大阪 市立 科学 館。 「大阪市立科学館」(大阪市北区

利用案内|大阪市立科学館 公式ホームページ

大阪 市立 科学 館

概要 [ ] 大阪市制100周年事業として、から65億円の建物設備の寄付を受けてに開館した。 「 夢宙ときめき館」という愛称を使用していた時期もあった。 前身は、日本初のであり、初めてを導入した(開館は戦前の)である。 科学館が所在する中之島4丁目にはかつてがあり、後にを受賞するがを構想した。 日本ではじめて天体電波観測が行われた地ともいわれ、関連する資料の収集や研究を積極的に行われている。 常設展示では参加型を中心に200のアイテムがあるほか、サイエンスショーなどが行われている。 直径26. 5mのドーム(世界5位)での・()による天体の映写をはじめ、2004年7月にはプラネタリウムが、全天デジタル映像装置を組み合わせた次世代の施設としてリニューアルオープンした。 2008年7月18日には展示場がリニューアルされ、1928年に東洋最初の(人造人間)とされたを復元した実物大の動態模型が公開された。 友の会は会員1050人、ジュニアクラブで170人を擁する。 科学の書籍やグッズを販売するショップとカフェを併設する。 また、収蔵資料として日本初のプラネタリウム(カールツァイスII型)や、で使われた、日本初の本格的化学研究所である舎蜜局(せいみきょく)についての資料、戦前からの電気計測器や電気設備に関する資料などのコレクションを持つ。 また、戦前からの天文学を中心とする普及書籍・雑誌のコレクションは西日本随一である。 大阪市立科学館と なお、同科学館の建設費や改装費などに充てる目的で、大阪市がから以降、72億円を超す寄付を受けていたと、になって新聞各社が報道、寄付金はから支出されていることもあって、問題視されているとした。 しかし、科学館の前身であるは関西電力の母体である旧大阪市電気局 が設立に関わっており、その歴史的関係 について記事では触れられていない。 建築概要 [ ]• 1983年8月25日 - 大阪市制100周年記念事業の基本構想に新たな科学技術館の新設を盛り込む。 1986年9月29日 - 関西電力が市制100周年事業に賛同し科学技術館の寄贈を申し出る。 1988年1月27日 - 建設工事着工。 1989年• 4月1日 - 大阪市立科学館条例設定、科学技術館の正式名称を「大阪市立科学館」に決定。 10月7日 - 開館。 1994年7月29日 - 第1次展示改装全面オープン。 1999年10月7日 - 第2次展示改装オープン。 2010年2月1日 - 大阪科学振興協会が指定管理者となる。 2018年• 3月30日 - 大規模改修に伴い展示場休止。 12月1日 - プラネタリウム休館。 プログラム [ ]• 「宇宙ヒストリア~138億年、原子の旅~」…を起用した。 館長 [ ]• (初代、元教授)• 宮本重徳(二代、元名誉教授)• 伊藤公一(三代、元大阪市立大学教授)• (四代、元大阪大学教授)• 加藤賢一(五代、元大阪市立科学館学芸員)• 齋藤吉彦(現、元大阪市立科学館学芸員) 交通アクセス [ ]• 西へ約350m、 東へ約450m• 西へ約500m• 南へ約800m• 、 田蓑橋停留所 南へ150m、 土佐堀一丁目停留所 北へ400m• (中之島ループバス)市立科学館・国立国際美術館前停留所すぐ• ・・ 周辺情報 [ ]• (グランキューブ大阪)• 本社 出典・脚注 [ ] [].

次の

街ブラ企画:中之島|#オオサカジン #街ブラ企画 #中之島

大阪 市立 科学 館

1号館(旧制大阪商科大学本館、国) 大学設置 創立 学校種別 設置者 本部所在地 3-3-138 : キャンパス 杉本(大阪府大阪市住吉区) 阿倍野(大阪府大阪市) 梅田サテライト(大阪府大阪市) 学部 商学部 経済学部 法学部 文学部 理学部 工学部 医学部 生活科学部 研究科 経営学研究科 経済学研究科 法学研究科 文学研究科 理学研究科 工学研究科 医学研究科 看護学研究科 生活科学研究科 創造都市研究科 ウェブサイト 大阪市立大学(おおさかしりつだいがく、: Osaka City University)は、3-3-138に本部を置くのである。 に設置された。 は 市大(いちだい)。 (13年)にをはじめとする大阪財界の有力者16名によって設立されたを前身としている。 概要 [ ] 大学全体 [ ] 大阪市立大学は(3年)にとして設立された、現在では8学部11研究科を擁する公立文理総合大学である。 平成29年度公立大学便覧 によると、学生数は 8,211人で日本の公立大学としては(学生数9,160人)に次ぐ2番目の規模である。 また、旧制大阪商科大学は日本初の市立大学であり、の、と共にの一つに数えられている。 運営は(31年)4月からが行っており、(4年)にはとの統合が予定されている。 建学の精神(理念) [ ] 沿革から、国ではなくが作り上げた大学という意識が強く、・の発展に貢献する都市大学であることが強調されている。 また、大阪商科大学が開学した際に当時の大阪市長が述べた 「国立大学のコッピー(コピー)であってはならぬ」という言葉が有名である。 また、(平成22年)に策定された大阪市立大学憲章 には建学の伝統として「自主独立」「自由進取」が挙げられている。 教育及び研究 [ ] 大学ランキング [ ] 大学公式サイトに記載されている大学ランキングについての情報は以下のとおりである。 『』(『』紙系の教育専門誌)によるに毎年ランクインしており、2019-2020 では、第801-1000位、アジア第185位、国内第29位である。 『』 ARWU (Shanghai Ranking Consultancy(中国・)が発行)では、2019年(令和元年)は第501-600位、国内第17-19位である。 『』(英国、クアクアレリ・シモンズ社)では、2019年(令和元年)は第541-550位、アジア第148位、国内第21位である。 受賞 [ ] 2019年(令和元年)12月12日時点、大阪市立大学に関係する人物でを受賞したのは、大学院時代に在籍したと理工学部で教鞭をとっていたの2名である。 沿革 [ ] 「」および「」も参照 ら当時の大阪財界有力者によって(13年)に創設された「」および同講習所を改組して設立した市立大阪商業学校が源流。 (現)に次ぐ2番目の官立誘致を神戸市と争って敗れた大阪市がに市立大阪商業学校を改組して独自に大阪高等商業学校を設立した。 この経緯から現在でも一橋大学、とはとして交流がある。 その後、者でもあった第7代大阪市長により、日本初の市立大学としてに学部・予科・高等商業部を持つが誕生した。 に大阪市が設置していた大阪商科大学・・を統合して新制大阪市立大学が発足、商・経済・法文・理工・家政の5学部を設置した。 には法文学部を法学部・文学部に、には理工学部を理学部・工学部に分離した。 また、にを編入し医学部を設置。 、家政学部を生活科学部に改称。 (15年)には独立研究科、創造都市研究科を設置し、8学部9研究科体制となる。 (平成16年)4月には、これまでのが医学部看護学科に昇格。 (平成18年)4月から、の設置運営する大学となった。 (平成20年)には看護学研究科を設置し、(平成30年)には創造都市研究科を基礎とした改組により、独立研究科を設置、(旧課程としての創造都市研究科が終了するまで)現在の8学部11研究科体制となる。 (元年)にはとの統合を見据えて運営法人をに統合した。 大阪市立大学の公式サイトでは創立年をとしているが、大学が発行している公的な大学史である「大阪市立大学百年史 全学編 上巻」(1987年 大阪市立大学百年史編集委員会)では大学の創立をとしている。 また、大学の設置に関しては新制大学となった1949年起点としているため、本稿でも同書の公式見解を元に創立年を1880年、設置年を1949年とする。 年表 [ ]• (13年) - 大阪商業講習所設立。 (明治18年) - 府立大阪商業学校に改称。 (明治22年) - 市立大阪商業学校に改称。 (明治34年) - 市立大阪高等商業学校設立。 (8年) - 大阪市立高等商業学校に改称。 (3年) - 設立。 (昭和24年) - 大阪市立大学発足、商・経済・法文・理工・の5学部を設置。 (昭和28年) - 法文学部を法学部と文学部に分離。 (昭和30年) - 大阪市立医科大学を編入し、医学部を設置。 (昭和34年) - 理工学部を理学部と工学部に分離。 (昭和50年) - 家政学部を生活科学部に改称。 (4年) - 医学部附属病院の建替え完了。 (平成8年) - 学術情報総合センター竣工。 (平成15年) - 独立研究科「創造都市研究科」を設置。 (平成16年) - これまでのが医学部看護学科に昇格。 (平成18年) - の設置運営する大学となる。 (平成20年) - 看護学研究科を設置し、現在の8学部10研究科体制となる。 (平成21年) - 工学部の学科を再編。 (平成22年) - 商学部、経済学部、法学部、文学部の第2部()の募集を停止。 (平成30年) - 独立研究科「創造都市研究科」を基礎とした改組により、独立研究科「」を設置。 (平成31年) - 公立大学法人大阪市立大学がと統合し、が発足。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 杉本キャンパス(住吉区)• 阿倍野キャンパス(大阪府大阪市) 象徴 [ ] 学章 [ ] 商神の羽翼(旧制大阪商科大学の伝統を表す)と大阪市章()とに大学の二文字を組み合わせたもので、に制定された。 シンボルマーク・スローガン [ ] 1号館をにデザインされたものがに決定された。 なお、このシンボルマークは広報用であり、学章とは併用して用いられている。 また、これと同時に 「都市で学び、夢をつかむ」というスローガンも制定された。 なおシンボルマークに使用されているは、2017年6月に伐採され、現存していない。 シンボルカラー [ ] シンボルカラー()は3色設定されている。 体育会などで従来使用されてきたがファーストカラー、がセカンドカラー、がサブカラーである。 本館(1号館) [ ] に竣工した鉄筋コンクリート造の大阪市立大学を象徴する建物である。 旧制官立の一つであった大阪商科大学時代に本館として建造された。 の特徴をよく表しており、国のでもある。 2019年現在でも教室や事務室として利用されている。 学歌 [ ] 伝統的に愛校心を強調する校風でなく、スポーツ対外戦がさほど強い訳でもないため、学生に広く浸透した歌はない。 また、を持たない。 学生歌• 『聞けや大和の清流に』という題名がある。 この「大和」とはのこと。 作詞者不詳、作曲。 1940年に旧制大阪商科大学内で作られた愛唱歌。 第二次世界大戦後、杉本校舎返還を希望する意味も込めて、校歌の代用として歌われるようになった。 曲は管理楽曲となっている。 逍遥歌• 代表的に歌われる逍遥歌は、旧制大阪商科大学時代の逍遥歌「」。 作者不詳。 大阪府立大学との統合構想 [ ] やらをメンバーとするにおいて、との統合が議論されており、2013年1月、外部有識者からなる「大阪府市新大学構想会議」が「新大学構想〈提言〉」を出した。 提言によると、両大学を取り巻く現状について、国際的な大学間競争が激化する中で、両大学とも規模も小さく(ただし、上述の通り大阪市立大学は、日本国内公立大学の中では最も規模が大きい)、このままでは埋没しかねないと指摘している。 そして、市立大の工学部と府立大の工学域など、両大学で重複する分野を見直し、今後集中すべき分野や補強が必要な分野に人的資源を再配分することも必要だとしている。 新大学は、、、、、、地球未来理工学部、獣医学部、、、工学域、生命環境科学域、現代システム科学域、人間科学域、で構成される構想である。 学生数を単純合計すると、全国の公立大学で最大規模となる。 当初は2016年度の統合を目指していたが、2014年4月25日、延期が発表された。 その後、2015年2月に両大学間で『「新・公立大学」大阪モデル(基本構想)』が取りまとめられた。 2017年4月1日に両大学の法人統合に向けた「新法人設立準備室」を設置。 両大学の運営法人を2019年4月に統一する関連議案が大阪府議会で2017年11月8日に可決、大阪市議会でも2018年2月23日に可決された。 2019年4月1日、両法人の統合により新しくが発足した。 教育および研究 [ ] 医学部附属病院と医学部校舎 組織 [ ] 学部 [ ]• 公共経営学科• 部門:経済理論部門 、経済統計論部門 、経済史部門 、経済政策論部門 、経済構造論部門 、国際経済論部門• 司法コース• 行政コース• 企業・国際コース 部門:基礎法学 、公法 、私法 、社会法 、国際関係・外国法 、政治・行政学• 哲学歴史学科• 哲学コース• 日本史コース• 世界史コース• 人間行動学科• 社会学コース• 心理学コース• 教育学コース• 地理学コース• 言語文化学科• 国語国文学コース• 中国語中国文学コース• 英米言語文化コース• ドイツ語フランス語圏言語文化学コース• ドイツ語圏言語文化領域• フランス語圏言語文化領域• 文化構想学科• 表現文化コース• アジア文化コース• 文化資源コース• 講座:数理構造論、数理解析学• 講座:基礎物理学、宇宙・高エネルギー物理学、物性物理学• 講座:物理化学、無機化学、有機化学• 講座:生物分子機能学、生体機能生物学、自然誌機能生物学• 講座:環境地球学、地球物質進化学• 研究分野:熱工学、生産加工工学、材料数理工学、流体工学、材料機能工学、材料知能工学、材料物性工学(化学部門)、機械力学、ロボット工学、動力システム工学、機械工作室 、応用数学(数学部門) 講座:機械工学、知的材料工学• 研究分野:波動物理工学、電磁気学、物性制御工学、材料計測工学、光物性工学、ナノマテリアル工学、応用分光計測学、数理工学 講座:電気工学、応用物理学• 研究分野:電磁デバイス工学、知識情報処理工学、情報ネットワーク工学、情報システム工学、情報処理工学、マルチメディア工学、光電子工学、通信システム工学 講座:電気工学、応用物理学、情報工学• 研究分野:無機工業化学、有機工業化学、高分子化学、工業物理化学、材料化学、生体機能工学、生物分子工学、生物化学工学、細胞工学、生体材料工学 講座:応用化学、バイオ工学• 研究分野:建築構法及び材料、建築計画、建築デザイン、建築防災、建築構造学、コミュニティデザイン、空間図形科学、建築環境工学 講座:建築学、都市基盤工学、環境都市工学• 研究分野:地盤工学、都市基盤計画、都市リサイクル工学、地域環境計画、環境図形科学、構造及びコンクリート工学、河海工学、環境水域工学、環境都市計画、応用構造工学(橋梁工学) 講座:建築学、都市基盤工学、環境都市工学• (6年制) 講座 :分子生体医学 、都市医学 、老年医科学 、臓器器官病態内科学 、病態診断・生体機能管理医学 、生殖発達医学 、臓器器官病態外科学 、感覚・運動機能医学 、医療管理医学• 講座:看護学• 講座:居住環境学• 講座:食品栄養科学• 人間福祉学科• 講座:人間福祉学• 社会福祉コース• 心理臨床コース 研究科 [ ]• (・)• グローバルビジネス専攻• 現代経済学専攻• 一般コース(前期博士課程・後期博士課程)• 修士専修コース(修士課程)• 法学政治学専攻(前期博士課程・後期博士課程)• 法曹養成専攻(、)• (前期博士課程・後期博士課程)• 哲学歴史学専攻• 哲学専修• 日本史学専修• 東洋史学専修• 西洋史学専修• 人間行動学専攻• 社会学専修• 心理学専修• 教育学専修• 地理学専修• 言語文化学専攻• 国語国文学専修• 中国語中国文学専修• 英語英米文学専修• ドイツ語フランス語圏言語文化学専修• 言語応用学専修• 表現文化学専修• アジア都市文化学専攻• (前期博士課程・後期博士課程)• 数物系専攻• 講座 :数理構造論、数理解析学、基礎物理学、宇宙・高エネルギー物理学、物性物理学• 物質分子系専攻• 講座 :創成分子科学、機能分子科学• 生物地球系専攻• 講座 :生物分子機能学、生体機能生物学、自然誌機能生物学、環境地球学、地球物質進化学• (前期博士課程・後期博士課程)• 機械物理系専攻• 電子情報系専攻• 化学生物系専攻• 都市系専攻• 医科学専攻• 基礎医科学専攻()• 大講座 分子生体医学 、都市医学 、老年医科学• 臨床医科学専攻(4年制博士課程)• コース• がん薬物療法専門医養成コース• 腫瘍外科専門医養成コース• がん臨床研究指導者養成コース• 放射線腫瘍専門医養成コース• 医学物理士養成コース• 大講座 臓器器官病態内科学 、病態診断・生体機能管理医学 、生殖発達医学 、臓器器官病態外科学 、感覚・運動機能医学 、医療管理医学• 看護学専攻 (前期博士課程)• 修士論文コース• 生活看護学分野 研究領域:看護管理・基礎看護学、公衆衛生看護学、老年看護学、在宅看護学• 臨床看護学分野 研究領域:がん・急性看護学、感染・慢性看護学、精神看護学、母性看護学、成育看護学• CNCコース• 研究領域は生活看護学分野の老年看護学のみ• 看護学専攻(後期博士課程)• 研究領域 :生活看護支援システム領域(地域)、生活看護支援システム領域(老年)、生活看護支援システム領域(在宅)、生活看護支援システム領域(精神)、生活看護支援システム領域(母性)、生活看護支援システム領域(生育)、がん看護支援領域、感染看護支援領域、看護支援基礎科学領域• (前期博士課程・後期博士課程)• 生活科学専攻• 食・健康科学講座• 食・健康科学コース• 居住環境学講座• 居住環境学コース• 総合福祉・心理臨床科学講座• 総合福祉科学コース• 臨床心理学コース• 【2018年に募集停止、改組前の部局の旧課程】• アントレプレナーシップ研究分野• システム・ソリューション研究分野• アジア・ビジネス研究分野• 都市経済・地域政策研究分野• 都市公共政策研究分野• 知識情報基盤研究分野• 情報システム創成研究分野• 都市政策研究領域• 国際地域経済研究領域• 事業創造研究領域• 共生社会創造研究領域• 都市情報環境研究領域• 【2018年より、創造都市研究科の改組後の後継の新部局】• (博士前期(修士)課程)• 医療・福祉イノベーション経営コース• (博士後期課程)(コースはないが前期課程に対応した以下の4領域がある)• 都市政策・地域経済領域• 都市行政領域• 都市ビジネス領域• 医療・福祉イノベーション経営領域 附属機関 [ ] 附置研究所 [ ]• 数学研究所• 南部陽一郎物理学研究所 学部附属施設 [ ]• その他 [ ]• 都市防災教育研究センター 大阪の防災教育・防災研究の推進のために2015年3月に開設。 人工光合成研究センター• 都市健康・スポーツ研究センター 昭和40年 12月に教養部保健体育科として設置されたのち、 平成14年 10月に都市健康・スポーツ研究センターとなる。 人権問題研究センター• 健康科学イノベーションセンター 大阪市立大学で行われてきた健康科学に関する研究成果を広く発信し、新たなを起こす起点として開設された。 大学教育研究センター• 都市研究プラザ• 証券研究センター• 英語教育開発センター• 複合先端研究機構• 学術情報総合センター 大学図書館、大学情報化の拠点、大学情報処理教育という3つの機能を統合したインテリジェントビルとして(平成8年)に開館。 地上10階、地下4階の14階建てで住吉区内では最も高い建物である。 5階にはPCルームと、10階には国際会議や学会で使用される最大276名収容の大会議室があり、屋上庭園からはをはじめとする大阪のビル群を一望できる。 情報基盤センター• URAセンター• 文化交流センター• 基礎教育実験棟• 研究基盤共用センター• 杉本地区RI施設• 工作技術センター• 大学史資料室• 田中記念館• 高原記念館• 杉の子保育園 教員および学生が安心して教育・研究と育児の両立をはかることを目的とし、2009年(平成21年)に開設された保育園。 研究 [ ] 21世紀COEプログラム [ ] の採択数は3件だった。 2002年 学際・複合・新領域 都市文化創造のための人文科学的研究の拠点• 2003年 数学、物理学、地球科学 結び目を焦点とする広角度の数学拠点の形成• 2004年 革新的な学術分野 疲労克服研究教育拠点の形成 グローバルCOEプログラム [ ] の採択数は1件だった。 2007年 学際・複合・新領域 文化創造と社会的包摂に向けた都市の再構築 学生生活 [ ] 学園祭 [ ] 新入生歓迎祭 [ ] 毎年4月中旬に「ふたば祭」(よりこの名称)が開催される。 学園祭 [ ] 毎年11月上旬に「銀杏祭」(ぎんなんさい)が開催される。 銀杏祭では仮装コンテスト、無料のプロコンサートなどが行われる。 大阪市立大学ボート祭 [ ] の大阪商業学校第一回水上運動会に端を発する。 スポーツ [ ] 府大戦 [ ] 毎年6月上旬にとスポーツで対戦する。 三商戦 [ ] 毎年6月に「三商戦」(さんしょうせん)と呼ばれる体育会系部活動によるスポーツ対抗戦が開催される。 三商とは、戦前に三校しか存在しなかったの流れを汲む(旧制東京商科大学)、(旧制神戸商業大学)、大阪市立大学(旧制大阪商科大学)の三校を指す。 同じく毎年11月には、文科系ゼミにおいて三大学間で学問研究を討論する「三商ゼミ」が開催される。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ] 同窓会 [ ] 数多くの大学が統合してできているという大学の性質上、新制大学が設立された1949年以来50年以上にわたって学部ごとの同窓会のみが存在していた。 全学同窓会が設立されたのはであり、初代会長には卒業生で元学長のが就任した。 傘下には従来から存在した有恒会(文系4学部)、理学部同窓会、工学部同窓会、医学部同窓会、生活科学部同窓会、看護系同窓会が引き続き活動している。 大学関係者一覧 [ ] 田中記念館 大阪市立大学の前身である大阪商業学校の卒業生で、大阪の実業家として教育振興に尽力した田中吉太郎(1876年(明治9年)- 1968年(昭和43年))からの寄贈により、1975年(昭和50年)7月に開館。 国際会議やコンサート、留学生の集いなどに幅広く利用されている。 保健管理センター• 河海工学実験場• 第2学生ホール• 第3学生ホール• スポーツハウス• 高原記念館 大阪市立大学が2005年(平成17年)に創立125周年を迎えたことを記念し、商学部の卒業生である(創業者)の寄贈によって建設された施設。 1階の学友ホールでは、学生向けの就職イベントや企業説明会などが頻繁に行われている。 学生サポートセンター• 本部棟• 戦没学友の碑• 五代友厚像• グラウンド• プール• 陸上競技場• 洋弓場• 和弓場 旧教養地区 [ ]• 2号館• 全学共通教育棟• 4号館• 基礎教育実験棟• 第1学生ホール• ゲストハウス• 共通研究棟• 第1体育館• 第2体育館• 新武道場• テニスコート 理工地区 [ ]• 学術情報総合センター• 理学部棟• 工学部棟• 生活科学部棟• 工作技術センター• 生活科学部棟別館• 理系共通実験棟 附属施設 [ ]• 大学図書館 学術情報総合センター内に位置する。 20万冊もの図書のほか、学術雑誌や国内外の新聞も展示。 また、DVDやCD-ROM、VTRなどの電子的資料も豊富に取り揃えられている。 貴重書や古文書も所蔵。 施設内には、多くの端末も設置されており、さらに、グループ研究室や学生専用に設けられたグループ学習室もある。 北食堂 旧教養地区の第1学生ホールの1階に位置する。 2009年10月に改修工事を行った。 南食堂 本館地区の第2学生ホールの1階に位置する。 レストラン野のはなハウス 学術情報総合センターの1階に位置するレストラン。 イタリアンをメインにカレー、和食、日替わりのAランチ、Bランチなど豊富なメニューを取り揃えている。 2014年1月からレストランウィステリアの運営主体が「社会福祉法人野のはな」に変更。 店名はしばらく「ウィステリア」であったが、後に「野のはなハウス」に変更。 レストランの運営は障がい者就労支援事業として実施されている。 レストランめたせこいあ さくら通り 2013年(平成25年)4月に開通。 杉本町駅東改札の西側に位置する。 杉本町駅から理工地区に沿って本部地区へ南北につながる。 通りには公益財団法人黒田緑化事業団の寄付により、、が植えられ、はばたけ夢基金の寄付からは桜が植えられている。 阿倍野キャンパス [ ]• 使用学部:医学部• 使用研究科:医学研究科、看護学研究科• 附属施設:• 最寄駅:JR・・、より徒歩10分 に所在する。 JR・を隔てての南側に位置する。 梅田サテライト [ ]• 使用学部:なし• 使用研究科:都市経営研究科 【改組後の新部局】、創造都市研究科 【募集停止、改組前の旧部局】• 附属施設:文化交流センター• 最寄駅:JR、、地下鉄御堂筋線・谷町線それぞれより徒歩5分、より徒歩1分、地下鉄四つ橋線より徒歩3分、より徒歩8分 大阪市北区梅田1丁目に所在する。 JR大阪駅とJR北新地駅の中間に位置する。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ]• 第二次世界大戦前のからの流れを汲む(旧制神戸商業大学)と(旧制東京商科大学)の間では毎年体育会系部活動や文科系ゼミの交流が行われている。 これらの交流会やスポーツ対戦はいずれも「旧三商大柔道大会」などのように「旧三商大」という名称が使用されている。 とは毎年クラブ別の競技大会が開催されている。 、、、などに所在する大学と大学間の学術交流協定を結んでいる。 2007年4月、と学術包括交流協定を結んだ。 2008年11月、大阪府立大学とともにと包括連携協定を結んだ。 2009年3月、、と包括連携協定を結んだ。 2018年10月、と大学間学術協定を結んだ。 社会との関わり [ ] 大学発ベンチャー [ ] 2019年(令和元年)12月1日時点で19社の大阪市立大学発企業が設立されている。 事業分野は医療・健康、電池・電子、自転車・自動車関連、地質・土壌調査、などである。 事件および不祥事 [ ] 大阪商大事件 [ ] 大阪商大時代、中の1943年から1945年にかけて反戦・の研究会を組織した教員・卒業生・学生らが検挙、投獄された事件。 学問の自由に関わる重大事件として取り上げられる。 2019年12月22日閲覧。 2019年12月20日. 2019年12月23日閲覧。 産経WEST. 2016年7月18日. 2019年12月22日閲覧。 大阪市立大学. 2019年12月22日閲覧。 大阪市立大学. 2019年12月22日閲覧。 大阪市立大学. 2019年7月15日閲覧。 大阪日日新聞2015年3月18日• MSN産経ニュース2011. 3 10:00• 2019年12月20日閲覧。 大阪市立大学. 2019年12月20日閲覧。 部門、講座は、大阪市立大学学則による。 大阪市立大学学則によると、科目として、近代経済学(マクロ経済学1)、近代経済学(マクロ経済学2)、近代経済学(ミクロ経済学1)、近代経済学(ミクロ経済学2)、政治経済学I、政治経済学II、経済学説史、社会思想史、応用マクロ経済学、応用ミクロ経済学、経済原論I、経済原論II、経済変動論、社会経済論、経済学説史特講、社会思想史特講、経済変動論特講、社会経済論特講、ミクロ経済学上級講義1、ミクロ経済学上級講義2がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、基礎・経済統計、経済数学、統計解析論、計量経済学、経済統計論、経済情報論、多変量解析論、計算機経済学、商業簿記基礎論、統計解析論特講、計量経済学特講、経済統計論特講A、経済統計論特講B、経済情報論特講、計算機経済学特講がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、日本経済史、西洋経済史、アジア経済史、戦後経済史、日本経済史特講、アジア経済史特講、戦後経済史特講、経済史上級講義がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、社会政策論、経済政策論、公共経済学、財政学、地方財政論、環境経済学、金融経済論、労働経済論、日本経済論、社会政策論特講、財政学特講、地方財政論特講、環境経済学特講、労働経済論特講、日本経済論特講、産業政策特講1、産業政策特講2、証券経済論特講、金融経済論特講、経済政策上級講義、日本経済の論点がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、産業経済論、農業経済論、産業技術論、流通経済論、交通経済論、都市経済論、経済地理学、産業組織論、産業経済論特講、農業経済論特講、産業技術論特講、流通経済論特講、交通経済論特講、都市経済論特講、経済地理学特講、産業組織論特講、企業経済論特講、経済構造上級講義がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、国際経済学、国際協力論、国際通貨論、経済開発論、比較経済論、アメリカ経済論、ヨーロッパ経済論、アジア経済論、中国経済論、国際経済学特講、国際協力論特講、比較経済学特講、中国経済論特講、アジア経済論特講、経済開発論特講、国際協力論特講、各国経済論特講(経済英語1)、各国経済論特講(経済英語2)、各国経済論特講W(インターナショナルワークショップ)、Global Economy、Lectures on Economics A、Lectures on Economics B、Introduction to International Economics、国際経済学上級講義、世界経済の論点がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、法哲学、法社会学、法情報学、日本法制史、日本近代法制史、東洋法制史、西洋法制史、ローマ法、基礎法学特講がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、憲法第1部、憲法第2部、行政法第1部、行政法第2部、租税法、刑法第1部、刑法第2部、刑事訴訟法、刑事政策、公法特講がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、民法第1部、民法第2部、民法第3部、民法第4部、民法第5部、民法特講、商法第1部、商法第2部、商法第3部、金融商品取引法、商法特講、民事訴訟法、民事執行・保全法、倒産法がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、労働法、社会保障法、経済法、知的財産法、社会法特講がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、国際法、国際組織法、国際経済法、国際私法、英米法、ドイツ法、フランス法、アジア法、外国法特講がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、政治学、比較政治学、政治過程論、政治学史、日本政治外交史、欧州政治外交史、国際政治、行政学、公共政策論、都市行政論、政治学特講がある。 大阪市立大学学則によると、各コース共通の科目として、人間文化学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、哲学、哲学史、論理学、倫理学、宗教学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、日本史学I、日本史学II、日本史学IIIがある。 大阪市立大学学則によると、科目として、世界史学I、世界史学II、世界史学III、世界史学IV、世界史学V、世界史学VIがある。 大阪市立大学学則によると、各コース共通の科目として、人間行動学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、理論社会学、社会学方法論、特殊社会学、応用社会学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、心理学、実験心理学、精神測定学、応用心理学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、教育学、教育方法学、教育心理学、教育社会学がある。 大阪市立大学学則によると、各コース共通の科目として、言語文化論がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、国語学I、国語学II、国文学I、国文学II、国文学史がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、中国語学I、中国語学II、中国文学、中国文化学がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、英米語学I、英米語学II、英米文学I、英米文学II、英米文学史、英米文化論がある。 大阪市立大学学則によると、科目として、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化論、フランス語学、フランス文学、フランス文化論、ドイツ語フランス語圏言語文化論がある。 研究分野は、2016年度入学生用の工学部案内による。 2015年入学者用の履修要覧によると、学生は2学年の後期から、環境・エネルギー機械分野、システムダイナミクス分野、マテリアルデザイン分野という3つの教育分野から、いずれかを選択することになっている。 ほかにも寄付講座や寄付研究部門などがある• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、分子病態薬理学、分子病態学、分子制御生物学、システム神経科学、分子細胞生理学、機能細胞形態学、細胞情報学、細胞機能制御学、実験動物学、器官構築形態学、薬効安全性学• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、分子病理学、病理病態学、産業医学、都市環境医学、公衆衛生学、運動生体医学、運動環境生理学、生物統計学、法医学、ウイルス学、細菌学、寄生虫学• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、免疫制御学、生体機能解析学、脳神経科学、遺伝子制御学、老年血管病態学、老年腫瘍病態学、分子制御• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、循環器内科学、腎臓病態内科学、呼吸器内科学、肝胆膵病態内科学、消化器内科学、代謝内分泌病態内科学、血液腫瘍制御学、神経精神医学、血行動態力学、臨床腫瘍学• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、放射線診断学・IVR学、放射線腫瘍学、核医学、診断病理学、麻酔科学、救急医学、先端予防医療学、歯科・口腔外科学• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、女性生涯医学、女性病態医学、発達小児医学、老年内科学• 大阪市立大学学則によると、専門分野には、腫瘍外科学、消化器外科学、肝胆膵外科学、心臓血管外科学、泌尿器病態学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野には、皮膚病態学、視覚病態学、耳鼻咽喉病態学、上気道機能病態学、脳神経外科学、脳神経病態学、整形外科学、リウマチ外科学、形成外科学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野には、医薬品・食品効能評価学、総合医学教育学、臨床感染制御学、医療安全管理学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野には、看護基礎科学、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、精神看護学、母性看護学、小児看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野として、居住環境学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野として、食・健康科学がある。 大阪市立大学学則によると、専門分野として、総合福祉科学、臨床心理学がある。 経済学部・大学院経済学研究科案内によると、教員は、市場・制度経済研究分野、経済主体・ケイパビリティー研究分野、地域・グローバル経済研究分野に分かれている。 専修は、文学研究科案内による。 大学院理学研究科・理学部のホームページ• 大学院理学研究科・理学部のホームページ• 大学院理学研究科・理学部のホームページ• 工学研究科・工学部のホームページによると、領域・専門分野は、環境エネルギー領域(熱環境工学、熱プロセス工学、流体工学)、システムダイナミクス領域(機械力学、生体計測工学、材料数理工学、ロボット工学、動力システム工学)、マテリアルデザイン領域(生産加工工学、材料物性工学、材料知能工学、材料機能工学)があるほか、「共通(兼担)」の専門分野として、応用数学、材料強度工学がある。 工学研究科・工学部のホームページによると、領域・専門分野は、光機能工学領域(光物性工学、フォトニック工学、波動物理工学)、マテリアル機能工学領域(ナノマテリアル工学、数理工学、物性制御工学、応用分光計測学、検出器物理工学)、エネルギー機能工学領域(パワーエレクトロニクス、材料計測工学)、エレクトロニクス領域(光電子工学、電磁デバイス工学、スマートエネルギー工学)、情報処理領域(情報システム工学、情報処理工学、知識情報処理工学)、情報通信領域(情報ネットワーク工学、情報通信工学、マルチメディア工学)があるほか、「テニュアトラック連携教員」の専門分野として、制御システム理論がある。 工学研究科・工学部のホームページによると、領域・専門分野は、エネルギー物質化学系領域(無機工業化学、工業物理化学)、分子科学領域(有機工業化学、高分子科学、材料化学)、バイオサイエンス領域領域(生体機能工学、生物分子工学)、バイオエンジニアリング領域(生物化学工学、生体材料工学、細胞工学)がある。 工学研究科・工学部のホームページによると、領域・専門分野は、構造領域(建築構造学、建築防災、建築材料)、環境領域(建築環境工学)、計画領域(建築デザイン、建築史、建築計画、建築構法、図形科学)、安全防災領域(複合構造、コンクリート構造、橋梁工学・鋼構造、地盤環境工学、地盤防災工学、河海工学)、環境創生領域(熱環境、熱エネルギー設備、水圏生態工学、水圏環境工学、水処理工学、廃棄物リサイクル)、都市デザイン領域(都市基盤計画、都市計画、交通計画、交通環境、図形科学)があるほか、「テニュアトラック連携教員」の専門分野として、環境化学がある。 なお、計画領域と都市デザイン領域の「図形科学」は、同一教員が担当している。 、医師以外の医療職者、研究者、企業人の育成が目的。 pdf]に記載されている専門分野は、分子病態薬理学、システム神経科学、機能細胞形態学、細胞情報学、細胞機能制御学、器官構築形態学、薬効安全性学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、分子生体医学講座の専門分野はこれらのほか、分子病態学、分子制御生物学、分子細胞生理学、実験動物学があるとされている。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、分子病理学、病理病態学、産業医学、公衆衛生学、運動生体医学、運動環境生理学、法医学、細菌学、ウイルス学、寄生虫学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、都市医学講座の専門分野はこれらのほか、都市環境医学、生物統計学があるとされている。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、免疫制御学、脳神経科学、遺伝子制御学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、老年医科学講座の専門分野はこれらのほか、生体機能解析学、老年血管病態学、老年腫瘍病態学、分子制御があるとされている。 専攻の全学生がいずれかのコースを選択するというわけではなく、希望者のみ。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、循環器内科学、呼吸器内科学、肝胆膵病態内科学、消化器内科学、代謝内分泌病態内科学、血液腫瘍制御学、神経精神医学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、臓器器官病態内科学講座の専門分野はこれらのほか、腎臓病態内科学、血行動態力学、臨床腫瘍学があるとされる。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、放射線診断学・IVR 学、放射線腫瘍学、核医学、診断病理学、麻酔科学、救急医学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、病態診断・生体機能管理医学講座の専門分野はこれらのほか、先端予防医療学、歯科・口腔外科学があるとされる。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、女性生涯医学、女性病態医学、発達小児医学、精神内科学となっている。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、腫瘍外科学、心臓血管外科学、泌尿器病態学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、臓器器官病態外科学講座の専門分野はこれらのほか、消化器外科学、肝胆膵外科学があるとされる。 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、皮膚病態学、視覚病態学、耳鼻咽喉病態学、脳神経外科学、整形外科学、形成外科学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、感覚・運動機能医学講座の専門分野はこれらのほか、上気道機能病態学、脳神経病態学、リウマチ外科学• 2016年入学生用の学生募集要項(第1次募集、一般選抜)に記載されている専門分野は、総合医学教育学、臨床感染制御学となっている。 なお、大阪市立大学学則によると、医療管理医学講座の専門分野はこれらのほか、医薬品・食品効能評価学、医療安全管理学があるとされる。 分野、研究領域の構成は、2016年入学生用の前期博士課程(修士課程)概要による。 2016年入学生用の看護学研究科(後期博士課程)概要• 講座とコースの構成は、生活科学部・大学院生活科学研究科案内による。 なお、3講座のほかに、生活科学論研修室がある。 大阪市立大学学則で定められた施設。 学則で定められてはいないが、工作技術センター、田中記念館、大学史資料室、証券研究センター、保健管理センターといった施設がある。 全学同窓会事務局担当 2013年4月4日. 大阪市立大学全学部同窓会. 2020年4月12日閲覧。 大阪日日新聞 2012年7月23日• 「」『Osaka City University』。 2018年11月6日閲覧。 Osaka City University. 2019年7月15日閲覧。 Osaka City University. 2019年7月15日閲覧。 「」『Osaka City University』。 2018年11月6日閲覧。 大阪市立大学ホームページ(2019年2月7日閲覧)。 『』2012年3月13日 関連項目 [ ]• Wiki関係他プロジェクトリンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 公式サイト [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 原虫病研究センター• 生体調節研究所• 放射光科学研究センター• 先端酵素学研究所• 海洋コア総合研究センター• 発生医学研究所• 熱帯生物圏研究センター• みらい医療推進センター• 自然・環境科学研究所天文科学センター• 先端医療技術開発センター• パネルデータ設計・解析センター• 発達障害医療研究所• 脳科学研究所• 生物資源ゲノム解析センター• 先端数理科学インスティテュート• 風工学研究センター• 三遠南信地域連携研究センター• 中部高等学術研究所国際GISセンター• 総合医科学研究所• アート・リサーチセンター• 舞台芸術研究センター• 文化ファッション研究機構• 日本常民文化研究所• JGSS研究センター• ソシオネットワーク戦略研究機構• 赤ちゃん学研究センター.

次の

大阪市立電気科学館

大阪 市立 科学 館

概要 [ ] 大阪市制100周年事業として、から65億円の建物設備の寄付を受けてに開館した。 「 夢宙ときめき館」という愛称を使用していた時期もあった。 前身は、日本初のであり、初めてを導入した(開館は戦前の)である。 科学館が所在する中之島4丁目にはかつてがあり、後にを受賞するがを構想した。 日本ではじめて天体電波観測が行われた地ともいわれ、関連する資料の収集や研究を積極的に行われている。 常設展示では参加型を中心に200のアイテムがあるほか、サイエンスショーなどが行われている。 直径26. 5mのドーム(世界5位)での・()による天体の映写をはじめ、2004年7月にはプラネタリウムが、全天デジタル映像装置を組み合わせた次世代の施設としてリニューアルオープンした。 2008年7月18日には展示場がリニューアルされ、1928年に東洋最初の(人造人間)とされたを復元した実物大の動態模型が公開された。 友の会は会員1050人、ジュニアクラブで170人を擁する。 科学の書籍やグッズを販売するショップとカフェを併設する。 また、収蔵資料として日本初のプラネタリウム(カールツァイスII型)や、で使われた、日本初の本格的化学研究所である舎蜜局(せいみきょく)についての資料、戦前からの電気計測器や電気設備に関する資料などのコレクションを持つ。 また、戦前からの天文学を中心とする普及書籍・雑誌のコレクションは西日本随一である。 大阪市立科学館と なお、同科学館の建設費や改装費などに充てる目的で、大阪市がから以降、72億円を超す寄付を受けていたと、になって新聞各社が報道、寄付金はから支出されていることもあって、問題視されているとした。 しかし、科学館の前身であるは関西電力の母体である旧大阪市電気局 が設立に関わっており、その歴史的関係 について記事では触れられていない。 建築概要 [ ]• 1983年8月25日 - 大阪市制100周年記念事業の基本構想に新たな科学技術館の新設を盛り込む。 1986年9月29日 - 関西電力が市制100周年事業に賛同し科学技術館の寄贈を申し出る。 1988年1月27日 - 建設工事着工。 1989年• 4月1日 - 大阪市立科学館条例設定、科学技術館の正式名称を「大阪市立科学館」に決定。 10月7日 - 開館。 1994年7月29日 - 第1次展示改装全面オープン。 1999年10月7日 - 第2次展示改装オープン。 2010年2月1日 - 大阪科学振興協会が指定管理者となる。 2018年• 3月30日 - 大規模改修に伴い展示場休止。 12月1日 - プラネタリウム休館。 プログラム [ ]• 「宇宙ヒストリア~138億年、原子の旅~」…を起用した。 館長 [ ]• (初代、元教授)• 宮本重徳(二代、元名誉教授)• 伊藤公一(三代、元大阪市立大学教授)• (四代、元大阪大学教授)• 加藤賢一(五代、元大阪市立科学館学芸員)• 齋藤吉彦(現、元大阪市立科学館学芸員) 交通アクセス [ ]• 西へ約350m、 東へ約450m• 西へ約500m• 南へ約800m• 、 田蓑橋停留所 南へ150m、 土佐堀一丁目停留所 北へ400m• (中之島ループバス)市立科学館・国立国際美術館前停留所すぐ• ・・ 周辺情報 [ ]• (グランキューブ大阪)• 本社 出典・脚注 [ ] [].

次の