ゼットスケーラー 株価。 沸き立つ米テレワーク株—ファストリ―やドキュサイン、トゥイリオなど急騰銘柄が続出

ゼットスケーラー、SaaS型セキュリティサービスを本格展開へ

ゼットスケーラー 株価

ゼットスケーラーは世界の著名な組織に対して、モバイルおよびクラウド環境に適したネットワークとアプリケーションの安全な利用を支援しています。 フラグシップサービスであるZscaler Internet Accessおよび Zscaler Private Accessにより、デバイス、ロケーション、ネットワークを問わず、アプリケーションに対する高速かつセキュアな接続を実現します。 ゼットスケーラーのサービスは185ヵ国以上で利用されており、世界最大のクラウドセキュリティプラットフォームを運用することで、膨大な数の企業や政府関連機関をサイバー攻撃や情報漏えいから保護しています。 状況に合わせた対策をコンサルティングいたします。 ・ブルースカイランドリー本部事業 ・ブルースカイランドリー店舗誘致 ・ブルースカイランドリー店舗運営サポート ・コインランドリー機器販売 ・ブルースカイランドリー直営店運... ・上から下へ上げ下げするシャッターではなく、駅の売店の様に横に引く【横引きシャッター】(電動・手動共) ・天井や由香が開閉出来る【水平引きシャッター】(電動・手動共) ・... 太陽光発電システム販売 オール電化システム販売 環境装置販売 増改築リフォーム工事 水道設備工事 プロパンガス販売• 1979年の設立以来、電話を活用した様々なビジネスに挑戦し続け、スキルの蓄積と調査精度向上のための取り組みを行ってまいりました。 その品質・実績・規模から、日本における最大... 弊社は、アプリ制作・販売事業・PR事業などを行っております。 【オリジナルアプリ「poc app」について】 poc app(ポックアップ)は自社・店舗向けのオリジナルアプリサービスです。 ペガでは、「より的確に」「より効果的に」「より迅速に」ペガ製品を活用していただくために、教室でのトレーニングおよびWebでのセルフスタディーを提供しています。

次の

ジースケイラー【ZS】:企業情報/株価

ゼットスケーラー 株価

米株式市場で在宅勤務に関連したハイテク株が買われている。 クラウドベースのソフトウエア企業が中心だ。 新型コロナウイルスの収束後も在宅勤務が定着し、持続的な収益成長が期待されている。 年初来で株価上昇が目立つ銘柄をまとめた。 ビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズが日本でも知名度を上げたが、ほかにも成長株がゴロゴロしている。 年初来で株価が5倍強に急騰しているのがファストリーだ。 コンテンツをクラウドを通じて配信するコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を手掛ける。 迅速にデータを更新できるなど高機能な点が評価され、ネット通販支援のショッピファイなど伸び盛りの企業を顧客に持つ。 決算発表と同時に12月期通期の予想売上高を2億8000万~2億9000万ドルと2500万ドル引き上げた。 市場予想(2億6000万ドル)を上回り、買いが加速した。 ファストリーと同業のクラウドフレアも投資家の関心が高い。 米国では手書きのサイン、日本ではハンコが契約書には不可欠だが、電子署名ならオンラインで契約を完了できる。 文書の暗号化などセキュリティー対策が技術の要だ。 世界で66万社の顧客を抱え、金融の上位7割、製薬の9割の企業が使っているという。 JMP証券のアナリスト、パトリック・ウォルラベンズ氏は「電子署名の普及率はまだ低く、高い成長の機会がある。 ドキュサインはそこで支配的な地位にある」と評価する。 ズームはビデオ会議のスタンダードになりつつあるし、マイクロソフトのビジネス対話アプリ「チームズ」の利用も急増している。 その中で株価上昇が目立つのがトゥイリオだ。 数行のプログラムを追加するだけで企業のシステムやアプリに電話や音声処理の機能を加えられるクラウドサービスを手掛ける。 米国では「ウーバー」や「リフト」など配車アプリで利用され、注目度が一気に高まった。 顧客対応や遠隔医療などにも利用が広がっている。 20年1~3月期の売上高は3億6486万ドルと前年同期比57%増えた。 この分野で成長しているクラウドストライクとゼットスケーラーの株価も急上昇している。 市場では「在宅勤務の関連企業は業績の安定成長が見込める」(ボケ・キャピタル・パートナーズのキム・フォレスト氏)と、長期的な株高基調を予想する声が多い。 在宅勤務の普及が追い風になる主な銘柄を一覧にした。 クラウドサービスのファストリーは昨年末に比べ株価は5. 1倍に上昇。 電子署名のドキュサインは2. 9倍になった。 〈在宅勤務が追い風となる主な米国株〉 企業名(コード) 事業内容 年初来上昇率 ファストリー コンテンツ配信 5. 1倍 ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ ビデオ会議システム 4. 0倍 ドキュサイン 電子署名 2. 9倍 ゼットスケーラー セキュリティー 2. 7倍 データドッグ クラウド監視、分析 2. 5倍 トゥイリオ 通信ソフト 2. 5倍 クラウドストライク セキュリティー 2. 4倍 クラウドフレア コンテンツ配信 2. 3倍 バンドウィズ 通信ソフト 2. 2倍 エバーブリッジ 緊急時管理ソフト 94. 6 オクタ ID管理システム 93. 3 ファイブナイン 通信ソフト 84. 4 リングセントラル ビデオ会議システム 75. 3 アトラシアン 業務管理ソフト 62. 6 スラック・テクノロジーズ ビジネス対話アプリ 51. 3 フォーティネット セキュリティー 40. 1 シトリックス・システムズ デスクトップ仮想化 37. 7 マイクロソフト ソフト全般 35. 9 アカマイ・テクノロジーズ コンテンツ配信 32. 6 (注)年初来上昇率は%。 昨年末終値と7月9日終値を比較。 〔NQNニューヨーク 古江敦子〕 <金融用語>.

次の

期待の米国銘柄ゼットスケーラー【ZS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ゼットスケーラー 株価

39歳のサラリーマンです。 投資歴は20歳頃から手を出しているので、結構長いです。 変なものから手を出して普通なところに落ち着くというアマノジャクです。 結局は企業価値の成長なんだとやっと気づく。 カバードワラントはただのバクチです。 くそ高いオプション料を払わされるオプ買い商品。 FXも一か八かの勝負です。 しかもレバレッジ掛かってます。 社会人初めてのボーナスが一瞬で消えました。 投信はものによっては良いですが、アクティブファンドの大部分はインデックスに勝てないことが分かりました。 先物、オプションは実は証券会社でそれ系の仕事をしていたのでそこそこ分かっているのですが、やはりバクチです。 ゼロサムゲームです。 で、国家の成長に賭けるということで中国株をやったわけですが、最初は何となく知っている銘柄を買いましたが、全然儲からず。 業績が圧倒的に増加して株価も右肩上がりの某銘柄を買ったら大当たりしました。 味をしめて業績重視でさらに銘柄を増やし、ぼちぼち儲かりました。 今は米国株を増額しております。 中国株もいいですが、米国株は安心です。

次の