コロナ 収束しない。 コロナのせいでどこにも行けないし、遊べません。収束する見込みはあ...(2ページ目)

新型コロナは「インフルエンザ化」まで収束しない

コロナ 収束しない

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の

新型コロナの収束が見えない中での地域振興は?「いわて幸せ作戦会議」/岩手(IBC岩手放送)

コロナ 収束しない

新型コロナウイルスしゅうそくは「収束」?「終息」? 穏やかな日常が戻るとき、それは新型コロナウイルスがしゅうそくしたとき、と言えるのではないでしょうか。 テレビやネットのニュースやツイッターなどのハッシュタグでも用いられている、コロナしゅうそく。 コロナのしゅうそくは「収束」、「終息」、どちらを使うのが正しいのでしょう? c Shutterstock. また、収まりをつけること。 」(より)を言います。 例えば新薬が開発され、新型コロナウイルスによる混乱状態が落ち着いたという場合に使います。 」(より)を言います。 例えば新薬に加え予防接種も開発され、新型コロナウイルスの新規発症がなくなったという場合に使います。 時系列順で考えると「収束」してから「終息」することになりますね。 いかがでしたか? 結論としては新型コロナウイルスの『収束』も『終息』も我々の願いですよね。 そのため、 どちらのしゅうそくを使っても間違いではありませんし、同じ発言者でも 場面によって使い分けることもあると思います。 最終的な目標はコロナ「終息」ですが、まずは、 目先の目標はコロナ「収束」です。 精神的に息苦しく感じることもありますが、自覚を持った行動をひとりひとりが心がけ、まずは1日も早い『収束』を迎えましょう! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

【悲報】東京都さん、+201コロナで収束していない模様

コロナ 収束しない

ForbesやFRAMEなど各海外メディア記事には、実際にコワーキング業界がコロナ危機から立ち直らなければならない重要な理由を掲げている。 必要に押された需要なら分かるが、なぜ「立ち直らなければならない」とまでに強調されているのだろうか。 3つの観点から解説する。 企業のコストダウン志向がますます強まる コロナ危機と外出自粛期間が去れば、企業はコストの最適化に重点を置くことが予想される。 コワーキングスペースは賃貸契約の期間に関しても柔軟性を持てるのが魅力だ。 コワーキング企業によって形態は異なるが、月単位、日単位から、時間単位までレンタルできるところもある。 ANAROCKプロパティコンサルタントの代表取締役のLimaye氏は、「コワーキングスペースは、今後数四半期にわたって(コロナによる)需要が抑制される可能性が高いが、復活も最も速い」と見ている。 コロナ経済に影響されたダメージを補うため、企業は固定費を減らしたがり、柔軟な環境の働く場所を好むようになる。 その解決策がコワーキングスペースとなるのだ。 小規模事業主や個人事業主だけでなく、大企業の新規事業部など、ビジネスの継続性が確定できていない場合も、そのスペースとコストを柔軟に保つために、選択肢に入れてくる可能性がある。 社員エンゲージメントと環境保護 コワーキング企業315Work Avenueの会長Mehrotra氏は、「企業は特に生産性と社員エンゲージメントのメリットを背景に、今まで以上に従業員に柔軟性を提供するための働き方を再考する機会を与えられている。 そしてこれは、コワーキングスペースの需要を押し上げるだろう」とFinancial Expressで述べている。 コロナ危機により在宅ワークを余儀なくされた強制リモートワーカーが発生した一方、その多くの人たちが、結果としてリモートでも職務を遂行できることを証明した。 そして前述の調査の通り、その継続を望んでいることも明らかとなった。 サービスオフィスやビジネスラウンジの提供企業Regusは「コワーキングスペースの未来は、郊外である」と主張している。 都市部に拠点を置く主要な雇用主でも、柔軟な労働慣行がますます採用されており、この新しい形態にサービスを提供するサテライト・コワーキングスペースの創設は、従業員の健康だけでなく、 環境にも良い影響を与えるからだ。 Regus社が19か国を調査したThe Flex Economyレポートでは、長距離通勤を排除することによるメリットが語られている。 従業員の家の近くのワークスペースは、移動時間を短縮することにより、平均して毎年合計7416時間従業員たちの時間を節約できる。 これは従業員により多くの睡眠時間や家族と過ごす時間を与えることができる。 二酸化炭素排出量の削減も同様に重要であり、毎年118メートルトンのCO2を削減し、郊外のコワーキングスペースの増加によって合計すると世界で256万メガトンのCO2が排出されずにすむと算出している。 これは、ロンドンとニューヨーク間のフライト1280便の排出に相当する数だ。 オランダのインテリアメディア企業FRAMEは、「地方のコワーキングスペースは今日の目的経済で事業を展開している企業にとって、非常に理にかなっている」と主張する。 そこでは、従業員と地球環境の両方の健康を主要な関心事とし、消費者やステークホルダーにとって大きな差別化要因となるからだ。 ステークホルダーと持続可能な投資が台頭してきた今日の社会にとって、この差別化は企業のガバナンスと資本へのアクセスにも影響を与え始めるだろう。 経済の発展にはコミュニティが必須 「コワーキングスペースはそれ自体が地域の経済エンジンだ」と主張するのはコワーキングスペース企業Launch Padだ。 同社が2020年1月にリリースしたインパクトレポートでは、同社のもつコワーキングスペース5か所で、彼らのユーザーが創出したビジネス総計は以下に値すると語っている。 ・9000以上の雇用を創出 ・2億3千万ドル(約253億円)を超える資本金を調達 ・100万平方フィートを超える商業用不動産をリース Forbes記事の執筆者は「これらはまさに、市や地域の自治体が関心を持っている数字そのものだ」と是認する。 コロナ危機の緊急事態が収まった後、都市や地域は、雇用を創出し、ビジネスを成立する場所を必要とする。 コワーキングスペースが創出するコミュニティの力は、人々が再接続し新しいネットワークを構築し、お互いをサポートするためにも必要不可欠だ。 「コワーキングスペースはコミュニティのハブとなり、コロナ危機からの回復における主要な要素となる、地域のコネクティビティの重要な源だ」と記事では締めくくられている。 コストダウン志向を強め柔軟性を模索し始める企業と、通勤の排除を望む従業員。 社員エンゲージメントを高められ自然環境の保護にもつながるとなれば、ステークホルダーに支えられてリモートワークへの傾向はより強まるだろう。 そこに介在するコワーキングスペースは、人々が集まることによりコミュニティの形成を助け、さらには雇用と経済の創出に寄与する可能性が大きく存在すると考えられている。 文・米山怜子 / 編集:岡徳之(Livit).

次の