大人 の ショート ボブ。 40代・大人の上品ショート&ショートボブの髪型◆15選|アラフォー世代のヘアカタログ

丸顔・面長に似合う黒髪ショート20選|大人可愛い前髪なしの髪型も

大人 の ショート ボブ

hotpepper. のびてきた白髪が目立ちにくい、ハイライトを入れた絶妙なカラーリングも魅力です。 hotpepper. 小顔効果のあるななめ前髪と耳かけスタイルで、ぐっとおしゃれな印象に。 hotpepper. 顔まわりが華やかに見えるひし形ボブは、40代女性にぴったりです。 hotpepper. 前髪を流して上品に。 うねりやくせ毛が気になる場合は、ストレートパーマでスタイリングが楽に。 hotpepper. サイドの髪を耳にかけることで、スタイリッシュで洗練された大人の雰囲気に。 hotpepper. 前髪のスタイリングや耳かけのアレンジでいろいろな印象に。 hotpepper. 前髪はなしで、すっきりとしたスタイルです。 hotpepper. 黒髪にも似合う、小顔効果抜群の髪型です。 hotpepper. 決め過ぎないナチュラルな雰囲気が好印象な、大人のスタイルです。 hotpepper. 斜め前髪が小顔効果も! 11. hotpepper. サイドの髪を耳にかけたアレンジも可愛い。 hotpepper. パーマで気になるボリューム感をカバーして、若見えスタイルに。 hotpepper. スタイリングはドライヤーで乾かした後、ヘアワックスをもみ込んで完成です。 hotpepper. 乾かすだけでOKな美シルエットが魅力です。 hotpepper. 前髪は真ん中分けにしたり、サイドを流して耳にかけたりのアレンジも。 黒髪にも似合います。 おわりに 軽やかで凛とした上品なショートヘアは、 アラフォー・40代・50代の大人の女性に似合うヘアスタイルです。 ショートでも長め・短め、パーマをかけたり、前髪・サイドの耳かけなどのアレンジで、いろいろな印象にイメチェンして楽しみたいですね。 大人のショートヘアをお探しの方に参考にしていただけると嬉しいです。

次の

大人のショートボブカタログ31選!前髪あり・なしや黒髪似合うショートボブなどを厳選

大人 の ショート ボブ

大人のショートボブのまとめ。 輪郭の悩みをカバーしてくれる、好感度&スタイルアップの大人ショートボブ。 前髪のあり・なしや、黒髪に似合うなど、タイプ別にショートボブスタイルをまとめてみました。 【目次】 ・ ・ ・ ・ 大人かわいい&おしゃれ見え!黒髪ショートボブ おしゃれ見え!大人の長め前髪の柔らかマッシュショートボブ ロンとした丸いシルエットで女らしさを演出するスタイルですが、ニュアンスパーマで動きプラスしてふんわり仕上げに。 トップのボリューム感が、タイトで色気のある襟足を際立たせてくれます。 また、前髪を長めにすることで大人女性にもマッチするデザインとなっています。 骨格をキレイに見せる効果も抜群なマッシュショートボブヘア。 顔周りのマッシュラインが緩やかなところも今年っぽいポイントです。 襟足はキュッとタイトに収まるようにスライドカットで調整します。 毛束感と動きが出やすいように、間引きセニングを施します。 前髪は乾いて目の上ギリギリになるよう計算をしてカット。 顔まわりがマッシュになるように整えます。 カラーは、柔らかい印象とツヤ感を与えるブラウンベージュに。 ブラウンのマイルドな色合いを残しつつ、赤みを抑えたカラーが大人っぽい。 前髪は、少し太めのロッドを使い、ニュアンスがでるようにパーマを。 アイロン仕上げなら、26mmのカールアイロンで毛先を内巻きに。 顔まわりと耳後ろを外ハネにすると立体感のあるスタイルになります。 スタイリングは、ドライ後(パーマがかかっている場合、ハーフドライでもOK)トリートメントクリームを全体に揉み込みます。 スタイリング剤は、トリートメント効果や保湿効果もあるタイプを選んで。 最後に束感を出して、顔まわりや耳後ろの外ハネを整えたら完成です。 愛らしさ満点!前髪ありの大人かわいいコンパクトショートボブ ライベートはもちろん、ビジネスシーンでも好感度アップ間違いなしのショートボブヘア。 スタイリング剤をしっかりめにつけ束感を出すことで、おしゃれ感のある今どきヘアに。 ナチュラルでコンパクトなシルエットのスタイルですが、毛先の丸みをなくせばクールフェイスな印象に見せることも可能。 前髪をまっすぐ下ろすことで、大人かわいいを演出してくれるこちらのボブ。 ショートボブから伸ばしていきたい人、ロングからばっさりイメチェンの人からもオーダーが多い人気デザインです。 襟足が浮きやすい人にもおすすめ。 トップの動きが出るようにレイヤーを入れ、質感調整をします。 前髪は、目と眉の間の長さで、重すぎず、薄すぎないバランスでまっすぐカット。 毛量調整をして馴染ませます。 カラーは、透明感のある7レベルのアッシュベージュに。 寒色系に寄り過ぎない絶妙な色合いで、透け感があり、やさしい印象のカラーになります。 スタイリング剤は、オイルクリームなどのウェットな質感になるものをチョイス。 手にスタイリング剤を伸ばしたら、バックから指を通すように塗布します。 もみ上げにも忘れずにつけるのが、スタイルを決めるコツ。 最後に残っている程度のスタイリング剤を前髪につけ、全体的に束感を出すように整えたらおしゃれヘアの完成です。 長めバングがトレンド!大人カジュアルショートヘア トレンドは、長めの前髪、丸みのあるマッシュシルエットに移行中。 こちらのショートスタイルは、襟足のくびれ、ふっくらとした丸みのある後頭部で、柔らかい印象を与え透明感のある仕上がりになっています。 ニュアンスパーマを施すことで、ワックスをクシュっと付けるだけで簡単にスタイルが決まるのも嬉しいポイントです。 大人カジュアルを楽しみたい人はもちろん、髪がペタンとしやすい人、面長さんにもおすすめなデザイン。 また、タートルやシャツといった襟の高いファッションとの相性も抜群です。 ふんわり仕上げるようトップにはレイヤーを入れます。 前髪はパーマをかけるため、少し長めに目が隠れる長さでカットし、トップとレイヤーで繋げて軽さを演出。 カラーは、7レベルのブラウンに13レベルのハイライトをオンカラー。 ハイライトで動きを出しながら、肌の色をキレイに見せる温かみのあるベージュブラウンに仕上げます。 23mmのロッドでトップから内巻きに、襟足にはピンパーマをかけます。 ドライ時はシャンプーをする時のように髪を動かしながら乾かすのが鍵。 髪に潤いを与えるシアバター系のワックスを、毛先中心にクシュクシュっと揉み込むように塗布します。 ノンパーマ派なら、26mmのアイロンを使い、トップは内巻きに、前髪は根元まで巻かずに2/3までを巻いてふんわり仕上げます。 パーマヘア同様、スタイリング剤を付けたら完成です。 長め前髪がポイント!大人かっこいい小顔ショートボブ 長めの前髪が頬骨をカバーすることに加えて、サイドの長さ設定を耳下にしているため小顔効果を引き立てるショート。 さらに、襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果もあります。 シンプルでカジュアルなスタイルでありながら、大人かっこいい雰囲気のポイントは毛先に施されたシャープさ。 カットテクニックによる先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージを与えてくれます。 ショートボブなのでお手入れが簡単なのもメリットのひとつ。 トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。 毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。 前髪は、流した時に目の下になるように設定。 カラーは、7レベルのブラウンベージュに。 暗めの色味でも透明感があるので重さを感じさせず、大人っぽい印象になります。 また、日本人特有のオレンジ・赤味を抑え、ツヤ感を生むカラーです。 襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。 前髪を下ろし流しにする場合は、アイロンかホットカラーで。 スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。 馴染ませるだけだと、全体に動きが出ないので、最後に毛先を軽くねじって束感を作るのがポイントです。 大人カジュアルは曲線美デザインの無造作ショートボブヘア 無造作な動きの外ハネショートボブ。 長めの前髪と丸みのあるフォルムとすることで、愛らしく大人の女性らしいスタイルとなっています。 また、パーマにより外ハネのニュアンスがプラスされ、カジュアルでも大人かっこいい仕上がりに。 ランダムなハネの動きがこなれ感をアップさせます。 美シルエットと組み合わせる前髪は、肌の透け感が必須。 今っぽムードを演出してくれます。 前髪ありでも大人雰囲気を狙いたいなら、ぜひ挑戦したいショートヘアです。 後頭部の丸みを強調させるよう、襟足は短めです。 また、すっきりとした襟足は、タートルといった襟元の高いファッションにもぴったりです。 カラーは9レベルのラベンダーアッシュをチョイス。 黄色を打ち消すペールトーンのパープルをMIXすることで、ツヤと透明感のあるカラーリングとなります。 23mmのロッドを使い、内巻きと逆巻きをランダムに巻きます。 アイロンで仕上げるなら、26mmのアイロンで内巻きと外ハネを無造作な動きとなるようランダムに巻きます。 ドライする時はトップが潰れないよう注意して。 下を向いてラフに乾かすと簡単にボリューム感のある仕上がりに。 7割ほどドライしたら、ワックスクリームを全体にクシャッと揉み込みながら塗布します。 最後にハネ感を整えたらフィニッシュです。 ラフボリューミーなシルエットの大人ショートボブ エアリーでボリューミーなシルエットは、表情を明るく見せてくれる効果大。 ざっくりした毛流れがこなれ感を生み出し、今風の仕上がり! 1.26㎜のアイロンを縦に使い、内巻きと外巻きを交互に組み合わせる。 毛先だけニュアンスがつくように意識。 2.手のひらに固めのワックスを薄く広げ、根元からクシャッともみ込むようになじませてボリュームUP。 黒髪が映える!大人のワンレンショートボブ 後ろは襟足ギリギリのワンレンボブ。 耳より前をあごのラインに平行になるように前下がりにすることで、クールな雰囲気に。 カラーは黒に近いダークカラーで、青やグレーなど寒色系の色をミックスするとかっこ良さがアップ。 《side》 《back》 希子風ボブでスタイリッシュさと小顔バランスを一挙両得! 小顔効果も!前髪ありの大人ショートボブスタイル ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力の大人ショートボブ 大人カジュアルでランダムなハネが魅力のショートボブ。 セミドライな軽やかな質感がフェミニンさをプラスし、顔まわりのフレームラインはややウェットに仕上げることで締まりがあり、質感のコントラストを楽しめるスタイルになっています。 また、大人の色気を漂わせるならアイ&リップメイクを強調し、あえてチークは入れないメイクを。 ラフな毛先のカール感と顔まわりの透けが洒落た印象を与えてくれるショートボブ。 今どきフェミニンを狙うならトップのボリュームとふわっとした動きは必須ポイントです。 トップの長さを残すことで女性らしい丸みのあるシルエットに。 前髪はパーマをかけて眉にかかるくらいの長さにカット。 幅を薄めにとり、透けバングにします。 カラーは、ブラウンにパープルをミックスした8レベルのショコラベージュに。 ツヤ感がありシアーな色味です。 スタイリングは、根元を中心に7割ほどドライしたら、シアバターorソフトワックスを毛先と顔まわりに塗布します。 全体に付けないことでセミドライな質感に仕上げ、バングと顔まわりのフレームラインをウェットな質感にすることでメリハリのあるスタイルが完成します。 小顔見せの大人かわいいマッシュショートボブヘア 大人女性にこそチャンレンジして欲しいのがこちらのマッシュです。 前髪が平行ラインで緩やかに繋げたマッシュラインとなっているため、大人っぽくナチュラルな仕上がりとなっています。 簡単スタイリングでも手軽に決まり、小顔効果もバッチリ。 襟足がスッキリしているので、タートルが似合うのはもちろん、ストールなど首元にボリュームがあるファッションとの相性も抜群です。 丸みのあるシルエットなので女性らしさをプラスしてくれるショートヘア。 トレンドを取り入れたい人、ハンサムショートからスタイルチェンジしたい、そんな人へ特におすすめしたいスタイルです。 前髪とサイドを緩やかなラインで繋いで、ナチュラルなマッシュスタイルに。 トップの角を落とす程度のレイヤーを入れ、毛先の厚みを残しつつ毛量調整をします。 襟足は短めにカットし首元をすっきりと。 カラーはこの秋冬のトレンドであるオレンジブラウンに。 色持ちがよく、流行に敏感な人にイチオシのカラーです。 ドライ後、26mmのアイロンで毛先を内巻きにワンカールするだけの簡単スタイリング。 最後に、ツヤ感の出る重めのバーム系のスタイリング剤を全体に馴染ませたら完成。 アイロンを巻き過ぎないようにすることがポイントです。 大人女子らしい華やかさをプラス!外ハネミックスのショートボブ 外ハネベースに内巻きのニュアンスが光るショートボブ。 ランダムな動きがこなれ感を演出して、大人かわいい雰囲気となっています。 また、コンパクトなシルエットで幼く見えやすいボブですが、ワイドなボリューム感をもたせることでぐっと華やかな印象に仕上がっています。 さらに、? 骨の高い位置に落ちるサイドバングをつくることで、小顔効果も望めます。 ナチュラルな透け感と束感がポイントのボブスタイルは、骨格補正ができるので丸顔さんにおすすめ。 面長さんや髪がペタンとしやすい人でも、外ハネと内巻きカールをミックスすることで横幅のボリュームが出て、バランスが取りやすい髪型です。 トップに角を落とす程度のレイヤーを入れます。 耳後ろなど毛量調整はしっかりめにして動きが出やすいようにします。 前髪は黒目と黒目を結ぶ三角ベースでつくり、幅が狭めのシースルーバングに。 カラーリングは、8レベルのブラウンベージュに。 赤みを抑えるためにベージュのニュアンスを加え、暖かみがありツヤっぽいナチュラルな印象を与えます。 所々に内巻きをミックスさせますが、外ハネ:内巻き=8:2がベストバランス。 スタイリング剤は、シャンプーをするように髪を動かしてカールをほぐしてからつけること。 スタイリング剤は、ツヤ感を与えサラっとした仕上りのオーガニック系やナチュラル系がおすすめです。 長め前髪でクールビューティ!大人ショートボブヘア サイドに厚みを残さず先細りに毛量調整をすることで、繊細で柔らかい髪の動きを表現。 また、ハイライトを入れることでも柔らかな印象をアップさせてくれます。 サイドへ流れるように繋がる長めの前髪が、クールな大人の女性を演出しながら目元を強調します。 耳にかければタイトにもキマるショートヘア。 直毛さんはパーマをかけると楽チンヘアに。 どんな人にも似合わせがOKなので、イメージチェンジを狙いたい人はぜひチャレンジして。 全体をレイヤーよりやや重さ髪の重なり襟足は首に沿わせるようにすっきりと。 後頭部にボリュームが出るよう、くびれとボリュームを絶妙なバランスで調整します。 毛先は先細りになるよう毛量調整。 カラーは11レベルのアッシュベージュに細めのハイライトを入れて柔らかさと動きをプラス。 25mmのロッドを使い、髪の長さに合わせてワンカール。 カールアイロン仕上げなら、26mmを使い内巻きにワンカール巻きます。 スタイリング剤は、ややセット力がありツヤを与えるバーム系ワックスをチョイス。 クシュっと髪を握るように塗布して、ふんわり仕上げたら完成です。 ハチ上に細かなハイライトを加え、程よい立体感を実現。 耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 《front》 マッシュフォルムでボリュームアップの柔らかショートボブ コロンと丸みのあるマッシュフォルムなら少なめの髪でもOK マッシュラインのベースを作ったら、丸みが出るようにレイヤーを。 斜めの眉上バングで適度な隙間をプラスし、子供っぽくなりすぎないように。 毛先を部分的にハネさせるのもコツ。 《back》 小顔になれる丸顔さん向けショートボブ ポイントはサイドの長さ!短すぎると顔の丸さが目立つので、耳たぶよりも5? 6cm程、長めに設定するのがポイントです。 サイドのみ、丸みはつけず先細りのシャープな毛束感に。 縦ラインが生まれ、短くてもスマートな印象に仕上がります。 \ここが Point/ もみあげを長めに残すのがポイント! 小顔になれる面長さん向けショートボブ ふんわり丸いマッシュフォルムのショートヘアが、顔の長さをカムフラします。 さらに、? にかかる毛束を丸くラウンドするようにカットし、輪郭にふわっと沿わせることで顔周りに丸さが加わり、均整のとれた小顔に出合えます! \ここが Point/ 丸みを帯びた毛束を? 周辺に作るのがポイント。 硬・太・多の三重苦さん向けショートボブ 難ありの髪質の上に直毛すぎる人におすすめなのが、束感を生かしたストレートボブ。 前髪や表面にレイヤーを入れて、ニュアンスのある束を。 スモーキーなカラーセレクトも決め手。 《back》 前髪なし!大人の女性らしい洗練ショートボブスタイル ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルな前髪なし+ショートボブ 収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。 毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。 顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。 カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。 ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。 前髪は、サイドよりやや短めにカット。 カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。 乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。 直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。 仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。 毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。 長め前髪がクール!大人の女性らしい洗練ショートボブ ボブでもなく、かといってショートでもないキレイめのショートボブ。 ボブの丸みと重たさ、ショートの短さのいいとこ取りをしたスタイルになっています。 全体的に重さを残したデザインですが、毛量調整をしっかりすることで、今っぽい抜け感や束感を表現しています。 長めバング&ダークトーンのカラーリングのコンビで、クールでかっこいいイメージに。 また、絶妙に計算されたカットにより、乾かすだけで内巻きになるので簡単スタイリングの楽チンヘアです。 あらゆる角度から見ても丸みのあるフォルムが上品な大人の女性らしさを演出。 バックのボリュームも自然と出るので、後頭部もふんわり仕上がります。 前髪も襟足と同様に、アゴラインでカットします。 全体にしっかり量感を調整して、束感をつくりやすくします。 カラーリングは、6レベルのダークアッシュに。 赤みがなく、暗めのカラーリングでクールな印象を与えてくれます。 さらに、センスアップするなら、32mm のアイロンで、前髪を顔の前に集めてワンカールさせて。 最後に、保湿力のあるヘアオイルを全体的に馴染ませて、艶っぽく仕上げたら完成です。 大人の品格が違う!シースルーバングのキレイめショートボブ リップラインの前髪で女性らしいシルエットのショートボブ。 大人かわいい雰囲気で、前髪とサイドをほんのり繋げてはいるものの、前髪として独立させているので長めでも重すぎない印象となっています。 また、耳に掛ける時のポイントは、全掛けするのではなく、薄めにルーズな毛束を残すこと。 S字カールに落ちる毛束が、シャレ感をプラスしながら、顔の輪郭と重なることで小顔効果を発揮。 大きめのアクセサリーも映えること間違いなしです。 美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れます。 前髪はリップラインで、薄めにカットします。 もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整をします。 カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。 赤みを抑えてツヤ感があり、秋色としておすすめのカラーです。 トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りになります。 前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。 スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。 どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成です。 ポイントはスライドカットでつくった長め前髪のニュアンスにあり。 男性でもこなせるデザインですが、透け感&束感といった表情をつくることで女性らしさや柔らかさを演出してくれます。 肌が透けて見えることで、甘過ぎもなく、クールにも寄り過ぎないシャレ感のある仕上がりに。 また、前髪なしなので顔を縦長に見せて丸顔もカバーしてくれます。 襟足は短いものの刈り上げない長さなので、スタイリッシュな印象に。 表面にレイヤーを入れて軽さを表現します。 前髪は鼻下の長さでカットし、全体的にスライドカットを施し透け感のある仕上がりに。 カラーは、トレンドである暖色系のウォームブラウンをチョイス。 透明感があり、柔らかい雰囲気に仕上がるカラーです。 乾いたら32mmのアイロンで髪が落ちる位置でワンカール。 前髪だけ、真上に引き出してワンカール巻くとふわっと動きのある仕上がりになります。 最後に、ツヤ感と束感をつくりやすいヘアバターを全体的に揉みこんだら完成です。 根元ふんわりの長めバングで女度アップ!ハンサムショートボブヘア ツヤ感とウェットな質感でちょっぴりセクシーな、最旬ハンサムショート。 重めのグラデーションがベースとなっているので、ショートでもカジュアルになり過ぎず、スタイリッシュなシャレ感のあるスタイルになっています。 直毛さんやアイロンが取れやすい人などはパーマをかけても。 根元のふんわり感が大人の女性らしさをプラスするショートボブスタイル。 トップにはレイヤーを入れて動きが出るようにします。 前髪はアゴのシャープなラインを強調するように、ほおの高い位置で長さを設定。 顔まわりには隠しレイヤーを入れて、顔のラインがキレイに見えるデザインに。 カラーリングは旬なオレンジベージュに染めます。 派手に見えがちのオレンジ系でも、品があり柔らかいイメージの色味です。 ノンパーマなら32mmのアイロンでさっと内巻きカールに。 顔まわりの髪を外ハネにすることで、動きと抜け感を演出します。 最後に、軽い質感のヘアオイルを毛先にクシュクシュっと揉み込んだらフィニッシュ。 ツヤ感と濡れ感のある質感に仕上げて今どきの表情に。 ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイルがこちら。 ショートにしたいけど顔まわりの長さは残すことで女らしさをキープし、日本人の骨格に合うひし形シルエットがオススメです。 襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。 長め前髪がスタイルの鍵となるショートボブは、レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。 サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。 毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。 カラーは、8レベルのセピアグレージュ。 ラベンダー+グレー+ベージュをミックスし、透明感があるニュートラルな色味です。 髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。 前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライします。 空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。 ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象になります。 ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。 エラ張りさん向け大人ショートボブ エラ張りさんは前髪を作らず輪郭をカバーしながら縦長に ワンレングスでやや前下がりにカット。 丸いシルエットにならないように内側を軽くし、表面もルーズな束感が出せるように調整。 全体に細く入れたハイライト効果で、立体感がさりげなくも際立つ。 《side》 丸顔さん向けお悩み解決ショートボブ チークラインをカバーする顔周りの動きで丸顔のお悩みを解決! 顔周りの髪もリップラインに合わせてカットし、軽くレイヤーを入れて頬骨が隠れるように流す。 硬くて量の多い髪質なので、細めのハイライトを加えて、抜け感のある陰影を表現。 《back》 絶壁をカムフラージュ!ふんわり大人のショートボブ 襟足を締めて後頭部を丸く! これで絶壁をカムフラージュ シャープにした襟足の上に、グラデーションカットで丸みを出した後頭部の髪をふんわりかぶせて横顔美人に。 顔周りの髪を波ウエーブにしているから、面長でもバランス良く見える。 《side》 40代にも似合う大ショートボブ 目元リバースバングが大人っぽい!色っぽショートボブ 目尻を隠しながらの外への広がりにほんのり色気を潜ませて 1. 根元をかきあげる 前髪は8:2の横分けに。 前髪の根元が起きるように、かきあげながらドライヤーの熱を当ててしっかりくせをつける。 アイロンで外流し 太めの38mmのアイロンを、前髪の毛先が自然に外はねになるように、ハーフカールさせながらスルッと滑らせる。 スプレーでキープ 毛先のカールをなじませてから、ツヤの出るハードスプレーを根元と毛先に軽くシュッ。 かきあげ? リバースをキープ。 カラーでツヤを!リップラインの大人ショートボブ シンプルなあごラインボブに遊びを加えているのは、ハイライトを施したツヤカラー。 全体に毛束を細く取ってトーンアップ し、上からラベンダーとブラウンを混ぜたカラーをオン。 光が当たったときに透けるため、髪をソフトに見せてくれる効果も。 《side》 《back》 センシュアルなショートボブ 《side》 《back》 キュっと小顔に見えるショートボブ \POINT 重心をあごラインにして デコルテすっきり / ストレートパーマをかけたロングボブを、おしゃれなショートボブへ。 横への膨らみを高い位置にすることで、顔がリフトUPして見える効果も。 表面が短くなるよう段を入れれば、乾かすだけでフェミニンな丸みが作れます。 透け感の出るアッシュカラーも魅力的。

次の

40代・大人の上品ショート&ショートボブの髪型◆15選|アラフォー世代のヘアカタログ

大人 の ショート ボブ

ショートのヘアカタログ。 大人こなれショート&ショートボブから丸顔さんにおすすめの小顔効果抜群ショート、40・50代にハマるショート、パーマスタイル、ベリーショートのヘアアレンジなどたっぷりとご紹介します。 ・サイドは、あごラインに沿うように前下がりに。 ・上部にはグラデーションを入れて丸みを強調。 ・前髪は目が隠れるくらい、下ろしながら流せる長さを残し、シースルーバングになるよう、内側を毛量調整。 ・カラーは、全体を10レベルのベージュでカラーリングした後、立体感を加える13レベルのイエローベージュでハイライトを重ねる。 ・ベージュは赤みを抑え、軽さと透明感を引き出す色。 ・ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れる。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 ・カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味。 ・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作る。 ・さらに、トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすく。 ・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。 ・ハイライトによりメリハリのある立体感と、髪が動いた時の透け感を演出する。 ・動きを出すために表面の長さは残しつつ、トップからレイヤーとグラデーションで繋ぐ。 ・前髪は、眉下くらいでカット。 ・8レベルのスモーキーマットアッシュは、寒色系でしっかり赤みを抑えながら柔らかいイメージに。 ・トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ・ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイル。 ・ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 ・カラーは、9レベルのシアーベージュ。 ・グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラー。 ・耳を全部見せず、耳たぶに毛がかかるくらいの長さが女っぽく見えるポイント。 ・襟足はすっきりカットし、トップのボリューム感を引き立てる。 ・前髪は目にかからない長さでカット。 ・フェースラインは曲線を描くようにマッシュラインにカット。 ・全体の低い位置にレイヤーを入れ、動きを出しやすくしつつトップの長さは残す。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・ショートは暗いと個性的に見えがちなので、ツヤのある暖色系カラーで軽さを演出。 ・トップと正面にレイヤーを入れ、丸さとふんわりした立体感を出しやすく。 ・襟足は長めに残さずすっきりさせ、丸いシルエットを強調。 ・また襟足はくびれさせるとクールに見えがちなので、丸みを出すグラデーションカットに。 ・前髪はかなり深めからフルバングで取り目の上ギリギリでカット。 ・サイド表面の毛流れと自然と繋げる。 ・カラーは8トーンのアッシュグレージュ。 ・落ち着いたカラーですが透明感があるので重たくなり過ぎず、ふんわりした質感を演出しやすい。 ・バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させる。 ・輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 ・カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 ・サイドはアゴラインに合わせた前下がりでカットして、バックは延長線上に繋げる。 ・トップには、ボリュームが出るようにレイヤーを入れ、中間はグラデーションで重みを出す。 ・襟足はすっきりまとまるようにカット。 ・カラーは、8レベルのブルーアッシュ。 ・退色してもキレイな色味が持続し、赤みを抑えてツヤと透明感をプラス。 ・輪郭は隠さず、思い切ってラインを出した方が丸顔をカバーできする。 ・トップにはレイヤーを入れて、襟足はタイトに。 ・レザー(カミソリ)でカットすることで、毛先がソフトな質感に。 ・カラーは、9トーンのフォギーベージュ。 ・ややくすみのあるベージュブラウンで、赤みを消しつつ、透明感のあるカラー。 首元に沿うようにレイヤーを入れ襟足はすっきりさせる。 ・後頭部は、横から見たとき鼻のラインでボリュームが出るようにグラデーションカットを。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りはエラが張った部分に毛先を落ちるようにカット。 ・耳の周りに毛束がたまると野暮ったく見えるので、耳が透けるくらいに軽くするとおしゃれな印象に。 ・トップには動きが出るようレイヤーを入れる。 ・前髪は目にかからないくらいの長さでカットし、自然にサイドに流れるよう毛量調整を。 ・カラーは10トーンのベージュブラウン。 ・赤みを抑えた柔らかなツヤの出るカラーで、毛束の動きを軽やかに見せる。 ・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていく。 ・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。 ・カラーは9トーンのフォギーアッシュ。 ・くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出。 ・前髪はリップラインからサイドに繋げてカット。 ・長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 ・トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなる。 ・カラーは9トーンのフォギーベージュ。 ・にごりのない透明感のあるカラーなので肌が健康的にキレイに見える。 ・また落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えない。 ・サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカット。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイント。 ・カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 ・程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出す。 ・表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれる。 ・前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットする。 ・カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 ・暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 ・バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せる。 ・顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 ・全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 ・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなる。 ・前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 ・カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ・表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 ・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残す。 ・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってシャープな毛流れになるようグラデーションカット。 ・表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作る。 ・正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 ・この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見える。 ・カラーは8トーンのブラウンベージュ。 ・好感度の高いツヤのある落ち着いたカラー。 ・短くても軽く見えず上品な印象に。 ・動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットする。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 ・赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできる。 ・襟足は短めにカットし、レイヤーを入れてキュッとタイトなシルエットに。 ・耳上はグラデーションでカットし、前髪からサイドにかけて重みを残す。 ・カラーは、6トーンのフォギーベージュ。 ・赤みを抑え、髪に柔らかい質感と透明感を与えるカラー。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカット。 ・後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見える。 ・襟足は首に沿うようにカット。 ・前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 ・顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作る。 ・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 ・落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えない。 ・サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 ・前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 ・カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 ・耳のすぐ前のサイドの毛束は長めにし、やや前下がりにカット。 ・前髪は耳かけができる頬にかかる長さでスライドカットし、自然とサイドに繋げる。 ・ショートのシルエットを丸くするため全体はグラデーションカットに。 ・トップをふんわりさせ、耳周りにはニュアンスが出やすくなるようレイヤーもプラス。 ・カラーは7トーンのブラウンベージュ。 ・ツヤがしっかり出るカラーで、落ち着いた大人の雰囲気を出す。 ・そこからサイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカット。 ・トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットを。 ・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。 ・赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。 ・ファッションやメイクをジャマしない落ち着いたカラーですが、透け感があるので重たく見えない。 ・あごと耳下の延長線上にボリュームがくるようにカットすると、丸いシルエットを作りやすい。 ・また襟足をタイトに作ることも後頭部を丸く見せるポイント。 ・ふわっとした立体感を作りやすくするため、表面に軽くレイヤーを入れる。 ・前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 ・カラーは11トーンのシナモンベージュ。 ・退色してもギラつかないやや明るめのカラーで、女性らしい柔らかさをプラスする。 ・目の下でカットし、サイドは耳下までラウンドカット。 ・フェースラインを包むように毛束はやや長めに残す。 ・後頭部は丸みが出るようにグラデーションカット、重さを残すのが女っぽく見せるカギ。 ・トップを動かしやすくするよう、ハチ上にレイヤーを入れる。 ・カラーは8トーンのオリーブアッシュ。 ・毛先全体に28mmの細めのロッドで、平巻き1. 25回転のパーマを。 ・ドライヤーで根元からしっかり乾かし、顔周りの毛束は後ろから前に向かってフェースラインを包むように流してスタイリング。 ・軽めのワックスを毛先全体にもみ込み、さらにところどころ毛先をラフに動かせば完成。 ・顔周りは鼻ラインでカットし、前髪の中央は薄めに取り目の上ギリギリでカット。 ・後頭部は裾が丸いシルエットになるようグラデーションカットに。 ・カラーは7トーンのカシスブラウン。 ピンク系のカラーは最近のトレンドです。 ・ツヤがしっかり出つつ、どんな肌色もきれいに見せる。 ・24㎜のロッドでバックを上から3段、サイドを上から2段に分け、それぞれ平巻きパーマをかける。 ・顔周りは毛先が軽くリバースになるようパーマをプラス。 ・スタイリングは、乾かすときトップの毛束は持ち上げるように乾かし、サイドは後頭部に向かって流すように乾かす。 ・パーマは乾燥しやすいので、仕上げにオイルをもみ込んでツヤを与えつつふわっとした束感を作れば完成。 ・耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 ・低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 ・レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風にすることで今っぽい仕上がりに。 ・表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて。 ・ワンカール以上の動きが出るように巻くと猫っ毛でもボリュームが出やすくなる。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 ・落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 ・パーマの軽やかさとカラーの落ち着き効果で、どんなシーンでもサラッと決まるスタイルが完成。 ベリーショートヘアでも簡単!アレンジテク 大人っぽ前髪アレンジ 【使用アイテム】 ザ・プロダクト|ヘアワックス 42g ¥1,980 【How to】 <STEP1> ・大豆ひと粒分のワックスを、両手によく伸ばしてから、前髪を持ち上げるようにしっかり揉み込む。 <STEP2> ・前髪をざっくりと7:3分けにして、7側の髪を上向きにねじる。 ・その際、生え際の髪を少し残しておくと、こなれた印象に。 <STEP3> ・ねじった前髪の毛先近くをアメピンで固定。 ・コーディネートに合わせて、カジュアルな日はカラータイプを、フェミニンな日は黒いアメピンを選ぶのがおすすめ。 <STEP4> ・逆サイドの髪は、こめかみ上で内側にねじってアメピンで固定。 ・同様に生え際の髪を少し残しておく。 <STEP5> ・仕上げにトップ部分を少し引き出してねじり目をゆるませる。 ・高さとルーズ感を出すことで、こなれた感がアップ。 完成! ピンを使っておしゃれにアレンジ 【使用アイテム】 ミルボン|ニゼル ジェリー M 90g ¥1,800(サロン専売品) 【How to】 <STEP1> ・ワンプッシュ分のジェルを手に広げ、フロントから髪をかきあげるようにしながら全体になじませる。 <STEP2> ・9:1の横分けにして、髪が多い方はかきあげながらふんわり、少ない方はタイトに押さえてピンを飾る。 完成! スタイリッシュに!アシメシルエットアレンジ 【How to】 <STEP1> ・トップの根元に、コームで逆毛を作る。 ・前髪を横分けにし、逆毛の上からふわっとかぶせて立体感を演出。 <STEP2> ・少ない方のサイドの髪をタイトに押さえてピン留め。 ・逆サイドはボリュームを出してメリハリシルエットに。 完成! *価格はすべて税抜きです。

次の