ドコモ光 手続き。 ドコモ光の申込をドコモショップですると損!

お引越し(移転)のお手続き

ドコモ光 手続き

前提知識:ドコモ光から楽天ひかりに乗り換える前に知るべきこと 乗り換える時期は3月・4月を避けるべき 3月・4月は引っ越しシーズンで新たな生活をする人の回線開通工事で混み合っています。 可能であれば3月・4月は避けた方が良いです。 回線開通工事の予約が取れない・または先延ばしにされる可能性が高いです。 ドコモ光の解約と楽天ひかりを契約するタイミングは契約が先 先に楽天ひかりを契約して開通させてから、ドコモ光を解約すべきです。 楽天ひかりを契約して開通する日は工事の予約状況によっては延期されてしまい、インターネットが使えない期間が出来てしまう可能性があります。 また地域によっては光回線を導入出来ないケースもあります。 いずれにせよ、先に楽天ひかりに申し込んで確認する必要があります。 インターネットの利用は回線とプロバイダの契約が必要 インターネットの利用は、回線とプロバイダの2つの契約が必要です。 プロバイダはインターネットを自宅に接続する為の中継局です。 回線サービス・・・NTT・KDDI提供のフレッツ光・auひかり・・・など• プロバイダ・・・BIGLOBE、So-net、 nifty、OCN・・・など これらは一緒に申し込めたり出来ますが、提供している会社は別であることを認識しておきましょう。 参考:楽天ひかりは回線とプロバイダがセット 楽天ひかりは回線とプロバイダがセットで提供されています。 プロバイダは楽天コミュニケーションズです。 楽天ひかりに申し込むと同時に回線とプロバイダを一緒に申し込んだことになります。 乗り換え時の注意点・トラブルについて プロバイダが変わるとプロバイダ提供のメールアドレスが変わる プロバイダが変わるとプロバイダが提供するメールアドレスが変わります。 メールアドレスを変えたくなければ、ドコモ光で利用していたプロバイダを引き続き使う必要があります。 引き続き使う条件は、• 楽天ひかりに対応しているプロバイダであること• ドコモ光から楽天ひかりへのコース変更の手続きを行うこと の2つとなります。 ドコモ光の解約でドコモ光の電話サービスが使えなくなる ドコモ光を解約するとドコモ光の電話サービスは使えなくなります。 楽天ひかりにおいても引き続き同じ電話番号を利用したい場合は「ひかり電話」に加入すれば可能になります。 ドコモ光の解約時の違約金について ドコモ光の2年更新の定期契約プランを利用の場合、更新月をまたぐ3ヶ月以外に解約すると解除金が発生します。 解約金・・・8,000円 マンションタイプ 、13,000円 戸建タイプ が発生します。 これら詳細は下記となります。 楽天ひかりの初期費用・工事費の負担について 楽天ひかりは契約時に初期登録費として1,800円かかります。 工事費はNTTフレッツ光の回線を転用することになるので特に費用はかかりません。 なお、費用が特別にかかったとしてもキャッシュバックなどで相殺できます。 ドコモ光の解約違約金としては、• 解約違約金・・・0~13,000円 となります。 楽天ひかりの導入費用としては、• 初期登録費・・・1,800円 です。 これらをすべて合わせると「1,800~14,800円」となります。 ただ、先に紹介したキャッシュバックキャンペーンを利用すれば実質無料にすることが出来ます。 楽天ひかりはNTTフレッツ光の提供エリアと同じなので、NTT東日本・西日本の公式サイトで確認します。 接続方法により、設定が異なります。 解約日にモデムを外す(必要があれば返却する) ドコモ光からモデムをレンタルしている場合には、返却する必要があります。 これに関してもドコモ インフォメーションセンターに聞きましょう。 以上が「ドコモ光から楽天ひかりの乗り換え手続き方法・手順」となります。

次の

ドコモ光の解約方法 解約違約金や手続きの流れについてまとめました

ドコモ光 手続き

早速ですが、ドコモ光のキャッシュバックを受け取る流れを見ていきます。 ちなみにここで紹介している手続きは、プロバイダでもあり、なおかつ人気の申し込み窓口である『GMOとくとくBB』で申し込んだ場合の手順です。 とは言っても、 基本的にはどのプロバイダで申し込みを行ってもキャッシュバックの受け取り手続きに大きな違いはありません。 プロバイダによっては受け取り時期がGMOとくとくBBより早かったり遅かったりしますが、手続き自体はほとんど同じです。 そのため、GMOとくとくBB以外を契約する人も参考になると思います。 それでは、具体的な手順について見ていきましょう。 手順1:開通から4ヶ月後に届く手続きメールを確認する 初めに、プロバイダから送られてくる 『キャッシュバックの手続きメール』を確認します。 ただメールの確認をするだけの手順ではありますが、 キャッシュバックを受け取る上では最も重要な場所で、なおかつ忘れやすい場所にもなっているポイントです。 gmobb. jp に届くからです。 WEBメールやメールソフトを利用してメールを確認する• プロバイダメールに届くメールをいつも使っているメールアドレスにそのまま転送する 簡単に言うと、開通から4ヶ月前後を目途にメールソフトを利用してメールを確認するか、あらかじめプロバイダメール宛てに届くメールをいつも利用しているメールアドレスに転送されるように設定した上で確認するかの2つです。 忘れない自信がある人はメールソフトを利用して確認する方法を選んでも良いですが、少しでも忘れそうな人は いつも利用しているメールアドレスに転送されるように設定しておくと良いでしょう。 この手順1さえクリアできれば、キャッシュバック受け取りは目の前です。 に接続してログインを行う• 『メールの転送設定』項目を選択する• gmobb. jpアドレスを選択して次へを選択する• 転送先メールアドレスにいつも利用しているメールアドレスを記載して追加を選択する 以上の4つの手順でメールの転送設定は完了します。 4つ目の手順の際に『コピーを残すかどうか』という選択肢がありますが、基本的にはコピーを残しておくと良いです。 また、同じ手順については「」にも記載されていますので、気になる方はそちらも合わせて確認しておくといいかもしれません。 手順2:メールに記載されたURLにアクセスし口座情報を入力する メールが確認できたら、メールに記載されているURL 入力フォーム にアクセスします。 ここでの手順は大きく4つです。 その他の入力項目は全て自分の情報になりますのでサクサク入力することができるでしょう。 全て入力し終えた後、手順1で設定したメールアドレスに【『キャッシュバック特典』銀行振込受付のお知らせ】というタイトルのメールが届いていれば手順2は完了になります。 手順3:手続きが完了した日から翌月末日に振り込まれる 手順2までが完了したら、後は振り込みを待つだけです。 振り込みは 手続きをした日の翌月末日 4月に手続きが完了したら5月31日 に行われますので、振り込みされているかをしっかりと確認するようにしましょう。 なお、末日が土日祝日の場合はその月の最終営業日に振り込まれます。 手順2の受付完了メールが届いたにも関わらず、振り込み指定日に振り込みが行われない場合は、出来るだけ早めにGMOとくとくBBに確認の連絡をして下さい。 上で紹介した手順は、GMOとくとくBBから申し込みを行った際の手順です。 違うプロバイダを利用して契約した人は「自分が契約したところはどうなんだろ…」と思われるかもしれませんが、 キャッシュバックを実施しているプロバイダであれば基本的に手順は変わりません。 例えば、ぷららやDTI、 niftyでは以下のようになっています。 キャッシュバック手続きは開通から4ヶ月目• 手続き手順はGMOとくとくBBと同様 DTI• キャッシュバック手続きは開通から3ヶ月目• 手続き手順はGMOとくとくBBと同様 nifty• キャッシュバック手続きは開通から7ヶ月目• 手続き手順はGMOとくとくBBと同様• 口座振替支払いの場合手続きなしで振り込まれる 表の通りではありますが、基本的にキャッシュバックの受け取り手続きは変わらず、 変わるとすれば受け取りメールが送信される時期のみです。 そのため、GMOとくとくBB以外のプロバイダから契約をした人でも各プロバイダから送られてくるメールの指示に従うことで、キャッシュバックを受け取ることができます。 なお、各プロバイダの連絡先については別記事「」でまとめていますので、契約したプロバイダの番号が知りたい人はチェックしてみて下さい。 ただし代理店から申し込みをした場合手続きが異なる場合がある プロバイダからの申し込みの場合、ほとんどどのプロバイダでも手順は変わりませんが、 代理店からドコモ光を申し込んだ場合は手順が大きく異なります。 そこで、ドコモ光の代理店の中でも人気のある『株式会社ネットナビ』のキャッシュバック受け取り手順を例に見てみましょう。 ネットナビのキャッシュバック受け取り方法は以下のように記載されています。 お申込み後、メールにて送られるキャッシュバック申請URLより、弊社指定の期間中に振込み先の口座情報の登録をいただき、工事完了翌月末日までに、工事完了受領書もしくは開通ご案内書類とキャッシュバック申請書をご郵送ください。 弊社にて確認が完了した翌月末にお振込みをさせていただきます。 この時点でプロバイダからの申し込みと比較すると手続きに少し手間がかかりますが、代理店からの申し込みはさらに注意すべき点が2つあります。 〇キャッシュバック申込書へは、必要項目の記載と特典に関する規約に同意いただく旨、ご契約者様本人のご捺印が必要です。 工事完了翌月末日までに、工事完了受領書もしくは開通ご案内書類とキャッシュバック申請書を「株式会社ネットナビ ドコモ光キャッシュバックお申込み窓口」にご郵送ください。 〇お申込受付の際キャッシュバック希望の旨を、担当のオペレーターへ申告していただけなかった場合は、特典の適用ができません。 特に2つ目の 『キャッシュバックの申告が必要』という点は注意が必要です。 代理店から申し込みを行った人に関しては、電話でしっかりと申し込みを行い、書類の記入から郵送までしっかりと忘れずに手順を踏んでいくようにしましょう。 ドコモ光でキャッシュバックを受け取る際の4つの注意点• ドコモ光申し込みから5ヶ月以内に開通すること• オプションを契約する場合 該当オプションを90日間以上継続利用すること• 振込時期までにドコモ光を解約しないこと• 料金未納でサービス一時停止または強制解約にならないこと 該当するオプションは、契約することでキャッシュバックが増額される『DAZN for docomoやdTV』のことです。 同じくキャッシュバックが増額する『ひかりTV for docomoとスカパー!』に関しては、最低利用期間はありませんのでいつ解約しても問題ありません。 どれも頻繁に起きるものではないと思われますが、ドコモ光でキャッシュバックを受け取ろうと思っている人は以上の4つの点には注意しましょう。 備考:dポイントプレゼントは手続き不要で付与される• 公式からの申し込み 新規開通 :10,000ポイント• 公式からの申し込み 転用・事業者変更 :5,000ポイント• ドコモ光を契約した人であればほとんど全員が対象になるキャンペーンですので、「受け取りの方法を確認しておきたい!」という人は別記事「」もチェックしておくと良いでしょう。 まとめ:ドコモ光のキャッシュバック受け取る3つのステップ このページでは、ドコモ光のキャッシュバックを受け取る方法を解説してきました。 いくつか注意点はありますが、プロバイダから申し込みを行った場合のキャッシュバック受け取りは以下の3つのステップで行えます。 開通から4ヶ月後に届く手続きメールを確認する• メールに記載されたURLにアクセスして口座情報を入力する• 手続きが完了した翌月末の振り込みを待つ ポイントは メールをしっかりと確認することができるかどうかです。 gmobb. jp に手続き用のメールが届きますので、メールソフトもしくはメールの転送を利用して忘れずに確認するようにしましょう。 また、このページで紹介したその他の注意点も忘れずにチェックして確実にキャッシュバックを受け取りましょう。

次の

ドコモ光の全ての手続きをまとめました│流れや契約に必要なものは?

ドコモ光 手続き

現在契約されているフレッツ光から「ドコモ光」へ転用する際に、NTT東日本・NTT西日本から発行される専用手続き番号「転用承諾番号」が必要です。 NTT東日本・NTT西日本の専用窓口(Web・電話)に転用承諾番号の発行を依頼してください。 その場合、再度「転用承諾番号」をお客さまご自身でご取得いただく必要があります。 01ドコモ光お申込み からお申込みをします。 フレッツ光をご利用中のお客さまは、事前に「」をご用意いただく必要があります。 NTT東日本・NTT西日本のホームページより番号を取得してください。 02サービスのご案内 料金プランなど、お電話でご説明します。 ご利用環境をヒアリングしながら、ご利用プランやご案内可能なキャンペーン情報など、サービスについてご説明いたします。 そちらの確認連絡をもってお申込みが完了いたしますので、あらかじめご了承ください。 03NTTドコモにて お申込み内容の登録 GMOとくとくBBからNTTドコモにお客さま情報を連携いたします。 連携に約1日程度いただきます。 また連携させていただいた情報で確認させていただきたい点がございましたら、追ってメールまたは電話にてご連絡差し上げます。 工事日までに「開通のご案内」がお手元に届き、当日、専門のスタッフが工事に伺います。 05ご利用開始 GMOとくとくBBの「ドコモ光」のインターネットをご利用ください。 Wi-Fiルーターレンタルサービスをご希望の場合、よりお手続きください。 工事のご連絡について.

次の