黒島 ちゃん。 西野七瀬、黒島ちゃんオフショットが話題→とても楽しく観てたのに最終回でズッコけた

【あなたの番です】黒島ちゃん(西野七瀬)がかわいい!!犯人じゃないよね?|Secretary's room

黒島 ちゃん

・ 女性的魅力を強調する仕草 ・ 男性の庇護欲を煽る角度 ・ 幼児性をアピールするうる目 ・ スキンシップ そして、 男性の保護欲を煽る仕草や、ウルウル目を彼氏を作る為に頑張って演じている姿がズレていてまた可愛いのです。 今回、あの黒島ちゃんと【あなたの番です】の1話で手をつないでいた彼氏が、誰か正体が分かりました。 なんと、黒島ちゃんにDVをしている場面もありました。 どうやら、本当に黒島ちゃんがいつも怪我やあざがあったのは、本当にその彼氏のDVによるものだったようです。 うーん。 今回の黒島ちゃんを見ると、理系でちょっとずれているだけの普通の可愛い女の子なんですね。 そうなると、やはり黒島ちゃんが、犯人だとは考えにくくなりました。 どうしても扉の向こう黒島ちゃんのみたいんだけど誰か助けて下さい どうしてもですお願いします — すみれ smilemai20 DV男の正体は? あんなに可愛い黒島ちゃんに告白されて、実はDV男だなんて本当許せない! でも、既に死んでいますが・・・。 (殺されたと思うのですが。 ) いつの間にかいなくなった黒島ちゃんの彼氏ですが、彼の正体は、経済学部の大学生で名前は、 波止 陽樹 と言います。 どうやら 大学の文化祭で、黒島ちゃんに声をかけた様子です。 1話では仲良さげですが、実はこの時に、黒島ちゃんの携帯のアドレスから、友達を全部消させたりとDVが始まっていたんですね。 あんな彼氏とは思わなんだ・・・。 最初は、奥手の爽やかイケメンでした・・・。 人を見た目で判断してはいけませんね。 よくよく相手を知ってから、お付き合いした方がいいですね。 そして、女性の部屋には簡単に入れたら駄目です! 数式なんかで、男の本性は分かりません! 『あなたの番です』今週も最高でしたね 配信の Hulu『扉の向こう』202 黒島編 に出演させていただきます! 西野七瀬さん演じる 黒島ちゃんの彼氏、波止陽樹 です。 実はそんな名前でした。 あやつは何なのか気になっていた方も多いかと思います。 どうも、黒島ちゃん変な男を引き寄せてしまうみたいですね・・・。 やっと最近、笑顔が見られるようになったのに・・・。 もう、ここは二階堂忍君に、がんばって黒島ちゃんを幸せにしてもらいたいです。

次の

あなたの番です黒島は黒幕で犯人?怪しい考察や理由は早苗の協力者?

黒島 ちゃん

主人公の一人、ななちゃん(原田知世)が亡くなり、 反撃編がスタートします。 犯人は誰!?と混乱してきますよね。 この時点での犯人予想最新を! また特別編で出てきた 「キリンとゾウ」の意味は? そして、 黒島(西野七瀬)の双子説と 翔太(田中圭)の二重人格説の考察をします Sponsored Link あなたの番です犯人予想最新!キリンとゾウ? 「特別編」の最後の「キリンとゾウ」 特別編の最後で、 怯えて、泣きじゃくる菜奈(原田知世)の動画が写る 犯人は 「さあ選んでください。 ゾウさんですか、キリンさんですか?」 「キリン」と答える菜奈 菜奈が命を奪われる直前の動画だ。 ベッドで冷たくなって発見された 菜奈が着ていたのと同じ、 ピンクのワンピースを着ている オランウータンタイム 菜奈と翔太が使っている 「オランウータンタイム」という言葉 これは、翔太が ミステリーのオチをすぐ 喋ってしまうのを止めるために、 菜奈が思いついた言葉だ。 この推理小説の オチが「オランウータン」なのだ。 フランス語ではキリンを女性名詞、 ゾウは男性名詞として扱う。 キリンが菜奈 ゾウが翔太 なのではないでしょうか? そして 「キリン」を選んだ菜奈の命が奪われた。 Sponsored Link あなたの番です犯人予想最新!双子説と二重人格説 では、 なぜ双子説と二重人格説か? これは反撃編のポスター 菜奈ちゃんが 指を2本立てているのが分かりますか? 他にも 104号室の石崎洋子を演じているのは マナカナ(双子の音楽グループ) の三倉佳奈 袴田吉彦が、袴田吉彦に似ているという設定の101号室の久住を演じている など、 双子を思わせる演出が多い。 また、菜奈と翔太の出会いのきっかけ 江戸川乱歩の小説 「パノラマ島奇譚」 のあらすじも 自分と瓜二つの人間に、成り代わると言う話 あなたの番です犯人予想最新!黒島・双子説 彼氏が消えた 一話では彼氏がいたのですが、 それ以降、 全く彼氏を見かけなくなりました。 3話までの黒島ちゃん(西野七瀬)のあざや怪我 そして3話までは黒島ちゃんは、 しょっちゅう怪我をしています。 眼帯をしている時もありました。 明らかに DVっぽい印象です。 ところが 4話以降ちっともそんな様子は見えません。 しかも 4話で浮田が黒島ちゃんに「今日はよくしゃべるなぁ」と言っている。 双子が入れ替わっているんじゃないでしょうか? 黒島ちゃん(西野七瀬)の時計 早苗や菜奈と一緒にいる時は 時計をしていません。 一人でいる時に、 時計をしています。 家にいるときはしていない、外出時にはしている、 とも思えますが、 10話で病院を抜け出して菜奈に会いに来た 翔太と エレベーターホールでばったり会う時には、 出かけるところなのに時計はしていません。 西野七瀬の番組ホームページのキャストのコメント欄 縦に読むと、 「黒このこだよ」となる これは偶然??? あなたの番です犯人予想最新!翔太・二重人格説 オープニング画像 まずはオープニングの画像。 菜奈と翔太が写って赤丸が付けられて 、 その後、一瞬 翔太の写真が破れて、 もう一枚の写真が映ります。 特別編のドミノ倒し 翔太か菜奈にプロポーズして、 「嬉しいけど、できない」 と断られ、 自分の誕生日に菜奈の母校で、 もう一度プロポーズするシーン ミステリー小説のドミノ倒しがでてくる また、同じ特別編で 刑事 水城(皆川猿時)が、 刑事 神谷(浅香航大)と事件について話している時に 「こっから、 ドミノ倒しみたいに亡くなってるなぁ」 と言う。 「これを見ているということは、私はもういないということ。 」 そこには菜奈の翔太への思いが綴られていた。 翔太の 「嘘をつく時に右の胸を描くクセ」 「バレてないと思ったでしょ」 と書かれている。 菜奈は翔太に、そのクセのことは話してある。 ここで、 翔太はそのファイルを書いたのが菜奈ではないことに気づく。 「菜奈ちゃん、じゃない…!」 でも、じゃあ犯人は 翔太の 「嘘をつく時に右の胸を描くクセ」 をなぜ知っているのか? 他の部分は菜奈の日記を読めば、大体書けそうだ。 だが、 翔太のクセに関して知ってそうなのは、 菜奈と翔太以外にない。 そして、それが翔太でないとしたら、 部分的に知っている 二重人格のもう一人の翔太? あなたの番です犯人予想最新!黒島?翔太? 冒頭の「キリンさん、ゾウさん」のところで 犯人は、 菜奈か翔太かを選ばせている。 とすると、 菜奈と翔太以外の人物? ただ、翔太を選んだ場合は 自害すると言う方法もなくはない。 でも、 おそらく第三者。 つまり、 黒島ちゃん(西野七瀬)。 でも、 双子の黒島ちゃんと、二重人格のもう一人の翔太が 何か関係している気もしなくはない。 あなたの番です犯人予想最新!キリンとゾウ?黒島・双子説と翔太・二重人格説 まとめ いかがでしたか? 私の中では、黒島ちゃんが、どんどん怪しくなってきました。 反撃編で事件の謎が解かれていくのが 楽しみです。 あ~、早くスッキリしたい! では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! Sponsored Link.

次の

あなたの番です菜奈を殺した犯人は黒島説が濃厚なワケ!

黒島 ちゃん

「なんで猫ちゃんを蹴ったんだ?」 「普通に育ってくれればいい。 何も望んでいない。 普通に…」 でもそれは、 普通ではない黒島にとっては苦痛以外の何者でもなかった。 普通になるために、彼女が取った方法の一つは、数学だった。 数学の難問を解いてる間は、余計なことを考えなくてよかった。 母は少し黒島がおかしいのではないかという疑問を持っていた。 心の病院に連れて行った方がいいのではないかと言う母に 父は、そんなみっともないこと、と言って同意はしなかった。 確かに何か、人に迷惑をかけているわけではない。 内山がまた男の子達にいじめられている。 「行こう」と手を差し伸べた黒島。 自分が普通じゃないということに気づいて、 普通にするべきには、どうしたらいいのか考えるようになっていた。 そんな時、豪雨になった。 家庭教師の松井先生は帰れなくなった。 また黒島の妄想が起こる。 隣にいる先生の首をペンで刺す。 そして次には、先生を椅子で殴る。 「ちょっとトイレに」といった先生を、 ドアで首を叩きつける妄想が起こる。 実際には、トイレに行こうと思ってドアノブを持った先生と 一緒に、 ドアノブを握っただけだった。 その瞬間 「ごめんなさい」と言って飛び出した黒島。 大雨の中、街をさまよう。 「お姉ちゃん、大丈夫?」 と声をかけたのが、ほのかちゃん。 「あそこで休もうか」と、農家の作業小屋に誘った黒島。 サイコパスが開花してしまった。 Sponsored Link ほのかちゃんは笑ってはいなかった。 でも、黒島は、 彼女の口元を上げて笑っているようにした。 一緒に楽しんで欲しかったのだ。 ほのかちゃんの命を奪った後、2年間は普通に過ごすことができた。 そして2年後の海。 松井先生と黒島は海に来ていた。 松井先生は、あの豪雨の日、黒島が何をしていたのか、気づいていた。 でも、知らないふりをし続けていたのだ。 黒島は 「普通のふりをし続けて、でも、もう限界だ」 自首を勧める先生に、「一人やったぐらいじゃ大した罪にならない」と、 先生の首にしがみつき、 一緒に海に落ちた黒島。 ところが、 黒島一人が、生き残ってしまった。 そこに、内山が訪ねてくる。 内山はすでに、救ってくれた黒島の下僕のような精神状態になってしまっていた。 そして、黒島が助かり、松井先生が亡くなったその日は、 牡羊座のラッキーデーだった。 南と翔太が話をする。 南が荷物をまとめていたのは、引っ越しのためではなく、 自分の命を絶つためだと気づいていた翔太。 「俺たちは、大切な誰かに生かされてきた」 これからも、大切な誰かのために、全力で生きましょうよ」という翔太。 一方、黒島の写真を削除しようとするも、どうしてもできない二階堂。 そこに、 AI菜奈ちゃんを消してくれと、翔太が来る。 「菜奈ちゃんは消えないから、だから AI菜奈ちゃんは消してくれ。 」 でも、二階堂は 「AI菜奈ちゃんは消しません」 「修士論文に出すつもりなので、もっと使ってください」と言う。 ひとり、ポーク南蛮を食べる翔太。 菜奈ちゃんがチキン南蛮を作ってくれた時、 「チキン南蛮がおいしいのは、チキンがおいしいのかな?それとも南蛮がおいしいのかな?」 「今度ためしにポーク南蛮を作ってみようよ」と言っていた翔太。 刑務所にいる、黒島。 そして、同じく刑に処している総一。 総一が読んでいた本の裏表紙に、紙が挟まれていた。 あなたもあなたの、生ききたいように。 やりたいことを、やりたいように、やっていい。 やっぱり何か、同じものを感じていたのかもしれません。 一生懸命、普通になろうと努力して、苦しんで、でも結局楽しいと思えることは 人の命を奪うことだった。 でもそれが、人格からというよりも、そもそも 脳から起こっていて、 自分でも防ぎようがない、というのも何か悲しいですね。 「あなたの番です」もこれで、お終い。 毎週の楽しみが1個終わってしまいました。 翔太は黒島が高知にいた時代のことを調べたいと思い、 南の部屋尋ねる。 南はすでに引っ越しの準備をしていた。 そして、翔太に これまで調べた資料を全てくれるという。 しかし当時、黒島は未成年だったこともあり、 あまり情報はないという。 そして、 ほのかちゃん事件で黒島のアリバイとなった家庭教師の松井。 一番新しい情報は、 彼は医学部の学生だったということ。 「医学部」が気になる翔太と南。 黒島の登校途中に、道 に駆け出してきて、転んで泣き叫ぶ女の子。 黒島は近づき、 その子の首を絞める。 その子の母親の声ではっと気づくと、 それは黒島の妄想だった。 そのまま黒島は、 赤信号の横断歩道に飛び出す。 トラックが来たが、それほど大きな怪我にはならずに済んだ。 両親に「何でそんなことしたの?」と聞かれると 「ぼーっとしてて…」と答える黒島。 母は 「もう、あんたは昔から、階段から落ちたり…」という。 退院してからも、 脳の再検査を受けた。 「問題ないです」と医者から言われる黒島。 だが黒島は 「本当に問題ないですか? 事故だけのことじゃなくて?」 とひつように食い下がる。 そして、医者に頼んで、 自分の脳の画像を持ち帰らせてもらった。 学校に登校する途中、 仲の良い友達たちが声をかけてくる。 楽しげに話す3人。 そこに、大きな石が飛んでくる。 内山が他の男子生徒たちにズボンを脱がされ、いじめられていた。 黒島は その石を手に取り、隣にいる友達の頭を殴る。 倒れた友達の頭からは、血が流れ出る。 次の瞬間、 我に戻ると、黒島は何もしていない。 黒島は 医学部の松井に自分のCT画像を見せる。 「何かおかしくはないのか?」と聞く。 松井は そのCT画像を持って、いろんな人にアドバイスを聞きに行く。 その後、黒島を訪れた松井。 どうしても知りたがる黒島に、とうとう事実を話す。 「紗和ちちゃんが、そうとは限らないんだけど…その前提で聞いてほしい」 「 反社会性パーソナリティとか、いくつかの精神疾患の人の脳に似ている。 そういう診断名はないけど、 ソシオパスとか、 サイコパスとか言われている人とか」 「そうとは限らないから」という松井に 「私それです」という黒島。 「昔から時々、ひどいことをしたくなるんです」 「それが悪いことだって、分かってるんです」 「私おかしいんだって思って、何度も何度も消えてやろうと思ったんです」 階段から落ちたのも、赤信号の横断歩道に飛び出したのも、意図的だったのだ。 「話してくれてありがとう。 ご両親にも相談して…」と言いかけた松井を 「いやだ!」止める黒島。 大きな声に、母親が様子を見に来る。 「ゴキブリが出た」という黒島。 松井「どうして嫌なの?」 黒島 「あの人たちは、私のこと何もわかっていないから」 「先生、助けて…。 私、普通になりたい」 だがその時、母親は、黒島の部屋のドアの外で、耳をそばだてていた。

次の