近所 の 子供 が うるさい。 近所の子供の遊ぶ声がうるさい

子供がうるさい!ご近所トラブルの実態や静かにさせる方法

近所 の 子供 が うるさい

道路族って? 近年では 「道路族」という言葉がよく聞かれるようになりました。 主に道路などで騒音を出して遊んだり騒いだりする親子の事をこのように 言うそうです。 確かによく街中でも子供が道路で遊んでいたり花火をして いたり野球やサッカーをしている光景を見かける事があります。 単純な子供の遊びと楽観視する人もいれば、重度の騒音問題と発展して しまうようなケースもあります。 また最近では子供が遊べる公園などの施設 が減っている事もあり、増々このような問題は発展していく事も危惧されます。 親の立場からすれば自分の目の届く範囲で出来るだけ近所で遊んでいて欲しい という人がいる一方で、近隣住民からすれば遊ぶ声が騒がしく迷惑と感じている 人もおり、様々な考え方が入り混じる中で解決の糸口を探す事は簡単ではありません。 子供遊びでの家への被害 私の家の前でも子供たちが遊んでいる事が時々あります。 様子を見てみると子供たちがゴムのボールでキャッチボールをしている様子。 私の家の前の壁の中央をストライクゾーンに見立てて、ボールをぶつけて楽しんで いるようです。 私は個人的には子供が大好きなので、子供が大声ではしゃいでいても 特に気になる方ではありません。 むしろ子供は元気にはしゃいだり騒ぐ事が仕事だと 思っているので特別に怒りを感じたりする事もなく「今日も元気にはしゃいでいるなぁ。。 」 と少し微笑ましくなったりもするものです。 私には子供がいないので特に子供を見ると 可愛らしく見えてしまうのかもしれませんね。 ただ人によっては家でゆっくりしている時に子供にうるさくされるとイライラしたり、 休日にゆっくりしたいのに近所の子供が家の前で騒がれたりするとストレスが溜まる 人というのも多くいると思います。 また騒いているだけならまだしも家のフェンスや壁を 傷つけられたり、家の敷地内に勝手に入って花壇等を倒されたり、車に傷を付けられたりと やはり被害が起こる事も想定されます。 また物質的な損害が発生するだけならまだしも、 例えば車での帰宅運転時にその子供たちと接触事故を起こしてしまった場合等を考えれば、 決して安易に考えて良い問題ではないとも思います。 また子供好きな人にとっては子供の叫び声が微笑ましく感じる事でも、子供が嫌いな人に とっては騒がしく感じたりただの奇声と感じる人もいるのでしょう。 このような人が 保育園の隣にでも引っ越ししてきたら事件にでもなってしまいそうですね。。 希薄になっていくご近所付き合い? またこの類の問題では問題の根源がご近所の子供という事もあり、対処をしようにも 今後のご近所付き合いを考えると中々積極的に踏み込めないという現状もあります。 昔はご近所同士で調味料を分け合ったり、遠出する際には近所に声を掛けてから出かける 等の光景もよくあったものですが、最近ではご近所付き合いというのは簡素化していて 近所付き合いも皆無という事も珍しくありません。 親たちの子供へのしつけも変わって きていて、家の前で遊ぶご近所の子供に「少し静かにしてもらえるかな?」とやんわり注意 したとしても「公道で遊んでいるのになんでウチの子供が注意されないといけないんですか?!」 なんて逆ギレされる事も。 注意一つするのも中々難しいですね。。 また下手に注意をすると 今度は自分の家が嫌がらせの標的にされたり、自分の子供がイジメに合う可能性なども否定 できません。 感情的にならずに冷静な判断が求められます。 スポンサーリンク 子供遊びに対しての対策は? まずこの類の問題の争点としては法的な面から細かい指摘をするとすれば、子供の 叫ぶ声が 受忍限度のラインを超えているかどうか・家の所有物等に 損害を与えているか 等が挙げられるかと思います。 まず受忍限度については、実際にその叫び声等を立証して親に法的責任を追及する 事になりますが、実際にはそれを立証する事はかなりハードルが高いと言えるでしょう。 家の前の道路が公道か私道かに関わりなく過去の裁判例等を見ても、子供達を含め 人間が生活をしている以上はある程度の騒音は仕方がないと考えられている節もあり、 中々責任追及を現実的にしていく事は困難な所です。 騒音基準にしても50~60dbを 超えてくると責任追及の範囲とも考えられますが、それでも実際に測定器で音を測定 したりその測定器も調達しなければならなかったり、もしくは子供たちの遊ぶ現場を動画 撮影しなければならなかったりと立証は簡単ではありません。 もし受忍限度を超えているのが明白であれば、不法行為に基づく 損害賠償請求(民法710条) などが考えられますが、そこまでするには時間も手間もお金もかかります。 また争点としては今までの経緯も重視され、事後にその子供の親たちと 話し合いの場を 持ったかどうか・注意書きの 張り紙や看板の有無・侵入を防ぐ 柵や フェンスを講じる等の処置 はあったか等、騒音を防ぐための具体的な処置を講じたかどうかの点においても判断に 影響を及ぼすように思います。 いずれにしても最悪の場合、訴訟になると具体的な状況証拠の 数がモノを言うので、証拠作りにも注力しなければなりません。 しかし実際問題として、いきなり訴訟というのは近隣への影響が大き過ぎるので まずは子供や親たちとの誠実な話し合い・それでも治らなければ 自治会や 市を通しての 注意指導などから始めてみるのも一考かと思います。 もしくは相手家族が賃貸住まいで あるのなら、その家の大家や管理者などに苦情を伝える方法もあるかと思います。 法的手段を考えるのであれば、例えばまずは弁護士等から内容証明が送り付けられると 一般の人に与えるインパクトが大きく、状況が改善されるケースもありますが、 今後のご近所付き合いを考えると、弁護士依頼や調停申し立て等は最終手段として考えて おいた方が無難です。 またあくまで騒音による損害賠償請求や差し止め請求などの法的な措置が講じられるケース というのは、例えば 建築工事現場や 工場の騒音に提起される事が多く、近所の子供の声による 騒音で訴訟にまで実際に持ち運ぶケースというのは かなり少数かと思います。 住む家が 賃貸だから永続的なご近所付き合いは考慮しておらず、訴訟に発展しても構わない といった考えの人も中にはいるのかもしれませんが、やはり一時的な感情で訴訟など話を 大きくし過ぎると自分に跳ね返ってくるケースもあります。 苛立つ気持ちもわかりますが 賃貸・持ち家に関わらず行動は慎重に起こした方が良いでしょう。 普段からコミュニケーションが取れていればさほど大きくはならない問題でも 近所付き合いが希薄化している現代ではこのような問題は今後も増えていくのかも しれませんね。 自分の子供の頃を思い出してもう少し寛容な気持ちをお互いに持って 問題解決に取り組んでいきたいものです。 それでは今日はこの辺で。

次の

近所の子供がうるさい時の対策!逆恨みされないようにスマートに

近所 の 子供 が うるさい

子供に罪はないけどうるさいですよね まずは近所の子供にうるさいときはやさしく注意してみる 子供は善悪の判断がつきにくいので、無邪気に騒いでいるだけです。 しかし、うるさいのは当然のことです。 車が来たら危ないから公園で遊びなさいということや、 ここで騒いだら迷惑とハッキリ伝えても問題ありません。 話したら分かる子供たちも多いので近所の子供がうるさい時はまずはそのように注意してあげてください。 しかし、それでもうるさい子供というのはよく居るものです。 背景を考えると、普段から厳しくしつけをしている親がそれに該当するケースもありますので、そのような時には「お父さんお母さんのどちらかは家に居るかな?」とこれ以上騒げないように話しておくと良いかもしれません。 後々面倒になるケースもありますが、基本子供は親を見て育つので、 厳しければ厳しいほど親に言われたら大変だと思うのでうるさい時の対策に役立ちます。 警察に言っても無駄なので連絡しないように よくこの手の解説サイトで警察に相談しようと書いている方が居ますが、本当に電話したのか怪しくなってくるくらいです。 現場を見て注意、単なる巡回はできますが、まさか近所のうるさい子供の親は自分のせいだとは思いません。 夜間に騒いでいるケースを発見したならば注意はしてくれることはありますが、 事件性が無い限りは解決に導けることはあまりありません。 事が起こって、動くというのが日本の警察のスタイルですし、現場を発見しなければ対策の打ちようもありません。 管理しているところがあればそこに連絡するのも手 集団を管理する会社があれば、何人かで連絡しても良いですし、個人で連絡しても問題ありません。 当人同士で話をできるなら問題はありませんが、反発する親も多く、自分の子供が文句を言われたら怒るのも無理はありません。 このことから、第三者の客観的な視点を交えて注意してもらうことも理想です。 できれば、お読みのあなたもトラブルは起したくないと思うはず。 そうではない方なら、それなりの手段を踏んでいるはずです。 名前が分かっているなら学校に指導してもらう 子供がうるさい時、親に何も言いづらい、なるべく匿名にしておきたいと思う場合は子供がとにかくうるさいということを学校側に伝えて対策してもらいましょう。 親もどこから連絡が来たか分からないので、うるさいという問題に関してはしっかりと対策すると思います。 しかしながら、 学校に伝えるときにはなるべく物腰を低くして伝えてあげるようにしてください。 相手も人間なので、怒った対応では相手も冷静さを欠いてしまいます。 感情的になってしまうと、学校側も単なるクレーマーだと思って処理するので、対策にならないケースもあります。 匿名ではなく、学校に直接出向くのも問題ないかもしれません。 筆者は 最終的にこの方法で処理しましたが、実際に先生方にご指導をお願いできますかというニュアンスで相談してみるとぴったり近所の子供がうるさいと思うこともなくなりました。 最近のコメント• に りさ より• に lifehealth より• に りさ より• に lifehealth より• に ぴーちゃん より まとめと私的意見 近所の子供がうるさいと思うことも無くなりましたが、結果的にそうして良かったと思います。 睡眠が妨害されたり、夜中まで騒ぐことも相手の家にはありました。 最終的にどうにもならなかったら、それなりの手段を交えてやろうと考えましたが、学校に電話することであっけなくこの問題は解決しました。 それをうるさいと思うかは個人の判断ですし、何がうるさいと思うかも個人の判断。 音に敏感な人も居れば、敏感ではない人も居ます。 近所の子供がうるさいと思う方は前者ですが、それは体質なので仕方がありません。 このことからも、うるさいと思うことは当然ですので自分の意見を通せるように頑張ってみましょう。

次の

【警告】道路で子供を遊ばせている親御さんに大切なお話があります

近所 の 子供 が うるさい

生活をする中で、近所の方と関わることは多いですよね。 そして、近所の方と関わる際に問題となるのが ご近所間での様々なトラブル。 「挨拶をしたのに返してくれない」 「ごみ捨てのマナーが悪すぎる」 「異臭がすごい」などがある中で、 一番多かったのが、騒音のトラブルです。 夜間や日中など、自分が静かに過ごしたいと思っている時間に 大きな音がすると、誰でもストレスが溜まりますよね。 「明日仕事があるのに…」とイライラしたまま 寝付くのも良質な睡眠がとれなくなってしまいます。 小さな子供を持つ家族同士であればお互いの苦労が分かり合え、 お互いさまで済むかもしれませんが、 子供がいない家族や未婚者の方にとってみれば ストレスでしかなく日々が苦痛でしかない…と感じる方も多いです。 この記事ではこうした子供の騒音問題における対策方法をまとめます。 近所の子供がうるさい等の騒音対策 はじめに述べたように、近所のトラブルの中で 最も不満に感じられているのが「騒音」で、 その中でも子供の騒音にストレスを感じている人が多いです。 子供の騒音と一言で言っても様々なものがあり、 小さな人生の後輩たちというのはじっとしていられません。 そのため家の中で走り回ったり、 暴れだしたりしてしまう上、 大声で騒いだりしてしまいます。 しかし子供に「静かにしてなさい」と言っても聞いてくれなく、 さらに大きな声で泣いてしまう事もあります。 こうした中で近所の方々に少しでも 迷惑だと感じられないようにする方法は4つあります。 家具の配置を工夫する• 生活習慣を見直す• 運動不足の改善• ご近所との関係を良好にしておく 家具の配置を工夫する マンションやアパートの集合住宅では、 特に子供の騒音による近所間のトラブルが起きやすいですよ。 ですがマンションやアパートの場合、殆どが賃貸のため 勝手に防音対策の工事を行う事はできないのが難しいところです。 そうした中で少しでも音漏れを防ぐためには、 家具の配置を見直してみましょう。 タンスや本棚などの大きな家具を隣の家と接している壁側に置いてみましょう。 これだけでも音漏れを防ぐ事ができるからです。 他にも長めのカーテンを使うのも 吸音効果があり騒音対策の一つとなります。 生活習慣を見直す 働くお母さん方が増加してきたため、 子供たちの寝る時間もだんだんと 遅くなってしまう家庭も最近では多くなりました。 こうした時に問題となるのが、「 夜間の騒音」。 日中には特に気にならなくても 静かな夜だと子供の声は反響するため、 結構周辺には迷惑がかかってしまう事があります。 このような夜間の騒音を防ぐには、 子供を早めに寝かせることが大事です。 子どもを早く寝かせてあげるには、 家事の時短も必要となるため 帰宅時間が遅くなってしまう時には、 事前に料理を作り置きしておく等の工夫をしましょう。 運動不足の改善 子供は外に親と遊びに行ったときに 大人が「もう疲れてそうだし、帰るか」と思っていても実際は、 子供にとって全然遊び足りていない事が多いです。 こうした時に子供は、家の中で走り回る事が多いのです。 昔に比べて今は家で遊べるゲームやおもちゃが多くあり インドアになりがちなため、彼らの運動不足が指摘されています。 公園で子供を思い切り走り回らせてあげたり スポーツ系の習い事などをやってみるなど、 親が積極的に子供の運動する機会を作ってあげる必要があります。 ご近所との関係を良好にしておく これは子供の騒音のトラブル等の前に、 ご近所づきあいは積極的に行いましょう。 スポンサーリンク 人情として自分がよく知っている子供であれば、 多少騒がしかったとしても少しは気持ちをとどめることはできると思います。 しかし良い関係が気づけたと思っていても 苦情が来てしまった場合には、 反論したりするのではなく素直に受け止めましょう。 反論してしまうと、そこからまた新しいトラブルに発展してしまい 関係が悪化してしまう事もあります。 これらの4つのポイントを押さえておくだけでも、 騒音での近所とのトラブルは減ると思うので試してみてください。 子供が多かったり、ある程度の年齢なら警察に通報も 今目の前で子供たちが騒いでおり、 うるさすぎて対処できないと感じたならば警察に通報するのも一つの手です。 夜遅くに近所のコンビニに中学生が数人いて騒いでいるなど、 バイクで騒音を立てながら乗り回しているなど たまに目にすることがあるのではないでしょうか。 他にも今うるさいのではなく日常的にうるさい場合には、 最寄りの交番に相談をしに行くのもよいでしょう。 これらの際に警察の方に相談する場合は、 「子どもがうるさい」と伝えるのではなく 詳細を伝えるようにしましょう。 例えば近所の公園で5人くらいの中学生が日常的にうるさかった場合には、 「5人の中学生くらいの人たちが〇〇公園で、 毎日〇〇時くらいに騒がしくて迷惑しているため、注意をしてほしい」など、 分かる範囲でいいので細かく、分かりやすく伝えましょう。 まとめ 「ごみ捨てのマナーが悪すぎる」 「近所の子供の夜泣きなどの騒音で迷惑している」など、 ご近所トラブルには、様々な種類の問題がありますが、 自分が騒音の原因かななどと感じたりすることがあったなら• 家具の配置を工夫する• 生活習慣を見直す• 運動不足の改善• ご近所との関係を良好にしておく これらの対策を行い自分も他の人も楽しく暮らせるように配慮しましょう。 通報することもありだと書きましたが 少しの事で通報していたりすると逆にそれが問題となり、 別の問題に発展してしまう事もあるので、 あくまで通報は最終手段にしましょう。

次の