カルボシステイン 市販。 子ども用市販薬の注意点と症状別の選択肢など【2歳未満は受診が原則】│こそログ~山陰子育て応援ブログ~

カルボシステイン(ムコダイン)ってどんな薬?【薬剤師が解説します】

カルボシステイン 市販

こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。 病院が休みの夜間や休日、旅行先で子どもが風邪をひいて、咳がつらそう。 見守るママもつらいですよね。 すぐに病院を受診できないケースだと、まずは市販薬で様子をみるということもあるかもしれません。 かぜのひき始めで、症状が軽い場合や咳だけが気になる、という場合も、市販薬を使う機会があるかもしれません。 <咳が出たら咳止め>と安易に考えがちですが、 実は、子どもに咳止め薬を使わない方がいいという意見もあります。 12歳未満の子どもに使用できなくなった成分の咳止め薬もあります。 そこで今回、知っていると慌てない、 子どもの咳に役立つ安全な市販薬について、今回はお話しします。 12歳未満の子どもへの使用が禁止された咳止め薬、風邪薬 2019年から、12歳未満の子どもが使えなくなった風邪薬があるのって知っていますか? <コデイン>という咳止めの成分が入った市販の風邪薬は12歳未満の子どもには使用禁止となりました。 コデインリン酸など、医療用(病院の薬)としては、咳がひどい時の咳止めとして現在も使われています。 なんで今回問題になったかというと、 2017年にアメリカで子どもへのコデインの使用が禁止されたのをうけてです。 コデインには、副作用として、 呼吸抑制があります。 さらに、12歳未満の子どもではそのリスクが高くなると考えられています。 コデインは、体で代謝されて、咳を鎮めるはたらきをします。 このコデインの代謝には、人種差があることが知られています。 コデインの代謝が低い日本人が呼吸抑制を起こす頻度は低いと考えられていますが、安全性のための予防措置というわけです。 コデイン系の咳止めは強力でよく効きますが、子どもには強すぎます。 現在は、コデイン入りの市販の風邪薬はないはずですが、必ず<コデインを含まない>ことを確認して選んでくださいね! 一般的な子ども用の咳止め風邪薬を薬剤師が徹底解説! 薬局やドラックストアに行くと、<子ども用>の<咳止め薬>がいろいろと売っています。 例えば、ムヒのこどもせきどめシロップS、宇津こどもせきどめシロップA、キッズバファリンせきどめシロップSなどがあります。 子ども用の場合、コデインやカフェインが入っていないものが多いです。 どのメーカーの風邪薬もみな、いわゆる咳や痰に効く子ども用の咳止め風邪薬で、だいたい同じような成分が入っています。 詳しく解説していきますね! ・デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 脳の中枢にはたらいて咳を鎮めます。 痰が少ない、乾いた咳に効果的です。 眠気の副作用がでることもあるので注意。 医療用(病院の薬)の咳止め薬、メジコンと同じ成分です。 ・メチルエフェドリン塩酸塩 交感神経を刺激して気管支をひろげて咳や痰を楽にします。 咳き込んで息苦しい時に効果的です。 ・ グアイフェネシン 気道の分泌物を増やして痰をうすめて、痰を出しやすくします。 ・クロルフェニラミンマレイン酸塩 アレルギー性の咳を鎮めます。 咳以外にも、くしゃみや鼻水などの鼻炎、皮膚のかゆみなどのアレルギー症状を抑えるためにも配合されています。 ・植物エキス(キキョウ、セネガなど生薬) 痰のきれをよくし、痰を吐き出しやすくします。 穏やかで安心して飲める成分ですが、苦みを感じるものもあります。 咳が出る=咳止め薬を飲むではない! 子どもの咳が続くと、体力を消耗してしまいます。 なので、咳がひどくて眠れない時は、咳止め薬の出番がくるかもしれません。 ただし、 <咳が出たら、すぐに咳止め薬で止めないといけない>というわけではありません。 咳は防御反応のひとつです。 細菌やウィルスを体の外に出して、空気の通り道を確保する役割もあります。 また、喘息の咳を無理に咳止め薬で止めてしまうと、かえって苦しくなってしまうこともあります。 しかも、市販薬の咳止めを使う時は、病院が受診できない時で自己判断がほとんどですよね。 特に、 子どもに咳止めを使う時には注意が必要です。 先ほどご紹介したような咳を止める成分が入った薬よりも、 痰をのぞく(去痰薬)成分だけでシンプルな市販薬の方が、子どもの咳に安心して使えると私は思います。 実際に、病院を受診すると、咳止めが出るのはよほどひどい咳で眠れない時がほとんどです。 それ以外は、ムコダインやムコソルバンといった去痰薬が処方されることが多いです。 なので、市販の咳止め薬でも、 コデインフリーは当たり前として、 子どもの治るチカラを邪魔しない、シンプルなものを選ぶことをおススメします。 病院を受診した場合は、小さな子どもにも飲める薬を処方されます。 でも、市販薬にはいろいろ探してみましたが、去痰薬だけの市販薬、穏やかな咳止め成分だけのシンプルな市販薬ってないんです。 強すぎる咳止めも、熱が出ていないのに解熱鎮痛成分も個人的にはいらないかなと・・・。 子どもの咳が気になるけど病院に行くほどではない、 市販薬で対処しようという場合は、 今回ご紹介したよう去痰薬だけが入った市販薬を私はオススメします。 と同時に、 <何も市販薬を飲まない>という選択肢もあるということも心にとめてくださいね! 夜の咳の場合は、ヴェポラッブや蜂蜜(はちみつ)もおススメです! に詳しくお話ししているので、ぜひ読んでみてくださいね。 我が家はハチミツ派です!! ヴェポラッブの貼るタイプのようなものもあります。 さいごに:市販薬で子どもの咳におすすめは?ママ薬剤師が選ぶ安全な風邪薬 というわけで、 今回は、子どもの咳に役立つ安全な市販薬についてお話してきました。 咳が出ても、必ずしも咳止めは必要ではありません。 市販の咳止め薬には、12歳未満の子どもに使用できなくなった成分もあります。 今回紹介した市販薬は痰を出しやすくすることで咳をやわらげます。 病院の処方に近い形の市販薬です。 強めの咳止め薬が欲しいと思ったら、それはもう市販薬で対処できる咳ではない可能性が高いです。 早めに小児科を受診するようにしましょう。

次の

カルボシステインってどんな薬?市販でも買えるの?

カルボシステイン 市販

去痰薬 この薬をファーストチョイスする理由(2019年9月更新)• ・痰の性状にもよりますが、一番幅広く使いやすい(上気道炎や慢性副鼻腔炎にも適応あり)ことから愛用しています。 (50歳代開業医、一般内科)• ・粉、DS、錠剤、シロップと剤形が多く、小児で昔から使われてきたこと。 大きな副作用がないこと。 (50歳代病院勤務医、小児科)• ・ムコダインは使用経験が多く、特にCOPD患者にはエビデンスもあるため、好んで使用している。 (30歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・特別大きな副作用を経験していない。 原因物質の排除促進など、理にかなっているように思う。 (30歳代病院勤務医、消化器内科)• ・以前はムコソルバンを使っていたが、ムコダインの方が切れがよい。 (50歳代診療所勤務医、一般内科) 去痰薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年3月更新)• ・去痰作用だけでなく、粘性鼻汁の排泄作用もあるので感冒の治療には効果的であり、他剤と比べて使いやすい。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• ・副作用が少ないです。 患者さんによってはサラサラする感じを嫌がる人もいます。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・シロップ、ドライシロップ、錠剤と剤型が多く、患者の年齢によって使い分けがしやすい。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・痰の喀出がスムーズな印象。 咽頭周囲の症状もきちんと改善される。 (50歳代開業医、消化器内科)• ・去痰薬はどれも効果がいまひとつだが、カルボシステインは他剤より喀痰の量が減る。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• ・錠剤が大きいというデメリットはありますが、ドライシロップ製剤があるので小児にも処方しやすいです。 副鼻腔炎様の症状を伴っている感冒例や、後鼻漏合併例に処方しています。 (30歳代病院勤務医、内科系専門科)• ・風邪などの時は、アストミンとムコダインを併用する事が多いです。 喘息やCOPDなど長期投与になる場合には、ムコソルバンの処方が多いです。 (50歳代診療所勤務医、一般内科)• ・小児用の剤型があり、上気道炎の適応もあるため使いやすい。 (50歳代病院勤務医、小児科) 去痰薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年7月更新)• ・使い慣れている、定番の薬だから。 (40代病院勤務医、一般内科)• ・上気道にも下気道にも効くから。 (50代開業医、代謝・内分泌内科)• ・粘性の強い痰や鼻汁に有効で、適応病名が多いから。 (50代診療所勤務医、一般内科)• ・繊毛運動の活性化を促進し、慢性副鼻腔炎、滲出性中耳炎にも効果があるため。 (40代診療所勤務医、耳鼻咽喉科)• ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪を予防するエビデンスがあるから。 (40代病院勤務医、呼吸器内科)• ・嚥下性肺炎の患者に使うことが多いので、痰を減らす作用のあるカルボシステインをよく処方します。 (40代病院勤務医、消化器内科)• ・シロップ、細粒、錠剤と剤形が豊富で、副作用も少なく、上気道炎に適応がある点がよい。 (50代病院勤務医、小児科)• ・ムコダイン錠剤500mgの去痰作用が抜群ですが、錠剤の大きさは改善の余地があると思います。 (60代開業医、耳鼻咽喉科)• ・細粒の味が良い。 錠剤は大きすぎて、高齢者には使いにくい。 (50代開業医、一般内科)• ・ドライシロップが出て、より内服しやすい味になったが、クラリスドライシロップと混ぜると苦みが強くなるのが難点。 (40代病院勤務医、小児科)• ・ムコフィリンはアセトアミノフェン中毒用にとっておくとして、気管支炎、かぜ症候群にはムコダイン、市中肺炎にはアンブロキソールかブロムヘキシンにネオフィリンを併用しています。 (50代病院勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 3).ショック、アナフィラキシー様症状:ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、浮腫、蕁麻疹等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).消化器:食欲不振、下痢、腹痛、悪心、嘔吐、腹部膨満感、口渇等。 2).過敏症:発疹、湿疹、紅斑、浮腫、発熱、呼吸困難等[投与を中止する]。 3).その他:そう痒感。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.肝障害のある患者[肝機能障害のある患者に投与した時、肝機能が悪化することがある]。 2.心障害のある患者[類薬で心不全のある患者に悪影響を及ぼしたとの報告がある]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

痰に効くカルボシステインに市販薬はある?おすすめ市販薬も紹介します

カルボシステイン 市販

子どもの急な体調不良時に「市販の薬で対応出来ないか?」と考えたことはありませんか? 子どもが体調不良になることは日常茶飯事です。 「これぐらいなら受診しなくても良いと思うけど、少し症状は楽にしてあげたい」というケースもたしかにあります。 新型コロナウイルス流行以降は受診控えが起きていることを考えると、市販薬で対応されているケースも増えていることが想像されます。 しかし、 2歳未満の子どもは医師の診察が優先され、市販の薬を使用することは推奨されていないことは知っておきましょう。 自分で症状を伝えられなかったり、急変も少なくないため、特に注意が必要です。 もちろん、市販薬を使っていけないとは思いませんし、私も自分の子どもに使用したこともあります。 しかし、 日本で発売されている子ども用の総合風邪薬・咳止め・鼻水の薬などは、一般的に小児科で使用されている薬とは大きく異なります。 「昭和のころの治療薬かな?」とすら感じますし、子どもには推奨出来ないと個人的に感じている成分すらあります。 個別の症状によって適切な薬も変わるので「この成分は良くない」と言い切るのも難しいですが、「なんとなく」で選択することは注意したほうが良いでしょう。 リスクも含めて自己判断で使うので「市販薬」であり、個人的には「適切に選んで欲しい」と考えます。 前提として、咳・鼻水・下痢などは、身体からウイルスや細菌などを排出するための身体の正常な反応だという面があります。 症状によっては薬を使ったほうが良いかもしれませんが、少なくとも必須ではありません。 子ども用の市販薬について考えます。 子ども用の市販薬の問題点【前提】 子ども用の市販薬は成分が1種類しか含まれないものは少なく、複数種類の成分が配合されているものがほとんどです。 市販薬は重篤な副作用が出にくいような配合量にされていることもありますが、「不要な成分を飲んでいる」可能性が高くなります。 1つの薬で色々な症状を抑えれるというメリットがある一方で、1つの薬で様々な副作用が出ることも懸念されます。 小児科に受診した時に、風邪の診断に対して5種類以上の薬を出されることはあまりないと思います。 その点からも、なんとなく市販薬は配合成分が多いことが理解出来るのではないでしょうか。 「症状に応じて、リスクとベネフィットのバランスを考えた上で、最小限の薬を使用することが理想的」であることは誰もが納得出来ることだと思います。 たくさんの成分が配合されている小児用の市販薬には、言い方は悪いですが「数撃ちゃ当たる」的な印象も受けます。 医療や薬の知識がない人が最小限の薬を適切に選んで買うのが困難なことも事実なので、成分が複数になるのは仕方がない面もあると思います。 しかし、ドラッグストアにも薬剤師や登録販売者がいますので、しっかり相談した上で使用することが重要です。 市販薬服用前に添付文書をよく読んで、理解してから使うことも重要です。 子どもに使う場合は、保護者の方が確実に目を通してから使うようにしてください。 市販薬はリスクを軽減するため、同成分の医療用製剤よりも厳しく記載されています。 一方で、医師から処方される医療用医薬品は、「あなた個人」に処方されている薬なので、事前に色々聞き取りをした上での処方です。 「あなた」が使うための注意はされていますが、「あなたの家族」が使うことは一切想定されていません。 市販薬は「注意事項に当てはまらない人なら使える薬」で、医療用医薬品は「あなたが注意事項に当てはまらない(もしくは問題ない程度である)ことを医師・薬剤師が確認しているので、あなたが使える薬」なのです。 絶対に自己判断で自分以外には使用しないように。 見逃しがちなケースとして、「喘息の人は使わないように」とされている貼り薬などもあります。 「風邪薬だから」、「貼り薬だから」といって、誰にでも使えるわけではないことは頭の片隅に入れておきましょう。 実際に「使ってはいけないと書かれている市販薬を使ってしまった」という相談を受けることは時々あります。 OTCを買うときにもお薬手帳を持っていって相談すれば、安全な選択の手助けになるのではないかと思います。 市販薬販売時の最重要項目は「受診勧奨すべきかどうかの判断」だと考えています(もちろん大変難しいですが)。 咳・鼻水・鼻詰まりの薬は注意 咳:薬以外の選択肢も検討 市販の子ども用咳止め薬は、咳止め効果があるという根拠が弱い成分がほとんどです。 そのため、 個人的には子どもに咳を止めるための市販薬の使用はおすすめしにくいです。 はちみつ はちみつは1歳未満は避けなければなりませんが、一般的な咳止めよりも副作用は少なく、かつ効果的という報告もあります。 参考: こちらのコクランレビューによると、咳の症状緩和としては「治療なし」や「ジフェンヒドラミン」よりも優れており、「デキストロメトルファン」よりは多少効果が劣る可能性があります。 「ならばデキストロメトルファンを使用すれば良い」という考えもありますが、個人的にはデキストロメトルファンは子どもには使いにくいと考えています。 なお、原因次第では下痢止めを使用しないほうが良いことがあります。 細菌やウイルスの感染による胃腸炎の場合には、下痢によって腸内の細菌・ウイルスを出そうとしています。 そこで下痢止めを使ってしまうと、下痢の原因をずっと体内に残すことになり、症状の持続や悪化の要因にもなりかねません。 受診せずに安易に下痢止めを使うのは控えたほうが良いと考えます。 ちなみに、うちの子が1日2回程度の下痢が2日続く程度であれば、受診もせず薬も使いません。 単発の下痢に対して、整腸剤をあえて常備しておく必要性は無いと感じます。 便秘:慢性の場合は受診を推奨 便秘は下痢のようにシンプルに考えるのが難しいため、市販薬を選択するケースは多くないと思います。 うちの子は慢性便秘と診断されていたので、処方された便秘治療薬を使用していましたし、浣腸を切らした際に市販のものを購入して使うこともありました。 ただし、 5日程度熱が長引く場合には、川崎病などの疾患を除外するためにも受診が重要です。 うちの場合は、40度近い熱が出たとしても、他の症状が軽く元気で食事なども問題なければ2~3日は様子を見ることが多いです。 解熱剤を使うかどうかの判断は「辛そう」や「夜寝れない」などで、熱だけで判断することはまずありません。 高熱が5日続くことも少ないので、発熱や咳鼻などを主訴とする受診は平均して年に1回もありません。 もちろん、受診したほうが良いと考える場合は受診させています。 とはいえ、 誰しも子どもに熱が出たら心配になりますし、軽症であっても「受診してはいけない」なんて事はありません。 心配であれば受診を検討しても良いでしょう。 ただし、子どもに処方される解熱剤はほとんどが「アセトアミノフェン」で市販の子ども用坐薬と同成分です。 2回分使っても解熱効果が2倍にはなりませんが、副作用頻度は2倍以上になる可能性があります。 病院に受診したとしても、使った瞬間平熱に戻るような夢の薬はありませんし、「点滴してもらったらすぐ治る」なんてこともありません。 早めの受診が重要な病気もあるので軽視もいけませんが、無理して受診するよりも家でゆっくり寝ていたほうが良いこともあります。 病院や薬局で他の患者さんから感染するケースもありますし、受診が遅れて重症化するケースも考えられます。 「大丈夫そうなら少し様子を見る」という選択肢も持てるようになると良いのではないかと思います。 「大丈夫ではなさそう」だと思えば、必ず速やかに受診してください。

次の