太陽 の 季節。 韓国ドラマ 太陽の季節 キャスト 相関図

「太陽の季節」への異議申し立て /「太陽の墓場」 大島渚

太陽 の 季節

この項目には性的な表現や記述が含まれます。 もお読みください。 太陽の季節 Season of the Sun 作者 国 言語 ジャンル 発表形態 雑誌掲載 初出 『』7月号 刊行 3月15日 受賞 第1回(1955年度) 第34回(1955年下半期) 『 太陽の季節』(たいようのきせつ)は、の。 裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、を物質化する新世代を描いた作品で、石原の出世作である。 ストーリーが倫理性に欠けることで、発表されるやのみならず一般社会にも賞賛と非難を巻き起こした。 (昭和30年)、文芸雑誌『』7月号に掲載され、第1回(1955年度)を受賞。 翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)を受賞。 単行本は1956年(昭和31年)3月15日により刊行された。 文庫版は新潮文庫で刊行されている。 作品成立・概要 [ ] ストーリーは石原慎太郎の弟・が、ある仲間の噂話として慎太郎に聞かせた話が題材になっているという。 また、文芸誌に発表した処女作『』にも、本作の題材になった話が1エピソードとして収録されている(ただし、登場人物の名前は異なる)。 石原は後年、本作を書くに当たり「インモラルという人間にとってはいわば永遠の主題を、現代のアンファン・テリブルにかぶせて書いたら大人たちは少しはどきりとするだろうと思った」と自らの小説『弟』の中で語っている。 文學界新人賞に応募する際、石原は「出だしの外連で相手の目を引きつけるため」として、作品の冒頭にの書いたの作品についての評論の一節をエピグラフとして付けていたが、賞の選考段階で選考委員から「エピグラフを外したらどうか」という意見が出たため、石原が『文學界』の編集部に呼ばれ編集長から「エピグラフを外した方が良い」と告げられると、石原は「エピグラフを付けた効果はあった」と判断して外すことに同意し、エピグラフを外した形で受賞が決定した。 雑誌掲載時、題名の横に、「健康な無恥と無倫理の季節! 眞の戦後派青年像は生れた」というが付され 、単行本が刊行されると芥川賞受賞も相まり、となった。 なお、この時代はといわれる好景気で、1956年(昭和31年)度の「」には、「もはや戦後ではない」という文言が記された時代であった。 単行本・文庫本を合わせた現在までの発行部数は100万部を越える。 1956年(昭和31年)5月に化され人気を博すが、その内容が問題になり、制作者の内部機関だった「映画倫理規程管理委員会」が外部の第三者も参加する「映画倫理管理委員会」 (現・)と改められるきっかけとなる。 石原が幼少期を過ごしたの逗子海岸には、「太陽の季節 ここに始まる」という彼の自筆が入ったが建立されている。 (平成14年)に化されたが、ストーリーは小説と全く異なる。 あらすじ [ ] 高校生・津川竜哉は部から部に転部し、ボクシングに熱中しながら部の仲間と・・・女遊び・喧嘩の自堕落な生活を送っている。 街でした少女の英子とを結び、英子は次第に竜哉に惹かれていく。 だが竜哉は英子に付き纏われるのに嫌気がさし、英子に関心を示した兄・道久に彼女を5千円で売りつける。 それを知った英子は怒って道久に金を送り付け、3人の間で金の遣り取り(契約)が繰り返される。 ところが英子が竜哉の子を身籠ったことがわかり、手術を受ける。 手術は失敗し英子はを併発して死亡した。 で竜哉は英子の自分に対する命懸けのを感じ、にを投げつけ、初めてを見せた。 竜哉は学校のへ行き、を打ちながら、ふと英子の言った言葉を思い出した。 「何故貴方は、もっと素直に愛することが出来ないの」。 竜哉はその瞬間見えた英子のの幻影を夢中で殴りつけた。 文學界新人賞・芥川賞の選評 [ ] 『太陽の季節』は受賞作にはなったものの、選考委員の評価は必ずしも高いとは言えず、反倫理的な内容についても評価が分かれた。 作品にみなぎる若々しいが評価され激賞される一方で、同時に賛成派からも、文章の稚拙さやがあるなど多くの欠点が指摘されている。 の選評者5名中、賛成派が、、の3名。 反対派が、の2名。 の選評者9名中、賛成派が、、井上靖の3名。 しぶしぶ支持派が、、の3名。 強固な反対派が、、の3名であった。 なお、社の内部からも否定的な声があがり、当時『』の編集者だった尾関栄は、「編集部員の一人が熱烈に支持したので、芥川賞候補にノミネートしたが、個人としては好きになれなかった。 性器でを破るシーンにしても、武田泰淳さんの『異形の者』のなかにすでに同様の場面があり、賞に値するかどうかで相当迷った」と回想している。 刊行本が文藝春秋からでなくになったのも、当時、文藝春秋出版部長だったが、「俺の目の黒いうちはこんなものは出せん」と出版を許さなかったからだと、同社元専務の西永達夫が語っている。 賛成派 [ ] は、「いやらしいもの、ばかばかしいもの、好きになれないものでありながら、それを読ませる力を持っている人は、後にのびる」と推奨し 、は、「彼はより大になるかも知れない」と述べている。 は、「欠点は沢山ある。 気負ったところ、稚さの剥き出しになったところなど、非難を受けなくてはなるまい」、「倫理性について〈美的節度〉について、問題は残っている。 しかし如何にも新人らしい新人である。 危険を感じながら、しかし私は推薦していいと思った」とし、「この作者は今後いろいろな駄作を書くかも知れない。 私はむしろ大胆に駄作を書くことをすすめたい。 傑作を書こうとする意識はこの人の折角の面白い才能を萎縮させるかも知れない」と述べている。 は、「この作品が私をとらえたのは、達者だとか手法が的だとかいうことではなくて、一番純粋な〈快楽〉と、素直に真っ正面から取り組んでいる点だった」とし、「彼の描く〈快楽〉は、戦後の〈〉とは、異質のものだ」と評している。 また、「氏の指摘したような、押しつけがましい、これでもか、これでもかの、ハッタリや嫌味があっても、非常に明るくはっきりしているこの小説の目的が、それらの欠陥を補ってあまりあることが、授賞の理由である」と述べている。 消極的支持派 [ ] は、「小説の構成組立に、たくみすぎ、ひねりすぎの所もあるが、若々しい情熱には、惹かれるものがあった。 は、「未成品といえば一番ひどい未成品ですが、未完成がそのまま未知のの激しさを感じさせる点で異彩を放っています」と述べつつも、「常識から云えば、この文脈もところどころ怪しい。 〈丁度〉を〈調度〉と書くような学生に芥川賞をあたえることは、少なくも考えものでしょう」とを指摘し、「石原氏への授賞に賛成しながら、僕はなにかとりかえしのつかぬむごいことをしてしまったような、うしろめたさを一瞬感じました」、「しかしこういうむごさをそそるものがたしかにこの小説にはあります。 おそらくそれが石原氏の才能でしょう」と述べている。 は、「私は『太陽の季節』を推す選者に追随したし、このほかに推したい作品もなかった」とし、「第一に私は石原氏のような思い切り若い才能を推賞することが大好きである」、「極論すれば若気のでたらめとも言えるかもしれない。 このほかにもいろいろなんでも出来るというような若さだ。 なんでも勝手にすればいいが、なにかは出来る人にはちがいないだろう」と述べている。 反対派 [ ] は、「体格は立派だが頭はの青年の生態を胸くそが悪くなるほど克明に描写した作品」と酷評し 、「の下地がこの作品にはある」とした上で、「その方を伸ばして行けば、『』新人杯位まで行くことは先づ請け合へると思ふ」と述べている。 は、「私などの老にはこういう世界を批評する資格がない」とさじを投げた。 は、「若さと新しさがあるというので、授賞となったが、若さと新しさに安心して、手放しで持ちあげるわけにはいかなかった。 才能は十分にあるが、同時に欠点もとり上げなければ、無責任な気がする」とし、「プラス・マイナスで、結局推す気にはなれなかった。 私には何となくこの作品の手の内が判るような気がする」と述べている。 は、「反倫理的なのは必ずも排撃はしないが、こういう風俗小説一般を文芸として最も低級なものと見ている上、この作者の鋭敏げな時代感覚もやの域を出ず、決して文学者のものではないと思ったし、またこの作品から作者の美的節度の欠如を見て最も嫌悪を禁じ得なかった」とし 、「これでもかこれでもかと厚かましく押しつけ説き立てる作者の態度を卑しいと思ったものである。 そうして僕は芸術にあっては巧拙よりも作品の品格の高下を重大視している。 僕にとって何の取柄もない『太陽の季節』を人々が当選させるという多数決に対して、僕にはそれに反対する多くの理由はあってもこれを阻止する権限も能力もない」と投げやりになりながら、「僕はまたしてもを世に送るのかとその経過を傍観しながらも、これに感心したとあっては恥しいから僕は選者でもこの当選には連帯責任は負わないよと念を押し宣言して置いた」と批判している。 は、「読みつづけてゆくうちに、私の気もちは、しだいに、索然として来た、味気なくなって来た」とし、「仮に新奇な作品としても、しいて意地わるく云えば、一種の下らぬ通俗小説であり、又、作者が、あたかも時代に(あるいは)に迎合するように、(中略)〈〉を取り入れたり、ほしいままな〈〉の遊戯を出来るだけ淫猥に露骨に、(中略)書きあらわしたり、しているからである」と批判している。 作品評価・解釈 [ ] 『太陽の季節』は発表当時、新しい風俗として話題作となり、賛否両論で文壇を賑わせたが 、文学的な観点からの本格的な論究はあまり多くはない。 この件について、は文庫版の解説の中で「既成の文学者たちが、先入観を持ってこの作品を否定的に眺め、まともに取り上げようとしなかったため」と分析している。 「新しい風俗」とされたことについても奥野は「このような風俗は昔から避暑地にはざらに転がっていた。 ただ世間も作家もそれを知らなかっただけ」としている。 は、「スポーツ青年の無道徳な生態」を描いた『太陽の季節』について、以下のように評している。 これはたいへん魅力に富んだ小説だが、現代小説の行動性は、このような思考停止の状態においてしか、現われないのであろうか。 似たような青年を描いても、は彼の抱いている小説のとして現われてくるが、この小説では、完全に小説的な場に風化している。 そしてそれを、深刻に意味づけようとする作者の試みが、宙に浮いている。 — 「文芸時評」 は、の『』のドライ青年の主人公・昇が、その3か月後発表の『太陽の季節』の主人公の先駆的存在となっているとし、三島のが石原に影響したことを指摘している。 『太陽の季節』が発表された時期、三島由紀夫はの中で、や学校を卒業したばかりの人の中にもいる「通人」が、その知識を披露する時に能弁になり、に「不自然な」を装う傾向となり、かつて自分自身も「学生通的文章」を書いていたため、そういった「若い人」の文章に出会うと恥ずかしい思いがあると語り 、「学生にふさはしい趣味は、おそらくだけであらう。 そして学生にふさはしい文章は、その清潔さにおいて、的文章だけであらう。 どんなに華美なをつけてゐても、下にはなが、見え隠れしてゐなくてはならない」と考察しながら、「最近私は、『太陽の季節』といふ学生選手のことを書いた若い人の小説を読んだ。 よしあしは別にして、一等私にとつて残念であつたことは、かうした題材が、本質的にまるで反対の文章、学生文学通の文章で、書かれてゐたことであつた」と評している。 また『太陽の季節』発表5年後に三島はこれを本格解説し、あらためて読み返すと、多くのスキャンダルを捲き起した作品にもかかわらず、「な小説」、「古典的な」としてしか読めないことに驚いたとし、「『太陽の季節』の性的無恥は、別のにとつて代られ、その徹底したフランクネスは別のにとつて代られ、そのは別のにとつて代られ、一つの価値の破壊は別の価値の肯定に終つてゐる。 この作品のさういふ逆説的性格が、ほとんど作者のをまでしてゐる点に、『太陽の季節』の優れた特徴がある」と評しながら 、極度に「〈〉といふ」を怖れる竜哉は、「〈愛〉といふ観念」に奉仕するため恋愛をする「ロマンチック文学の恋人たち」とは逆だが、それはオクターヴ(の『アルマンス』の主人公)がのために「〈愛〉といふ観念」を怖れるのと同様、男女関係の進行過程に、「いやでも〈愛〉が顔を出さなければならぬといふ強迫観念」を読者に与え、それは一般的な恋愛小説の主人公が「〈心ならずも〉愛するにいたるサスペンス」と同じで、『太陽の季節』では、「英子の死」により、「〈愛〉はあからさまにその顔を現はす」と説明し、「ここに小説家の工みがあるけれど、こんな救ひのために、『太陽の季節』は作品として本質的な恐怖をもたらさない」とし、その代りに竜哉の「たえざる恐怖」が深い印象を与えると解説している。 また、一定の系列がある「竜哉の恐怖の対象」は、「の必然的な帰結である退屈な人生」と、「情熱が必然的な帰結を辿らなかつたときの、人生と共に永い悔恨」の二つで、「この二つのどちらか一つを、人は選ぶやうにづけられてゐる」と三島は説明し 、『太陽の季節』が「夏の短かいさかりのやうな強烈で迅速な印象」を与えたのは、この二つの「恐怖」に対する青年層の共感があり、象徴的意味を看取したためで、竜哉が「〈愛〉の観念の純粋性」を救うためには、「愛の対象」(英子)が死に、竜哉自身は「悔恨」に沈まなければならず、竜哉が「〈愛〉の観念」を全面的に受け入れるなら、「に屈服」し、古い慣習的な象徴であるところの〈をはだけ〉て子供を抱かなければならないという、「観念的な図式」が明確に作品に示されていると解説している。 また、作者・石原が意図した、その観念的図式の構成とは無関係に、竜哉が別の顔を見せる細部の美しい挿話について、以下のように評している。 この作品そのものよりも、この物語がにうかんだののやうに光彩を放つてゐるとすれば、その水溜りのはうで人を感動させたのだとも言へよう。 従つて、この小説にちらりと顔を出す、最も美しい水溜りの一部は、固いを誇る父の腹にをくらはしてを吐かせ、その償ひに自分のめちやくちやにされた顔を示し、しかもそれが生温かいの心配をしか呼び起さぬのを見て失望する竜哉の別のである。 氏の「」以来、かういふ美しい父子の場面は、あまり描かれたことがなかつた。 — 「解説」(『新鋭文学叢書8・石原慎太郎集』) さらに三島は、『太陽の季節』はどころか、「つつましいにみちた小説」ではないかと提起し、を破って突き出されるの場面も、「中年の図々しい男なら、そのまま障子をあけて全身をあらはす筈」だとし、英子の愛に素直になれない竜哉の「羞恥」について以下のように解説している。 ひたすらのの帳尻を合はせることに熱中し、恋愛の的操作に夢中になり、たえず自分のをいつはり、素直さに敵対し、自分の情念のゆるみを警戒するのは、の別のあらはれにすぎないではないか? 恋をごまかすな冷たい身振の代りに、恋をごまかす冷たい無駄なをくりかへすのは、結局、或るな感情のときめきを描くために、ロマンチックの作者がやを使つたやうに、扇の代りに性行為を使つただけではなからうか?……これだけ性的能力を誇示した小説にもかかはらず、この主題が奇妙にスタンダールの不能者を扱つた小説と似てゐるのはではない。 — 「解説」(『新鋭文学叢書8・石原慎太郎集』) そして、その「〈愛〉の不可能と〈現実〉との関はり合ひ」という石原の「もつとも大切な主題」は、のちに発展して秀作『』を生むと三島は解説している。 太陽族と映倫 [ ] 『太陽の季節』の芥川賞受賞を受けて『週刊東京』誌で行なわれた石原慎太郎との対談で、大宅が「 」との言葉を用いたことから、特に夏の海辺で無秩序な行動をとる享楽的な若者(に、の格好をしている)のことを指す言葉として流行語化した。 また、本作の映画化に続き制作された、同じく石原慎太郎原作の『』(6月公開)、『』(1956年7月公開)を「 太陽族映画」と称して、の観覧を禁止するなどの自主規制が各地で実施され 、社会現象ともなった。 この「太陽族映画」規制の問題は、映画業界以外の第三者を加えた、現在の(映倫)が作られるきっかけとなった。 規制の背景として「太陽族映画」を観て影響を受けたとして、青少年がや暴行、など様々な事件を起こし社会問題化した ことが挙げられる。 映画 [ ] 太陽の季節 監督 脚本 古川卓巳 原作 製作 出演者 、、 音楽 撮影 編集 辻井正則 配給 公開 上映時間 89分 製作国 言語 配給収入 1億8564万円 (昭和31年)の作品。 ストーリーは原作にほぼ忠実。 なお、原作者の弟であるが脇役として出演しており、これがデビュー作であった。 裕次郎はもともと原作に登場する文化風俗などを兄に代わって説明するような立場で関わっていたが、役者の数が足りなくなったため急遽出演することになったという。 この映画は、とが結婚するきっかけともなった。 キャスト [ ]• 津川竜哉 -• 武田英子 -• 津川道久 -• 津川洋一 -• 津川稲代 -• 江田 -• バンドマスター -• 伊豆 -• サッカー選手 -• スタッフ [ ]• 監督 -• 製作 -• 音楽 - アニメ [ ]• 『太陽の季節』()• 1986年(昭和61年)9月19日 金曜日 19:00 - 19:30• 脚本:。 総監督:。 演出:。 音楽:。 製作:。 主題歌:「青春は舟」「ため息」(作詞:。 作曲:。 編曲:)• キャスト [ ]• 和泉英子 -• 津川竜哉 -• 津川道久 -• 江田 -• 西村 -• 松本 -• サリー -• 幸子 -• 由紀 - テレビドラマ [ ] 太陽の季節 ジャンル 脚本 演出 出演者 音楽 エンディング 滝沢秀明「キ・セ・キ」 時代設定 現代 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 2002年7月7日 - 9月15日 放送時間 日曜日21:00 - 21:54 放送枠 東芝日曜劇場 放送分 54分 回数 11 特記事項: 「日曜劇場」の最終作品。 (平成14年)からまで毎週日曜日21:00 - 21:54に、系の「」枠で放送された。 石原の小説から題名だけを頂いた物で、内容は全くのオリジナル作品。 銀行に融資を打ち切られて自殺に追い込まれた父の仇をとるため、その銀行家の息子からすべてを奪おうとする主人公・竜哉の復讐劇と、交差点で偶然出会った足に障害を持つ少女・英子との切ない恋愛を描く。 このドラマを最後にがスポンサーを降り(2009年10月クールの「」より、複数スポンサーの一社として復帰)、東芝日曜劇場は「」と名称を変更した。 キャスト [ ]• 年齢は公式サイトにて 主要人物 [ ] 津川竜哉〈20〉 演 - (小学生時:) 慶徳大学3年生。 父は借金を抱えて倒産の末、自殺。 以来母親の手で育てられた。 竜哉はバイトで家計を助けながら必死で勉強。 奨学金を獲得して、都内有数の私立大学・慶徳大学経済学部に進学する。 父は気が優しく、真面目で正義感にあふれていたが、人に騙され、悲惨な最期を迎えた。 だからこそ、自分は父のようにはなりたくない。 人生の勝ち組になってやる。 そう心に誓った竜哉は、自分も裕福な息子だと偽り、慎二ら内部生に近づいていく。 全てを持っている慎二に嫉妬し、慎二の婚約者であり小宮山グループ令嬢の由紀に近づくが、ある日、英子と出会い、自分を理解してくれる彼女に安心感を覚えるようになる。 和泉英子〈20〉 演 - ピアニスト・和泉響子の娘として生まれてきた英子。 幼いころから響子によるピアノのレッスンを受けたが才能のなさゆえに、ピアニストになることを断念。 そんな英子の楽しみは、家で子供たちにピアノを教えること。 そして、作曲をすることだった。 そんなある日、竜哉と出会った英子は彼の本来の姿を見抜き、一途に竜哉を愛するようになる。 川野耕平〈20〉 演 - (小学生時:堀沢憲己) 慶徳大学1年生で、大学の駅伝部に所属。 竜哉の幼なじみ。 唯一竜哉の過去を知る男。 小学生の時、いじめられっ子だった耕平をかばってくれたのが竜哉で、以来二人は無二の親友となるが、中学の途中で耕平は転校してしまう。 走ることが好きで、将来ランナーを目指し、駅伝の強い慶徳大学の体育推薦を目指すが失敗。 2浪の末、入学した。 大学で再会した竜哉は別人のように冷たく、耕平との過去を否定する。 佐原慎二〈20〉 演 - 慶徳大学3年生。 若葉銀行頭取の次男で仲間内でもナンバーワンの家柄。 世間知らずの苦労知らずで温室育ちゆえ、人を疑うことを知らず、竜哉のことも全く疑うことなく、本当の友達だと思っている。 そして、竜哉が由紀を奪おうとしていることにも気付いていない。 小宮山由紀〈20〉 演 - 桜女学院文学部3年生。 慎二の幼なじみであり婚約者。 小宮山不動産の社長令嬢で成金の一人娘。 慎二から竜哉を紹介され、どこか陰のある、強引な竜哉にどんどん惹かれてゆく。 竜哉と英子の関係者 [ ] 津川路子〈48〉 演 - 竜哉の母。 夫とは恋愛結婚し、幸せな結婚生活を送っていた。 しかし、夫が借金を残したまま自殺。 相続放棄した路子は、息子・竜哉を連れて夫と暮らした町を後にして故郷に戻った。 以来、女手ひとつで竜哉を育て上げる。 津川伊織 演 - 竜哉の父。 小さなプレス工場を細々と経営していた。 家族思いで気が優しく、正義感あふれた理想の父親だった。 しかし、工場の経営に失敗、資金繰りが悪化してしまう。 竜哉が小学4年生の時、二人を残して自殺を遂げる。 平野民代〈38〉 演 - 和泉家に使える住み込みの家政婦。 響子に憧れ、少しでもそばにいたくて和泉家の家政婦を志望した。 ゆえに主人の響子には絶対服従である一方、その娘の英子に対しては非常に厳格。 和泉響子〈46〉 演 - 英子の母。 かつては注目されたピアニストだったが、最近では世間の辛らつな批評と自分の能力の限界に苦しんでいる。 ストイックな響子が立った一度だけ激しい恋に落ちた。 だが、男は響子の元から去っていった。 妊娠していた響子はたった一人で子供を産み育てることを決意する。 英子の右足が事故で不自由になってしまったことに責任を感じ、必要以上に過保護になる。 慶徳大学 [ ] 本城直人〈20〉 演 - 慶徳大学3年生。 プレイボーイ、かつマメ男。 携帯電話のメモリーの9割は女友達の電話番号。 官僚の息子で、小学校から、慎二・吉彦・笙子たちとはずっと一緒の学校で学んできた。 慎二とは特に仲がよく、唯一リスペクトしている。 しかし、竜哉の登場以降、今まで自分が占めていたポジションに竜哉を置くようになり、嫉妬とも羨みともいえる感情を抱くようになる。 小田切吉彦〈20〉 演 - 慶徳大学3年生。 大学付属小学校からエスカレーター式に上がってきた内部生。 小田切総合病院・院長の長男で一度は医学部を目指したが、理系科目が苦手で挫折。 今も追試を受けてはギリギリパスの繰り返し。 慎二や直人は女にモテるのに何故か吉彦だけがモテない。 白川笙子〈20〉 演 - 慶徳大学3年生。 大学付属小学校からエスカレーター式に上がってきた内部生。 ホテル王の一人娘で、プライドが高く独特の特権意識を持っている。 慎二たちとは、男女の関係を超えた仲間意識を持っている。 大森隆夫〈19〉 演 - 慶徳大学一年生。 駅伝部に所属し、日々練習に励んでいる。 浅野哲也〈19〉 演 - 平田竜也 慶徳大学一年生。 駅伝部に所属し、日々練習に励んでいる。 内田太一〈19〉 演 - 小野健太郎 慶徳大学一年生。 駅伝部に所属し、日々練習に励んでいる。 上島利久〈27〉 演 - 慶徳大学駅伝部の熱血コーチ。 一年生の強化訓練担当。 慶徳大学のOBで、箱根駅伝に出場した経験を持つ。 夢は「慶徳大学黄金期の復活」。 幽霊部員である竜哉の才能を見抜く。 その他 [ ] 小宮山亮三〈60〉 演 - 小宮山不動産社長。 由紀の父。 由紀のことを溺愛している。 町の小さな店舗から、一代で財を成した日本有数の総合デベロッパーに育て上げた平民上がりの叩き上げ。 全て自ら決めてしまう成金のワンマン社長。 そのワンマン体質と単純な性格が社内にはびこり、それが最近の業績悪化につながっている。 折原要〈41〉 演 - 亮三が経営する小宮山不動産の事業部長。 「湾岸再開発プロジェクト」の陣頭指揮に当たっている。 社長に能力を買われ、快調にキャリアを伸ばしてきた。 実力で全てつかみ、今の地位を獲得してきた。 そんなある日、昔の自分と同じ目をした青年・竜哉と出会う。 橘医師〈35〉 演 - 英子の担当医で十年以上英子を診ている。 村山奈美 演 - 岩下貴子 桜井あゆな〈12〉 演 - 英子が教えるピアノ教室の生徒。 響子と民代のことは苦手。 沢木マネージャー〈30〉 演 - 響子のマネージャー。 ピアニストとしての響子の人気の低下に焦りを感じている。 柴田聖美〈20〉 演 - 石田理恵 桜女学院大学3年生で由紀の友だち。 安藤はるか〈20〉 演 - 桜女学院大学3年生で由紀の友だち。 藤枝 演 - 樋口透 演 - 佐原恒夫 演 - 佐原良江 演 - 美佐子 演 - スタッフ [ ]• 脚本 - 、• 音楽 -• 演出 - 、、、• 主題歌 - 滝沢秀明「」• スタントコーディネート -• 松坂慶子 衣装デザイン - 受賞歴 [ ]• 第34回• 主演男優賞(滝沢秀明)• 助演女優賞(池脇千鶴)• タイトルバック賞(髙田弘隆) 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2002年7月 07日 - 渡邉睦月 土井裕泰 16. 2013年10月3日閲覧。 [ ]• 尾関栄( 1989年2月号)• 「解説」(『』)(、1963年。 改版1970年、2004年)• 三島由紀夫『石原慎太郎氏の諸作品』(『美の襲撃』)(、1961年)に所収。 「 」 『関西学院大学社会学部紀要』第96巻、2004年3月、 163-178頁、 2011年2月13日閲覧。 「太陽族映画に反発 各地で観覧を禁止」『朝日新聞』1956年8月3日付朝刊• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)128頁• 参考文献 [ ]• 『石原慎太郎の文学9 短篇集I』(付録・解説 )(、2007年)• 『決定版 全集第31巻・評論6』(、2003年)• 『決定版 三島由紀夫全集第40巻・対談2』(新潮社、2004年)• ・『石原慎太郎を読んでみた』(、2013年)• 『文芸時評』(、1969年) 関連項目 [ ]• - の。 『太陽族』をタイトルにしており、『太陽の季節』が元ネタである。 - 石原慎太郎が当小説のメインキャラクター津川竜哉から芸名をつけた。 また、映画でその津川竜哉役を演じたの弟でもある。 - (平成24年)、石原慎太郎前東京都知事が、を改組する形で旗揚げした政党。 『太陽の季節』にちなんで命名された。 外部リンク [ ]• - (2011年9月11日アーカイブ分)• - (2019年1月1日アーカイブ分)• - (2019年1月1日アーカイブ分)• - (英語)• - 2002年10月10日時点の 青年の樹 - これが恋愛だ - 南米横断一万キロ - 挑戦 - 見知らぬ顔 - 青い糧 - 汚れた夜 - 死んでいく男の肖像 - 雲に向かって起つ - 禁断 - 断崖 - 狼生きろ豚は死ね・幻影の城 - 日本零年 - 密航 - てっぺん野郎青雲編 - 死の博物誌 - 石原慎太郎文庫 - 行為と死 - てっぺん野郎昇竜編 - 銀色の牙 - 傷のある羽根 - 終幕 - 青春とはなんだ - 命の森 - 星と舵 - おゝい、雲! - 砂の花 - 人魚と野郎 - 大いなる海へ - 還らぬ海 - 飛べ、狼 - 孤独なる戴冠 - 青い殺人者 - 野性の庭 - 黒い環 - 青春との対話 - 巷の神々 — 待伏せ - 怒りの像 - 祖国のための白書 - 野蛮人のネクタイ - プレイボーイ哲学 - 鎖のついた椅子 - スパルタ教育 1970年代の著書.

次の

映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。

太陽 の 季節

季節はなぜ変化するのか?• 昼と夜の変化がなければが必要ないように、季節に変化がなければは必要ないでしょう。 では、なぜ季節は変化するのでしょうか? 距離の変化?• 太陽に近づくと夏、遠ざかると冬、ではありません。 極端なの天体なら、距離の変化で季節が起こることもありますが、• 地球の軌道はほぼ円形で、距離はそれほど大きく変化しません。 むしろ、 北半球では夏 です。 極端な楕円軌道が原因なら、北半球と南半球は同じ季節になることでしょう。 地球の公転と自転• 地球の公転運動と自転運動• 地球は1年かけて、太陽の周りを回っています 公転。 地球自身も1日1回、回転しています 自転。 自転軸の向きは、地球の公転面 に対して垂直ではなく、約23. この状態で地球が太陽の周りを公転すると、以下の状況が順に繰り返されます。 北極側が太陽を向く時期=北半球の夏=南半球の冬• 南極側が太陽を向く時期=南半球の夏=北半球の冬• 自転軸が太陽に垂直な時期(太陽は赤道上にくる)=春と秋• 北半球と南半球では季節が逆になることもここから自然に理解できるでしょう。 まとめると、 地球が自転軸を傾けたまま公転することによって、季節が変化するといえます。 自転軸の傾きと季節変化• もし自転軸が公転面に対して垂直だとしたら、• 常に太陽は赤道上にあり、季節変化は生じなくなります。 はそのような状態にあります。 もし、自転軸が公転面に対して横倒しなら、• 極端に昼の長い夏と極端に夜の長い冬ができ、差の激しい季節変化となります。 天王星はそのような状態にあります。 このように、自転軸が23. 関連ページ•

次の

「太陽の季節」への異議申し立て /「太陽の墓場」 大島渚

太陽 の 季節

石原慎太郎の小説「太陽の季節」は1955年発表。 その年に芥川賞を受賞すると、すぐ翌年に長門博之と南田洋子の配役で映画化された。 湘南の夏を舞台として、富裕な育ちの若者が、無軌道で刹那でアナーキーな生き方の中で、友情や愛といったものに背をむけて、それぞれが裏切り、傷つけあいながら、悲劇を重ねていく物語は、大きなセンセーションをまきおこした。 ファッショナブルでもあり、危険な香りをまき散らす生き様は、「太陽族」といわれるようにまで影響力を拡大した。 「太陽の季節」のヒットをうけてすぐ、今度は同じ石原慎太郎の「狂った果実」が、石原裕次郎を主演に、舞台設定を同じ湘南として、撮られる。 中平康の処女作 劇場公開 となったこの作品は、トリュフォーまでもが絶賛し、石原慎太郎と「太陽族」の名をさらに喧伝することとなる。 それから「太陽」を背負った作品の系列が、あたかも、「太陽の季節」や「狂った果実」に対するアンチテーゼのように生まれてくる。 もっとも有名なのは、川島雄三の「」であろう。 幕末の町人のアナーキーで軽佻な生きざまに、支配階級である武士を対峙させてながら、緊迫するムードや破戒衝動を、二本差しの侍にまかせて、フランキー堺の落語の登場人物の輪郭をもった主人公が、「太陽」の方向を東ではなく西にあるとおどけて指をさすかのような作品である。 本作「太陽の墓場」も、「太陽の季節」と「太陽族」に対する大島渚監督の痛烈な批評といえる作品であり、大島版の「太陽の季節」といえるのである。 1960年の作品。 大島渚は「松竹ヌーヴェルバーグ」と冠せられた一連の作品を発表していったが、デビューから本作は4つめ。 舞台は、大阪西成萩之茶屋。 売血、買春、戸籍売買を巡るドヤの若者のチンピラ抗争が、無軌道で刹那的に、そして溢れ出る破戒衝動として描かれていく。 「太陽」はここに堕ちて、南海電鉄の高架下の泥水の中にある。 富裕な湘南の若者ではなく、こちらは墓場のようなどん底にいる若者の中で繰り広げられるのだ。 うだるような暑さの夏、夜なのに汗はひかず、皆、白熱電球の下で薄汚れた肌に、ギラギラとぬめるような光を反射させている。 この光と汗が、いかに「太陽の季節」や「狂った果実」と違う印象を与えているだろうか。 主演に「太陽の季節」の主演長門博之の弟であり、「狂った果実」に抜擢されてデビューした津川雅彦を起用し、さらに、津川雅彦の相手役でもあった北原三枝をさらにワイルドにした風貌の女優、炎加世子をあててるのが面白い。 これは明らかに狙った配役であろう。 西成の光景は徹底的に写実的である。 かなり後年につくられた小栗康平の「」が童話的光景にしか過ぎないと思えるくらいに、この大阪の町に流れる水は澱んでいて、ゴミやあぶくが浮かび、臭気が画面から臭ってきそうだ。 そしてそこに、津川や炎の仲間でありながら裏切られていった青年の死体が放り込まれていく。 西成を舞台にした映画といえば、中平康が撮った1962年の「」がある。 ヌーヴェルヴァーグの誕生に立ち会うような映画でもある「狂った果実」の監督は、スタイリッシュで、スピーディーでリズミカルな映像でライト級の作品を量産していて、その中でも「当たり屋大将」はスマッシュヒットな成功作である。 「太陽の墓場」と同じく西成の南海電鉄沿いの高架下の人間模様を描きながら、それとはまったく違うコメディ的なタッチである。 この作品の主演は長門博之、さらに中原早苗。 このふたりは「太陽の季節」に出演していた2人なのは、これまた偶然だろうか。 右翼思想をもった男が説くいかがわしい政治の話や暴動に至る経緯は、スパイク・リーの「ドゥ・ザ・ライト・シング」 1989年 を何か彷彿させる。 あれもニューヨークの下町の夏の出来事だった。 決してファッショナブルではないし、独自の訥々と不器用に流れる音楽からしても、この映画とは隔絶していながら、なぜか自分のは、日本の「ドゥ・ザ・ライト・シング」と名付けることが許されるような相似性を感じる。 生々しく赤が映える売血用の瓶との引き換えに渡される一枚の紙幣。 握りしめられる手は、汗舗装されてない車道の砂埃や廃墟の空き地の土くれに汚れ、河の労務のために油で光沢を放つ。 しかし、ここには堕ちた太陽が輝いて、それは人々が傷つけあいだまし合っている底辺の生活を照射している。 これがもうひとつの「太陽族」なのだ。 石原慎太郎や先行する日活映画の監督より一世代下から異議申し立てるような、大島渚の挑戦的で若さと熱情をひしひしと感じ取れる作品である。

次の