恐竜の歌 みいつけた。 【大人向け】「ドンじゅらりん」を50回聴いて、歌詞や恐竜を徹底解説してみました(超長文)|ちがくたす

【大人向け】「ドンじゅらりん」を50回聴いて、歌詞や恐竜を徹底解説してみました(超長文)|ちがくたす

恐竜の歌 みいつけた

増田梨沙ちゃんプロフィール 増田梨沙 ますだ りさ• 生年月日:2013年10月22日 5歳• 身長:99cm• 好きな食べもの:すいか、いちご、かき• 趣味:コマ撮り、ブロック• 特技:ダンスと歌、一人芝居、お絵かき• 所属事務所:クレヨン 4月から年長さんになる増田梨沙ちゃん。 5歳でスイちゃん役という事は、 夕空ちゃんのより1歳若い スイちゃんデビューとなります。 可愛いですね〜 コマ撮りやブロックが趣味という事で、 結構頭脳派なのかな… なんで思いました! 将来の夢は踊れるプリンセス!! こんな可愛い子でダンスや歌も得意なら、 もうなんでもなれるよって感じですね! 増田梨沙ちゃんの過去出演TVは? 増田梨沙ちゃんのプロフィールを見てみると、 CF• 2018 AEON トップバリュ「グリーンアイ オーガニック」篇• 2018 タカラトミー「こえだちゃんと木のおうち」• 2018 佐川急便「母になって」篇 企業SPツール• 2018 三菱電機 炊飯器「本炭釜」 インターネット• 2018 クラシエ「ラメランス」• 2018 日本マクドナルド ハッピーデー グラフィック• 2018 プレミアムウォーター MAMA・COM と、去年は仕事も多かった様子! 動画もありましたので紹介します! 保育園に通う女の子が、 増田梨沙ちゃんですね! 笑顔が眩しい!!かわいい〜 こちらは顔も良く写ってます! くしゃっとした笑顔が本当にかわいい!! これは増田梨沙ちゃん単体のCM! 子役の中でも注目されている子 なのだと分かりますね!! 川島夕空ちゃんと増田梨沙ちゃんの交代シーン 川島夕空ちゃんのスイちゃんとしての最終日が、 3月29日 金曜日 、 そして増田梨沙ちゃんがスイちゃんとして デビューするのは4月1日からになります。 3月29日に二人が共演しました! この日放送された「みいつけた!」では、 川島夕空ちゃんが 「スイは今日でみいつけた!を 卒業することになりました。 みんなといっぱい遊べて、とっても楽しかった! みんなどうもありがとう!」 と挨拶しました。 その後、増田梨沙さんが登場。 「はじめまして、新しいスイでーす。 一緒に面白いこと見つけていこうね」 と述べました。 そして最後に、交代時恒例の 二人での「おいーっす!」をしました。 髪の長い増田梨沙ちゃん、 どんな髪型で来るのかと思ったら 三つ編みでしたね! ぱっつん三つ編みのスイちゃんも可愛い!! 服もちょっと大きめなのがまた可愛い!!! 歴代スイちゃんは? これまでのスイちゃんを まとめてみました! 初代スイちゃん・熊田 胡々 くまだ ここ 生年月日:2002年11月8日 2009年3月30日~2012年3月30日の 3年間担当していました。 2代目スイちゃん・野原 璃乙 のはら りお 生年月日:2006年8月2日 2012年4月2日~2015年3月27日の 3年間担当していました。 3代目スイちゃん・川島 夕空 かわしま ゆあ 生年月日::2008年6月20日 2015年3月30日~2019年3月29日の 4年間担当していました。 懐かしい顔ぶれ… 「みいつけた!」も、 もう10年になるんですね。 まとめ いかがでしたか。 みいつけた!の新しいスイちゃん、 増田梨沙ちゃんについて紹介しました。 笑顔のとってもかわいい女の子でしたね! 川島夕空ちゃんスイちゃんを 見られなくなるのは残念ですが、 4代目スイちゃんの可愛い笑顔と 元気な声で朝から元気がもらえそうです!! これからの活躍が楽しみですね!!.

次の

【みいつけた!】4代目スイちゃん・増田梨沙ちゃんってどんな子?過去出演TVも調査!

恐竜の歌 みいつけた

Eテレの番組「みいつけた!」は、パパママの視聴者も多い人気番組。 そのコーナーやキャラクターの設定には、思わずクスリとしてしまう雑学がいっぱい隠されています。 ここではとっておきの雑学を6つご紹介します。 「みいつけた!」ってどんな番組?おさらいしよう 「みいつけた!」は4〜6歳児が対象の、小劇・歌・アニメーションなどのコーナーで構成されるEテレの幼児番組です。 メインターゲットの幼児のほか、一緒に見ているパパママもハマってしまう魅力があり、数ある幼児番組の中でもかなりの人気番組となっています。 メインキャラクターの「コッシー」「スイちゃん」「サボさん」のほか、イスのキャラクターが多数出演しています。 大人はディテールで楽しむ?思わずクスリとしてしまう雑学がいっぱい! 「みいつけた!」は、出演するタレントや細かなディテールなど、大人が楽しめる要素がたくさん盛り込まれているので、そういう要素を「みつけて」いくのも大人の楽しみ方のひとつではないでしょうか。 ここでは、「みいつけた!」に関する雑学を6つご紹介します。 あなたはいくつ知っているでしょうか? 1:現在のスイちゃんは3代目。 1、2代目とは少しずつ衣装や設定が違います! メインキャラクターのスイちゃんを演じる子役の女の子は、現在の川島夕空ちゃんで3人目です。 同じスイちゃんではありますが、子役ごとに衣装やプロフィールが少しずつ違うのはご存知でしたか? ここで3人のスイちゃんについて少し振り返ってみましょう。 初代スイちゃんは熊田胡々ちゃん(2009年3月〜2012年3月)。 ベージュを基調としたつなぎの衣装で、好きな動物はうさぎとカンガルー。 「おふくろさん」と名付けたカンガルーのぬいぐるみを持っていました。 2代目は野原璃乙ちゃんが演じました(2012年4月〜2015年3月)。 イエローとグレーのつなぎを着ていて、ダンスが得意という設定です。 現在のスイちゃんは川島夕空ちゃんが担当しています(2015年3月末〜)。 衣装はピンク色基調でより女の子らしい感じに。 おしゃれに興味があるという設定が反映された衣装なのかもしれません。 スタジオコーナー唯一の大人キャラであるサボさん。 コッシーとスイちゃんの兄貴分で、とてもユニークな性格です。 しかし「レッツゴー!サボテン」という曲の歌詞によれば、コッシーとスイちゃんに出会う前は臆病者で、砂漠の外の世界を夢見ているけれども、なかなか一歩を踏み出せないサボテンだったそうです。 意外ですね! 勇気を出した結果、現在のコッシー・スイちゃん・サボさんトリオがあるわけで、サボさんグッジョブ!と言いたくなります。 また、スタジオコーナーで「幼少期は植木鉢に植わっていた」と、過去について話していた回がありました。 3:有名人がめじろ押し。 いすのまちのコッシーのキャストが豪華! 番組内のアニメコーナー「いすのまちのコッシー」は、主役のコッシーをとりまくイスのキャラクターがたくさん登場します。 その中には、ママ世代もよく知るタレントさんが声を担当しているキャラがたくさんいます! メインキャラからゲストまで、豪華声優陣をリストにしてみました。 コッシーの声はお笑い芸人の高橋茂雄さんです。 関西弁のイントネーションが出ない高橋さんの声、新鮮と感じる方もいるのではないでしょうか。 一方、おこっしぃ(スタジオコーナーに登場するコッシーのいとこ)の声をあてるときは、ベタな関西弁を流暢に操っているのがさすがです。 コッシーのガールフレンド・レグは篠原ともえさんが担当しています。 レグ役で「レグ・レグ・アイドル」という歌も歌っていて、さすがの歌唱力!と思ったママもいらっしゃるのではないでしょうか。 日曜日に放送されている「みいつけた!さん」のエンディングテーマ「レグのハートがぬすまれた!」という曲では、コッシー役の高橋さんと一緒に歌を担当しています。 篠原さんは「いすのまちのコッシー」以外にも、スタジオコーナーでサボハラサボエさんとして登場することがあります。 トゲトゲつきの衣装はかわいいですよ! オスワル王子:DAIGOさん チェアース王国の王子様、オスワル王子はDAIGOさんが声を担当しています。 「チェアーッス」という挨拶やしゃべり方は素のDAIGOさんそのもの!顔を思い浮かべながら声を聞くと笑ってしまいます。 DAIGOさんは「いすのまちのコッシー」以外に、スタジオコーナーでサボテン界のロックスター・サボダイゴさんとしても登場します。 セモタロウ:森山直太朗さん 2015年度から登場するようになった新キャラクター・おまわりさんのセモタロウの声は森山直太朗さんが担当しています。 セモタロウのかぶっている帽子には、桜の花びらのマークがあり、これは森山さんのヒット曲「さくら(独唱)」からだと思われます。 マーナさん:高橋真麻さん いすのまちのイスアナ(女子アナ)・マーナさんは元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さんが声を担当しています。 「いすのまちのコッシー」はたくさんのキャラクターが出演し、それが番組の大きな魅力のひとつなのですが、ひとりひとりのキャラクターに声をあてるのは大変そうです。 キャストを確認してみると、ひとりの方が複数のキャラクターの声を担当しているケースがありますのでご紹介します。 「え、このキャラとあのキャラが同じ人!? 」とびっくりしてしまうかも。 コッシーとタタミンがやりあっているシーンは、どちらも高橋さんがしゃべっているということですね! 主役の声優さんが他のキャラクターの声も担当するのは珍しいのではないでしょうか。 タタミンは個性的なしゃべり方をするので、パッと聞いただけでは同一人物とは気づかないかもしれませんね。 レグの元気なかわいい声とは違い、ナレーションは絵本を読み聞かせるお母さんのような優しい落ち着いた声です。 コッシーとタタミン同様、パッと同一人物とわからない多彩さですね。 篠原ともえさんはファミリーコンサートで、サボハラサボエさんの衣装を着て「レグ・レグ・アイドル」を歌ったりしていますよ。 上に挙げたキャラクターのほか、ドッコラショ三兄弟(三人とも)、ノリオ、ガジリ、ジョーブ先生、カピイも三宅さん担当です。 アフレコ現場を想像すると、とても忙しそう! クルットさんは月曜日に「クルットさんのモノができるまで」という単独コーナーを持っていますし、ホネーキンさんもイスダスのコーナーに出ていますので、三宅さんボイスは毎回のように番組のどこかで聞いていることになるのではないでしょうか。 三宅弘城さんは「みやけマン」として、「おっす!イスのおうえんだん」などの歌のコーナーも担当しています。 「みいつけた!」オープニングは背景がカラフルなアニメーションなのですが、その中のワンシーン・白いアーチをコッシーのシルエットがくぐっていくところは何色かの背景パターンがあり、日替わりでバックの色が変わります。 お子さんと一緒に「今日は何色かな?」と予想するのも楽しそう! 10秒程度の場面ですので、ぜひ見逃さずにチェックしてみてくださいね。 「みいつけた!」では、随所にイスに関連するキーワードが出てきます。 また今後も新しいキャラクターやコーナーも追加されていきますので、そのたびに雑学は増えていきます。 番組の内容を楽しみながら、そういった雑学を親子で「みいつけた!」と発見していくのも楽しそう! コッシーたちと一緒に、ぜひ楽しい時間を過ごしてくださいね。

次の

いくつ知ってる?「みいつけた!」に隠されたキャラクター雑学まとめ

恐竜の歌 みいつけた

Eテレの番組「みいつけた!」は、パパママの視聴者も多い人気番組。 そのコーナーやキャラクターの設定には、思わずクスリとしてしまう雑学がいっぱい隠されています。 ここではとっておきの雑学を6つご紹介します。 「みいつけた!」ってどんな番組?おさらいしよう 「みいつけた!」は4〜6歳児が対象の、小劇・歌・アニメーションなどのコーナーで構成されるEテレの幼児番組です。 メインターゲットの幼児のほか、一緒に見ているパパママもハマってしまう魅力があり、数ある幼児番組の中でもかなりの人気番組となっています。 メインキャラクターの「コッシー」「スイちゃん」「サボさん」のほか、イスのキャラクターが多数出演しています。 大人はディテールで楽しむ?思わずクスリとしてしまう雑学がいっぱい! 「みいつけた!」は、出演するタレントや細かなディテールなど、大人が楽しめる要素がたくさん盛り込まれているので、そういう要素を「みつけて」いくのも大人の楽しみ方のひとつではないでしょうか。 ここでは、「みいつけた!」に関する雑学を6つご紹介します。 あなたはいくつ知っているでしょうか? 1:現在のスイちゃんは3代目。 1、2代目とは少しずつ衣装や設定が違います! メインキャラクターのスイちゃんを演じる子役の女の子は、現在の川島夕空ちゃんで3人目です。 同じスイちゃんではありますが、子役ごとに衣装やプロフィールが少しずつ違うのはご存知でしたか? ここで3人のスイちゃんについて少し振り返ってみましょう。 初代スイちゃんは熊田胡々ちゃん(2009年3月〜2012年3月)。 ベージュを基調としたつなぎの衣装で、好きな動物はうさぎとカンガルー。 「おふくろさん」と名付けたカンガルーのぬいぐるみを持っていました。 2代目は野原璃乙ちゃんが演じました(2012年4月〜2015年3月)。 イエローとグレーのつなぎを着ていて、ダンスが得意という設定です。 現在のスイちゃんは川島夕空ちゃんが担当しています(2015年3月末〜)。 衣装はピンク色基調でより女の子らしい感じに。 おしゃれに興味があるという設定が反映された衣装なのかもしれません。 スタジオコーナー唯一の大人キャラであるサボさん。 コッシーとスイちゃんの兄貴分で、とてもユニークな性格です。 しかし「レッツゴー!サボテン」という曲の歌詞によれば、コッシーとスイちゃんに出会う前は臆病者で、砂漠の外の世界を夢見ているけれども、なかなか一歩を踏み出せないサボテンだったそうです。 意外ですね! 勇気を出した結果、現在のコッシー・スイちゃん・サボさんトリオがあるわけで、サボさんグッジョブ!と言いたくなります。 また、スタジオコーナーで「幼少期は植木鉢に植わっていた」と、過去について話していた回がありました。 3:有名人がめじろ押し。 いすのまちのコッシーのキャストが豪華! 番組内のアニメコーナー「いすのまちのコッシー」は、主役のコッシーをとりまくイスのキャラクターがたくさん登場します。 その中には、ママ世代もよく知るタレントさんが声を担当しているキャラがたくさんいます! メインキャラからゲストまで、豪華声優陣をリストにしてみました。 コッシーの声はお笑い芸人の高橋茂雄さんです。 関西弁のイントネーションが出ない高橋さんの声、新鮮と感じる方もいるのではないでしょうか。 一方、おこっしぃ(スタジオコーナーに登場するコッシーのいとこ)の声をあてるときは、ベタな関西弁を流暢に操っているのがさすがです。 コッシーのガールフレンド・レグは篠原ともえさんが担当しています。 レグ役で「レグ・レグ・アイドル」という歌も歌っていて、さすがの歌唱力!と思ったママもいらっしゃるのではないでしょうか。 日曜日に放送されている「みいつけた!さん」のエンディングテーマ「レグのハートがぬすまれた!」という曲では、コッシー役の高橋さんと一緒に歌を担当しています。 篠原さんは「いすのまちのコッシー」以外にも、スタジオコーナーでサボハラサボエさんとして登場することがあります。 トゲトゲつきの衣装はかわいいですよ! オスワル王子:DAIGOさん チェアース王国の王子様、オスワル王子はDAIGOさんが声を担当しています。 「チェアーッス」という挨拶やしゃべり方は素のDAIGOさんそのもの!顔を思い浮かべながら声を聞くと笑ってしまいます。 DAIGOさんは「いすのまちのコッシー」以外に、スタジオコーナーでサボテン界のロックスター・サボダイゴさんとしても登場します。 セモタロウ:森山直太朗さん 2015年度から登場するようになった新キャラクター・おまわりさんのセモタロウの声は森山直太朗さんが担当しています。 セモタロウのかぶっている帽子には、桜の花びらのマークがあり、これは森山さんのヒット曲「さくら(独唱)」からだと思われます。 マーナさん:高橋真麻さん いすのまちのイスアナ(女子アナ)・マーナさんは元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さんが声を担当しています。 「いすのまちのコッシー」はたくさんのキャラクターが出演し、それが番組の大きな魅力のひとつなのですが、ひとりひとりのキャラクターに声をあてるのは大変そうです。 キャストを確認してみると、ひとりの方が複数のキャラクターの声を担当しているケースがありますのでご紹介します。 「え、このキャラとあのキャラが同じ人!? 」とびっくりしてしまうかも。 コッシーとタタミンがやりあっているシーンは、どちらも高橋さんがしゃべっているということですね! 主役の声優さんが他のキャラクターの声も担当するのは珍しいのではないでしょうか。 タタミンは個性的なしゃべり方をするので、パッと聞いただけでは同一人物とは気づかないかもしれませんね。 レグの元気なかわいい声とは違い、ナレーションは絵本を読み聞かせるお母さんのような優しい落ち着いた声です。 コッシーとタタミン同様、パッと同一人物とわからない多彩さですね。 篠原ともえさんはファミリーコンサートで、サボハラサボエさんの衣装を着て「レグ・レグ・アイドル」を歌ったりしていますよ。 上に挙げたキャラクターのほか、ドッコラショ三兄弟(三人とも)、ノリオ、ガジリ、ジョーブ先生、カピイも三宅さん担当です。 アフレコ現場を想像すると、とても忙しそう! クルットさんは月曜日に「クルットさんのモノができるまで」という単独コーナーを持っていますし、ホネーキンさんもイスダスのコーナーに出ていますので、三宅さんボイスは毎回のように番組のどこかで聞いていることになるのではないでしょうか。 三宅弘城さんは「みやけマン」として、「おっす!イスのおうえんだん」などの歌のコーナーも担当しています。 「みいつけた!」オープニングは背景がカラフルなアニメーションなのですが、その中のワンシーン・白いアーチをコッシーのシルエットがくぐっていくところは何色かの背景パターンがあり、日替わりでバックの色が変わります。 お子さんと一緒に「今日は何色かな?」と予想するのも楽しそう! 10秒程度の場面ですので、ぜひ見逃さずにチェックしてみてくださいね。 「みいつけた!」では、随所にイスに関連するキーワードが出てきます。 また今後も新しいキャラクターやコーナーも追加されていきますので、そのたびに雑学は増えていきます。 番組の内容を楽しみながら、そういった雑学を親子で「みいつけた!」と発見していくのも楽しそう! コッシーたちと一緒に、ぜひ楽しい時間を過ごしてくださいね。

次の