ソフトバンク 着信 拒否 され たら。 【144】指定した電話番号からの着信拒否を”電話発信だけ”で設定する方法

着信拒否した場合のアナウンス内容まとめてみた―相手にはバレます…

ソフトバンク 着信 拒否 され たら

「そのまま待っていれば折り返しが来るかなと思っていても、全然かかってこないので、こちらから再度折り返した。 」そのような経験を持つ人もいるのではないでしょうか? 通常、電話をかければ着信履歴が残ると思われがちですが、話し中であれば電話は繋がりません。 電話が繋がらなければ着信履歴は残りません。 ソフトバンクの場合、これはiPhoneでもAndroidスマホでもガラケーでも同じです。 今回は、通話中にかかってきた着信の履歴を残す方法をお伝えしていきます。 しかし、こちら側の端末に着信履歴が残らなければ、誰から着信があったのかもわからず折り返しようがありません。 これを仕様だと言われればそれまでですが、仕事などでも携帯を使う人にとっては、意外と重要な問題です。 大事な取引先との電話だったらと考えると、心配すると思います。 最近は、スマホデビューをする年配の人も増えていますが、「スマホに変えたのをきっかけに着信が残らなくなった」という人もいるでしょう。 だからといって、スマホだと着信履歴が残らないというわけではありません。 通常、ガラケーからスマホにすると料金が上がる場合が多いです。 パケット料金などがガラケーに比べると割高なのがその理由の1つです。 そこでよくあるのが、料金の上り幅を抑えるために、今まで契約していた「オプション」を解約するという方法です。 また、「留守番電話サービス」に加入するという手もあります。 「割込通話」は月額216円、「留守番電話」は月額324円で加入できます。 また、割込通話に留守電だけでなく、紛失捜索サービスやセキュリティなどもセットになった、「基本パック」であれば月額540円で加入できます。 「基本パック」は端末購入時のみしか加入できませんが、「割込通話」と「留守番電話サービス」は後からでも加入できます。 必要だと思う人は加入しておきましょう。 「割込通話」を契約後、端末設定が必要になります。 iPhone の場合• ホーム画面より「設定」を選択• 「電話」を選択• 「MENU」より「端末設定」を選択• 「通話設定」を選択• 「その他のサービス」を選択• ケータイの場合• 「MENU」より「設定」を選択• 留守番電話サービスの場合は通知方法が二通りある 「留守番電話サービス」の場合、着信のお知らせが二通りあり、通常の着信履歴に残る場合もありますが、不在着信のお知らせがメールで来る場合もありますので注意が必要です。 ちなみに、iPhoneは着信のお知らせが「メール」できます。 どちらの通知になるのかについては機種によって違います。 着信を直接試してみるのが早いと思いますが、ソフトバンク総合案内の「157」へ電話をかけて聞いても調べてくれます。 また、着信お知らせ機能でメールでの連絡が来る機種の場合、設定で着信お知らせ機能をオフにすることもできます。 もしも着信お知らせ機能がオフになっていれば、設定しておきましょう。 以上、通話中に別の着信があったときに着信履歴を残す方法でした。 知らない人は意外と多いのでソフトバンクの携帯を使っている人に教えてあげてくださいね。 新規契約や機種変更をするなら、店頭よりもオンラインショップのほうが、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、安く購入することができます。 公式: ドコモオンラインショップでは、頭金(相場5,000円~10,000円)以外にも事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。 公式: urasoftbank.

次の

携帯が話し中か調べることはできる?着信拒否されている可能性は?

ソフトバンク 着信 拒否 され たら

着信拒否されている時は通話中状態の音と同じ キャリアに問わないスマホ標準の着信拒否設定をした場合、発信したあとコールがかからずに「プー、プー」と鳴ります。 相手が通話中の時と同じ状態です。 そのため通話中なのか実際に着信拒否をされているのか判断が難しくなります。 一度だけではただの通話中なのか、着信拒否なのかわかりません。 これは着信拒否をしたと明確に分からない様にするためと考えられます。 ストーカーや攻撃的な人がいた場合、明確に「着信拒否をしています」とアナウンスすると逆上してしまう可能性があるからです。 時間を空けて数回かけてみて同じ状態なら着信拒否と判断して良いでしょう。 特にiPhoneを使用している方が着信拒否をするとキャリアに対するサービス料がかからないため、この方法で設定する方は多くなります。 Softbankの場合の着信・通話拒否アナウンス ソフトバンクと契約している人が拒否設定すると、オプションのサービスを申し込む段階で9種類の中からアナウンスを選べるようになっています。 相手がソフトバンクのスマホを持っていて、これらが流れてくれば着信拒否と判断することができます。 「この電話はお受けできません」 「この電話はお繋ぎすることができません」 「この電話はお客様のご都合によりお繋ぎできません」 「おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません」 「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません」 「電話番号をお間違えではないですか? この電話はお繋ぎできません」 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません」 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様の申し出により現在お断りしております」 「This is Softbank. 」 上記の9種類のアナウンスのいずれかが流れた時には着信拒否をされていると認識しましょう。 Docomoの場合の着信・通話拒否アナウンス ドコモのサービスを使った着信や通話拒否設定はとてもわかりやすいです。 そのため着信拒否されているか確認がしやすい通信キャリアです。 アナウンスはこのようになっています。 「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」 「お客様のご要望により、お繋ぎすることができません」 このいずれかのアナウンスが流れた後、自動的に電話は終了します。 また相手側に着信履歴が残ることはありません。 上記のアナウンスが流れて通話が終了した際には着信拒否されていると判断することができます。 auの場合の着信・通話拒否アナウンス auの着信拒否時のアナウンスは以下の様に流れます。 「おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりおつなぎできません」 「おかけになった電話をお呼びしましたが、お繋ぎできませんでした」 また下記のアナウンスも一見すると着信拒否に思いがちですが、これは例外として扱うことができます。 「この電話をお呼びしましたがお出になりません」 このアナウンスは相手が留守番電話設定をしていない状態で20秒以上コールを鳴らしてみても相手が電話を取らなかった場合に流れます。 このアナウンスが流れた場合は拒否されていると決めつけないようにしましょう。 恐らく仕事中で忙しいのだろうと、気長に返事が来るまで待ちましょう。 LINEモバイル・UQモバイル・Y! モバイルなど格安SIM(MVNO)の着信・通話拒否アナウンス 最近増えている格安SIMの着信拒否・通話拒否の場合も、先程までの3大キャリアと基本的に同じです。 これは、格安SIMがそれらのキャリアの回線を使っているからです。 そのため相手が格安SIMを利用している場合でも先述のアナウンスが流れます。 それらのアナウンスが流れた時には着信拒否をされていると確認できます。 メールの受信拒否がされている場合の確認方法 アドレスが間違っている時など理由がある場合は送信後にキャリアからエラーメールが届きます。 しかし個別で受信拒否された場合はエラーメールは来ません。 つまり、こちらからは送れているように見えて実際相手には届いてない、という状態になります。 これも判断は難しいのですが、返信を求めるメールを何度送っても反応がない場合には受信拒否をしている可能性が考えられます。 LINEを着信拒否・ブロックしている場合 LINEの通話における着信拒否設定は、友達リストにいる全ての人の音声通話を拒否する方法があります。 この設定を相手がしていると音声通話は繋がりません。 しかしメッセージのやりとりができるので「この人は事情があってLINEの音声通話を使わないだけで別に自分のことを嫌っているわけではない」と認識して大丈夫です。 もう一つ、LINEでは個別にブロックされた場合があります。 これは音声通話もメッセージも全て拒否されることになります。 音声通話をかけても出ない、メッセージを送ってもいつまでも既読にならないという状態であれば、残念ながらブロックされていると考えて良いでしょう。 着信拒否やブロックされているかを確認してみよう 着信拒否されていたらどうしたらいい? 通話やメッセージが繋がらないと不安になって色々考えてしまいますよね。 もし本当に着信拒否をされていた場合には、自分の何がいけなかったのかを振り返ってみましょう。 振り返ってみることで、今後につなげることができるかもしれません。 もし直接会うことができない相手であれば、着信拒否されているともう交流する手段はほとんどなくなります。 また無理やり他の方法で連絡をしてもますます嫌われてしまいます。 ストーカーと認定されてしまう可能性もあります。 とても残念で悔やんでも悔やみきれないかもしれませんが、着信拒否をされたら諦めることも選択肢に入れるようにしましょう。 そうすることで辛いですが次へと進む第一歩を踏み出すことができるかもしれません。 「【着信拒否されているのか確かめる方法】電話・メール・LINEでのブロックや拒否状況を確認しよう」への感想コメント一覧• 先日受験が終わり、滑り止めの大学に受かったことを報告。 本命校はまだ発表されてません やっとゆっくり通話やLINEができるようになったのですが、私が受験の疲れからか丸一日近く寝てしまいました。 その間に彼氏が「1年間待ってたのになんで返信くれないの!?」とブチ切れてしまい、電話もLINEもブロックされました。 1年間待ってくれた相手に対して1日近く返信しなかった私もわるいですが、それは寝てしまっていたからであり…ですが謝る手段も誤解を解く手段ももうありません。 もうどうすればいいのでしょうか?助けてください。 遠距離で家に行けるのは早くて来週です。 私も1年間勉強がんばってたのに、つらいです。

次の

着信お断りサービス

ソフトバンク 着信 拒否 され たら

電話をかけてもすぐ切れるのはなぜ? 電話をかけても呼び出し音も鳴らないですぐに通話終了し、話し中音が流れるだけという場合。 これは可能性としては• 相手が通話中• 着信拒否されている のどちらかとなります。 というのも着信拒否されている時に電話をかけた場合の挙動としては、• 呼び出し音が鳴らないですぐ切れる=通話中と同じ状態• 「お客様のご希望により、お繋ぎできません」といったアナウンスが流れる のどちらかとなります。 これは相手が端末機能を使った着信拒否なのか、それともauやdocomoなどのキャリアサービスを使ったものなのかによって変わりますが、 呼び出し音が鳴らないですぐ切れるということは通話中と同じ状態ですので、今の段階では通話中か着信拒否のどちらとも可能性があります。 時間を空けて電話する• 別の端末から電話をかける 公衆電話や他のスマホ・携帯• 通話中か調べることが出来るサービスを使う 114や0120-444-113に電話する といったものが挙げられます。 時間を空けて電話する 相手が通話中であれば、ある程度の時間が経てば必ずいつかは電話が終わるはずです。 そのため少し時間を空けて電話すれば普通に繋がる可能性はあります。 もしもそれでも いつまでも経っても話し中のまま繋がらない場合は、着信拒否されている可能性が高いです。 別の端末から電話をかける 着信拒否には2種類あり、• 拒否したい番号を個別に設定する• 電話帳に登録していない番号からの電話を全て拒否する のどちらかになります。 そのため別の端末 公衆電話やその他のスマホ・携帯など から電話をかけてみて、 それで繋がるようであれば相手から意図的に着信拒否されているということになります。 もしもそれでも繋がらないようであれば登録外拒否機能を使っているか、本当に通話中かのどちらかになります。 通話中か調べることが出来るサービスを使う 「114」は「お話し中調べ」というサービスで、この番号に電話をかけると音声案内がかかり、それに従って 調べたい番号を入力すれば通話中か教えてくれます。 このサービスは無料で利用できますし、相手に通知がいくこともありません。 ただ欠点としてこのサービスはNTT回線でしか利用できないため、 自分も相手もdocomoという状況でしか利用することができません。 そのためdocomo以外のソフトバンクやauで「114」にかけても、「おかけになった電話番号は、現在使われておりません」というアナウンスが流れるだけです。 ですがソフトバンクやauなどNTT回線以外でも通話中か調べることが出来るのが 「0120-444-113」です。 こちらは音声案内ではなくオペレーターが対応してくれる「お話し中調べ」サービスであり、こちらであれば auやソフトバンクなど関係なく相手が通話中か調べることが出来ます。 ただ「114」とは違って調査結果がすぐにお知らせされるわけではないため、 結果が分かるまで少し時間がかかります。 【関連】 話し中、もしくは着信拒否されていても履歴には残る? 中には「話し中、もしくは着信拒否されている時に電話をかけたら履歴は残るの?」といったことが気になる人もいるでしょう。 これに関しては機種や設定にもよりますが、大抵は履歴に残るかショートメッセージで着信があったことが届くようになっています。 そのため話し中にしろ着信拒否にしろたとえ繋がらなくとも、いつ誰から電話があったかが分かるようになっています。 なので今は繋がらなくとも、後から気付いて折り返し電話がくる可能性はあります。 ただ設定でこういった通知をオフにすることが出来るので、意図的にそういった設定をしている場合は気付くことができません。 まとめ 今回解説したように呼び出し音が鳴らないですぐ切れるからといって必ずしも着信拒否されているというわけではありません。 まずは今回紹介した方法を使ってただ話し中なだけなのか、それとも着信拒否されているのかというを確認してみるといいでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の