酢 レシピ。 【絶品!】酢モツ(酢もつ)レシピ・作り方

バルサミコ酢の美味しい使い方!簡単レシピもご紹介

酢 レシピ

人気の赤紫蘇ジュースのレシピ・作り方 シソは東南アジアが原産の、5千年以上の大昔から日本で栽培されてきた香辛野菜の一つです。 青ジソの葉は大葉とも呼ばれ、特有の香りは刺し身や天ぷら、薬味などに使われますね。 赤ジソは梅干しや紅ショウガの着色、お漬物などに利用されます。 丁度、6月半ばを過ぎると赤ジソが売られるようになります。 今年も梅干しづくりのシーズン到来ですね! 今年は赤い梅干しを3キロ、そして赤ジソを使わない白い梅干しを3キロ作っています。 赤い梅干しは白梅酢があがったので赤ジソを一緒に漬け込んで土用干し待ちの状態です。 一週間遅れで作っている白い梅干しもそろそろ白梅酢があがってくる頃です。 特に、塩分を控えめにした「塩っぱくない梅干し」づくりにチャレンジしています。 この減塩レシピは別の記事でご紹介させていただきますね。 赤ジソをふた束ほど余分に購入して、シソジュースを作ってみました。 花粉症にも効果があるといわれ、最近は特に人気急上昇中の薬効ジュースです。 花粉症ばかりでなく、のどごし爽かなシソジュースは暑い夏を元気に過す飲み物として重宝します。 作り方はとっても簡単です! カンパリソーダに負けないルビーのような美しい色、この美しい色が赤ジソのエキスなんですよ!! さあ!はじめてみましょう! 赤紫蘇ジュースのレシピ・作り方.

次の

お酢を使った人気レシピで疲労回復!早速作りたいさっぱり&ボリューム料理50選

酢 レシピ

人気の赤紫蘇ジュースのレシピ・作り方 シソは東南アジアが原産の、5千年以上の大昔から日本で栽培されてきた香辛野菜の一つです。 青ジソの葉は大葉とも呼ばれ、特有の香りは刺し身や天ぷら、薬味などに使われますね。 赤ジソは梅干しや紅ショウガの着色、お漬物などに利用されます。 丁度、6月半ばを過ぎると赤ジソが売られるようになります。 今年も梅干しづくりのシーズン到来ですね! 今年は赤い梅干しを3キロ、そして赤ジソを使わない白い梅干しを3キロ作っています。 赤い梅干しは白梅酢があがったので赤ジソを一緒に漬け込んで土用干し待ちの状態です。 一週間遅れで作っている白い梅干しもそろそろ白梅酢があがってくる頃です。 特に、塩分を控えめにした「塩っぱくない梅干し」づくりにチャレンジしています。 この減塩レシピは別の記事でご紹介させていただきますね。 赤ジソをふた束ほど余分に購入して、シソジュースを作ってみました。 花粉症にも効果があるといわれ、最近は特に人気急上昇中の薬効ジュースです。 花粉症ばかりでなく、のどごし爽かなシソジュースは暑い夏を元気に過す飲み物として重宝します。 作り方はとっても簡単です! カンパリソーダに負けないルビーのような美しい色、この美しい色が赤ジソのエキスなんですよ!! さあ!はじめてみましょう! 赤紫蘇ジュースのレシピ・作り方.

次の

さしす梅干し レシピ 横山 タカ子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

酢 レシピ

Contents• 酢玉ねぎの効果 お酢が、「健康に良い」ことは広く知られています。 お酢の酸味は「酢酸」と呼ばれ、体内に入ると「クエン酸」という物質に変化します。 この「クエン酸」が、体内で他の食材と影響し合いビタミンCやカルシウム・ミネラルの吸収をサポートしたり、糖と結びついてグリコーゲンの補充速度を上げ疲労回復を高めてくれるなど、健康に嬉しい相乗効果をもたらしてくれます。 また、内臓脂肪の蓄積を抑えることだけではなく、血糖値の上昇やコレステロール値を下げる効果もあります。 玉ねぎにも• 血液をサラサラにする効果• 疲労回復• 動脈硬化の予防• 血糖値低下作用• 悪玉コレステロールを下げてくれる働き• 抗酸化作用(活性酸素を防ぐ力)• 抗炎症作用• 脂肪の吸収を抑える効果• 冷え性改善 こんなにたくさんもの効果があります。 丈夫な血管とキレイでサラサラな血液をつくる、お酢と玉ねぎ。 効果を得られるには毎日適量を摂取する必要があります。 しかし、お酢を毎日飲み続けるのは少し抵抗がありまよね。 でも飲むことをやめてしまうとその効果は逆戻り。 玉ねぎの効果も効率よく取るためには、生でたべるのがオススメです。 つまり、「酢玉ねぎ」にすることで毎日摂取しやすくなるだけでなく、ダブルで高い効果を期待できるのです。 また、玉ねぎに含まれている「ケルセチン」には、高い抗酸化力があり老化の原因となる活性酸素を抑えて、シミ・くすみ・たるみなどを防いでくれるので、美肌効果にも良いといわれています。 更に、脂肪吸収を抑える作用もあるのでダイエット効果も期待できます。 便秘解消にもオススメです。 玉ねぎの効果とは? たまねぎが栄養豊富で、さまざな効果があることは広く知られていますよね。 では、その効果とは? たまねぎには、ドロドロ血液をサラサラにする3大成分が入っています。 血管の中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えてしまうと、血液がドロドロになっていまいます。 たまねぎに含まれるケルセチンには、これらを溶かして血液をサラサラに整えてくれる効果があります。 また、たまねぎに含まれる硫化アリルやイソアリインという成分は血液が固まるのを防いで血栓をできにくくしてくれます。 ケルセチンは抗酸化力が高いので、血管の老化を防ぐ効果もあります。 ケルセチン• 動脈硬化の予防• 抗酸化作用(活性酸素を防ぐ力)• 血糖値低下作用• 脂肪の吸収を抑える効果• アレルギーの緩和作用• 脂肪の吸収を抑える効果 硫化アリル• 血液の凝固や、血管を詰まらせる血栓を防ぐ• 脂肪の吸収を抑える効果• 悪玉コレステロールを下げてくれる働き• 筋肉がほぐれ、体が温まる• 筋肉疲労が回復 酢の効果• 血液サラサラ効果で血流アップ• 脂質分解• 新陳代謝増進• 疲労回復効果も抜群 お酢には、疲労回復効果があることは広く知られています。 お酢の中に含まれるクエン酸や酢酸等は、疲労回復の効果があり血流を良くする効果があるため、冷え性や肩こりの解消にもつながります。 また、内臓脂肪と皮下脂肪を減少させる効果があります。 さらに最近では、中性脂肪の減少にも効果があることが分かりました。 しかし、それはお酢を飲み続けることにより効果が生まれ、お酢を飲むことを止めてしまうと、効果がなくなってしまいます。 お酢は、健康にも良く、ダイエット効果も得られる両方のメリットがあります。 酢玉ねぎのダイエット効果として大きく上げられることは、体重の増加を抑えることができるところです。 また内臓脂肪の蓄積を抑えることだけではなく、血糖値の上昇やコレステロール値を下げる効果もあります。 玉ねぎだけでもダイエット美容効果があるのですが、お酢との組み合わせで効果が更にアップすることが期待できます。 繊維(縦線)に直角に包丁を入れて薄切りにする。 スライサーを使ってもOKです。 全体になじんだら冷蔵庫に入れる。 保存方法:冷蔵庫 消費期限:1週間~10日間 黒酢で作ってもOK! 黒酢にはアミノ酸やクエン酸など豊富に含まれているのでより効果的。 アミノ酸は一般のお酢の約10倍も含まれます。 コレステロールの代謝を促進し、血液をサラサラにする働きがあると言われています。 (水にさらす) 切ってすぐは辛いので水にさらしますが、水溶性成分なので短時間(5分程)ですませましょう。 (30分以上放置) 切ったたまねぎをざるに上げそのまま室温で30分以上放置しても辛味が抜けます。 たまねぎの皮には、ケルセチンが豊富に含まれています。 ケルセチンとは、血管をやわらかくして動脈硬化を予防する効果があります。 また、コレステロール値を下げる効果もあると言われています。 ですので、たまねぎの皮も活用しましょう。 2、かつお節をのせ、醤油を少々かけたら出来上がり! 酢たまねぎのせ冷奴 写真8 (材料) 4人分 絹豆腐 1丁 酢たまねぎ かつお節 適量 小ねぎ 適量 めんつゆ 適量 作り方 1、豆腐を8等分に切り、器に盛る。 2、酢たまねぎ・かつお節・小ねぎをのせ、めんつゆをかけたら出来上がり! 〈コツ・ポイント〉 豆腐に、酢たまねぎ・かつお節・小ねぎをのせるだけの簡単レシピ。 あっさりと食べられるのでお酒のおつまみにもなりそうです。 酢たまねぎでトマトサラダ (材料) 1人分 酢たまねぎ トマト 1個 酢たまねぎ 適量(お好みで) オリーブオイル 小さじ1 パセリ 作り方 1、冷えたトマトを薄く切り、お皿に並べます。 2、酢たまねぎを食べやすい大きさに切り、並べたトマトの上にのせます。 2、ボウルに入れてつぶします。 3、きゅうりは薄切りにして塩をかるく振る。 にんじんはいちょう切りにして茹でる。 ハムは1センチ角に切ります。 4、水分をきった野菜と酢たまねぎを加え、オリーブオイルとマヨネーズ等を加えて混ぜ 合わせます。 酢たまねぎを入れることで、マヨネーズの量を少なめにできました。 なのでカロリーをおさえることができます。 又、酢たまねぎを食べることで代謝も良くなるので嬉しい一品ですね。 酢たまねぎでマグロのカルパッチョ (材料) 4人分 酢たまねぎ マグロ ブロッコリースプラウト 作り方 1、ブロッコリースプラウトの根を切り、水洗いしてから、水を切っておく。 、 2、マグロを薄いそぎ切りにする。 3、お皿に、そぎ切りにしたマグロを盛りつける。 4、マグロの上に、酢たまねぎとブロッコリースプラウとをのせる。 5、最後に、オリーブオイルをかけたら出来上がり! 〈コツ・ポイント〉 和えるだけでできる簡単レシピです。 抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれているブロッコリースプラウとを入れることで、血管力を上げる効果に優れます。 2、卵を溶きほぐし 1 に加え、ごま油、片栗粉を加えてそのつどよく混ぜる。 ときどき返しながら4~5 分かけカリッと揚げます。 油をよくきり器に盛りつける。 4、酢たまねぎに、小ねぎ・醤油を加え、鶏のから揚げにかける。 (コツ・ポイント) 酢たまねぎを入れることで、健康効果も期待されあっさりと美味しくいただけます。

次の