭部薄毛の人もパーマがあることでカバーしやすい髪型です。 おでこ広い人は片方の前髪を下ろすようにセットするとカバーできます。 画像のようなおでこの広さだったら、前髪上げてても大丈夫ですね。 パーマがあると弱点をカバーできるのもありますし、乾かすだけでこういった仕上がりになるので、お手入れが楽です。 スタイリングが面倒な人にはおすすめです。 【60代70代80代 メンズ・グレイヘア】 ごま塩頭、白髪交じり、白髪でも似合うかっこいい髪型 短めに刈り上げたソフトモヒカンです。 ヘアモデルさんはちょうど「ごま塩頭~グレイヘア」に移行中といったところですね。 これぐらい刈り上げてスッキリさせておくと、スタイリングの手間がいらないので、お手入れが楽になります。 ワックスなしでも全然OKです。 白髪の塊ができやすいもみあげ付近も、短く刈ってあるので気になりませんね。 こちらもベリーショートですが、上の画像よりかは全体的に少し長さを残した髪型です。 いい感じのグレイヘアですね。 ポイントはワックスを使ってトップの髪に動きを出すようにセットすることです。 なにもしないとボサボサ感が出てイマイチなので、お出かけの際は必ずワックスを使用しましょう。 おしゃれ感がグッと上がって好感持たれますよ。 ワイルドなツーブロックです。 サイドの刈り上げと長く残したトップのメリハリが効いていて、同じツーブロックでもワイルド感がある仕上がりです。 ソフトな感じのツーブロックは誰にでも似合いやすいですが、こういったハードなツーブロックもグレイヘアにはおすすめです。 グレイヘアは色のせいで、ヘアスタイルが全体的にぼやけてしまいますので、こういったエッジを効かせたヘアスタイルはおしゃれ感が一気に増しますので、挑戦する価値はありますよ。 ボサボサにならないように、仕上げはワックスでまとめてあげるといいですね。 こちらはかっちりとした真面目な印象のツーブロック。 サイドパートからきっちりと分け目をつけて、あまりラフにせずに、全体的にまとめるようにセットします。 おしゃれな男性芸能人の髪型もチェック 普通のショートカットでも西島秀俊さんがするとかっこいいですね。 前髪のアシンメトリーがポイントです。 片方を長めに残して、ザクザクと隙間を作る用に粗くカットしています。 全体的には動きをあまりつけず、ただ乾かしただけという仕上がりです。 セットを何もしたくないという人は、前髪にアシンメトリーを取り入れるのもいいですね。 こういったショートカットは60代70代80代どの世代でも似合いますよ。 芸能人の本木雅弘さん。 オールバックでタイトに仕上げています。 人生の経験を積んで渋みが出てくる60代70代80代の世代に似合いやすい髪型です。 ワックスで仕上げますがその際トップだけは、ぺんたんこにしてしまわないでふんわりと仕上げます。 頭頂部や後頭部に薄毛部分がある人は、隠しやすい髪型ですね。 上でも一度登場した玉木宏さん。 前髪長めで動きをつけたショートカットです。 全体的にワックスを多めにつけて、毛束感と髪の流れを整えます。 前髪はサイドから流しますが、ワックスつけるとセットしやすくていいですよ。 60代の人がしてたらもちろんかっこいいと思いますが、70代80代の人だったら超おしゃれに見えます。 前髪を上げたショートカットの木村拓哉さん。 昔はミディアムレイヤーぐらいのサーファーっぽい髪型が多かったイメージですが、最近はショートカットもよくされますね。 髪が多そうなので、何も付けないと丸坊主から伸びたようなヘアスタイルになっていまいます。 必ず何かしらのスタイリング剤をつけて仕上げるようにしましょう。 小栗旬さん。 こちらも前髪を上げたショートカットです。 木村拓哉さんよりも髪が硬そうですね。 仕上げにワックス、必須です。 小栗旬さんは「丸坊主~ショートカット~ミディアムヘア~強めの個性的なパーマ」までなんでも似合う芸能人です。 顔がかっこいいのもありますが、可愛すぎない雰囲気も幅広いヘアスタイルができるポイントだと思います。 木村拓哉さんの髪型もそうですが、こういったショートカットは60代70代80代にはやりやすいヘアスタイルですね。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 毎日のケアに育毛対策を取り入れることが、少しでも長い間ヘアスタイルを楽しむコツです。 薄毛を感じ始めた頃から薄毛がすすんだ場合でもあきらめないで、コツコツ頭皮ケアしていくことが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 薄毛になってから本格的に使用する育毛剤と違って、予防のための育毛剤なら高価なものを使用する必要はありません。 この「ザクローペリ」は続けていきやすい価格なので、毎日のケアを継続的に行うことができます。 薄毛予防には日々のケアを欠かさないことが大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 ヘアカラーの色持ちを良くする• 黄ばんだ髪を色ツヤ良く仕上げる• 黄ばんだ白髪を透明感のあるキレイな白髪にする 髪の見た目は第一印象に大きく影響します。 黄色っぽい髪だとせっかくヘアカラーしていても、良い印象に見えません。 そんな時に活躍するのが黄色を打ち消してくれる「紫シャンプー」です。 これで週1回~週2回シャンプーするだけでキレイに仕上げることができます。 いつものシャンプーをこれに替えるだけなので、余計な手間も入りません。 簡単なのに第一印象を大きく変えられるシャンプー、始めてみませんか? 以上、60代70代80代の男性に似合うおすすめの髪型と、日々のお手入れのコツをご紹介しました。 ヘアスタイルはあまりたくさん載せると見づらいので、代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

60代70代80代男性の髪型◇薄毛/白髪/くせ毛/芸能人/メンズパーマ◇おじさん・シニア・グレイヘアでも似合うかっこいい短髪ヘアスタイル

男性 髪型 イラスト

男性のイラストを描くときに「ひげってそもそもどう描くと 男の人らしくなるのだろう?」「髪型がどうしも単調になってしまう... 」 そんな悩みをお持ちの方は、やとみさんによる男性キャラクターの 描き方講座で男性らしい顔の描き方をマスターしましょう! 男性キャラクターの描き方~顔・髪・身体~ 男性の顔の描き方 はじめに顔の描き方について紹介します。 男性キャラクターの顔の特徴としては、目の位置が高い、シャープな輪郭、太い首、直線的な眉、高い鼻などがあります。 男性は骨格がしっかりとしているため、横を向いたときは鼻が高く、顎の骨が張って見えます。 このように、男性キャラクターの顔は全体的に直線的で骨格が目立つという特徴があります。 男性の顔を描くときはこれらのパーツを強調して描くと、より男性らしい顔を描くことができます。 それでは次に男性と女性ではどのような違いがあるのか比べてみましょう。 女性キャラクターの顔の特徴として、目の位置が低い、ふっくらとした輪郭、細い首、弓なりな眉、低い鼻などが挙げられます。 直線的なラインが目立つ男性に比べ、女性は曲線的なパーツが多いのが特徴的です。 男性を描く場合でも、これらの特徴を理解した上で描くように意識しましょう。 男女の違いを理解せずに描いてしまうと、このように男性を描いているつもりが、女性のような顔に見えてしまったり、男性か女性かわからない顔立ちになってしまうことがあるので注意しましょう。 男性のひげの生え方 次は、ひげの生え方について紹介します。 ひげを生やすことによって顔の印象は大きく変わるため、キャラクターの幅を広げる上でとても重要なポイントです。 ひげが生える箇所は主に口周り、あご、頬、の三箇所です。 量が少なく短いひげは、線で表現します。 量が多い場合は、髪の毛を描くときと同じように面で表現します。 右のように口ヒゲと顎ヒゲをつなげる生やし方もあります。 ヒゲが長く生えている場合は眉毛の毛量を増やしたり、もみあげと顎ヒゲをつなげたりすることで、より毛深い印象を出すことができます。 男性の髪型の描き方 続いて、男性の髪型を紹介します。 一つ目は一番スタンダードなストレートの髪型です。 頭の頂点から骨格に沿わせるようにして描いていきます。 このようなシンプルな線を使って描く髪型の場合は特に頭の形が不自然にならないよう注意しましょう。 二つ目はパーマがかかった髪形です。 この髪型はストレートのときとは違い、髪の曲線とつむじを意識して描いていきます。 毛先を横へ向かせり、上へ向かせることで、クセのある毛を表現することができます。 横を向いたときは、頭の上部の凹凸 おうとつ が目立つのが特徴的です。 三つ目は前髪を上げた髪型です。 髪の毛を後ろへ流しているので、オールバックと似たような髪型になります。 このように前髪を上げている髪型の場合は、前髪と後ろの髪の毛を別々の塊として考えます。 毛の流れが後ろへ向かうように描くことで、普通のストレートヘアやパーマヘアとは少し違った印象を出すことができます。 男性の体つきについて 次は男性の身体つきについて紹介します。 成人した男性であれば、7等身~7. 5頭身程度のプロポーションになります。 女性と比べ、骨格や筋肉が発達しているため、直線的でごつごつとしたラインが特徴的です。 特に首や肩、胸の筋肉は男性らしさを表現する時にとても重要なパーツになります。 より男性らしいキャラクターにしたい場合は首や腕を太くしたり、胸板や腹筋を強調することで、 女性とは違った体つきを表現することができます。 そして、男女の骨格において最も違いが現れる箇所は腰です。 男性の腰の位置は女性より低く、胴が長く見えます。 男性は女性より骨盤が狭く、筋肉が目立つため、直線的な腰のラインになるため、どんなに痩せていても女性のようなくびれができることはありません。 実際に男性キャラクターを描く 男性キャラクターを描く それでは、これまでの内容を踏まえた上で、実際に男性キャラクターのラフを描いていきたいと思います。 男性らしい直線的な顎を意識しながら描いていきます。 次に、首、鎖骨周辺の骨格を目立たせるようにラインをとっていきます。 反対に曲げているほうのひざは筋肉より骨が目立ちます。 胸板の下の部分に線をいれ、筋肉を強調して大まかなベースは完成です。 最終的に輪郭や腕の角度を修正し、頭の大きさを変えて等身を低く調整しました。 これで男性キャラクターの大まかなラフスケッチは完成です。 以上で「男性キャラクターの描き方講座」は終了です。 動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の