サーガ ブレイヴ 2 話。 バトルスピリッツ ブレイヴ

「バトルスピリッツ サーガブレイヴ 2話」史上最高の2話

サーガ ブレイヴ 2 話

大丈夫な方はブログの続きをどうぞ。 わたくしテイクもバトラーの端くれとして一言いうならば、手札に来た絶甲氷盾はバーストセットした方が良かったんじゃないかな?とは思いました笑。 まぁ、勝ったから結果オーライです!!バトルに勝利し敵の侵攻を食い止めました。 そしてその後、弾と再会するも素直になれず仲良く接することができませんでした。 絶体絶命のピンチ!そんな時、赤の光主「馬神 弾」が現れるのです。 かっこいい、、、、。 「ゲートオープン、界放!」(このセリフを作った人、偉大すぎません?) バトルではダン側の「メテオヴルム」「グランシャリオ」「クアポロドラゴン」「サジットヴルム・ノヴァ」などが活躍。 あと、「リミテッドバリア」はやっぱ強い。 アニメのバトスピのスピリット同士のバトルシーンは迫力があって良いですね! これぞバトスピのアニメって感じがします。 あと、そろそろラさんにも活躍の場を……笑。 12宮Xレアのサッポロとレオが敵の使うカードとして登場したので、活躍が見れなかったのは少し残念です…。 ) 他にも見どころがたくさんあるので皆さんも一度観てはいかかでしょうか? カードゲームのアニメですが根幹にあるテーマは大人も考えさせられると思います。

次の

マザーコアよ、俺が光主だ!【バトルスピリッツ少年激覇ダン アニメ感想】

サーガ ブレイヴ 2 話

」を観ました。 異界王とダンの最終決戦です…。 そして同時に涙が…。 このときの約束はしっかり果たされるんです。 反則だよ。 ただでさえ20歳になって涙腺がゆるくなってるのに…泣くしかないよ…。 アニメ• provided courtesy of スピリットの能力についても簡単にご説明~ ガイアスラの絶望感は相変わらずハンパないですね、BP30000って笑 バトスピ史上初めてLv4とBP30000という大台に乗ったスピリットです 今じゃ当たり前くらいのBPですが、当時は主人公たちのキースピリットのノヴァやでさえ最高BP15000ですからね…。 ノヴァvsガイアスラの直接対決ではノヴァも負けてしまいます。 その力はまさにラスボスの切り札にふさわしいですね。 あと、地味に「超覚醒」の効果がめんどくさいんです。 フラッシュで自分の他のスピリットからコアを貰うことで回復できるのです。 さらに、ネクサス「星創られし場所」の効果で「激突」 相手は可能ならばブロックする を与えられたことでめちゃくちゃ暴れます笑。 さらにガイアスラとのバトルに負けたスピリットのコアはボイドに行くので、使えるコアが少なくなるのです。 マジでやめてくれ…って思います。 バトスピってコアがないと本当に何も出来ないんですよ。 これにより、ダンが仲間たちから託されたXレアたちが無残に倒されていきます…。 しかし、なんとかマジック「ブウォール」のおかげでライフは1しか減らされず命拾いします。 でも、ライフは残り1つ…。 そして、運命のラストターン。

次の

『バトルスピリッツ サーガブレイヴ』第3話「永遠のキズナ」感想 過去を糧に、それぞれの想いを胸に、今なお2人は未来へ歩み続けている。

サーガ ブレイヴ 2 話

感想の前に… 以前、第2話Aパートの先行上映会イベントに参加した際の感想を記事にしました。 これが急にアクセス数伸びたのでびっくり。 どうやら感想を検索すると候補に表示された模様。 うーんでも感想書いたのはちょっとだけだし、そもそも前半パートしか見てないし。 たぶん記事を見てくれた方は「これじゃない」と思われた事でしょう。 このような形で候補に挙がるとは思ってなかったので…。 第2話の感想を目当てに足をお運びになった方々、本当にごめんなさい。 しかし、乗りかかった船と言いますか、せっかく上映会の感想も書き、第2話にも少し触れていたので、ここでまとめてもいいかなと思い、キーボードを叩く事にしました。 以下、感想をつらつらと。 「憧れ」が「執念」へ、戦士ズングリーの苦悩 赤の世界を背負っての戦いを繰り広げていたズングリー。 しかしバトルを見る限りだと、常にギリギリだったようです。 防御札の割合が多いのは、ズングリーの「負けられない」という責任感の表れ、という感想を目にして納得。 考えた人凄い…。 やっぱ強い人ってのは、デッキの構成見るだけでその人の性格とか分かっちゃうんですかね。 凄いな…。 ズングリーも、きっとスタートは「弾のように戦いたい」だったと思うんですよ。 一緒に過ごした日々を思い浮かべながら、弾に追いつきたいという「憧れ」が彼を戦いへと突き動かした。 1ターン目でいきなりクヴルムを召喚しようとした彼が、基本を覚え、戦い方を学び、そして自ら戦略を練るようになった。 全ては、約束したあの日の為に。 無我夢中で背中を追い続けていく内に、いつしか世界を背負う1人の戦士へと成長。 しかし世間は残酷というか、夢見る青年の心にはひどく重いものを背負わせます。 守られる側はいち青年の成長過程を喜びたいのではなく、圧倒的な強さをもって、安心して守られたいのです。 故に実力がまだ伴わない未熟な戦士の陰で、「激突王なら」と前任者との実力差を比較し、嘆きます。 その嘆きは、まだ幼さが残る若き心を、ゆっくりと、しかし確実に、苦しめていく。 ダンさんの戦い方は、マジックの使い方を示すだけではなく、「負けない事」に執念を燃やしていたズングリーに対して、様々な「可能性」を示してくれていたようにも感じました。 マギサ様からズングリーの事を聞いたダンさん。 再会した時の態度からも、ズングリーが精神的に追い詰められている事は、察しがついたのではないかと思います。 今を悩める旧友を心配しないダンさんでは無いはず。 グラン・ロロや未来を戦い抜いてきた自分にできる事を考えたダンさんは、様々な戦い方や考え方、在り方がある事を伝えたかったのではないでしょうか。 言葉ではなく、バトルを通して伝えようとするのが、ダンさんらしいというか(笑) 弾の陰に悩まされていたズングリーに対して、「色んなやり方、考え方がある」「道は1つではない」という事をバトルで示しつつ、戦いの後の「オイラでいいよ」の台詞に「自分らしくある事」の大切さを伝えたかったようにも思えて、ダンさんのどこまでも深い仲間愛に、心打たれました。 これも余談ですが、『サーガブレイヴ』のおかげで、カードゲームそのもののモチベーションが上がってるんですよね。 スピリット達が動く様をアニメで見るのは、やはり良いものです。 ちょっと茶化しましたが、これからもバトスピのアニメが作られる事を、切に願っています。 感情の波が凄すぎて、文章のテイスト重めに仕上げました。 よろしければ。 BD、発売!! BDの発売も決まりましたね。 私も発売決定前から予約していたので、とりあえず安心です。 真面目な話、アニメの続編を望む人がいらっしゃったら、購入をご検討される事をお勧め致します。 前述した記事にも記載しましたが、BDの売れ行き次第では続編も考えると監督が明言されていますので、ぜひ。 第3章、発売! 話は変わりますが『全知全能』、私も購入しました。 結果はこちら。 3箱 — まるマッコリ makkori04155 「造兵」の構築を考えていたので、1枚でも来てくれたのはありがたい。 再録Xの方は…。 うーんなんとも言い難し(笑)。 BSロゴかっこいいよね(白目)。 ボックス購入特典ではダンさんが揃ったので、私もやっと光導で遊べます。 どんな構築にしようかな…。 やっぱリブラかな…。 悩ましいところです。 新弾造兵の足りない部分はなんとか集めるとして、新環境を楽しんでいきたいと思います。 待っててくれ!造兵達!!.

次の