コニー抱っこ紐 選び方。 コニー抱っこ紐着用レビュー(サイズ選びについて)

購入者100人のサイズ感口コミを徹底レビュー。抱っこ紐コニーkonnyの簡単サイズ選び。

コニー抱っこ紐 選び方

Contents• コニーの抱っこ紐って? コニーの抱っこ紐。 最近街中でも使っている人をよく見かけるようになりました。 コニーの抱っこ紐は2017年に韓国の女性により開発されたものです。 エリンという韓国人の女性は、出産前より首のヘルニアを患っており、そのため出産後も赤ちゃんを楽に抱きたいと思っていました。 そこで海外の様々な製品をためしたそうですが、実際してみると大きさがデザインが気に入るものがなく、そこで自分自身抱っこ紐をデザインし、生地市場と縫製工場を行き来しながら制作してできたのが、このコニーの抱っこ紐だったのです。 わたしにもたくさん韓国人のお友達がいますが、出産祝いにオーガニックブランドの服をいただいたり、赤ちゃんに対して安心や安全への気遣う女性が多いことに気がつきます。 そんな環境だから赤ちゃんにも自分にも優しい抱っこ紐ができたのだと思います。 コニー抱っこ紐はどこで買えるの? わたしもコニーの抱っこ紐に興味を持ってから、試着して買いたいと店舗情報をさがしました。 なぜならネットのみで買うのに少し抵抗があったのです。 というのも、赤ちゃん用品に関しては、自分で触ってみて実際使ってみて買わないと安心できないと思っているからです。 せっかく買っても、使えないものであれば気分も落ち込みますよね。 そこで実店舗を探しました。 しかし コニーの抱っこ紐は実店舗の販売はありませんでした。 ネット販売のみです。 残念ながら実際に試してから買うということができないのです。 商品の購入サイトはここです 商品の購入はオンラインからの購入になります。 以下が公式サイトです。 日本語のサイトになっているので、安心ですよ! またPaypalや日本のクレジットカードの利用もできます。 コニー抱っこ紐の販売会社は韓国にあるので商品は韓国から航空便(DHL便)で通関を通って送られてくることになります。 そのため送料が一律1000円と少し高めです。 国外のサイトから購入するのはちょっと不安という方はアマゾンでも購入することもできますよ。 サイズの決め方 コニーの抱っこ紐を購入するにあたり一番悩むのがそのサイズです。 商品の交換は可能ですが、送料などは実費でかかってきてしまうためです。 商品も韓国からDHL便で送られてきます。 返品時も自分で送料負担をしなくてはいけません。 ですから、返品は避けたいものですね! そのためか、コニーの公式サイトにはかなり詳しくサイズの選び方が掲載されています。 基本的にコニーの抱っこ紐のサイズは着用した時少しきついなと感じるほうがよいとのこと。 また体重に関しては出産で増えてしまった方も多いかと思いますが、出産前の体重で考えるとよいということです。 わたしの場合、身長は160㎝、体重は現在52kgですが、出産前は48kgでした。 XSでもよいかなと悩みましたが、胸回りが授乳によってかなり大きくなっているのでSにしたところサイズはぴったりフィットしました。 コニーの抱っこ紐が使用できる対象月齢と体重 コニーの抱っこ紐は、 新生児から体重20kg、36ヶ月(3歳)まで使用することができます。 また使用の方法は、 対面抱っこと前向き抱っこ、2パターンとなります。 コニーの抱っこ紐のメリット、デメリット このサイトを読んでくださっている方の中には、コニーの抱っこ紐の購入を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこでわたしが購入して感じたコニーの抱っこ紐のメリット、デメリットについてまとめました。 メリット ・価格が比較的安い ・生地が柔らかいため肌触りがよい ・持ち運びが便利 ・装着が比較的簡単 ・新生児から使える ・洗濯が楽 ・ママとの密着度が高いので赤ちゃんが安心しやすい デメリット ・試着できないのでサイズを選ぶのが難しい ・首座り前は頭を支えないとぐらぐらする。 両手をあけれない* ・すべて布製のため冬は普通のケープをつけにくい(専用ケープは売っています) ・人にあったサイズを選ぶ必要があるのでパパと共有はできない ・赤ちゃんが寝てしまっても降ろすときに、寝たまま出せないので起きてしまう確率が高い ・夏は暑い ・肩の下まで布を下ろすので腕が上げにくくなる *使用時の注意として 「常に手でお子さまを支えてください」とあります。 おすすめの使用方法 コニーの抱っこ紐を使っているママ友に聞くと、セカンド抱っこ紐として使用している人が多いというのが印象です。 やはりエルゴベビーなどのキャリアタイプの抱っこ紐の方が肩腰への負担は少ないため、長時間使うには適しています。 またパパと共有でいないため、共有できるタイプのものをもちつつ、セカンドとしてコニーの抱っこ紐を持つ人もいます。 わたしもコニーの抱っこ紐は家や近所の買い物用に買いました。 上の子供とおでかけの時や、公共交通機関(バス、電車)にのる時は、赤ちゃんの体が安定し、両手を自由に使うことができるビョルンやエルゴの抱っこ紐を使用しています。 そのため以下の目的での購入をおすすめします。 ・セカンドの抱っこ紐として ・車生活がメインで抱っこ紐をあまり使わない方 基本的には子どもを抱っこした後、片手で支える必要があるため、両手に荷物を持つ場合やお兄ちゃん、お姉ちゃんがいて手をつないだりして、片手があかない時には不向きです。 しかし、セカンドの抱っこ紐としては、生地も柔らかく、手軽なので大変重宝します。 購入してから半年経過後の感想 購入して半年。 当時新生児だった娘も現在は6ヶ月となった現在の使い心地を追加します。 コニーの抱っこ紐は使うのは1週間に一度程度となってしまいました。 理由は、 ・両手をつかえないので不便 ・抱っこ紐への子供の出し入れが案外面倒(寝ている子も物理的に起きてしまう) ・密着しすぎて子供が嫌がる なかでも 大きな理由は、娘が密着が嫌なのか15分ほどすると出たがってしまうからなのです。 さて、同じ月齢でコニーを愛用しているママ友には現在使っている理由を聞きました。 ・軽くて持ち運びに便利だから ・密着するので子供がすぐ寝てくれる どうも赤ちゃんによってママとの密着が好きな子と嫌いな子に分かれるようです。 また子供の体重が重くなるとコニーの抱っこ紐はだんだんそれにあわせて伸びていきます。 大きくなってから突然利用すると赤ちゃんからしてみたら少し窮屈に思えるかもしれません。 購入してから1年経過後の感想 長らくタンスの肥やしとなっていたコニーの抱っこ紐。 娘も1歳の誕生日を迎え、赤ちゃん用品を整理する中、コニーの抱っこ紐が目につきました。 最近よく抱っこをねだりぐずるようになった娘ををコニーの抱っこ紐で抱っこ。 なーんと! 思ったより、自分の肩や腰が楽!!!娘も密着するためか、大満足!! 外出はエルゴーの抱っこ紐をしているのですが、比べても肩への負担も楽。 というのは コニーの抱っこ紐は布でできているので、肩へのあたりが柔らかいんですよね。 また 赤ちゃんと密着することで、その分かかる肩や腰への負担が分散されてるのを実感します。 赤ちゃんが小さく軽い時は、それほど気にならなかった肩、腰への負担。 しかし、1歳過ぎてくるとだんだん抱っこ紐によって負担の差が出てくるのです。 1歳になると赤ちゃんの動きも激しくなるので、外出時は赤ちゃんの転落などの危険性も考えると、エルゴーやピジョンなど抱っこ紐をおすすめしますが、室内でちょこちょこ使うには、コニーの抱っこ紐がすごく便利ということを実感しました!! コニーの抱っこ紐と新型コロナウイルス コニーの抱っこ紐を購入したい場合は、韓国の公式サイトで注文するか、アマゾンにて注文とお伝えしました。 現在、新型コロナウイルスの影響により公式サイトで注文した場合韓国からの航空便の影響を少なからず受けています。 そのため、遅延する場合がありますが、通常通り出荷は行っているとのことです。 航空便が成田空港と関西空港に制限されたため、通関によりお届けに時間を要する場合がございますが、大体出荷から2-5営業日でお届けしております。 コニー公式サイトより また、コニー抱っこ紐の制作現場でも消毒や感染予防策を講じているということです。 基本的に輸入品などの荷物で感染するというような事例はいままで出ていないので安心して大丈夫かと思います。 それでも心配な方はアマゾンで購入されことをおすすめします。

次の

【2代目抱っこ紐】コニー抱っこ紐サマーを使ってみたよ

コニー抱っこ紐 選び方

この記事の目次 コニー抱っこ紐はセカンド抱っこ紐に最適! は、初めて購入した抱っこ紐でした。 産後しばらくはメインとして使用していたのですが、 とあるコニー特有のデメリットにより、セカンド抱っこ紐になってしまいました… しかし、だからといって使用頻度が落ちたわけではなく! コニーの特徴を活かして、現在進行形で大いに大活躍しています。 使用頻度では、ぶっちぎりナンバーワン。 使用している経験から感じたメリット・デメリットを解説していきます。 コニー抱っこ紐の【メリット】5つ コニー抱っこ紐を実際に使ってみて感じたメリットは、大きく5つ!• 軽い&コンパクトになる• 価格が安いのに高性能• オシャレ• 洗濯できる• 抱っこし続けても肩・腰が楽 軽い&コンパクトになる 重量、なんと499グラム。 抱っこ紐の中では かなり軽いです。 たとえば、有名な抱っこ紐「エルゴ」は、約1400グラム。 半分以下ですね。 作りもとってもシンプル。 機能性にも優れているので、めちゃくちゃコスパがいい! オシャレ コニーはとにかくスタイリッシュ。 抱っこ紐として使っていないときでも、洋服の一部のように見せることができるオシャレさがあります。 より画像引用 ただし、後ろはちょっとだけゴツめ。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 洗濯できる 布製なので、汚れてもがしがし洗えるのはかなり嬉しいところ。 汗をかいたり、子どもが、いつの間にか舐めていたりしても 洗濯機で丸洗いできます。 清潔なまま使えて安心。 抱っこし続けても肩・腰が楽 使っていて本当に不思議なのですが、体の負担が少ないんですよね。 言い換えると、誤った使い方をするとすぐにわかります。 急に体がしんどくなる。 その場合は、装着の仕方が適切じゃないということ。 Sponsored Link コニー抱っこ紐の【デメリット】4つ コニー抱っこ紐を実際に使ってみてわかったデメリットは、4つありました。 着用にコツが要る• ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい• 手を肩より上に挙げられない• パパと共有が難しい 着用にコツが要る 使い始めは、慣れるまで着用が難しいかもしれません。 また、上記のメリットのなかでも触れたのですが 正しく使わないとその効果を発揮できないので、人によっては上手くつけられるようになるまで時間がかかるかも。 でも大丈夫。 購入時についてくる説明書には、着用方法がイラスト付きで解説されています! 着用方法は、動画(YouTube)でも見ることができます。 解説は動画の方が見やすいかもしれません。 便利〜! ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい 冬に抱っこ紐を使う場合は、防寒用のケープなどをつけることが多いですが、 コニーは専用のもの以外を使いにくいのが難点。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 とはいえ、必要になるのは冬の季節くらい。 専用ケープを買わなくても、大きめのコートで覆うなどの対策で防寒することも可能です。 手を肩より上に挙げられない ある意味、 コニー最大の弱点がこれだと個人的には思っています。 コニーは、肩を覆うように装着します。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 わかります? これだと肩があげられないんですよ! 私も試してみたのですが、肩をあげると布が首の方に寄ってしまって首が悲鳴をあげることに…• 一部の家事(洗い物、洗濯物干しなど)ができない• 電車のつり革が掴めない といった不便さは拭えません。 そのため私は• 家の中では、寝かしつけ専用として使う。 外では、電車に乗るときは手すりを掴む。 という使い方をしています。 割と大きめなデメリットではあるのですが、 それ以上に機能性が高くて便利なので、そこは割り切って使っています! パパと共有が難しい 実はこれが 「セカンド抱っこ紐」に落ちてしまった直接の理由。 (笑) コニーはその密着性ゆえ、 自分の体に合ったものを選ぶ「サイズ展開型」の抱っこ紐なのです。 そのため、(パパと体型がほぼ同じでない限り) パパとシェアして使うことができません! 夫婦ともに使いたい場合は、それぞれ専用のコニーを購入する必要があります…。 とはいえ、2つ購入したとしても14,000円以下。 それでも他の抱っこ紐1つ買うよりも安かったりします。 ちなみに我が家は、夫婦でシェア使用できる別の抱っこ紐を購入したため コニーは私専用のセカンド抱っこ紐になったのでした。 とはいえガンガン使ってるけどね!それについては後述します。 コニー抱っこ紐はシリーズ・カラーが豊富 カラーバリエーションが豊富な「オリジナル」 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 オリジナルシリーズは、カラーデザインが豊富なのがとても魅力。 ネイビー• ブラック• チャコール• グレー• ベージュ• ミント• ピンク• ストライプ• グリッド• ワインドット これだけあれば、自分の持っている洋服と相性がいいものを選ぶことができます。 ちなみに私は、を選びました!サイズはSサイズです。 (急にすべてのクオリティが落ちる…) カーキやネイビー色の上着が多かったので、相性抜群です。 メッシュ素材で暑い季節も使いやすい「サマー」 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 密着性が高いコニーだけに、暑い夏は蒸れて大変… そんな声に応えてくれたのか、 メッシュ素材の「サマー」というシリーズが2019年に登場しました! カラーも3色あります。 ・軽い&コンパクトになる ・価格が安いのに高性能 ・オシャレ ・洗濯できる ・抱っこし続けても肩・腰が楽 ・着用にコツが要る ・ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい ・手を肩より上に挙げられない ・パパと共有が難しい メイン抱っこ紐としても活躍できますが、 個人的には「セカンド抱っこ紐」としても十分活用できると考えています。 (パパとシェアできる抱っこ紐をメインに使いたいですよね…) 機能性・デザインともに優れていることは、上記の解説で伝わっているかと思います。 悩んでいる方の後押しになれたら幸いです。 ほんと、使えますよ! コストパフォーマンスがとにかく良い、抱っこ紐です。 出産祝いなどにもおすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

ポグネーステップワンを使った感想や選んだ理由!コニーとの比較も【口コミ】

コニー抱っこ紐 選び方

Contents• コニーの抱っこ紐って? コニーの抱っこ紐。 最近街中でも使っている人をよく見かけるようになりました。 コニーの抱っこ紐は2017年に韓国の女性により開発されたものです。 エリンという韓国人の女性は、出産前より首のヘルニアを患っており、そのため出産後も赤ちゃんを楽に抱きたいと思っていました。 そこで海外の様々な製品をためしたそうですが、実際してみると大きさがデザインが気に入るものがなく、そこで自分自身抱っこ紐をデザインし、生地市場と縫製工場を行き来しながら制作してできたのが、このコニーの抱っこ紐だったのです。 わたしにもたくさん韓国人のお友達がいますが、出産祝いにオーガニックブランドの服をいただいたり、赤ちゃんに対して安心や安全への気遣う女性が多いことに気がつきます。 そんな環境だから赤ちゃんにも自分にも優しい抱っこ紐ができたのだと思います。 コニー抱っこ紐はどこで買えるの? わたしもコニーの抱っこ紐に興味を持ってから、試着して買いたいと店舗情報をさがしました。 なぜならネットのみで買うのに少し抵抗があったのです。 というのも、赤ちゃん用品に関しては、自分で触ってみて実際使ってみて買わないと安心できないと思っているからです。 せっかく買っても、使えないものであれば気分も落ち込みますよね。 そこで実店舗を探しました。 しかし コニーの抱っこ紐は実店舗の販売はありませんでした。 ネット販売のみです。 残念ながら実際に試してから買うということができないのです。 商品の購入サイトはここです 商品の購入はオンラインからの購入になります。 以下が公式サイトです。 日本語のサイトになっているので、安心ですよ! またPaypalや日本のクレジットカードの利用もできます。 コニー抱っこ紐の販売会社は韓国にあるので商品は韓国から航空便(DHL便)で通関を通って送られてくることになります。 そのため送料が一律1000円と少し高めです。 国外のサイトから購入するのはちょっと不安という方はアマゾンでも購入することもできますよ。 サイズの決め方 コニーの抱っこ紐を購入するにあたり一番悩むのがそのサイズです。 商品の交換は可能ですが、送料などは実費でかかってきてしまうためです。 商品も韓国からDHL便で送られてきます。 返品時も自分で送料負担をしなくてはいけません。 ですから、返品は避けたいものですね! そのためか、コニーの公式サイトにはかなり詳しくサイズの選び方が掲載されています。 基本的にコニーの抱っこ紐のサイズは着用した時少しきついなと感じるほうがよいとのこと。 また体重に関しては出産で増えてしまった方も多いかと思いますが、出産前の体重で考えるとよいということです。 わたしの場合、身長は160㎝、体重は現在52kgですが、出産前は48kgでした。 XSでもよいかなと悩みましたが、胸回りが授乳によってかなり大きくなっているのでSにしたところサイズはぴったりフィットしました。 コニーの抱っこ紐が使用できる対象月齢と体重 コニーの抱っこ紐は、 新生児から体重20kg、36ヶ月(3歳)まで使用することができます。 また使用の方法は、 対面抱っこと前向き抱っこ、2パターンとなります。 コニーの抱っこ紐のメリット、デメリット このサイトを読んでくださっている方の中には、コニーの抱っこ紐の購入を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこでわたしが購入して感じたコニーの抱っこ紐のメリット、デメリットについてまとめました。 メリット ・価格が比較的安い ・生地が柔らかいため肌触りがよい ・持ち運びが便利 ・装着が比較的簡単 ・新生児から使える ・洗濯が楽 ・ママとの密着度が高いので赤ちゃんが安心しやすい デメリット ・試着できないのでサイズを選ぶのが難しい ・首座り前は頭を支えないとぐらぐらする。 両手をあけれない* ・すべて布製のため冬は普通のケープをつけにくい(専用ケープは売っています) ・人にあったサイズを選ぶ必要があるのでパパと共有はできない ・赤ちゃんが寝てしまっても降ろすときに、寝たまま出せないので起きてしまう確率が高い ・夏は暑い ・肩の下まで布を下ろすので腕が上げにくくなる *使用時の注意として 「常に手でお子さまを支えてください」とあります。 おすすめの使用方法 コニーの抱っこ紐を使っているママ友に聞くと、セカンド抱っこ紐として使用している人が多いというのが印象です。 やはりエルゴベビーなどのキャリアタイプの抱っこ紐の方が肩腰への負担は少ないため、長時間使うには適しています。 またパパと共有でいないため、共有できるタイプのものをもちつつ、セカンドとしてコニーの抱っこ紐を持つ人もいます。 わたしもコニーの抱っこ紐は家や近所の買い物用に買いました。 上の子供とおでかけの時や、公共交通機関(バス、電車)にのる時は、赤ちゃんの体が安定し、両手を自由に使うことができるビョルンやエルゴの抱っこ紐を使用しています。 そのため以下の目的での購入をおすすめします。 ・セカンドの抱っこ紐として ・車生活がメインで抱っこ紐をあまり使わない方 基本的には子どもを抱っこした後、片手で支える必要があるため、両手に荷物を持つ場合やお兄ちゃん、お姉ちゃんがいて手をつないだりして、片手があかない時には不向きです。 しかし、セカンドの抱っこ紐としては、生地も柔らかく、手軽なので大変重宝します。 購入してから半年経過後の感想 購入して半年。 当時新生児だった娘も現在は6ヶ月となった現在の使い心地を追加します。 コニーの抱っこ紐は使うのは1週間に一度程度となってしまいました。 理由は、 ・両手をつかえないので不便 ・抱っこ紐への子供の出し入れが案外面倒(寝ている子も物理的に起きてしまう) ・密着しすぎて子供が嫌がる なかでも 大きな理由は、娘が密着が嫌なのか15分ほどすると出たがってしまうからなのです。 さて、同じ月齢でコニーを愛用しているママ友には現在使っている理由を聞きました。 ・軽くて持ち運びに便利だから ・密着するので子供がすぐ寝てくれる どうも赤ちゃんによってママとの密着が好きな子と嫌いな子に分かれるようです。 また子供の体重が重くなるとコニーの抱っこ紐はだんだんそれにあわせて伸びていきます。 大きくなってから突然利用すると赤ちゃんからしてみたら少し窮屈に思えるかもしれません。 購入してから1年経過後の感想 長らくタンスの肥やしとなっていたコニーの抱っこ紐。 娘も1歳の誕生日を迎え、赤ちゃん用品を整理する中、コニーの抱っこ紐が目につきました。 最近よく抱っこをねだりぐずるようになった娘ををコニーの抱っこ紐で抱っこ。 なーんと! 思ったより、自分の肩や腰が楽!!!娘も密着するためか、大満足!! 外出はエルゴーの抱っこ紐をしているのですが、比べても肩への負担も楽。 というのは コニーの抱っこ紐は布でできているので、肩へのあたりが柔らかいんですよね。 また 赤ちゃんと密着することで、その分かかる肩や腰への負担が分散されてるのを実感します。 赤ちゃんが小さく軽い時は、それほど気にならなかった肩、腰への負担。 しかし、1歳過ぎてくるとだんだん抱っこ紐によって負担の差が出てくるのです。 1歳になると赤ちゃんの動きも激しくなるので、外出時は赤ちゃんの転落などの危険性も考えると、エルゴーやピジョンなど抱っこ紐をおすすめしますが、室内でちょこちょこ使うには、コニーの抱っこ紐がすごく便利ということを実感しました!! コニーの抱っこ紐と新型コロナウイルス コニーの抱っこ紐を購入したい場合は、韓国の公式サイトで注文するか、アマゾンにて注文とお伝えしました。 現在、新型コロナウイルスの影響により公式サイトで注文した場合韓国からの航空便の影響を少なからず受けています。 そのため、遅延する場合がありますが、通常通り出荷は行っているとのことです。 航空便が成田空港と関西空港に制限されたため、通関によりお届けに時間を要する場合がございますが、大体出荷から2-5営業日でお届けしております。 コニー公式サイトより また、コニー抱っこ紐の制作現場でも消毒や感染予防策を講じているということです。 基本的に輸入品などの荷物で感染するというような事例はいままで出ていないので安心して大丈夫かと思います。 それでも心配な方はアマゾンで購入されことをおすすめします。

次の