ロード アベレージ と は。 ロードアベレージが高いのですが、CPUもディスクIOも低く、これはどう 【OKWAVE】

ロードアベレージ

ロード アベレージ と は

load averageとは ロードアベレージはシステム全体の負荷状況を表す指標。 システムのスループットを上げたい場合はロードアベレージを下げることを目標にする。 詳細な説明 Linuxカーネルはプロセス1つごとにプロセスディスクリプタを持っていて、そのstateメンバにプロセスの状態を入れて管理している。 プロセスの状態は以下のように区別される。 CPUが空いていれば実行できる。 ユーザの入力待ちなど、復帰時間が予測できないもの。 リジュームされるまでスケジューリングされない。 子プロセスがexitして親プロセスにwaitされていないもの。 12, 2. 24, 1. 47 Tasks: 92 total, 1 running, 91 sleeping, 0 stopped, 0 zombie Cpu s : 2. 万能だが、solarisなどのOSでは入ってないことがあるので上記のようなコマンドを使う必要がある。 機能が多いので、詳しい使い方はに書いた。 まとめ uptime, w, topなどを使うとシステムの負荷状況を表すload averageを見ることができる。

次の

ロードバイク アベレージ=巡航?よく巡航30キロ余裕とか言っている...

ロード アベレージ と は

小ネタです。 ふと、「Bash on Ubuntu on Windowsを使えばWindowsでもロードアベレージを取得できるよなぁ…」と思ったので実際に試してみました。 Windowsのロードアベレージ 上の記事に詳細が説明されていますが、WindowsではUNIXやLinuxのロードアベレージと同等の値を取得することはできません。 PowerShellでこの値を取得するには Get-Counterコマンドを使い以下の様にすれば良いです。 CounterSamples. CookedValue このカウンターはデフォルトのスケールが1なので CookedValueがそのまま使えます。 また、平均を取るには以下の様な感じすれば一応可能です。 CounterSamples. 1 最初の方法はこんな感じです。 2 もう一つの方法はこんな感じです。 他にもいろいろなやり方があると思います。 BashとPowerShellをどういった塩梅で組み合わせるかを考えるのはとても楽しいです。 残念なお知らせ ここまで書いておいてアレなのですが非常に残念なお知らせがあります。 このエントリの内容を試している最中にロードアベレージの値が全然変化せず、違和感を感じたので調査してみたところ、以下のIssueが上がっていました。 現時点ではBash on Ubuntu on Windowsのロードアベレージは 0. 52 0. 58 0. 59のダミー値を返すというふざけた状態でした… まだベータ版ですので値が取れないのは仕方ないと思いますが、せめて 0 0 0といった自明な値にしておいてほしいものです。 こちらについては気長に待つしかないといったところでしょう。 最後に 最後にとんでもないオチがついてしまいましたがこんな感じです。 本エントリは現時点では全く役に立ちませんが、いずれ役に立つ日がくると信じています。 いまのところはBashとPowerShellを組み合わせて使う一例として見ていただければと思います。

次の

Load Average(ロードアベレージ)とCPU数

ロード アベレージ と は

ロードアベレージは、最も簡単に説明すると、実行プロセス数の平均だ。 説明によっては実行待ちプロセス数や実行可能プロセス数となっているが、正確には実行プロセス数 実行中プロセス数+実行可能プロセス数 だ。 ここで、たとえば、1秒間に10回実行プロセス数をカウントすると、1分間では600回カウントする。 カウントした時に、毎回3、4、5あたりをうろうろしていると、平均値としては4ぐらいになる。 これがロードアベレージだ。 正確に、Linuxが1秒に何回カウントしているかは知らんが、どちらにせよ カウントした時のロード数1+... ロードの平均値を取っているのでロードアベレージだ。 ロードアベレージは、「システム負荷率」と表現される事が多い。 なぜかと言うと1個のプロセスが常にCPUを占有している状態だからで、それは1個のプロセスが理想的にCPUを使いつづけた状態だからだ。 つまり、ロードアベレージが負荷と表現されるのは、「CPUが割り当てられたらすぐ実行できるのに実行できないプロセスの割合」だからかな。 別のモデルを考える。 CPUが1個だと3、2個だと3、3個だと3、4個だと3だ。 もちろん、ロードアベレージが3でも、CPUが1個だと常に2つのプロセスが実行可能 CPU割り当て待ち となるが、3個だと3つのプロセスが全て実行中になる。 CPU利用率だけでは分からないって事。 なのでロードアベレージが存在するわけだ。 これが、私が解釈しているロードアベレージだが、何か参考になれば。 A ベストアンサー pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。 IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。 ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。 pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。 IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。 ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む... A ベストアンサー ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。 この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。 ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。 (インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが) ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。 セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。 危険性? WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送 WebDAV やVPN等も出来るようになっています。 当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。 ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。 参考まで。 A ベストアンサー 1 service --status-all サービスの現在のステータスを調べるコマンド 2 chkconfig --list OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド 違いが出るのは、 ・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス ・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス ・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス ntpdate とか あるいは、 1 ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。 service network statusとか Q topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。 CentOS5. 4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。 サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。 topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。 topコマンドの出力結果は下の通りです。 この検証用サーバでは暫定的にパーティション設定でスワップ領域を作成していません。 しかしtopコマンドではVIRTとRESの数値は差異があり、SWAP項目も大きな値を示しているプロセスがあります。 スワップ領域が無いのではtopコマンドはVIRTとRESが同じになり、SWAPはゼロとなると予想していたのですがどうしてならないのですか? top - 03:35:44 up 36 min, 3 users, load average: 0. 13, 0. 17, 0. 20 Tasks: 90 total, 1 running, 89 sleeping, 0 stopped, 0 zombie Cpu s : 0. 0 5. 8 0:04. 12 616m java 2227 root 34 19 25656 10m 2108 S 0. 0 2. 0 0:00. 12 14m yum-updatesd 1680 root 17 0 11580 9964 240 S 0. 0 1. 9 0:00. 02 1616 restorecond 1936 haldaemo 18 0 5472 3676 1688 S 0. 0 0. 7 0:01. 20 1796 hald 2499 root 18 0 10540 2916 1504 S 0. 0 0. 6 0:00. 03 7624 httpd 3672 root 15 0 10064 2888 2308 S 0. 7 0. 6 0:02. 50 7176 sshd 3927 root 20 0 9916 2880 2308 S 0. 0 0. 6 0:00. 34 7036 sshd 2054 root 18 0 10116 2328 1696 S 0. 0 0. 5 0:00. 04 7788 cupsd 2500 apache 25 0 10540 2088 640 S 0. 0 0. 4 0:00. 00 8452 httpd どうしてもズレるので画像を添付してます。 topコマンドで表示されるVIRT、RESおよびSWAPの意味について教えてください。 CentOS5. 4上で動作しているアプリケーションの使用メモリについて調査しています。 サーバのメモリ容量は512MBで、この上でスワップアウトしないようにアプリケーションの起動数(常駐)を調整しようとしています。 topコマンドでプロセスが使用している物理メモリ容量はRES項目を見れば良いことがわかっていますが、VIRT(仮想メモリの総量)とSWAP(スワップされたサイズ)が具体的に何を示しているのかがわからず、困っています。 A ベストアンサー 答えにたどり着く前に、若干長めの説明が必要です。 RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの 仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。 これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに 描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、 以下のようなものも含まれます。 ・プロセスが確保したメモリのうち、まだ一回もアクセスして いない部分。 (javaのRESに比べてかなり大きいVIRTは、これによるものと 思われます。 大きなヒープサイズを指定していませんか?) ・プロセスが ファイルを仮想メモリ空間にmmap 2 したが、 まだ一回もアクセスしていない部分。 mmap直後のファイルは、 VIRTには計上されますが、物理メモリには読み込まれずRESには計上 されません。 ファイルをmmapした仮想メモリ空間にアクセスした 部分が、物理メモリに読み込まれRESに計上されます。 VERT 仮想メモリ総量 の中には、物理メモリ RES やスワップ領域の 使用量だけなく上記で挙げたような仮想空間の部分の合計が含まれ ますから、スワップ領域がゼロでも、上記で挙げたような空間が SWAP として表れているのです。 個人的にはこの数値をSWAPと呼ぶのは、かなり不適切だと思いますが、 多くのLinuxディストリビューションのtopコマンドで表示される SWAP欄は、そういう計算をしているということです。 wikipedia. RESは、ご認識の通り、そのプロセスの物理メモリ使用量です。 VIRTとして表示されている仮想メモリ総量とは、そのプロセスの 仮想アドレス空間の中で、有効となっているページの総量です。 これに計上されるのは、参考リンクの「仮想記憶の概念図」でカラフルに 描かれている「物理メモリ」や「スワップ」に対応するページのほか、 以下のようなものも含まれます... Q こんにちは。 度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。 「ntpdate 130. 251. 23」と手動同期は成功します。 しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。 confは下記のとおりです。 --------------------------------------------------- server 133. 100. 2 clock. fukuoka-u. jp server 130. 251. 100. INIT. 16 u - 64 0 0. 000 0. 000 4000. 00 130. 251. GPS. 1 u 27 64 377 8. 015 -99970. 17262. 何か設定が足りないでしょうか?。 よろしくお願いします。 こんにちは。 度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。 「ntpdate 130. 251. 23」と手動同期は成功します。 しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。 confは下記のとおりです。 --------------------------------------------------- server 133. 100. 2 clock. fukuoka-u. jp server 130. 251. A ベストアンサー 4のqaaqです。 conf 関連 server 行に "iburst" を付けておきましょう。 server ntp. nict. ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。 freebsd. cgi? 1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。 linux. 2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。 時刻調整の兆候としては、 ・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。 Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0. 000994 sec freq -190. 802 ppm error 0. また、reach が377になる。 168. 926 -0. 330 0. 168. 747 -0. 336 0. 023 192. 168. 9 PPS 1 2 u 3 32 377 0. 757 6. 559 0. 要修理です ・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。 4のqaaqです。 conf 関連 server 行に "iburst" を付けておきましょう。 server ntp. nict. ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。 freebsd. cgi? 1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

次の