パラシクロピル。 バラシクロビル錠500mg「サワイ」

【医師監修】抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビルとバラシクロビルの特徴は?

パラシクロピル

本記事では、抗ウィルス薬であるバルトレックスの特徴とその入手方法などをまとめていきます。 バルトレックスは、性器ヘルペスをはじめとするさまざまなヘルペスウィルスの感染症に効果があります。 性器ヘルペス感染症の治療のためには、1回500mgを1日2回の服用となります。 また、性器ヘルペスの再発抑制のためには、1回500mgを1日1回の服用となります。 バルトレックスを正規ルートで入手するためには、街中のクリニックを訪れ専門医に処方せんを書いてもらう必要があります。 また、保険証の提示もしなければなりません。 これを回避し、 家族・会社バレを防ぎ、コストや手間を省く方法としては、海外通販サイトを利用しての個人輸入があります。 再発に備えてバルトレックスを常備している方の多くが海外通販サイトで入手しているようです。 バルトレックス(バラシクロビル)とは? バルトレックス(バラシクロビル)はイギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社が製造・販売をする抗ウィルス薬です。 ヘルペスウィルスの増殖を抑える効果があることで知られています。 当然のことながら、 バルトレックスは性病である性器ヘルペスウィルス感染症の治療にも使われます。 性器ヘルペスは日本国内ではメジャーな性病のひとつとなっています。 全国で毎年9000人前後が新たに性器ヘルペスを発症しているとのことです。 この性器ヘルペスの治療薬であるバルトレックスは、医療用医薬品です。 つまり、医師の処方せんがないと手にすることは出来ない医薬品であるということです。 しかし、以下のような理由からクリニックを避けたい方もいるでしょう。 「クリニックに行く時間がない」 「保険証を提示して会社や家族に性器ヘルペスがバレたくない」 このような方におすすめなのが、 海外通販を利用して海外製のバルトレックスを個人輸入する方法です。 処方せんなしで日本国内で流通しているバルトレックスと同様の効果をもつものを入手できます。 バルトレックス(バラシクロビル)の効果 本サイトは性病に関する情報を発信しているサイトであるため、本記事でも性器ヘルペスの治療薬としてバルトレックスを紹介します。 しかし、バルトレックスの効果は何も性器ヘルペスに限ったものではありません。 バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、ヘルペスウィルスが原因である以下の感染症にも効果を発揮します。 単純疱疹• 帯状疱疹• 水ぼうそう• 口唇ヘルペス バルトレックスの効果は感染してしまったヘルペスウィルスの増殖を抑えるというものです。 この バルトレックスの抗ウィルス効果は類似の効果を持つ医薬品よりも強力です。 ゾビラックスなど同様の用途に使用される医薬品と比べると摂取頻度も摂取用量も少なくてすみます。 バルトレックスは認可されてから20年近くが経過する医薬品ではありますが、今でもヘルペスウィルス感染症の治療薬として第一線で活躍しているお薬です。 バルトレックス(バラシクロビル)の特徴 バルトレックスに限らずあらゆる抗ウィルス薬に言えることですが、性器ヘルペス感染症を完治させることは出来ません。 あくまでバルトレックスは感染したウィルスの増殖をおさえ、症状を緩和させることが出来るのみです。 神経のなかに取り込まれてしまったヘルペスのウィルスのDNAは除去できません。 そのため、表面的には治ったように思えても、身体の抵抗力が弱まったときには再発してしまうのが性器ヘルペス感染症です。 そのような状況にあって、 性器ヘルペスの再発を予防する意味で処方される抗ウィルス薬はバルトレックスのみとなっています。 抗ウィルス薬は多くありますが、性器ヘルペスの発症抑制の効果が認められ保険が適用されるのはバルトレックスだけということですね。 性器ヘルペスウィルスを完全に除去することはかないませんが、再発のリスクを少なくすることのできる医薬品がバルトレックスとなります。

次の

バラシクロビル

パラシクロピル

副作用 成人を対象とした場合の主な副作用は、腹部不快感、頭痛等です。 小児を対象とした場合の主な副作用は、蕁麻疹、下痢等です。 お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。 ・ショック、アナフィラキシー様症状: 冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼーとした息苦さ、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れるなど。 お腹の痛みはのけぞると強くなり、かがむと弱くなる。 ・本剤の成分あるいはアシクロビンに対し過敏症の既往歴のある患者 その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠中はできるだけ控えることとなっています。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。 小児、新生児、乳児、幼児に対する安全性はまだ確立していません。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。 ・プロベネシド: 本剤の活性代謝物のアシクロビルの排泄が抑制され、アシクロビルの平均血漿中濃度曲線下面積(AUC)が48%増加するとの報告がある。 ・シメチジン: 本剤の活性代謝物のアシクロビルの排泄が抑制され、アシクロビルのAUCが27%増加するとの報告がある。 ・ミコフェノール酸(モフェチル): 本剤の活性代謝物のアシクロビルとの併用により、アシクロビル及びミコフェノール酸 モフェチル代謝物の排泄が抑制され、両方のAUCが増加するとの報告がある。 ・テオフィリン: 本剤の活性代謝物のアシクロビルとの併用により、テオフィリンの中毒症状があらわれることがある。 薬効・薬理 ウイルスDNAの複製を阻害する作用があり、ウイルスの増殖抑制に効果を示します。

次の

バラシクロビル (Valacyclovir) の効果・副作用・体験談

パラシクロピル

バルトレックスは水ぼうそうやヘルペス、帯状疱疹などに使う バラシクロビル(商品名バルトレックスなど)は、水ぼうそう、ヘルペス、帯状疱疹などに使われる抗ウイルス薬です。 これらの病気は全てヘルペスウイルスが原因で起こる病気で、そのヘルペスウイルスを退治します。 バラシクロビルは体内でアシクロビルという成分に変わって、それが効果を出します。 こどもに使われるバラシクロビル製剤は基本的に顆粒です。 体重20kg程度からは量としては錠剤1錠でも問題ないですが、錠剤が大きくて飲み込みにくいと思います。 ただし、体重10kg以上の単純ヘルペスの治療の場合などは例外として、1回量は同じで、1日2回飲むのが基本となります。 アシクロビルと比較すると、飲む回数が少なく済むのが最大のメリットです。 単純ヘルペスと水ぼうそう:5日間 帯状疱疹:7日間 また、病気になってから早めに薬を飲んだほうが効果的とされており、帯状疱疹なら発疹が出てから5日以内、水ぼうそうなら発疹が出てから2日以内が望ましいとされています。 バルトレックス顆粒の飲ませ方 バラシクロビル(バルトレックス)の原薬はとても苦い薬で、とてもそのままでは飲めないような味です。 先発品のバルトレックスも、ジェネリック各社の製品も、顆粒にすることで苦味が表面に出てこないようにしています。 上手に飲むためには、噛まずに「飲み込む」ことがポイントです。 アイスなどと混ぜると飲みやすくなるため推奨されることも多いですが、【絶対に噛まないように】注意するようにしましょう。 バラシクロビルをアイスに混ぜて口に入れたら、速やかに飲み物で流し込むと噛まずに飲めます。 また、飲み物と混ぜることも基本的に問題はないですが、薬の比重が重いため底に溜まりやすく、全量飲むのが大変になることがあります。 バラシクロビルに限りませんが、どうしても粉薬が苦手なので、錠剤を割ってほしいという要望を受けることがあります。 バラシクロビルの錠剤も割るととても苦いですので、粉が苦手だとしても粉のまま飲んだほうがよっぽど飲みやすいでしょう。 バラシクロビルの副作用や注意点、過量投与など バラシクロビルをこどもに対して使った場合の副作用としては、以下のように報告があります。 造血幹細胞移植患者を対象とした臨床試験において、総症例 19 例中、臨床検査値異常を含む副作用はみられなかった。 (承認時) 水痘を対象とした臨床試験において、総症例 43 例中、2 例(4. 7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告されている。 その内訳は、肝機能検査値の上昇、便秘各 1 例(2. 3%)であった。 (顆粒剤承認時)(「臨床成績」の項参照) 水痘を対象とした特定使用成績調査 369 例中、3 例(0. 8%)に副作用が報告された。 その内訳は、蕁麻疹 2 例(0. 5%)、下痢 1 例(0. 3%)であった。 (再審査終了時) 引用:バルトレックスインタビューフォーム 基本的には副作用頻度が高い薬ではありません。 上記の副作用には記載されていませんが、脱水と意識障害の2点には注意をしておきましょう。 バラシクロビルは体内でアシクロビルに変化しますが、脱水などが原因でアシクロビル濃度が高くなりすぎると、腎障害のリスクになります。 高熱や下痢がある場合などは、意識的に多めの水分を飲むようにして、脱水にならないように注意しましょう。 また、とても少ないですが意識障害の報告があり、自動車の運転等には注意するように説明することとされています。 過量投与に関しては、以下のように記載があります。 本剤の過量投与により、急性腎不全、精神神経症状(錯乱、幻覚、激越、意識低下、昏睡等)が報告されており、嘔気・嘔吐が発現する可能性も考えられる。 引用:バルトレックスインタビューフォーム どのような薬であっても、過量にならないように、一回に飲む量はしっかりと確認するようにしてください。 バラシクロビルと他の薬の相互作用 バラシクロビルと併用注意とされている薬には、シメチジン、プロベネシド、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリンがあります。 その中でも、テオフィリンはぜんそくなどに使うことがあるため、この中では一番こどもにも併用される可能性が高いでしょう。

次の