ほっかほっか亭 ほっともっと。 「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の味や会社の違いを比較してみた。

【2020年7月最新版】人気の弁当チェーンのキャッシュレス対応状況(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)

ほっかほっか亭 ほっともっと

添加物など無視して下さい。 取るに足らない些細な話です。 毎日一生涯食べ続けても問題の無いレベルでしか使用が認められていません。 その様なものを心配したところで、効果が無く徒労です。 それよりも遙かに健康に与える影響が大きいのが、 栄養バランス、カロリーといった基本的な項目です。 コンビニ弁当、ホカ弁、カップ麺、ハンバーガーだろうが、 一日や一週間単位のトータルで適切なバランスを保てていれば問題ありません。 例えば、ハンバーガーにトマト一つ加えるだけで、 やや脂質が多いものの、かなり健康的な食事になるそうです。 コンビニ弁当の場合、 モノによっては、カロリーや塩分に注意が必要かもしれませんね。 一方で大変便利ですから、上手く利用した者勝ちだと思います。 時間だって、健康と同じくらい大切なものですからね。 ヘンな噂に惑わされ、本当に大事なことを見失って、 却って健康を損ねる事のない様に注意したいものです。

次の

ほっかほっか亭とほっともっと、因縁のライバルが混戦の弁当宅配事業参入で再び激突

ほっかほっか亭 ほっともっと

2008年05月20日 18時11分 「ほっかほっか亭」「ほっともっと」「本家かまどや」、持ち帰り弁当チェーン店三つ巴レビュー 持ち帰り弁当チェーンはこれまで「ほっかほっか亭」が最大手で「 」がそれに続いていましたが、ほっかほっか亭の分裂により最大手は「本家かまどや」になり、続いて「 」、「 」という形になりました。 一部では「 弁当三国志」などとも称されているこの3社の争い、GIGAZINE編集部の周辺にはほっかほっか亭と本家かまどやはあってもほっともっとが無いため惜しいと思っていたのですが、5月20日 火 に したので、これ幸いと3社の弁当を買ってきて比べてみることにしました。 弁当三国志を制するのはどこの弁当チェーン店なのか、比較レビューは以下から。 比較に用いたのは「のり弁当」と「から揚げ弁当」。 これはどのチェーンでもほぼ同内容のものが発売されていて比較が容易だったため選びました。 「ほっかほっか亭」や「ほっともっと」ではのり弁当といっても「得のり弁当」「のり弁当」「のりタルタル弁当」「特のりタル弁当」「のり唐揚弁当」「のりスペシャル」と複数の種類が発売されていたため、白身魚のフライとちくわの天ぷらがのっていてタルタルソースのついていないものを買ってきました。 奥がから揚げ弁当、手前がのり弁当で、左から本家かまどや、ほっかほっか亭、ほっともっとの順に並んでいます。 まずはほっかほっか亭の「得のり弁当」290円。 「のり弁当」だとタルタルソースがついて350円になります。 ご飯の上にのっているのは白身魚のフライとちくわ天で、漬け物などはごはんとは区切られたスペースに盛られています。 のりの下にはおかか。 重さは374グラム。 続いて、ほっともっとの「のり弁当」290円。 こちらはご飯の上にフライ、ちくわ天、きんぴら、漬け物がすべてのっかっています。 重さは396グラム。 本家かまどやののり弁当、320円と少し高い。 ご飯の上にはのりだけ、フライなどのおかずはすべて別スペースに。 重さは384グラム。 値段も重さも具もほとんど同じ3品で、大きく異なっているのは盛りつけ方。 ほっともっとはすべての具をごはんの上にのせており、きんぴらや漬け物とご飯を一緒に食べやすい反面、漬け物が嫌いな人には不親切な設計かも。 かまどやはおかずが別になっていてむちゃくちゃボリュームがあるように見えますが、量としては他と同じぐらい。 味付けにも大きな差はなく、3社とも引き分けといった感じ。 次はからあげ弁当。 ほっかほっか亭のものはからあげが5つで480円。 ゆずしょうゆがついてきました。 ほっともっとはからあげが4つ、430円。 から揚げスパイス 塩コショウ とレモン果汁が別添。 からあげ5つのかまどや。 ここはご飯とおかずが一緒になっていました。 460円。 3つを並べてみた。 左上がほっともっと、右上がほっかほっか亭、手前がかまどや。 からあげ部分を比較。 左からほっともっと、ほっかほっか亭、かまどやのからあげ。 大きさが小、中、大と弁当屋によって全然違う。 ごはん部分。 ほっともっとだけは白ご飯で、他2店では梅干しとゴマ有り。 ほっかほっか亭のごはん、242グラム。 ほっともっとのごはん、253グラム。 かまどやのごはんは306グラム。 価格が微妙に異なるのですが、から揚げのサイズと比例しているわけではないようです。 比べてわかるのはかまどやのから揚げの大きさ。 他店のからあげ2つ分はあろうかという巨大なものが入っていて、しかもかなりジューシーでおいしい。 ご飯も多くてコストパフォーマンスに優れており、間違いなくこれがナンバーワン。 ほっかほっか亭とほっともっとでは50円の差があり、からあげも1個差があります。 ほっかほっか亭のからあげは中サイズでニンニクの効いたものなのに対し、ほっともっとはサイズは小さめで油分も少なめなさっぱりしたものになっています。 残念ながらこの勝負はかまどやが制した感があります。 まとめるとこうなります。

次の

「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」の違いを教えてください。

ほっかほっか亭 ほっともっと

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 人気のお弁当チェーン(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 【2020年7月最新版】 もくじ• ほっともっと 全国に2700店舗以上ある「ほっともっと」。 お弁当チェーンでは業界1位の規模。 ほっともっとのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ほぼ使えません。 ネット注文「Netto Motto」では利用できます。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネーや楽天Edyが使えます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica,楽天Edy)が利用できます。 一部の店舗でPayPayが利用できるようになりました。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 クレジットカードも電子マネーも、使えるのは一部の店舗だけです。 ネットでの予約注文「Netto Motto」を利用してクレジット払いをするのが一番一般的なキャッシュレス手段です。 なお、ほっともっと独自のサービス「My Hotto Motto」を使うことにより、独自のHM電子マネーを利用できます。 ほっともっとについては、以下の記事でも紹介しています。 惣菜の量り売りが特徴です。 オリジン弁当のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード イオン・マックスバリュー内の店舗、キッチンオリジンでは使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 電子マネー WAONが使えます。 店舗によっては交通系電子マネー(Suica・PASMO)が使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 QR決済 スマホ決済 イオン・マックスバリュー・ダイエー・カスミ以外の店舗ではPayPayが使えます。 Suicaが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica)が利用できます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 イオン系列なのでWAONの導入は済んでいます。 電子マネー・PayPayは一部導入されているので、今後本格的なキャッシュレス化が期待できます。 ほっかほっか亭のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 店舗によって利用できます。 電子マネー 店舗によって交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん) , nanaco ,楽天E dy ,WAON,iD,QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗では、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica,nanaco,楽天Edy, WAON,iD,QUICPay)が利用できます。 一部店舗を除き、PayPay、メルペイ、LINE Pay、au PAY、楽天ペイ、d払い、AlipayとWeChat Payが利用できます。 ほっかほっか亭はQRコード決済の導入が進んで、キャッシュレス化が完璧になりつつあります。 昭和53年に1号店をオープンしており、日本のほか弁チェーンの先駆け的存在です。 クレジットカード 利用できません。 電子マネー 利用できません。 QR決済 スマホ決済 一部店舗でPayPayが利用できます。 日本亭のキャッシュレス化は遅れていましたが、近年はQR決済導入の動きもあります。 外食産業チェーンは今後、キャッシュレス化を余儀なくされていくことが考えられます。 海外からの観光客にも人気の弁当チェーンはキャッシュレス化が期待される分野です。 なお、どの店舗も公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。 電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

次の