アイフォン 11 ケース おすすめ。 おすすめアイフォン 11 Proケース!おしゃれで可愛い人気のアイフォン11 Proケース

おすすめiPhone11ケース/カバーの人気ランキング30選【2020年最新】

アイフォン 11 ケース おすすめ

スリムで強度の高いアラミド繊維やカーボン繊維のケース一例(画像はAmazon. jp) スリムかつ強度を求めるなら、おすすめの素材はカーボンやアラミド繊維。 カーボンは、鉄より75%も軽いのに、強度は10倍。 アラミド繊維はそれよりもさらに軽く、鉄の20%程度、強度は5倍も軽くてスリム。 丈夫さを兼ね備えたこれらの素材を使ったケースなら、iPhoneのスリムさを損なうことなく、傷からも守ってくれるはずです。 iPhone 11 Pro用ケース カバータイプは「フィルムに干渉しない設計」で選ぶ iPhone用ケースにはディスプレイもカバーする手帳型という手段もありますが、 片手でiPhoneを操作したい、カバーを開くという手間が面倒に感じる、という場合は背面のみを保護するカバータイプやジャケットタイプのケースがおすすめ。 写真を多く撮る人もそうでしょう。 ディスプレイ側も保護したいなら、手帳型一択というわけでも。 ただし、ガラスフィルムによってはケースと干渉することもあるので、ケースを選ぶ際は慎重に その場合にディスプレイを保護するには、ガラスフィルムを併用するのが良いでしょう。 その際、フィルムとケースが干渉してしまうと、フィルムの浮いたところからホコリが入り込み、傷の原因に。 使いたいフィルムが干渉しないようなものを選びましょう。 iPhone 11 Pro用ケース選び 「プラスワンの機能で」使い勝手を広げる iPhoneのApple Walletを使えば、コンビニなどで買い物もできます。 が、キャッシュレスなら別のICカードやクレジットカードを使いたいという方も多いでしょう。 また現金が必要な場面はまだまだ多いですし、何かあったときのための身分証明となる運転免許証なども持ち歩きたいところ。 交通系ICカード派にうれしい、カード収納型ケース。 透けて見えないタイプなら、Apple Payを使っているように見えるかも そこで、 ポケットやカードスロットがあってちょっとしたお財布代わりになるケースなら、iPhoneひとつ持ってのお出かけも安心です。 また、動画閲覧に便利なスタンド付きタイプや、手から滑り落ちる不安をなくすストラップホール付きタイプ、まさかのバッテリー切れに備えたパッテリー一体型など、プラスワンの機能があるケースを使うと、iPhone活用の幅がもっと広がります。 ケース本体の 厚さは約0. 7ミリ。 重さも約10グラムで、着けていることを忘れそう。 とはいえ、鉄の5倍の強度を誇るアラミド繊維でできているので、鋭利な金属が当たったり、アスファルト舗装に落としたりしても、iPhone本体を傷つけることはありません。 ディスプレイ側は、同じメーカーで出している「BUMPER GLASS for iPhone 11 Pro」であれば、干渉することなく、全方位をしっかり守れます。 少し硬さのある素材感ですが、四隅にあるごく小さな切込みのおかげで着脱も簡単。 ハードケースにありがちな、装着時のiPhone本体の損傷や、取り外す際に爪が割れてしまうかもしれないという不安を感じることなく使えます。 直販サイトDeff Direct Storeでの価格は6600円(税込、以下同)です。 手帳型ですが、ディスプレイ側にカバーはなく、裏側フリップに機能を集約。 3つのポケットには、交通系ICカードや名刺、クレジットカードや数枚のお札などを入れておけます。

次の

iPhone11ケース迷ったらこれ!人気ブランドやカラー・手帳型を厳選

アイフォン 11 ケース おすすめ

iPhone本体に装着することで充電可能な携帯性に優れたアイテム「iPhone用バッテリーケース」。 AppleやLOOFといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品が本当に優秀なのか気になりませんか? そこで今回は、 Amazon・楽天・価格. com・Yahoo! ショッピング などの売れ筋上位のiPhone用バッテリーケース 11商品を全て購入し、最もおすすめな iPhone用バッテリーケース はどれか、検証して決定したいと思います! mybest編集部が全ての商品を実際に使用してみて、以下3点の比較・検証をしました。 実用量• 持ちやすさ• 使用感・機能性 果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね! バッテリーケースを選ぶ際には、電気用品安全法の基準を満たした電化製品に付けられる 「PSEマーク」がついているかどうかを確認しましょう。 近年モバイルバッテリーなどの使用による事故が多発していることを受け、2018年2月1日から電気用品安全法の規制対象に「ポータブルリチウムイオン蓄電池」が追加されることに。 そして 2019年2月1日以降、PSEマークが付いていないポータブルリチウムイオン蓄電池の製造・輸入・販売ができなくなりました。 バッテリーケースのほとんどがリチウムイオン電池を使用しているため、もし PSEマークなしの商品が販売されていたとしても、安全性・信頼性に欠ける商品である可能性が非常に高いため購入を避けましょう。 なお、 2019年1月31日以前に購入したPSEマークのない ポータブルリチウムイオン蓄電池 は引き続き使用してOKです。 ただし、フリマアプリやネットオークションではPSEマークのないポータブルリチウムイオン蓄電池の出品が禁止されているため、不必要になった場合は自分で破棄するようにしましょう。 iPhone用バッテリーケースを選ぶ際に最も重要なポイントがバッテリー容量です。 小さいものだと2000mAh、大きいものだと7000mAhと、様々な容量のバッテリーケースが販売されています。 5000mAhあれば、 iPhone11 Pro Max以外であれば 1回程度フル充電できるので、目安として覚えておきましょう。 容量が大きいほどiPhoneの充電の持ちが長くなります。 ただし、バッテリー容量とバッテリーケースのサイズはトレードオフの関係になっており、 容量が大きければその分ケース も重たくなる傾向があります。 長時間iPhoneを使うのであれば容量の大きなバッテリーケースを選びたいところですが、あまりに分厚い・重たいものだと使いにくさを感じてしまうことも。 バッテリー容量と重量のバランスを考慮して選ぶようにしてください。 なるべく持ちやすいバッテリーケースを選びましょう。 軽くて薄く、滑りにくい素材のものがベストです。 iPhone本体の重さにバッテリーケースの重さも加わることになるため、 あまり重すぎるものだと持ちながら操作しづらくなってしまいます。 バッテリーケースの重量は軽いものだと70g程度ですが、重いものだと140g程度あるものも。 特に 120g以上になってくるとかなり重たく感じてしまうので注意しましょう。 バッテリーケースの形状・素材も大切なポイントです。 分厚くてツルツルとした素材を使用しているものだと、片手で操作しづらくなるため不便。 滑りにくくグリップ感があるシリコン素材、またはマット加工が施されている素材が望ましいです。 また、落下防止リング付きのものを選べばさらに安定感が増すのでおすすめです。 今回検証した商品• KOOSERA|バッテリー内蔵ケース 4000mah• BeeFix |バッテリー内蔵ケース 5000mAh• Apple |iPhone7 スマートバッテリーケース• VAVACO|バッテリー内蔵ケース 4000mAh• WELUV|バッテリー内蔵ケース 3000mAh• LOOF|バッテリー内蔵ケース 5000mAh• TECHY|スリムバッテリーケース 3500mah• ALEVE|ケース型バッテリー 2500mAh• Loacy|バッテリー内蔵ケース 2500mAh• Dozzi|バッテリー内蔵ケース 5000mAh ケースの一部が着脱式になっているタイプや、ケース上部からスライドしてはめ込むタイプが断然おすすめ。 バッテリーケース内部のライトニングコネクタをスムーズにiPhoneに挿すことができるので着脱しやすいです。 iPhoneの四隅をバッテリーケースの四隅にピッタリ合わせてはめ込むタイプだと、 斜めに傾けた状態のiPhoneをライトニングコネクタに挿し込む必要があるため、ライトニングコネクタに大きな負荷がかかってしまいます。 また、外す際はiPhoneを無理矢理押し出すようにしてバッテリーケースとの隙間を作る必要があるため、指を痛めてしまいました。 実際、 iPhoneをケースにはめ込むタイプだった 「Dozzi|バッテリー内蔵ケース 5000mAh」は、ライトニングコネクタ部分がすぐに折れて使い物にならなくなってしまったので、要注意です。

次の

頑丈さは男らしさ!人気・おすすめの耐衝撃iPhoneケースまとめ

アイフォン 11 ケース おすすめ

スリムで強度の高いアラミド繊維やカーボン繊維のケース一例(画像はAmazon. jp) スリムかつ強度を求めるなら、おすすめの素材はカーボンやアラミド繊維。 カーボンは、鉄より75%も軽いのに、強度は10倍。 アラミド繊維はそれよりもさらに軽く、鉄の20%程度、強度は5倍も軽くてスリム。 丈夫さを兼ね備えたこれらの素材を使ったケースなら、iPhoneのスリムさを損なうことなく、傷からも守ってくれるはずです。 iPhone 11 Pro用ケース カバータイプは「フィルムに干渉しない設計」で選ぶ iPhone用ケースにはディスプレイもカバーする手帳型という手段もありますが、 片手でiPhoneを操作したい、カバーを開くという手間が面倒に感じる、という場合は背面のみを保護するカバータイプやジャケットタイプのケースがおすすめ。 写真を多く撮る人もそうでしょう。 ディスプレイ側も保護したいなら、手帳型一択というわけでも。 ただし、ガラスフィルムによってはケースと干渉することもあるので、ケースを選ぶ際は慎重に その場合にディスプレイを保護するには、ガラスフィルムを併用するのが良いでしょう。 その際、フィルムとケースが干渉してしまうと、フィルムの浮いたところからホコリが入り込み、傷の原因に。 使いたいフィルムが干渉しないようなものを選びましょう。 iPhone 11 Pro用ケース選び 「プラスワンの機能で」使い勝手を広げる iPhoneのApple Walletを使えば、コンビニなどで買い物もできます。 が、キャッシュレスなら別のICカードやクレジットカードを使いたいという方も多いでしょう。 また現金が必要な場面はまだまだ多いですし、何かあったときのための身分証明となる運転免許証なども持ち歩きたいところ。 交通系ICカード派にうれしい、カード収納型ケース。 透けて見えないタイプなら、Apple Payを使っているように見えるかも そこで、 ポケットやカードスロットがあってちょっとしたお財布代わりになるケースなら、iPhoneひとつ持ってのお出かけも安心です。 また、動画閲覧に便利なスタンド付きタイプや、手から滑り落ちる不安をなくすストラップホール付きタイプ、まさかのバッテリー切れに備えたパッテリー一体型など、プラスワンの機能があるケースを使うと、iPhone活用の幅がもっと広がります。 ケース本体の 厚さは約0. 7ミリ。 重さも約10グラムで、着けていることを忘れそう。 とはいえ、鉄の5倍の強度を誇るアラミド繊維でできているので、鋭利な金属が当たったり、アスファルト舗装に落としたりしても、iPhone本体を傷つけることはありません。 ディスプレイ側は、同じメーカーで出している「BUMPER GLASS for iPhone 11 Pro」であれば、干渉することなく、全方位をしっかり守れます。 少し硬さのある素材感ですが、四隅にあるごく小さな切込みのおかげで着脱も簡単。 ハードケースにありがちな、装着時のiPhone本体の損傷や、取り外す際に爪が割れてしまうかもしれないという不安を感じることなく使えます。 直販サイトDeff Direct Storeでの価格は6600円(税込、以下同)です。 手帳型ですが、ディスプレイ側にカバーはなく、裏側フリップに機能を集約。 3つのポケットには、交通系ICカードや名刺、クレジットカードや数枚のお札などを入れておけます。

次の