岡山 県 知事 コロナ。 岡山県 新型コロナ関連情報

【炎上】岡山県伊原木隆太知事「来たことを後悔するようになればいい」発言に批判殺到「今後も一生行かない」「悪意に満ちてる」「コロナ終息後もスルーされる」 │ 黒白ニュース

岡山 県 知事 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都や大阪府など7都府県を対象に出された緊急事態宣言。 伊原木隆太・岡山県知事は7日、「適切な判断だ」と評価したうえで、7都府県など感染が広がっている地域との往来自粛を呼びかけた。 伊原木知事は宣言のタイミングや対象範囲について、「通勤通学などの実態を踏まえた範囲で適切だ」などと述べた。 岡山県を対象区域に入れる必要性については、感染者の感染経路が「ほぼ追えている状態」だとして否定。 だが、今後の急速な感染拡大の可能性に触れ、「遠い場所にいるわけではない」とした。 知事はさらに、感染が拡大する都市部から地方へ向かう「疎開」について、「疎開者が何百人、何千人と出たら、ウイルスをばらまき、日本全体をさらに悪化させる」と指摘。 観光目的の来県も含め、「東京や大阪、兵庫からの(ウイルスの)持ち込みを防げるかが岡山県のこれからの数カ月後を左右する。 県境を越えての来訪を全く歓迎しない」と述べた。 同様に、県内から県外への遠出についても、不要不急の場合は控えるよう要請。 県外に行った場合は「自分はリスクを負ったと自覚し、極力、人に会わないように」と呼びかけた。 宣言を受け、企業は対応を検討….

次の

47都道府県知事の新型コロナ対策 大阪府の吉村洋文知事に高い評価

岡山 県 知事 コロナ

岡山県知事の定例記者会見で22日、初めて手話通訳がついた。 コロナ禍の広がりに伴って記者会見に手話通訳をつける自治体が急増しており、これで47都道府県全てで手話通訳がついたことになる。 総社市や岡山市は、県に先立ち市長会見に手話通訳をつけ始めており、「情報バリアフリー会見」が県内でもようやく広がり出した。 (中村通子、華野優気) この日朝9時、伊原木隆太知事の記者会見が始まった。 知事の隣に置かれたスクリーンに手話通訳者が映る。 約2キロ離れた県聴覚障害者センターの通訳ブースと県庁をインターネット回線でつないだ遠隔手話通訳だ。 知事の発表に続き、記者たちが次々と質問を繰り出す。 県内のコロナ患者初確認から2カ月の思い、夏の高校野球大会中止についての感想など、何が飛び出すかわからない質問も、通訳者はよどみなく手指の動きに変えていく。 コロナ以降、聴覚障害者への配慮として、知事は会見時に口元が見えるようマスクをはずし、県のホームページで配信する動画では字幕をつけている。 だが、口の形だけでは全てを読み取るのは難しく、日本語字幕がよく理解できない人もいる。 そのため、ろう者らでつくる県聴覚障害者福祉協会は4月28日に「知事会見に手話通訳を」という要望書を提出。 約3週間後に実現し、関係者は「迅速な対応に感謝する」と喜ぶ。 だが、要望から3週間、県内で患者が確認されてから2カ月後とは「十分迅速」とは言いがたい。 他46都道府県は「コロナ対策では迅速正確な情報提供が重要」として、手厚さに濃淡はあるが、より早い段階で会見に手話通訳をつけている。 コロナという災害対応で、県の「情報保障」の出足が遅れたことは明らかだ。 県公聴広報課は「感染予防のため、ネット回線を経由した遠隔通訳方式にした。 初めての試みなので機材の準備やテストなどに時間がかかった」と話す。 この日、通訳を担ったのは県内有数のベテラン2人。 試行を重ね準備していたが、ネット回線越しの通訳に「音声が途中で途切れないか、不安でした」と打ち明ける。 幸い当日はトラブルはなかった。 県の担当者は「きょうは第一歩。 安定した通信回線など、よりよい方法を模索していきます」と話す。 伊原木知事は手話通訳導入について「マスクを外し口元を見せる、という流れの延長でやってみた」と話した。 総社市は4月28日、岡山市は5月13日から市長会見に手話通訳をつけている。 岡山市の初日、記者に理由を聞かれた大森雅夫市長は「率直に言うと、私が思い至らなかった。 指摘され、すぐ実施することにした。 これからも続けていきたい」と説明した。 しっかり撮って必要な人に見てもらえるようにしたい」と話す。 全国では、通訳の映像を画面隅の小窓に常時表示する「ワイプ」という方法を使う自治体も複数ある。 だが、意外にも県聴覚障害者福祉協会の中西厚美会長は「そこまでは望まない」という。 なぜか。 中西会長は思いを語った。 「あればいいと心から思うが、通訳が映るのを不快に感じる健聴者がいるかもしれない。 視覚障害者のために音が鳴る信号に『うるさい』と苦情を言う人がいる。 このように、私たち少数者は差別を受けやすい。 堂々としていていいと思うのだが、簡単ではない。 市民みんなが手話通訳は当然と理解する社会になって欲しい。 そして、見たくない人はボタン一つで消せるような技術ができればいいと思う」.

次の

47都道府県知事の新型コロナ対策 大阪府の吉村洋文知事に高い評価

岡山 県 知事 コロナ

名前:伊原木 隆太(いばらぎ・りゅうた)• 生年月日:1966年7月29日• 出身地:岡山県• 趣味:アルトサックス演奏・料理• 好きな食べ物:お好み焼き・牛丼・ハンバーガー・アンパン 岡山県の地元百貨店である 「天満屋」の創業家のご出身です。 創業家のご子息なので、経済学部とか経営学部かなと思いきや、 理系の工学部卒というのはちょっと意外でした。 その後、 スタンフォード大学の経営大学院(ビジネススクール)で、MBA(経営学修士)を取得しています(1995年)。 1998年には、父である伊原木一衛社長の後任として、 天満屋の代表取締役社長に就任します。 その後、 14年間社長を務めたあと、岡山県知事選に出馬します(2012年)。 スタンフォード大学で学んでいた時には、広島県の湯崎知事と同級生だったそうです。 同じ学校(しかも海外)で学び、その後同様に県知事をしている(しかも隣の県)というのは、なかなか縁がありますね。 スポンサーリンク 発言に対する反応は? この発言に対する世間の反応ですが、共感の声が上がっています。 もちろん、言葉の強さについても評判になっていますが・・・。 我が地元岡山県の伊原木知事の発言ですが私的にはある意味こんな状況になっていますので県民の安全を守る為には今回の対応は当然だと思いますね。 さらにいえば同じ船坂峠や県北の中国自動車道のサービスエリアでも同様のチェックをすべきですね。 岡山に来たことを後悔するようになればいい」と述べた。 つよすぎ笑った。 より — Salz milksalz インパクトのある言葉ですが、県民を守るという意志の現れということですね。 まとめ 岡山県・伊原木知事の経歴についてまとめました。 岡山県の高校から東京大学の工学部出身で、地元の百貨店である天満屋の社長を14年間務めていました。 趣味はアルトサックスということですが、クリスマスにサンタクロースに扮して天満屋の店頭でも披露していたことがあるそうです。 県知事就任後も披露しているそうなので、クリスマスに天満屋に行けばあえるかもしれませんね! 最後までご覧いただきありがとうございました。 2020-04-24.

次の