ドメイン ポイント。 SEO対策を考えた場合のドメイン選定方法5つのポイント

ドメイン種類を選ぶときの 2つのポイント | TK

ドメイン ポイント

タグ All-in-One WP Migration メルマガ読者限定 初心者 一般設定 ワードプレス引っ越し ワードプレス レンタルサーバー リサイズ マーカーアニメーション 副業 マインドマップ マインド ホワイトSEO プロフィールページ プラグイン ブログ初心者 初期設定 商標記事の書き方 ブランディング 画像圧縮プラグイン 記事ネタの探し方 見出し 職業 精神 社会 短縮URL 独自ドメイン 固定ページ 特化ブログ 文字装飾 文字数 成果 感情 学んだこと 基礎スキル ブログタイトル ブラックSEO ASP PrettyLink アクセス解析 アクセスアップ ずらしキーワード youtube SSL SEO対策 PDCA エックスサーバー HSTS Googleサーチコンソール Googleアナリティクス Gmail Facebook広告 cocoon ASUS アフィリエイト エックスドメイン フリーメールアドレス チャンネル名 パーマリンク パソコン ノートパソコン ディスカッション設定 テーマ テンプレート セルフバック カテゴリー設定 サーバー サブアドレス サイトマップ コンセプト グーテンベルグ クリック解析 キーワード選定 記事構成 0:19 0:46 1:18 3:37 6:49 8:55 独自ドメインの決め方5つのポイント 独自ドメインは自分で自由に決めることができますが、どんな基準でドメインを決めればいいのか?わからない人も多いと思います。 今回はパーソナルブログ(雑記ブログ)を作るときにおすすめできる独自ドメインの決め方について解説していきますね。 なるべく文字数を少なく• 独自ドメインは当て字OK• ブログ名 タイトル と同じ意味だとなお良し• トップレベルドメイン comやnet は自由でOK• 日本語ドメインはパーソナルブログではスルー では、それぞれ詳しく見ていきます。 理由は簡単で、そのほうが入力しやすいし、覚えてもらいやすいからです。 また、画像にURLを載せたり、名刺にURLを載せるなどの時に長いとデザイン的にもよくありません。 短く、シンプルにわかりやすいものにしましょう。 当て字は文字の短縮に一役買うからです。 私のブログの独自ドメインを例にして解説しましょう。 「sukesan. jp」このドメインのsan部分を私は当て字にしました。 「san」を 数字の「3」に変換。 「suke3. jp」 こんな感じですね。 これ以外にも当て字はいろいろあるので、積極的に当て字変換していきましょう。 これも理由は単純で、ブログ名とブログURLが一緒の方が統一感があるという理由ですね。 例を出すと、私のブログ名は【アナザードア】なので、独自ドメインも【another-door. 〇〇〇】のように統一したほうがいいよ!ということです。 ですが… 私のこのアナザードアはブログ名とドメインが違います。 これには色々理由がありまして、詳しく知りたい方は下記の動画を確認してみてください。 トップレベルドメインは、自由に決めていただいてOKです。 メジャーなトップレベルドメインは【. com】や【. net】でしょうかね。 私のsuke3の場合は. comも. netも取得されており、. jpが空いていたのでそれに決定した感じです。 理由は日本語ドメインはピュニコードというものに変換されてしまうからです。 どういうことか?例を出しますね。 例えば【すけさん. jp】という日本語ドメインを取得した場合。 ピュニコードに変換すると【xn--08jik8u. jp】のようになります。 端的に解説すると、人間には【すけさん. jp】と日本語で見えているけど、グーグルは【xn--08jik8u. jp】で認識しているということです。 この日本語ドメインはスピンオフサイト(商標サイトや特化サイト)で使うのはありなのですが、雑記ブログではスルーしたほうが無難です。 独自ドメインの探し方はムームードメインを使おう! どんな独自ドメインにするかある程度考えたら、そのドメインが取得できるか?を確認しないといけません。 ドメインを探したり確認するときは【ムームードメイン】というドメイン業者のサイトを使うと見やすいので便利ですよ。 ムームードメインURL: 検索欄に取得したいと考えている英数字を入力し【検索する】を押すだけですね。 すでに誰かが取得してしまっているドメインについては【取得できません】と表示されるので、その場合は他のドメインを再度考えないといけません。 現在はを推奨しています。 詳しくは を参考にしてください。 独自ドメインとはWeb上の住所のようなもの 独自ドメインとは超絶簡単に解説すると【Web上の住所】のようなものです。 厳密にいうとそれはURLになるのですが、 URLの中の1つの要素にドメインというものがあるという感じです。 私のブログを例にした場合、独自ドメインというのは【suke3. jp】になります。 で、【. jp】がトップレベルドメイン。 トップレベルドメインの種類によって料金が違うので注意. comや. netなど、トップレベルドメインの種類によって年間の金額が異なります。 comや. netは年間1500円ぐらいですが、jpですと2800円ぐらいになります。 もっと年間料金が高いトップレベルドメインもあるので、年間どのぐらいの金額がかかるかしっかり確認しましょう。 初年度は激安なドメインに注意しよう 各ドメイン販売業者さんは頻繁にドメインのキャンペーンを行います。 ドメイン1円!とかよくやっているんですけどね。 そうすると、 「100個ドメインとっても100円やん!ぐへへへ!」 と思っちゃう気持ちもわかるのですが、2年度以降4000円とかかかってしまうトップレベルドメインとか結構あります。 とくに初年度や1円とかのキャンペーンを行っているドメインの場合は特に。 自動更新の設定を忘れていたりすると、 初年度100円なのに2年目に40万かかるというラリーな展開になってしまう場合もあります。 商標サイトやスピンオフサイト、量産戦略などを行っている人であればそのキャンペーンを利用するのは大ありです。 ですが、パーソナルブログ(雑記ブログ)の場合は、ドメインを数多く取得しても使わないので、無駄に取得するのはやめましょう。 まとめ ブログ名が決まっていると、独自ドメインは比較的早く決められます。 ただ、意味があって短い単語ほど他の誰かに取得されている場合が多いです。 なんせ、世界中の人が対象なので。 そんな時は日本独自の当て字文化をドメインに取り入れて考えるのは大ありですね~。 当て字にすると文字数も少なくなるし、インパクト性も出てくるので個人的にはおすすめです! 独自ドメインは世界中で1つしかないあなた独自の者です。 しっかり考えて取得するようにしましょう!.

次の

後悔しない独自ドメインを取得!参考にしたい3つのポイント

ドメイン ポイント

タグ 沖縄 Googleアドセンス 川遊び KOBE電子図書館 サーチコンソール THE THOR SSL プラグイン エックスサーバー GDPR ドメイン 文房具 きかんしゃトーマス ガチャ カプセルプラレール 柴田ケイコ レストラン ノラネコぐんだん kodomoe ローラーコースター WAF Google Chrome 淡路島 おもちゃ ラン活 花見 10連休 ゴールデンウィーク Facebook SNS 口唇ヘルペス ネット用語 日帰り温泉 ビニールプール インテックスプール 西松屋 K-libネット 神戸市立図書館 プレゼントキャンペーン LIONテーマ ベビー用品 夏 ベネッセ 記念フォトブック 神戸 ネット注文 言葉 宝くじ ワーママ FP3級 独学 資格 道の駅 投資信託 ホテルバイキング 子育て カニ リッチェル トイレトレーニング 絵本 公園 フルーツフラワーパーク 須磨海浜水族園 観光 WOWOW キャッシュバック しまじろう 認定こども園・保育園 LION BLOG DIY LION MEDIA 兵庫県 おやつ FP3級 病気 海外ドラマ こどもの病気 童心社 空港 テーマパーク 退職 くれよん サービスエリア 求職活動 鉄人28号 東京 教育画劇 STAYHOME• こんにちは、こはるです。 よーし、これから自分のサイトを作るぞー! と思ったときに、まず用意しないといけないのがサイトのアドレス(URL)です。 このURLのことを「ドメイン」と呼びます。 自分のサイトなので、自分の好きなドメインにすることができます。 でも、 どんなふうに選べばいいのか、 どんな「ドメイン名」をつければいいのか、 初めてだと悩みます。 どういう基準で選べばいいのか私もわかりませんでした。 そこで、初めてかたでもわかるように、ドメインについてまとめてみました。 このページでわかること ・ ドメインとは? ・ ドメインを選ぶポイント! ・ ドメインを選ぶときに気をつけたいこと! ・ 独自ドメインのメリット! それではいってみましょう。 ドメインはネット上の住所 ドメインは、「Webサイトのアドレス(URL)」 すなわち、 インターネット上の住所を表してします。 そのため、同じ住所が2つ存在しないということは、 あなたが決めたドメインは、 世界にひとつしかないのです。 net」ですが、 「 mammaridea. net」の部分がドメインにあたります。 ドメインは、さらに、 「 トップレベルドメイン(TLD 」と「 セカンドレベルドメイン(SLD)」にわかれます。 トップレベル と セカンドレベル ってなあに? トップレベルドメイン(TLD) トップレベルドメインとは、URLの「. com」の部分にあたります。 この部分は、さらに、 分野別(gTLD)、 国コード(ccTLD)、 属性型JP というように分かれていきます。 jp 日本国内の在住者用。 分野別. com 主に企業や商業サービス用. net ネットワークサービス用. org 非営利組織用. info 情報サービス用. biz ビジネス用 属性型JP. jp 企業用(日本国内で登記を行っている会社・企業のみ). jp ネットワークサービス用. jp 教育機関用(大学). jp 政府機関・特殊法人用. jp 特定の法人組織用 「. com」以外にも、見たことがあるドメインがありますよね。 国コードトップレベルドメイン(ccTLD). jp 日本に割り当てられてコードで、日本国内に在住する個人(団体)であれば誰でも取得することができます。 分野別トップレベルドメイン. com. net. org. info. biz 利用者の居住国に関係なく誰でも取得することができます。 属性型JPドメイン. jp 「jp」と付いているので、もちろん日本国内に在住する個人(団体)しか取得することができません。 さらに、該当する機関であることを申請しないと取得できません。 ということで、 一般的によく使われているのは、 「. jp」「. com」「. net」あたりです。 その中でも世界中で一番使われているのが 「. com」です。 com」や「. net」は、 商用・ネットサービス用と特徴に書いてはいますが、 その用途に関係なく使われているので、あまり気にする必要はありません。 セカンドレベルドメイン 当サイトの「 kohamama」部分にあたります。 この部分は 自由に決めることができるので、自分の好きな単語や言葉を使うことができます。 一般的には英数字を使いますが、全角の日本語を使うこともできます。 どんなドメインを選んだらいいの? ドメインは、「 サイトの顔」いわば「 看板」のようなものです。 会社の名前をコロコロと変えないように、 ドメインも一度取得してしまえば、そうそう変えることはありません。 失敗しないためにも、よく考えて決めないといけません。 何よりも大切なことは これから、ポイントを紹介していきますが、 それよりも 一番大切なのことは、 愛着が湧くドメインにすること 愛着がないと、 サイトやブログを育てることができません。 育てるってどういうこと?って思われるかもしれませんが、 サイトやブログが 評価されるには、それなりの手間と時間がかかるからです。 それは、野菜や果物を育てるのに似ています。 1.種をまく(サイトの基本を作る) 2.水をやる(コツコツとコンテンツを投入していく) 3.雑草を抜く、間引く(投入したコンテンツの手入れをする) 4.実る(評価される。 アクセス数が増えてくる) 2 と 3 を繰り返すことで、実りにつながるのです。 スポンサーリンク SLDを選ぶポイント! SLDはセカンドレベルドメインのことです。 みなさんが自由に決めることができる部分です。 短くて、覚えやすいもの パッと見て、誰もがすぐにわかるドメインが一番いいと言われています。 長いアドレスって、迷惑メールに表示されてたりするので、あんまりいい印象がないですよね。 サイトテーマに合わせたもの サイトのコンテンツと関連しているほうが、ユーザーもわかりやすいですよね。 サイトのキャッチコピーでもOKです。 サイトのタイトル もうすでに、このタイトルでいくぞ! って決めているのであれば、それが一番です。 オフィスや店舗名 自分でオフィスや店舗を開いている(開く予定)であれば、その名前を使う。 シンプルでわかりやすいですよね。 自社の製品があるのであれば、その商品名でつけるのもOKです。 自分の名前 自分の名前といっても、ハンドルネームやペンネームなどでもOKです。 本名でも、もちろんOKです。 当サイトは、「こはるママ」を略して「kohamama」でつけました。 ドメインの例 例:「 こはるのお花屋さん. com」 日本語で登録することも可能です。 これだと、すぐにお花屋さんってことがわかりますよね。 例:「 mizumore110. com」 アルファベット以外にも数字も使えます。 「水漏れ110番」と読んでもらい、水回りのトラブルに対応してくれるお店のサイトだとわかりますよね。 TLDを選ぶポイント! TLDはトップレベルドメインのことです。 決められた中から選びます。 一般的によく使われているのは、「. jp」「. com」「. net」あたりでしょうか。 初めて選ぶ場合は、ここから選ぶのが安心です。 jp」は他の2つより1,000円程高めですけどね。 気をつけたいポイント! ドメインを取得するにあたって、気をつけたいポイントがあります。 ドメインは早いもの勝ち! ドメインは早いもの勝ちって知ってましたか? 同じドメインを複数の人が探していた場合、先に登録した人の勝ちです。 そのため、誰もが考えそうなフレーズだと、 すでに登録されている可能性があります。 入力間違いされても大丈夫? 似たようなドメインの場合、 入力間違いがコワい・・・。 セカンドドメイン(自分が決めるところ)が同じで、TOPドメインだけが違う場合、 例えば、考えているドメインが「enjoylife」だとすると、 「enjoylife. com」が使われていたので、「enjoylife. net」に決めました。 でも、間違って「. com」を入力してしまった。 すると・・・なんだか 怪しげで いかがわしいサイトが表示されて・・・。 そんな、 ショッキングなことが起こらないようにするためにも、 事前に調べておいた方が安心できます。 新しいと思ったら中古だった!? 新しく取得したので新品のドメインだと思っていたら、実は、中古ドメインだったってこともあります。 中古ドメインの場合、過去のサイトが「いかがわしいサイト」であったり「暴力的なサイト」であった場合、いくら頑張ってもGoogleさんが嫌って、なかなか評価してもらえなかったりします。 事前に調べておく方がいいと思います。 「Wayback Machine」というサイトで、そのドメインの過去の使用状況をチェックすることができます。 詳しい使い方は、Yozaさんのサイトで紹介されています。 2年目以降の価格! TOPレベルドメインは、どんどん新しいものが登録されています。 例にあげると、「. xyz」「. work」「. info」「. biz」などなど。 新しいドメインはキャンペーンをやっていることが多く、1年目の価格が安くなっていたりします。 安いからコレに決めた! って、すぐに飛びついてしまうとあとから痛い目に・・・。 それは、 2年目以降の金額が ドッカーン!と跳ね上がることがあるからです。 よく確認をしてから申し込みする必要があります。 ちなみに、先ほど例で紹介したドメインの価格(年額)を「 」見てみると(2018年6月8日時点) ドメイン 1年目 2年目以降 「. xyz」 30円 1480円 「. work」 1円 990円 「. info」 320円 1480円 「. biz」 399円 1480円 「. work」なんて1年目、 1円 ですよ!! すでに使われて取れないよ!! ドメインは早いもの勝ち! だから、希望するドメインを取れない場合があります。 そんなときは、いろいろと工夫をしてみましょう。 ハイフンを入れてみる 例: 店名「フラワーショップ キュート」 URL「flowershopcute. com」 「flowershop-cute. com」「flower-shopcute. com」 省略してみる 先ほどの例で 「shopcute. com」「flowercute. com」 業種を入れる 「〇〇-blog. com」「〇〇-web. com」「〇〇-info. com」「〇〇-food. com」 名前を入れる 「koharu-blog. com」「koharu-web. com」「koharu-info. com」「diet-koharu-blog. com」 独自ドメインのメリット 独自ドメインのデメリットは「お金」、つまり「維持費」がかかることです。 しかし、それ以上に得られるメリットもあります。 同じドメインを使い続けることができる 同じドメインを使い続けることで、サイトが育っていきます。 仮に レンタルサーバーの会社を変更したとしても、同じドメインを使い続けることができます。 しかし、無料で作れるサイトやブログサービスを利用した場合、いつ、そのサービスが提供中止になるかわかりませんよね。 サービスが停止になった場合、また新しいサービスを探すことになります。 そうすると、サイトアドレスは新しいもに変わります。 せっかく、時間をかけて育ててきたサイトやブログの評価はゼロに逆戻り。 そんなリスクが伴っているのです。 専用のメールアドレスも使える スマホのキャリアを変更した場合、今まで使っていたキャリアのメールアドレスは使えなくなりますよね。 docomone. ezweb. 検索エンジン最適化(SEO)で有利 検索エンジン、すなわちGoogleさんからの評価です。 Googleさんは、上位1ページ目には同じドメイン内のページを2つ以上表示させないというルールがあります。 seesaa. このSeesaaブログで、同じような内容の記事コンテンツがあった場合、 どのページアドレスにも「. seesaa. net」っていうのが付きますよね。 この「. seesaa. net」とついている同じような内容のページは、 検索結果の1ページ目には2つ以上表示しませんよってGoogleさんが言っているのです。 ちょっと不利ですよね。 独自ドメインだと、そのような制約を受けることがないので、質の良い、ユーザーに役立つコンテンツを提供し続けていると、自然にSEO的な評価も上がっていくというメリットがあります。

次の

ホームページアドレスとは|決めるポイント、独自ドメイン取得まで

ドメイン ポイント

独自ドメインを取得時に気を付けるべき3つのポイントを紹介します。 これからブログアフィリエイトを始めるなら、 無料ブログよりもWordPressがオススメです(^^ そして、WordPressでブログを始める時に必要となってくるのが、 レンタルサーバーと独自ドメインです。 最近、レンタルサーバーの記事が続いたため、 本日は独自ドメインについて解説していきます。 「そもそも独自ドメインとは何だ~!」 って話ですが、簡単に説明すると、 あなたのブログの住所となるURLの事を指しています(^^ 例えば、私のアフィリエイトブログであれば、 「afsiyo. com」 が独自ドメインに該当する部分に当たります。 あなただけの【オリジナルのURL】ということで、 【独自ドメイン】という名称になっています(^^ 独自ドメインは、ドメインの登録を管理する会社から 取得するわけですが、ドメイン取得時の 3つのポイント、注意点をご紹介してみます。 1.ドメインの種類は「. com」がオススメ! 独自ドメインを初めて取得する時に迷うのが、 「. com」や「. net」、「. info」など ドメインの種類をどれにするのかという問題です。 私の独自ドメインの中の「afsiyo」部分は空きさえあれば、 自由に取得できますが、それ以下の部分は あらかじめ決められた選択肢の中から選ぶ必要があります。 オススメは「. com」です! SEO的に優遇されているなんて説もありますが、 私がオススメする理由は【安心感】です(^^ お気に入り登録しているサイトのアドレスを見て頂くと 良く分かりますが、一般的には「. com」を 利用している方が圧倒的に多いんですね。 つまり、訪問者の方がURLを見た時に、 違和感無く、受け入れられるのが「. com」です。 これが「. us」だったり「. ドメイン名は短く、そしてブログのテーマに沿ったものを 取得しておくとなお良いですね(^^ 3.日本語ドメインも効果的! ドメイン名は英数字で取得するのが一般的ですが、 日本語で取得することもできます。 例えば、パズドラ攻略日記であれば、 「パズドラ攻略. com」 ですね(^^ 日本語ドメインを取得すると、URLの中に 「パズドラ攻略」というキーワードが含まれるため、 SEO効果が非常に高まります。 ただし、あくまで効果があるのは、 【完全一致しているキーワード】のみです。 「パズドラ攻略. com」がもう既に取得されているからといって、 「パズドラ攻略24. 希望する日本語ドメインが取られていた場合や、 不安な場合は、一般的な英数字ドメインがオススメです。 独自ドメイン取得時のポイントまとめ 独自ドメインは有料となりますが、「. com」なら 年間で950円くらいなので、1ヶ月たったの80円くらいです。 缶コーヒー1本買うより安いです。 先日も解説したように、検索エンジンからの評価は、 ドメインに対して付きますので、独自ドメインを育てれば、 将来の資産として永久に残ります。 これぞっ!というドメイン名を思い付いたら、 即取得がオススメです(^^ 独自ドメインの取得はこちらがオススメです。

次の