ヤヌス の 鏡 桜井 日奈子。 桜井日奈子

『ヤヌスの鏡』出演者一覧 桜井日奈子 ドラマ出演最新作

ヤヌス の 鏡 桜井 日奈子

桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…ニュース内容 まずは、こちらのニュース記事からご覧ください。 「ヤヌスの鏡」が34年ぶりに映像化されることが決定。 連続ドラマとして、8月からFODで配信がスタートする。 その主人公・小沢裕美 ヒロミ・ユミ 役に桜井日奈子が決まり、役どころなどについて語った。 1985年にはフジテレビでドラマ化。 「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。 この物語は、ヤヌスにもう1つの心をのぞかれてしまった少女の壮大なロマンである。 もし、あなたに、もう1つ顔があったら…」という印象的なナレーションなど、大きな話題となった。 ヒロミとユミの切り替え、表情、所作、言い回しなど変貌する姿や表現力に注目だ。 また、これまで桜井が演じてきた役柄は優等生のヒロミに近いものが多く、ユミのような不良役やアクションシーンなど新たな挑戦も見ることができる。 原作は、お話をいただいてから読みました。 ヒロミは今まで演じてきた役に近かったのですが、ユミは今までに演じたことがない挑戦的な役でした。 ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。 衣装やメークが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました。 おとなしい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです。 誰でも多面を持っていると思います。 それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないなと、あらためて思いました。 誰もが抱える、心の悩みに寄り添える作品になれるとうれしいです。 「古代ローマの神・ヤヌスは…」で始まるナレーション、優等生と不良少女の2役を演じ、変わる主人公の姿にドキドキしたのを覚えています。 今回、34年の時を経て、あらためて映像化に挑戦しようと企画しました。 実際の桜井さんの演技はとても素晴らしく、見事に2役を演じ切ってくれました。 普段は優等生の役が多い桜井さんの不良少女姿、こちらも必見です 笑。 皆さま、楽しみにしていてください! ヤヌスの鏡の映像化は34年ぶりとのことで、知らない人もかなり多いのではないでしょうか。 ヤヌスの鏡は、1982年から1982年にかけて『週刊セブンティーン』で連載された漫画で、 宮脇明子さんが描いた作品です。 楽天で購入 筆者もこの作品のことは知りませんでした。 また、テレビドラマとして放映していたことも恥ずかしながら知りませんでした…。 テレビドラマ版『ヤヌスの鏡』は、1985年12月4日から1986年4月16日にかけて、 フジテレビ系列で放送されていました。 主人公の小沢裕美は、80年代アイドルの杉浦幸さんが務めていたそうですよ。 それでは、もう少し掘り下げて紹介していきます。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…「ヤヌスの鏡あらすじ」 普段は真面目で気弱な優等生・裕美が、突然、別人格である凶悪な不良少女・ユミになり、 夜の繁華街を我が物顔で闊歩し、暴走族などを相手に大暴れする。 そんな裕美とユミの姿を通して、誰もが抱える変身願望と多重人格の恐怖を描くサスペンス調の学園ドラマ。 主人公の小沢裕美は、多重人格(二重人格)の少女。 裕美の母親は高校生だった時、交際相手の子を妊娠するが、その交際相手である男から捨てられてしまう。 裕美の母は、両親の諌めにも耳を貸さずに私生児(裕美)を出産。 その後、あることが理由で赤子の裕美を残して入水自殺してしまう。 そのことが深い傷となり、祖母は遺児の裕美に対し冷たく厳格に育てるが、 裕美の母を非難し否定するような祖母の言葉の暴力や折檻により、裕美は自分の心を強く抑圧する。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…「ヤヌスの鏡見どころ」 「ヤヌスの鏡」の見どころは、何と言っても主人公・裕美と別人格ユミの演じ分けでしょう。 正反対の人格である二人はやることも考えも全く異なります。 そんな裕美とユミをあたかも別人であるかのように演じ分けることは女優さんとしては 腕の見せ所となりますし、これが上手く演じられていないと、物語の世界観そのものに 傷がついてしまいます。 2019年版ヤヌスの鏡で裕美・ユミを一人二役で演じるのは、女優の桜井日奈子さん。 アイドルのようにその容姿でもてはやされてきた彼女ですが、この難しい役柄をこなせるのかどうか。 女優としての真価が問われます。 祖母からの異常な躾によって、もう一つの人格、ユミへと変貌してゆく。 ユミになった時の記憶はない。 ヒロミに代わって、自由奔放に生きる。 凶悪な不良少女。 自由奔放に街に繰り出し、目的のためなら手段を選ばず行動してゆく。 ヒロミでいる時の記憶もある。 ヒロミが通う高校の生徒会長で、ヒロミに対して密かな想いを寄せるなかで彼女の異変にいち早く気づく。 密かにヒロミに想いを寄せる。 ヒロミの異変にいち早く気づき、助けようと模索してゆく。 ヒロミとの距離を縮めようとしていく中で、ヒロミの中のもう一人の人格である、ユミの存在に気づいてしまいます。 ユミからヒロミを救い出すために、葛藤しながら暗中模索していきます。 何がヒロミのためになるのかの葛藤。 進東を演じるにあたって、この葛藤をどう表現していくのかが、難しかったところであり、見て欲しいところでもあります。 また、印象に残ってるシーンは、やっぱりラストの屋上のシーンです。 進東を演じる者として、忘れられないシーンですのでお見逃しなく! このお話をいただき、最初に台本を読んで正直面食らいました。 とても挑戦的で、想像すればするほどエネルギーが要る。 小沢貴子(原作では小沢タカ): 国生さゆり ヒロミの祖母。 初めてこの『ヤヌスの鏡』のお話をいただいた時、 武者震いしました。 台本を読んで再び武者震いし、主人公・小沢裕美役を演じる桜井日奈子さんの瞳を見た時、三度武者震いしました。 その他はいらないと。 過激なほどに振る舞う貴子には、娘への無念があったのだと思います。 多くの皆様の助けがあり、強烈すぎる貴子を演じることができました。 堤達也(原作では堤達郎) : 塩野瑛久 繁華街で出会ったユミに興味を持ち、次第に恋心を抱く不良少年。 ユミと出会い、想いを寄せる。 探偵並みのリサーチ力を持つ。 過去のトラウマからヒロミを厳しくしつける。 情報解禁しました。 私は、桜井日奈子さん演じる主人公 小沢裕美の養母、小沢みどり役で出演します。 家族とは、幸せとは、を深く考え続けた日々でした。 阿部純(原作では阿部純子): 森マリア ヒロミの幼なじみ。 甲本一成(原作では後本一郎): 萩原聖人 ヒロミの実父で、宝石店「貴譚」社長。 その他にも、以下の登場人物がいます。 今後、キャスティングが発表されるものと思われます。 小沢一樹 ヒロミの養父で、ヒロミの実母・由起子の兄。 (ドラマ版では由紀子の弟という設定) 小沢由起子 ヒロミの実母。 (小沢由紀子) ヨシエ ヒロミの同級生で、魔女軍団のメンバー。 (石原ヨシエ) ミキ ヒロミの同級生で、魔女軍団のメンバー。 (渡辺美樹) 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…放送局や放送日時 では、2019年版「ヤヌスの鏡」の放送局や放送日時をご紹介します。 ヤヌスの鏡が放送されるのは、 FOD(フジテレビ・オン・デマンド)です。 放送日時は、 8月16日金曜日 0時~の第1回を皮切りに、毎週金曜日0時に最新話が配信される予定です。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…まとめ いよいよ2019年版の「ヤヌスの鏡」の配信が迫ってきました。 桜井日奈子が二重人格の少女をどのように演じ分けるのか、また、1985年放送時との違いはどこにあるのか、 など注目すべきポイントがたくさんありますので、気になっている方は 第1回の放送をとりあえず観てみるべし!です。

次の

桜井日奈子の演技は上手い下手?ヤヌスの鏡の主人公ってどうなの

ヤヌス の 鏡 桜井 日奈子

桜井日奈子が主演を務めるFODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』の制作が決定し、8月よりフジテレビの動画配信サービスFODにて配信されることが発表された。 本作は、1981年から1982年に『週刊セブンティーン』にて連載された宮脇明子の同名漫画が原作。 1985年にフジテレビでドラマ化され、今回34年の時を経て再び映像化されることが決定した。 桜井は、主人公の大人しい優等生・ヒロミと夜の繁華街に現れる不良少女・ユミという正反対の人格を演じ分ける。 桜井日奈子(主人公・小沢裕美役)コメント ヒロミとユミ、同じ人間だけど対照的な2人が色々な人を巻き込んで本当の自分とは何か、葛藤する物語です。 原作はお話をいただいてから読みました。 ヒロミは今まで演じてきた役に近かったのですが、ユミは今までに演じたことがない挑戦的な役でした。 ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。 衣装やメイクが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました。 大人しい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです。 誰でも多面をもっていると思います。 それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないな、と改めで思いました。 誰もが抱える心の悩みに寄り添える作品になれると嬉しいです。 清水一幸(企画・プロデュース)コメント 子供の頃、テレビにくぎ付けになった作品の一つに『ヤヌスの鏡』がありました。 「古代ローマの神・ヤヌスは…」で始まるナレーション、優等生と不良少女の二役を演じ、変わる主人公の姿にドキドキしたのを覚えています。 今回、34年の時を経て、改めて映像化に挑戦しようと企画しました。 実際の桜井さんの演技はとても素晴らしく、見事に二役を演じきってくれました。 普段は優等生の役が多い桜井さんの不良少女姿、こちらも必見です(笑)。

次の

ヤヌスの鏡

ヤヌス の 鏡 桜井 日奈子

桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…ニュース内容 まずは、こちらのニュース記事からご覧ください。 「ヤヌスの鏡」が34年ぶりに映像化されることが決定。 連続ドラマとして、8月からFODで配信がスタートする。 その主人公・小沢裕美 ヒロミ・ユミ 役に桜井日奈子が決まり、役どころなどについて語った。 1985年にはフジテレビでドラマ化。 「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。 この物語は、ヤヌスにもう1つの心をのぞかれてしまった少女の壮大なロマンである。 もし、あなたに、もう1つ顔があったら…」という印象的なナレーションなど、大きな話題となった。 ヒロミとユミの切り替え、表情、所作、言い回しなど変貌する姿や表現力に注目だ。 また、これまで桜井が演じてきた役柄は優等生のヒロミに近いものが多く、ユミのような不良役やアクションシーンなど新たな挑戦も見ることができる。 原作は、お話をいただいてから読みました。 ヒロミは今まで演じてきた役に近かったのですが、ユミは今までに演じたことがない挑戦的な役でした。 ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。 衣装やメークが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました。 おとなしい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです。 誰でも多面を持っていると思います。 それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないなと、あらためて思いました。 誰もが抱える、心の悩みに寄り添える作品になれるとうれしいです。 「古代ローマの神・ヤヌスは…」で始まるナレーション、優等生と不良少女の2役を演じ、変わる主人公の姿にドキドキしたのを覚えています。 今回、34年の時を経て、あらためて映像化に挑戦しようと企画しました。 実際の桜井さんの演技はとても素晴らしく、見事に2役を演じ切ってくれました。 普段は優等生の役が多い桜井さんの不良少女姿、こちらも必見です 笑。 皆さま、楽しみにしていてください! ヤヌスの鏡の映像化は34年ぶりとのことで、知らない人もかなり多いのではないでしょうか。 ヤヌスの鏡は、1982年から1982年にかけて『週刊セブンティーン』で連載された漫画で、 宮脇明子さんが描いた作品です。 楽天で購入 筆者もこの作品のことは知りませんでした。 また、テレビドラマとして放映していたことも恥ずかしながら知りませんでした…。 テレビドラマ版『ヤヌスの鏡』は、1985年12月4日から1986年4月16日にかけて、 フジテレビ系列で放送されていました。 主人公の小沢裕美は、80年代アイドルの杉浦幸さんが務めていたそうですよ。 それでは、もう少し掘り下げて紹介していきます。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…「ヤヌスの鏡あらすじ」 普段は真面目で気弱な優等生・裕美が、突然、別人格である凶悪な不良少女・ユミになり、 夜の繁華街を我が物顔で闊歩し、暴走族などを相手に大暴れする。 そんな裕美とユミの姿を通して、誰もが抱える変身願望と多重人格の恐怖を描くサスペンス調の学園ドラマ。 主人公の小沢裕美は、多重人格(二重人格)の少女。 裕美の母親は高校生だった時、交際相手の子を妊娠するが、その交際相手である男から捨てられてしまう。 裕美の母は、両親の諌めにも耳を貸さずに私生児(裕美)を出産。 その後、あることが理由で赤子の裕美を残して入水自殺してしまう。 そのことが深い傷となり、祖母は遺児の裕美に対し冷たく厳格に育てるが、 裕美の母を非難し否定するような祖母の言葉の暴力や折檻により、裕美は自分の心を強く抑圧する。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…「ヤヌスの鏡見どころ」 「ヤヌスの鏡」の見どころは、何と言っても主人公・裕美と別人格ユミの演じ分けでしょう。 正反対の人格である二人はやることも考えも全く異なります。 そんな裕美とユミをあたかも別人であるかのように演じ分けることは女優さんとしては 腕の見せ所となりますし、これが上手く演じられていないと、物語の世界観そのものに 傷がついてしまいます。 2019年版ヤヌスの鏡で裕美・ユミを一人二役で演じるのは、女優の桜井日奈子さん。 アイドルのようにその容姿でもてはやされてきた彼女ですが、この難しい役柄をこなせるのかどうか。 女優としての真価が問われます。 祖母からの異常な躾によって、もう一つの人格、ユミへと変貌してゆく。 ユミになった時の記憶はない。 ヒロミに代わって、自由奔放に生きる。 凶悪な不良少女。 自由奔放に街に繰り出し、目的のためなら手段を選ばず行動してゆく。 ヒロミでいる時の記憶もある。 ヒロミが通う高校の生徒会長で、ヒロミに対して密かな想いを寄せるなかで彼女の異変にいち早く気づく。 密かにヒロミに想いを寄せる。 ヒロミの異変にいち早く気づき、助けようと模索してゆく。 ヒロミとの距離を縮めようとしていく中で、ヒロミの中のもう一人の人格である、ユミの存在に気づいてしまいます。 ユミからヒロミを救い出すために、葛藤しながら暗中模索していきます。 何がヒロミのためになるのかの葛藤。 進東を演じるにあたって、この葛藤をどう表現していくのかが、難しかったところであり、見て欲しいところでもあります。 また、印象に残ってるシーンは、やっぱりラストの屋上のシーンです。 進東を演じる者として、忘れられないシーンですのでお見逃しなく! このお話をいただき、最初に台本を読んで正直面食らいました。 とても挑戦的で、想像すればするほどエネルギーが要る。 小沢貴子(原作では小沢タカ): 国生さゆり ヒロミの祖母。 初めてこの『ヤヌスの鏡』のお話をいただいた時、 武者震いしました。 台本を読んで再び武者震いし、主人公・小沢裕美役を演じる桜井日奈子さんの瞳を見た時、三度武者震いしました。 その他はいらないと。 過激なほどに振る舞う貴子には、娘への無念があったのだと思います。 多くの皆様の助けがあり、強烈すぎる貴子を演じることができました。 堤達也(原作では堤達郎) : 塩野瑛久 繁華街で出会ったユミに興味を持ち、次第に恋心を抱く不良少年。 ユミと出会い、想いを寄せる。 探偵並みのリサーチ力を持つ。 過去のトラウマからヒロミを厳しくしつける。 情報解禁しました。 私は、桜井日奈子さん演じる主人公 小沢裕美の養母、小沢みどり役で出演します。 家族とは、幸せとは、を深く考え続けた日々でした。 阿部純(原作では阿部純子): 森マリア ヒロミの幼なじみ。 甲本一成(原作では後本一郎): 萩原聖人 ヒロミの実父で、宝石店「貴譚」社長。 その他にも、以下の登場人物がいます。 今後、キャスティングが発表されるものと思われます。 小沢一樹 ヒロミの養父で、ヒロミの実母・由起子の兄。 (ドラマ版では由紀子の弟という設定) 小沢由起子 ヒロミの実母。 (小沢由紀子) ヨシエ ヒロミの同級生で、魔女軍団のメンバー。 (石原ヨシエ) ミキ ヒロミの同級生で、魔女軍団のメンバー。 (渡辺美樹) 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…放送局や放送日時 では、2019年版「ヤヌスの鏡」の放送局や放送日時をご紹介します。 ヤヌスの鏡が放送されるのは、 FOD(フジテレビ・オン・デマンド)です。 放送日時は、 8月16日金曜日 0時~の第1回を皮切りに、毎週金曜日0時に最新話が配信される予定です。 桜井日奈子主演『ヤヌスの鏡』34年ぶりの映像化…あらすじやキャスト、放送日時まとめ…まとめ いよいよ2019年版の「ヤヌスの鏡」の配信が迫ってきました。 桜井日奈子が二重人格の少女をどのように演じ分けるのか、また、1985年放送時との違いはどこにあるのか、 など注目すべきポイントがたくさんありますので、気になっている方は 第1回の放送をとりあえず観てみるべし!です。

次の