ドコモ 携帯 料金 コロナ。 ドコモからのお知らせ : 新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた料金請求の取り扱いについて

ドコモの携帯を電話で解約する方法

ドコモ 携帯 料金 コロナ

携帯キャリア各社の決算が出揃った。 大手3社は2019年10月の電気事業法改正の影響を受けながらも比較的順調な業績を確保したが、2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大が業績に大きな影を落とすこととなる。 4月より本格サービスを開始した「楽天モバイル」を抱える楽天も含めた、携帯電話大手各社の今後の動向について確認していこう。 新型コロナ危機でドコモは吉澤社長を続投へ 4月28日に発表されたNTTドコモの2020年3月期決算は、営業収益が前年度比3. もともと減収減益の業績予想だったことから、想定通りの決算といえるだろう。 主力の通信事業に関しては、法改正の影響でモバイル通信サービス収入が減少したほか、スマートフォンの販売が落ち込み販売関連収入が大幅に減少。 一方、それにともなって販売関連費用も減少したことから、想定通りの水準に落ちついたようだ。 法改正の影響を除けば比較的好調なようで、携帯電話の契約数が8000万を超え、ハンドセット解約率は0. NTTドコモの営業利益増減要因。 その原因について同社の代表取締役社長である吉澤和弘氏は、映像系サービスや「d払い」の販売促進を積極化したためと話しており、キャッシュレス決済競争の激化が大きく影響した様子がうかがえる。 法改正の影響をなんとか乗り越えた印象のある2019年度の決算だが、2020年度はそれ以上に新型コロナウイルスの影響を受けることとなる。 そのため吉澤氏は「合理的な業績予想の算定が困難」として、2020年度の業績予想を非開示としている。 決算発表時点で最も大きな影響が出ているのは、海外渡航者の減少による国際ローミング収入の大幅減少だというが、今後を見据えた場合、3Gから4Gへのマイグレーション(移行)の停滞が懸念される。 同社では現在、3Gのサービス終了に向け、シニア層を中心とした3Gから4Gへのマイグレーションに力を入れているが、ドコモショップの時間短縮営業に加え、感染防止のためシニア層が来店を控えることにより、その進行が想定より遅くなる可能性が出てきているのだ。

次の

コロナの影響でドコモの携帯料金の支払期限を7/31まで延長してもらいました。7/3...

ドコモ 携帯 料金 コロナ

NTTグループ、KDDI、ソフトバンクらは、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、各社サービス料金等を期限までに支払うことが困難となっている利用者から申し出があった場合、支払い期限を延長する。 支払い期限延長を実施するのは、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTファイナンスと、KDDIと沖縄セルラー、ソフトバンクとウィルコム沖縄。 支払い期限が、NTTグループとソフトバンクは2月末日以降、KDDIと沖縄セルラーは2月25日以降となっている料金について、利用者からの申し出があった場合、5月末日まで支払い期限を延長する。 法人 卸先事業者を含む 、個人の全ての利用者が対象。 申し出の受付開始は3月23日。 受付時間は、NTTグループは平日9時から17時、KDDIと沖縄セルラーは法人向けが平日9時から18時、個人向けが年中無休で9時から20時。 請求書等に記載されている問い合わせ先にて受け付ける。 口座振替・クレジットカードによる支払いの場合、申し出日によっては、口座引き落としが行なわれる場合がある。 今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、支払い期限をさらに延長することや、支払い期限が5月末日以降となる料金の支払い期限を延長することについても検討する。 なお、総務省は3月19日付けで通信事業者に向けて、電話料金等の支払いや契約更新に十分な猶予期間を設けるなどの柔軟な措置をとるよう要請している。

次の

新型コロナ対策で、携帯電話の料金を「6月末」まで待ってもらえる

ドコモ 携帯 料金 コロナ

ネット接続料「14年間で3倍以上に!」 さて、「金融広報中央委員会『知るぽると』」の「家計の収支」より、「通信の月間支出額」の推移をみていきましょう。 インターネット接続料をはじめとした通信費の支出額は、年々増加傾向にあることがわかります。 2004年には月々1,333円だったインターネット接続料が、2018年には4,509円に。 この14年間で3倍以上に上昇しています。 移動電話(携帯電話やPHS)にかかる支出と合わせると、2018年の月間通信費は2万円を超えています。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてのテレワークが推進される今、さらなる通信費の増加を覚悟しておいたほうがよい家庭もあるでしょう。 厚生労働省がLINE(株)と協力しておこなった「新型コロナ対策のための全国調査(LINE登録者対象)」の第3回目調査結果によると、4月12~13日の時点でオフィスワーカーのテレワーク実施率は27%。 COVID-19対策をきっかけに定着し、本格的にテレワークを導入する企業が増えていく可能性は高いでしょう。 それにともない、医療や教育の現場で「オンライン診療」「リモート授業」などが普及すれば、通信環境の整備は必須となり、月間の通信費が上がるケースも出てくるかもしれませんね。 「ネット回線」「携帯電話」を徹底見直し! インターネットの利用頻度が増えることを考え、通信費をできる安くおさえる工夫をすることはできます。 使わないオプションが付いていたり、割高に設定されていたりすることもあります。 今の利用状況に応じた料金プランを選ぶことで、通信費を安く抑えることができる可能性があります。 たとえば、今使用している携帯電話と同じ会社に変更することで、セット割引が適用されることがあります。 携帯電話以外にも、電気やガス料金などとのセット割引などを用意するプロバイダーも多いのでチェックしてみることをおすすめします。 携帯電話(スマホ)料金を見直す! インターネット接続料がすでに節約できているのであれば、携帯電話のプランや会社自体の変更することも考えてみましょう。 キャリアメールやキャリア決済が使えなくなることなどがネックとなり、変更する勇気が出ない・・・と躊躇する人も多いのではないかと思います。 通信費の中でもウエイトが高く、日常生活に密着する携帯電話。 この料金を見直すことで、全体の支出をぐっと抑えられる可能性は高くなります。 大手キャリアのユーザーであれば、格安スマホ(SIM)に変更することで、月額利用料を現在の半額から3分の1ほどまで安くなる可能性が。 家族の人数や使用頻度、またはセット割引の内容などをチェックしながら、ザクザク見直しを検討していかれることをおすすめします。 一番節約できる方法を探してみましょう。 「コロナ後」のニューノーマルでは、「オンラインでできること」がさらに増えていくことが考えられます。 テレワークを始め、役所の手続き、学校の授業、病院の診察、など、リモートでできることは今後さらにひろがっていくはずです。 この動きをきっかけに、通信費の見直しを始めてみませんか。 【参考】 「通信の月間支出額」知るぽると 金融広報中央委員会 「第1-3回『新型コロナ対策のための全国調査』からわかったことをお知らせします。 第4回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ」」厚生労働省 LIMO編集部.

次の